アーカイブ: 世界の現実

[アドタイ]カンヌ広告祭PR部門グランプリのアニメ「THE SCARECROW」

 カンヌ広告祭PR部門グランプリを受賞したアニメです。有機農業にとっては、追い風になる内容だと思います。米国のメキシコ料理のチェーン店「CHIPOTLE(チポトレ)」が作成したアニメで、このような宣伝色があまりない「エンタメ・マーケティング」が米国で話題になっているようです。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
[カンヌ速報]<PR Lions>「THE SCARECROW」CHIPTLE MEXICAN の作品について
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[現代ビジネス他]スラムが戦場化?悪名高き傭兵会社がW杯の警備訓練

 2014年6月16日にFIFAの動画を紹介しましたが、その追加情報です。「ワールドカップのAl-5」と呼ばれる対テロ法が新たに制定され、“ワールドカップの期間にデモをすれば15年から30年の刑に処される”そうです。そして、期間中はフル装備の特殊部隊が24時間警備にあたり、その指導にはアカデミ(旧ブラックウォーター)が招かれていたようです。こういった動きは、2016年のリオオリンピックも想定に入っているようですが、次は日本の番じゃないでしょうか。2020年の東京オリンピックの頃には日本も治安が悪くなっているかもしれません。アカデミ(旧ブラックウォーター)に警備を依頼するようなことになれば、ボストン爆破テロ事件のように偽旗作戦の可能性も出てきます。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
スラムが戦場化?悪名高き傭兵会社がW杯の警備訓練(ロシア・トゥディより)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

————————————————————————
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[HUFFPOST]1日1ドルで生活する、極貧層の人たちのリアル(画像集)

竹下雅敏氏からの情報です。
 皆さんが こうした写真を見て、“関係がない”と思うか、“絶対にこの世界からこうした貧困をなくす!”と思うかで未来が変わってくるのです。
まず あなたの意識を“豊かさ”で満たして下さい。そうすればこの世界は急速に変化してゆきます。頭の中から“お金”を追い出すことです。豊かな人はいつも無限に与える存在である自然を友にしています。生き方を変えましょう。
(竹下雅敏)
————————————————————————
1日1ドルで生活する、極貧層の人たちのリアル(画像集)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[Business Journal]若者を食い物にする学生支援機構の奨学金の取立ての実態

竹下雅敏氏からの情報です。
 貧しい家庭では、大学卒業の時点で800万〜1200万の返済金がある人もいます。医学部だともっと多くなると思います。アメリカでは医者は、“膨れ上がった学生ローンの返済のために”、可能なら医者を辞めたいと思っても出来ないという記事を紹介しました。高学歴で高収入の人でも、学生ローンの返済のために奴隷のような人生になる。要するに裕福な家に生まれるか否かが人生の分かれ目になる。
富がかなり平等に分配され、うまくいっていた日本経済を意図的に破壊し、アメリカ型の経済に無理に移行させたのが日銀を中心とするグループです。民意を無視して国民を騙し、富を1%に集中させ、明らかに犯罪行為の利益誘導をして自分の懐を潤わせておきながら、「みなさんには貧しくなる自由がある……貧しさをエンジョイしたらいい。ただ1つだけ、そのときに頑張って成功した人の足を引っ張るな」(竹中平蔵)と言う人もいます。“頑張って成功”したのではなく、犯罪行為をして、人々から富を略奪したのです。
 もうそろそろ、こういう連中の詭弁を真に受けるのを止めませんか?
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
武富士以上…若者を食い物にする学生支援機構の奨学金、えげつない取り立ての実態
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[ジョン・オリバー氏]FIFA:それは生きる目的を提供してくれる唯一の存在  〜FIFAの闇〜

 竹下氏から情報提供していただきました。ユーモア満載のオモシロイ動画ですが、とても重要な問題が提起されています。赤字だけ読めば、FIFAがいかに闇に覆われた存在であるかわかると思います。しかし、そのFIFAが“生きる目的を提供してくれる唯一の存在”である以上、人類もまたその"闇の一部"と言えることがよく分かります。サッカーが宗教で、FIFAがその教祖というのは、深く納得するものがありました。
 今、W杯がテレビ中継されていますが、こちらの情報(提供:acco☆彡さん)によると、なんと、今大会でFIFAから提示された放映権料は400億円で、その70%(280億円)をNHKが負担するようです。それが資金源になり、またFIFAのプロパガンダ映画などが作られたりするのでしょうか。
 あと、この動画をYou Tubeでアップしようとしたところ、全世界でブロックされていることが分かりました。3S政策と言われるように、スポーツに夢中にさせておくことは支配者にとって好都合であり、人類が覚醒することを恐れているからではないでしょうか。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【W杯関連】FIFAという非営利()団体
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 90