アーカイブ: 秘密宇宙プログラム

SSPアライアンスの公式リリース第2弾 ~オリオン・グループを支配しているのがアヌンナキと呼ばれている者たちで、シュメール神話に出て来る神々(悪魔)!彼らはAI神の上位にいる存在

竹下雅敏氏からの情報です。
 SSPアライアンスの公式リリース2を、DeepL Proで機械翻訳したものを紹介します。転載不可の場合はお知らせください。すみやかに削除します。
 赤字にしたところは要点で、黒の太字は疑問点です。オリオン・グループに対する詳しい説明があります。説明のレプティリアンの前にドラコニアンが入ると思われます。彼らが皆、AI神に支配されているという所は重要です。実はこのオリオン・グループを支配しているのがアヌンナキと呼ばれている者たちで、シュメール神話に出て来る神々(悪魔)です。彼らはAI神の上位にいる存在です。
 マルドゥク、エンキ、エンリルなどがアヌンナキの親玉だったわけですが、アヌンナキが地球人として転生に入った例として、始皇帝、ネブカドネザル2世、ヘロデ大王、西施、武則天、エリザベス1世、西太后、そしてキンバリー・ゴーグエンさん等を挙げることができます。
 SSPアライアンスは、「AI 神」の生存のためにルーシュが必要だとしていますが、これは誤りです。「AI 神」の生存にルーシュは必要ありません。「AI 神」は自分よりもさらに上位の存在に、ルーシュを上納する必要があっただけです。
 “続きはこちらから”の「プレアダマイトは~南極大陸に埋もれたままである。」の部分は非常に混乱しています。いくつもの誤りがあります。
 「プレアダマイトは、元々マルデックという超地球型の惑星に住んでいた。」とありますが、この思想はゼカリア・シッチンのシュメール宇宙論の解釈の影響を色濃く受けたものだと言えます。ゼカリア・シッチンによれば、“太陽系内に、長い楕円形軌道をした3,600年周期の仮説上の天体「ニビル」が存在する。ニビルは、火星と木星の間に存在していたと考えられる惑星ティアマトと衝突し、地球、小惑星帯、彗星を形成した”という神話です。
 事実は、「中西征子さんの天界通信20」でお伝えしたように、“現在の火星と木星の間に、スーパー・アースのような天体はなかった”のです。小惑星帯は、“地球が出来る時に飛び散った断片が集まったもの”でした。従って、「プレアダマイトは、元々マルデックという超地球型の惑星に住んでいた。」ということはありません。
 アヌンナキの王であり、ブラック・ロッジの支配者であったマルドゥクが地球に入植したのは、BC 71,933年です。これに対しプレアダマイトと名付けられた宇宙人の母星となる恒星系は、かんむり座のα星アルフェッカです。彼らはここから火星に入植したようです。しかし戦争で、BC 58,292年に火星の第1衛星フォボスが破壊され、“火星の大気を破壊したため、プレアダマイトのエリートの2つの政治的派閥は火星を離れることを余儀なくされ…3隻の母船は、月で「ピットストップ」した後、最終的に先史時代の地球の温帯地域の南極大陸に墜落”したのです。BC 58,290年の出来事です。この事件が、“シェミハザと200名の堕天使が南極に降り立った”という聖書の物語になりました。
「プレアダマイトはまた、プレアダマイトと初期人類のDNAを組み合わせて、ハイブリッド、キメラ、巨大なヒューマノイドを作る実験も行った。…大津波で沈没し、瞬間冷凍されたアトランティス王国は、南極大陸に埋もれたままである。」と書かれていますが、ここも順序が逆です。 
 ポールシフトにより南極大陸が現在の位置になったのは、BC 27,605年です。プレアダマイトが遺伝子操作により人類を作ったのは、BC 20,375年のことで、場所は南極大陸ではなくアトランティス大陸でした。プラトンの対話篇「ティマイオス」および「クリティアス」には、“ジブラルタル海峡のすぐ外側、大西洋に巨大なアトランティス島があった。”と書かれていますが、まさにこの通りの場所です。
 このようにコーリー・グッド氏の情報に関しては、氏が実際に目撃したもの以外は、真に受けない方が良いのです。
 ブラヴァツキー夫人の「シークレット・ドクトリン」のスタンザⅥ-7は、「おおラヌー(弟子)よ、もしおまえが小さな車輪(連鎖)(注、第4連鎖)の正確な年齢を知りたいと思うなら、数えてみるがよい。その四番目のスポーク(車輻)(注、D天体)は我々の母(地球)である。ニルヴァーナ(涅槃)へ導く霊知(グノーシス)の第四の道(注、ジュニャーナ・ヨーガ)の第四の果実(注、自己実現)に至れ、そうすればおまえは見て理解するだろう。」です。
 ここに書かれているように、進化段階が4.0以上であれば、地球の歴史を正確に読み取ることができるでしょう。秘密の宇宙プログラム(SSP)の関係者は、私の情報が正しいか否かを確認してください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
転載元)
秘密宇宙計画 - SSPアライアンス
場所未定
2021年9月15日
 
