アーカイブ: 小児性愛犯罪

トランプ大統領付きのハワード・ブラウン牧師が、ハリウッドやワシントンDCのエリートたちの悪魔崇拝を暴露 「この人たちは交霊会を行うのだ、この人たちは血を飲むのだ、この人たちは子供を生贄にするのだ」~何万年も続いている嫌悪すべき悪魔崇拝の儀式~

竹下雅敏氏からの情報です。
 トランプ氏は大統領選に勝利し、大統領執務室に入る前に、ホワイトハウスを徹底的に、霊的に浄化しました。ありとあらゆるものに聖水を振り掛け、祈りの力で悪霊を追い払う必要があったわけです。
 その浄化を行ったハワード・ブラウン牧師が、ハリウッドやワシントンD.C.のエリートたちの悪魔崇拝の様子を暴露したということです。“この人たちは交霊会を行うのだ、この人たちは血を飲むのだ、この人たちは子供を生贄にするのだ”と言っています。
 シャンティ・フーラでは、このようなイルミナティの儀式を何度も取り上げてきました。牧師は、“人の生贄と人肉嗜食は、長年、行われている”と言っていますが、旧約聖書を読めば、このような嫌悪すべき儀式が数千年にわたって行われてきたのがわかるはずです。
 エジプト文明では、アクエンアテン(アメンホテプ4世)が大胆な宗教改革を行いましたが、これは、神官勢力に蔓延った悪魔崇拝からの脱却だと見るべきなのです。アトランティス文明の崩壊を考えると、こうした悪魔崇拝は何万年も続いていると見て間違いありません。
 なぜ、このような悪魔崇拝がずっと続いているのか。理由の1つは、ほとんどの人がこのような情報を真実だと思わないからです。“ ディズニーランドでは、絶対に子供から目を離してはならない”という話を聞いても、ほとんどの人は、それを都市伝説が何かの類だと思って、真に受けません。
 しかし、下の記事にあるように、世界最大のインターネット・ペドファイル団が、警察の摘発を受けています。“拘束されたペドファイル団の会員のほとんどは、子供を性的に虐待する行為に、直接かかわっていた”と書かれていますが、捜査が進めば、子供を殺害している者たちが出てくると思われます。
 “続きはこちらから”では、そうした小児性愛犯罪の現場だったアリゾナ州のキャンプ場が発見されたとのことです。記事の後半に、このキャンプ場を所有しているComex社のことが書かれています。
 例によって、Comex社はクリントン財団に繋がっているとのことです。ハイチの地震では、ヒラリー・クリントンが暗躍し、ハイチの子供たちが多数行方不明になったと言われています。
 メキシコ大統領の息子が、性的暴行のための人身売買のハリウッド・カルテルの元メンバーだというのは、驚きであると同時に納得です。またこのような連中が、ジョージ・ソロスやロスチャイルド家と繋がりがあるというのも頷けます。
 こうした事実を見ると、なぜ、トランプ大統領がメキシコとの国境に壁を作ろうとしているのかがわかる気がします。メキシコから流入してくる移民のどのくらいものが、こうした人身売買カルテルと関係しているのか、想像しただけでぞっとします。
 そのトランプ大統領ですが、あべぴょんにG7サミットで、“私は君に2500万人のメキシコ人を送ることができるし、そうなれば君はすぐにも退陣になる”と言ったとか。
 悪魔崇拝と人身売買カルテルという背景を考慮して、トランプ大統領の発言を考えれば、その言葉の重みがよくわかります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
トランプ付き牧師:ハリウッドやワシントン DC のエリートはすべてサタン崇拝ペド
権力エリートはサタン崇拝儀式で子供の血を飲む
転載元)
(前略)
Jay Greenberg, www.neonnettle.com
June 14, 2018
(中略)
ドナルド・トランプ大統領に密接につながる牧師が、アメリカのいわゆる “エリート” の戦慄 すべき犯罪を暴露する、破天荒の声明を発表した。

Rodney Howard-Browne は、大統領執務室でトランプ大統領に対する“手載せ” の祈りを行ったことで、おそらく最もよく知られるが、この牧師が、ハリウッドやワシントン DC の最も権力者の座にある人々に対し、警告を発した。 https://www.huffingtonpost.com/entry/donald-trump-evangelical-leaders-ovaloffice_us_596680ffe4b0d51cda5fc4c1

