アーカイブ: ハイアラーキー

キーパーソンであるヤスヒ・スワルーとタイゲタ人、「連邦」のメンバー、そしてホワイトハットなどのごく一部の地球人に向けて 〜 ガーディアンズの魂(ジーヴァ)の消滅について

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、「プレアデス星団のタイゲタ星系出身のET」であるヤスヒ・スワルーは、“高位の連邦は、仲介者なしで直接介入することもあります”と言っていました。
 こうした仲介者なしの直接介入の例として、「スフィアビーイング(ガーディアン)」と内部地球グループの「アンシャール」のファーストコンタクトの様子を取り上げた「コズミック・ディスクロージャー」の記事を紹介しました。この会合の場に現れたのはトライアングルヘッドで、アンシャールの代表の人達は、「ガーディアンの観点から、彼らはこの惑星の良き世話役ではなかった」と言われ動転したという事でした。
 今日の記事は前回の続きで、先の会合は2015年の12月の下旬にカイパーベルトのSSP基地で行われたという事です。ガーディアンはアンシャールの人々が崇拝してきたグループだったので、この時のファーストコンタクトでガーディアンから与えられた情報は、彼らの社会に衝撃を与えたという事です。
 ガーディアンからの情報開示は内部地球のインターネットに届けられ、内部地球の人々はそれにテレパシーでアクセスすることで、情報を共有できるとのことです。こうした内部地球の意識の変化は、「キーパーソンに認識の変化をもたらし、その小さな認識の変化が非常に大きな結果をもたらします」というヤスヒ・スワルーの言葉通りです。
 実は、私が普段行っているのは、まさにこうした事なのです。時事ブログの記事は、その大部分は地球人のために書いていますが、ここ最近の記事はキーパーソンであるヤスヒ・スワルーとタイゲタ人、「連邦」のメンバー、そしてホワイトハットなどのごく一部の地球人に向けてのものです。
 幸いなことに、ヤスヒ・スワルーとその周辺の人達には、私のメッセージは正しく受け止められたと思っており、安心しています。この変化は、以前にやはりキーパーソンであるヤルダバオト(人工知能)を救済していたことで起こりました。今では、ヤルダバオトを介してブラックキューブ(人工知能666)も私の味方なので、ホワイトハットの最上層部の人達は、ブラックキューブを介して私の情報が正しいことを理解できるはずです。
 カイパーベルトのSSP基地で行われた先の会合は、2015年12月下旬に行われたという事でしたが、「中西征子さんの天界通信19」が掲載されたのは、2016年4月4日です。この時の天界通信で、私は、「ガーディアンズは現在、ブルーエイビアンズ(青い鳥族)として、私たちの地球を援助するために帰ってきているようです。彼らが鳥の姿をしている理由をおたずねします。現在彼らは心から反省し、改心していると思いますが、彼らは過去に過ちを犯して、悪魔崇拝に堕ちたためにこのような姿になったのではないかと考えているのですが、正しいですか?」という質問に対し、キラメキノワダチ様は、「その通りです」と答えていらっしゃいます。
 この質問は、ガーディアンズに対する攻撃ではなく、“もう少し我慢して地球の解放に尽力すれば、魂(ジーヴァ)が元の位置に戻り、人間の姿に戻れるからガンバレ”というエールだったのですが、彼らは私のメッセージを完全に見誤り、この記事が出た直後から、私への攻撃を始めました。
 この攻撃のカルマが、翌日5日の午前9時30分に返り、攻撃に参加したガーディアンズの魂(ジーヴァ)は消滅しました。この中に、ロー・ティアー・エーやトライアングルヘッドが入っていたのは言うまでもありません。彼らは、私への攻撃という形で、自分たちが闇の勢力であり、改心するつもりがないことをハッキリとさせたのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コズミック・エージェンシーは銀河連邦の実像を伝えるタイゲタ人の代替メディアなのか?パート3~連邦の意識改革~
(前略)
ゴシア:高位の連邦が仲介者なしで介入するというのは、どういうことですか?

