アーカイブ: *霊的世界

[竹下雅敏氏]サナット・クマーラが金星から降臨した地(貴船山)

竹下雅敏氏からの情報です。
 ウィキペディアの鞍馬山には、大変面白いことが書かれています。「鞍馬寺との関わり」の中に、“(鞍馬山は)サナート・クマラが降り立った地であると言い伝えられている”とのこと。
 ところが「由来」では、暗部山(くらぶやま)があり、鞍馬山のこととする説がある一方で、「くらぶ山」と「くらま山」をそれぞれ別の歌枕として扱っていることから、別の山だと考えられ、“鞍馬山の西に位置する貴船山が暗部山のこと”という説があるとのこと。
 この説を知るまで、サナット・クマーラが金星から降臨した地は鞍馬山だと安易に考えていましたが、きちんと調べてみることにしました。そうすると、どうやら貴船山のようなのです。
 “続きはこちらから”以降の地図で、私がおそらくこの場所だと思う処にマークを付けています。現場に行っても、おそらく何も無いと思いますが、3.1次元が見える霊能者の方なら、何かが見えるかも知れません。興味のある方は行ってみてください。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
鞍馬山
転載元より抜粋)
スクリーンショット 2015-01-12 18.57.01
鞍馬山の位置

鞍馬山の位置

概要

霊山として知られ、密教による山岳修験の場として栄えた。延暦15年(796年)、あるいは宝亀元年(770年)には、鞍馬山の南中腹に毘沙門天本尊とした鞍馬寺が創建された。また、牛若丸(後の源義経)の修行の地であり、「鞍馬天狗」で知られている。

由来

鞍馬山の古名を暗部山とする説がある。暗い場所を意味する「暗部(闇部)(読み、くらぶ)」の読みが鞍馬に転じたとする説である。
「くらぶ山」、「くらま山」は歌枕でもある。「和歌初学抄」、「五代集歌枕」など多くの歌学書では、「くらぶ山」は山城国の山であるとはしているものの、その具体的な場所を特定していない。これらの歌学書では、「くらぶ山」と「くらま山」をそれぞれ別の歌枕として扱っている。在原元方紀貫之らの歌人が「くらぶ山」を歌枕として詠み、それらは「古今和歌集」に収められている。同様に、安法法師らの歌人が「くらま山」を歌枕として詠み、これは「拾遺和歌集」に収められている。このように、和歌においては暗部山と鞍馬山は異なる山とされる。
近世における地名としての暗部山に目を向けると、「都花月名所」では暗部山は鞍馬山のことであるとしているが、「都名所圖會」、「山城名勝志」などでは、鞍馬山の西に位置する貴船山が暗部山のことであるとしている。「雍州府志」では、暗部山は貴船山のことであるという説を先に挙げながらも、鞍馬山を暗部山とする説もあるとしている。このような混同が見られ、地名としての暗部山も鞍馬山のことを指しているとは断定できない。

鞍馬寺との関わり

鞍馬寺の現在の本尊である魔王尊、または、サナート・クマラが降り立った地であると言い伝えられている。鞍馬寺と鞍馬山は密接な関係にあり、「鞍馬山」と言った場合、鞍馬寺を指していることも多い。
» 続きはこちらから

スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文9 
サナット・クマーラに従った宇宙人たち

竹下雅敏氏からの情報です。
 ヒメミコ様の2回目の通信文において、すでに宇宙から入植した宇宙人として、アガルタ人が挙がっていました。今回の通信文によると、その時期は3000万年前とのこと。おそらく、レチクル座ゼータ2星の第5惑星からの入植だと思います。
約1850万年前、サナット・クマーラとその一団は、金星から地球に降臨したと言われています。実際には天界でのクーデターによる反乱で、金星の濃密な次元(3.5次元)に投げ落とされたのですが、さらにそこから地球の濃密な次元(3.1次元)に転落して来たのです。金星から投げ落とされたということ、その大本の原因が神に対する反乱であるということから、サナット・クマーラは聖書の文脈におけるルシファーということになります。ブラヴァッキー夫人に続くアリス・ベイリーがルシファー・トラストを創ったこと、神智学がサナット・クマーラを世界主と仰ぐことから、ルシファー=サナット・クマーラは明らかです。神智学ではグノーシスに基づいた解釈で、神に反逆した蛇こそが、人類に智恵を授けた真の神だとします。
 サナット・クマーラが降臨した場所ですが、これまで鞍馬山だと思っていましたが、どうもそうではなく、隣の貴船山のようです。このことに関しては、明日もう少し詳しい説明をしたいと思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————