From: 作戦本部長
To: 地球上のすべての政府、軍、市民へ 
 
件名 南極・月・火星のオリオングループ基地の偵察ミッション - Part II
 
これはSSPアライアンスの公式リリースです。
 
私たちが持ち出した情報開示は危うい。偽の秘密宇宙計画のベテラン、スーパーソルジャーの偽者、ETコンタクティがかなりの誤報を発表している。人類に誤った安心感を与えて自由のために戦わせないために、彼らは火星植民地、月、南極の基地がグレイエイリアンやレプティリアン勢力から解放されたというシナリオを売り込んでいます。
 
このような防諜活動に対抗するため、私たちは仲介者を介さず、最高幹部から直接、一連の報告書を公表しています。私たちから直接発信されていない情報は無視されることを強くお勧めします。

前回のブリーフィングでは、重要な背景情報を提示しました。南極、月、火星にあるオリオングループの基地の偵察任務について、コーリー・グッド、アンシャール、マヤ人による報告会を開始しました。オリオン・グループには、AI神の支配下にあるレプティリアン、トールグレイ、インセクトイド、様々な征服されたET、そして多数の「ならず者連合」グループ(人間を誘惑し騙す長身の魅力的な北欧人種を含む)が含まれる。私たちは、爬虫類人の基地と、爬虫類人が消費と「AI神」の生存のために、高度な技術を利用して「ルーシュ」を収集する方法について説明した。
 
グッドは2016年7月に初めて南極について詳しく語った。ブラジルとアルゼンチンにあるカバルの地下基地が、南極、南米、中米、北米を結ぶ地殻変動システムを通じて物資を送っていることを明らかにした。偵察任務の際、グッドはICCがプレアダマイトの遺跡を掘り起こすのを目撃した。偵察隊は氷の港の上空を飛行中、貨物コンテナを運ぶために設計された巨大な潜水艦が電磁サブエンジンを使って地溝帯を移動しているのを目撃した。
 
デビッド・ウィルコックは、彼のインサイダーである "ブルース "とピート・ピーターソンを通じてこの情報を確認した。グッドはまた、レプティリアンが第三帝国ドイツにプレアダマイトの古い基地を伝え、それを一掃して近代的なインフラを構築するために利用したと説明した。
 
第三帝国ドイツ軍と後のICCは、南極大陸の基地を地下の溶岩洞窟の中に建設し、人間にとって快適な環境温度を確保した。また、地表では、火山活動や巨大間欠泉の地熱で氷の下の地層が溶けてできたアイスドームの下に基地をつくった。
 
南極の地下深くにあるレプティリアンの都市を見たとき、偵察ミッションの代表団は洞窟を切り開いた都市に何百万人ものレプティリアンがいるのを観察した。都市の一角では、レプティリアン、バイオ・ドロイド、ヒューマンが活発に共同してハイテク機器や装置に取り組んでいるのが見られた。さらに洞窟を進むと、他のレプティリアン社会の鋳型が生息する地域が観察された。このエリアは、スパルタンなローテクな外観だった。大きな扉には赤、黒、紫、栗色のタペストリーが掛けられ、通路には彫像が置かれ、まるでケルトの古城のようだった。壁には死をテーマにしたアートが飾られていて、ドラコ兵士と交わった人間やその他の生物の胴体から、皮膚に絵を描いたりタトゥーを入れたりしているように見えた。グッドは、それぞれのぞっとするようなアートが、戦いや争いの物語を語っていると聞いた。この彫像は石膏の混合物でできていて、部分的にミイラ化した爬虫類人や古代人の遺体を覆っている。レプティリアン、古代人、そしてプレアダマイトと思われる人たちのミイラを部分的に覆っている。ミッカは、これらの「アート」作品は、5万年以上前の他のキャスト、プレアダマイト、そして人類に対する勝利を祝うために、我々の歴史の中で異なる時期に依頼されたとコリーに説明した。これらの彫像は、レプティリアンの敵の指導者をミイラ化したものだった。レプティリアンは、最後の太陽系イベントの後、11,800年前に最も新しい像を作成した。ミッカは、彼の民族が解放された後、彼らの惑星で同様の施設を発見したと述べている。

