アーカイブ: *社会

[ポストセブン他]3か月以内の南海トラフ地震予測と数々の深海魚

 3月14日の伊予灘地震を的中させた村井俊治氏が今、最も危惧しているのが南海地震と、それに連動する南海トラフ地震で、2点目の記事の海底での異変を知らせるかのように浮き上がって来ている数々の深海魚がそれを裏づけているように感じます。関東でも“数万匹もの大量のボラが遡上、東京直下型地震を想起”させているとのことで、広範囲に警戒する必要がありそうです。
 最後の赤字部分に“先の伊予灘地震などどこ吹く風と、原発再開は着々と進められている”とありますが、もし再稼働を諦め、即時撤廃の方へ舵きりできれば、神々も地震を止める方向で動いて下さるのかもしれませんが、現状では、指導者が再稼働の諦めがつくほどの地震を想定しなければいけないのかもしれません。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————1点目————————————
伊予灘地震的中させた学者が3か月以内の南海トラフ地震予測
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

————————————2点目————————————
海溝型地震の前兆か?
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[真実を探すブログ]関東各地で地震雲の発見報告が相次ぐ!竜巻型の雲が出現!形状が阪神淡路大震災前の地震雲と似ている!

竹下雅敏氏からの情報です。
 これらは明らかに地震雲です。気をつけておいて下さい。私も最後にある写真とソックリな地震雲を見たのですが、その後、3月14日に伊予灘でM6.2の地震がありました。現在は激変期なので十分な警戒が必要です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
関東各地で地震雲の発見報告が相次ぐ!竜巻型の雲が出現!形状が阪神淡路大震災前の地震雲と似ている!
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[HUFFPOST]STAP細胞:小保方氏の共著者の中でバカンティ教授だけが強気の理由

竹下雅敏氏からの情報です。
 私も忙しくて、STAP細胞に関しては細かい情報を取ってくる暇がないのです。ウクライナの背後に居る連中を見極め、彼らの野望を打ち砕くことの方がずっと大事だからです。
とは言うものの、STAP細胞の件は少し不可解だと感じます。恐らく小保方さんのSTAP細胞は、彼女の勘違いなのではないかという気がします。おそらく現段階では万能細胞になっていないのではないか。
問題はバカンティ教授の方で、彼らが万能細胞作製に成功していれば、ノーベル賞は直ちに彼らのものなので、小保方さんに手柄を渡す必要などありません。バカンティ教授にすれば、自分たちの研究の方向性は間違っていないと確信しており、このまま研究を続ければ確実に万能細胞を作ることが出来るという確信に基づいて、いくつかの成果を論文にしているということなのかも知れません。バカンティ教授の思惑としては、小保方さんを通じ、理研から潤沢な研究資金を入手するのが目的だったのではないかという推理が成り立ちます。
 ただ、今回のあまりにも激しい小保方叩きを見ると、このまま研究が進展して、本当に万能細胞が簡単に作れるようになると困る人たちが居るわけで、彼らが研究を潰そうとしているという一部の陰謀論を唱える人たちの見解は、無視することが出来ません。かつて常温核融合も実際には出来ていたにも関わらず、潰されたという噂があるからです。オオマサガスなどは、現時点での最たる例です。こうした事がしょっちゅう起こっているだけに、真相が知りたいものです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【STAP細胞】小保方晴子さんの共著者の中でバカンティ教授だけが強気の理由とは
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[In Deep]直径1メートル以上のヒョウ(というより氷爆弾)が雨あられと降り注いだエリトリア

プレーマ様(読者の方)からの情報です。
 17日の竹下氏のコメントに“世界中で、これまでとは規模の異なる自然災害が起こります”とありましたが、アフリカ北東部に位置する世界で最も検閲が厳しいエリトリアという国で“メートル級のヒョウが空から放り投げられた”とあります。またタクシン派の支持基盤になるタイ北東部でも、ゴルフボールともサッカーボールとも言われる巨大なヒョウが降り注ぎました。また、20基もの原発を運転中のインドでもヒョウや大雪の被害が深刻で、死者や自殺者が出ています。ワシントンでも観測史上3番目に遅い大雪を記録し、連邦政府機関が閉鎖になったとのことです。
 こういった自然災害が指導者の決断や私達の意識と密接な関係があることを忘れず、正しい生き方、正しい対処を心掛けていきたいものです。
(編集長)
編注)一部、削除いたしました。

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
直径1メートル以上のヒョウ(というより氷爆弾)が雨あられと降り注いだエリトリアの光景を見て思う「母なる自然の最後の勝敗」
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[ねたまま他]★消息を絶ったマレーシア航空の旅客機がついに発見された!?そりゃ見つからないはずだわ…… / STAP細胞騒動で理化学研究所が完全勝利

竹下雅敏氏からの情報(2点)です。
 ついに見つかったようです。13日の記事のコメントで、占い師が“空中にいる”と言っていましたが、正しかったということがわかります。
 もちろんこの時の記事も、この日の3本目の記事であり、ユーモアであったのですが、関連タグに“ユーモア”が入っていなかったので、編集長も冗談だということがわからなかったかも知れません。中には本気で空中に居ると思った人もいるようです。 
 13日の4本目の記事をUFO動画にしたので、UFO内に格納され空中に居るというケースを排除していないのですが、続く5本目の記事のコメントの中では、“光の銀河連邦”がマレーシア航空事故のいきさつについて告知している記事を紹介しています。これらの一連の流れを見ていただくと3本目の占い師の記事のコメントがユーモアであることがわかると思うのですが、少し難しかったかも知れません。
 下の記事は私も驚きました。理研が超巨大企業We say so社の傘下にあることがわかりました。何を言っているのかわからないと思いますので、ウィキペディアの恐竜家族にある登場キャラクター:アール・シンクレアの項目をご覧ください。
 アール・シンクレアは日本で言えばB層として描かれています。彼は何万年もタイヤを燃やし続けて来たWe say so社の社員という設定です。このテレビドラマは、かなり面白いもので、子供が小さな時に家族でよく観ていました。シンクレア家が、スコットランド・フリーメーソンのグランドマスターの一族であったことを知っている人にとって、かなり真相を知っている人が脚本を書いているとしか思えない程、ウィットとユーモアの感覚に優れたテレビドラマでした。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————1点目————————————
★消息を絶ったマレーシア航空の旅客機がついに発見された!?そりゃ見つからないはずだわ……
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

—————————————2点目———————————
STAP細胞騒動で理化学研究所が完全勝利「STAP細胞研究に捏造なんてない。これから調査に1年かかるからww残念でしたwww」…理研が世界に誇るコピペ技術に続き逃亡技術も披露
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。