〈通信者:中西征子〉
〈通信日:2015年1月10日〉

「天界の改革が始まり、すでに8年目に入ろうとしています。
それまで宇宙人の多くが、クーデターを計画していた神々と一緒になって、新しい統治システムに対して反抗を続けてきましたが、前回お伝えしたようにすべてのシステムに於いて悪事が露見し、その企てに加わった多くの神々、神霊達はすべて消滅してしまいました。

今回は生き残った宇宙人のその後についてわかる範囲でお伝えしたいと思います。

宇宙人といえばすぐに“ET”を思い浮かべられる方も多い事でしょう。
しかし実際にはもっと多くの種類の宇宙人がいるのです。

アガルタ人もその中のひとつです。
彼らは地球の地下に深く潜入し、地下都市を造って長い間地上の人類の目を欺いてきました。

彼らの立場をうまく利用したのが、サナット・クマーラでした。

サナット・クマーラは、1850万年前、贍部洲に降臨してきました。
しばらくの間地上の近辺で、地球ハイアラーキーの主領を務めてきました。

元々、高い地位にあった彼はホツマの神としての使命を果す事を拒み、地上への転生を拒絶し、上なる神の指示を無視し続けたために、罰として地上近くの霊界に投げ落とされたのです。
彼はその霊界で悔い改めるどころか、自分のホツマの神としての霊的パワーを悪用し、この地上に自分の支配権を確立する事に務めました。

今から3000万年前に、宇宙から地球を支配するために地球に入植してきたアガルタ人は、やがてサナット・クマーラの支配下に下り、地下組織を造る事によって、霊界と地下組織の両方から、地上の人類を宇宙意識から脱落させるため、様々な方法を地球に持ち込んだのです。

そのひとつは、組織宗教です。
世界中に何百という宗教が存在しています。
様々な教理があり、多くの偽りの神々を崇拝するように、人々の心を巧みに掌握してきました。
多くの偽りや迷信によって真実の神は歪曲されて、世界は混乱と無秩序、憎しみや対立の原因となってきました。

その背後にあるのは、自らを宇宙の最高神とし、天と地を支配しようとしたサナット・クマーラを中心とした霊界の神々、神霊、み使い達、覚者達、そしてアガルタ人を含む宇宙人によって仕組まれた巧みな誘導だったのです。

主な偽りの宗教についての詳細については、竹下雅敏様がシャンティ・フーラの映像配信「宗教学」の講座の中で明らかにされています。
人類の歴史上、比類のないその素晴らしい宗教的解明は、これから中級、上級へと向けて、さらに驚異的な内容になっていく事でしょう。

現在、地下のアガルタ人の組織は壊滅しています。
アガルタ人も全滅しました。
しかし、それ以外の宇宙人の中に、神々の裁きを逃れ、自らの宇宙船を利用して巧みに裁きの光を逃れてきた者達も存在していました。
今回、それら生き残っていた宇宙人が宇宙船で再び地球に近付いて来ており、自分達の存在が暴露される事を恐れ、今日の妨害と攻撃に及んだものと思われます。

今回、504名の宇宙人全員が今すでに消滅しています。
この度も私の名を騙り、何度も通信を送ろうとしましたが、中西様にすべて見破られ、天界の神々により処分を受ける事になったのです。

次回に続きます。」

〈追伸〉

今回も、スミワタルタカキホシノヒメミコ様の名を名乗る者が次々と8回、入れかわり立ちかわり通信を送ってきました。
総勢504名の宇宙人だった事が、ヒメミコ様の通信でわかりました。

