アーカイブ: ダボス会議

21/07/19 フルフォード情報英語版:ローマ対バビロン、宣言されていない西洋内戦がクライマックスに達する

 7月19日のフルフォード・レポート(英語版)です。今回のレポートは、偽パンデミックにより、エジプト・メソポタミアの伝統(バビロン)とグレコ・ローマン・ゲルマンのヨーロッパの伝統(ローマ)の分裂が明らかになり、ローマの勝利間違いなしとのこと。その理由はローマは科学の生みの親で、このパンデミックで科学は嘘に勝るからだというフルフォード氏。MI6、P3フリーメーソン、モサド共に、カバールに対して完全な軍事行動を取る前に、パンデミックが戦争犯罪であることを証明する裁判を待っている。

イギリスで7月19日の「自由の日」は、実のところロスチャイルドによる2世紀にわたる英国支配の終焉を祝う日。またカナダ、アメリカもハザール・マフィアから解放される兆しあり。バイデン・ハザール・マフィア奴隷政権はのけ者になりつつある。

日本のニュースでは、創価学会の指導者、池田大作氏が6月18日に死去。その後、米軍は創価学会本部を急襲し、バス2台分の逮捕者を連れて去った。創価学会は日本の選挙を盗むには欠かせない存在。殺害された日本オリンピック委員会の会計責任者森谷靖氏は、組織的な賄賂の使用やオリンピック資金の横領などを調査していた。オリンピックイベントのチケットの販売の全面的禁止の真相は、日本によるオリンピック関係者への報復だとか。オリンピック関係者は、イベントで得たすべてのお金の20%を受け取ることができるらしい。

世界経済フォーラムのシュワブは、相変わらず食糧不足を計画しているようで、今後来るべき食糧難の際、ワクチン接種者には植物性プロテインを定期的に届けるとツイート。ベラルーシで原子力発電所に対するサイバー攻撃(失敗)、トルクメニスタンでの核爆発はハザール・マフィアの犯行。南アフリカは目覚めつつあり、カナダ、フランス、ドイツでは様々な抗議活動があった。ハザール・マフィアのオイルマネーの柱であったサウジアラビアで政権交代の兆しあり。革命が続くなか、夏には世界各地でさらなる混乱が起こることは間違いないというフルフォード氏。

フルフォード氏は休暇に入るとのことで、次回から4回のレポートは事前に書かれたものになるそうです。
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:ローマ対バビロン、宣言されていない西洋内戦がクライマックスに達する
投稿者:フルフォード

ローマとバビロンの分裂、ローマの勝利間違いなし


The undeclared civil war in the West has opened a long-hidden schism in Western civilization: the contradiction between Egyptian and Mesopotamian traditions (Babylon) and Greco-Roman-Germanic European traditions (Rome). This schism has been revealed for all to see by the ongoing fake pandemic. 西洋における宣言されていない内戦は、西洋文明で長く隠されていた分裂をオープンにした。すなわち、エジプト・メソポタミアの伝統(バビロン)とグレコ・ローマン・ゲルマンのヨーロッパの伝統(ローマ)の間の矛盾である。この分裂は、現在進行中の偽のパンデミックによって、誰の目にも明らかになった。

Babylon gave us monotheism, financial accounting, and much of modern medicine, while Rome gave us a strong military, science, the rule of law, and Democracy. バビロンは、一神教、財務会計、多くの現代医学をもたらしたが、ローマは、強力な軍隊、科学、法の支配、民主主義をもたらした。

So now in the news, we see Babylon using control of money to bribe governments and control of medicine to scare people into a single, monolithic, totalitarian power structure. Those who believe in the rule of law and democracy are fighting this structure. そこで今、ニュースでは、バビロンがお金を支配することで政府を買収したり、医療を支配することで人々を脅したりして、一枚岩の全体主義的な権力構造を作っていることがわかる。法の支配と民主主義を信じる人々は、この構造と戦っている。

