アーカイブ: 中国共産党

ワシントンからの伝言「昨日、最後の聖戦が行われた…こちらの光の勢力側は日本時間の午後8時に勝利」 ~アメリカ国内にあると言われていた中国共産党の地下基地を破壊か

竹下雅敏氏からの情報です。
 石川新一郎氏に届いた「ワシントンから5回目の伝言」も非常に興味深いものでした。2分8秒~3分5秒で、“昨日、最後の聖戦が行われたとご連絡いたしましたが、こちらの光の勢力側は日本時間の午後8時に勝利いたしました。長い長い戦いでしたのでその場に居合わせた全ての戦士たちは涙でいっぱいでした。やっとこれで平和に包まれる。トップの指揮官たちも含めて涙でいっぱいでした”とあり、5分38秒~6分18秒で、“来週から約1か月間目まぐるしく起きる出来事に、どうか一喜一憂せずネガティブにならないで、明るく愛と平和と光に包まれる自分でいてください。既に決戦は終わりました。皆様にも少し遅れて同様な出来事がこの世の中で起きます”と言っています。
 アメリカ国務省が「中国共産党のアメリカ国家安全保障への脅威」に何度も言及していることから、「最後の聖戦」はアメリカ国内にあると言われていた中国共産党の地下基地を破壊したと言うことかもしれません。もしそうなら、今後トランプ大統領が戒厳令を敷き、アンティファなどの極左連中が暴動を起こしたとしても簡単に鎮圧できます。
 後は中国共産党の解体になります。これは戦争の一歩手前まで行きそうですが、11分22秒以降で、“そして最後にプーチンはこちら側です。カナダのトップはあちら側です“と言っていることからも分かるように、恐らくうまく行くと思われます。
 “続きはこちらから”をご覧ください。テキサス州の訴訟が却下された件で、“ジョン・ロバーツ米連邦最高裁主席判事は反トランプ派でありトランプが再選されないよう積極的に取り組んできた”とあるのですが、ツイートにあるようにジョン・ロバーツ判事は、ジェフリー・エプスタインの「ロリータ・エクスプレス」と呼ばれたプライベートジェットの搭乗者記録に名前があるとのこと。これは分かり易い。
 驚いたのは、“9人の判事らが部屋から出てきたとき、ロバーツ主席判事、民主党派の判事そしてカバノー判事は満面の笑みを浮かべていた”という所。これはトランプ大統領から連邦最高裁判所陪席判事に指名されたブレット・カバノー判事ですよね。高校生時代の性的暴行疑惑で野党・民主党が追及していたのも、トランプ大統領の敵であることを悟られないようにするための作戦だったということでしょうか。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【第50弾】ワシントンから5回目の伝言が有りました‼
配信元)
————————————————————————
配信元)




» 続きはこちらから

ワシントンからの伝言「米国に国家非常事態委員会ができ…12月12日に海外の会社のビジネスマンに対して米国から帰国するように指示を出した」 ~アメリカ内戦の可能性が極めて高い

竹下雅敏氏からの情報です。
 石川新一郎氏の所にワシントンから伝言が来たという事で、今回の3回目の伝言には重要な情報が含まれていましたので紹介します。動画の3分30秒~7分55秒をご覧ください。記事はこの部分の要点を文字に起こしたものです。
 “米国に国家非常事態委員会ができ…12月12日に海外の会社のビジネスマンに対して米国から帰国するように指示を出した”という情報は重要です。アメリカ内戦の可能性が極めて高いことが分かります。
 太字にした部分を見ると、予想した通り第三次世界大戦の一歩手前まで行きそうです。このことは、“続きはこちらから”の「メイカさんからの続報」を見ても分かります。“米国は歴史上最も強い同盟国(NATO、日本、オーストラリア)と組み、中共と戦う”という方向に確実に進んでいます。私は第三次世界大戦にはならないと見ています。習近平は引かないでしょうが、第三次世界大戦になる前に習近平が暗殺される可能性の方が高いと思います。
 フランス革命を思い浮かべてください。それよりも遥かにスケールの大きな「革命」がまさに起きようとしているのですが、それが魔法の杖の一振りで直ちに正義が勝利し、素晴らしい未来が来ると思う方は何もしなくて良いです。
 しかし、リン・ウッド弁護士の「後悔するよりも、安全であることが大切です。水、食料、懐中電灯と電池、ろうそく、ラジオ、修正第2条の物資、地域社会のリーダーと会うための計画を十分に持っていることを確認してください」という忠告を真剣に受け止める方は、出来る限りのことをした方が良いでしょう。
 日本人は完全に平和ボケをしているので、世界が今どういう状況にあるのかを理解している人はほとんど居ません。中国共産党のスパイは日本にはあまりいないとか、米中開戦になったとしても日本にはほとんど影響がないと思う人は、何もしなくて良いでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【第48弾】ワシントンから3回目の伝言です‼
配信元)
————————————————————————
ホワイトハウスからの伝言 その3 追加があります!!!
引用元)
(前略)
「(解任された)バー司法長官は司法取引に近い形で多くのことを置き土産に残しました。