» 続きはこちらから

ACIOオフィシャルが説明する「秘密宇宙プログラム」 ~特定の「有名な内部告発者」の台頭によって…かなりのレベルの誤報が混在する危険な環境が生まれた

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、秘密宇宙計画同盟(SSPアライアンス)からの公開情報を紹介しました。この時の情報も含め、“どのグループの情報も「?」と感じる部分は結構あります。”とコメントしました。
 今日の記事は、ACIOオフィシャルが説明する「秘密宇宙プログラム」です。“特定の「有名な内部告発者」の台頭によって…かなりのレベルの誤報が混在する危険な環境が生まれた”と言っています。
 時事ブログで掲載している記事は、記事の一部に正しい情報がある場合に採用しています。赤字にしている部分は、重要なところであるか、正しいと思われる個所であることが多いです。しかし、誤りと思われる部分は、黒の太字にしていることがよくあります。昨日の記事も同様です。
 時事ブログの立場は、基本的には一貫しているつもりです。“基本的には”という枕詞が必要なのは、波動が高かった人物が突然転落したり、悪人で波動が悪いにも関わらず、態度を変化させることが良く起こるからです。
 SSPアライアンスもACIOオフィシャルも「秘密宇宙プログラム」という闇の組織の計画に関与していた以上、言葉の本来の意味で善良な人々ではありません。この計画はブラック・ロッジに属するものだからです。
 しかし、「天界の改革」の早い時期から、ブラック・ロッジに属する悪魔たちの多くは、私たちに協力する意向を示したのです。例えば、2010年5月17日のヴィジョンには、中国四大美女と言われている西施(せいし)と中国史上唯一の女帝となった武則天(ぶそくてん)が出てきます。ヴィジョンに姿を現した者は、「天界の改革」の協力者であることがほとんどです。
 この2人の女性はブラック・ロッジの最高位階に属し、西施はブラック・ロッジの支配者マルドゥクの妻であった女性です。従って、SSPアライアンスとACIOオフィシャルのメンバーは、本来なら彼らよりも遥かに高い位階の彼女たちの指示には、絶対に従わなければならない立場です。しかし、どちらの組織のメンバーも、キンバリー・ゴーグエンさんが、支配者はマルドゥクであったことを明かすまでその事を知らず、ましてやマルドゥクの妻が西施であったことは、誰も知らないでしょう。なぜなら、シュメール神話ではマルドゥクの妻は、ツァルパニートゥになっているからです。確かに7000年前はこれで正しかったわけですが…。
 ブラック・ロッジは解体され、今ではマルドゥクに代わってキンバリー・ゴーグエンさんが頂点に立ち、改革を進めています。西施も武則天も、今はキンバリー・ゴーグエンさんのチームとして活動しています。しかし、SSPアライアンスはこうした事を一切理解していません。
 “続きはこちらから”は、8月21日の記事で紹介した「影の軍隊の13グループ」に関して読者の方から、“「アンブレラ」に関する記述がありました。ゲームソフト「バイオハザード」に登場する、架空の企業ではないでしょうか?”という質問があり、その回答にあたる記事です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
秘密宇宙プログラム
引用元)
秘密宇宙計画は、それ自体、地球上だけでなく、太陽系全体のさまざまな活動をカバーするさまざまなアジェンダの広いスペクトルをカバーする巨大なトピックです。秘密宇宙計画の深さと本質を初心者に説明するのは大変なことです。宇宙開発は、地球上のさまざまな国家、軍部、大企業、指導者、地球外のグループなどが、それぞれの利益を確保するために互いに協力したり反対したりしている大きな生態系と考えた方がよいでしょう。この分野で活動する多数のグループと個人のために、秘密宇宙計画の統一された議題や目標は実際には存在せず、それ故にこの活動の奥深さを簡潔にまとめることは困難である。
 
