アーカイブ: ベンジャミン・フルフォード

17/10/9 フルフォード情報英語版:MI6・モサド・CIA・NSA・ペンタゴン・ヤクザ・其の他、皆が何か大きなことが迫っていると突然言い出した

 各方面の情報提供者が口を揃えて「何かが起きる」と言う、10月後半にさしかかっています。さらに、トランプ大統領までが「嵐の前の静けさ」という表現で、尋常でない何かが起きると示唆していました。大量逮捕や通貨リセットだろうか、、と書いていたら、どうやら、こちらはハリウッド・ペドフィリアのようですね。ワシントンDCだけでなく日本にも波及するのか、日本は全く別の「何か」か。怒涛の選挙も終盤に突入し、何が起きても不思議ではない様相です。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
MI6・モサド・CIA・NSA・ペンタゴン・ヤクザ・其の他、皆が何か大きなことが迫っていると突然言い出した
投稿者:フルフォード 

10月下旬に何か大きなことが起こる


pixabay[CC0]


 2011年3月11日の福島テロ攻撃の後、接触を断っていたありとあらゆる人々が、突然この筆者を通じて白龍会(WDS)に接触しようと試みるようになった。例えばヤクザのトップの暗殺者、MI6の上級工作員、NSAの代表、CIAの新派閥の代表、其の他諸々。我々がいつも接触している人々も同意見なのだが、彼らは何か大きなことが迫っているという点で皆一致していた。

再び接触をしてくるようになった人々の中で最も目を引くのは、山口組相互防衛シンジケート(これは三つの組に分裂する前の話だ)お抱えのトップ暗殺者だと、日本の軍事諜報機関が筆者に何年も前に紹介してきたK氏なる人物である。

小柄で穏やかな印象のK氏曰く、彼の仕事は必要な情報を引き出せるまで、関節毎に人々の指を切り刻むことだそうだ。そして人体に鉛を巻いて、海に投棄する。日本の軍事諜報機関のカワセ・タカマサも、別個に認めていた内容だ。

K氏は三菱銀行コングロマリットのために仕事をしたこともあると言っている(恐らく、紛失した資金のありかを見つけ出す手伝いだろう)。

2011年3月10日、筆者と会うことを強く要求してきたのは、K氏の仲間で、元山口組ナンバー2の宅見勝の娘だった。私の携帯のアラームが2011年3月11日の午前11時きっかりに鳴るように設定するためだ。その日、日本は核と津波のテロ攻撃に曝された。

1995年1月17日の阪神・淡路大震災の数日前には、複数のトラックが大量の緊急援助物資を山口組本部へ運び込んでいたところを、神戸の本部近くに住む住民たちによって目撃されている。その結果、神戸の被災民に救援物資を届けたのは中央政府よりも暴力団の方が遥かに早かった。

現在、K氏のグループは「スピリチュアルな性質」になったのだそうだ。10月下旬を皮切りとして世界は「地震や嵐や其の他の災害」を経験するようになり、そのせいで「幸せな新時代」が始まる前に世界の人口が大幅に減るだろう、とK氏は言っている。

彼は詳細については明かさなかったが、複数のアジアの秘密結社の情報筋がハザールの奴隷、安倍晋三首相の追放という結果になると予測している10月22日の日本の総選挙の直前に、何かが起こりうるかもしれないとは言っていた。


複数の日本の暴力団員から幾度となく教えてもらったことだが、彼らはハザールが支配する日本銀行の実行役を務める見返りとして、何十億ドルも支払ってもらっているそうだ。地震兵器で日本に新たな攻撃をすると脅され、安倍のようなハザールの代理人どもを権力の座に居座らせるために出来ることは全てやるよう、通達されているのは間違いない。


白龍会はK氏や其の他を介して、P2フリーメーソン員や彼らのスイスのツークにいるボスどもが福島のような派手なことを再び試みるのであれば、深刻な報復がなされるだろうとのメッセージを発信した。