米国に国家非常事態委員会ができています。そして12月12日に海外の会社のビジネスマンに対して米国から帰国するように指示を出しました。

また、ロシア国営放送でプーチン大統領は今回の米大統領選の出来事は全て知っていると話していました。近いうちにロシアも行動を起こす準備ができているとの声明を出しました。

イギリスはクイーン・エリザベスを中心とした軍を送りました。ドイツは艦艇を発信して同様に展開。米国は第一艦隊を再編成。インド及びオーストラリアは共同作戦に参加。ロシアは中国とのツッツバシ付近に軍の配備を展開済み。イタリアとフランスも動き出すと発表。南シナ海は西側諸国の結束を完了。

中国共産党の協力者、中国共産党の関係者の銀行口座を凍結します。明日か明後日には明快に出してもよい名前(国家反逆罪の名前?)をワシントンDCから羅列します。」
(以下略)

» 続きはこちらから

流出した中国共産党員200万人の名簿に挙がっている日本企業の名前 ~ダントツは日立の566人 / 菅政権はトランプ大統領とQの側に立っている

竹下雅敏氏からの情報です。
 中国共産党員200万人の名簿が流出した事件ですが、“データベースに含まれていたのは、党内の地位、民族、生年月日など。電話番号が書かれている人もいた”ということで、データベースには民間企業も多数登場するようです。
 さっそく、日本企業の名前が挙がっています。“データベースファイルを開いて…例えば日立とか入れると名前、性別、ID、出身地、企業名、住所、電話番号とかがでてくる”とのことです。
 日立が566人で、今のところダントツなのですが、これらの事柄は主要メディアで報じられるのでしょうか。経団連壊滅との声も聴かれ興味深い所です。 
 ところで私は、菅総理になってから菅政権に対するコメントをほとんど出していないのですが、これには理由があるのです。個人的にこれまでの経緯からスガーリンは嫌いです。しかし、国の特別機関「日本学術会議」が推薦した新会員候補6人の任命を、菅総理が拒否した件もそうですが、「日本学術会議」に中国共産党員のスパイが潜入して居たら(その可能性は極めて高い)、どうでしょうか。
 昨日のNHK ニュースでは、“日本学術会議の在り方について、菅総理大臣は、政府から独立した組織にすることなどを求める自民党の提言を受けて…早急に検討を進める考えを示しました”というのですが、もしもこれが、“(中国)政府から独立した組織にすること”であれば納得ですよね。
 “菅政権はトランプ大統領とQの側に立っている”と見ているので、今のところ様子見です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
豪メディアが世界の中国共産党200万人のデータ入手 各国公館や世界的企業で幹部などとして勤務(2020年12月14日)
配信元)
————————————————————————
在外公館、ボーイング、ファイザーにも? 「中国共産党の党員リスト」DB流出で波紋
引用元)
中国共産党員の名簿だとされるデータベースが流出したとして、その内容をめぐり波紋が広がっている。流出したのは、9200万人程度いるとみられる党員のうち、約195万人分。リストは7万9000ほどの「支部」ごとに分割され、その多くが個別の企業や団体と結びついているという。

その中には、防衛産業や情報通信産業など、各国の安全保障に関係する企業や、各国が上海に開設した総領事館も多数含まれる。こういった組織に中国共産党員が勤務することで、機密保持などの面で問題が生じる可能性が指摘されている。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 
» 続きはこちらから

