アーカイブ: 悪魔崇拝

[YouTube]マ○ドナ○ドへの血の生贄

竹下雅敏氏からの情報です。
 “宇宙への旅立ち”さんのブログで、この動画が取り上げられていました。ブログの方はわかりやすくまとめられていますが、閲覧注意です。かなりショッキングな画像がいくつか添付されているので、覚悟してご覧になって下さい。
 この動画は、ユダヤ教のラビが、あからさまに自分たちの行っている事を喋っているもので、その内容は初めてこのインタビューの内容を聴いた者には、到底信じられないものです。しかしこれまでシャンティ・フーラの時事ブログで取り上げた数々の事件そして証拠を考え合わせると、ここで語られているラビの言葉は事実だと考えた方が理に適っていると思います。
 中国の食品加工会社のひどい有様を見て、マクドナルドの肉はミミズならずっとましだと思っていたのですが、この動画の内容を見ると、それどころではないということがわかります。これが事実であるとわかったら、世界は大混乱になるだろうと思います。事実関係の確認が必要な、極めて重要な内容だと感じます。時間の無い方は、1分36秒〜2分3秒、4分9秒〜5分58秒をご覧ください。
最後に動画の説明文にもあるように、このような事を意図的に行っているのは、“一部の悪魔崇拝カルトのユダヤ人たち”なのです。このことはローゼンタール文書の最後の部分に、次のような言葉をハロルド・ローゼンタールが発していることから、わかります。
「我々は神の選民だ…、ほとんどのユダヤ人は認めたがらないが、我々の神はルシファーだ。…ルシファーは今も活発に生きている。」
 すなわち、ほとんどのユダヤ人はこの動画で語られている様な事実を知らないのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
マ○ドナ○ドへの血の生贄
転載元)


2014/08/23 に公開
ユダヤとありますが、一部の悪魔崇拝カルトのユダヤ人達であって、全てのユダヤ人に該­当するのではありません。そのことを忘れないでご覧下さい。

[日本や世界や宇宙の動向]ロビン・ウィリアムズはコメディで成功するために悪霊とチャネリングをしていました。

竹下雅敏氏からの情報です。
 芸能人が有名になろうとすると、男女に関わらず体を売らなければならないケースがほとんどであることは、日本も海外も変わりないと思います。ジャ○―ズなどはそうした噂が絶えません。アメリカで特に顕著ですが、有名になろうとすると体だけではなく魂まで売らなければならないようです。もちろんこれはイルミナティに入会して、悪魔の儀式に参加し、彼らと契約を交わすということになります。
皆さんもよく御存知のように、マドンナやレディー・ガガを始めとする多くの芸能人・ミュージシャンが悪魔崇拝者です。この記事の写真のビヨンセもそうです。レディー・ガガのステージはイルミナティのイニシエーションの儀式を象徴的に再現していると思われ、このような儀式は、本質的に身体的にも精神的にも虐待と言えるものなので、彼らのほとんどがマインドコントロールされた多重人格者なのです。逆に言うと、心を分裂させ、多重人格の中に逃げ込まないと生存することが出来ない程、恐ろしい儀式と虐待を受けるのです。
こうした中で、彼らは精神を病んで行き、この記事にあるように、悪魔の声に苦しめられるようになります。しかし16日に紹介した記事のように、その声は実は悪魔ではなく、分裂した自身の内面の声である可能性があります。
いわゆる専門家と称する人は、助けにならないでしょう。彼らを救えるとしたら、先の動画のような真の瞑想に依るか、またはフリッツ・スプリングマイヤー氏のようなこの分野に熟知した、しかも本当に誠実な人に助けを求めるしか方法が無いでしょう。しかしそれではほとんどの人が途方に暮れてしまうと思います。そこで真の神に救済を求めることを勧めます。
シャンティ・フーラではこうした救済のために、心身と魂の両方を救済するための日輪の写真を用意しています。他の方法が無いと思われる方は、これらの写真をぜひ使ってみてください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ロビン・ウィリアムズはコメディで成功するために悪霊とチャネリングをしていました。
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/home/featuredlist/featured.html
(概要)

8月14日付け:
他人を笑わすコメディーアクターのロビン・ウィリアムズがなぜ自殺しなけらばならなかったのかについて誰もが疑問に思っています。
しかし彼を苦しませ自殺に追い込んだ影の支配者を知る人はあまりいません。