ハワード-ブラウンによれば、“最高の地位にある” いわゆる“エリート”たちは、サタンを崇拝するペドファイルであり、人間を生贄にする儀式に参加し、子どもたちの血を飲んでいるという。
 (中略)
「これらの人々は悪魔に満ちています」・・・ 「これらの人々は忠告することさえできないのです」・・・「彼らはすでに魂を悪魔に与えています」・・・「わかりますか?」・・・ 「この人たちは交霊会(séance) を行うのだ、この人たちは血を飲むのだ、この人たちは子供を生贄にするのだ。 」
(中略)    
ネット上に掲載されたビデオで、ハワード-ブラウンは、こう付け加えた:―― https://www.youtube.com/watch?v=2cYCnvS7zT8

 「ハリウッドの最高レベルの人々は、子供の生贄儀式をやっています。

 「彼らは、幼い子どもの血を飲むのです。」

 「これは事実です。」

 「この次に暴露されるべきことは、ハリウッドから現れようとしている、そしてワシントン DC から現れようとしている、すべてのペドフィリア犯罪でなければならない。

 「人の生贄と人肉嗜食は、長年、行われていることです。」
 (中略)
ハワード-ブラウンは、そこで、ハリウッドで行われていると想定されているサタン儀式を、このように説明した:——

 「あなた方がスクリーンで見るハリウッド俳優の多くは、あなた方の知らないことだが、魔女を連れてきて、撮影セットそのものを使って、大交霊会を行うのです。そして彼らは悪魔どもに礼拝し、演じられようとする物の自分の役割を引き受ける前に、悪魔を自分の中に引き込むのです。

 (以下略)
————————————————————————
“7万のエリート会員” をもつ巨大ペド集団が警察の手入れを受ける
「レスキュー作戦」が 670 名の容疑者と、230 名の虐待された子供を確保
転載元)
(前略)
Daniel Jones, www,neonnettle.com
June 9, 2018
(中略)
 現在、世界最大と考えられる、7 万名までのエリート会員をもつ、巨大なインターネット・ペドファイル集団が警察の捜索を受けた、と安全保障関係局員は言っている。 http://www.neonnettle.com/tags/pedophile-ring

「レスキュー作戦」の一部であるこの手入れは、これまでに 30か国以上で、670 名の容疑者と、230 名の虐待された子供たちを確保しているが、現在、かなり多数の犠牲者が、安全な状態へ移されている。関係者たちは、現在も数か国で進行中のこの調査によって、184名が逮捕されていると言っ ている。
(中略)
拘束されたペドファイル団の会員のほとんどは、子供を性的に虐待する行為に、直接かかわっていたと考えられる。 AP通信によれば、容疑者には、スカウトのリーダー、教師、さらに警察官さえ含まれている。
(中略)  
米、オーストラリア、カナダ、イタリア、スペイン、それに英国をふくむ、13か国の法権力当事者たちが、この事件に巻き込まれていた、とユーロ警察は言った。
(中略)  
このセンターの Peter Daviesは、捜索が続くにつれて、逮捕はさらに増えるだろうと言った。
(以下略)

» 続きはこちらから

フランシスコ法王、児童人身売買と殺害に関与で逮捕か? …欧米に限らずほぼ例外なく、小児性愛犯罪と性目的の人身売買に関わっている腐敗した国家上層部

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の記事は、本当なのでしょうか。フランシスコ法王に逮捕状が出たというのです。情報提供者によると、6月21日の夏至の真夜中に、ジュネーブのノートルダム寺院で、フランシスコ法王が出席する悪魔カルト教の児童生贄儀式が行われるとのことです。
 引用元では、2009年と2010年の春に、フランシスコ法王は、儀式の中で2人の10代の少女を強姦したとのことです。バチカン内では、定期的に児童らを政治家や王族に提供し、大金を稼ぐ小児性愛犯罪組織があるようです。
 下の記事では、そうした小児性愛犯罪と人身売買を調査し暴露して来た、トミー・ロビンソン氏が投獄されたとのことです。引用元には、ロビンソン氏の拘束時の写真と思われるものが掲載されています。記事を見ると、逮捕・投獄は全く不当で、事実を知られることを英政府が恐れているのがわかります。
 要するに、こうした小児性愛犯罪に関与している各国政府にとって、この問題は致命傷となる事実なのです。欧米に限らず腐敗した国家の上層部は、ほぼ例外なく小児性愛犯罪と性目的の人身売買に関わっていると考えられます。
 日本が例外だとは、とても思えません。モデルやアイドルを目指す若い女性にAV出演を強制するような犯罪は、こうした巨大な犯罪ネットワークのほんの一部が、表に出て来たものだと考えた方が良さそうです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フランシスコ法王が児童の人身売買と殺害に関与したとして6月に逮捕されることになりました。
引用元)
(前略)
http://beforeitsnews.com/celebrities/2018/05/pope-francis-to-be-arrested-for-child-trafficking-homicide-2475400.html
(概要)
5月30日付け
(中略)
5月30日、フランシスコ法王に児童の人身売買と児童殺害に関与したとして逮捕状が出されました。警察は、6月21日にジュネーブで開催される世界教会協議会の会場にてフランシスコ法王を逮捕することになります。逮捕状は、インターポル(国際刑事警察機構)及びスペイン、アメリカ、ロシア、セルビアの警察と司法の承認を得ており、既決重罪犯の法王によって児童の安全が脅かされていることを考慮し速やかに逮捕することを求めています。