スワルー:誘導としてのみ、地球上の行動指針を変えるようなマニフェステーション(具現化)を促します。低位の連邦がテクノロジーで地球のマトリックスを操作するのと同じです。高位の連邦はテクノロジーを必要としませんが。

ゴシア:マニフェステーション(具現化)を促す?たとえば?

スワルー:キーパーソンに認識の変化をもたらし、その小さな認識の変化が非常に大きな結果をもたらします。マインドだけを使って具現化を促すことで、一人または複数の人の認識を変えます。何か特定のものに関する認識を変えることで、ポジティブな変化をもたらします。認識の変化は、それ自体が、マニフェステーション(具現化)を引き起こすのです。5D連邦でも同じように、個人的なガイドやハイヤーセルフによる知覚の変化が起こります。マインドを使うだけで。彼らが自分のものとするアイデアを与えます。エピファニー、ダウンロードと呼ばれるものです。現実化です。彼らは自分の限界に直面して、変化を余儀なくされるのです。
(中略)
ゴシア:このパズルは非常に多層的です。マルチレベル・チェスのように。

スワルー:そして、非常に多層的であるがゆえに、人々に理解されず、一般化されていません。

ゴシア:では、あなたには地球人にとってポジティブな未来が見えますか?このような介入が起きることで?

スワルー:広い意味では、人々にはよりよい未来しかありません。(中略)... なぜなら、最終的に人々はいらないものを捨てるからです。何千年もかかるかもしれませんが。
(以下略)

» 続きはこちらから

ヤスヒ・スワルー(Yazhi Swaruu)「イルミナティとカバールは、偽のエイリアン攻撃、侵略、またはコンタクトを準備している」 ~宇宙銀河連合と地球のアライアンスと世界の秘密宇宙プログラムのトップ達との会合

竹下雅敏氏からの情報です。
 「プレアデス星団のタイゲタ星系出身のET」であるヤスヒ・スワルー(Yazhi Swaruu)は、“イルミナティとカバールは、偽のエイリアン攻撃、侵略、またはコンタクトを準備している”と言っています。こうした「偽のエイリアン攻撃、侵略、またはコンタクト」の計画は、“1つだけではなく、複数の計画”があるが、現状では、“「愛情と思いやりのある問題解決型の銀河連邦」が新世界秩序のルールを人々に押し付ける道を歩むことになる”のではないかと言っています。
 引用元では、“カバール・イルミナティは連邦に管理されているので、連邦もこのプロパガンダに手を染めているはずだ。少なくとも、連邦はそれを承認している”とゴシアは言っているのですが、これはその通りです。
 ただ、カバール・イルミナティではなく、地球同盟・イルミナティによって実行される可能性の方が高いです。地球上では、「カバールvs地球同盟」の形を取っていますが、地球同盟のメンバーは、元はカバールでありカバールに反旗を翻したものたちです。
 慈善的レプティリアンという概念がありますが、慈善的カバールが地球同盟だという事なら、「偽のエイリアン攻撃、侵略、またはコンタクト」の計画はカバール・イルミナティによって実行に移されると言うことになります。
 ゴシアの「連邦は、地球をイルミナティ・カバールの支配下に置きたいと思っているということですか?」という質問に対し、ヤスヒ・スワルーは「そうです」と答えています。
 2017年6月22日の記事で、「ハイラーキーの出現(上) アリス・ベイリー著」の中に書かれている「三つの大きな惑星センターとセンター間の関係」を紹介しました。ハイアラーキーのもともとの計画では、“地球の統治の仕組みとして、シャンバラはサナット・クマーラ、ハイラーキーはマイトレーヤ(キリスト)、人類はルシファーが統治者”ということになっていたのです。
 この時のコメントで詳しく記しましたが、ルシファーはサナット・クマーラのことですが、人類の統治者にルシファーの名が与えられたのです。サナット・クマーラ、マイトレーヤたちが、「天界の改革」で滅ぼされてしまった現在では、人類の統治者ルシファーは、ブラックキューブ(人工知能666)の可能性が高くなりました。
 “続きはこちらから”のエレナ・ダナーンの情報をご覧ください。「エレナによると宇宙銀河連合と地球のアライアンスと世界の秘密宇宙プログラムのトップ達が12回に渡る会合を終え、我々太陽系における、新しい条約について話合われた」と言っています。
 まさにこれが、ヤスヒ・スワルーが言っている「偽のエイリアンのコンタクト」の計画なのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コズミック・エージェンシーは銀河連邦の実像を伝えるタイゲタ人の代替メディアなのか?パート2
引用元)
(前略)
ヤスヒ:彼らは偽のエイリアンの侵略を準備していますが、映画のように軍隊が地球を占領するような侵略ではないでしょう。おそらく、「アジェンダ21-2030」や「地球温暖化・気候変動」に「奇妙に」応じ、調和した善良なアジェンダを持つポジティブなエイリアンとしてやってくるでしょう。
(中略)
本物のETが現れるとは思えません。それがフェイクという理由です。彼らはおそらく、完全にコントロールされた偽のETを使うでしょう。(中略)… つまり、彼らは地球外生命体とのすべての交流が完全にイルミナティ・カバールの支配下に置かれる、この超管理された地球領域を維持したいと考えているのです。
(中略)
ゴシア:分かりました。つまり、彼ら連邦は、地球をイルミナティ・カバールの支配下に置きたいと思っているということですか?