In this battle, there can be no doubt that Rome will prevail. The reason is that the creator is on their side. What this means is that science, the study of facts based on observation, will prevail over lies, even endlessly repeated lies. The facts are that overmagnified PCR creates bogus numbers to instill fear, and Covid-19 is a collection of symptoms for a virus that has not been truly “isolated” and therefore does not exist, which means the entire pandemic martial law and coerced vaccination scam are war crimes. この戦いで、ローマが勝つことは間違いない。なぜなら、科学の生みの親が彼らの側にいるからである。つまり、観察に基づく事実の研究である科学は、たとえ果てしなく繰り返される嘘にも勝るということだ。事実とは、過剰表示されたPCR【検査】は恐怖心を煽るためにインチキな数値を作り出し、Covid-19は、真の意味で「分離」されていない、存在しないウイルスの症状を集めたものであり、つまりパンデミック戒厳令と強制的なワクチン接種の詐欺は全て戦争犯罪であるということだ。


西側情報機関はパンデミックが戦争犯罪であることを証明する裁判を待っている


OK let’s get a bit more concrete here. Sources in Western intelligence, including MI6, the P3 Freemasons, and Mossad tell us they are waiting for court cases to prove the pandemic is a war crime before taking full military action against the Cabal. They say they support the various legal actions being taken by Reiner Fuellmich and his colleagues around the world against the pandemic and vaccine pushers. https://www.bitchute.com/video/jmftRSEAzudj/ では、もう少し具体的に説明しよう。MI6【《英》軍事情報活動第6部】、P3フリーメイソン、モサド【イスラエル政府の情報機関】などの西側情報機関の情報源によると、カバールに対して完全な軍事行動を取る前に、パンデミックが戦争犯罪であることを証明する裁判を待っていると言う。彼らは、ライナー・フュルミッヒ【法廷弁護士】と彼の世界中の同僚が、パンデミックとワクチンの推進者に対して取っている様々な法的措置を支持していると言う。
https://www.bitchute.com/video/jmftRSEAzudj/

動画はシャンティ・フーラが挿入
ライナー・フュルミッヒ博士【法廷弁護士】

In the testimony at the link above Dr. Fuellmich says that if you told him a year ago that a small cabal wanted to kill a huge portion of humanity and enslave the rest, he would have suggested you need to go to a mental hospital. Now, having obtained testimony from hundreds of experts in various fields, he can and is proving in courts of law that this is exactly what has been happening. https://www.usnews.com/news/business/articles/2021-07-14/spains-top-court-rules-pandemic-lockdown-unconstitutional 上記リンクの証言の中で、フュルミッヒ博士は、もし1年前に「わずかなカバールが人類の大部分を殺し、残りを奴隷にしようとしている」と言ったら、精神病院に行くべきだと言っただろうと語っている。今では、様々な分野の何百人もの専門家から証言を得て、これがまさに起こっていることを法廷で証明することができるし、そうしている。
https://www.usnews.com/news/business/articles/2021-07-14/spains-top-court-rules-pandemic-lockdown-unconstitutional

» 続きはこちらから

21/04/26 フルフォード情報英語版:パンデミックによる全体主義的権力の掌握が崩壊し、ダボス会議の参加者は帝国の終焉を迎える

 4月26日のフルフォード・レポート(英語版)です。今回は、なんだか朗報ビッグ・ニュースが多いです。レポートはちょっと長めですが、半分以上は、コロナワクチン大虐殺陰謀の証拠、コロナワクチンの被害、コロナは存在しない、などコロナ関連情報になっています。(ちなみに時事ブログでは、コロナは生物兵器の可能性が高く存在するという立場です。)慎重に真偽をお見極めください。

さて残りの半分をまとめてみます。コロナテロリスト・ダボス会議のメンバーらが戦争犯罪法廷に直面しているらしい。彼らはすでにヒトラーよりもはるかに多くの人々を殺しているということで、かなり重い罪になりそうとのこと。そして、彼らは世界の軍事力もほとんどコントロールできなくなってきていて、パンデミックとワクチンで人口削減、ワクチンパスポート、完全な人間奴隷支配も不発に終わりそうで、ロシア、イラン、北朝鮮に戦争を起こさせようとした試みも大失敗とのこと。

