アーカイブ: 新金融システム

18/12/24 フルフォード情報英語版:再起動を目指す休暇中の欧米文明

 来たる世界規模での金融リセットに向けて、米軍が世界各地から撤退し、軍事法廷の準備が進み、犯罪人が次々追い詰められています。正式に始動する時期としては、2019年5月ではないかとフルフォード氏は睨んでいるようです。
 将来は天体の動きに沿ったカレンダーになっていくようですが、そこに地上の四季折々も組み合わせ、旧暦暮らしがメジャーになるといいですね。
 今年も最後の一日となりました。どうぞ皆さま佳いお年をお迎えくださいませ。表向き悪が一掃されずとも辛抱強く、輝ける希望を胸に、来年を素晴らしい年にしてまいりましょう。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
再起動を目指す休暇中の欧米文明
投稿者:フルフォード

クリスマスはイエスの誕生日ではありません


高位の複数の情報源からもたらされた数多くの兆候や裏付けは、欧米文明の再起動が2019年に向けて計画されていると示唆している。例えば、【冬】休み中の米国政府閉鎖に、【メキシコとの間の】壁を建設する云々は一切関係ない。全ては金融の再起動と、もうすぐ【開かれる】軍事法廷とに関係しているのだ。

しかしながら訪れようとしているのは、米国政府を乗っ取り、破産させた犯罪者連中の一斉検挙を遥かに越えたもの――一神教が抱える諸問題の修正である。

今日は12月24日のクリスマス・イブということで、この祝日の背後にある歴史的な真実を人々に思い出してもらう良い機会だ。イエス・キリストがいつ生まれたのかは誰も知らないというのが事実であり、そこで初期のキリスト教教会は古くからの太陽の新しい年を祝う日を乗っ取り、太陽とイエスを入れ替えた。

ようはこういうことだ:太陽が最も北の地点で沈むのが12月21日の冬至。そこから3日間、太陽は同じ場所に沈み、12月25日にはより南寄りで沈み始め、太陽の新たな年が誕生したことを記す。

よってキリスト教教会は、イエス・キリストやキリスト教の素晴らしい教えを如何なる形であっても否定することなく、人々にクリスマスの真相を告白し、知らせるべきなのだ。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

【※すみません、理系じゃないので自信がないのですが、中東であろうと北半球なので、日の出・日の入りが最も北寄りとなるのは夏至ではないかと……で、冬至が最も南寄りですよね? そいで3日間全く同じ地点にいる訣ではなく、翌日から徐々に北へと移動している筈では。
まぁ、古くから日照時間の短い冬至が、分り易く一年の区切りとされてきたのは揺るがない話なので、焦点はそちらで。】

一方、ユダヤ勢は排他的なハヌカ―を祝うのをやめるべきだ。そして、太陽の新たな年を祝うのは完全にコーシャー【=カシュルート】なことだと自覚すべきだ(まぁ、太陽を造ったのは創造主ではないと考えているのなら別だが)。

何にせよ、キリスト教徒とイスラム教徒の皆さんにはメリー・クリスマス、そして残りの皆さんにはメリー・“サン”マス【=素敵なサン(太陽)の祝日を】。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

こういった問題は、天体の動きに合わせていたカレンダーの元の姿に立ち返ろうという議論とも合わさって、新年における幅広い【トピック】の公開談話の一部分となるだろう。というのも世界権力の最上層では、エルサレムの神殿を再建設して、あの街を国際的なフリー・ゾーン【=自由地帯】に変えるという計画にゴーサインが出されたのだ。それ故、2019年は歴史の教科書に刻まれる一年となる可能性が高い。

» 続きはこちらから

18/12/17 フルフォード情報英語版:世界金融の裏トップ、ペル枢機卿がクビにされ、大いなる変革が近付いている

 13家系が支配する300人委員会のトップが、エリザベス女王から代替わりするとの話題です。ただ、本人たちが被害者づらして、「悪い奴には我々もホント困ってまちゅの~、これからは皆で平和に暮らしましょうね~」とかほざいているので、「ちょっと何言ってるか分かんない」状態。とりあえず、まずは100年くらいグアンタナモで頭冷やしてから一昨日来い。
 今回偉そうに出してきた声明、どーでもいい専門用語で煙に巻く部分が多くて超イライラします。平易な言葉で語れないということ自体、彼らには支配する能力が欠如している証左かと。マケイン(=処刑)されちゃっても、惜しむような知性ではないことを自ら露呈してくださって助かりますわ。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
世界金融の裏トップ、ペル枢機卿がクビにされ、大いなる変革が近付いている
投稿者:フルフォード

裏の金融世界に激震


先週、ジョージ・ペル枢機卿は児童に対する性的虐待を巡って、オーストラリアの法廷で有罪とされた。次いで、フランシスコ法王がペルは“年輩”だとの理由でクビにするに至った。
https://www.americamagazine.org/faith/2018/12/12/cardinal-pell-top-advisor-pope-francis-found-guilty-historical-sexual-offenses