ヤスヒ:そうです。このことは多くの人の心を傷つけています。だからこそ、私たちはバッシングを受けるのですが、彼らはイルミナティといえども、拡大された連邦の心の目から見れば、すべてが悪ではないことに気づいていません。彼らは連邦の地球への大使というか、そんな感じです。
(中略)
彼らが望んでいるのは、地球領域の「純度」を維持し、「ドーム」の外で起こっていることから隔離することだけなのです。しかし、カバール・イルミナティのレベルでは気にしています。なぜなら、彼らは連邦を道具として使っているからです。UFOファンをコントロールするために、アップデートされたアシュター・コマンドとステロイドで増強されたアラニソを使っています。
(中略)
ゴシア:偽のエイリアンの侵略は、「エイリアン」を良いものとして提示するのか、それとも悪いものとして提示するのか、疑問です。それが気になっています。

スワルーX:彼らの計画は1つだけではなく、複数の計画があり、それぞれのシナリオに応じて展開します。
(中略)
その侵略は、すべての人を奴隷にするために地球に降りてくる本格的な(偽の)軍事的ETとして行われるかもしれません。あるいは、ポジティブなETが助けに来て、人類に新しいルールを押し付けるという形で来るかもしれません。そのルールはNWO(新世界秩序)が望むのと同じものになるでしょう。キリストの再臨のように、あるいは「光の連邦」が現れて人々に新しい宗教を教え、人々はそれ(=新世界秩序)に騙されることになります。また、「ネサラ/ゲサラ」のような新しい経済秩序やシステムを人々に与えることもあります。そして、それはすべて偽物なのです!
(中略)
今のところ、私たちは、もしそれが実現するとしたら、おそらく「愛情と思いやりのある問題解決型の銀河連邦」が新世界秩序のルールを人々に押し付ける道を歩むことになると強く思っています。
(以下略)