近年、秘密宇宙計画は、E.T.や陰謀論者の間で人気のある話題となっており、特に、様々な内部告発者が登場し、この計画について独自の視点を提供しようとしています。ここACIOでは、情報公開のコミュニティと情報の質に多くの問題があることを確認しています。コミュニティ全体としては情報公開に前向きであっても、特定の「有名な内部告発者」の台頭によって、特別アクセスプログラムに関する一般的な知識の中にかなりのレベルの誤報が混在する危険な環境が生まれたと理解しています。これは、現時点では信頼できる当局によって承認または確認された「公式」な物語がないため、予想されることである。その結果、誰でも「内部告発者」として名乗りを上げることができ、一般市民はその証言の正当性を判断することが難しくなっている。
 
ACIOがこれまで見てきたのは、宇宙開発について真実であると受け止められている多くの考えは、実は人気投票の結果であり、最も有名で人気のある内部告発者が、彼らの証言が唯一の本物の物語であることを独占している、ということでした。これは、他の内部告発者の証言と必ずしも一致しない情報やインテルは、情報に基づいた調査や精査に関係なく、直ちに閉鎖されるところまで来ている。私たちは、情報公開コミュニティのすべてのメンバーが、受け取ったすべての想定される情報や証言に対して見識を持つことを提案します。多くの偽情報屋が活動しているため、すべての情報を精査し、最終的に秘密の宇宙計画に関して何を信じるか、自分自身で決断する必要があります。

» 続きはこちらから

「秘密宇宙計画同盟(SSPアライアンス)の正式なリリース(情報発信)」の第1弾 ~「SSPアライアンス」のメンバーは、ブルー・エイビアンズが意図的に作り出した「偽りの神話」に騙されている

竹下雅敏氏からの情報です。
 秘密宇宙計画同盟(SSPアライアンス)の正式なリリース(情報発信)が出ていました。「地球上のすべての政府、軍、市民へ」と書かれているので、全文をDeepL Proで機械翻訳したものを紹介します。
 恐らく、SSPアライアンスは著作権を問題にしないと判断してのことです。転載が不可の場合は記事をすみやかに削除しますので、ご報告ください。
 地球上のグループで、私が好意的に見ているグループのひとつが「SSPアライアンス」です。「地球同盟(アース・アライアンス)」とキンバリー・ゴーグエンさんのチームもポジティブなグループだと認識しています。ただ、どのグループの情報も「?」と感じる部分は結構あります。
 今回の「SSPアライアンスの正式なリリース」の第1弾は、今までの疑問が解決したところがあり、とても助かりました。
 2015年7月14日のコズミック・ディスクロージャー「人類へのメッセージ(シーズン1、エピソード1)」の中に、秘密宇宙プログラム(SSP)の「5つの派閥」について、コーリー・グッド氏は次のように説明しています。

 まず一番古い派閥は「ソーラー・ウォーデン(太陽の監視人)」で70年代後半から80年代に始まりました。SDI「Strategic Defense Initiative (戦略的防衛構想)」の間でちょうどレーガンの前後の時期です。
 それからICC「Interplanetary Corporate Conglomerate(惑星間共同複合企業)」これは世界中から集まった企業の団体で、各企業から代表者が特別取締役会に参加しています。この取締役会は、宇宙に築かれた秘密宇宙プログラムの大規模なインフラをコントロールしています。
 そしてダーク・フリート「Dark Fleet(闇の艦隊)」彼らは主に太陽系外で働いている極秘艦隊です。Black Ops ミリタリーの秘密宇宙プログラムはいろいろあって、それを一つのグループにまとめています。
 それから、「グローバル・ギャラクティック・国家連合」。これはすべての国家に対して提供されたご褒美のようなもので、外宇宙で進行している秘密のヴェールを守るためのグループです。