以上よろしくお願い致します。

中西征子

[サルーサ情報]これまで保留されていた大イベントが起きる 〜現状に何ら問題無し、後始末はすべて地球人で行える〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 サルーサのメッセージを見る限り、現状に何ら問題は無いように見受けられます。
 私の感覚も同じで、今回のフランスでの新聞社襲撃事件にしてもほとんど関心が無く、さして重要事件とは思っていません。フランス・イギリスなどの国は、シリアを倒すために違法な事を散々行って来たので、こうした形でカルマが返ってくるのは、やむを得ないでしょう。カルマが清算されれば落ち着くだろうと思います。
 神々の立場からは、未だに悪を成す者たちに対して言えば、彼らの犯罪に対する当然の帰結として、死刑を宣告し、宇宙から一瞬にして同時に消滅させることも容易なことです。そうすれば、地上から悪は速やかに根絶されます。しかし、これでは地球の人間が正義のために立ち上がる場がありません。現状では、後始末はすべて地球人で行えるところまで来ているのです。サルーサも“これまで保留していた大イベントが起きる”と言っており、時期はわかりませんが、安心して見ていればよいと考えています。
 それよりも、私の当面の注目は経済の分野に移っています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
サルーサ 2015年1月9日
転載元より抜粋)
サルーサ 様 〈肉体〉

サルーサ 様 〈肉体〉



あなた方の周辺 のあらゆる所には通過しつつある大変化の期間を示し、あなた方を数千年の間閉じこめていた古い問題が暴露されつつあるしるしが見られます。あなた方にはもはや古いやり方を踏襲する事は出来ず、ある国々では、平和的で 受け入れ可能な解答に向けて人々を導く新しいリーダーシップが必要でしょう。この方向の変化の一部はあなた方が想像するよりも多くの力を発揮するあなた方 人民から行われるでしょう。変化に対する思考形態が成長すると、それは人間が影響を及ぼす強力なツールになります。

今は、あなた方 にとって自分個人のゴールに集中する必要がある時であり、何かを正確に知っておくべきだったのです。自分の道にしっかりと乗っていれば、 あなた方は充実していると感じ、周辺に起きているイベントに左右されないでしょう。

将来には今終了 しつつある現在のサイクルに於ける歴史について無限の解放が目に見えて来つつあります。それは主に進歩が止められていた暮らしの質に関わるものであり、フリーエネルギーは非 常に多くの問題を解決し、ただちにあなた方を向上させ得たはずなのです。しかし、これらの否定されていた進歩がもたらされ、あらゆる病気の治癒によって完 璧な健康での生活ができるようになるまでには長い時間はかからないでしょう。

私たちは、あな た方の間にいられるようになり、数多くの進歩した技術が利用出来るようになる時のための準備をしています。進歩した技術は新時代への移行を加速し、同時に 長年に亘って無視され誤用された地球と海洋の浄化を助けます。多くの事をしなければなりませんが、近代的な技術はこの種のプロジェクトに必要な時間を大幅 に短縮します。浄化は私たちの優先事項の内の一つで、それが完了すると残りはより容易に進められます。

研究者たちが見 いだすように、私たちは海床に基地を持っていますが、あなた方には生き残りが不可能な深さの所です。気が付くように、私たちの航空機は保護用の力の場を張 り巡らしていて、有害な影響なく楽に海に出入り出来ます。又、私たちの航空機の周囲にはシールドを張ってあるので、突然レーダー画面や視野から消え去った りします。個人としても私たちは物質を通り抜け、必要なら完全に不可視になれるように振動を上昇させられます。こうして私たちは闇の者たちが開催する”秘 密”会議に密かに出席出来ます。私たちの技術はあなた方のそれよりもはるかに進歩しているので、闇の者たちには秘密の会合を開かないように勧められます。

» 続きはこちらから

スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文8 
第8〜愛の創造神第5システムの神々のクーデター計画

竹下雅敏氏からの情報です。
 今回転落した神々は、各システムの第5レベルの者たちで、この1週間の間に裁かれたようです。おそらくクーデターを計画していたのだと思います。クーデターを起こして、仮にそれが成功したとして、一体この連中は何をしたいのでしょうか。よくわかりません。
 現在、ヤマ(禁戒)・ニヤマ(勧戒)に基づいた統治を求めているわけで、支配層がこれに反することは許されません。この中に“正直”の徳目がありますが、これに違反しないで、偽の通信文を偽名で送ることは出来ません。偽の通信文を送る意図を持っていること自体、この連中はヤマ・ニヤマを端から守るつもりがないのです。そういう者は、神々といえども、いずれ転落し排除されます。
何が本当に大切な事かを、高いシステムの神々ですら理解出来ていないということです。彼らは心の美しさよりも権力の方が重要なのです。こうした者たちが、生き残ることは出来ないでしょう。
(竹下雅敏)
————————————————————————