イルミナティの情報源によると、ハザールにとって最重要のパワースポット複数には、グノーシス・イルミナティによって三つの核兵器が設置されている。大量破壊行為は双方向的になる、と釘を刺すためだ。

米軍が物理的に日本銀行を占領し、暴力団員に金をばらまいている人間を取り押さえるべきだとの声も、同軍に対して寄せられている。彼らは誰が誰で、どこにいるのか正確に把握している。徳仁皇太子は求められれば全員を指し示す準備が出来ている、と複数の八咫烏の中の情報源が言っている。

» 続きはこちらから

アメリカで何かとんでもないことが起こるのかも知れない!?

竹下雅敏氏からの情報です。
 これまで何度も、アメリカは事実上内戦状態に入っているとお伝えしましたが、冒頭の記事によると、一般市民が撮影した動画から、“アメリカが平時ではない”としています。“もうじきアメリカで何かとんでもないことが起こるのかも知れない”と書かれていますが、私の予感でも、そのように感じます。
 フルフォードレポート英語版では、フルフォード氏への情報提供者が皆、“何か大きなことが起こる”と言っているようです。
新聞報道では、選挙は自民党の勝利という世論調査の結果が出ているようですが、私が何度調べても、あべぴょんが総理を続ける事はないように思えます。フルフォード氏は、“10月22日の日本の総選挙の前に何かが起こる”と言っていますが、これは十分に考えられます。
 アメリカでこれから起こる“汚泥の浄化”を、トランプ大統領は「嵐の前の静けさ」と言っているようですが、このようなゴタゴタは、少なくとも今年中は続きそうな気配です。
 汚泥の浄化が進めば、それと平行して、日本の汚泥も同様に浄化されるか、寝返るかするよりないでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
アメリカは平時ではありません。
引用元)
以下のビデオをご覧になると、アメリカが平時ではないことが分かります。一般市民が撮影したものです。アメリカの小さな町(複数)の上空には戦闘機、ヘリコプター、軍用機が飛び交っており、地上では、戦車や武装車両が港から鉄道輸送されたり、道路には戦闘態勢の軍用車両が何台も走行したり。。。

(中略) 

もうじきアメリカで何かがとんでもないことが起こるのかもしれない、これは平時ではないとドライバーが警告しています。
アメリカがとても不気味な状態になっています。

http://beforeitsnews.com/economics-and-politics/2017/10/alert-alert-more-proof-something-big-is-about-to-happen-in-america-pt-4-economic-collapse-2016-7-2499337.html

10月11日付け

ALERT ALERT MORE Proof Something Big is about to happen in America Pt 4 Economic Collapse 2016 7 


————————————————————————
フルフォードレポート英語版(10/9)
転載元)
(前略) 

2011年3月11日の福島テロ攻撃後に接触してきた人々が全て、この著者を通じて白龍会(WDS)に接触しようとしている。これらには、ヤクザの暗殺者のトップ、MI6幹部、NSA代表、新CIA派の代表等が含まれる。彼らは定期的な連絡と共に、何か大きなことが起こると全員が認めている。

(中略) 

10月22日の日本の総選挙の前に何かが起こると言っており、アジアの秘密結社情報源は、結果的には、ハザール奴隷首相安倍晋三の追放になる。

(中略) 

ホワイトハウス統合参謀長のジョン・ケリーは統合参謀本部と戦闘司令官を(中略)…10月5日にホワイトハウスに呼び込んだ。情報筋は、トランプが「これは嵐の前の静けさだ」と曖昧に言ったように、NSA長官の将軍マイク・ロジャーズと太平洋司令官の総将軍ハリーハリスまでもが招かれた。この嵐は大量逮捕、心痛かの発行、世界通貨リセットの開始の形で起こるだろう。

「嵐の前の静けさ」は泥沼が浄化されようとしている(中略)…と、CIA情報筋は確認している。

(以下略) 