バーゼル銀行や世界中の銀行の独占的君主支配権は、独立した管理、指揮に戻され、ロスチャイルド家は消え、そしてグレート・リセットは「Great Coming Together」(大いなる結集)に取って代わったというヨーロッパの王室幹部からの情報。これ、本当だったらすごいビッグ・ニュースですね! そして、5月下旬にスイスで開催される交渉で、新しい地球運営法が発表されることを期待しているフルフォード氏です♪

さて、これらのビッグ・ニュースが、私たち普通の人たちが主流メディアで観れるのはいつかな?
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:パンデミックによる全体主義的権力の掌握が崩壊し、ダボス会議の参加者は帝国の終焉を迎える
投稿者:フルフォード

End of Empire for Davos Crowd as Pandemic Totalitarian Power Grab Implodes

弱るカバール、戦争犯罪法廷に直面!


If I was a member of the group of would-be God-Kings of Planet Earth in Davos right now I would be scared, very scared. That is because their long and meticulously planned use of a manufactured pandemic to start a Totalitarian World Government is imploding. Instead, they are about to face a War Crimes Tribunal that will make Nuremberg look like a kindergarten slap on the wrist. もし私が今、ダボス会議に出席している地球の神王となるべきグループのメンバーだったら、私はとても恐れているだろう。なぜなら、全体主義的な世界政府を立ち上げるために、長い間、綿密に計画されてきたパンデミックの利用が崩壊しつつあるからだ。それどころか、彼らは戦争犯罪法廷に直面しようとしていて、ニュルンベルク【国際軍事裁判】は幼稚園レベルの軽い処罰のように見えるだろう。
1945年11月から1946年10月、ニュルンベルクで開かれた、第二次大戦のドイツの主要戦争犯罪人22名に対する連合国の国際軍事裁判デジタル大辞泉より)

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

These people have been trying very hard to kill a majority of the world’s population for decades now and have already killed far more people than Adolf Hitler ever did. They have now lost control of most of the world’s military power. This can be seen by the fact the people running the Joe Biden avatar “government” were denied entry into the Pentagon and now plan to run to NATO headquarters to seek protection. Protection that NATO cannot provide because nobody is willing to use nuclear weapons on their behalf, Pentagon, Russian FSB, French and British military sources say. https://thecommonsenseshow.com/agenda-21-conspiracy-economics/several-world-leaders-including-putin-and-netanyahu-want-biden-gone-and-trump-appears-be-part-plot これらの人々は、数十年前から世界の人口の大半を殺そうと必死になっており、すでにアドルフ・ヒトラーが殺した数よりもはるかに多くの人々を殺している。彼らは現在、世界の軍事力のほとんどをコントロールできなくなっている。このことは、ジョー・バイデンのアバター「政権」の人々が、ペンタゴンへの立ち入りを拒否され、今ではNATO本部に駆け込んで保護を求めようとしていることからもわかる。ペンタゴン、ロシア連邦保安局、フランス、イギリスの軍事関係者によると、彼ら【バイデン・アバター政権】に代わって核兵器を使用してくれる人が誰もいないため、NATOは保護を提供できないとのことだ。

They are also losing their grip on the global media and financial control grid. So, when the sleepwalking portion of the public wakes up to the cabal’s horrific crimes, they won’t be in a forgiving mood. また、世界のメディアや金融統制網を握る力も弱まっている。寝ぼけていた国民がカバールの恐ろしい犯罪に目覚めたとき、彼らは許してくれるような気分ではないだろう。


1981年に出版された著書に人口削減の方法


Here from a 1981 book by Bilderberger Jacques Attalli is an example of their mindset: 1981年に出版されたビルダーバーグのジャック・アタリの著書から、彼らの考え方の一例を紹介する。

