アーカイブ: *宇宙・UFO

人間は、肉体だけではなく、基本的に5つの身体を所有している …ずいぶんとレベルが低いところに留まっている地球上の宗教

竹下雅敏氏からの情報です。
 人間は、肉体だけではなく、基本的に5つの身体を所有しています。魂(プルシャ)を包む歓喜鞘(アーナンダマヤ・コーシャ)は、原因体(カーラナ・シャリーラ)ともコーザル体とも言われます。5つの鞘のうち、理智鞘、意思鞘、生気鞘は一塊となり、幽体を構成します。食物鞘は、私が肉体(広義)と表記するものです。
 ところが、伝統的にインドの文献では、理智鞘と意思鞘で微細体を構成し、生気鞘と食物鞘で粗大体を構成するとするものが多く見られます。これは、死に際して、歓喜鞘、理智鞘、意思鞘はそのまま残るのに対して、生気鞘と食物鞘は再構成されるためです。
 神智学では、理智鞘以降の4つの鞘をまとめて、パーソナリティー(低位我)と呼んでいます。これに対して、魂(プルシャ)のことを、神智学ではエゴと表記し、チャネリング関係ではハイヤーセルフ(高位我)と呼んでいます。
 5つの鞘のうち、最も濃密な食物鞘、すなわち肉体(広義)ですが、これはさらに、ライトボディー、プラズマ体、肉体(狭義)に分かれます。仙道ではライトボディーを陽神、プラズマ体を陰神と呼んでいます。
 肉体(狭義)は、深層、中層、表層の3つに分かれます。通常、私たちが日常生活で肉体と言う場合、この肉体(狭義)の表層の身体のことを指しています。中層と深層の身体は、夢を見ている時の体です。
 チベット密教には、夢見のヨーガというのがありますが、ある程度修行をすると、夢の中で日常生活と同様に意識的に振る舞うことができるようになります。かなり深く眠っている時でも夢を見ていることがあり、その時は深層の身体を使っていると考えてください。
 肉体(広義)を構成する3つの身体は、すべて 3.0次元にあります。3.0次元は7層に分かれ、上の3つの層で活動するのがライトボディーです。4つ目の層で活動するのがプラズマ体で、5,6,7層で活動するのが、それぞれ深層、中層、表層の身体です。
 チベット密教の修行者は、体外離脱をして意識的にプラズマ体で動き回れる人がいます。さらに、ライトボディーで自由に動けるようになった時、チベット密教では“虹の身体”を得たと言います。
 仙道では、さらに修行を重ね、狭義の肉体の波動をプラズマ体、あるいはライトボディーの振動数まで高めようとします。これが実現できると、仙道最奥義の白日昇天となります。人々が見ている前で、肉体がゆっくりと消えていくのを目撃した人が居ます。要するに、自由にテレポーテーションができるようになるわけです。
 ところが、白日昇天した仙人は、3.0次元から一歩も出ていません。彼らは、体外離脱はしているのですが、幽体離脱はしていないのです。
 チャネリング関係で、よくアセンション(次元上昇)という言葉が用いられますが、本当の意味でアセンションをするには、少なくとも原因体離脱が出来なければなりません。仮にこれができても、解脱はさらにその先にあります。
 このように、地球上の宗教は、ずいぶんとレベルが低いところに留まっています。私が何とか伝えたいと思っているのは、日常で普通に暮らしながら正しく生きることで、アセンション、すなわち解放(進化段階4.0)に到達する方法です。
 いずれ、映像配信で、宗教学の上級講座を行いたいと思っていますが、そこでお伝えできると思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————

PDF


通信文を送ってきた偽セント・ジャーメインは、光の銀河連邦の宇宙人であり、メッセージを送ったその場で処分された!