米中戦争が本格化か?!アメリカのメイン州の地下基地を3万ポンドの爆弾を用いて破壊し中国兵士5万人が殺された

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画の3分55秒~4分45秒で、アメリカのメイン州の地下基地を3万ポンドの爆弾を用いて破壊し中国兵士5万人が殺されたが、地震として報道されたという情報を取り上げています。この情報が確かなら、米中戦争が本格化して来たわけで、第三次世界大戦の一歩手前まで行きそうな気配です。 
 この情報は昨日popoちゃんから情報が入り、「メイン州では表向きには地震と報道されたが、こちらの9日に地下基地爆破。またミシガン州でアメリカのF16機が中国のレーザー光線のようなもので真っ二つに割かれ落とされたとか。動画では70万の中国の軍人がアメリカ(おそらく地下基地?!)にいるとか言っています。トランプさんはその後24時間以内に中国人が関わっているすべての地下基地を爆破するように命令したそうです。」という事です。
 10分40秒~11分35秒では、トランプ大統領は宇宙人と会っており、“彼らと交渉したことがあるとトランプ大統領自身が発言した”ということです。トランプ大統領の行動から見て、良い宇宙人と接触していると見て間違いないでしょう。
 “続きはこちらから”の大紀元の動画は、“今のアメリカがどういう状況にあるのか”を理解するのに大変役立ちます。こうした中、「中国共産党員2百万人の氏名、生年月日、地位、民族など」の詳細が記載された名簿を含む大規模なリークが発生、まずは8,192人の名前、役職などが公開されたとのことです。中国共産党員2百万人となると、日本に潜入している工作員も名簿に出て来そうです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
中国兵士50000人が爆弾にて殺害される! 第3次世界大戦?!!
配信元)
————————————————————————
ハル・ターナー:地震とされたメイン州で5万人の中国人兵士が爆撃され殺害された
引用元)
(前略)
ハル・ターナー・ラジオ・ショーは "メイン州で5万人の中国人兵士が 爆撃され殺害された" と報告しています。 地震と記載されていましたがその後、ミシガン州でF16が撃墜されました。西海岸に3隻の空母戦闘群が配備され、東海岸に2隻の空母戦闘群が配備されています。中国とロシア海軍は現在位置に迅速に移動するために配置されています。 "そこから米国を迅速に攻撃することができます!"。
(以下略)

» 続きはこちらから

ジョン・ラトクリフ米国家情報長官「中共は感染力が強いことを知りながら、全世界に拡散させた」「人民解放軍は遺伝子を改造した200万人のスーパー・ソルジャー部隊を造っている」

竹下雅敏氏からの情報です。
 ジョン・ラトクリフ米国家情報長官は、“中共は感染力が強いことを知りながら、全世界に拡散させた。彼らは国内での流行を隠蔽し、同時に、WHOに圧力をかけ世界中にウイルスを拡散させた”と言っています。武漢をロックダウンしたことで、それを逃れるために500万人もの中国人が世界中に散らばりました。これはウイルスを拡散する最も優れた方法です。習近平はロックダウンによって何が起こるかを知っていて、ワザとやったのだと思います。
 「メイカさんからの続報」によると、「人民解放軍は遺伝子を改造した200万人のスーパー・ソルジャー部隊を造っている」とあり、こちらの大紀元の動画でも、7分20秒~9分11秒の所で「中華人民共和国(中共)は200万人の軍隊を持っており、遺伝子編集によって軍隊をさらに強くしようとしている。…これは中国(共産党)が地球を実質的に支配し、世界秩序のルールを定めようとしている方法の一つにすぎない」とするジョン・ラトクリフ米国家情報長官の言葉を報じています。
 これは中国共産党を利用して地球を支配し、新世界秩序(NWO)を実現しようとする勢力とトランプ大統領とQに代表される勢力との戦争なのです。リン・ウッド弁護士は、“中国共産党こそが米大統領選における不正の背後の黒幕であり…米国の両党および支持者が米国の真の敵は共産党であることを認識してほしい”と言っていますが、この事を多くの人々が認識出来れば、悪は滅びることになるでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
————————————————————————
メイカさんからの続報
引用元)
(前略)
その1:
ジョン・ラットクリフ国家情報長官によると、人民解放軍は2030年前後に米軍を超えて世界一強い軍隊になる。人民解放軍は遺伝子を改造した200万人のスーパー・ソルジャー部隊を造っている。世界最強の軍隊となる。また(中略)… ウクライナ、ロシア、各国の専門家によって最先端の超高音速のエンジンが完成した。この戦闘機が完成したなら世界中どこでも攻撃できる。
(中略)            
その2:
米政府はもうじき中国共産党は国際犯罪組織であると認定する。トランプ大統領の署名後にそれを発表する。その結果、米政府は、海外在住の中国共産党員と家族の財産、会社を全て没収する。同盟国の中国共産党員や家族の財産、会社も没収する。(中略)… これからNATOは米国と共に中国と戦う。ロシアのプーチン大統領も米国と共に中国と戦うと発表した。
(中略)
習近平は徹底的に米国と戦うと言っている。そしてもし米軍が南シナ海の基地を攻撃したなら核兵器を使うと言っている。米国は中国の核兵器を止める準備をしている。チンピラ国家は生物兵器の次に何を使うかわからない。
(以下略)