“The future will be about finding a way to reduce the population…Of course, we will not be able to execute people or build camps. We get rid of them by making them believe it is for their own good…We will find or cause something, a pandemic targeting certain people, a real economic crisis or not, a virus affecting the old or the elderly, it doesn’t matter, the weak and the fearful will succumb to it. The stupid will believe in it and ask to be treated. We will have taken care of having panned the treatment, a treatment that will be the solution. The selection of idiots will therefore be done by itself: they will go to the slaughterhouse alone.”未来は、人口を減らす方法を見つけることになるだろう。もちろん、人を処刑したり、収容所を作ったりすることはできない。我々が彼らのためになると信じさせることで、彼らを排除するのだ。特定の人々をターゲットにしたパンデミックだったり、現実の経済危機だったり、老人や高齢者に影響を与えるウイルスだったり、何でもいい、我々は何かを見つけ、引き起こすだろう。弱者や恐怖心を持つ者はそれに屈するだろう。愚かな者はそれを信じて治療を求めるだろう。我々は、解決策となるすべての治療法を支配するだろう。愚か者の選別はそれ自体で行われ、彼らは一人で【勝手に】畜殺場【大虐殺の場】に行くことになる。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

» 続きはこちらから

21/02/01 フルフォード情報英語版:中国、米軍の攻勢を受け台湾空戦で敗北

 2月1日(月)のフルフォード・レポートです。やはり、裏舞台でいろいろと争いが起こっているのでしょうか、冒頭からすごいニュース!中国が米軍に敗北し、台湾は事実上独立国家になったと日本の軍事情報機関からの情報。そんな中国の習近平は2020年始め、武漢の電磁攻撃を受けてすでに死亡していて、現在、公の場に姿を現しているのは、習近平によく似た弟の宗遠平だとか。(でも、写真ではあんまり似てなくてpopoちゃんイマイチ納得できない。)またロシア連邦保安局の情報筋によると、中国は、アメリカのインド強化に対抗し、パキスタンと政治的、経済的、軍事的に統合することにしたとのこと。

日本の軍事情報機関とCIAの両方の情報源によると、アメリカの宇宙軍はグリーンランド、チューレ空軍基地で活動中。また宇宙関連ニュースとして、NSAの情報筋からイーロン・マスクのSpaceXプログラムは詐欺で、FAA(連邦航空局)がSpaceXを閉鎖しているとのこと。

コロナ関連のニュースでは、2012年にEUが出版した漫画本「INFECTED【感染】」に今のパンデミックに似たストーリーが! 悪者が人類を奴隷化し支配することをずっと目標にしてきたことがここでもまた証明され、もういい加減にしてほしい。

日本のニュースとして気になるのは、12月下旬に日本の山に火山噴火を引き起こす宇宙レーザー兵器の映像がフルフォード氏のもとに送られてきたそう。遺伝子を改変するmRNAワクチンを日本人に接種させようといしていたロックフェラーとロスチャイルドへの刑事告発に対しての脅迫らしい。

ダボス会議では、人々がいろいろと素晴らしいことを語っていたが、結局は皆にワクチン接種し服従させ、ワクチン接種と連動したデジタル・ベーシックインカムで人々をなだめることで地球支配を維持するのに必死というのが本音らしい。世界のリーダーらは「ワクチンパスポート」「ユニバーサルID」「デジタルウォレット」を求めていると。

後半、ちょっと安心するのは、悪者は恐怖で私たちを操る能力を失ってきて、第三次世界大戦とハルマゲドンを開始する軍事力がないよう。プーチン大統領も「世界的な熱い紛争は、今、基本的に不可能」と発言したとのこと。一安心!

ミャンマーで起こったことについてもフルフォード氏は少しだけ触れていますが、ミャンマーで起こったディープ・ステート関係者の拘束・粛清こそアメリカで起きて欲しかったと思うpopoちゃんですが。。。いや、これからきっとある!😊
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:中国、米軍の攻勢を受け台湾空戦で敗北
投稿者:フルフォード China Suffers Taiwan Air Battle Defeat As U.S. Military Goes On The Offensive

台湾独立!