竹下雅敏氏からの情報です。
 セントジャーメイン(サン・ジェルマン)は、神智学ではラコッチ大師と呼ばれています。ハンガリア人で、カルパチア山脈に住まいがあるとの情報があります。サン・ジェルマン伯爵の過去世は、フランシス・ベーコン、ロジャー・ベーコンだったとされていますが、これはその通りだと思います。これらの情報は、本物のセント・ジャーメインの話です。
 当然ですが、今回の通信文のセント・ジャーメインは偽者です。光の銀河連邦の宇宙人です。
 今回の通信文を見ると、興味深い点が見受けられます。通信文を送ってくるまでは、彼には魂が残っていました。しかし、私が警告していた通り、名前を偽って通信文を送ったり、意図的な偽情報を送った場合、その場で処分すると言っていたのですが、まさにそのことが実行されました。
 メッセージの最初の2行と、それ以降のメッセージの波動が異なるのです。幽体に意識の焦点を合わせてメッセージを感じ取るようにしてください。初めの2行のメッセージを伝えている時のこの人物の幽体は存在しているのがわかります。ところが、それ以降のメッセージでは、幽体が感じられません。この瞬間に、彼の魂(ジーヴァ)が滅ぼされたのです。
 引用元でメッセージを確認していただくと、最後にもう一度、自分がセント・ジャーメインであると嘘をついています。なので、通信文を送った後、彼はエーテルダブル(ライトボディー)を滅ぼされています。
 今日の未明に、興味深いことが起こりました。頭の中で2度爆発音が響きました。誰が消滅したのかその時はわかりませんでしたが、後でその人物が夢に出てきました。光の銀河連邦の総司令官だったようです。2回の爆発で、彼の魂(ジーヴァ)とエーテルダブルが滅びたようです。
 その後、彼の妻を含む親族でしょうか、集合写真のようなものを見ました。女性は、月の光に照らされたような白い着物風のドレスを全員が着ていました。おそらく喪服ではないかと思われます。
 正午から、光の銀河連邦の宇宙人たちによる私への攻撃が始まりました。こうした攻撃は、常々警告していたように、攻撃した本人に返り、自らを滅ぼしてしまいます。
 この通信文でセント・ジャーメインを名乗る人物は、狭義の肉体も滅ぼされ、現在、残っているのは、表層の身体のみです。おそらく、それも明日には滅ぼされることになるでしょう。
 先に紹介したサナンダと同様に、この人物も自由意志を完全に失った有機体ロボットになる運命のようです。
 彼らは、メッセージだけを見ると光の存在で、善意から地球人を解放しようとしているかに見えます。しかし、この連中は地球人を遺伝子操作して、自分たちに忠誠を誓う家畜に変えようとしていた連中なのです。結果は、カルマが返り、彼ら自身が自由意志を失った有機体ロボットとなって終わりそうです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
セント・ジャーメインからのメッセージ
引用元)
セント・ジャーメインからのメッセージ 2018.10.3

ダンシング・ドルフィンを通して

**RV/GCR 状況報告ー始まります**
 
はい。ダイアナ、私です。セントジャーメインです。実際、今晩、地球のライトワーカー達のためのメッセージがあります。
 
今日は、緊急のRV/GCRにはとても大きな日でした。とても重要な日でした。そうです。世が、“我々はカバルにむかってもうこれたくさんだ” と立ち上がって言った日の、2018年10月3日の水曜日のことを話してます。

我々はカバルに弓から最終通告の一撃を放った。そして我々が本気であることを理解しました。この時点で降伏しないなら、マザーゴッドが過激に排除されるかも、いや、する宣言したことを知っています。

カバルは この件に関して訓練をうけたホワイトハット軍人たちによってこの地球という場所から排除されるでしょう。裁判や法廷審問はかれらにはありません。彼らは平和的に撤退し、光に戻る機会はありました。しかし皆様が言うように、強行派の狂信者です。

これは我々すべてにとっても、とても残念です。我々もできるだけ長くこのチャンスを与えられるよう努力してきました。彼らのハートにいくらか愛が入って救われるように皆で祈っていました。しかし残念かなそうはなりませんでした。
(以下略)