ロビン・ウィリアムズは、生前、姿を変えることができる悪霊を呼び込み、ステージの演技に助力してもらっていたことを認めました。
ウィリアムズは、他の有名なセレブと同様に、悪霊の助力なしには、これほど有名にはなれなかったでしょう。

(ロビン・ウィリアムズ)

(ロビン・ウィリアムズ)



さらに悪魔勢力は彼の演技にかなりの悪影響を与え、その結果、彼は悪魔に高い代償を払う結果となりました。1999年に行われたUSウィークリーのインタビューに答えたウィリアムズは:

「まさに、私は悪魔に憑依された。突然、ステージで悪魔が私に憑依した。そして、演技中にとてつもないエネルギーを得た。私は悪魔に支配されてしまった。昔は悪魔を呼び込みたくて仕方がなかった。悪魔は自分に力を与えてくれる。憑依されると人格がガラッと変わる。まるでジキルとハイドのようだ。以下省略」と語っています。

なぜこのように悪魔は芸能人を使いたがるのか。。。悪魔の最終目的は。。。神に反逆する人間を増やすことです。そのために、芸能人を介して悪魔の力や闇の世界を世界に拡大しようとしているのです。

ウィリアムズが敬服したジョナサン・ウィンターズも死去しています。
彼が払わなけらばならない代償は大き過ぎました。ウィリアムズのアイドルだったウィンターズが死去したように、ウィリアムズも同じような原因で死去してしまいました。ウィンターズも富と名声を得るために悪魔の力を活用しました。その結果、彼は常に悪魔に支配され苦しむことになったのです。

ウィンターズは耳元で常に消えうせろと叫ぶ悪魔の金切り声を聞き、悪魔に24時間付きまとわれていたそうです。ウィンターズは、人気絶頂期に、自らの意志で8ヶ月間精神病院に入院しました。彼は重度の鬱病を患い、酒浸りになりました。

ロビン・ウィリアムズはホームドラマの俳優として有名でしたが、下品な舞台コメディアンとして最も有名な存在でした。悪魔に憑依された彼が舞台に立つと、ジキルとハイドの状態になり、コメディーという名を借り、観客を闇の世界に招き入れました。

彼は、舞台に立つと躁病になり、ひわいな言葉を使って暴言を吐き続けました。また、道理に反する性行為、違法麻薬、アルコール依存を賞賛していました。
ウィリアムズの演技が悪魔に支配された結果だということを知らない多くの観客は、彼の演技を観た後に大変なショックを受けました。

多くの有名なミュージッシャンと同じように、多くのコメディアンも名声を得た後に、彼らを苦しめ続ける悪魔の奴隷となり、高い代償を払わなければならなくまります。

» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]ユダヤ人と世界宗教に対する正しい理解と霊的真実〜エノク、アッラー、マイトレーヤ、イエス、クリシュナ、仏陀

