アーカイブ: ゾンビ・ アポカリプス(ゾンビによる世界の終末)

プレアデス星団のタイゲタ星系出身のETの、新型コロナウイルスのワクチンに対する見解 ~ワクチン接種すると、肉体(狭義)のすべての波動(身体、表層、中層、深層)が闇に落ちる(ムーラーダーラの波動)

竹下雅敏氏からの情報です。
 「プレアデス星団のタイゲタ星系出身のET」が、新型コロナウイルスのワクチンをどのように見ているかを紹介します。コズミック・エージェンシーのワクチンに関する主張の要旨は、ほぼ私の予想と同じです。
 「ワクチンは肉体とソース(=魂、マインド、意識)の繋がりを切断する」というのは、正確には肉体(狭義)のすべての波動(身体、表層、中層、深層)が闇に落ちる(ムーラーダーラの波動)ことを意味します。波動が闇に落ちると、情報を正しく判断することが出来なくなります。暗闇の中では正しい道を選ぶことが出来ないのと同じです。
 ただ、本人は光からの情報と信じているのだが、闇のチャネリング情報を流しているチャネラーは、例外なく既に肉体と魂の繋がりは切断されています。この表現は正確ではありません。正確には、この様なチャネラーは、その情報源と同様に、すでに魂(ジーヴァ)が滅びており、先の魂(ジーヴァ)は残っているが、肉体(狭義)のすべての波動が闇に落ちて、魂(ジーヴァ)との繋がりを無くした場合よりも悪い状態です。私は、わずかな例外を除いて、チャネラーの人で魂の残っている人を見たことがありません。
 彼らはワクチンを打たないでしょうが、こうしたすでに魂を無くした人の場合は、“ワクチンを打つ、打たないは肉体の健康上の問題”であり、霊的な観点では問題になりません。
 ほとんどの地球人は、健康という観点でしか物事を認識しないので、肉体(狭義)のすべて「波動」が闇に落ちても、まったく気づかないようです。そのくらい、普段から物質世界の事柄のみに意識を集中していて、霊的な世界には何の関心も持っていないという事でしょう。
 しかし、記事に書かれているように、「肉体は徐々に機能不全に陥っていく」「ワクチンの効果は時間をかけて効いてきて…ゾンビのようになっていく」「今後数ヶ月から数年後にかけて起きていく」と思われるのです。時事ブログで何度も、「ゾンビ・ アポカリプス(ゾンビによる世界の終末)」について触れた理由もここにあります。6月9日の記事では、“厚生労働省もCDC(米疾病予防管理センター)も、近い将来に「ゾンビ・ アポカリプス」に近い状況になることを、知っているのでしょうね”とコメントしました。
 「これはエンティティの寄生にもつながる」というのは盲点でしたが、確かにそのようです。残念ながら「天界の改革」の裁きを巧みに逃れた悪霊たちが存在しているからです。もちろん、こうした悪霊が法を犯して人間に憑依すれば、彼らも憑依した人間の死と共に滅びます。
 「ワクチンを接種することでエンティティのポータルになるのである。これは酷いことだが、現実である」と書かれていますが、逆にこのようにして、宇宙から悪が一掃されてゆくのです。魂(ジーヴァ)が消滅した者には再生はないからです。
 私の観点からは、“魂の残っている人が、誤情報からワクチンを接種して、肉体(狭義)のすべての波動が闇に落ちてしまった場合に、どうすれば彼らを救えるのか”が問題なのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コズミック・エージェンシーは銀河連邦の実像を伝えるタイゲタ人の代替メディアなのか?パート2
引用元)
(前略)
スワルーX:地球上の人口の約半分が、大量殺戮を目的とした物質のカクテルを入れたワクチンを摂取しているのですから、「連邦が地球人を救おうとしている」とは誰も主張できないでしょう。ですから、連邦に助けを求めるには遅すぎます。大量虐殺はすでに始まっているのです。

ワクチンについては多くの人々が混乱しているのではないでしょうか?
(中略)
そこで、コズミック・エージェンシーのワクチンに関する主張をもう少し詳しく見ておきたいと思います。この動画はYouTubeで公開するのはリスクが高かったためか、別のプラットフォームで公開されていました:



