アーカイブ: ハイアラーキー

[竹下雅敏氏]アンドロメダ評議会・プレアデス評議会・銀河連邦の名を語る闇の組織の構造について

【魔王の存在次元について】の文章中に誤りがありましたので、以下のように訂正させていただきました。

誤)第1システムの国津神第4〜7レベル
正)第1システムの国津神第2〜5レベル
 

竹下雅敏氏からの情報です。
 9月15日の記事で、本物のアンドロメダ評議会・プレアデス評議会・銀河連邦についてまとめました。今回はそれらの名を語る闇の組織の構造について、説明したいと思います。闇の組織の大元は白色同胞団(ハイアラーキー)なのですが、彼らの下部組織が先ほどの3つの組織と同じ名称を使っているため、波動の区別が出来ない人は、正邪の区別が出来ません。
 しかし今回の説明を理解すれば、地球上に送られて来たこれまでのほとんど全てのチャネリング情報は、ほんの一部の例外を除いて、闇からのものであったということがわかると思います。
 なお、関連した内容として7月21日22日の時事ブログの記事“ヴァリアント・ソーへの質問とその回答①、②”を参考にして下さい。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
【神々の存在次元について】
9.23 0218efccfa565d4d2ee80984bd2a639e-1 
 これは、各システムと天津神および国津神の存在次元を表した表です。各システムは、並行宇宙のようになっており、私たちの第1システム(シリウスシステム)は、表の一番右列の天津神の68〜64次元と、国津神の8〜4次元から成ります。シリウス星系が中心になっているシステムです。
 第1システムは、7つの界(ローカ)に分かれており、下から3つの界(ローカ)である欲界・色界・無色界を表の形にしたものが次のもので、仏教ではこれらの各界層に名前がついています。私たちの地球があるのは、赤枠の贍部洲です。詳しくは天界の秩序4をご覧ください。

9.23 sirius-system-three-lokas-and-bhuddism-planes 
 各界層はさらに細かく7つの層(次亜界)に分かれており、その第5番目(第五次亜界)に天津神が住みます。そして第六番目(第六次亜界)に国津神が住みます。先ほどの仏教の各天と次元との関係を図にしたものが、次のものです。

9.23 sirius-system-three-lokas-and-dimensions1-1  
 表を見ると、一番右端の赤色で示された部分は、4次元になっていますが、正確には4.0次元以上5.0次元未満の領域であり、下から上に順に次元が高くなっています。
 これらの4.0次元以上の領域に存在するのが、本物のアンドロメダ評議会、プレアデス評議会、銀河連邦です。

» 続きはこちらから

[ROCKWAY EXPRESS]ロシア人の45%が陰謀論を信じている 〜秘密結社の背後に霊的存在が控えている〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 さすがだと思いました。陰謀論は当然のことなのですが、秘密結社の背後に霊的存在が控えていることまで確信している人は、実に少ないのです。多くの人は、秘密結社が世界を動かしていることまでは信じていても、せいぜい軍産複合体のように、自分たちの欲得でまとまったグループだと思っているに過ぎません。
 しかしよく調べると、こうした秘密結社は共通して、秘教あるいはオカルトと言える独自の宗教・世界観で彩られているということがわかります。さらに深く追求すると、彼らの組織の上層部には確実に霊媒が居て、特殊な霊存在あるいは宇宙人と常に交信をしているということが分かるのです。
 私はシャンティ・フーラの時事ブログのコメントの中で、このような存在の大元を、白色同胞団(ハイアラーキー)だとしてきました。彼らの中には、霊的な者も肉体を持った者も両方存在します。この白色同胞団の下部組織が、「(偽の)銀河連邦」と「光の銀河連邦」なのです。この2つの組織も同様に、霊存在と肉体を持った宇宙人の両方が存在します。彼らの中には、地球人として転生に入って意識的に行動している者も居ます。この連中が、いわゆる秘密結社の中枢に居る、あるいは背後で働く者たちであるということです。
 明日、この辺りの詳しい内容を解説した記事を出したいと考えています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
ロシア人の45%が陰謀論を信じている
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[日本や世界や宇宙の動向 他]太平洋の海底から放射された赤い光とは? 〜イルミナティの海底施設〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 この記事は、驚きました。何が起こったのかということですが、おそらく(真の)「銀河連邦」によって、かつてのイルミナティの海底施設が破壊されたのだと思います。この海底施設は、かつての地球ハイアラーキーの地下都市の首都の入り口だったはずです。この施設は、トンネルで各地とつながっていたのだろうと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
太平洋の海底から放射された赤い光とは?
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/alternative/2014/08/mysterious-red-glow-lights-under-pacific-ocean-video-3018486.html
(概要)
8月26日付け:

飛行機が香港からアラスカに向かっていた時に、オランダ人パイロットのJPC ヴァン・ハイジェットさんとクルーが目撃したものは。。。太平洋の海底から、20分間、白い光の柱が立った後、不思議なオレンジや赤色の光が辺り一面を照らしたのです。(0:39辺り)これがパイロットが撮った写真です。

