アーカイブ: 悪魔崇拝

ロスチャイルド家が権力を維持するために対ロシア戦争を準備 〜背後で霊導していたグループは、神々の指示に従う組織に / 都合の悪い情報開示を拒み続けたスフィア・アライアンス〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 記事をご覧になると、NATOがロシアに対する戦争の準備をしているのがわかると思います。マスコミに載らない海外記事の“アメリカCIA支局と化すドイツ連邦情報局(BND)”では、“ドイツ政府は対ロシア戦争をする準備をしており、ロシアを敵国だと宣言するドイツ連邦軍報告書草稿もある”とあります。記事では、“ロシア国境あるいは国境付近への軍隊や兵器の大規模投入”を、NATOの“ロシア侵略の準備”と見ています。
 こうした動きは、ロスチャイルド家が権力を維持するための交渉条件として行われているものだと思いますが、実は、こうした動きを背後で霊導しているグループがあったのです。それは、コーリー・グッド氏が紹介した古代地球離脱文明7グループの中の“8ポイントのゴールドの星が付いた馬蹄形、オメガのシンボル”のグループです。彼らはヨーロッパの政治に大きな影響を与えており、今日の編集長が取り上げた“スイスの鉄道トンネル開通式”の記事の悪魔崇拝儀式の背後に居ます。ある意味で、イルミナティのこのような悪魔崇拝儀式は、このグループに対する忠誠を誓うものとも言えます。
 このグループですが、今日の昼過ぎに幹部連中が処刑されました。肉体ごと滅ぼされたので、残党は驚愕し、神々の指示に従うことにしたようです。7グループの中で、結果的にこのグループが神々の指示に従う最初のグループになったのは皮肉です。おそらく近い将来、残りのグループも指示に従うようになるでしょう。
 もう一つ重要な出来事が、今日の午前3時頃にありました。宇宙聖白色同胞団の大師たち1,000名が肉体ごと滅ぼされました。このことで、指導部は一新され、神々の指示に従う組織に変わりました。彼らが滅びたのは、情報の全面開示を地球に関わる者たちには求めながら、自分たちに都合の悪い情報の開示を拒み続けたからです。この連中は、コーリー・グッド氏の言葉では、スフィア・アライアンス(球体連合)と言います。
 こうした情報はシャンティー・フーラ以外では、出ないと思われるため知らせておきます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ペンタゴン:ロシアは60時間でバルト諸国を占領する
転載元)
米国防総省のマイケル・カーペンター次官補は、ロシアと米国の間で武力紛争が発生した場合、ロシア軍は60時間もかからずNATO軍の防衛を突破し、タリンとリガを制圧する、と述べた。ウィークリースタンダードの報道をポータル「ルースカヤ・ヴェスナ」が伝えた。

この言葉を分析センターランド・コーポレーションが2月に行った調査も裏付けている。センターの専門家はその報告書の中で、NATOは脆弱なメンバー国を保護できるような防衛能力を持っていない、と記した。

ロシアがバルト諸国に対する侵略を決定した場合、明らかに、距離と時間の面でロシアが優位性を持つことになる」とカーペンター氏。

————————————————————————
ラヴロフ外相、ロシアはNATO加盟国に攻撃などしない
転載元)
© Sputnik/ Ramil Sitdikov

© Sputnik/ Ramil Sitdikov


ラヴロフ外相は、ロシアはNATOのいずれの国にも攻撃をしかける気などないとの声明を表した。リアノーボスチ通信が報じた。

ラヴロフ外相は、これは責任のある政治家であれば全員がわかっていることだと語っている。

「シリアスで誠実な政治化であれば、ロシアが北大西洋条約機構のいずれかの国に攻撃を仕掛けることなどないことはよくよく分かっていると確信している。そうした類の計画は一切ない。NATO内でもこれは明確に理解されていると思うが、単に国境に大型軍事機器や大隊を配備し、そこから米国が従来どおり全員を監視するための言い訳に使われているだけだ。

————————————————————————
NATOはロシアに対する「グローバル攻撃」を準備しているNATOはロシアに対する「グローバル攻撃」を準備している
転載元)
ロシア上院(連邦会議) 防衛安全保障委員会のフランツ・ クリンツェビチ第1副委員長は、ロシアに対する「グローバル攻撃」のための拠点を準備するために、NATOが欧州にある旧ソ連の軍事基地に部隊を配置していると述べた。インターファクス通信が伝えた。