17/10/2 フルフォード情報英語版:米国は北朝鮮を核攻撃し、日本は安倍首相を捨てることを決定

 安倍切り捨てに連動して、米軍による北朝鮮攻撃がなされたという情報は、これまでの状況から見て頷きました。
 小池新党の追い風はもとより、各国の権力層に新たな人事の動きがあるそうです。コービンいよいよか? ダンフォードは、キッシンジャーに寝返ったのでしたね。あのNFL騒動について、膝をついて「軍に」抗議する選手達の背後には「ユダヤ系マフィア」がおり、彼らハザールが結局のところ愛国者側に屈したとのことです。この騒動のもう一面が見えました。
 人工ハリケーンによるプエルトリコの被害は、その実、経済破綻による物流のストップだったようです。米軍の積極的な介入で収まったようですが、スプートニクの記事にあった「プエルトリコの債務は帳消しになる」とトランプ大統領が伝えたのも、このことだったのかしら。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
米国は北朝鮮を核攻撃し、日本は安倍首相を捨てることを決定
投稿者:フルフォード

御存知かもしれませんが、只今ベンジャミン・フルフォードの仕事と生活の生命線となる収入を再構築するために立ち上げた4週間購読キャンペーンの最後の4週目に入りました。

来週以降、毎週更新のニュースを閲覧できるのは有料メンバーのみとなります。現時点では、これまで登録してくださっていた読者数を下回っております。以前ご登録頂いた方々には、出来るだけお早めに再講読手続きをして頂き、是非ともベンジャミンを支援してくださいますようお願い申し上げます。

新規の読者も募集中です。掘り下げた地政学的ニュースと考察を取り上げる第一級のサイトに是非御参加ください。(再)購読手続きの詳細は以下に記載してあります。この記事へのリンクを拡散してくださいますよう。皆さまの御支援に感謝致します。

【※詳しい手続きの仕方はキャンペーン第一週の翻訳記事の冒頭をご覧ください。】


米国の核攻撃か:北朝鮮のミサイル挑発をけん制


NSA筋の情報によると、先週アメリカ空軍が北朝鮮の核実験場近くの山頂に核兵器を投下した。このところのミサイル挑発を止めろという警告だったそうだ。これは世界のメディアでは、アメリカの爆撃機が非武装地帯において、21世紀になってから最も北端を飛行したと報道されるだけだった。
https://www.cnbc.com/2017/09/23/us-bombers-fly-off-north-koreas-coast-in-show-of-force.html

 
この飛行の後、北朝鮮が最近水素爆弾をテストした地点の近くでマグニチュード3.5の地震があったと報じられた。矛盾したメディアの報道は、この地震を自然由来としたり、核爆発の結果だと言ったりしている。どちらにせよ、北朝鮮はこの事件以降、新たな核実験の話を声高に唱えることはしていない。 
http://www.npr.org/sections/thetwo-way/2017/09/23/553127805/earthquake-in-north-korea-sets-off-alarm-and-speculation

ドナルド・トランプ米大統領は以下のツイートで、この攻撃【が行われたこと】を示唆しているようにも見える:
「我々の素晴らしき国務長官レックス・ティラーソンには、小さなロケット野郎【※金正恩のこと】との交渉を模索するなぞ時間の無駄だと伝えておいた……余計な労力を使うな、レックス。我々はすべきことをするだけだ! この25年間、ロケット野郎に愛想を振りまいたところで上手く行った試しなどなかった。何故今になって上手く行くと言えるのだ? クリントンも失敗したし、ブッシュも失敗したし、オバマだって失敗した。私は失敗するものか」

アジアの秘密結社筋に言わせると、ハザールマフィアの一員ヘンリー・キッシンジャーと協調したアジアの複数の秘密結社の決断、日本の安倍晋三首相を切り捨てるという旨を受けて、この北朝鮮に対する核攻撃はなされたのだ。安倍が10月22日の総選挙を行うことにしたのはそのせいだと同筋は言っている。日本の次期首相として指名された小池百合子東京都知事は、日本で初の女性首相となるだろう、とも彼らは付け加えていた。