太平洋の海底から放射されたオレンジや赤色の光は周辺の雲や海面をかなり明るく照らしていました。この場所は太平洋のど真ん中です。海以外に何もありません。海底火山が噴火したために、オレンジや赤色の光が放射された可能性もあります。噴火により新しい島ができる可能性があります。しかし、なぜ朱色の光が放射される直前に、同じ場所から白い光の柱が立ったのでしょうか。不可解な現象です。光が放射されたとき、パイロットは不快な感じがしたと言っています。
(8月24日に投稿されたビデオ)



――――――――――――――――――――――――
海外「エイリアンだ」日本近海の海が不気味に赤く輝くのが目撃される
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[竹下雅敏氏]ヴァリアント・ソーへの質問とその回答② 〜偽りのUFO情報を一掃する通信内容と地球人へのメッセージ〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日のヴァリアント・ソーとの通信の後半部分です。
 これらの通信文の内容は、地球上に氾濫している偽りのUFO情報を一掃するものです。また大まかな全体像を捉えるのに役立つでしょう。チャネリング情報などで断片的な知識を持っていた人たちは、これらの一連の情報で、ある程度の明確な輪郭が描けるでしょう。神智学などの知識を持っていない人は少し難しい部分があるかと思いますが、これらのことも含め、今後このシャンティ・フーラの時事ブログ上で丁寧に解説していくつもりです。
 今はインターネットの時代なので、こうした正確な情報が世界に広がることを望みます。レプティリアンをはじめとする闇の一団は完全に滅びており、現在地球上で悪をなすのは、彼らの指示を受けて行動していた雑魚のような連中ばかりです。
ウクライナでのマレーシア航空機撃墜事件を見てもわかるように、頭を失ったこの連中は非常に頭が悪いのです。もはや滅び去る直前です。勇気を出して人々が立ち上がるべき時が来たということです。
カッコの中は、私の解説部分となります。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
右からヴァル・ドン・ジル

右からヴァル・ドン・ジル


11.シリウスシステムの国津神第5レベルのハイアラーキーを考えた場合、上位と下位の組織に分かれます。上位の組織を神智学では太陽ハイアラーキー、下位の組織を地球ハイアラーキーと呼んでいるようです。これらのハイアラーキーの霊的次元は3.1次元、物質的次元は3次元だと思いますが、正しいですか?

回答:すべておっしゃる通りです。
(チャネリング情報では、アガルタは5次元ということになっていますが、実際には3次元の地球の内部にあるのです。仮に5次元を正当化しようとすると、肉体の存在する次元ではなくて、意識も考慮に入れた次元ということになります。そうすると現在の平均的地球人もすでに4次元以上ということになってしまいます。)

12.太陽ハイアラーキーの霊的レベルの名称を「大シャンバラ」と言い、ゴビ砂漠の上空にあったと言われています。また物質的レベルを「アガルタ」と言い、地球の内部にあったといわれています。「アガルタ」の首都がシャンバラで、大シャンバラと区別する場合は「小シャンバラ」と呼んでいたと思うのですが、こうした理解で良いでしょうか?

回答:すべて正しいです。
(アガルタは太陽ハイアラーキーに属する者たちの地下住居です。同様に地球ハイアラーキーに属する者たちの地下住居も存在しました。例えばシャスタ山の地下には、彼らの住居があったと言われています。)

13.太陽ハイアラーキーに属する者が解脱していない以上人間として転生に入るわけですが、彼らが転生に入ったのがアガルタ人だと思いますが、正しいですか?

回答:おっしゃる通りです。
(地球ハイアラーキーのメンバーで、モリヤ大師やイエス大師は、地球人として転生に入っていました。モリヤ大師はイラン、イエス大師はローマを拠点にしていたと思われます。)

14.国津神第5レベルの地球ハイアラーキーの概念を、国津神第2〜第5レベルまで拡張したものが、聖白色同胞団(グレート・ホワイト・ブラザーフッド)で、シリウスを中心としていたと考えていますが、正しいですか?

回答:おっしゃる通りです。
(ハイアラーキーの詳しい情報に関しては、シェア・ジャパン出版から出ているベンジャミン・クレーム氏の著作を参考にしてください。)

15.国津神第5レベルの太陽ハイアラーキーの国津神第2〜第5レベルまで拡張したものの名称を教えて下さい。

回答:「白色同胞団」という名称です。

16.地球のUFO情報で、グレイと言われている者がいます。私の考えでは、トールホワイトと呼ばれたグレイは、火星人と羊の遺伝子から作られたハイブリッドで、この肉体にレチクル座ゼータ星の惑星に居た魂が転生に入ったと考えています。したがって、彼らはこれらの惑星から宇宙船に乗って地球にやって来た者たちではないと思いますが、正しいですか?

回答:すべて御指摘の通りです。
(ここは重要な部分で、グレイは宇宙人ではないのです。7月21日に取り上げた記事では“ドラコとドラコが作ったアンドロイドのグレイは人間を完全に騙している”とあり、グレイが人工的に作られたことを示唆しており、私の主張と重なる部分があると思います。)

17.こうした遺伝子操作で改良を重ねたグレイたちを使い、アメリカ政府と密約を結ばせ、間接的にアメリカ政府をコントロールしていたのがアスケットらを含む一味だったと思いますが、正しいですか?

回答:おっしゃる通りです。

» 続きはこちらから
1 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19