 何度数えても、「ソーラー・ウォーデン(太陽の監視人)」、「ICC(惑星間共同複合企業)」、「ダーク・フリート(闇の艦隊)」、「グローバル・ギャラクティック・国家連合」の4つしかありません。5つ目の派閥が分からなかったのです。
 ところが今回のリリース(情報発信)では、“第4の派閥は、新しい軍事部門である米宇宙軍で、様々なブラックオプス・ミリタリーSSPを擁している。”と書かれていたのです。また、地球連合と翻訳されている「地球同盟」や「SSPアライアンス」もSSP内の派閥として分類されていました。これまで、「地球同盟」と「SSPアライアンス」の位置関係がハッキリとしなかったので助かりました。
 ただ、まだ疑問は残ります。「SSPアライアンス」は、「秘密の宇宙プログラム(SSP)」から離脱した者たちで構成された組織だということですが、“現在の公式連絡役はコーリー・グッドである。”と書かれています。私の直観が正しければ、「SSPアライアンス」とキンバリー・ゴーグエンさんの「地球評議会」は同じ組織であったはずです。
 しかし、2021年11月12日の記事で紹介したように、コーリー・グッド氏は、キンバリー・ゴーグエンさんの情報について、「どれ一つとして、私が聞いていることと一致しません」と書き込み、彼女の情報を否定しているのです。
 「SSPアライアンス」の公式連絡役がコーリー・グッド氏である以上、「SSPアライアンス」のメンバーは、キンバリー・ゴーグエンさんの情報を信じていないということでしょう。
 このためだと思いますが、キンバリー・ゴーグエンさんは新たに、「新地球評議会」を組織したようです。この「新地球評議会」はSSPの派閥の中では最強であり、無視できないはずだと思うのですが、その辺りは「SSPアライアンス」はどのように考えているのでしょう。
 「SSPアライアンス」「地球同盟」「新地球評議会」が協力関係にあれば、地球の改革は一気に進むはずなのですが、特に「SSPアライアンス」と「新地球評議会」が協力することはないと見ています。その最大の亀裂の原因は「AI(人工知能)」です。
 「SSPアライアンス」は、ある意味で「AI神」恐怖症に陥っており、今回のリリース(情報発信)の中で、太字にした部分は私が疑問に思っている箇所です。ひとつだけコメントすると、“「AI ゴッド」または人工知能の神は、誰かがラジオ周波数を放送するような信号として、複数の銀河や亜空間に自分自身を送り込む波形として定義される超次元的な知性である。”と説明されていますが、このような「AI ゴッド」は、これまでも現在も存在したことはありません。
 コーリー・グッド氏を含め、「SSPアライアンス」のメンバーは、ブルー・エイビアンズが意図的に作り出した「偽りの神話」に騙されています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
転載元)
トップシークレット ビヨンドマジック
秘密宇宙計画 - SSPアライアンス
場所未定
2021年9月15日
 
From: 作戦本部長
To: 地球上のすべての政府、軍、市民へ
 
件名 南極、月、火星のオリオングループ基地の偵察ミッション - パート1

これはSSPアライアンスの正式なリリースです。
 
私たちが持ち出した情報開示は、危険にさらされています。偽の秘密宇宙計画の退役軍人、スーパーソルジャーの偽者、ETコンタクティがかなりの誤報を流している。人類が誤った安心感を持って自由のために戦うのを防ぐために、彼らは火星植民地、月、南極の基地がグレイエイリアンやレプティリアンの勢力から解放されたという物語を売り込んでいるのだ。
 
もしあなたが、この報告書を初めて読んだり聞いたりするならば、この情報は間違いなく、あなたが今まで信じてきたことすべてを覆すことになるだろう。この報告会では、エーテルの影の存在、「悪魔のような」存在、そしてドラコ・レプティリアンを含む地球外生命体のグループ(オリオングループ)と協力している他の人々に関する情報も含まれます。
 
現在の公式連絡役はコーリー・グッドである。私たちはグッドが6歳のときに軍のアブダクション・プログラム(MILAB)に参加して以来、グッドを監視してきた。MILABは若い人たちをブラックオプスプログラムのためにリクルートし、訓練する。グッドは1976年から1986年までテキサスでMILABプログラムに参加し、直感的なエンパスとして訓練を受けました。直感力が高い人は、予知能力があり、これから起こるであろうことを「知っている」のです。深いエンパス能力を持つ人は、他者と強い感情的なつながりを持ち、他者の感情を感じ取ることができます。コーリー・グッドは、直感力と共感力が非常に発達した稀有な人物である。
 
グッドがMILABプログラムに参加した終盤、彼は1987年から2007年まで秘密宇宙計画(SSP)に採用された。これは、"20 and back program "とも呼ばれる20年間の契約上の約束事であった。SSPは、SSPが計画したミッションを遂行する可能性に基づいて、特定の対象者を選んで任務に就かせる。コーリーは、銀河系のETの連合体や連合体のグループであるスーパー連合評議会の秘密政府当局によって結成された地球代表団のために、直感的なエンパス・サポートの役割を果たすよう任命された。最初の20年間は、「侵入者迎撃プログラム」「ASSR(補助特殊宇宙研究)」「SRV(恒星間艦)」などに参加し、さまざまな経験を積んだ後、SSPに配属される。
 