» 続きはこちらから

17/9/25 フルフォード情報英語版:米国大統領ドナルド・トランプはシオニスト的メルトダウンを起こし、国連で“オバンプ”と化す

 一直線に悪が消え去るわけではなく、行きつ戻りつの揺らぎがあるようです。お茶目に「オバンプ」と言われてしまった大統領も抜き差しならない弱みがあったのでしょう。今回のレポートをまとめると、資金繰りに詰まったハザールのシナリオ通りに芝居をしたトランプ大統領と金正恩、ということになりそうです。地上の政局を追うだけでも目を白黒させてしまいますが、「長きに渡る悪の支配がその源から消え去る時に、この地上に居合わせ、それを目撃するという奇跡を、どうか共に喜んで下さるよう願っています。」というミサキタカクノボルヒメミコ様の、朗らかなお言葉を胸に寄せています。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
米国大統領ドナルド・トランプはシオニスト的メルトダウンを起こし、国連で“オバンプ”と化す
投稿者:フルフォード

御存知かもしれませんが、只今ベンジャミン・フルフォードの仕事と生活の生命線となる収入を再構築するために立ち上げた4週間購読キャンペーンの3週目に入っております。

これまでペイパルで購読してくださった方々には、出来るだけお早めに再講読手続きをして頂き、ベンジャミンを支援してくださいますようお願い申し上げます。新たな購読者も大募集しております。

掘り下げた地政学的ニュースと考察を取り上げる第一級のサイトに是非御参加ください。(再)購読手続きの詳細は以下に記載してあります。この記事へのリンクを拡散してくださいますよう。皆さまの御支援に感謝致します。

【※詳しい手続きの仕方は前回の翻訳記事の冒頭をご覧ください。】


ドナルド・トランプは国連で“オバンプ”と化す


【※「オバンプ」という造語は、トランプがシオニストつまりカバールの手先であるオバマのようになってしまった、と形容したいのだと思います。】

ドナルド・トランプ米大統領の身に何か深刻な問題が起こっていたのは間違いない。先週の国連での彼の演説を聞いていた、気の付く人間なら誰の目にも明らかなことだ。「北朝鮮を完全に破壊してやる」と脅した彼は、平和を促進するために作られた場所で戦争の脅しをする唯一の世界的指導者であった。

CIAの情報源によると、トランプがこんなことをしたのは、自分が未成年の少女と性交している複数の動画でもってハザールマフィアに恐喝されていたせいらしく、ペンタゴンの情報源が以前語っていた内容を裏付けている。トランプが少女を殺している様子をCGででっち上げた映像も一つ存在するとCIAの情報源は付け加えていたが、こちらはペンタゴンの情報源は与り知らぬ内容だ。

また、「トランプはなんとか生き残って、自分の家族を守ろうとしているのだ」とCIAの情報源は言っていた。

トランプが用意された演説原稿から脱線するにつれ、ホワイトハウスの首席補佐官ジョン・ケリー大将が頭を抱えているこちらの写真を見て頂ければ、米軍がこの茶番に一切関与していないことはお分かりだろう。
http://www.oregonlive.com/today/index.ssf/2017/09/does_john_kelly_hate_his_life.html
http://www.latimes.com/politics/la-fg-trump-northkorea-20170922-story.html

北朝鮮の独裁者金正恩の「精神に異常をきたした米国の老いぼれを砲撃でもって確実に大人しくさせてやる」という脅迫返しも、世界の人々を恐怖で埋め尽くすことを目的とした【トランプも演じる】同じハザールのお芝居に付け加えられていた。