法王に対する逮捕状が出たのは、情報提供者が、国際慣習法裁判所(International Common Law Court of Justice)に対し、6月21日に(世界教会協議会が始まる直前)、法王率いるNinth Circle(第九サークル)の悪魔カルト教児童生贄儀式が行われると伝えたからです。
 (以下略)
————————————————————————
英政府 イスラム教徒の小児性愛犯罪組織を暴いたジャーナリストを投獄!
引用元)
(前略)
https://www.naturalnews.com/2018-05-28-citizen-journalism-tommy-robinson-jailed-under-secret-order-from-uk-government-total-media-blackout-issued-to-protect-muslim-pedophiles.html
(概要)
5月28日付け  
(中略)
イギリスで、イスラム教徒たちが行っている、小児性愛犯罪と性的暴力を目的とした人身売買について、粘り強く調査し、暴露してきた市民ジャーナリスト、トミー・ロビンソンさんに対して、英政府は、ソ連スタイルの秘密命令を下して彼を逮捕し刑務所に投獄しました。また英政府はメディアに対して報道管制を敷いたため、このことが報道されることは一切ありません。
(中略)
ロビンソンさんは逮捕された後に事実上起訴のないまますぐに刑務所に投獄されてしまい、法的防御を行うことも、証拠を提出することも、議論することもできなくなりました。
(以下略)

お金のためだけではなく、もっと不気味な動機から、子どもたちを性犯罪者に喜んで手放す里親施設

竹下雅敏氏からの情報です。
 イルミナティの犯罪を知っている者は、アメリカの里親制度が子供を誘拐する組織犯罪の道具であることを理解していると思います。
 記事によると、“子供たちはドラッグを飲まされて誘拐され、売春斡旋業者の手で売られている”とあります。問題は、子供を売っているのが里親施設、または集団ホームだということです。
 こうした犯罪行為に「子供保護局」が関与していて、親の親権を取り上げ、子供たちを無理やり施設に放り込むということが行われています。
 子供保護局と地元の学校の校長や役場の人間、そして弁護士などがグルになっているケースが多々あるようです。このように、組織的に子供が誘拐され、姿を消していくのです。
 記事では、里親施設が子供たちを性犯罪者に喜んで手放す動機が、単にお金のためだけではなく、“もっと不気味な動機から”と書かれています。
 イルミナティによる小児性愛犯罪や生贄の儀式のことを知っていれば、この意味は明瞭だと思います。
 残念ながら、日本でもこうしたことが起こっているようです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
米里親施設は、子供セックス取引を隠す手段であることが暴露
アメリカは里親施設を、性取引パイプラインを隠すのに利用している
転載元)
(前略)
Daniel Newton, www.neonnettle.com
 May 21, 2018

子供性取引は昔からはびこっていたが、インターネットが始まって以来、この問題のスケールの大きさがますます明らかになりつつある。

ほとんどの人が理解していないことは、アメリカが、里親制度を、性取引のパイプラインを隠す手段として利用していて、その実態が、いかにショッキングかということである。

 「行方不明および子供搾取全国センター」 (NCMEC)の調査によると、「2016年にNCMECに報告された、1万8,500名以上の、失踪し危険状態にある者たちの、6人に1人が、子供セックス取引の犠牲者となった疑いがある。これらのうち 86%が、彼らがいなくなったとき、社会サービス施設の中にいた。

子供取引を取り締まる、法執行機関の努力の結果は、一貫して、NCMECの見積もりを支持している。2013年のFBIの、70都市全国捜査では、犠牲者の60%が、里親施設または集団ホームから来ていた。 
(中略)
子どもたちはドラッグを飲まされて、誘拐され、現実の売春あっせん業者の手で売られている。それをしっかり頭に入れていただきたい。 https://wakeup-world.com/2018/05/18/evidence-suggests-americas-foster-caresystem-is-a-front-for-child-sex-trafficking/
(中略)
このシステムには「子供保護局」が含まれていて、それらは、子どもたちを親から引き離し、彼らを更に厳しい環境に置くことのできる、現実の権能をもっていることである。
 (中略)
里子は保護者にとって、より利益になる存在であり、あらゆる州は、里子の数が増えるごとに、連邦政府からもらうカネが増える仕組みになっている。 

