アーカイブ: 大麻

パーキンソン病の元警部男性が初めて大麻を服用した結果が劇的Before/After過ぎる

 日本全体で10万人以上いると推定されるパーキンソン病患者には是非見ていただきたい動画です。パーキンソン病とは、神経伝達物質が減少することにより、手足がふるえたり、筋肉が硬くなるなどの症状が見られる難病です。
 元警部でパーキンソン病を患っているラリー氏が、初めて大麻を服用する様子が収めらています。私もパーキンソン病を患っていた家族がいたので、その劇的な変化に驚きを禁じ得ません。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)

 元警部のラリー氏がパーキンソン病患者特有の動き方で部屋の中に入ってきます。大麻を服用後、すぐにその効果が現れ始め、体の震えが止まり、体や表情が緩んで、4分後にはすっかりリラックスしてソファーでくつろいでいる様子が収められています。

 ラリー氏も「So quickly.(とても早い)」と驚いています。またその声の変化にもご注目ください。服用前と違って、普通に話すことができています。ラリー氏も嬉しそうな表情で「アーーー」と発声練習をしています。1分30秒のところでは、手のアップが映されていますが、完全に震えが止まっていることが確認できます。

 この動画により大麻がパーキンソン病患者に劇的な改善をもたらすことが証明されましたが、日本ではもちろん医療用であったとしても大麻を服用することが出来ません。アメリカでは一部の州で大麻が合法化されていますが、ラリー氏が住む州では合法化されておらず、これだけ効果があることが証明されたにもかかわらず、大麻を手に入れることが出来ないことに不満を述べています。

 製薬会社やその他企業に利権化させないためにも、家庭で普通に大麻を栽培することが許され、さまざまな病気を自分で治癒できる社会が望ましいと思います。

文・編集長

[世界の裏側ニュース]大麻使用で処方薬、酒、麻薬を止めた人が80% / 大麻に関する基本的な質問と回答のまとめ 

竹下雅敏氏からの情報です。
 現状から、近い将来の日本の国家破綻はもはや間違いのないものですが、安倍叫喚地獄の先には、適者生存で明るい未来が待っているとの記事を、昨日出しました。コメントでは、大麻解禁と共に、ふざけた医療制度から解放された市民が、自らの健康は自ら守るという自覚に目覚め、国民皆保険を含む医療制度が崩壊している中でも、自然治癒力に目覚めた適者たちが、結構元気に生きているのではないかとしました。
 その大麻について、興味深い記事が出ており、要点を転載させていただきました。皆さんの大麻に対する認識に変化が起これば良いのですが…。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
大麻使用で処方薬、酒、麻薬を止めた人が80%
転載元)
製薬企業は涙目?カンナビス使用者の80%がカンナビスに切り替えて処方薬を止める
Big Pharma Not Happy: 80% of Cannabis Users Give Up Prescription Drugs
1月10日 http://www.naturalblaze.com/2016/01/big-pharma-shaking-in-their-boots-as-80-of-cannabis-users-give-up-prescriptions-pills-for-pot.html

o0790041513729764490

製薬企業(およびアルコール産業)はアメリカ政府に対して強力な影響力を持ち、長年にわたり自らの利益を保護するためにカンナビス(大麻)の合法化に反対するロビー活動を続けています。

しかし世界中で医療用、娯楽用のカンナビスの合法化の波が押し寄せ、その潮流が変わってきているようです。

合法化により、危険な副作用のある処方薬の代わりとして大麻という植物が素晴らしい働きをすることに気が付いた人が増加し続けています。

治療法としてカンナビスを使用している成人472人に対するアンケートによれば、うち87%は処方薬やアルコール、その他の麻薬などを止めてカンナビスに切り替えたと答えています。
40歳以下の成人は、これら3種のもの全部を止めてカンナビスに切り替える傾向が強いようです。

回答者の80%が処方薬の摂取を止めてカンナビスの使用に切り替えたと伝えていますが、これは中でも製薬企業が最も懸念し、ぐるの国会議員にすり寄って行きそうな驚きの事実です。さらに52%の人はアルコールを止めて、さらに32%は違法物質を止めてそれぞれカンナビスに切り替えています。

この結果から、危険なほど中毒性が高く、致死的な物質よりも、オーバードース(摂取しすぎ)による死者をこれまで出したことのない奇跡的な植物を好んで選択している人々の非常に前途有望な動きを見ることができます。

(以下略、続きは引用元でご覧下さい)

――――――――――――――――――――――――
大麻に関する基本的な質問と回答のまとめ
転載元)
先日の記事「大麻使用で処方薬、酒、麻薬を止めた人が80%」にとてもおもしろい質問をいただきました。

(中略) 

1.麻と大麻は同じものですか?違うものですか? 