北朝鮮とドナルド・トランプが同じハザールマフィアどもから命令されていることを示すには、ことさら深く掘り下げる必要もあるまい。その足跡は、我々が【以下に】示す如く、スイスのツークにあるロスチャイルド複合施設へと延びている。

トランプの場合、彼が破産したときに誰が救ってやろうと資金を工面したのか――ツークに本部を構えるロスチャイルド家だ――に目を向ければ、ハザールマフィアとの繋がりは見てとれる。
http://www.latimes.com/politics/la-na-pol-wilbur-ross-commerce-20161208-story.html
https://www.forbes.com/sites/clareoconnor/2011/04/29/fourth-times-a-charm-how-donald-trump-made-bankruptcy-work-for-him/#52fe35cd7ffa

トランプに資金援助したとされるウィルバー・ロス


当然のことながら、トランプは前任者バラク・オバマ同様、二つの対立する勢力――米軍の愛国者たちとハザールマフィア――の間で板挟みになっているので、両方のご主人様から不興を買わないようにコロコロと人前で態度を豹変せざるを得ないのだ。


“オバンプ”同様ハザールとつながる北朝鮮


北朝鮮に関して言えば、彼らのハザールとの繋がりを窺わせる、公けに入手可能な数多の接点から幾つかを繋ぎ合わせておこう。

まずは北朝鮮の核技術。例えばドナルド・ラムズフェルド元国防長官は、北朝鮮に核技術を提供したABBというスイス企業の取締役に就任していた。これにより北朝鮮は核兵器に不可欠な材料であるプルトニウムを製造するに至ったのだ。
https://www.theguardian.com/world/2003/may/09/nuclear.northkorea

ABB社はエドモン・ロチルド【※ロスチャイルドのフランスの分家】グループ同様に、国連グローバル・コンパクト・ネットワークのメンバーだ。
http://globalcompact.ch/membership/overview

さらにICMB【大陸間弾道ミサイル】へ核兵器を搭載するのに必要だったロケットエンジンを北朝鮮に提供したのが、ハザールのならず者国家ウクライナだときている。
https://www.nytimes.com/2017/08/14/world/asia/north-korea-missiles-ukraine-factory.html

こういった公けに入手可能な情報は誰でも探せばまだまだ沢山見つけられるのだが、次に筆者の独自情報源が何と言っているのか見てみよう。

まずロスチャイルド家の一員によると、北朝鮮の独裁者金正恩はスイスへ留学中、ロスチャイルド家によって美女だの高級車だの上級酒だので熱烈な接待を受けていた。

さらに日本の公安調査庁の菅沼光弘によると、ロスチャイルドと繋がっているブリティッシュ・アメリカン・タバコ社は長らく北朝鮮の煙草のラベルを張り変えては、世界中に売っている。

世界中で売られている北朝鮮の薬物は煙草だけではない。山口組暴力団の幹部連中や中国のマカオにいるMI6の工作員たちを含む幾つもの情報源によって裏付けられていることだが、北朝鮮はハザールの流通網を介して世界中にアンフェタミンを供給している。


安倍首相も猿芝居のメインキャスト


そしてトドメが、日本の安倍晋三首相という奴隷だ。先週の国連では、北朝鮮について人々を怖がらせる試みに自分の演説の大半を注ぎ込んでみせた。安倍は韓国統一教会とどっぷり繋がっている。
https://fukumimi.wordpress.com/2006/06/08/shinzo-abe-the-heir-apparent/

統一教会は南米パラグアイのブッシュ牧場の隣の牧場を所有しており、薬物や武器の密輸への関連が公けにされている【存在だ】。
http://www.mirror.co.uk/news/world-news/inside-the-sinister-moonie-cult-how-1301689

