アーカイブ: 小児性愛犯罪

ハーヴィ・ワインスタインをめぐる情勢で始まるワシントンD.C.の“ 汚泥の一掃”


竹下雅敏氏からの情報です。
 ハリウッドの大物プロデューサー、ハーヴィ・ワインスタインが映画界を追放されることになったということです。彼は自分の地位を利用して、女優やモデルを食い物にしていたということで、警察が調査に乗り出しているようです。
 この事件は、ビルおよびヒラリー・クリントンや、オバマ前大統領などの上層グループにまで及ぶ大きな事件のようです。
 トランプ大統領が記者団に対して、軍指導者たちとの会合について、“嵐の前の静けさ”と言った意味が、北朝鮮問題ではなくて、この事件をきっかけとして始まるワシントンD.C.の“ 汚泥の一掃”であることが、“疑いもなく明らかになった”としています。
 トランプ大統領がほのめかした“嵐”というのは、ただのハリケーンではなく、“ハリケーン「ハーヴィ」だった”わけです。これはうまい。
 ラスベガスの銃乱射事件は、彼らの死期を早めるだけだと思いましたが、やはりそうだったようです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
セクハラで捜査 米大物プロデューサー 映画界から追放へ
引用元)


(中略)...

映画「恋におちたシェイクスピア」や「英国王のスピーチ」など、数々のアカデミー賞受賞作品を手がけたハリウッドの大物プロデューサー、ワインスティーン氏は女優やモデルなどに対して性的な嫌がらせをしたとして、警察が捜査に乗り出し、被害者として、アンジェリーナ・ジョリーさんやグウィネス・パルトロウさんらの名前が挙がっています。

これについてアカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーは14日、ワインスティーン氏を除名することを決めました。

(中略)...

除名によって映画界から事実上追放されることになります。

(以下略)
————————————————————————
トム・ハンクス:ハリウッドはレイプと性的虐待文化に支配されている
“ワインスタインのような”エリート・レイピストはいくらでも
転載元)
(前略)

Jay Greenberg, www.nnettle.com October 13, 2017



トム・ハンクス:「ハリウッドは、ワインスタインのような、エリート・レイプ常習者だらけだ」

このベテラン映画俳優は、Harvey Weinsteinのような“あらゆる種類の”人々を知っていると言っている。
http://www.nnettle.com/news/2917-harvey-weinstein-investigated-by-uk-child-abuse-and-sexual-offenses-police

映画界の大物ワインスタインが、最近、性的虐待、連続レイプ、ペドフィリアでさえ告発の話題になっており、性犯罪を訴える人々がさらに雪だるま式に増えている。
http://www.nnettle.com/tags/sexual-abuse http://www.nnettle.com/tags/pedophile

ワインスタインは、ティンゼルタウン(ハリウッド)の真の少数政治家の一人で、彼の性的要求を受けるか否かによって、俳優たちの生殺与奪の権を握っている。

しかし、このプロデューサーの汚らしい権力は、ハリウッドの内部で終わらず、ワシントンDCの最も影響力あるプレーヤーの、上層グループにまで及んでいる。
http://www.nnettle.com/tags/hollywood

この性的捕食者は、民主党の最も大きなスポンサーの一人であり、ビルおよびヒラリー・クリントン、それに前大統領オバマと親交があり、昨年の大統領選では、ヒラリーへの最大寄付者の一人だった。
http://www.nnettle.com/tags/hillary-clinton http://www.nnettle.com/tags/obama

ワインスタインの告発者の多くは、恐怖から沈黙を守っていたが、告発がどんどん増えてきたので、犠牲者たちの喉にかかっていた氷の手が、ゆるみ始めたのだと言っている。

トム・ハンクスはおそらく、この事情を明らかにした、これまでのビッグネームの最大の人だが、彼は、ワインスタインの捕食的行動は、娯楽産業界で特別のものではないと警告している。

関連記事:「Brad Pitt:エリートのハリウッド・ペドフィリアたちが、アメリカを支配している」 http://www.nnettle.com/news/2316-brad-pitt-elite-hollywood-pedophiles-control-america-

NYタイムズとのインタビューの中で、ハンクスはこのスキャンダルを強調して、ハリウッドは、「ワインスタインと同じような、あらゆる種類の人々によって、支配されている」と暴露した。
https://www.nytimes.com/2017/10/11/style/tom-hanks-uncommon-type-harvey-weinstein-donald-trump.html

彼は、この男の捕食的振舞いは、映画産業エリートの中でも典型的なもので、ショー・ビジネスは、ある種の“レイプ文化”によって統制されていると述べた。

(中略)...

