アーカイブ: 政治

[カレイドスコープ]「子供の甲状腺の検査はするな!」露骨さ増す国策の陰で

竹下雅敏氏からの情報です。
 三田医師には何らかの形で圧力がかかるとは思っていましたが、診療報酬が無くなるという形になるとは驚きました。こうした卑劣な行為が世間一般に広まれば、逆に彼らにとって痛手になるのでしょうが、メディアもネットもコントロールされている現状では、なかなか難しいところです。結局誠実に生きている人が“狙い撃ち”にされてしまうわけです。これほど卑劣な安倍政権を支持する連中が居るというのは信じがたいことですが、この人たちは今後永久に騙され続けるのでしょうか?
 文章からは、放射能被害に関して大変詳しい管理人の方の悲哀を感じます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「子供の甲状腺の検査はするな!」露骨さ増す国策の陰で
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[芳ちゃんのブログ]ワシントン政府は人間性を阻害する最悪の敵だ

 ポール・クレイグ・ロバーツ氏が暴く米国の「民主主義」の現状です。ジェレルド・セレンテ氏と同じくロバーツ氏も“ワシントン政府は専制政治が示すであろうすべての兆候を示している”として、その実例を多く紹介してくれています。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ワシントン政府は人間性を阻害する最悪の敵だ
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[産経ニュース他]オバマ大統領「国賓」なのに迎賓館宿泊せず 異例の対応…日程も難航

竹下雅敏氏からの情報です。
 ここまで馬鹿にされいじめられているにも関わらず、日米同盟の深化と言っているわけで、もはや政治家の言葉は何の意味も無いということだと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
オバマ大統領「国賓」なのに迎賓館宿泊せず 異例の対応…日程も難航
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

————————————2点目————————————
あまりにも日本を軽視したオバマ大統領の訪日
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[田中龍作ジャーナル]「積極的平和主義は時々戦争そのものになる」 首相のオトモダチが仰天発言

竹下雅敏氏からの情報です。
 記事内容はもちろんなのですが、写真が絶妙で、この疫病神じゃなかった…死神でもなかった…ねずみ男(女)じゃない、長谷川氏の本質がこの1枚でわかります。最後の赤字にした部分がすべてではないかと感じます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「積極的平和主義は時々戦争そのものになる」 首相のオトモダチが仰天発言
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[日刊ゲンダイ]鳥インフル対策よりゴルフを優先させた安倍首相の“非常識”

竹下雅敏氏からの情報です。
 森喜朗首相時代、えひめ丸衝突事故の際ゴルフをしていたということが非難され、退陣に追い込まれました。森首相以降、総理の質は急激に劣化して、現在ではこの程度の不祥事では居直って、誰も辞めなくなってしまいました。
 ただ安倍首相の高い支持率には疑念を感じています。不正選挙で権力を掌握したのは明らかなので、支持率も恐らく数字をごまかしているだろうと考えます。国民は生活に直結する部分に関してはかなり敏感なので、消費税増税の後も高い支持率というのは考えにくいのです。
 国民が真相を知れば、建前上であれ民主主義の世界では、すぐに革命に近い変革が起こります。それなのに事実を知ろうとする努力を一切しないで、不満を社会や政治家のせいにして、果ては特定の民族や集団への怒りという形でしか表現出来ないのは、愚かなことだと思います。その悪しきパターンに気付いて自らが変わらない限り、本当に良い社会は来ないということです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
鳥インフル対策よりゴルフを優先させた安倍首相の“非常識”
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 40