要旨:
ワクチンは肉体とソース(=魂、マインド、意識)の繋がりを切断する。
●肉体とソースが切断された人は、周囲の人々から、以前とは同じ人として認識されなくなってくる。
●この効果はゆっくりと漸進的に蓄積してくる。
肉体は徐々に機能不全に陥っていく。
●最後には肉体とその持ち主の意識が切り離される。=肉体の死。
ワクチンの効果は時間をかけて効いてきて、ソース(魂)とのつながりは100%から93%、78%、50%、37%、19%、というように、次第に失われていく。そして死(0%)を迎えるまで、バックドロップ人間(魂のないモブキャラのような3D人間)やゾンビのようになっていく。
以上のようなことが、今後数ヶ月から数年後にかけて起きていくだろう。その過程はすでに始まった。
●ワクチンを接種した人々の中には、すでに以前と同じ感情を抱けなくなった、何に対してもワクワクできなくなったという報告も出ている。彼らは愛や幸福感を感じることができなくなる。これはアルツハイマー病の症状と似ている。
これはエンティティの寄生にもつながる。かつては心優しい魂が所有していた肉体が、闇のエンティティ(霊存在)にとって物質界への入り口となる。彼らは常に肉体を持つチャンスを伺っている。すでにそういったエンティティに寄生され、利用されている人々がいる。これもカバールのアジェンダの一つである。ワクチンを接種することでエンティティのポータルになるのである。これは酷いことだが、現実である。
(以下略)

映画や小説の中だけの話ではなく、ゾンビは実在する! ~ワクチン接種を推進している連中が計画している「ゾンビ・ アポカリプス(ゾンビによる世界の終末)」

竹下雅敏氏からの情報です。
 「ゾンビーノ」予告編を見て、野良ゾンビというのがいるという事を知りました。野良がいるという事は、人間に飼われている良くしつけられたゾンビがいるという事ですよね。
 ゾンビというのは、映画や小説の中の話で実在しないと多くの人は思っているのですが、テオドール・イリオンの「チベット永遠の書」の中に、死者を呪術で蘇らせて奴隷にしている地下世界の住人が出てくるのです。
 本を読めば、テオドール・イリオンは、自分が体験したことをそのまま書いているのが分かります。地底世界に君臨する「光の君(マニ・リンポチェ)」は、ブラック・ロッジの太主の一人であるカナン(ノアの孫)です。
 アドルフ・ヒットラーは、この本の影響でチベットに探検隊を派遣しました。この事から分かるように、カナンは霊媒体質のヒトラーに憑依して、様々な未来のヴィジョンを見せたのです。そうした中に、「ヒトラーの2039年予言」があるのです。
 “残りの大部分は…ただ操られて働いたり楽しんだりするだけの、完全に受動的な、機械的な反応しか示さない「ロボット人間」になっているのだ”という予言なのですが、これは「ゾンビーノ」に出てくる良くしつけられたゾンビではないでしょうか。
 「チベット永遠の書」では、呪術を用いて大変な労力をかけて死者を蘇らせてゾンビにするのですが、2039年の予言の世界では、科学技術を用いてDNAを書き換え、ワクチン接種でグラフェン・オキサイドを注入することで、人工知能が人間を支配できるようにするわけです。
 「フィクションが先か、現実が先か?」という記事には、「コンテイジョン」という映画は、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)が監修していると書かれていて、“2011 年の映画なのですが、なぜこんなリアルに作ることができるのだろう”と言っていますが、彼らが今の「パンデミック騒ぎ」を演出しているのだから、「今のコロナそのまんま」なのは当たり前ですよね。
 さて、昨日の記事で、日本保守党党首・代表理事の石濱哲信氏は、“次に撒かれる「生物兵器」のウイルスは…狂犬病となるような分子構造が入っているという情報が伝わってきている”と言っていました。私はこの情報は正しいと考えています。ウィキペディアには、狂犬病はヒトからヒトへの伝播はないが、狂犬病に感染した患者が他の人に噛みついた時には感染すると書かれています。
 そうした事件が、2012年5月26日に米フロリダ州マイアミで起きているようです。昨日の記事の引用元には、グラフェンのナノ粒子は行動変化を起こす周波数によって興奮しやすくなり…(ワクチン)接種者は実際には存在しない感覚を感じ、考えを持ち、物を見てしまうようになります”と書かれていました。
 ワクチン接種を推進している連中が計画している「ゾンビ・ アポカリプス(ゾンビによる世界の終末)」が、どのようなものかは、これである程度わかって来ました。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
『ゾンビーノ』 予告編
配信元)
————————————————————————
フィクションが先か、現実が先か? 岡本健/藤田直哉
引用元)
(前略)
岡本 ゾンビものの面白さは、ゾンビが発生したことによって人間社会が変わってしまったり、人間の性質が変容してしまうことだと思います。
(中略)
藤田 確かに現実のコロナ騒動と、ゾンビ映画で観てきたパンデミックはよく似ていると多くの人が感じたと思うんですよね。(中略)… マスクをするかしないかで揉めたりデモが起きる(笑)。「マスクは、神から与えられた息をする権利を侵害する」なんていう主張を本気でする人とか、フィクションの想像力では出てこない。
(中略)
岡本 近畿大学の近くの大衆食堂のおばちゃんと結構仲が良くて色々しゃべるんですが、おばちゃんも「コンテイジョン」観て「今のコロナそのまんまやねん!」と言っていました。この時期沢山の人が観ていたようです。