ビデオ https://youtu.be/SZugT30rOHc (ハーヴィ・ワインスタインは、オバマ・クリントン犯罪シンジケートに保護されている)

(中略)...

» 続きはこちらから

米海軍特殊部隊が数千のエリート・ペドファイル逮捕を確認したが主流メディアは無視

竹下雅敏氏からの情報です。
 数千人の高位の児童虐待者が逮捕されているという噂がありましたが、記事を見ると、事実のようです。情報を提供したネイビー・シールズの元隊員は、“政府のトップ役人が日常的に、サタン儀式のとき、幼い子供を拷問し殺している”と言っています。支配層の上層部は、そのほとんどがイルミナティであることを考えると、これは当然だと思います。
 私は講演会などで、こうした事実を10年以上前から指摘しています。時事ブログでも何度も取り上げました。しかし、一般の人たちがこうした事実を認識するのは、もう少し先になると思います。
 主流メディアは、この情報の暴露を最も恐れており、情報の隠蔽に懸命ですが、“独立メディアによって暴露されつつある真実のなだれを、避けることはできない”のです。いずれ人類は事実を知らされますが、その時にどう反応するかで、未来が異なってきます。正直に全てを告白し謝罪する者は、許さなければなりません。私たちは真実和解委員会という優れた例を知っています。その意味で、こうした情報が少しずつ広まっていくことには、意味があると思っています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
米海軍特殊部隊が確認:数千のエリート・ペドファイルが逮捕
主流メディアはエリート・ペドフィリア団の逮捕を無視  
転載元)
【訳者注】ペド関係の記事が多く、7 カ月も見逃していたこの貴重な一編を、遅ればせながら紹介する。状況は 7 カ月前と同じであろう。逮捕者が現在も続々出ているらしいことは、他の記事からわかる。メディアもこれを暴くことは当分ないだろう。(中略)… どこのメディアであろうと、この大犯罪を隠すことによって完全に犯罪者である。関係者はよく心得られたい。  
 
Jay Greenberg
March 1, 2017, www.neon-nettle.com
 
  
エリート・ペドファイル団の、主流メディアによる全面的報道管制が続いている一方で、アメリカの Navy SEAL(海軍特殊部隊)の一員が、メディアの沈黙にもかかわらず、何千人という高位の子供虐待者が逮捕されている事実を、画像音声つきで確認した。
http://www.neon-nettle.com/tags/paedophile-ring
http://www.neon-nettle.com/tags/child-abuse

退職ネイビー・シール隊員 Craig Sawyer は、ワシントン DC のペドフィリア・ネットワー クと真っ向から取り組むと誓い、トランプのペドゲイト捜索の約束は守られている、ただ報道されないだけだ、と語った。
http://www.neon-nettle.com/tags/donald-trump
http://www.neon-nettle.com/tags/pedogate

ソーヤーは、高位の連邦警察官や情報局員たちと組んで仕事をしており、独自の独立調査を行ってきた。ここから彼は、政府のトップ役人が日常的に、サタン儀式のとき、幼い子供を拷問し殺していることを発見した。
 
彼は、社会メディアや主流メディアの、この情報を抑圧しようとする熱心な努力にもかかわらず、独立メディアによって暴露されつつある真実のなだれを、避けることはできないと言っている。
 
今こそ人々が目覚めて、すべての人々へのメッセージを携えて、行動すべき時だと彼は言う。

「我々は何かをしなければならない——我々は、アメリカ市民として、大人の責任を果たさなければならない。」
 
ネイビー・シール隊員クレイグ・ソーヤーとのインタビューの写し

我々は、Veterans for Child Rescue(子供救出のための老兵団)という非営利組織をつくり、我々の子供をかっさらっている、ハイレベルのエリート・ペドファイル団を暴露するための、お金を集めています。彼らのある者は、サタン儀式をやっており、幼い子供、よちよち歩きの子供を、拷問して死なせているのだ。
http://www.vets4childrescue.org/