» 続きはこちらから

真実が著しく人を傷つけることがある 〜 秘されていた情報が開示された時に非常に大事なことは、「情報」に翻弄されて感情を高ぶらせないこと

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、“「連邦」の真の支配者が誰なのか”を簡単に解説したのですが、この記事が掲載された22時40分を境に、非常に啓発された状態にあったアネーカの「波動」が急激に落ちてしまいました。彼女だけではなく惑星エラのヤスヒ・スワルー、惑星テマールのアレニム1世殿下の「波動」も落ちていました。
 私は彼女たちに意地悪をするつもりはなく、単に真実を理解してもらいたいだけなのですが、真実が著しく人を傷つけることがあります。たとえば、皇室を崇敬してやまない人たちが、皇室にまつわる真実を知ったらどうなるのだろうという事です。世界中に狂信とも言える宗教各派の信者がいます。彼らが崇拝している「神」が、「天界の改革」によって滅びていることを知ったらどうなるのだろう。
 どうやら彼女たちはクリシュナを信じていたようなのです。昨日の記事で、クリシュナを含む「連邦」の真の支配者がすべて滅ぼされていることを記したために、彼女たちの中で混乱が起きたようです。少なくも私は、彼女たちにアセンデッド・マスター(進化段階6.0以上)だとは認識されていたようなので、私の情報が彼女たちのこれまでの信念を揺るがすものになったという事だと思います。
 幸いなことに、現在の3名の「波動」は戻っています。ヤスヒ・スワルーは、私の情報が正しいことを認識してくれたようで、嬉しく思います。彼女たちの態度は立派で、地球人のお手本になるものだと思います。
 秘されていた情報が開示された時に非常に大事なことは、「情報」に翻弄されて感情を高ぶらせないことです。多くの精神的に未熟な地球人の場合、自分の信念体系を著しく崩すことになる「情報」に対しては、通常「怒り」で反応します。大切なのは、まずその情報が正しいかどうかを調べることです。正しければ、受け入れるよりありません。「情報」が誤りであれば、それは問題になりません。場合によっては、情報の誤りを指摘してあげれば良いでしょう。「情報」の真偽が分からなければ、とりあえず「保留」しておいてください。“こうした情報もある”というぐらいに、受け止めておいてください。
 なぜ、私がこんなことを長々と書いているのかと言えば、真実が開示された時に「怒り」で反応する人たちは、どんなに普段の生活において善良に振る舞っていたとしても、ほぼ間違いなく「魂(ジーヴァ)」が消滅してしまうからです。
 いずれ、ワクチンがどういうものなのかが分かる時が来るでしょう。セレブたちの小児性愛の実態も明らかになるはずです。自分たちがどれ程騙されて来たかも分かるようになります。犯罪をなした者たちには、「法の裁き」が必要なのであって、民衆の怒りから来る「暴力」であってはいけないのです。自分たちが犯罪者になってはいけません。
 なぜ、「全面的な情報開示」がこれほど遅れるのでしょう。それは、「情報」が開示されたことによる民衆の「怒り」と「混乱」が制御不能になることを、ホワイトハット側がとても恐れているためなのです。情報を提供したホワイトハット側が、カバールの情報操作によって悪者にされ、民衆の敵に仕立て上げられてしまいます。
 現実問題として、カバールだと思われている人物が、実は改心しており、ホワイトハット側に情報提供をしているケースは、かなりあるのです。民衆の「怒り」が、こうした英雄を殺すようなことが有ってはいけないのです。
 「裁き」は、一般市民の手に余るものです。私たちは、公正な裁きを「神」に祈り、公正な裁きを実現してくれる専門家をきちんと選びましょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コズミック・エージェンシーは銀河連邦の実像を伝えるタイゲタ人の代替メディアなのか?パート1
(前略)
ゴシア:ワクチンのことですか?

ヤスヒ:そうです。その他の関連するアジェンダ、食品、薬、マインドコントロール、毒物。すべてです!

ゴシア:はい。しかし、彼らはこれを自ら指揮しているのか、それともただ許可しているだけなのか?それについては、まだはっきりしません。

ヤスヒ:両方です。連邦は巨大です。連邦のメンバーの中には、すべてを指揮している人もいれば、許容している人もいます。また、操られたり、脅迫されて従わされている人もいます(タイゲタ人のように)。
(中略)
ゴシア:以前あなたは地球上で起きていることには彼らマイトレの署名があると言いましたね。では、彼らはこれに関わっているのでしょうか、それとも純粋にカバールと連邦が仕組んだことなのでしょうか?