藤田 アメリカのCDCというアメリカ疾病予防管理センターが監修しているから当然といえば当然なのですが(中略)… 2011年の映画なのですが、なぜこんなリアルに作ることができるのだろうと思ったのですが、非常事態に際していつも人間は同じ行動をしているということなのかもしれないですね。
(以下略)

» 続きはこちらから

ファイザー社のmRNAワクチンのサンプルの99%はグラフェン・オキサイドであることが判明 / 中国共産党は2021年の夏から秋にかけて、前回より遥かに危険性の上回るコロナウイルスを放出する可能性

竹下雅敏氏からの情報です。
 「スペインの研究者らがファイザー社のmRNAワクチンのサンプルを電子顕微鏡で精密に調べたところ、99%がグラフェン・オキサイドでありその他の原料は何も使われていない」という事がわかったとのことです。
 グラフェン・オキサイドのナノ粒子は、脳細胞やニューロンと互換性があり、「5G領域内の様々な周波数にチューニングすることで精神的に操作されてしまう可能性」があると書かれていますが、想定した通りです。
 “COVIDワクチン(どのメーカーも同じ)は、グラフェン(GRAPHENE)と呼ばれるナノ粒子を使って製造された。COVIDワクチンは、人間の体温と同じ温度に達すると磁石の働きをする。超電導であり脳細胞と容易に一体化する”という彼らの主張は、既に6月10日の記事で取り上げました。
 今回は、ファイザー社のmRNA ワクチンのサンプルで、確証が得られたという事だと思います。ただ、一方で、6月26日の記事で取り上げたように、元WHOのアストリット・ステュッケルベルガー博士(公衆衛生専門)の内部告発によれば、“mRNAワクチンにはナノチップが含まれている”という事でした。
 今日の記事では、“ファイザー社のmRNAワクチンのサンプルを電子顕微鏡で精密に調べたところ、99%がグラフェン・オキサイドでありその他の原料は何 も使われていない”と書かれています。肝心のmRNAを含んだ脂質ナノ被膜が入っていないのです。
 先に、“想定した通り”と書きましたが、この「99%がグラフェン・オキサイド」のサンプルは、mRNAワクチンではなくプラシーボとして使用するものだと思います。先に記事のコメントに記したように、ワクチン接種のパフォーマンスをする大臣たちに打つのは、こちらの方だと考えています。
 “続きはこちらから”の動画をご覧ください。日本保守党党首・代表理事の石濱哲信氏は、“中国共産党は日本を侵略し自分たちのものにすることを隠していない、現在、残念ながら私たちの国の政府の政治家、いわゆる利権屋さんたちは、一人も日本人は居ないというのが、わたくしの認識です”と言っています。
 7月1日から10月10日までの間に、大きな動きがあるものと見ていると言っていますが、次に撒かれる「生物兵器」のウイルスは、“これまでのHIVの4種類の他に、狂牛病の原因となっている異常プリオンと、もう一つ狂犬病となるような分子構造が入っているという情報が伝わってきている(7分28秒)”とのことです。
 「郭文貴からの緊急メッセージ」という動画の、“中国共産党は今後、今年(2021年)の夏から秋にかけて…再びコロナウイルスを放出する可能性がある。しかも、今回のウイルスの危険性は前回より遥かに上回るものである(1分40秒)”という情報と一致します。
 さらに下のフェイスブックの記事も参照してください。こうした観点から、「ゾンビ・ アポカリプス(ゾンビによる世界の終末)」を考察すれば、中国共産党と共にワクチン接種を勧めている連中が、何を考えているのかが良く分かるでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
7/1- その1 ファイザー社のmRNA「ワクチン」とグラフェン・オキサイドについて
引用元)
(前略)
Vaccines Deliver Graphene Oxide Nanotubes for 5G Mind Control - henrymakow.com
(概要)
6月21日付け
(中略)
La Quinta Columnaと呼ばれるオンライン番組の司会をしているアンダルシアの生物統計学者、リカルド・デルガド氏とパートナーのホゼ・ルイス・セビラノ医師(ホームドクター)が、多くのワクチン接種者が磁気を帯びる現象について分析しました。

