アーカイブ: 世界の現実

[真実を探すブログ]子宮頸がんワクチン、国が根拠としていた論文の執筆者が製薬会社の社員だった!しかも、論文には明記せず!薬害会議が指摘!

竹下雅敏氏からの情報です。
 子宮頸がんワクチンに関しては、こちらの記事がわかりやすく、よくまとまっています。第1~6章とありますが、6章にリンクしておきます。こうした背景を知っておくことは、とても重要なことだと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
子宮頸がんワクチン、国が根拠としていた論文の執筆者が製薬会社の社員だった!しかも、論文には明記せず!薬害会議が指摘!
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[竹下雅敏氏]エイズウィルスの真相が簡潔にまとまっている動画の紹介 〜エイズウィルスの嘘(インフルワクチン接種後HIVテスト陽性に?)〜 

竹下雅敏氏からの情報です。
 以前も、エイズウィルスが実は存在しないのではないかという動画を紹介しましたが、今回の動画は10分以内で簡潔にまとまっていますので、ぜひご覧ください。この動画でエイズウィルスの真相を語っている方は、現在も魂が残っているので、嘘をついているとは考えられません。もしもここで語られていることが本当だとするならば、私たちが普段教えられていることは、そのほとんどが情報操作された嘘だということになります。
(竹下雅敏)
————————————————————————
エイズウィルスの嘘(インフルワクチン接種後HIVテスト陽性に?)
転載元より抜粋)

[ブーゲンマイスター女史の警告]インフルエンザワクチンのリスク 〜これは明らかな陰謀であって、陰謀論ではありません〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の精神医学界の記事の関連動画です。非常に優れた内容で、中身は事実に基づいていると思います。見ておいた方がよい動画の一つです。下に簡単な解説文がありますが、ポーランド政府がワクチン購入を拒否した直後に、要人96人を乗せた飛行機が墜落するという事故が起こったということですが、これを偶然と見るか否かが重要なポイントです。ここでは後に暗殺であったことが判明したということです。これは明らかな陰謀であって、陰謀論ではありません。この動画を見て事実としてこのようなことが起こっているということ、そして製薬会社の顧問であったりオーナーだったりする人物が、チェイニーやラムズフェルド、ブッシュと言った9.11を引き起こした人物たちだということなのです。こうした事実に目をつぶり、陰謀論を愚かな虚構だとする考えはあまりにも馬鹿げていると思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
インフルエンザワクチンのリスク(ブーゲンマイスター女史の警告)
転載元より抜粋)


 ジェーン・バージャーマイスター女史による、2009年のインフルエンザパンデミック­についての最新情報です。2009年の豚インフルは季節性のインフルに比べても非常に­弱い脅威だったにも関わらず、製薬会社、政府、マスメディアが一緒になって、インフル­エンザ非常事態宣言レベル6の警告を出し大流行を煽ってワクチンキャンペーンを行いま­した。

しかし、ヨーロッパ市民には代替メディアの力で事前にこの大流行が作られたものである­ことが、知れ渡り、ワクチンの接種率はとても低いものになりました。

そして、ポーランドでは当時の厚生大臣で医師でもあるエイワ・コーパッチ氏がインフル­エンザワクチンに危険性がある事を見抜き、ポーランド政府は製薬会社からワクチンを購­入する事を拒否しました。しかしながら、その直後ポーランドの要人96人を乗せた飛行­機が墜落し、その全員が死亡するという非常に不可解な事故が起きました。
そして、それは後に意図的な暗殺であったことが判明します。

ポーランドの政治家たちの勇気ある行動そして、その後の結末を聞いてなんともやるせな­い気持ちになります。
果たして日本ではこんな風に国民を守ってくれるヒーローは現れるんでしょうか?
期待したいところですが、期待できない場合はこの動画の視聴を多くの方に勧めましょう­。

そして、2012年現在2009年の大流行時よりもさらに状況が悪くなっています。
WHOは60億人分のワクチンを用意する計画を持っているようです。
そして、日本でもつい先日新型インフル特措法が成立しましたよね。
国内でも来年の半ばころには国民全員分のワクチンを用意する計画があるようです。
そして、そのインフルのワクチンの原材料は蛾です・・・

[Kazumoto Iguchi’s blog]「精神科は幻想だった?」:「精神病詐欺」精神科医が精神病を作る!?DSMの陰謀!? 〜精神医学会の実情〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 動画は全部で6本あるようで、元記事にはすべての動画が紹介されています。私は所どころしか見ていないのですが、内容は井口氏が解説してくれている通りだと思います。今後精神科に通う人たちが非常に多くなると思いますが、当の精神医学界の実情はこのようなものだということを知っておいてください。こうした記事を見ると、すぐに陰謀論として片付ける人がいるのですが、現実の問題として、あの豚インフルエンザのパンデミック騒ぎは何だったのでしょう。あの騒ぎで、ラムズフェルドが顧問をしている製薬会社は大変な利益を出したと言われています。彼らはWHOに役員を送り込み、情報をコントロールしていると言われています。こうした様々なことがらをすべて無視することは出来ますが、現実に事実としてそういったことが起こっている以上、井口氏がここで述べているような内容は頭に入れておかなければならないと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「精神科は幻想だった?」:「精神病詐欺」精神科医が精神病を作る!?DSMの陰謀!?
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[Kazumoto Iguchi’s blogほか]アメリカ政府 山口組幹部4人のうち3人が朝鮮人であることをバラす 〜日本の裏社会の事実と民族観〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 これはかなり興味深い記事です。私の直観では新年以降電通が解放され、これまでとは異なる動きになると見ているのですが、どうしたらそのようなことが起こるのかという具体的な動きは掌握出来ていませんでした。しかしこの記事を見ると、私の思いも妄想ではなく、かなりの程度根拠のあるものだという気がしてきました。
 続きを読む以降では、もう少し詳しく裏社会の実情が説明されています。私は民族主義者ではありませんので、特定の民族が優れていたり、あるいは劣っていたりという考え方をしません。歴史と事実を見れば、あらゆる国と文化の中に立派な人もいれば愚かな人もいるというのが、当たり前のことだからです。ただ日本の裏社会が事実としてこのような状況にあるということは、理解しておかなければなりません。こうした事実を民族の優劣といった議論に飛躍させるようなことは、行うべきではありません。例えて言うと、日本のメディアで麻薬の密売や強盗団が、多くの場合中国人やイラン人ということになっているわけですが、こうした報道姿勢自体が恣意的なものであり、これをもって中国人やイラン人が愚かな民族だと言うのと同じくらい、馬鹿げています。どちらの国も有史以来偉大な文明を築き上げてきた人たちだからです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————1点目————————————
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 90