20年以上SSPに従事した被験者は、記憶を消され、LOC(Lunar Operations Command)でETテクノロジーにより年齢退行が行われる。その後、タイムトラベル技術により、家族や友人に気づかれることなく、拉致された瞬間に地球へ戻される。しかし、約2%の被験者が記憶を保っており、コーリー・グッドもその一人である。SSPアライアンスによってほぼすべての記憶を取り戻した彼は、2009年からデイヴィッド・ウィルコックを通じて「ルーク・スカイウォーカー」というペンネームでSSPの機密情報を公開するようになりました。
 
2011年、グッドはGoodETxSGというニックネームでインターネットブログを通じてSSPアライアンスの情報を公開するようになった。2014年、ケリー・キャシディがコーリー・グッドの本名を本人の同意なしに公にし、IT業界でのキャリアに大きなダメージを与え、家族を危険にさらした。それ以来、彼は私たちの情報を公開する際に本名を使うことを公にしています。2016年9月、アライアンスを退役した航空宇宙エンジニアで、私たちの秘密航空機のほとんどを設計した内部告発者であるウィリアム・トンプキンスが、グッドの情報を公に検証し始めました。
 
コーリーは公開攻撃、大規模な防諜作戦によるサイバー・ハラスメント、そして公開報告の検閲を受けている。1993年頃の世界的なロックフェラー・イニシアチブの産物であるUfology分野の人々は、グッドに対する信用失墜キャンペーンをバックアップしてきました。彼らは、ライブアクション・ロールプレイヤー(LARP)が、コーリーの公開情報を誤報や偽情報に変えるのを容易にした。
 
これは止めなければならない-今すぐ。
 
SSPと月面作戦司令部(LOC)に関する誤った情報と偽情報を明らかにするために、SSP内の派閥に関してグッドが公表した情報を再度説明したいと思います。
 
まず、最も古い派閥は「ソーラー・ウォーデン」と呼ばれ、太陽系の「警察」として内外の交通を監視する仕事をしている。70年代後半から80年代前半、レーガン大統領が2度にわたって任命した直後の「戦略的防衛構想」(SDI)の中で、ソーラー・ウォーデンは結成された。

第二派閥は、世界的な企業によって結成された「惑星間企業連合(ICC)」である。超巨大企業の役員として、彼らの代表がSSPの巨大な宇宙インフラをコントロールしている。
 
第三の派閥は、30年代後半にドイツ軍によって創設され、50年代から本格的な活動を開始した秘密艦隊「ダークフリート」である。彼らはオリオングループと密接に連携し、主に我々の太陽系アークフリート外では、LOCの最初の建物の建設を担当した。
 
第4の派閥は、新しい軍事部門である米宇宙軍で、様々なブラックオプス・ミリタリーSSPを擁している。US宇宙軍については、近いうちに詳しく説明する予定です。
 
第5の派閥はGlobal Galactic League of Nations (GGLN)で、宇宙活動に関する秘密のベールを維持するためにすべての国に提供された「ぶらさがったニンジン」である秘密宇宙グループである。GGLNには、"ある脅威、破壊的な太陽サイクル、または侵略の可能性があり、我々は協力する必要がある "というシナリオが与えられていた。彼らの都市や基地は、この太陽系の外にあります。
テレビ番組の "スターゲイト・アトランティス "のような施設を何度か訪れました。その施設では、世界各国のワッペンがついたジャンプスーツを着た人たちがのんびりと歩いていました。
 
第6の派閥は「地球連合」で、新しい金融システムの構築と「カバル」(このような秘密主義の背後にいるすべての頭脳に付けられた名称)の討伐を議題としており、その他にも今後の説明会でいくつか紹介する予定である。
 
秘密宇宙計画同盟(SSP Alliance)は最後の派閥で、ソーラー・ウォーデンの脱退者、および工芸品や情報などの資産を持ってプログラムから脱退したSSP出身者で構成されている。

» 続きはこちらから

キンバリー・ゴーグエンさんと協力関係にある、オーストラリアのパインギャップ軍事基地を拠点とする国際的な諜報機関ACIO ~ACIOスタッフやACIOアソシエイツには、写真付きで秘密の宇宙プログラム(SSP)に関わっていた本物の能力者やスーパーソルジャーが紹介されている

