アーカイブ: ルドルフ・フォン・アーバン博士

[Pouch]最新! 婚活の現状とコツ「お見合いパーティは5回まで」「一目ぼれは危険」「年収300万円以下の方がラブラブ」

竹下雅敏氏からの情報です。
 この記事を見た妻が“高収入でなくても、家事を手伝ってくれる夫に満足するっていうところよね~”と言いながら、私を見たので、素早く目をそらしましたが、私たち夫婦は、甲斐甲斐しく、掃除、洗濯を分担する男性が、妻にぼろくそに嫌われていた例を知っているので、これで安心してはいけないことは確かです。じゃーどうすればいいんだという方は、ルドルフ・フォン・アーバン博士の「愛のヨガ」(野草社)をご覧ください。
(竹下 雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
最新! 婚活の現状とコツ「お見合いパーティは5回まで」「一目ぼれは危険」「年収300万円以下の方がラブラブ」
 
記事配信元)
 
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[らばQ]アメリカの小学校5年生が「性教育」の授業を受けている時の表情 〜ルドルフ.V.アーバン博士の「愛のヨガ」のすすめ〜

Hisayo様(読者の方)からの情報(2点)です。
同じ年頃の子どもがいる親としては、学校の「性教育」には関心がありますが、写真の子どもたちの其々の反応には思わず笑ってしまいました。
それにしても、一体どんな性教育の内容なのか・・・
良くも悪くも、何でも吸収しやすい子どもたちが、誤った性の認識をもたないことを願います・・・
(寄稿者のコメント)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————1点目————————————
アメリカの小学校5年生が「性教育」の授業を受けている時の表情
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

» 続きはこちらから

[社会実情データ図録]世界各国のセックス頻度と性生活満足度(41カ国)

竹下雅敏氏からの情報です。
文中の"性に関する変わった趣向を試す"ようなことをしてはいけません。ルドルフ・アーバン博士の「愛のヨガ」を読んで下さい。回数は少なくても良い(1週間〜10日に1回)のですが、1回の性交時間は最低30分は続かなければ男女双方の満足を得ることは出来ません。
仲の良い夫婦は双方の満足度が100%で、回数は約10日に1度というところでしょうか。修行するところがまちがっているのですね。最低30分はガマンしろちゅーことですが、夫婦の性感が高くなるとガマンの必要はまったくなくなるのです。最中(モナカと読みます)の間ずっとキモチいいのです。目指すならコチラ。
(竹下 雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
世界各国のセックス頻度と性生活満足度(41カ国)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。