麻→酩酊作用で薬効成分としても一番注目されているTHCの含有がほとんどない種類を、日本語では一般的に麻と呼ばれているようで、英語でいうHemp(ヘンプ)とほぼ同義のようです。古来から日本で用いられてきたのもこのタイプです。

【関連記事】★車体も燃料も「麻」 フォードのヘンプ・カー 

大麻→英語での正式な学術名はcannabis(カンナビス)ですが、娯楽用としてはマリファナ、ポット、ガンジャなど様々な呼称があります。向精神的な作用のTHCなどを増やそうと世界中の愛好家が品種改良を重ねており様々な品種が出回っています。またこの植物の中でも、大麻という場合には一般的にはTHC含有量の最も高いバッズ(Buds、蕾の部分)を指す場合が多いようです。

【関連記事】★ヘンプシードオイルとカンナビスオイルの違い、ご存知でしたか? 

こちらの記事には、カンナビスに含まれる各主成分と、それぞれの効能の一覧(英語)もあります。混同されるケースが多いようですが、日本で合法的に販売が可能なのはヘンプシードオイルやCBDオイルであって、大麻のエッセンシャルオイルとも言え、世界中で奇跡的な効能を証明し続けているカンナビスオイルは免許を取得しているなど特殊な場合を除いては違法です。


2.日本では麻(大麻)の栽培、販売、所持は法律で禁止されているが他国の一部や一部の州、地域では合法化されているということですね? 

日本の大麻に関する法律はこちら「大麻取締法

欧米を中心に現在、大麻、あるいは医療目的での大麻の使用を合法化・非犯罪化させようという動きは起きており、実際に一部の国・地域では法制化に成功しています。


【関連記事】★ 医療大麻関連の有益情報まとめ【日本】 

「大麻の使用・栽培は基本的人権」メキシコ最高裁の判決 

カンナビスでガン細胞が死滅する衝撃的映像/さらなる大麻合法化の波 

大麻解禁ラッシュ ニュースまとめ 

娯楽目的の大麻がアメリカで初めて店頭販売されることに 

カナダ 元工場を「大麻栽培所」として再生へ 

日本での医療大麻合法化を目指しておられるNPO法人
「医療大麻を考える会」様
http://iryotaima.net/

» 続きはこちらから

医療大麻裁判で違憲・無罪を主張していた山本正光さんが死去 〜製薬会社や麻薬密輸組織にとって都合の悪い医療大麻解禁〜

 7月25日、医療大麻裁判で違憲・無罪を主張していた山本正光さんが死去されました。謹んでご冥福をお祈りいたします。山本さんの医療大麻裁判は、これで公訴棄却となり、判決を迎えることなく裁判は終わってしまいました。8月2日の結審、判決まであと1ヶ月だったようです。"一部無罪の可能性が高かった"だけに、山本正光さんをはじめ関係者の方も無念だったろうと思います。
 報道ステーションでは医療大麻裁判の特集が放送されました。2分8秒〜2分15秒のところでは、大麻摂取後に末期肝臓癌の勢いを示す腫瘍マーカーの値が10分の1以下に下がったことが紹介されています。主治医が"肝細胞が再生し始めたのではないか"との見解を示すほどの数値も出ていたようです。
 山本さんが自宅で種から育てた大麻によって、ここまで改善したことは、抗がん剤で儲けているような製薬会社にとってはとても都合の悪い事実だと思います。また、大麻が合法となり民間医療化すれば、麻薬密輸を資金源にしているような組織や王族にとっても資金源が絶たれる事態になってしまいます。
 医療大麻裁判のお陰で大麻に光が当てられている中、こうした事件によって掻き消され、後退しないことを望みます。
(編集長)
————————————————————————
配信元)

————————————————————————
テレビ朝日 報道ステーション 末期がん患者「医療大麻 認めて」 20160722
配信元)