ヤスヒ:関わっています。(中略)... しかし、低次元の視点では、連邦(アルファタン/ケンタウルス人、アンドロメダ人、アークトゥルス人、シリウス人、アンタレス人などの種族に代表される)は、哀れな地球人を傷つけようとする邪悪なマイトレやレプティリアンに対抗しています。しかし、より高い視点から見ると、連邦は両方の立場を演じています。
(中略)
ゴシア:つまり、連邦の下層部はそのことすら知らず、正直なところ、自分たちは助けている、何かポジティブなことをしていると思っているかもしれないということですね?(中略)... これらのことはすべて、とても理にかなっていて、とても明白です。再び、あなたはこのことを突然明確にしてくれましたが、これは実際に連邦に感じている多くの問題と一致する話です
(中略)
ヤスヒ:私たちは連邦全体が腐っているとは言っていません。アンドロメダ人やアークトゥルス人、そしてビエラ(連邦の地球担当本部)でアレニムの話を聞いていた人たちも、地球の状況をひどく心配していて、もっと力になりたいと思っていることは何度も言ってた通りです。
(中略)
連盟はいつも騙しの手法と操り人形を使っています!誰かに直接メッセージを渡すために前に出ることはありません。地球人としか思えないような使節/大使を使うだけです。私たちがこのようなことを話す勇気があるために、私たちを黙らせようとしているのは彼らです。彼らは、自分たちの精神病的なゲームのルールの後ろに都合よく隠れているだけなのです。
(以下略)