私は、ハイレベルの情報を、連邦警察官や情報局共同体から得ている。1 月以降、3,000 名以上の逮捕があった。我々の現在の大統領は、有難いことに、子供が強姦され拷問されて殺されても OK という人ではない。

これらの逮捕の進行と同時に、私はそれについて少しずつ学習している。たとえば、報道を拒絶する主流メディアの門番を巻くには、私は独立していなければならないことがわかった。
https://youtu.be/Ty1ibQV_Gjk (元ネイビー・シール:ペドファイル・エリートを引きずり下ろせ)

私の使命は、アメリカの市民に、彼らが知らされていないことを教えることだ。

私は、これらの子供に対するこうした行為を、許さない環境をつくり、今後、子供たちのためのより良い環境をつくろうと思っている。

我々は何かをしなければならない。

私は、ハイレベルの情報局退職者や、非常に有能な退職軍人の、仕事の能力を集めている。

そこで我々は、このドキュメンタリーを撮影し、この腐敗の汚水溜めに光を当て、これを清掃しようと思っている。

アレックス・ジョーンズに話して、我々の組織の創設のことを知らせた直ぐ後で…。

私は役人たちから電話をもらい、この組織を攻撃しようとしているグループが 2つあることを知った。

私は、彼らが何をしているかを明らかにするために、この攻撃をやらせようと思っている。

社会メディアは、私が手を出すのを抑えようとしている。

一般からの募金のサイトは我々を駄目にしてしまった。しかし、我々は毎日、ますます多くの支援をハイレベルの役人たちから得ている。

これは草の根運動であり、急速に成長している。
https://youtu.be/v4DoKUta9Mc (ほとんどの人々は、トランプや退職軍人などの回りに、ペドフィリアの許容に反対して集合できるだろうか?)
                          
——以上

[創造デザイン学会]英エリートたちが、合意年齢を12歳に引き下げる新法を求める 子供の性合意年齢の改定は“被害者非難”のためだと、怒り爆発

竹下雅敏氏からの情報です。
 先程の“真の愛”の表現を見た後で、このような記事を取り上げるのは嫌になりますが、これが現実なのです。この世界では、愛の対極にある性暴力に満ちています。映画や、いかがわしい動画で表現されている性行為のあり方は、まさに性暴力そのものだと言って差し支えないものだと思います。
 訳者の方も言っておられるように、“恐ろしいのは、「なし崩し」ということ”で、完全に歪んだ性的堕落としての性暴力を“性愛”として表現することで、人々は今や、本来の性愛のあり方を見失ってしまいました。
 イギリスでは、“合意年齢を12歳に引き下げる新法が提案”されたということです。昨日の記事は、合意年齢は7歳だというのが、あるカトリック司祭の見解でした。こうしたことからわかるのは、社会の指導者層に、まともな人間がほとんどいないという事です。彼らは単なる変態ではなくて、悪魔崇拝者だと考えるべきなのです。
 はっきり言える事は、彼らはその価値観や行動から、人間とはみなせないという事なのです。レプティリアン(爬虫類人)という概念は、彼らを少し理解しやすいものにします。彼らは悪魔の手下だと考えるべき者たちですが、今や完全に滅ぼされる時が近づいています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
英エリートたちが、合意年齢を12歳に引き下げる新法を求める 子供の性合意年齢の改定は“被害者非難”のためだと、怒り爆発
転載元)
【訳者注】「ペドフィリア文化などというものが、あるものか! 大袈裟な!」と言っていた人々は、これで信じていただけるだろうか。これはイギリスの話だが、政界全体が、“合意” の定義を曖昧にして、エリートの側に立とうとしている様子が伺える。 恐ろしいのは、「なし崩し」ということで、我々の知らぬ間に、犯罪が徐々に認められ、 常識となり、文化になっていく。もともと(NWO と一体の)共産主義の重要な柱「家族制度の廃止」は、性的堕落を通じて神の世界を乗っ取ることである。サタンは、どんな神学者より神学をよく知っており、それを逆手にとって利用する狡知をもっていると言われる。プーチン大統領は明らかに、伝統的な、宗教的価値観に基づく家庭を重んじ、崩壊の方向に流 れようとする西側を警告している。

http://www.dcsociety.org/2012/info2012/170831.pdf

イギリスの首相はずっとエリートの側に立っており、メイ首相のこの発言も、加害者保護の 立場に立っている。

http://www.neonnettles.com/features/968-british-pm-theresa-maypedophiles-should-be-allowed-to-adopt-children-too

