愛のマントラ

1.愛のマントラとは

 中西征子さん手書きの“愛のマントラ”を印刷し、1度、両手に持って289回「愛しています」と唱えてみてください。印刷できない場合は、この画面を開いた状態で289回「愛しています」と唱えてみてください。回数は正確に289回である必要はありません。289回よりも多ければ同様の効果を発揮します。

150906_mantra-of-love-v2-thumb

中西征子さん手書きの愛のマントラ: PDFファイル画像ファイル

 1度このように“愛のマントラ”を唱えると、以後は、この “愛のマントラ”を唱えるのだという意識で唱えれば、紙を持つ必要も、画面を開ける必要もありません。単に289回「愛しています」を唱えるだけで結構です。

このマントラを印刷して手に持ってみると、体外、体表、神経叢、脊髄の全てのアナーハタ・チャクラが開いて、愛のエネルギーが溢れ出すのがわかると思います。同時に、体表のサハスラーラ・チャクラを通して、天からエネルギーが注がれているのがわかるはずです。ですから、このマントラを印刷したものを手に持つとか、部屋に貼ることで、確かに効果があることがわかります。

 このマントラを289回唱えると、かなり長い間、先ほど示したエネルギーの状態が現れると思います。感覚の優れた方なら、溢れ出した愛のエネルギーをどこにでも送れるということに気付くでしょう。手を通して送り込むことも、意識だけでただ相手を思うことで送ることも可能だということに気付くはずです。この愛のエネルギーを仕事に持ち込めば、カルマ・ヨーガとなります。対象を神、人、動物、植物などに向ければ、バクティ・ヨーガとなります。

 このマントラを何度も唱えていると、実は神と繋がりさえすれば、ただ一度唱えるだけで先の状態になるのだということがわかるようになるでしょう。さらにはマントラは必要なく、ただ神を想うだけで良いということがわかります。これがバクティ・ヨーガの完成です。

 このマントラは、あなたを光へと変貌させます。あなたは天と繋がり、愛のエネルギーがあなたを通して世界に放出されます。地球を愛の溢れる場所に変えるのは、あなたなのです。

(竹下雅敏)
シャンティ・フーラの時事ブログ(2015/04/19)より抜粋

2.このマントラに寄せての通信文

新たな愛のマントラです。
このマントラには私達の波動が乗せられています。
これから唱える時にぜひ使ってみて下さい。
あらゆる物に愛が満ちるでしょう。

皆さんの幸せな気持が、愛を更に高めてくれるでしょう。
目に写るあらゆる物すべてが愛を受け止め、やがて自らも愛のマントラを唱えるようになります。

全世界が愛の道へと進みはじめるでしょう。

すべての意識は一つになり、世界は美しいバラ色に輝く事でしょう。
私達の悲願はもうすぐ達成される事でしょう。

喜びを胸に、愛を解き放って下さい。

愛は永遠なのです。

カガヤキワタルウレシキミヤヒメミコ
ヨロコビノヒメミコ
ヒカリタカキヒメミコ

シャンティ・フーラの時事ブログ(2015/09/06)より

【 参考情報 】

愛のマントラに関する記事はこちらからご覧ください。

愛のマントラに関する記事を読む

[ 関連リンク (心身の浄化 ) ]