これは確かに利益の衝突であり、おそらく、その動機から、あるいはもっと不気味な動機から、里子保護施設は、子どもたちを性犯罪者に喜んで手放すものとして知られている。そして驚くなかれ、何百という子供たちが、そう、何百人の子供たちが、毎年、里親施設から消えていなくなる。 

法律会社 Cohen Milstein のカウンセラーMichael Dolce は、里親制度と未成年者の性的虐待の間の統計的関係という、この不幸な現象をこう要約している:――

2012 年、コネチカット州警察は、88 人の子供をセックス取引から救出した。その86人は、子供福祉システムから来た者だった。 
そしてもっと驚くべきことは、FBIは、2014年の国家的な一斉手入れで、11歳の子供を含む多くの里子を、セックス取引業者から救出したが、子供福祉施設の責任者からの、子供の失踪の報告が一つもなかったことだ。

(以下略)  

SSP内部告発者の真実の告発内容〜子供たちが誘拐され、火星の植民地で性奴隷に!

竹下雅敏氏からの情報です。
 私は映画を観ないので、冒頭の動画が何かの映画を編集して制作されたものなのかどうかを知りません。映像は刺激的で、見て気持ちの良いものではありません。ただ、この動画の内容は、コーリー・グッド氏が暴露していた情報と一致しています。 動画のタイトルにもなっているSSP内部告発者のこの告発内容は、真実のものだと思います。
 動画の4分51秒では、“私は自分が仕える人々の本性を悟ったが、それがあまりにも遅すぎた”と言っており、その内部告発者は、自分たちが騙されてきたことを悟っているようです。
 その後、“私にまだ希望はあるのか定かではないが… ”と言っており、自分の行ってきたことを深く後悔している様が感じ取れます。私が見たところ、この内部告発者はまだ魂が残っています。なので、“希望は十分にある”というのが私からのメッセージです。
 昨日の記事で、元CIA捜査官ロバート・デイビッド・スティール氏のインタビューを取り上げました。氏は、子供たちが誘拐され、火星の植民地に送り込まれていることを暴露した人物です。
 時事ブログでは、2017年7月4日の記事7月9日の記事で紹介しています。下のTOCANAの記事では、2020年のアメリカ大統領選挙に出馬予定のアンドリュー・バシアゴ氏が、火星で見た巨大墓地について語っています。
 氏は、「ペガサス計画」に参加していたことで有名な人物です。ジャンプルームから、火星に直接移動したようです。詳細は、この記事をご覧ください。記事をご覧になると、コーリー・グッド氏の証言の通り、人類は既に火星に基地を所有しており、テレポーテーションも可能であることかわかります。
 それだけではなく、多くの子供たちを誘拐し、奴隷にしていたこともはっきりします。これらの秘密計画が、カバールともイルミナティとも言われる組織によって運営されていたことから、その実態はおぞましいものであったと推察できます。
 そうした中で、その組織の中にあって洗脳され、強制的に悪に加担させられてきた者たちも多かったのだろうと思われます。冒頭の動画は、そのことを強く感じさせると共に、もし、彼らが地球を支配していたら、どれほどおぞましい世界になっていたかを想像させます。
 幸いなことに、そのような世界にはなりません。彼らの中からも、この内部告発者のように正気を取り戻すものが出て来ます。暴露情報は、カオスをもたらさないように少しずつ公開され、最終的には全面開示になるでしょう。隠されてきた闇に光が当たり、彼らは逃げるところがなくなります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
“ 戦争の犬 ”(SSP 内部告発者)
配信元)
————————————————————————
【衝撃】「火星で大量虐殺された人間の死体を見た」次期アメリカ大統領選出馬の弁護士が暴露! 拉致された子どもは性奴隷に…
引用元)
(前略)

 2020年アメリカ大統領選挙に出馬予定の弁護士が、火星で見た恐怖の光景について語った。(中略)… アンドリュー・バシアゴ氏だ。

(中略)

画像は「バシアゴ氏公式サイト」より引用


 さて、そんなバシアゴ氏が暴露したのは、「火星の奴隷人間」の存在である。
(中略)… 2008年に出版された暴露本『The Discovery of Life on Mars(火星生物の発見)』において、バシアゴ氏は火星の赤道付近に位置するクレーターで見た驚きの光景を伝えている。