Jay Greenberg, www.neonnettle.com
September 18, 2017
 


英司法長官 David Lidington はペドフ ァイルの犠牲者を守 ると約束した。 右は、ペド疑惑をか けられている元英首 相エドワード・ヒー ス(1916-2005)


 12歳という子供の年齢が、ペドファイルとのセックスに合意するに十分な年齢だとする新しい法が提案されて以来、英国エリートたちによるこの法改正への新しい運動が、一般大衆の大きな怒りを買っている。  

この新しい法の改正は、子供性虐待の犠牲者が、彼らが“合意した”という理由で、加害者を法的に訴えることができないようにするために、考え出されたものである。

http://www.neonnettles.com/tags/child-abuse

(中略) 

この新しい改正案は、“ バーナード被害者支援団体”のような子供保護慈善団によって、激しく叩かれた。彼らは、エリートたちが、自分たちの恐ろしい犯罪をノーマル化しようとして、「犠牲者非難」を狙っているのだと言っている。

現在のところ、成人が16 歳以下の子供と関係をもつのは違法である。

(中略) 

イギリスのロザラム(Rotherham)グルーミング・スキャンダルの、最も著名な生き残りの 一人 Sammy Woodhouse は、この改正指導書を「嫌悪すべきもの」だと言った。「これはひどい話です。私はそんなものを絶対に信ずる気はない。私はこの運動を続けるつもりです。だから明日、デイヴィド・リディントンに電話します」と、彼女は言った。

ロザラム選出議員の Sarah Championは、これは「軽蔑すべきもの」だと言い、法務長官にアドバイザーが必要だと言った。

(以下略) 

ニューヨークのカトリック司教が聖職者によるレイプを擁護「子供たちが求めている」「男の子に責任がある」

竹下雅敏氏からの情報です。
 2つの記事は、ニューヨークのカトリック司教ロバート・カニンガムが、レイプされた子供も共犯者であり、“罪を犯した”のだと主張したとのこと。7歳の男児について話しながら、 「この男の子に責任があるのです。」という、気が狂いそうなレイプ魔擁護の詭弁です。
 何とかこの司教の言い分を理解しようとすれば、次の例えがわかりやすいかも知れません。女性にレイプ被害を訴えられた男性が、“合意の上での性交渉だった”と釈明している状況です。合意の上でホテルに入りそこで関係を持って、何年も経ってから、あれはレイプだったと女性から告訴されたというわけです。要するに、男性の言い分は、自分が被害者であるというものです。
 この司教が言っているのはそれに近いことで、7歳の男児と性交渉を持った司教は、合意の上での性交渉であり、このような罪を犯したとすれば、それはすでに分別のある7歳の男児もまた共犯である、というものでしょう。要は、合意のもとでの行為であり、レイプではないと言いたいわけです。 
 ただ、この司教は犠牲者となった男児達たちを「共犯者」と呼んでいることから、ペドファイル聖職者側にも罪がある事は、認めているように思えます。
 インドでは、今でも時々、幼児婚のニュースが出て来ます。悪魔崇拝者の最終目標は、小児性愛を合法化することだと思いますが、将来、どこかの国の大統領が自分は小児性愛者であることを告白し、民衆は勇気ある告白としてそれを讃えるというような、胸が悪くなるような未来を予感させます。このような暴挙に敢然と立ち向かっているのが、プーチン大統領だということは、理解しておいてください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
カトリック司祭:“子供たちはレイプを求めている”!
ペド僧侶の犠牲者は、性的虐待を受けた罪があると主張
転載元)
(前略)
  
Jay Greenberg, www.neonnettle.com
September 17, 2017  
 
    
ニューヨークのあるカトリック司教は、ペドファイル聖職者の犠牲者たちは、「子供たちがレイプを求めている」のだから、自分自身を責めるよりほかないと主張したことで、ごうごうたる怒りを買っている。
http://www.neonnettles.com/tags/pedophile

Robert Cunningham 司教は、ある子供が、シラキュース教区の何人かの聖職者たちによって、性的に襲われたと主張した訴訟における証言で、ショッキングなコメントをした。
 