The battle for Planet Earth is intensifying on all fronts.Last week the Chinese attacked Taiwan because the U.S. military gave the Joe Biden CG puppet president a new script.We received direct confirmation from a U.S. three-star general that “the U.S. military knows the election was stolen; all hell is about to break loose.” 地球のための戦いは、あらゆる面で激化している。先週、中国は台湾を攻撃した。理由は米軍がジョー・バイデンのCG人形大統領に新しい台本を与えたためだ。私たちは米軍中将から直接確認を受けた「米軍は選挙が盗まれたことを知っている。【もうすぐ】大混乱が起きようとしている。」

Now China has suffered a major defeat in an air war and “Taiwan is now effectively an independent country,” according to Japanese military intelligence.The news item below about a Chinese “mock attack,” against a U.S. aircraft carrier was actually about a real attack that was decisively repelled, the sources say. https://www.express.co.uk/news/world/1391053/World-War-3-news-Taiwan-Chinese-China-USS-Theodore-Roosevelt-conflict-Joe-Biden-ont 今や、中国は空戦で大敗を喫し、「台湾は事実上の独立国となった」と、日本の軍事情報機関が伝えている。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

下のニュースは、米空母に対する中国の「模擬攻撃」についてのものだが、実際は断固として撃退された本物の攻撃だったと情報筋はいう。

They say these news items reflect a real air war going on between the U.S. and Taiwan and China, with possible assistance from Iran. https://news.trust.org/item/20210131124958-22pto これらのニュースは、米国、台湾、中国の間で実際に起こっている空戦を反映し、イランからの援助の可能性もあり。

https://www.reuters.com/article/BigStory12/idUSKBN2A00I3?utm_source=reddit.com

共産主義はイエズス会の発明 → P3フリーメイソン → 「黒い太陽」宇宙人


What people need to understand is that Communist China is run at the highest level by the Khazarian Mafia headquartered in Switzerland.Remember, Communism was a Jesuit invention and the P3 Freemasons who run the Jesuits say they report to an alien entity known as the Black Sun. 人々が理解する必要があるのは、共産主義の中国は、スイスに本部を置くハザール・マフィアによって最高レベルで運営されているということ。共産主義はイエズス会の発明であり、イエズス会を運営するP3フリーメイソンは「黒い太陽」として知られる異星人の存在に報告していると言っていることを思い出してくれ。


習近平の真相?!


Take a look at this article noting that there is very little real information about Chinese President Xi Jinping. https://www.theatlantic.com/international/archive/2021/01/xi-jinping-china-biography/617852/ 中国の習近平国家主席についての本当の情報がほとんどないことを指摘するこの記事を見てみよう。
ℹザ・アトランティック:なぜ習近平の経歴が存在しないのか?

The fact is, that, according to high-level Asian secret society sources, Xi was chosen because he is tall and would look good in a G20 photo shoot.He is a symbol, rather than a genuine leader.Furthermore, the sources say, the original Xi was killed after the electromagnetic attack on Wuhan, China in early 2020.The person now appearing in public is his younger brother, who has a very similar appearance. 実際、アジアの秘密結社の高官情報筋によると、習近平は背が高く、G20の写真撮影に似合うという理由で選ばれたという。彼は本物のリーダーではなく、シンボルである。さらに、情報筋によると、本来の習近平は2020年初頭に中国・武漢の電磁攻撃を受けて死亡しているという。現在、公の場に姿を現しているのは、彼の弟で、その容姿は非常によく似ている。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入
【あんまり似てないような。。。by popoちゃん】

What is now going on is that the U.S., Russia, and China all now have figurehead leaders who act as spokespeople for collective leadership.In other words, the real leadership works in secret and behind the scenes.This is not meritocracy because real meritocracy would be completely transparent and anybody, from the most remote goat herder on up, could try to climb to the top.In such a system everybody could see exactly who got to the top as well as why and how they got there. 今起きていることは、アメリカ、ロシア、中国のすべてが、集団指導のスポークスマンとして行動する名目上のリーダーがいるということだ。言い換えれば、本当の指導者は秘密裏で働いている。これは実力主義ではない。本当の実力主義は完全に透明であり、【トップから】最も遠く離れたヤギ飼いでも頂点に登ることを試みることができる。そのようなシステムでは、誰もが、誰がトップになったのか、また、なぜ、どのようにしてトップになったのかを正確に見ることができる。