安倍は韓国から避難するよう日本国民に警告し、さらなるパニックを引き起こしている。

おまけに誰かが韓国の米軍家庭に避難するよう偽のメッセージを送り付け、米軍の対敵諜報活動勢力がこの詐欺的メッセージの背後に誰がいるのか調査することとなった。安倍に訊いてみてはどうだろうか。
https://www.washingtonpost.com/news/checkpoint/wp/2017/09/22/u-s-families-got-fake-orders-to-leave-south-korea-now-counterintelligence-is-involved/?utm_term=.aa9bf386e602

日本の諜報機関の役人たちはこのところの北朝鮮劇を、同じ顔触れが敵対する二つのチームに分かれているかのように見せかけた「猿芝居」つまり「モンキーショー」だと表現している。

北朝鮮は、日本と朝鮮半島と中国北部を統合した大満洲国【※大イスラエル(Greater Israel)になぞらえた呼称】をいずれ作ってもよいと、前々からハザールによって約束してもらってきたのだと、日本の諜報機関筋は言っている。

ロスチャイルドは福島【の原発“事故”】後、北朝鮮に4千万人の日本人を移し、自分たちのアジア本部も設置すると約束した、とロスチャイルド家のとあるメンバーは公然と語っていた。当時の菅直人首相も、日本外国特派員協会の満員【となった記者会見】で一部これを認めていた。福島後、大東京から4千万人を避難させるよう提案されたと発言したのだ。

Author Pqks758 (CC BY 3.0)



日本にいる韓国人は、こくぼ・かずよし【※漢字不明です】という昭和天皇と韓国の王女との間に生まれた息子の命令に従っていると、日本の情報筋は指摘している。彼らが言うには、偽者の天皇ではなく彼こそがハザールのために日本銀行を支配しているのだそうだ。
【※ここ、「韓国人」「韓国の王女」と訳しましたが、英語では韓国(South Korea)なのか朝鮮(North Korea)なのか特定していない、ただのKoreanなのでどちら片方なのか、両方を含んでいるのか不明です。先ほどの「韓国統一教会」も同様。】

そして今や、日本で北朝鮮の相手役を務めている連中が「北朝鮮を怖がろう」キャンペーンを繰り広げているのを尻目に、北朝鮮にはハザールが益々危険な武器を与えている。

» 続きはこちらから

17/9/19-20 フルフォード情報英語版:とある政治犯からの緊急質問 / アンナ・ヴォン・ライツの「ベン・フルフォードへの呼び掛け」に対する返答

 政治犯(!)の方からのフルフォード氏への質問と、判事(‼︎)からの呼びかけに対する返答をまとめた号外です。
 支配層によって略奪されたものは、戻ってこない。これからの略奪を止めることが先決だという認識は、なるほどその通りですが、ちょっと新鮮でした。
 判事の呼びかけの方は、翻訳者Yutikaさんの解説が興味深く、この判事のような認識でやり過ごす人は居るだろうなと思えました。以前に、米国在住の親戚と話した時、折しもトランプ旋風の真っ最中でしたが、TV受け売りのご意見を話す親戚に、つい、時事ブログ的見解を言ったところ、突然空気が変わって「まのじちゃんっ、そんなこと言わない方がいいわよっ。」
 米国だと、まのじは政治犯?
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
とある政治犯からの緊急質問
投稿者:フルフォード

pixabay[CC0]

質問1:レオ・ワンタと、ブッシュ派カバールに盗まれた30兆ドル以上の彼の金のことを聞いたことはありますか? トランプによってワンタにその金が返還されるかどうか、現時点での可能性について何か知っていますか?