〈通信者:中西征子〉
〈通信日:2015年1月3日〉

「今日も引き続き陰謀の計画についてお伝えします。
先回は、第7システムまでをお伝えしましたが、今回は第8システムから愛の創造神第5システムまでをお知らせします。

第8システム
 ・きつをさね    五神
 ・あうわ      三神
 ・とほかみゑひため 八神
 ・あいふへもをすし 八神
 ・みそふ神   三十二神  その他天津神、国津神大勢

第9システム
 ・きつをさね    五神
 ・あうわ      三神
 ・とほかみゑひため 八神
 ・あいふへもをすし 八神
 ・みそふ神   三十二神  その他天津神、国津神大勢

第10システム
 ・きつをさね    五神
 ・あうわ      三神
 ・とほかみゑひため 八神
 ・あいふへもをすし 八神
 ・みそふ神   三十二神  その他天津神、国津神総勢五百柱

第11システム
 ・きつをさね    五神
 ・あうわ      三神
 ・とほかみゑひため 八神
 ・あいふへもをすし 八神
 ・みそふ神   三十二神  天津神、国津神総勢三百五十柱

第12システム
 ・きつをさね    五神
 ・あうわ      三神
 ・とほかみゑひため 八神
 ・あいふへもをすし 八神
 ・みそふ神   三十二神  天津神、国津神総勢三百八十柱

愛の創造神第1システム
 ・きつをさね    五神
 ・あうわ      三神
 ・とほかみゑひため 八神
 ・あいふへもをすし 八神
 ・みそふ神   三十二神  その他天津神、国津神大勢

愛の創造神第2システム
 ・きつをさね    五神
 ・あうわ      三神
 ・とほかみゑひため 八神
 ・あいふへもをすし 八神
 ・みそふ神   三十二神  その他天津神、国津神大勢

愛の創造神第3システム
 ・きつをさね    五神
 ・あうわ      三神
 ・とほかみゑひため 八神
 ・あいふへもをすし 八神
 ・みそふ神   三十二神  その他天津神、国津神大勢

愛の創造神第4システム
 ・きつをさね    五神
 ・あうわ      三神
 ・とほかみゑひため 八神
 ・あいふへもをすし 八神
 ・みそふ神   三十二神  その他天津神、国津神大勢

愛の創造神第5システム
 ・きつをさね    五神
 ・あうわ      三神
 ・とほかみゑひため 八神
 ・あいふへもをすし 八神
 ・みそふ神   三十二神  その他天津神、国津神大勢

以上がこれまで裁かれた天界の統治システムの役職の神々です。

このように陰謀を企て、クーデターを計画していたすべての神々は、2007年以降の天界の改革で消滅してしまいました。

さらに先日から、中西様に対して妨害や攻撃の数々をしかけ、今日も多くの神々が妨害に加わり、私からの通信を偽ろうとしましたが、彼等も全員中西様からの通報に従って、今はすべて排除されています。

このようにして排除された後には、新しく任命された資格ある神々がその地位についてきましたが、それらの神々の中からも新たな陰謀を企てる者達が現れています。
彼らはその都度、天界での裁きを受け、そのようにして徐々に新しい統治システムは正しく強力に機能を始めています。

次回に続きます。」

〈追伸〉

 今日、スミワタルタカキホシノヒメミコ様と偽って私に通信を送ろうとした神は以下の通りです。(通信が送られて来た順番です)

第8システム       1柱
第9システム       1柱
愛の創造神第5システム  1柱(この神は竹下様の名を偽って使いました)
第10システム      1柱
愛の創造神第5システム  10柱
第11システム      20数柱
第12システム      35柱

(全員が排除されたと、スミワタルタカキホシノヒメミコ様からお聞きしました)