(中略)

そこには数百ものヒト型生命体の巨大墓地がありました。男も女も子どももいました。皆ブルーの制服を着ていましたから、おそらく同一組織の団体だったのでしょう。彼らが地球から拉致された地球人だと考えない方がおかしなことです。奴隷にされた子どももいたと思います」(バシアゴ氏)

(中略)

今年に入り、元CIA捜査官のロバート・デイヴィッド・スティール氏が、米人気トークラジオ番組「アレックス・ジョーンズ・ショー」で、バシアゴ氏をサポートする衝撃の暴露発言をしたのだ。
火星には植民地が存在し、20年前から地球で誘拐された子どもたちが火星に送り込まれています。火星に着けば、彼らには奴隷になる以外の選択肢がありません」(スティール氏)
 奴隷にされた子どもたちは、強制労働はもちろん、ペドフィリアらのための性奴隷、さらには血液や骨髄液を採取する目的で大量に虐殺されているというから驚きだ。

(以下略)

[プーチン大統領] 法王フランシスを公然と非難し、彼を「サタンに奉仕する者」だと暴露

竹下雅敏氏からの情報です。
 この記事は、強烈ですね。プーチン大統領が、フランシスコ法王のことを公然と非難し、“悪魔の使用人”と言ったとのことです。
 時事ブログでは、以前からフランシスコ法王は悪魔崇拝者であると断言しています。小児性愛事件での証拠も上がっていることをお伝えしています。
 2007年以降の天界の改革に並行して、2011年以降は地上でも変化が加速しました。フランシスコ法王は改革に積極的で、フルフォードレポートに於いても、好意的に見られていたと思います。
 フランシスコ法王もイエズス会の代表も、プラズマ体のレベルですが改心し、神々の計画に協力するはずだったのですが、その後、転落してしまいました。彼らが、今後救済される見込みはないと思います。
 プーチン大統領の発言は、このことを明確にしたものです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
プーチン:法王フランシスはサタンのために働いている
ロシア大統領ウラジミール・プーチンが、カトリック教会のトップを暴露
転載元)
(前略)

Jay Greenberg, www.neonnettle.com
January 5, 2018


プーチンが、法王フランシスを、サタンの手下だと暴露した(訳者:現実に面談したわけではない)





ロシア大統領ウラジミール・プーチンは、法王フランシスを公然と非難し、彼を「サタンに奉仕する者」だと暴露した。 http://www.neonnettle.com/tags/vladimir-putin

ロシアのリーダーは、公然と、カトリック教会のリーダーの正体を暴露し、彼はキリスト教信仰を代表する者でなく、彼の忠実な信徒を間違った方へ導く計画をもった、悪魔の使用人であると言った。 http://www.neonnettle.com/tags/russia

今再び、プーチンは、グローバル・エリートに立ち向かい、世界の市民を擁護することによって、世界がずっと前からもっている、最も洞察力ある、最も正直なリーダーであることを証明した。 http://www.neonnettle.com/tags/elite

(中略)

このロシア大統領の声明は、彼がクロンシュタットの、セント・ニコラス海軍寺院を訪問したときに発表されたものである。 https://antoniusaquinas.com/2017/08/07/vladimir-thegreat-sums-up-pope-francis-the-fake/

プーチン氏は、簡潔に、法王フランシスが何でないかを要約している:――

「もし彼(法王)が言っていることを見回してみるなら、彼が神の人ではないことは明らかである。

「少なくともキリスト教の神でなく、聖書の神ではない。

彼は、伝統的なキリスト教の価値を破壊しようと画策する、サタンに奉仕する者 だ。


(中略)

簡単に言えば、ホルヘ・ベルゴリオは、法王の仮面をかぶっている俗人にすぎない。

(中略)

法王フランシスが、プーチンや他の洞察力ある評者が言ったように、キリスト教の詐欺であるだけでなく、世俗的な問題でも、彼はネオ・マルクス主義者、“一世界政府”主唱者、国境開放と大量移民の推進者である。言い換えれば、まだ残っている西洋文明に対する、敵である。

プーチン氏は、彼の「世俗的な罪」を正確に説明している:――

「法王フランシスは、世界中の弱い人々、その地位のために彼を信頼する人々に対して、危険な、極左の政治イデオロギーを押し付けるために、自分の発言の場を利用している。

彼は、“一つの世界政府”と、地球的共産主義の抑圧のシステムを夢見ている。

「我々がこれまで、共産主義諸国に見てきたように、この制度は、キリスト教とは相容れないものである。」

(中略)
» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 16