カニンガムは、この非難を犠牲者に押し返そうとし、教会の会衆を前にして、聖職者によってレイプされたその子供は“罪を犯した”のだと主張した。
 
問題の 7 歳の男児について話しながら、彼は言った——

この男の子に責任があるのです。
 
この証言の中で、カニンガムは「この男の子に責任がある」と言っただけでなく、犠牲者たちを「共犯者」だと呼び、「 それは彼らが望んでいること」で、彼らが「それを求めたのだ」と言った。
 
Patheos によれば、カニンガム司教は、シラキュース教区の聖職者たちに、子供のとき性的に虐待されたというある男性の起こした、連邦訴訟に対する 2011 年の証言でも、この嫌悪すべき主張を行った。 http://www.patheos.com/

しかしこの見下げ果てた発言が公表されたのは、今月初めになってからだった。
(中略)
“聖職者による虐待経験者ネットワーク”の会長 David Clohessy はこう言った——
「子供時代の性的暴行の犠牲者に対して、彼または彼女がトラウマをもっているのは自分のせいだと主張することは、私が一人の人間から想像しうる、最も非人間的なことだ。 殊にそれが司教のような、十分に教育を受けた者であればなおさらだ。」
Cohessy は付け加えた——
法廷の証言というものは、とっさにする発言とは正反対のものであることを、覚えておくことが重要だ。
(中略)
事ここに至れば、カトリック聖職者のメンバーが言ったりしたりする、どんなことにも、驚くべきではなくなる。

関連資料:「 30 人の子供をレイプした HIV 感染のペドファイル聖職者が、教会によって赦免される」
http://www.neonnettles.com/features/891-pedophile-priest-with-hiv-whoraped-30-children-forgiven-by-church

戦慄すべき犯罪が、弁護され、教会僧職者メンバーによって罪を問われなかった事例は、数えきれないほど存在する。
 
そして、いつものように被害者は子供である
» 続きはこちらから

[創造デザイン学会]プーチン:家庭の価値を破壊しようとする NWO を滅ぼす のは私の義務

 ペドフィリアに闘いを挑む世界皇帝プーチンは、ペドフィリアのような異常セックスを武器とするNWOを破壊するために、「家族の価値を守りぬく」ことが彼の義務であると述べました。これはこれまで、竹下先生がくり返し述べられたことと一致しています。
 いよいよ世界は、家族の価値を見直す時代に入っていくのでしょう。そのためには、西洋文化に根ざすキリスト教の道徳的価値を思い出せと言っているようなのですが。しかし、そこはどうかなあ?
 キリスト教は極端に性を嫌悪するために、反動で変態に走る聖職者もいるわけで、もう一方の悪魔集団の変態とあまり変わりがないのが実状です。
 家族といえば、夫婦間の愛がもっとも大事であり、それには映像配信の「夫婦」でくわしく紹介されているアーバン博士の「愛のヨガ」が必修です。夫婦が正しいセックスの方法を学んで愛を育めば、NWOおすすめの変態が闊歩する場所など、地球上のどこからも消えてなくなるでしょう。
 夫婦の方たち、がんばって!!
(ぴょんぴょん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
プーチン:家庭の価値を破壊しようとする NWO を滅ぼす のは私の義務
――ロシア大統領が、エリートたちは社会を破壊するために、セックスを利用していると指摘
転載元)
【訳者注】プーチンは、自分の脇腹(国境沿い)に武器を突きつけられながら、この戦争の本質を底の底まで知っており、これを解説者のように説明している。武力の戦いは起こるかもしれないが、それは表面にすぎない。その本質は内面の戦いであり、堕落した者が、世界の人々を巧妙に操作して骨抜きにし、自分の狙う方向へ導こうとするものである。
(中略) 

Daniel Newton, www.neonnettle.com December 30, 2016 
ロシア大統領ウラジミール・プーチンは、家庭の価値を貶め、地球社会に対し、セックスを武器として使おうとしている New World Order を、破壊すると誓約した。

