アーカイブ: ガヤトリー・マントラ

[竹下雅敏氏]ショーグン・アモナとドランヴァーロ・メルキゼデックからのチャネリング情報 〜大宇宙と自然との一体性の実現した超人と劣化した人類〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 チャネリング情報、あるいはそれに類する情報には警戒するように呼び掛けて来ました。しかし、今回紹介するこれら2つの記事は、信用の出来るものです。まず、一つ目の記事ですが、この情報源であるショーグン・アモナは、「銀河連邦」の者で、間違いなくガヤトリー・マントラと愛のマントラを唱えている人物です。記事では“あらゆる高エネルギーがセントラルサンからあなた方のところに投射されている”とあり、地球上での大変化が近いことを思わせます。
 次のドランヴァーロ・メルキゼデックは、信頼の出来る人物で、彼も同様に“銀河のスーパーウエーブ”が地球の周波数を上昇させ、“自発的進化”が起こる瀬戸際に居ることを示しています。
 これは、ニーチェやヒットラーその他もろもろのカルト的な秘密結社が夢想して来た超人の概念ではなく、記事にある通り、“平和で愛に満ちた一体の新しい人間が今誕生し、覚醒すること”なのです。
 ガヤトリー・マントラと愛のマントラを唱えている方は、その状態を垣間見ることが出来ているはずです。愛のマントラを唱えた後に経験する至福が、いずれ永続的なものとなり、人類は終に、大宇宙と自然との一体性を実現するのです。
 ただし、これを実現することの出来る人々は限られており、自分が選ばれた存在だと考える選民思想の持主には起こりません。
 ヒットラーが、将来地球では、超人と何の創造性も持たない劣化した人類に二分されると予言していましたが、まさにこうしたカルト的な思想を持つ者たちが皆、劣化した人類へと落ち込むのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
シリウスの兄弟… 2015年10月15日 無条件の愛はあなた方と世界のバランスを取り戻す
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

» 続きはこちらから

中西征子さんの天界通信3 速やかな進化を与えるガヤトリー・マントラ&愛のマントラと精霊たち

竹下雅敏氏からの情報です。
 今日と明日の2回にわたって、中西征子さんから報告のあった精霊たちの情報を公開します。文中にある神ノ倉山は、天界の改革の神事のために、何人かで登った山でした。神ノ倉山を紹介しているホームページを見ると、中に宇宙広場がありますが、この場所でも神事が行われました。
 ご覧になると、大変面白い内容なのがわかると思います。確かにカンクライシ君は、最近まで鉱物システムに属していたのが、今では植物システムへと進化したようです。このままガヤトリー・マントラや愛のマントラを唱え続け、意識が拡大していくと、近い将来植物へと転生に入るのだろうと思います。
 中西征子さんの庭にやって来る妖精は、そこでガヤトリー・マントラを教わり、それを唱えることで急速に進化し、別の所に移って行くというようなことが起こっているようです。例えば、中西征子さんのイラストに描かれたみどりちゃんは現在、日本人として転生に入っています。このような事は、これまでの進化の流れでは起きなかった出来事です。それほどガヤトリー・マントラの力が大きいということなのです。
 人々の願いを叶え、心を浄化し、速やかな進化を与えるのがガヤトリー・マントラです。しかし、ほとんどの人はこのマントラの真の価値を見抜けず、無駄な努力を重ね、時間を浪費しているという気がします。
(竹下雅敏)
————————————————————————
 露岩の展望台(出典: http://www.geocities.jp/houshizaki/kannokurayama.htm )

露岩の展望台(出典


中西征子さんの天界通信3 

<通信者:中西征子>
<2015年7月28日>

先日、7月24日(金)から、家の庭の紅マンサクの木の上辺りに妖精なのか、精霊なのか、めずらしく男の子がやって来て、愛のマントラを唱えているようです。(ちゃんと服を着て、クツもはき、小さなリュックサックも用意してもらってやって来ました。ポッチャリタイプだとか(笑))
名前を聞いた時、はじめは“カンキリイシ”だと聞こえましたが、この子はもしかしたら“石”の精霊かもしれない…と思った途端、家から車で30分位の所にある“カンノクラヤマ”の名前が浮かびました。
もしかしたら“カンクライシ”ではないかと思い、本人に確認するとそうだという返事で、私が聞きまちがえていたのだと思いました。

パソコンで“神ノ倉山”を調べていくと、展望台に“露岩”と名付けられた大きな岩があり、本人にこれ迄居た場所だと確認を取りました。

彼は年令も何も知らず、神様から私の庭の木の上で愛のマントラを唱えるように指示されてやって来て、それ以来熱心に唱えているようです。
“唱えるととても楽しい気分になります。ずっと唱えていたい…”と言っていました。

先日地球の波動が超越に達し、これ迄、たくさんの光を受けてきた事を考えると、鉱物システムの岩が、突然意識が拡大し精霊に進化したと考えざるを得ません。
宇宙全体の意識が進化しているのですね!スゴイです。
中西征子

<通信者:中西征子>
<2015年8月15日>

先日のカンクライシ君に、庭のプチトマトの妖精“トマコちゃん”が加わって、とても仲良くマントラを唱えながら、楽しく暮らしています…。
中西征子

[竹下雅敏氏]体外の6つのチャクラを開くホーミー

竹下雅敏氏からの情報です。
 ホーミーの魅力的な映像を見つけました。下の動画では、10秒〜3分20秒で、ホーミーには6つの種類があることが説明されています。実はこの6つは、体外の6つのチャクラに対応しているのです。
 唇 …アナーハタ・チャクラ
 上顎…スワディシュターナ・チャクラ
 喉 …マニプーラ・チャクラ
 鼻 …ムーラーダーラ・チャクラ
 胸 …ヴィシュダ・チャクラ
 言葉…アージュナー・チャクラ
となります。
 通常、どの音楽も7つのチャクラとの対応関係を持ちますが、チャクラを開くものではありません。各チャクラに対応している生気、および補助生気に対応しているのです。この辺りの詳しい内容は、映像配信で説明しています。
 ところが、ホーミーは体外の上記の6つのチャクラを開くのです。その意味で、通常の音楽とはまったくその本質を異にするものだということがわかります。
 下の動画の3分20秒以降で、坂田明氏とホーミーの共演があります。坂田氏のサックスの音色は美しいのですが、通常の音楽です。ですから、音楽としてまったく合っておらず、不調和です。
 ホーミー以外でチャクラを開く音楽は、今のところ知りません。しかし、マントラにはこの作用を持つものがあり、その最強のものがガヤトリー・マントラです。ガヤトリー・マントラは、体表の7つのチャクラの全てを同時に開きます。
(竹下雅敏)
————————————————————————
モンゴル国ホーミー Arvan Tavnii sar khoomei
転載元)


————————————————————————
6 methods of the khoomii(Throat Singing)
転載元)
埋め込み不可の転載元でご覧ください

埋め込み不可の転載元でご覧ください