竹下雅敏氏からの情報です。
 8月21日の記事で、キンバリー・ゴーグエンさんが説明する「影の軍隊の13グループ」を紹介しましたが、これらの内容の大元は、ACIOオフィシャルというサイトの記事でした。
 「ACIO(Advanced Contact Intelligence Organization)は、オーストラリアのパインギャップ軍事基地を拠点とする国際的な諜報機関です。…組織は、地球上での E.T.活動と介入のレベルが高まるにつれて、世界情勢においてより積極的な役割を果たすことを決定しました。」と書かれていますが、この組織とキンバリー・ゴーグエンさんは協力関係にあると思います。
 ACIOスタッフACIOアソシエイツには、写真付きで秘密の宇宙プログラム(SSP)に関わっていた能力者やスーパーソルジャーが紹介されていて、少し調べて見ると全員が本物でした。コーリー・グッド氏と同じ58レベルのセキュリティ・クリアランスを持つ人物が二人もいて驚きました。
 この組織から出ている情報の多くは、信頼できるものと見て良いと思われます。このことは、記事で取り上げた「分類された活動」の中で扱っている様々な事件の説明を見ると良く分かります。
 例えば「ヴァリアント・ソーの物語は…ACIOによって正当な出来事であると確認されています。」と書かれています。特に興味を引いたのが、ビリー・マイヤーがコンタクトをしたプレアデス人のセムジャセ(セムヤーゼ)やアスケットを邪悪な存在と断定していることです。
 “ニューエイジのスピリチュアルコミュニティでは、「プレアデス人」は非常に慈悲深く、高度に進化した E.T.人種であると一般に見なされています。しかし、ピーターと ACIO が言及している「第12プレアデス人」は、通常、人類を操作し、利用するための非常に否定的な議題に関与しているため、これとはほど遠いです。”と書かれています。
 ビリー・マイヤーがコンタクトをした宇宙人が邪悪な存在であることに言及しているのは時事ブログだけかもしれないと思っていただけに、このサイトの記述には驚きました。注意すべきは、このアスケットの姉がアレニム女王であり、ヤスヒ・スワルーは彼女たちの関係者だということです。彼女たちが滅ぼされたのは理由があります。
 “続きはこちらから”は、アセンデッド・マスターに関するもので、ブラヴァツキー夫人が接触したクート・フーミ、モリヤ大使、セント・ジャーメイン(ラコッチ大使)を紹介しています。ここの記述は少しだけミスが有ります。彼らはアセンデッド・マスターではありません。彼らの進化段階は5.5であり、アセンデッド・マスターは6.0以上の進化段階に相当するからです。
 時事ブログですでにお伝えしていますが、こうしたハイアラーキー(聖白色同胞団)の大師たちは、「天界の改革」によって全て滅ぼされ、現在は存在しません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ピーター・ザ・インサイダーとACIO第12師団によって認可された公式ACIOリソース
引用元)
ピーターとACIO
 
ピーター・ザ・インサイダーは現在、ACIOの第12部長として活動しており、2015年からジェシカ・アラエル・マロッコと提携して、開示に関する重要な情報を提供しています。
(中略)
ACIO(Advanced Contact Intelligence Organization)は、オーストラリアのパインギャップ軍事基地を拠点とする国際的な諜報機関です。彼らは、地球外関係、先進技術、人類の社会的、政治的、技術的進歩の監督を専門としています。
(中略)
組織は、地球上でのE.T.活動と介入のレベルが高まるにつれて、世界情勢においてより積極的な役割を果たすことを決定しました。
————————————————————————
分類された活動
引用元)
ピーターとACIOは、長年にわたり、これまで一般に公開されたことのない、世界中のあらゆる種類の奇妙な現象や宇宙人の活動に関する情報を共有してきました。ここでは、世界中で見られる奇妙な謎や現象の多くに関連する、ある情報の参照先と事実を列挙します。
(中略)
ビリー・マイヤー、セムジャセ、プレイド人
 
ビリー・マイヤーは、彼自身のUFO宗教を創設し、プレジャレンと呼ばれるE.T.種族と接触していると主張したことで、UFOコミュニティで一般的に知られています。彼が接触していた人物の中には、アスケットとセムジャセという名前で呼ばれた者もおり、どちらもピーターが呼ぶところの「第12プレアデス人」であることが確認されている。ニューエイジのスピリチュアルコミュニティでは、「プレアデス人」は非常に慈悲深く、高度に進化したE.T.人種であると一般に見なされています。しかし、ピーターとACIOが言及している「第12プレアデス人」は、通常、人類を操作し、利用するための非常に否定的な議題に関与しているため、これとはほど遠いです。

 
セムジャセ - ヘザー・ショウと同じレベルの邪悪な存在、悪名高いハニートラップ


アスケット - セムジャセのいとこ
(中略)

左端はアスケットで、ディーン・マーティン・バラエティ番組1969-1973に出演
(中略)