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

これは裏の金融世界においては大変なニュースである。なにせペルはバチカンで金融問題を任されていた人物なのであり、それ即ち、世界の大半の首脳陣を密かに操っていたことになるのだから、とP2フリーメイソンやCIA筋は言う。

というのも、世界の大半の首脳陣が権力の座に就いた際には、バチカン銀行の行員がやってきて、驚異的な金額を記した通帳を手渡すのだ(大国であれば10億ドルかそれ以上、小国の場合はそれ以下)。そして彼らはこう告げられる、「金持ちの世界へようこそ」と。もしこの金を拒絶しようものなら貴方を“排除”することにはなるが、とお優しくも諭してくださるという訣だ。

これがカエサル家の子孫によって動かされているバチカンP2フリーメイソン・ロッジに、世界の大半の政府を密かに支配することを可能とさせた、【賄賂の】銀か【拳銃の】鉛かという選択肢である。

先週、詐欺的な「【二酸化】炭素が地球温暖化の原因」という合意を確認したリーダー200人は、全員この【秘密の支配】体制の奴隷だ、とP2フリーメイソンやCIA筋は口を揃えていた。
https://www.vox.com/energy-and-environment/2018/12/14/18139402/cop24-climate-change-katowice-poland

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

ということで、秘密の支配体制のトップが排除されたということは、その代わりに誰を選出するのか、そして【そもそも】この秘密の体制【自体】の継続を許すのかどうかを巡り、世界の金融と政治にとって凄まじい波及効果を及ぼすのである。

» 続きはこちらから

プーチン大統領、トランプ大統領に対して謎の“いいね!”ポーズを決める 〜 各国首脳と生産的な協議が行われた第1回パリ平和フォーラム!

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画の1秒の所をご覧ください。プーチン大統領がトランプ大統領に対して、謎の“いいね!”ポーズを決めています。
 スプートニクによると、11日から開催されている第1回パリ平和フォーラムで、トランプ大統領は各国首脳と生産的な協議を行ったとあります。フルフォード氏によると、“世界権力の最高峰で「新たな国際的枠組み」の方向性が決まった”とのことです。11日に取り上げた記事でも、コーリー・グッド氏は、カバールを引きずり下ろす作戦をすでに始めているとのことでした。フルフォード氏も、“世界旧体制の闇の部分の大掃除がこれからエスカレートしていく”と言っています。
 しかし、コーリー・グッド氏は、“彼らは極秘で軍と民間が協調する裁判の準備をしている”と言っていますので、大量逮捕と極秘裁判は、表のニュースには、しばらくの間上がってこない可能性が高いです。
 しかし、確か去年の末頃と思いますが、時事ブログではロスチャイルド家に対して、“来年の1月の半ば頃には、はっきりとした影響力の低下が見られ、2020年頃には一族として完全に力を失っているのではないか”と予想しましたが、2018年1月14日の記事で、この前半部分の予測はこの通りになったことをお伝えしました。現状を見ると、多少の時期のずれは出てくるでしょうが、後半の予想も大きくは外れないと考えています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
————————————————————————
ホワイトハウス、トランプ大統領と露、仏、独、その他の国の首脳らは「非常に良い、生産的」な協議を行ったと発表
転載元)
トランプ米大統領は、仏パリでの行事の過程でロシアのプーチン大統領、マクロン仏大統領、メルケル独首相、その他の国の首脳らと生産的な協議を行った。米ホワイトハウスのサンダース報道官が発表した。

スプートニク日本

報道官は「首脳らは、中距離核戦力(INF)廃棄条約、シリア、サウジアラビアの状況、制裁、アフガニスタン、中国、北朝鮮などを含むさまざまな問題を協議した。彼らは2時間の昼食の間に非常に良い、生産的な協議を行った」と述べた。

第1回パリ平和フォーラム
© Sputnik / Servicio de Prensa del Presidente de Rusia

2018年11月11日は第一次世界大戦の終戦100周年に当たる。フランスでは11~13日の日程で第1回パリ平和フォーラムが開催されている。在日フランス大使館によると、同フォーラムの開催に合わせて、数多くの国家元首および政府の長、主要国際機関の代表者、市民社会アクターなど、数千人がフランスを訪問する。

» 続きはこちらから

日本銀行とCIAから本物であると確認が取れた満州王朝の債権!〜 現実になる可能性が出てきたフルフォード氏の将来設計機関構想!

