アーカイブ: 秘密保護法

[東京新聞]再稼働 秘密法案 告発小説の著者「覆面官僚」が怒り

ぽんこ様(読者の方)からの情報です。
キャリア官僚の中にも素晴らしい方がいるのですね。
(寄稿者のコメント)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
再稼働 秘密法案 告発小説の著者「覆面官僚」が怒り
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
 

[竹下雅敏氏]この何気ない記事が、大変な意味と衝撃を持っているのです。 〜政府がNSC事務局幹部の人事報道を否定 / 自衛隊幹部に待機命令〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 この何気ない記事が、大変な意味と衝撃を持っているのです。これは、秘密保護法案を成立させて事実上日本を乗っ取ろうとする悪人どもの思惑が、粉砕されてしまったことを示すものなのです。記事に書かれているような、天下り先への利益誘導や脱税容疑が問題なのではありません。遥かに大きな動きが、この谷内正太郎元外務事務次官を吹き飛ばしてしまったのです。同様に吹き飛ばされる官僚・関係者の者たちは、160名は下らないでしょう。この記事が出る頃には、ほとんどすべて片付いているでしょう。
 アメリカは8日~15日、イスラエル・サウジアラビア・フランスは昨日、日本は今日だったのです。私は物事が進行している最中のことは出来るだけ触れないようにしていますが、恐らく記事が出た頃にはすべて終わっているので、書いても大丈夫だろうと思います。2本目の記事はその事に関連した内容です。時期的にフィリピンを襲った台風30号(ハイエン)に関連している様に思えるかも知れませんが、そうではありません。
 アメリカはこれから革命へと突入していくことになりますが、この世界的な劇的な変化に影響を受けない国があるはずがありません。日本は最も大きな影響を受ける国なのです。とても良い方向に向かっています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ここにきて政府がNSC事務局幹部の人事報道を否定するようになったわけ
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

————————————————————————
自衛隊幹部に待機命令?
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[カレイドスコープ]秘密保護法案21日にも衆院通過か、そのとき自民党も終わる  〜秘密保護法案:“暗黒の時代に入っていく”、“しばらく異常な世界になります”、このシナリオは回避されている〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 非常によくまとまっている記事で、秘密保護法案の危険性がとてもよくわかります。記事は要点を抜き出していますので、興味のある方は元記事をご覧になってください。
 まったくもってこの通りなのですが、これまでシャンティ・フーラの時事ブログでお伝えしているように、アメリカをはじめとする世界各地で根本的な変革が起こっており、これまでに描かれたシナリオはすべて書き換えられています。今後急速に世界各地で、これまでなら考えられなかった出来事が起きて来るので、多くの人に変化がはっきりと感じられるようになってくるでしょう。すでに今日のニュースでその兆候が見えているのですが、それは、今夜の最後の記事に紹介します。何度も言っているように、現在悪は急激に滅びており、彼らが復活することなど考えることも出来ません。ですから何も心配することはないのです。すでに“天界の改革32(回避された監視社会化のシナリオ)”の記事で、これらのことは言及していますが、かつての古いシナリオでは、このカレイドスコープの記事にある通り、“暗黒の時代に入っていく”ことになり、先の記事で女神が“しばらく異常な世界になります”と忠告したまさにそのような時代になるはずであったのですが、すでに様々な形でこうした世界にならないように対処して来ましたので、このシナリオは回避されているのです。後もう少しすると、私が言っていることが本当だということがわかる様々な出来事が、浮かび上がって来ます。ですから安心して、事の成り行きを見守っていて下さい。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
秘密保護法案21日にも衆院通過か、そのとき自民党も終わる
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[田中龍作ジャーナル]アノニマス・ハッカーに禁固10年 秘密保護法施行後の日本を予告

竹下雅敏氏からの情報です。
 秘密保護法案が成立した後に予想される最初のターゲットは、この記事に書かれているように、政府が最も知られたくない情報を盗み出すハッカーや、フリーのジャーナリストたちということになるでしょう。しかしアメリカでも現在急激な変革が起こっており、この記事に書かれた被告たちが、実刑が確定し収監されるとはとても考えられません。それほど急激な変化が、今世界に起こっているのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
アノニマス・ハッカーに禁固10年 秘密保護法施行後の日本を予告
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[真実を探すブログ]【ヤバイ】特定秘密保護法案、ブロガーも処罰対象になる可能性!政府「ブログも該当する可能性あり」

竹下雅敏氏からの情報です。
 この記事の内容に、恐れおののいている人たちも多いと思いますが、以前の戦争に向かう流れの場合は、確かにこの法律はかつての治安維持法のように使われ、政府の気に入らない人間はことごとく処罰・拷問の対象ということになったと思います。またそれを目論んでの法案作成だったはずです。しかし現実にはそのような形にはなりません。今日も世界では大変な出来事が起こっており、日本もその渦の中に入って行きます。今起こっていることはいずれ表に上がり、公開されるようになっていくでしょう。ですからこの法案は万一成立したとしても心配ありません。ですが、現在は廃案になる可能性が出てきました。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【ヤバイ】特定秘密保護法案、ブロガーも処罰対象になる可能性!政府「ブログも該当する可能性あり」
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16