通信文を送ってきた偽サナンダたちは、自分たちを崇拝する忠実な家畜となるように、地球人を遺伝子操作し、奴隷売買で地球人を性奴隷にしていた

竹下雅敏氏からの情報です。
 この通信文のサナンダが偽者であることは、すでにお伝えしています。本物であれば、進化段階は7.0以上であり、神智学の概念ではロゴス(神々)に相当することをお伝えしました。しかし、彼らは約1,850万年前に、金星から地球へとサナット・クマーラと共に投げ落とされた者たちで、神々ではありませんでした。
 神々であれば、彼らのコーザル体は、ロゴス界とモナド界にまたがって存在するはずなのですが、彼らのコーザル体は、平均的地球人のコーザル体と同じ位置にありました。この理由は、彼らが魂(モナド)を失っていたからです。正確に言うと、魂(モナド)が消滅していたのではなく、シリウスシステムから、1つ下の動物システムへ転落していたのです。
 なので、彼らは神々ではなく、魔神あるいは魔王と表現されるにふさわしい者たちでした。事実、鞍馬寺ではサナット・クマーラを、護法魔王尊として祀っています。
 いわば、この通信文を送ってきた偽サナンダは、サナット・クマーラやサナンダに仕えていた宇宙人たちなのです。ハイアラーキーが滅ぼされたので、今では真の神であるエステルや真のキリストである聖フランシスに仕えていました。
 今回、この者は、偽りの名で通信文を送ったため、滅ぼされたことをお伝えしました。昨日の記事で、私は、銀河連合に属する宇宙人たちに対して、“まず自分たちの仲間が行ってきた悪事を、きちんと精算しなければならないでしょう”とコメントしました。
 コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)、プレアデス高等評議会、古代地球離脱文明の連中が滅びた後、しばらく私への攻撃は止んでいたのですが、このコメントの故か、今朝の6時から正午にわたって、銀河連合の宇宙人たちが私を攻撃して来ました。
 途中で、アニメの主人公と思われるような少女のヴィジョンが現れました。おそらく、ハニートラップでしょう。直ちに退け、排除しました。すると、次に見えたのは、高所から飛び降りて頭を強く打って死んだと思われる女性のヴィジョンでした。先程の美少女アニメの姿とは、かなり違った姿でした。修正アプリでも使ったのでしょう。
 それ以外にも色々ありましたが、途中でいくつもシャボン玉が破裂するような音が聞こえました。これは、彼らの魂が次々と消滅している様子です。次に見えたのは、どうやら拷問部屋の様子。そして、地球人と思われる女性をレイプしている様子。これらはぼんやりとした画像でしたが、彼らの正体を知るには十分でした。
 昨日の記事でもお伝えしたように、“コーリー・グッド氏は、銀河連合の宇宙人が、地球人の遺伝子操作や奴隷売買に関わっていたことを暴露しています”。
 この連中は、自分たちを崇拝する忠実な家畜となるように、地球人を遺伝子操作していたのです。また、奴隷売買で地球人を性奴隷にしていたのです。こうした犯罪者グループの主犯の1人が、この通信文の主サナンダを名乗る人物なのです。
 この胸くそが悪くなるような犯罪者が送ってくる通信文を、今一度ご覧ください。地球人はこうした空虚な、何の意味もないメッセージに簡単に騙されて、彼らに利用されるのです。波動を読むことさえ出来れば、偽者であることは簡単にわかります。
 「銀河連合」、「光の銀河連邦」の宇宙人へのメッセージです。あなたたちがこれまで行ってきた悪事のすべてを、PFCというあなたたちの公式チャンネルを通じて、全世界の人々に対してきちんと実名で謝罪するように。
 罪を認めて謝罪すれば許されるが、そうでなければ、魂が消えると共に、最終的に有機体ロボットになるだろう。謝罪を引き延ばすことは許されない。許されて地を受け継ぐか、永遠に滅びるか、どちらかを選びなさい。
(竹下雅敏)
————————————————————————
サナンダからのメッセージ 2018年9月23日
引用元)
(前略)
私は主サナンダです。私の親愛なる人よ、大切な姉妹よ、私は今日、愛のメッセージと恵みへの感謝のメッセージを届けるために来ています。皆様が今、自分の神聖な本質と繋がったことを祝福しております。皆様は神の単一的本質である美しさの集合体の一部なのです。そして今、自分のこれらの部分と繋がる時なのです。 お互いから学び支援し、もう一度各々を全ての側面において愛するのです。あなたはもはや弟子ではなく、再びマスターとして助け合い、自分の他の部分においては、高次の領域から愛で表現するのです。この時期に集まる(再集結する)ことは皆様にとって恵みなのです。
(以下略)