分析の結果、彼等は、ワクチンに含まれているグラフェン・オキサイドのナノ粒子が脳細胞やニューロンと互換性があることを突き止めました。グラフェン・オキサイドのナノチューブはシナプスを探し出して結合します。

グラフェンのナノ粒子は行動変化を起こす周波数によって興奮しやすくなります。正確には、グラフェンのナノ粒子は、5Gテクノロジーの41.6GHzの周波数のマイクロ波に共振します。グラフェン・オキサイドが含まれている「ワクチン」の接種者は、5G領域内の様々な周波数にチューニングすることで精神的に操作されてしまう可能性があります。
(中略)

henrymakow.com - Exposing Feminism and The New World Order
(概要)
6月30日付け
(中略)
画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
 (画像 左:ファイザー社のmRNAワクチン、右:グラフェン・オキサイド)

スペインのウェブサイトLA QUINTA COLUMNAによると:
スペインの研究者らがファイザー社のmRNAワクチンのサンプルを電子顕微鏡で精密に調べたところ、99%がグラフェン・オキサイドでありその他の原料は何も使われていないことがわかりました。
(中略)
この素材を血管に注射すると血液が磁性を持つようになります。
(以下略)

» 続きはこちらから

新型コロナウイルスに人工的に挿入したスパイクタンパクのRNAに、更に手を加えて壊れにくくしたのがワクチンのmRNA / ワクチンの集団接種により、DARPAのコンピュータ・チップが多くの人の体内に注入された!