注目の山本医療大麻裁判の第四回公判 〜ひとりのガン患者が日本の医療大麻使用論争を先導中、海外でも注目が集まりそうな流れに〜

  6月27日に、注目の山本医療大麻裁判の第四回公判が開かれたようです。こちらにレポートがあがっています。被告人で末期ガン患者の山本正光氏は、体調が悪い中、2時間も拘束され、途中「顔色が灰色になり、3度うめき、2度、鎮痛剤を服用した」とあります。
 良い兆しとしては、ジャパンタイムスから「がんとの闘病の最中にある男が日本の医療大麻使用論争を先導する」と題する充実した記事が出ており、山本氏が「私には二人の息子が居ます。私はこの事例を公開せずに、自分自身の内に留めることも出来ました。」「しかし私はこれはこの問題を社会的に議論する良い機会になると考えました。」「医療大麻によって生命が守られている人々がいる限り、それに関する研究は許可されるべきです。命を抜きにしての正義とは何でしょうか?」と述べられております。またロイターからも取材の申し込みがあったようで、海外からの圧力にも期待したいところです。
 そうした中、「世界初!大麻が脳に悪影響を与えることを科学的に証明」という記事もあがって来ています。この記事に対して、Facebookのコメント欄には、「…日本では大麻の研究は法的に禁止されています。したがってこの研究は合成大麻=危険ドラッグの研究なので脳に影響があるのは当たり前…アジシオ調べて天然塩は身体に良くないと言ってるようなもの…」とあり、かなり納得しました。こちらにもう少し詳しい記事がありますが、天然の大麻と化学合成されたものでは別物と考えた方が良さそうです。
 「希望の光」が消えないように応援していきたいものです。
(編集長)
————————————————————————
引用元)





大麻は「究極薬品」!? 大麻に含まれるTHCには驚くほどの効果あり 大麻が解禁されれば自宅でTHCたっぷりのカンナビスオイルを作ることが出来る

 1本目の動画は、この世から一切の病気が無くなる「究極薬品」を作りたいと語る凸凹製薬会社社長の息子のゴン太に対して、父親が製薬会社を代表して本音を吐露しています。とても分かりやすいので是非ご覧ください。
 2本目の動画はゴン太が顕微鏡で見ていたのはコレではないかと思われるものです。冗談ですが、時期的にもほぼ一致しています。
 現在、日本の大麻解禁に向けて、注目すべき裁判が行われています。"医者に見放され、治療のために自ら大麻を栽培し使用した末期がん患者の山本正光氏"の裁判です。山本正光氏の今日のFacebookの画像を見ると、大変、苦しそうなご様子です。こうした本当に苦しんでいる患者に対して、劇的な症状改善が見込める大麻を禁止することは、大麻取締法よりも上位にある憲法に違反しているのではないでしょうか。
 3本目の記事では、やはり大麻に含まれるTHC(テトラヒドロカンナビノール)が劇的に癌に効くことが分かります。大麻合法化の活動家として有名なリック・シンプソン氏が、医者に見放されるほどの皮膚癌にTHCが含まれているカンナビスオイルを塗布したところ、わずか4日で腫瘍が消え、皮膚が再生したとのこと。そして、5000人以上の重篤な患者をカンナビスオイルで治療して驚くほどの成果を上げきてきたようです。
 4本目の記事では、カンナビスオイルに関するQ&Aと作り方の動画が紹介されています。元記事には動画の文字起こしがあります。自宅で大麻を栽培さえ出来れば、自分で割と簡単に作れそうな感じがします。しかし、日本では大麻取締法があるため、医療目的への使用や研究でさえ禁止されている状況です。
 しかし、山本正光氏の注目すべき裁判や、女優の高木沙耶氏が「医療大麻の合法化」を訴えて参院選に出馬表明するなど、日本も大麻解禁への世界的な流れに乗りつつあるのではないでしょうか。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
製薬会社の本音 -鬼太郎1971-
引用元)

————————————————————————
カンナビスでガン細胞が死滅する衝撃的映像
引用元)
カンナビスがガン細胞を死滅させる効果があることを証明した研究が、なんと1974年という早くにあったことをご存知でしたか。


カンナビスの成分(THC)が、健康的な細胞には変化を与えずにガン細胞のみを死滅させる様子

(以下略、続きは引用元でご覧下さい)

» 続きはこちらから
1 2 3