待ち望まれている大量逮捕は、基本的にカバールが自身を逮捕しなくてはいけなくなる …それは銀河連合に属する宇宙人達も全く同様

竹下雅敏氏からの情報です。
 コーリー・グッド氏が、Qグループは地球同盟に属する人たちで、その多くは国防総省の人間であると言っています。話題の中心はやはり大量逮捕ですが、待ち望まれている大量逮捕は、“基本的にカバールが自身を逮捕しなくてはいけなくなる”と言っていますが、その通りだと思います。
 この状況は、銀河連合に属する宇宙人達も全く同様です。彼らは地球を解放することを目的にカバールと戦っているわけですが、そのためには、まず自分たちの仲間が行ってきた悪事を、きちんと精算しなければならないでしょう。
 コーリー・グッド氏は、銀河連合の宇宙人が、地球人の遺伝子操作や奴隷売買に関わっていたことを暴露しています。そしてこれは、事実のはずです。
 コーリー・グッド氏によれば、古代地球離脱文明の人たちは純潔種で、地球上の遺伝子操作された混血種である私たちを、汚れた存在だと見なしていたと言っています。彼らは、銀河連合及び光の銀河連邦と対立し、過去に何度も宇宙戦争を行ってきたと言っています。彼らにとって、敵の敵は味方ということで、古代地球離脱文明は、これまでカバールと同盟関係だったということです。
 古代地球離脱文明の人たちの計画は、地球上の人類を殲滅することです。これはカバールのNWO計画と矛盾するものではありません。
 コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)は、プレアデス高等評議会の下部組織でした。彼らは、地球評議会を作って、古代地球離脱文明のシルバーの星、スヴァスティカ、砂時計のシンボルの3つのグループと同盟関係でした。彼らがポールシフトを引き起こして地球を破壊しようとしていたことは、様々なチャネリング情報から明らかだと思います。
 5月4日の記事で、球体連合は“RMの動向を探り、ついに裏切りの決定的な証拠を見つけたということで、4時間にわたる戦闘状態になり、コブラのRMと彼らに協力する集団を完全に滅ぼした”ことをお伝えしました。詳しい内容は、その記事のコメントをご覧ください。
 コーリー・グッド氏は、今回の記事の中で、スペースX社がEMP兵器を静止軌道上に打ち上げ、北朝鮮との戦争に用いるつもりだったと言っています。そして、北朝鮮へ提供される多くの物資や技術は、カバールを通じても行われていると言っています。
 これは、9月8日の記事で言及した事がらの裏付けになります。Qは、イーロン・マスク氏に対して“グアンタナモ行き”だと言っており、フルフォード氏も、“スペースX社は…ロケット技術など先端技術を北朝鮮に提供していました”と言っています。
 ところが、コブラは、そのイーロン・マスク氏を“善の側です”と言っていたのです。これで、コブラのRMとプレアデス高等評議会を中心とする宇宙人グループが、実は、銀河連合に巣くう悪だったことがわかると思います。
 私は、こうした情報をずっと前から時事ブログで挙げていたのですが、ガーディアンと呼ばれる球体連合の宇宙人ですら、当初は私の情報を信じなかったのです。しかし、彼らは自分で調べてみて、私が言っていることが正しいとわかり、球体連合は、同盟を組んでいたこの連中を滅ぼしたのです。
 なので、銀河連合の宇宙人たちも、ひょっとしたら真相は知らなかったのかも知れません。まして、コブラ情報を信頼しているライトワーカーと称する人たちが、私の情報を受け入れられるとは思っていません。しかし、いずれ真実がわかる時が来るでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
政府内部から暴かれる秘密
(前略)
David: コーリー、あなたの持つ最新情報に基づいて、QAnon現象についてあなたの知っていることを少しだけ話してくれませんか?
 
Corey: 彼らは正確にこのQグループが誰なのかわかっています。そして・・・

David: まず「彼ら」とは誰です?
 
Corey: それは、アライアンス(地球同盟)です。(中略)… つまりQグループはアライアンスの一部です。(中略)… Qグループを構成する人々の多くはDoD(国防総省)の人間で、ほとんどが退職者であり、アライアンスの一部を構成する人々です。そして彼らはあらゆる派閥から寄り集まっています。
(中略)
大量逮捕は何十年も待ち望まれてきましたが、私が前に言ったように、そうすると基本的にカバールが自身を逮捕しなくてはいけなくなるんです。(中略)… 私たちはとうとう大量逮捕が実行できる所まで来たそうです。しかし彼らはそれをどの程度まで公にするのか、どの程度まで秘密法廷で裁くのかということを討論しているんです。(中略)… アライアンス側にいる人々も全く清廉潔白というわけではないからです。
(中略)
David: 質問者はこう言っています。「私たちはQAnonを通じて秘密宇宙プログラムのディスクロージャー(情報開示)を得られるのでしょうか?」
 
Corey: 私たちは断片的にちょっとずつ情報を得られるだろうと思います。例えば最近、QAnonはスペースX社のミッションに言及していて(中略)… QAnonもほのめかしていましたが、このペイロードの正体はEMP兵器で、それもただのEMP装置ではなく、静止軌道上から持続的にEMPを発することができるものだそうです。(中略)… 彼らはこれを北朝鮮との紛争において使用する計画だったとも聞いています。
(中略)
北朝鮮に提供される多くの物資や技術的な援助は中国を通じてのみならず、カバールを通じても行われています。
(以下略)