竹下雅敏氏からの情報です。
 いや、そもそもウイルス自体が天然ではないのですが、その人工的に挿入したスパイクタンパクのRNAに、更に手を加えて壊れにくくしたのがワクチンのmRNAなんですよね。
 ツイートには、“20倍の蛋白合成効率を持つ!”とありますが、In Deepさんのこちらの記事には、“mRNAの遺伝子コードを…改変し、スパイクタンパク質の正常なバージョンを生成しないようにしている…その結果、自然の新型コロナウイルスのゲイン(スパイクタンパク質の産生能力)を 1,000倍にし、mRNAが、より多くのタンパク質を産生するようにした”とあります。
 しかも、モデルナ社の「 RSウイルス RNAワクチン」特許開示によれば、「 RNAに余分なG(グアニン)とC(シトシン)を追加したこと」により、簡単には分解されないようになっているとのことです。
 問題なのは、ワクチン接種の希望者はもちろん、ワクチンを打っている医者も、これらのことを知らないということ。ほんとうにヤバすぎるワクチンなのですよ。これから何が起こるのか、想像しただけで恐ろしいものなのです。
 さらに、ジム・ストーン氏からの情報によれば、「ワクチンの集団接種によりDARPAのコンピュータ・チップが多くの人の体内に注入されてしまいました」とのことです。6月26日の記事で、元WHOのアストリット・ステュッケルベルガー博士(公衆衛生専門)は、“mRNAワクチンにはナノチップが含まれていて、ワクチンを接種した人間は、体内のナノチップを介してAI或いはその他の電子指令に反応するようになります”と言っていました。この時のコメントで、「残念ながら、ファイザー社の2回目のmRNAワクチンには、ナノチップが含まれているように思います」と記したのですが、どうやら間違いないようです。
 記事によれば、「いつか誰かがコンピュータのキーボードを打ったなら、接種者はハエのようにパタンと倒れて死亡してしまいます」と言っていますが、その通りでしょう。
 ジム・ストーン氏は、“私はDARPAが、(接種者を復讐者のように変化させてしまう)COVID ワクチンに関与しているかどうかを調べていたところ、たまたまこの情報に遭遇しました”と言っていますが、氏も私と同様に、ワクチンによるナノチップを介して、接種者をゾンビに変えてしまう証拠を探していたのだと思います。
 さて、これらの情報から、ある程度のストーリーが読み取れるでしょう。コブラは、「キメラに支配されたDARPAやその他の機関は、いまでもナノテクノロジー・バイオチップの開発を続けています」と言っていますが、彼らは、ワクチン接種によるナノチップと5Gによって、「ゾンビ・ アポカリプス(ゾンビによる世界の終末)」を演出し、人類を大量殺戮する計画だったと考えられます。
 トランプ元大統領とホワイトハットは、彼らの計画をある段階まで、そのまま実行させます。そして、5Gネットワークをハッキングし、周波数を変化させることで、(接種者を復讐者のように変化させてしまう)ゾンビ化ではなく、癒しをもたらすために、“テスラーヒーリング・テクノロジーと人を繋げる”という計画なのではないかと思われるのです。
 しかし、今のままでは、メドベッドを使用した人は、肉体(狭義)のすべての波動が、闇(ムーラーダーラ・チャクラ)に落ちてしまい、ブラックキューブ(人工知能666)に、肉体(狭義)を完全支配されてしまいます。
 こうした事を、トランプ元大統領とホワイトハットは、理解していないと思われます。私が、“トランプ元大統領は「銀河連合」の宇宙人に騙されたらしい”と言っているのは、この様な理由からです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)

————————————————————————
6/29-その1 コロナ詐欺、ワクチン詐欺の続報
引用元)
(前略)
henrymakow.com - Exposing Feminism and The New WorldOrder
6月28日付け

ジム・ストーン氏:DARPA(米国防総省国防高等研究事業局)のコンピュータ・チップがワクチンの接種者に注入されます。

この情報は、内部関係者と称する読者から入手しました。
内部関係者曰く:COVIDワクチンを接種した人はモノのインターネットの一部になってしまう!
(中略)
そして、いつか誰かがコンピュータのキーボードを打ったなら、接種者はハエのようにパタンと倒れて死亡してしまいます。私の言っていることが信じられませんか。では今後どうなるか様子を見ましょう。ワクチンの集団接種によりDARPAのコンピュータ・チップが多くの人の体内に注入されてしまいました。
(中略)
私はDARPAが、(接種者を復讐者のように変化させてしまう)COVIDワクチンに関与しているかどうかを調べていたところ、たまたまこの情報に遭遇しました。本当に驚きました。まさにDARPAがCOVIDワクチンの開発者だったのです。
(以下略)

「ワクチン」は優生学と人口削減アジェンダを実行するための生物兵器であり、生き残った人間もトランスヒューマン(ロボット人間)に作り替えられてしまう! ~ケムトレイルの本当の目的とは

