アーカイブ: ウクライナ情勢

[日本や世界や宇宙の動向]ウクライナにクーデターを仕掛けた人物とは。。。

竹下雅敏氏からの情報です。
 この記事の内容の主な部分は、すでに3月5日に取り上げた記事の2本目に記されています。ですが、今回の方がずっとわかりやすいと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ウクライナにクーデターを仕掛けた人物とは。。。
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/politics/2014/03/urgent-will-this-iranian-billionaire-bring-the-us-to-its-knees-2602980.html
(概要)
3月6日付け:



スノードンが入手したNSAの極秘文書は5万ページにも及んでいます。これまでに公開されたのはその内の1%の500ページに過ぎません。全てを公開するには42年間もかかります。なぜ、スノードンは少しずつ文書の内容を公開しているのでしょうか。

なぜなら、スノードンは極秘文書を持っていないからです。この文書を持っているのは、元ガーディアン記者のグレン・グリーンワルド氏なのです。

彼は実業界からの制限を受けていることに嫌気がさし、自分でウェブサイトを立ち上げました。ここで彼は極秘文書の情報を(スノードンが流したとして)少しずつリークしているのです。

しかし、グリーンワルド氏のウェブサイトには広告が一切ありません。彼はどのように運営資金を得ているのでしょうか?資金に関しては何の問題もないようです。

彼のウェブサイトの運営資金として、イラン人の億万長者(eBay、ペイパル創設者、会長)のピエール・オミディア氏が25億ドルもの資金を提供したのです(書類上はそうなっているが、実際は、極秘文書を購入した)。

この人物はジュリアン・アサンジやアノニマスとも繋がりがあると言われています。彼は世界の大富豪のトップ200人に入っています。

イラン人を両親に持ちフランスで生まれたオミディア氏はグレン・グリーンワルド氏に25億ドルを支払って、世界中のリーダーやアメリカの政治家や連邦裁判官の人物調査データが載っている極秘文書を購入したのです。

さらに、オミディア氏は他にも極悪非道な活動を行っています。それはPandoDailyというウェブサイトを運営しているマーク・エームズ氏が入手した金融資料により明らかになりました。つまり。。。オミディア氏はウクライナの反政府組織に資金を提供し、ウクライナでクーデターを起こさせ、民主的に選ばれたヤヌコビッチ前大統領を追放させたことが分かったのです。

オミディア氏が仕組んだ革命により、ロシアはウクライナ(クリミア半島)を占領し、米露の冷戦や核戦争の危険性があるのです。

では、オミディア氏は、米露の緊張が高まることを知っていながら、なぜ、ウクライナに革命を起こさせたのでしょうか。

それは。。。NSAの極秘ファイルを大量に入手したオミディア氏は、それらの極秘情報を利用して、アメリカを混乱させ、アメリカを脅迫し、その後、アメリカを崩壊させようとしているのかもしれません。

米議会は、ピエール・オニディア氏の調査に乗り出す必要があります。

[フルフォード氏]徒党の大言壮語は全て、現在進行している敗戦交渉の処遇をより有利にするための駆け引きの一つなのだ。

昨日のベンジャミン氏の記事の冒頭部分を翻訳チームに原文から翻訳し直してもらい、関連すると思われる情報を付け足しました。また、竹下氏から翻訳記事に対するコメントをいただきましたので合わせてご紹介いたします。(編集者)

これは見事ですねー。意味がはっきりとわかるようになりました。シャンティ・フーラ翻訳チームの実力が高いことを結果的に示すことになりました。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————原文から翻訳————————————
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

————————————関連情報①————————————
ウクライナではプーチンがオバマを威圧
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

» 続きはこちらから

[真実を探すブログ]ネオナチスに乗っ取られたウクライナ!政府関連施設内部にはナチスのハーケンクロイツ! / ウクライナのクーデター、米国から資金が流れていた事を示す文章が公開される!