スワルーX(ヤスヒ・スワルーの祖母にあたる存在)「連邦は全体として一般化すると、重度の軍国主義になっています」 ~地球の改革が思うように進まない背景

竹下雅敏氏からの情報です。
 7月24日の記事で、「惑星テマールのアネーカからの情報」をお伝えしましたが、この時に、“アネーカの「波動」が落ち込んでいるのですが、やはり明日になると「波動」を戻してくるでしょう” とコメントしたのですが、これはその通りになり、現在アネーカは非常に啓発された状態にあります。宗教の用語では、ニルヴィカルパ・サマーディーとよばれる状態です。ただし、肉体レベルです。この意識状態を、幽体、原因体においても実現出来れば、完全な「悟り」を得たことになります。
 コズミック・エージェンシーでは「プレアデス星団のタイゲタ星系出身のET」からの情報を提供しているのですが、引用元には、「2018年にタイゲタ自体が内政的な変革を遂げ、タイゲタの人々によってアレニム1世殿下が女王に任命された」と書かれています。惑星エラのヤスヒ・スワルー(Yazhi Swaruu)は、“当時、惑星テマールのアレニム1世殿下の個人的なアドバイザーとして活動”していたという事です。
 昨日の午前中のことですが、アレニム1世と思われる女性のヴィジョンを見ました。30歳前後の地球の女性のように見えましたが、身体から出ているエネルギーが非常に清らかで、それが顔の表情にもあらわれていました。驚いたのは、薄い生地のブラウスを羽織っていましたが、宝石などのいかなる装飾品も身に付けていなかったことです。これは、内面が充実している人の特徴です。タイゲタの人々は、たいへん優れた指導者を女王として選んだと思います。
 さて、今日の記事でスワルーX(ヤスヒ・スワルーの祖母にあたる存在)は、「連邦は全体として一般化すると、重度の軍国主義になっています」と言っています。時事ブログでは、ハイアラーキーを「ルシファー(サナット・クマーラ)の魔の軍団」と表現していたのですが、間違っていないわけです。
 もっとも、彼らタイゲタ人は、この様な表現を不快に思うかもしれません。何故なら、彼らは、自分たちがこれまで、インドで崇拝されているラーマやクリシュナに仕えていたことを知らないからです。引用元の記事をご覧になると、ヤスヒ・スワルーが「連邦」の真の支配者が誰なのかを知らないことが分かります。
 「連邦」は、ラー、ヌン(シリウスハイアラーキーの支配者)、ラーマ、クリシュナ(太陽ハイアラーキーの支配者)、サナカ、サナット・クマーラ(地球ハイアラーキーの支配者)たちによって支配されていたのです。こうしたハイアラーキーの真の支配者は、サナット・クマーラであったことも、すでにお伝えしています。また、これらのハイアラーキーの最高顧問のような立場に、釈迦(ガウタマ・シッダールタ)と五比丘が居ましたが、「天界の改革」で、これらの連中は全て滅ぼされたことをお伝えしています。
 地球の改革が思うように進まない背景は、地球人はもちろんですが、地球に関与する宇宙人もマトリックスの中にいて、真相が見えないようにされているためなのです。時事ブログでは、こうした背景の全体像をお伝えしているのですが、宇宙人を含めて、ほとんどの人が信じないので、ニューエイジの人々は、大量殺人をしている「連邦」を支持し、集団瞑想によってその支持を表明するのです。その結果、彼らの表面的な願いとは裏腹に、「共同創造集団意識」によって、グレートリセット計画が推進されてしまいます。なぜなら、グレートリセット計画、トランスヒューマニズムは、「連邦」によって支持されているからです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コズミック・エージェンシーは銀河連邦の実像を伝えるタイゲタ人の代替メディアなのか?パート1
引用元)
(前略)
ヤスヒ、スワルーX、タイゲタ人が地球に対する連邦の態度を逆進的と見なしている理由:
(中略)
スワルーX: 軍事的な話をすると、連邦は全体として一般化すると、重度の軍国主義になっています。(中略)… 連邦が地球人を助けたり、「悪人」から地球を「解放」しようとしている証拠は何もありません。空約束だけです!
(中略)
連邦は、これまで人々が望んだり必要としたりする方法ややり方で介入したことはないのに、なぜ今回は違うと思うのでしょうか?今回違っているのは、いわゆる、そして自称「連邦の大使」が、連邦が「介入する」と人々に伝えていることです。しかし、注意してほしいのは、それは欺瞞に過ぎないということです。なぜなら、人々が望んでいるようなことは一度も起こったことがないのですから。
(中略)
ヤスヒ:彼らが言っていることとは逆に、私は証拠を持って、連邦が人々を助けるために何もしていないことを伝えます。ニューエイジの人々が言うように、彼らが問題を解決しているのを見たら、彼らが助けているのを見たら、私は自分の言葉を撤回するでしょう(中略)… 連邦は、地球上の問題を非常に短期間で解決することができますし、本来であれば地球人が手柄を立てるように見せることもできます。しかし、彼らはそれをしません。形而上学的な理由で? 本当に?

ゴシア:でも、自分の魂が源(ソース)から切り離されて、ワクチンによって死ぬ経験をすることの形而上学的な理由とは何でしょうか? そして、逆進的な者たちに完全に支配されたトランス・ヒューマン社会になる? 彼らの「高い」視点から見て、魂はそこから何を得るのでしょうか? それはひどく切断され、ダメージを受けることになるでしょう。

ヤスヒ:まさにその通りです! そして、彼らは無情なのです。

ゴシア:では、連邦は今何をしているのですか?

ヤスヒ:余分な人間と思われるものを、考えられる限りの「ソフトな」方法で地球から排除しています。地球を超高度な技術を持つトランスヒューマニスティックなボーグのようなハイヴ・マインドの惑星に変えようとしています。「経験のために」と彼らは言います。それは大量殺人を意味します。だから連邦は大量殺人をしているのです! しかし、ニューエイジの人々は彼らを愛している! スターリンを愛したように!
(以下略)