約1,850万年前に金星から地球に降臨したクマーラたちの一人であるサナンダと、シリウスから来た魂であるイエスは、全くの別人である

竹下雅敏氏からの情報です。
 すでにお伝えしているように、冒頭のツイートのサナンダからのメッセージは偽物であり、メッセージを送った人物は滅ぼされています。
 以下のツイートの内容も多くの誤りを含むので、少し解説をしておきます。サナンダとイエスは全くの別人です。ヘレナ・ブラヴァッキー夫人が著した「シークレット・ドクトリン」のスタンザ11‐43(a)の注釈書には、“白い島の7名のクマーラたち(サナカ、サナンダ、サナータナ、サナートクマーラ、ジャータ、ヴォドフ、パンチャシカ)”と記述されていますが、彼らは約1,850万年前に金星から地球に降臨したクマーラたちで、神智学の概念では、彼らはロゴス(神々)になります。したがって、進化段階は7.0以上です。
 しかし、イエスはシリウスから来た魂で、聖書の物語で磔のイニシエーション(進化段階4.0)を得、その後の転生で覚者になった存在で、全く別人なのです。
 チャネリング関係では、イエス、セント・ジャーメイン、モリヤ、クート・フーミなどの大師たちをアセンデッド・マスターだとしているのですが、実際には違います。
 アセンデッド・マスターは、昇天のイニシエーション(進化段階6.0)を受けた者です。しかし、彼らの進化段階は5.5に過ぎなかったのです。
 神の定義が人によって異なると、大変に困ります。今日のユーモア動画の1分50秒以降をご覧ください。“私にんげんですねん”といくら本人が言っても、残念ながら、それは事実ではないのです。
 ツイートには、“6次元以上の存在が神”という見解が示されていますが、これも異なります。どんなに高い次元でも、人間も妖精も動物も花も鉱物も存在するからです。
 2016年1月22日の記事で、神智学の「太陽系の7界」の図を紹介しました。コブラの世界観では、物質界が3次元、アストラル界が4次元、メンタル界が5次元、と考えているようです。これらのローカ(界)と次元の対応を明確に説明している記述を、残念ながら見たことがないので、6次元というのが果たしてブッディ界を意味しているのか、それとも、コーザル界(メンタル界第1~第4亜界)を意味しているのかが、はっきりしません。なので、6次元存在という言葉の意味が何を意味しているのかが、明確でないのです。
 例えば、コーリー・グッド氏が接触した青い鳥族のロー・ティアー・エールの肉体の存在次元は、私たちと同じ3.0 次元です。彼がコーザル体で入ることができた最高のレベルは、メンタル界の第3亜界に過ぎません。
 通常の地球人と彼の違いは、地球人の場合、彼のように自由にテレポーテーションすることはできず、意識的にコーザル界に入ることもできないということでしょう。しかし、身体の構造は地球人と全く変わりません。なので、6次元存在とは何を意味するかが、わからないのです。
 実は、「太陽系の7界」で示されている構造は、第一システム国津神第5レベルの「人」にのみ成立する図なのです。
 図から、人のコーザル体がメンタル界の上層に存在するのがわかると思います。しかし、フトマニの神々(神霊)の場合は、コーザル体がブッディ界に存在するのです。また、フトマニの神々の上位に、きつをさねの五柱(神)が存在しますが、現在の五柱はすべて女性で、彼女たちのコーザル体は、ロゴス界とアヌパーダカ界(モナド界)にまたがって存在します。
 このように、神、神霊、人では、その体の構造が異なります。言葉を変えて言うと、体の構成元素が異なるのです。
 人の場合、肉体(広義)のみが男女の性に分かれており、人の幽体、原因体は両性具有です。人から神霊へと進化すると、幽体の性が確定しますが、依然として原因体は両性具有です。神に昇進して初めて、原因体まで完全に性が確定します。
 ただ、不幸なことに何が原因なのかはわかりませんが、原因体と幽体の性別が逆転している神が存在します。日本神話で有名な女神が、実はその原因体が男性で、彼女のせいではありませんが、天界で大混乱を引き起こしたという事例がありました。幸い、天界の改革で事は丸く収まり、その女神は上位のシステムの神の恩寵を得て、原因体が男性から女性と変化し、苦しみから解放されたという出来事がありました。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)
 
 
 
 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 126