回答:はい、ワンタ氏については聞いたことがあります。彼が近々自身のお金を受け取ることはありません。

その代わりに、ワシントンDCの権力層から天文学的な金額を略奪された人々の長いリストに加わることになるでしょう。中国国民党に彼らが所有権を有する歴史的な金塊を取り返すにあたって、これまでどの程度の幸運に恵まれたのか、訊いてごらんなさい。

こういう人間を廃業に追い込まなければなりません。ですが、そうしたからと言って、一銭たりとも戻っては来ないのです。奴らがこれ以上盗みを繰り返すのを阻止するだけです。


質問2:こんなにも多くの政府要人が彼らの代わりに、そしてメディアも替え玉を使っているという、ワシントンDCにおけるクローン状態について、どう思われますか? 我々の指揮命令系統の中でクローン技術がどの程度進んでいるのか、御存知だといいのですが……。

回答:多くの人からクローン体とクローン技術のことは教わりましたし、何かがあることは確かです。

アジアの三合会の暗殺者の一人が言っていたのですが、彼は自分の「ユダヤ人ハンドラー」を殺したところ、同じ男がその後再び姿を現したそうです。しかしながらその件について決定的なディスクロージャーがなされるまでは、私はオッカムの剃刀を用い、主流の世界パラダイムの中で答えを探します。

【一方、】美容整形によって念入りになった影武者を使用したり、CG技術によって死人をテレビ出演させたりが広く行われていることに関しては、間違いありません。


Author Fred the Oyster (CC BY-SA 3.0)




質問3プレストン・ジェイムズが書いた内容は御存知ですか? 彼はヴェテランズ・トゥデイに寄稿しており、ハザールマフィアと秘密の影の政府について、その歴史とやり口を詳細に書いています。彼とヴェテランズ・トゥデイに対してどうお考えですか?

回答:ええ、私は彼の書く内容が好きですし、彼の言っている大半のことを支持しています。ヴェテランズ・トゥデイはネットにおける貴重な意見番かつ機密情報源です。彼らが言う事・なす事の全てに賛同している訣ではありませんが、それこそが開かれたまっとうな会話【を許容する】環境下でのあるべき姿かと思います。


――――――――――――――――――――――――
アンナ・ヴォン・ライツの「ベン・フルフォードへの呼び掛け」に対する返答
投稿者:フルフォード

訳者追記
【経緯:真のアラスカ州の判事を名乗るアンナ・ヴォン・ライツが今月18日、「アメリカは史上最悪の借金国だ」と書かれるのには、もううんざりだという声明文「ベン・フルフォードへの呼び掛け」を出しました。
株式会社アメリカとそこに住む人民は別話、という発想は構わないんですが、本物の方の「アメリカは地球上で最も豊かな国かつ世界に対する最大の債権者であり、日本や中国すら所有している。我々は世界を再建するために何百年も費やしてきたのだ(※訳者まとめ)」という意見はどんなもんかいな、と個人的には思いました。
以下はそれに対するフルフォード氏の大人の対応(笑) 判事も例のアメリカ共和国の話なんかで前々から貴重な記事を書いており、ここまで極端な人じゃなかったのですけどねぇ。なんか最近変です。】
http://www.paulstramer.net/2017/09/calling-out-ben-fulford.html


米国が車だのテレビだのおもちゃだの、送られてくる物を40年もの間得ていながら、対価を支払っていないのは事実です。アメリカ人はそういった物全てに対する借金があります。

その一方で、アメリカ人は自分たちの産業基盤を中国其の他の国々に移しているのですから、そちらの対価を得る資格もあります。

どちらにせよ、腐敗した株式会社政府は破産だが、アメリカ合衆国の国民はワシントンDCの汚水溜めが排除されれば何ら問題はない、という判事の意見に私も同意します。ロシア人がソビエト連邦を排除した後、どれほど裕福になったことか。


pixabay[CC0]



翻訳:Yutika

註:【 】内は訳者の解説部分です。また訳文は日本語での読み易さを優先して、原文とは異なる形で文や段落を分割することもあります。


※見出し・画像は編集者によるものです。

お願い
フルフォード氏本人から快く許可をいただき、英語版レポートをシャンティ・フーラで翻訳して転載させていただいております。ただ、フルフォード氏の活動を支えるためにも有料の日本語版メルマガを購読して応援してもらえると有難いです。皆様、どうぞよろしくお願いいたします。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 63