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、フルフォード氏が満州王朝の正当な後継者である張勝植氏を紹介する動画を取り上げました。その関連の動画です。
 8分15秒辺りをご覧ください。フルフォード氏は、“満州王朝つまり清王朝の人々”の債権を提示しています。フルフォード氏は、本物の債権であると言っています。
 Yutikaさんが地球ニュースで、フルフォード氏とレッド・ドラゴン大使らとの対談の動画の要約を、何回かに分けて紹介してくれています。その中から、債券に関係する部分を抜き出してきました。
 記事では、“債券の方は利子も含めると40兆ドルの価値があります”と書かれており、“日本銀行とCIAから本物であることの確認を取っています”とあります。
 この手の話はほとんどが詐欺であり、フルフォード氏もそのことは十分に承知しています。しかし、歴史的な様々な事実を考慮すると、これは本物だと考えて良いでしょう。
 どうやら、ゴールドが本当の所有者のところに戻ってくるか、債券が現金化できるメドが立ったのだろうと思います。これまでフルフォード氏はこうした債権の話を度々しており、将来設計機関の構想についても話していたわけですが、これが現実になる可能性が出てきたということだと思います。債券の正当な所有者が顔出しで表に出てきたのは、裏で相当程度話がまとまっているからでしょう。
 今日の「レッド・ドラゴン大使再び その4」の中でも、バチカンの立ち位置について聞かれ、フルフォード氏は、“彼らも我々側についています”と言っています。私は、フランシスコ法王もイエズス会もすでに降伏しているとコメントしましたが、板垣英憲氏の情報でも、フランシスコ法王は粛清を免れたとのことでした。フルフォード氏からも、このことが確認されたと思います。
 また、フルフォード氏は、白龍会に協力する団体について、「えっとP2が。そしてグノーシス・イルミナティも中国のフリーメイソンも、其の他沢山の強力な団体が我々側についています」と言っています。
 白龍会とその協力団体が本来の持ち主に返せと言っているゴールドを運用して利益を得ているのが、板垣英憲氏の言うゴールドマン・ファミリーズ・グループ(旧300人委員会)だと思われます。
 フルフォード氏は、板垣英憲氏と共に講演会を行っていますが、フルフォード氏とゴールドマン・ファミリーズ・グループの重要人物であるキッシンジャー博士、小沢一郎氏とは、敵対関係のはずです。ここの話し合いはどうなっているのか、どちらの側からでも良いので、説明を聞きたいものです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ロスチャイルド一族の分裂 日本の皇室を侵略するロスチャイルド 【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 2018/10/04
配信元)
————————————————————————
地球ニュース:レッド・ドラゴン大使再び その1
(前略)

フルフォード氏:「赤と青というアジアの秘密結社も接触してきました。大義のために動いていると伺ったので面会すると、彼らのボスから私と志を同じくする西洋の人々を見つけるよう頼まれました。そこで私はこのような狂った計画を阻止したいという人々を、ロシアFSBやCIAやMI6、日本軍警察、北朝鮮、其の他から集ったのです。これがホワイト・ドラゴン・ソサエティーの誕生でした。(中略)... その後で私はドラゴン・ファミリーのシンガポールでの儀式に招かれました。

(中略)

満州王朝つまり清王朝の人々――彼らは私に最初に接触してきた赤と青の組織が元来戦うべく結成したときの相手ですが――もラスト・エンペラー(最後の皇帝)の娘を通して私に接触してきて、債券を渡してくれました。満州つまり清王朝の金塊と引き換えに取引された一連の債券です。
 連邦準備制度やロスチャイルド家はこの金塊がスイスのバーゼルの後ろの丘だか山だかにあって、G7に資金融資してきたと言っており、私もその額までは確かめてませんが、債券の方は利子も含めると40兆ドルの価値があります。
 我々はその9割を使用して貧困を終わらせ環境破壊を阻止して宇宙へと拡張するキャンペーンに融資することが出来ることになりました。我々は書類に署名して、実際に債券を手にしており、私は日本銀行とCIAから本物であることの確認を取っています

(以下略)
————————————————————————
地球ニュース:レッド・ドラゴン大使再び その2
(前略)

フルフォード氏:非常に成功を収めているモデルを基に、全く新しい組織を作るということで、これは日本勢が開発し、その後シンガポール勢がし、それから中国勢が模倣したものです。(中略)... 例えば、私がこの近辺で財団を立ち上げたとしましょう。自宅の住所を使って、ホワイト・ドラゴン財団と名乗ります。何人かスタッフはいますが、基本的には私が運営します。40兆ドルがこの財団に投入されたとして、最初に私が行うのは、生放送で皆さん全てに『ほら、ここに【金が】あります』と知らせることです。
 そしてこのお金を入金した人々(中略)... には使用方法に関する拒否権を与えて(中略)...公開の選考手続きで将来設計機関の長を決めます。(中略)... 【任せるのに適任だと私が思っている者は】既に何人かいます。我々は非常に有能な人々を幾人か選び、彼らがこの組織を立ち上げ、惑星を立て直す一大キャンペーンを開始するのです。これが我々の推進している計画です。またジュビリー、つまり一度限りのリセット【=借金帳消し】も絶対に必要だと感じています。

(中略)

でもこれは将来設計機関の一つに過ぎず、一帯一路やインドが進めている【計画】など他のと衝突するつもりはありません。他の全てとも共存できるものです」

(以下略)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11