竹下雅敏氏からの情報(2点)です。
 動画を見れば、ウクライナの新政権に正当性がない事は明らかです。ここにアルカイダが侵入してくれば、混乱は欧州を巻き込む事になります。もっともアメリカはそれを承知の上で、意図的に行なっています。世界大戦の前には各国が軍備を増強する必要があるからです。欧州をテロの脅威から守るという名目でNATOの軍事力を強化するつもりでしょう。最終的にロシアと中国との最終戦争に持ち込むためです。ですがプーチンはこうした事をすべて見破っているので、自滅することになります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

—————————————1点目———————————
ネオナチスに乗っ取られたウクライナ!政府関連施設内部にはナチスのハーケンクロイツ!日欧米のメディアは殆ど報道せず!
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

————————————2点目————————————
ウクライナのクーデター、米国から資金が流れていた事を示す文章が公開される!民間企業や慈善団体などを経由!反乱軍はアルカイダ系との関係も!
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[The Voice of Russia]プーチン大統領:ウクライナで起こったのはクーデター

竹下雅敏氏からの情報です。
 会見のプーチン大統領の発言を見ても、まったくの正論であることがわかります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
プーチン大統領:ウクライナで起こったのはクーデター
転載元)
Photo: RIA Novosti

ロシア連邦のウラジーミル・プーチン大統領は4日、モスクワ郊外の大統領邸で会見を開き、ウクライナで起こったのは憲法秩序を覆すクーデターであり、政権は武力を用いて簒奪された、と述べた。

プーチン大統領はまず、全体的な状況について次のように述べた。

―反体制派の要求はある程度理解する、しかし彼らは2月21日に結ばれたヤヌコーヴィチ大統領との合意を無視して、むしろそれに逆行する行動をとり、結果、ウクライナの混迷を深めさせた。ヤヌコーヴィチ氏は唯一の正当なウクライナ国家の長であると考えているが、氏は事実上、権力を失ったのであり、彼に政治的な未来はない。 

プーチン大統領は、現在のところ、ロシア軍の兵士をウクライナ領内に投入する必要性はない、との考えを示した上で、次のように続けた。

―ロシアは、もしもキエフおよびウクライナ西部で続く騒乱が拡大し、東部やクリミアに及んだ場合には、あらゆる手段をとる。そのとき取られる非常手段も、しかし、正当なものである。ロシアは国際法の枠組みで行動している。 

プーチン大統領は、今もこれからも、ロシアにとってウクライナはただの隣国ではなく、兄弟国家であり、ロシアはウクライナ国民と戦争するつもりはない、と強調した。
またプーチン大統領は、ロシアに対する西側諸国の非難については、次のように述べた。

西側諸国がイラクやリビアでやったことも、到底、正当とは言えない。ロシアはソチでG8サミットを開催する準備を整えている。しかし、パートナー諸国に参加の意思がないのであれば、参加を強制することは出来ない。西側のパートナーたちがもし来たがらないのであれば、来なくてよい。 

また、西側諸国の対ロシア制裁については、プーチン大統領は、それは制裁をかけようとする側の考えるべきことである、と述べた。その上で、制裁による損失は相互的なものになる、と強調した。

またクリミア情勢に関しては、プーチン大統領は、ロシアはクリミア半島がロシア連邦の一部になることなど期待していない、と強調した上で、次のように述べた。

―クリミア自治共和国を統治しているのは正当な政府である。クリミア半島の自決について、住民は、レフェランダム(住民投票)を行う完全な権利を有している。 

プーチン大統領は、再びウクライナの「クーデター」について、核戦力の引き上げと交換にウクライナの領土の一体性を保障すると規定したブダペスト協定は、キエフの新政権に承継されることはない、と述べた。プーチン大統領は類似の例として、1917年、革命によるロシア帝国の崩壊および、新たな国家の誕生の際の状況を挙げた。

最後に大統領は、ロシアはクリミアに人道支援を行う用意がある、と述べた。

[ROCKWAY EXPRESS]ヤヌコビッチはプーチンにロシア軍のウクライナ展開を書簡で要請 〜軍事協定を結んでいる以上、自然なこと〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 ロシアの “追放されたヤヌコビッチ…の運命はウクライナ国民によって決定されるべき”という主張は、正論だと思います。暴力によって権力を握った現政権に正当性はありません。極右国粋主義者たちの暴力がウクライナ全土に広がり、一般のユダヤ人、ロシア人の生命が脅かされている以上、彼らの要請に従ってロシア軍が支援に入ることは、軍事協定を結んでいる以上、自然なことです。
 いつものことですが、メディアを掌握している欧米の支配層は事実を捻じ曲げて報道します。今や正義や人権の尊重はロシア・中国の指導部の方にあり、日本も含め西側は民主主義という言葉を用いて、自分たちの立場を正当化しますが、行っていることは、常に民主主義を破壊する行為です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ヤヌコビッチはプーチンにロシア軍のウクライナ展開を書簡で要請
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。