プーチン――「現在、国家の責任者として、私は、伝統的な諸価値と家庭の価値を守り抜くのは、私の義務だと考えています。」

プーチンはまた、最近、西側のエリートたちが、家庭の価値を放棄するもう一つのやり方として、ペドフィリアをノーマル化しようとしていることを厳しく非難し、彼らは「過激で誇 張された“政治的正しさ”」を一つの文化にしようとしているが、それは、もし手を打たな ければ、西洋文明を破壊してしまうものだと言った。
http://www.neonnettle.com/features/652-putin-new-world-order-is-normalizing-pedophilia-in-the-west-

プーチンは、家庭の価値を守り抜くのが彼の義務だと言い、New World Order のイデオロギーの息を効果的に止めた。(オリヴァー・ ストーンの映画「プーチン・イン タビュー」より)



[訳者]ここから、リンクされたページの、プーチン演説の内容を紹介する。

4 時間の質疑応答の中で、プーチン大統領は、西洋は伝統的な諸価値を棄てつつあり、堅固なキリスト教的価値に基づく未来の建設を放棄してしまった、と言った。 彼は、自分の国や世界の状況を説明し、「国家の主権も、そのアイデンティティも、神に創られた多様性も奪う」New World Order を志向する、国際的な強い動向があると言った。この目標に達するために、西側エリートたちは、彼らの社会がその上に建てられている、根本を拒否し始めたと言う。

    「多くの西側国家は、西洋文明の根幹であるキリスト教を含む、自分自身の根を否定し 拒否する方向を取りようになりました。こうした国々では、道徳的基礎と伝統的アイデ ンティティのすべてが、否定されつつあります――国家的、宗教的、文化的、そして性別のアイデンティティまでが、否定され、相対化されつつあります。そこでは政治が、家族と多くの子供たちを、ホモセクシュアルな仲間と同等なものとして、(法的に)扱っています。

    「これらの国の“政治的正しさ”の極端さと誇張が、ペドフィリアのプロパガンダを進める党派の合法性を、真剣に考えさせるようになります。

    「ヨーロッパの多くの国家の人々は、実は、彼らの宗教が何であるか言うのを恥かしく 思い、それどころか言うのが恐ろしいのです。」

プーチンは、この状況が西洋文化ではあまりに極端になり、人々は「神への信仰はサタンへの信仰と同じだ」と教えられていると言った。それを否定するのは“政治的に正しくない”リスクを冒すことであり、それは我々の時代では大きな犯罪なのだ、と。

    キリスト教の祝日や行事は、廃止されるか、“中立的に”改名されています――あたかも、こうしたキリスト教の祝日が恥ずかしいかのように。こうすることで、人は、これらの祝祭行事の、より深い道徳的価値を隠しているのです。」

    「そしてこれらの国々は、このモデルを他の国まで、地球全体に押し付けようとしているのです。私は、これは、文化の堕落と原始への退行に、直接つながるものと確信しています。これは西洋の民衆の、より深い道徳的危機へとつながるものです。(西洋における)生殖能力が失われること以上に、人間社会の道徳的危機の、確かな証拠があるでしょうか?」

西洋諸国は、生殖的に生き残ることができない。

    「今日、ほとんどすべての西洋“先進”国は、生殖の観点から見て生き残ることができず、移民の助けを借りてさえできません。

    「キリスト教や他の世界宗教に根づく道徳的価値なしに、何千年もかけて形成され発達してきた道徳的価値なしには、人々は不可避的に人間の尊厳を失います。
 

プーチンは、西洋的価値を守ろうとするロシアの決意について、弁解はしなかった。「そして我々は、これら道徳的価値を弁護し永続させることは、正当で自然なことだと考えます。」

一世界政府を作り出そうとする試みについて―― 

プーチンはまた、主権国家すべての廃止を狙う、一世界政府樹立の試みがあると警告している。これは結局は、「自分のアイデンティティの放棄」と「神の創った多様性」を失うことにつながる。

    「西側における国家レベルでのこのプロセスと同時に、国際レベルでは、世界の一極的な、統一モデルを作り出そうとする試みが見られるようになるでしょう。それは国際的な権利と国家的な主権の違いを、失くしてしまうためです。」

    「このような統一された一極世界においては、主権国家の存在する余地はありません。そのような世界に必要なのは、従僕国だけです。」

    「歴史的な観点からは、そのような一極世界は、自分自身のアイデンティティと神の創った多様性を、放棄することを意味するでしょう。」
 

――以上
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 13