竹下雅敏氏からの情報です。
 多くのユダヤ人が、悪魔崇拝者のラビたちに洗脳されているという事はあるかも知れませんが、この記事のように、ほとんどのユダヤ人がルシファー崇拝者であるというのは、事実に反していると思います。私の直観では、アシュケナージ・ユダヤ人で悪魔崇拝者は5%くらいです。セファルディ・ユダヤ人にはほとんどいません。ただこうしたユダヤ人が良識のある善良な人たちかというと、それはそうではありません。やはり善良な人たちというのは、宗教、国に関わらず、わずかなのです。
 ラビに洗脳されているユダヤ人は、キリスト教信者のイスラエルに対する支持を失いたくないので、自分たちがイエスのことを神の子だと信じておらず、救世主だとも思っていないことは、口にしません。彼らはイエスをペテン師と言い、売春婦の子とまで呼んでいます。ユダヤ教は旧約聖書のみを信じており、新約聖書を認めません。したがって旧約の神こそが彼らの神であり、唯一の神なのです。これはユダヤ教神秘主義者が、大天使メタトロン(エノク)を崇拝することと一致しています。旧約の教えは、エノクによってもたらされたものだからです。
 これまで私は、エノクをレプティリアンの王と表現して来ました。したがって旧約の神を信じる人たちというのは、基本的には悪魔を崇拝していると考えても良いのかも知れません。しかし、彼らがこのようなことを理解しているわけではなく、大部分のユダヤ教徒は、旧約の神を唯一の神だと信じていると思います。
 キリスト教徒はどうかというと、旧約と新約の神は同一の神で、その名をヤーウェ(エホバ)と考えています。旧約がエノク主導で書かれたものとすれば、新約はマイトレーヤ(弥勒菩薩)主導で書かれたものなので、新約と旧約は異なる神とも考えることが出来ますが、実際は地球ハイアラーキーの指導者がエノクからマイトレーヤに引き継がれたということなので、同一とも考えられます。同一視する場合は、エノクとマイトレーヤが仕えていた世界主サナト・クマーラが唯一の神と考えなければ、整合性が取れません。これならばイスラム教徒が唯一の神をアッラーと言っていることにも矛盾が無くなります。
 神智学徒が主張している通り、イエスはマイトレーヤによって救世主として送り込まれた存在で、預言者であり神の子ではありません。さらに言うとイエスの師であるマイトレーヤですら神ではなく、人間に過ぎないのです。仏や菩薩という東洋の概念は、神々ではない者たちが、自分たちを神々以上に権威ある存在として誇示するために作り出した概念です。マイトレーヤはこの概念によれば菩薩ということになります。
 さて、この記事の著者はおそらくキリスト教徒だと思われ、イスラム教徒のように、唯一の神を崇拝しているのではなくて、イエス・キリストを父なる神と一体と見て崇拝していると思います。先に説明したように、イエスは神の子ではなく人間です。預言者としてマイトレーヤによって準備されたということに過ぎません。多くのキリスト教徒にとって受け入れ難いことだと思いますが、これが事実なのです。
さらに言うと、イエスはその後の転生において、悪魔崇拝に陥り、レプティリアンの王・エノクを信奉する悪魔に堕ちてしまったという事実です。これが、神智学徒が主張している第6光線の覚者・イエス大師なのです。フリッツ・スプリングマイヤーは、賢明にもこのイエス大師を含む神智学のマスターたちをすべて悪魔だと断定していますが、それは正しい見解です。ただし彼は一方で悪魔と戦うために、強くイエス・キリストに祈るという矛盾した行動を取っています。ただこうしたことは何ら問題になりません。要は彼の心根が善良で、人として正しいか否かが問われているだけなのです。
 先に名前を挙げた全ての者たち(フリッツ・スプリングマイヤーを除く)は、現在完全に消滅しており、存在しません。人々がそれぞれの信仰に従って、アッラー、イエス、クリシュナ、仏陀、その他の者に祈ったとしても、真の神が人々の願いを受け取るので、何も問題はありません。人々の混乱と誤解は、少しずつ消えて行くことになると思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
アシュケナージ・ユダヤ人とは。。。どんな連中?
転載元より抜粋)
http://www.jimstonefreelance.com/luciferian.html
(概要)
以下の記事はアシュケナージ・ユダヤ人の悪事を明らかにしたものですが、だからといって私はユダヤ人全員に反感を持っているということではないことをはっきり言っております。
世の中には善良なユダヤ人も多くおり、その方たちには尊敬の念を抱いています。私のウェブサイトのトップで紹介しているWhatreallyhappened.comのサイトはとても善良なユダヤ人が運営しているサイトです。

以下は悪いユダヤ人の悪魔的行為を明かす記事ですが、内容はほんの一部にすぎません。

闇の世界の最も深い闇の部分を少し明らかにします:

全てのアシュケナージ・ユダヤ人がルシファーを信仰しており、彼等は子供の生贄を行い、審判の日を否定し、Kol Nidreの祈りを捧げます。大部分のセファルディ・ユダヤ人も同様であり、ルシファー信仰は明確にアシュケナージ・ユダヤ人の問題だけではないことが分ります。以下の内容は私が何年にもわたり調査してきた結果、明らかになったことです。

私が始めてルシファー信仰とは何かを垣間見たのは、モルモン教の少女(通常、モルモン教はこのような事に関わりを持ちません。)に出会った時です。彼女の両親は彼女を殺人が行われている生贄の儀式に強制的に参加させたのです。

このような特殊なカルト教団体は、ホームレスの人々を見つけてはハロウィーンの日に殺害しているのです。少女はこのような儀式に参加した後、恐ろしくて引きこもってしまいました。