以上よろしくお願い致します。

中西征子

スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文7 
第3〜7システムの神々のクーデター計画

竹下雅敏氏からの情報です。
 前回の通信文では、過去に第1〜4システムにまたがる売春組織に、各システムの支配層が関わっていたことが発覚し、関係者が処分されたわけですが、不思議なことに、第3システムの神々は裁かれませんでした。理由は今回の通信文で明らかになりました。
第3システムの国津神第5レベルの2柱が首謀者となったクーデター計画が進行していたようです。この計画に第5〜7システムの国津神第5レベルの神々のほとんどの指導者が関与していただけではなく、第7システムにおいては、天津神第5レベルの神々もこのクーデター計画に関与していたようです。
 2007年以降に始まった天界の改革で、“心の清らかな者を要職に用いる”という方針が取られているのですが、そうすると心の美しい神々は自然に高いレベルへと移って行きます。第5レベルの神々の中には、なぜ彼らがこの役職に選ばれたのかと疑問を感じるような者もいるわけです。
 現実に統治をする立場で要職に就いている者の中には、天界の改革に心から賛同しているわけではなく、自分の地位の保全のために“勝ち馬に乗る”という者も多いわけです。このような古い体制の要職に就いていた者たちで、地位の保全のために改革に従ったタイプの者は、裁きの基準となる徳目を予め引き上げてもらっており、彼ら自身は裁きの対象から免除されていたわけです。ただし、その高い徳目の状態を維持しなければならず、一般の者が何度か過ちを犯しても反省の機会を与えられるのに対して、彼らのように裁きを免除されて役職に就いていた者は、罪が発覚すると即座に刑が確定してしまいます。
 今回のケースでは、陰謀の中心に居た神々が、“陰謀の詳細をすべて告白し精進に勤めます”とのことで恩赦を願い出たわけですが、実際には言葉だけで本当に反省していなかったため、クーデターに関わったこれらの神々のすべてが消滅しました。
 こうした愚かな神々を見て、私は不思議に思うのです。自分たちよりも遥かに高いレベルの神々が、現在起こっていることを注視しているわけです。クーデターを起こして仮にそれが成功したとしても、遥かに高い位階の神々に知られずにそれを成すことなど出来ません。現在は基本的なレベルでは審判は終わっていますが、細かいレベルでは今回のように裁きは継続中なのです。クーデターを企み実行した者が、今後の宇宙で生き残れるはずが無いということがどうしてわからないのでしょうか。宇宙から永遠に消滅してしまうのです。そのようなクーデターに何の意味があるのでしょう。
たかだか第7システムの天津神・国津神程度の一部の神々が、他のすべての神々を出し抜いて自分たちの悪事を隠し通せると本気で思っているのでしょうか。この連中を監視している上位の存在は、彼らにはまったく手が届かない高い領域に居るのです。彼らが悪事に対して死刑を宣告すれば、直ちに魂は消滅します。どうやらこうした基本的なことがわかっていないらしいのです。
(竹下雅敏)
————————————————————————

〈通信者:中西征子〉
〈通信日:2014年12月27日〉

「今回は先回の続きとして、第3システムの陰謀をお知らせします。

実は先週第3システムについては充分に明らかでない部分があり、様子を見る事にしたため、あえてお伝えしませんでした。

今回はこの件について明らかになった事についてお知らせします。

第3システム・あうわ三神の“わ”の神
      ・きつをさね五神の“さ”の神

上記2人の陰謀が発覚しました。2人は新しい統治に対して反乱を企てており、そのための計画を綿密に立てていたようです。
まだ行動には移していなかったため、天界の裁きの神々の目にとまる事はありませんでした。

機会があれば、この統治システムの上層部を誘惑し、組織の拡大を計ろうと計画中であり、そのための準備をすすめていたのです。

その計画を知られる事を恐れ、私の名前を使って、さき程中西様に偽りの通信文を送ろうとした事により、とほかみゑひための“ゑ”の神は、今逮捕されたところです。

他にこの計画に加わった者達は次の通りです。

 ・とほかみゑひため 八神
 ・あいふへもをすし 八神 以上の神々です。

» 続きはこちらから
1 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 98