ロシア、北朝鮮の核プログラムに「過剰に」反応しないよう求める
クリンツェビチ氏は、「彼らには、グローバル攻撃と呼ばれるものの概念の枠内で重要な計画がたくさんある。NATOはバルト諸国、ルーマニア、ポーランドにある我々の古いソ連の基地を復興させ、そこに人々を配備している」と述べた。

クリンツェビチ氏はまた、ロシア参謀本部は国境近くでのNATOの活動に関連した状況を追っていると指摘し、「もちろん我々は、NATOの活動がどのように発展するのかを考慮して(戦闘手段を)別の方向へ移動させ、(部隊を)向かわせる。そしてもちろんこれはまず、ミサイル防衛システムが置かれている国々を脅かしている。我々はこれを隠さない」と語った。

スイスで世界最長・最深の鉄道トンネル「ゴッダルド・トンネル」が開通 6カ国の首脳も参加した開通式が悪魔儀式そのもの

 2016年6月1日にスイスで全長57.1キロの世界最長・最深の鉄道トンネル「ゴッダルド・トンネル」が開通、その式典があまりに異様だったため話題になったようです。ハフィントンポストでも「…"赤面もの"の開通式もヤバかった」と紹介されています。式典にはドイツのメルケル首相、フランスのオランド大統領など、6カ国の首脳と抽選で選ばれた500人が参加したようです。
 動画の30秒〜3分28秒では、開通式の異様さが分かりやすく編集されています。8分00秒からは、式典に出てくる「山羊頭」の男を紹介し、"サタニズムを公に外面化"させたもので"ヤギ男が儀式の頭となり全員が彼に敬意を表した"と解説しています。9分15秒からは、小さな角をつけた女性達が「私達の神はヤギ男」と言っていることを紹介しています。さらに10分29秒では女性がヤギ男に対して「これで あなたは世界の王様です」と言っていることを紹介しています。
 このようなあからさまな悪魔崇拝的な開通式になっているのは、トンネルの名前にもなっている「ゴッダルド峠」にも理由がありそうですが、悪魔崇拝者を喜ばせるための余興の他に何か違った意図があってやっているのか気になります。
(編集長)
————————————————————————
アルプスの悪魔儀式 // 世界最長鉄道トンネル開通式
配信元)

[Sputnik]米俳優イライジャ・ウッドがハリウッドの小児性愛について告白 / 「マンチェスター・ユナイテッド」の選手 あまりにも高額な年俸に不満 〜まともな感性と対極にある発想〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 世界が確実に変化していることを感じさせる記事です。ハリウッドでは、影響力のある人物の小児性愛が続けられていることを暴露しています。ここでの影響力のある人物とは映画関係者だけではないはずで、政治家はもちろん、おそらく聖職者や有名スポーツ選手なども入っていると思います。なぜなら、イルミナティの内部告発者にそうした証言があるからです。ある種の幼稚園は、そのために運営されているものがあるほどです。
 ディズニーランドの噂を聞いたことがあるかも知れません。そこでは、親は絶対に子供から目を離してはいけないと言われています。小児性愛はバチカンでもイギリスでも大変なスキャンダルになっています。もはや隠し切れないでしょう。いずれ人々はこうした事柄が続けられていた背後に悪魔崇拝組織が存在することを知ると思います。イルミナティは、その一つです。
 下の記事は、1月前のものですが大変印象に残っているもので、いつかこうした選手が出て来るものと信じていました。私は以前、松井秀喜やイチローがこうした主張をしてくれるのではないかと期待した時期があったので、このような選手が出て来ると考えたのは、ずいぶん前だったというのがわかります。たった1人こうしたまともなことを主張する選手が出て来るだけで、世界は大きく変化するのです。当たり前のことに気付く人たちが増えるからです。まともな選手は好きでスポーツをしており、お金のためにしているのではありません。生活するのに困らなければ、必要以上のお金はかえって負担になるのです。
 あらゆる分野でこうしたまともな感性の人々が増えてくることで、世界は変化して行きます。こうしたまともな感性の対極にあるのが、“宝くじでも当てて一攫千金で、後は左うちわで悠々自適の暮らしをしよう”という発想です。どれくらい地球人がこの邪悪な、あるいは怠惰な物の考え方に染まっているかを考えると、恐ろしいものがあります。健全な人は、自分の才能を生かし喜びを持って働くことで、社会に貢献したいと思っています。棚ぼたで得られるお金など必要としません。ましてや賄賂を渡そうとする人間に対しては、“バカにするな”と言ってお金を突き返すはずです。そう考えると、この世界がいかに歪んでいるかがわかると思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
米俳優イライジャ・ウッドがハリウッドの小児性愛について告白
引用元)
© Flickr/ Gage Skidmore