私が次に会ったルシファー信者は、1990年代に私が所有していたコンピュータ修理会社で働いていた従業員でした。彼は私に多くの事を話してくれました。
神や善が実在するなら、悪魔も悪も実在するのです。ルシファー信仰はユダヤ人に限ったことではないということが分かります。

私は彼等に”許し”について訊いてみました。すると彼等は、”許し”などは存在しないし、審判の日もないと何度も私に言いました。そして、彼等は、どんな状態で死ぬのか、どのような資産を築いたのか、どのようにして人生を成功させたかは、死後も自分自身のものであり、どのようにそれらを獲得したのかは問題ではないと言いました。彼等がこのことを話してくれたのは、彼等が私を信用したからです。

ユダヤ人は富は神聖なものであると考えています。彼等はビル・ゲイツをアイドル化しています。そしてロスチャイルドは彼等の神として崇められています。彼等は、貧乏人に対して、貧乏人は富を得たり、富を正しく使う資格がないと神が見下しているからだと考えています。つまり貧乏であればあるほど人間としての資格がないと考えているのです。

私がビル・ゲイツや彼が推進する不妊ワクチンについて話した時、彼等は、ビル・ゲイツがそうしているなら、それは神聖なはずだ、なぜなら、 神は彼にお金を与えて、そのようにさせているからだ、従って、彼は神が意図する通りに正しくお金を使っていることになる、と答えました。

その後、私は彼等にビル・ゲイツがどのように全ての物を盗んだかを話しました。つまり、彼はDosやIBMを盗んだのです。彼はWordPerfect社に侵入し、あらゆるものを盗みました。ビル・ゲイツは他社のハードディスクを奪い、自社の製品に名を変え、他社のデータを自社のデータに置き換えながら乗っ取り、あらゆる会社を潰していったのです。

ビル・ゲイツが行ってきたこのような悪行を彼等に話しました。すると、彼等は、神がビル・ゲイツにそのような事させているのだと答えたのです。また、ビル・ゲイツは、彼が盗んだ人々よりもより神聖な存在であり、偉大な人物だ、彼の行っていることを称賛すると言ったのです。

従って、ユダヤ人は、金儲けができるなら、泥棒をも称賛するということです。これこそ悪魔の本性であり、ルシファーの教えです。

» 続きはこちらから

[Raelianews他]「異教徒の精子では野蛮な子が生まれる」と言っているユダヤ教のラビ

竹下雅敏氏からの情報です。
 この写真の男をユダヤ人と言ってはいけません。彼はシオニストであり、偽ユダヤ人の悪魔崇拝者なのです。この連中が言っている事を聞いて、まともだと思う人がどの位居るのでしょう。彼によると、ユダヤ人以外の人間は劣等な遺伝子を持つようです。また、父親がユダヤ人でなければ、その子は冷酷で野蛮だということです。ですから、ここから彼らの論理を解釈すると、最も優秀な民族であるユダヤ人を敵として攻撃を仕掛けて来るパレスチナ人は、冷酷かつ野蛮な民族であり、神の名に於いて殲滅して良いということではないでしょうか。
 このように考えるだけではなく、現在実行しているところを見ると、彼の言う神とは、間違いなく悪魔のようです。ユダヤ教の神秘思想家たちは、大天使メタトロン(エノク)を崇拝しており、彼は言わば神の名代として過去にイスラエルの民をエジプトから脱出させたと信じています。私はこの大天使メタトロン(エノク)こそレプティリアン(爬虫類人)であると指摘してきました。大天使メタトロンはいわゆる旧約の神に仕えているわけですが、その神とはいまやルシファー(悪魔の頭)であることが明らかとなりました。ルシファーとは具体的に誰なのかが問題ですが、おそらく旧約聖書のアダムとイブの子であり、最初の殺人者カインであると考えるのが、最も筋が通っていると思います。新約聖書でキリストがユダヤ人をかたるパリサイ人に対して“まむしのすえども”と呼んだ意味が、ここにあります。秘教の伝統では、悪魔はカインの子孫なのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
「異教徒の精子では野蛮な子が生まれる」と言っているユダヤ教のラビ
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

――――――――――――――――――――――――
ユダヤ教ラビが、ガザのパレスチナ人の全滅を許可
転載元)
6f7cbf60510b9574cd3333c39074b148_XLユダヤ教の聖職者であるラビ、ドブ・ライオルが、ガザ地区のすべてのパレスチナ人の殺害の教令を出しました。