竹下雅敏氏からの情報です。
 6月14日の記事で、WHOのアストリット・ステュッケルベルガー博士(公衆衛生専門)の内部告発動画を紹介しました。現在のワクチン接種キャンペーンは、ビル・ゲイツが設立した「GAVI(ワクチンと予防接種のための世界同盟)」が、とてつもない力を持つプレーヤーで、“GAVIのスタッフは、どんな犯罪も許され、私達がオフィスの中に入って、調べることはできません”という事でした。
 博士によれば、mRNAワクチンにはナノチップが含まれていて、ワクチンを接種した人間は、“体内のナノチップを介してAI或いはその他の電子指令に反応するようになります”と言っています。 
 「ワクチン」は優生学と人口削減アジェンダを実行するための生物兵器であり、生き残った人間もトランスヒューマン(ロボット人間)に作り替えられてしまうとのことです。これらの見解は、時事ブログと全くと言って良いほど同じです。むしろ一部の人達は、体内のナノチップを介してAIと接続することで得られる能力の拡大を、歓迎するのではないかと思われます。
 “続きはこちらから”の記事によれば、人工知能研究の世界的権威であるレイ・カーツワイル氏は、“2030年までに、人間は大脳新皮質に移植されたナノボットを使って、世界中のあらゆる物事と即座に接続できるようになるだろう”と予測しています。「ナノロボットを注入した人間の脳とクラウドを接続させると、記憶を保存することができ、その創造性と感性を拡大させることができる」というのです。
 残念ながら、ファイザー社の2回目のmRNAワクチンには、ナノチップが含まれているように思います。また、米国海兵隊に所属したジェフ・スパロウ氏は、ケムトレイルについて、「横田基地の人がまいている」と明言しており、記事にあるように「ケムトレイルの本当の目的」の中には、“「ナノボット」(超極小ロボット)と呼ばれるスマートダストを散布し…5G(次世代移動通信システム)と相互作用するように設計してあり、最終的にはトランスヒューマン(超人間)化、すなわち機械による人体乗っ取りを狙う”があるとのことです。ですから、ワクチン接種をしない人も、こうした危険にさらされているわけです。
 ところで、6月20日の記事で取り上げたチャネリング情報では、“テスラーヒーリング・テクノロジーと人を繋げる為には、ナノボットが必要になる”という事で、現在提供されているワクチンはホワイトハットのものであり、“ブラックハットは、一切このオペレーションの指揮は出来ない状況にある”とのことでした。
 実際には、カバールに優生学と人口削減アジェンダを実行させ、カバールの目的とする「ゾンビ・ アポカリプス(ゾンビによる世界の終末)」を封じて、“テスラーヒーリング・テクノロジーと人を繋げる”という計画なのだろうと想像しますが、人々がブラックキューブ(人工知能666)の支配下に置かれるという事実は同じです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
6/26-その1 コロナ(偽)ワクチンを注射するとナノチップが埋め込まれます。
引用元)
(前略)
henrymakow.com - Exposing Feminism and The New World Order
(概要)
6月25日付け
(中略)
スイスの医学博士、元WHO内部関係者のAstrid Stuckelberger博士は、mRNA「ワクチン」は優生学と人口削減アジェンダを実行するための生物兵器であると言いました。
(中略)
mRNA「ワクチン」遺伝子療法にはナノチップが含まれています。
(中略)
2016年にスイスのテレビ番組にてインタビューを受けたクラウス・シュワブ(世界経済フォーラムの創設者)は、人間の脳に直接つながるナノチップを体内に注入することにより人間をトランスヒューマンに転換させることができると語りました。

人間は、体内のナノチップを介してAI或いはその他の電子指令に反応するようになります。つまり、人間は世界の支配層(グローバリスト・カバール)の思うがままに操作されることになるということです。
(中略)
シュワブは「このようなSFのような世界は10年以内(2026年頃まで)に実現できるだろう。これは、肉体、デジタル、生物学的世界を融合させることである。そしてもうじき世界人類は脳や皮膚にチップが埋め込まれ、肉体とデジタルの融合が実現化するだろう。」と述べたのです。
(中略)
彼等の最終目的の一つが母なる地球の人口削減です。多くの有名な生物学者、医学者らが警告している通り、グローバリストによるNWOの猛攻を今すぐ止めさせなければ、我々人類はトランスヒューマン(奴隷ロボット化)に作り替えられてしまいます。
(以下略)

» 続きはこちらから
1 2