© Flickr/ Gage Skidmore


ハリウッドでは映画スタジオの影響力のある人物では小児性愛が大いに流行っている。「指輪物語」のフロド・バキンズ役で有名なハリウッド俳優のイライジャ・ウッド氏が「サンデータイムズ」紙に明らかにした。

ウッド氏は自分が幼少のときにそうしたセクシャルバイオレンスにあわないですんだのは、母親が映画界の代表者らが催すパーティーに自分をいかせなかったからだと語っている。ただし、他の未成年たちはそうした偏愛者の犠牲となった。

「これは全て仕組まれたことだった。この産業部門には頭の中は自分の関心だけといったいやらしい人間は少なくない。」

ウッド氏によればこうした性犯罪は続けられている。それは犠牲となった人たちが権力の下にいる人間と同様に大声でものをいえないからだ。

ハリウッドの大物たちが謳歌している小児性愛についてこうした告白が行なわれたのは初めてではない。テレグラフ紙が報じた。

――――――――――――――――――――――――
「マンチェスター・ユナイテッド」の選手 あまりにも高額な年俸に不満
引用元)
© Sputnik/ Vladimir Pesnya

© Sputnik/ Vladimir Pesnya


イングランドのサッカークラブ「マンチェスター・ユナイテッド」のミッドフィルダーでスペイン代表メンバーでもあるフアン・マタ選手が、年俸があまりにも高額だとして不平を述べ、自分の生活は異常だと指摘した。

マタ選手は「他の世界への敬意にもかかわらず、我々は到達不可能な、信じられないようなお金を稼いでいる。私はシャボン玉の中に住んでいる。私の友人は現実の世界に住んでいる。彼は働く必要がある。失業した場合には手当を受け、仕事が見つかるまで転々としなければならない。これが普通の生活だ。サッカー選手としての私の生活は、普通ではない」と語った。

27歳のマタ選手は、「私はサッカーがビジネスになったことが気に入らない。私はサッカーが好きだ。私は練習や試合が好きだ。もしビジネスがサッカーにこれほど影響を与えないのであれば、私は喜んで減俸を受け入れるだろう」と述べた。

マタ選手の「マンチェスター・ユナイテッド」での「週給」は、約14万ポンド(約20万1000ドル)。契約は、2018年夏まで結ばれている。

アメリカで販売されているバーガーの中に人間のDNAが… ユダヤ教のラビ「マ⚪︎ド⚪︎ルドは我々のお気に入りの販路」

竹下雅敏氏からの情報です。
 アメリカで販売されているバーガーの中に、ネズミだけではなく、人間のDNAも含まれていたとのことです。ただ、合格規制範囲内だとすると、製造中の混入の可能性が高いと思います。
 しかし、以前の記事で紹介しましたが、マクドナルドは、どうも人肉バーガーを提供しているらしい。この時の記事では、“検察官らが…立ち入り検査したところ、工場の冷凍室に人肉と馬肉が保管されている…全米のマクドナルド工場と店を検査したところ、殆ど(90%)の工場と店で、人肉入りバーガーが…使われていた…FBIエージェントによると、最悪なことに…子供の肉を使っていた”とあります。
 下の動画は、以前紹介したと思いますが、ユダヤ教のラビが子供たちを生贄にして血を抜き取り、肉はハンバーガーにすると言っています。“マクドナルドは我々のお気に入りの販路”だというのです。
 日本でも、2014年の8月に大阪の店舗で販売したフライドポテトに、人の歯が混入していたとして、ニュースになりました。
 その下の動画では、こうした代々の悪魔崇拝カルトの家系の女性が、証言をしています。彼女自身が幼い頃から両親に儀式への参加を強制され、彼女は多重人格になっています。この女性のような、加害者であると同時に被害者である人たちが、相当数存在すると思われます。彼らは正直に過去の行いを告白すれば、許されるべきだと考えます。彼らはまず治療が必要なのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
アメリカで販売されているバーガーにネズミや人間のDNAが!
引用元)
http://www.thedailysheeple.com/study-finds-human-dna-and-other-anomalies-in-american-burgers_052016
(概要)
5月11日付け

hamburger-wikimedia

(前略)