ニュースサイト、パレスチナ・アルヤウムによりますと、「シオニスト入植地キリヤト・アルバのユダヤ教のラビ、ドブ・ライオルは23日水曜、人道に反する人種差別的な教令の中で、ガザ地区の全ての人々の殺害と彼らの住宅の全壊を求めました。ドブ・ライオルはまた、ガザ地区全域を空爆し、この地区に対する電気と水の供給を停止するよう強調しました。
これ以前に、ユダヤ教のラビ4人がパレスチナ人の殺害の許可を出していました。


イスラエル軍による、16日間に渡るガザ地区への攻撃により、これまでに、数千人のパレスチナ人人が殉教、又は負傷しています。
» 続きはこちらから

[日本や世界や宇宙の動向]フランシスコ法王が有罪判決を下されました。

竹下雅敏氏からの情報です。
 イルミナティによる悪魔の生贄儀式については、これまで陰謀論としてよく言及されて来ました。それが事実であったことが示されたのです。文末の加害者のリストを見れば、これまでシャンティ・フーラの時事ブログでお伝えして来たこうした内容のことがらが、事実であったとわかるでしょう。この裁判で有罪判決が下されたとは言え、これらの人物が収監されるわけではありません。なぜならこうした事件やその判決内容に関して、まだほとんどの人が知らないからなのです。
欧米各国で、この記事の内容が周知の事実となれば、王室が存続出来るとは思えません。要するにこのような悪人が存続出来るのは、人々の無知や無関心のゆえなのです。世界をより良くするには、ありのままの事実を多くの人が知る必要があるのです。
 さて文中に“バチカンには悪魔がいる”とありますが、バチカンをコントロールしていたのは、イエス大師(新約聖書の主人公イエス・キリストのこと)なのです。イエスに仕えていたバチカンの要職に居た者が悪魔崇拝者なわけで、主人であるイエスがレプティリアンだというのは、実に筋が通った話ではないでしょうか。一般の神父や司祭そして信者の人たちは、聖書の物語の虚構によって、約2000年もの間、騙されて来たということなのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フランシスコ法王が有罪判決を下されました。
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/celebrities/2014/07/pope-francis-found-guilty-of-child-trafficking-rape-murder-2465728.html
(概要)
7月20日付け

pope-654

7月19日に、被告である、フランシスコ・ローマ法王、イエズス会総長のアドルフォ・ニコラスそして英国教会カンタベリー大主教のジャスティン・ウェブリーは、強姦、拷問、殺人そして児童の人身売買の罪で有罪判決が下されました。

ブリュッセルにある国際普通法裁判所の5人の判事は、彼らの手でこれらの犯罪が2010年まで行われてきたことを事実と判断しました。

昨年の3月以来、裁判所は48人による目撃証言を得ました。彼らは、子供たちを犠牲にした悪魔の生贄儀式を執り行うカルト=第9サークルのメンバーとして被告らがどのような犯罪を行ってきたかを証言しました。

第9サークルの悪魔カルトは、モントリオール、ニューヨーク、ローマ、スコットランド、ロンドンにあるローマ・カトリック寺院や、ウェールズのカーナボン城、オランダにある秘密のフレンチシャトーそしてカナダのカムループ、ブリティッシュコロンビア、ブラントフォード、オンタリオにあるカトリック系の学校と先住民の学校で子供たちを犠牲にした生贄儀式を行ってきたとのことです。

第9サークルの悪魔生贄儀式カルトメンバーは、欧州王族を含むグローバル・エリートのために、アメリカ、カナダ、フランス、オランドにある個人所有の森林地帯で人間狩りのパーティを行っていました。マフィアによって調達された(拉致されてパーティ会場に連れてこられた)十代の若者たちは、パーティで裸にされ、強姦され、追いかけられて捕まえられ、最後には殺害されました。

主任検察官は、カトリック教会は、世界中のマフィア、政府、警察、裁判所と結託した世界最大の犯罪組織であると述べました。

2人の若い女性は、「フランシスコ・ローマ法王は子供の生贄儀式中に、彼女たちを強姦した。」と裁判所で証言しました。さらに8人の目撃証言によって、ローマ法王が子供の生贄儀式中に女性を強姦していたことが証明されました。2009年と2010年の春にオランダとベルギーで第9サークルによる悪魔の生贄儀式が執り行われていたとのことです。

» 続きはこちらから
1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13