» 続きはこちらから

地球ニュース:中国 & スイス

 今週月曜日掲載のフルフォード記事を翻訳していて関連事項を調べていたのですが、長くなったので地球ニュースで取り上げることにしました。
 1つは欧米が恐れる中国の擡頭。真っ先に思い浮かぶのが一帯一路ですが、現在はどの程度進んでいるのかなと。もう1つはその欧米勢が集結したダボスの世界経済フォーラム。大事なことは非公開でしょうが、ツイッターで面白いのが色々出回っていたので表側を御紹介します。
 ダボスの女性比率や出席者の顔ぶれを見ると、まだ地球人はロクに進化していないのだな、と思いますが、中国の世界連結構想を知ると圧倒されずにはおられません。
 日本では小学校低学年からもっと英語の時間を増やそうと四苦八苦していますが(※で、現場の教師が対応出来ず、生徒がついていけず、私のような末端の塾講師にまでしわ寄せが来る。突然難易度の高い教材に切り替えるとか、進む速度を大幅に上げるとか、ホントやめて欲しい)、これからの時代、中国語の勉強をすべきなのでは。
(Yutika)
————————————————————————
地球ニュース:中国 & スイス

中国:一帯一路


中国の現代版シルクロード、一帯一路はなんせスケールがデカイ! フルフォード氏曰く、中国人の一部は今度は自分たちが支配する番だと主張しているそうですが、もう世界政府を担当してくださってもいーかもしんない、と思ってしまう位にデカイ(笑)

だって見てくださいよ:

暖色系が鉄道網、寒色系が海上のシルクロード。まだ完成していない部分もありますが、もうとっくに起動しているんですよね。

しかもこの地図だとあんまりはっきりしませんが、実はヨーロッパまでの主要な鉄道は古くからの北のウラジオストク発シベリア経由サンクトペテルブルク行きと、数年前に開通した南の義烏市(上海の少し下)発カザフスタン経由マドリッド行き二本ありまして、細かく言うともっと方々に網目は張り巡らされています。更に下側のイランやトルコを通ってハンブルクを目指す三本目(昆明市発)も計画されています。

日本では余り注目されていませんが、輸送時間が海より短く、輸送費が空より安くなる上、貨物列車が通る国々に大変歓迎されている模様。

一帯一路の鉄道網はアフリカ大陸も横断しちゃいます:

右のタンザニア側は中国の支援で1975年に完成した部分、左のアンゴラ側が中国主導で2014年に完成した部分です。

地図上で建設中と書かれているタンザニアのBagamoyo港も中国が融資しており、昨年稼働し始めました。全てが完成すれば東アフリカ最大の港となるそうです。

更には、アメリカ側まで繋げることも構想中だとか:

まだ提案が出されただけだそうですが、可能性として検討されてしまうのが凄い。

安倍の行き当たりばったりなバラ撒き外交とは、レベルが違います。「『日本のどこがダメなのか?』に対する中国ネット民の驚きの回答」という大変面白い記事の中で、「日本人は『井のなかの蛙』に甘んじ……中国人は通常、『井戸の外』の景色を見ることを好」むとあって、妙に納得しました。

日本人には長期的視野が欠けていることも前々から指摘されています。もうちょっと井戸から出て思考しないと、世界の浦島太郎になってしまうかもしれません。

» 続きはこちらから

[街の弁護士日記]ダボスの首相演説 〜日本が将来的に日中戦争を行うことを宣言したに等しい発言〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 マチベンさんも触れているように、ダボス会議での安倍総理の発言は世界に衝撃を与えているのです。日本のメディアはほとんどこれに触れないのですが、以前もコメントしたように、これは日本が将来的に日中戦争を行うことを宣言したに等しい発言なのです。ただいくらブッシュ・ナチ陣営(米国戦争屋)が戦争を望んでそれを安倍・石破にやらせようとしても、そうした悪事を目論む連中が現在次々に逮捕されている状況では、実現するはずがありません。おそらくこの手の連中は逮捕されなければ、金融崩壊によってビルから飛び降りることになるのがオチです。時代の流れを読めない者というのは、哀れだと感じます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ダボスの首相演説 経済関係
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
1 2