Clear Labsと呼ばれる食品検査会社がアメリカで販売されている258種類のバーガーを検査したところ、バーガーの中に良く言われているネズミのDNAだけでなく合格規制範囲内で人間のDNAも含まれていたことが分かりました。
検査会社は、バーガーの肉から人間のDNAが検出された理由について、バーガーを製造中に爪、髪の毛、皮膚が混入したのではないかと推測しています

(以下略、続きは引用元でご覧下さい)

――――――――――――――――――――――――
マ○ドナ○ドへの血の生贄
引用元)


1:40〜1:57
今でもこの国だけで年間10万人、30万人もの子供達を動かなくさせているんですよ。そして血を排出させて、過ぎ越し祭りのパンと混ぜるんです。そして体は我々が所有する屠殺場に捨てるんです。それらの体を全部混ぜてソーセージやハンバーガーに入れているんですよ。マクドナルドは我々のお気に入りの販路ですね。

――――――――――――――――――――――――
ビッキー・ポーリンの証言~ユダヤ悪魔崇拝虐待生存者
引用元)

[竹下雅敏氏]米人気歌手プリンスは殺された? プリンスの性癖と音楽業界の闇 〜人間の本質は妻や恋人に見せる顔で決まる〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 米人気歌手プリンスが死亡したというニュースは、もちろん知っていましたが、時事ブログでは取り上げませんでした。なぜなら、私が何かコメントをすると根拠の無い誹謗中傷と受け止められかねないからです。しかし、今回このニュースが出て来ました。
 欧米社会、特に米国では、世界的な人気歌手ともなると、まず100パーセントに近い割合でイルミナティだと言えます。彼の写真を見ると信じられない位穢れた腐敗臭がするので、その性癖が相当におぞましいものであると容易に想像出来ます。今回、そうしたおぞましさの一端が、彼の元恋人の証言から浮かび上がって来たということです。
 こういうニュースを見る度に思うのは、どんなに有名になり、富を得て、美しい恋人を所有したとしても、幸福とはまったく無縁だということです。人間の本質というのは、世間の人々に見せる顔ではなく、最も近しい妻や恋人という肉体関係を持つ相手に見せる顔で決まるものです。それが檻、クサリ、ムチという変態だったわけで、いかに心が屈折しているか、病んでいるかがよくわかります。
 要するに、彼は正常な人間関係を結ぶことが出来ない病人で、癒しが必要だということなのです。恋人ですら動物扱いしか出来ないのです。このような者が、救世主としてある特定の分野において王子(プリンス)として君臨する世界が、愛や調和とは無縁の世界であるというのは、誰でもわかるのではないでしょうか。
 そうした人物ほど信者を集めたがり、組織の中で独裁者として振る舞うのです。最悪のケース、悪魔崇拝による儀式殺人に至るでしょう。
 さて、今回彼が死亡した件ですが、この元恋人の証言からも推測出来るように、彼は殺されたと考えています。おそらく日々強まる地球上の光に耐えかねて救済を求めていた彼は、仲間から裏切り者と見なされたのだと思います。元恋人の証言から、音楽業界の闇が浄められることを望んでいます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
急逝プリンスの性癖を元カノ暴露「24時間、奴隷だった」
引用元)2016年4月28日 日刊ゲンダイDIGITAL版
「秘密の地下部屋は檻、クサリ、ムチといったテーマに分かれていました」

 4月21日に急逝した米人気歌手プリンス(57=本名プリンス・ロジャーズ・ネルソン)の性癖が尋常ではなかった。英デーリー・スター紙は25日、元恋人シャーリーン・フレンドさんの証言として、プリンスの性癖の特異性を伝えた。

 フレンドさんが18歳だった1989年、プリンスに処女を捧げた後「24時間、ずっと性の奴隷でした。地下のテーマごとに分かれた部屋では連日、性行為が繰り返されました」と告白。

プリンスはセックスパーティーを開くのも好きでした。さらに自分がメシア(救世主)だと信じてもいました

 プリンスの臓器の一部はいま死因特定のために検視に回されている。

 ポップ界のプリンスは夜の世界でもプリンスだった?