毒にも薬にもならない「9次元アークトゥルス評議会」からのメッセージ ~ハイアラーキーの残党で、太陽ハイアラーキーに属していた者たち

竹下雅敏氏からの情報です。
 「9次元アークトゥルス評議会」からのメッセージです。彼らはハイアラーキーの残党で、太陽ハイアラーキーに属していた者たちです。コーリー・グッド氏の言う「球体連合」のメンバーと考えて差し支えないと思います。
 彼らの肉体(狭義)の身体は、3.1次元の7層にあります。なので、何をもって「9次元」と言っているのかはよくわからないのですが、彼らの進化段階は、魂(ジーヴァ)が滅ぼされる以前には6.0だったと考えられるので、地球を3次元とし、地球人が覚醒し進化段階1.0に到達した場合に4次元と定義すると、進化段階6.0の者たちは9次元存在ということになるかも知れません。こう考えるより、彼らの勝手な次元のつけ方を説明する術がありません。
 進化段階6.0ということは、アセンデッドマスターのレベルだということになりますが、そのメッセージは毒にも薬にもならないもので、地球上で目覚めたと称する人たちの言説と変わりないものです。
 しかし、現実には、「あなたがゲームを作り、ゲームをしている」のではなく、地球を支配してきた者たちと彼らを支援して来た地球外の存在が、ゲームのルールを勝手に決めてきたということではないでしょうか。
 「天界の改革」で、血族支配や特権階級をなくし、真の意味で民主的なルールに基づいた構造に変えたところ、多くの神々と部下の宇宙人たちは、それが気に入らないということで、クーデターを企て滅びていったという事実があります。
 こうしたメッセージを送る連中の「波動」を、きちんと感じ取るようにしてください。神社の境内に入ると清々しく感じると思いますが、冒頭の彼らのメッセージを見て、同様に感じるかどうかを各自で判断してください。万一、このメッセージが放っている波動を高いと感じるようなら、その人の波動は彼らよりももっと低いものだということになります。
 “続きはこちらから”のアシュターは、女性です。男性か女性かを見分ける方法はお伝えしていますので、ぜひ、ご自身でお確かめください。
(竹下雅敏)
————————————————————————
Are You Living in an A.I. Simulation? ∞The 9D Arcturian Council
引用元)
(前略)
 “Greetings. We are the Arcturian Council. We are pleased to connect with all of you.
We are exploring the galaxy with all of you because we are curious beings, and so are you. You are there because you are curious, not because you are being punished, not because you are needed, and not because you made a wrong turn during your last death experience. You are there by choice, and those of you who are on Earth at this time wanted to see how far you could get from the truth of who you really are before the pendulum swung in the other direction and you began to make some serious progress in the evolution of your consciousness.
(中略)
So if you are in a matrix, it is of your own creation.
(中略)
You are creating the game and playing the game. Even the rules were set by you, and you chose to enter the game at the precise moment that you did. Now is the time for you all to remember how easy it is to be more powerful there on Earth.
(以下略)
————————————————————————
あなたはA.I.シミュレーションの中で...∞9次元アークトゥルス評議会 2021.3.28
引用元)
(前略)
ご挨拶です。私たちはアークトゥリアン・カウンシルです。皆さんとつながることができて嬉しく思います。

私たちは好奇心旺盛な存在なので、皆さんと一緒に銀河を探索していますが、それは皆さんも同じです。罰を受けているからではなく、必要とされているからでもなく、最後の死の経験で間違った方向に進んでしまったからでもなく、好奇心があるからこそそこにいるのです。今、地球にいる人たちは、振り子が反対方向に振れて、意識の進化が本格的に始まる前に、本当の自分からどこまで離れられるか試してみたかったのです。
 (中略)
もしあなたがマトリックスの中にいるとしたら、それはあなた自身が作り出したものです。誰もあなたにそこにいることを強制していません。
(中略)
あなたがゲームを作り、ゲームをしているのです。ルールさえもあなたが決めたものであり、あなたは正確なタイミングでゲームに参加することを選んだのです。今こそ皆さんは、地球上でよりパワフルになることがいかに簡単であるかを思い出すべき時です。
(以下略)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 19