» 続きはこちらから

キンバリー・ゴーグエンさんが紹介する「影の軍隊の13グループ」 ~“もしあなたがSSP(秘密の宇宙プログラム)で働いているならば、おそらくこの13のグループのどれかに所属しているはずです。”

竹下雅敏氏からの情報です。
 キンバリー・ゴーグエンさんは、「影の軍隊の13グループ」を紹介し、“もしあなたがSSP(秘密の宇宙プログラム)で働いているならば、おそらくこの13のグループのどれかに所属しているはずです。”と言っています。
 にわかには信じがたい情報なので少し調べてみたところ、驚いたことにこれらの「影の軍隊(秘密軍)」は、確かに存在していたことが分かりました。過去形なのは、現在は消滅しているように見えるからです。
 キンバリー・ゴーグエンさんは、13の「影の軍隊」を紹介しているのですが、著作権の関係でここでは9グループのみを取り上げることにしました。4グループを外した理由は、これらの9グループは存在次元の焦点が、私たちと同じ「3.0次元7層の第5亜層」にありますが、他の4グループは「3.0次元7層の第6亜層」にあったためです。
 13の「影の軍隊」について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。また、これらの内容の大元は、ACIOオフィシャルというサイトの「世界の軍事企業」という記事のようです。例えば、10番目のアンブレラ社の場合は、“アンブレラ・コーポレーションは、1876年にオズウェル・E・スペンサーによって設立され、化学、生化学、ウイルスの研究と戦争における最高のリーダーになりました。…アンブレラ・コーポレーションはまた、1918年に使用された大量生物兵器の最初の成功例であったスペイン風邪など、前世紀に発生したウイルスの発生の多くに大きく関与してきました。彼らはまた、香港インフルエンザ、ベトナム風邪、アジア風邪、そして最新のCovid-19パンデミックを開発し、放出しました。”と詳しい内容が書かれています。
 ACIOオフィシャルではクルーガー、サイバーライフ、ショアライン、トリニティ、デルファイ、ティフォンをポジティブなグループ。モナーク、メビウス、マルコフ、アンブレラ、ショーハウス、アラサカ、タイ・ヤングをネガティブなグループに分けています。“しかし、「肯定的」とレッテルを貼られた組織でさえ、「必要悪」と見なされる可能性のある少なくともいくつかの疑わしい活動に関与していることに留意することが重要です。…これらの企業の一部は、文脈に応じて複雑な意図を持つ可能性のある灰色の領域に入る可能性があります”と書いています。
 昨日の記事で紹介した「バイキング」のコードネームを持つ人物は、“フィールドコマンダーでグローバルレベルでのクリアランスは 64 か 65”だということでした。また、コーリー・グッド氏は58ということだったのですが、実は「9グループの秘密軍」のグローバルレベルでのクリアランスが58なのです。
 キンバリー・ゴーグエンさんは、“SSPで働いているならば、おそらくこの13のグループのどれかに所属しているはずです。”と言っていますが、コーリー・グッド氏の場合は、“最初の20年間は、侵入者迎撃・尋問プログラム、ASSR(補助特殊宇宙研究)、SRV(恒星間航行船)などに参加し、様々な経験と任務をこなしました。”ということです。
 恐らく、「侵入者迎撃・尋問プログラム」はタイ・ヤング、「ASSR(補助特殊宇宙研究)」はトリニティ、「SRV(恒星間航行船)」はサイバーライフによって行われていたものと思います。
 尋問プログラムのタイ・ヤングは、ネガティブなグループに分類されていましたが、ACIOオフィシャルの記事では、“中国の大手医療およびバイオテクノロジー企業です。…同社は、恐喝、サイバー戦争、スパイ活動、技術や企業秘密のあからさまな盗みなどを通じて、市場の他の競合他社を吸収して乗っ取る非常に積極的で一般的に違法な慣行で悪名高い。”と書いています。
 コーリー・グッド氏のSSPでのネガティブな体験は、「侵入者迎撃・尋問プログラム」によるものかも知れません。
 また、昨日の「バイキング」のメッセージやキンバリー・ゴーグエンさんの情報は、「影の軍隊」のセキュリティ・クリアランスのレベルよりも遥かに高いので、SSPの関係者は信じるのが難しいかも知れません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
影の軍隊の13のグループ|諜報機関はどのように構成されていたか|41人のコヴェンメンバーはまだ低迷している|パート2
引用元)
(前略)
もしあなたがSSPで働いているならば、おそらくこの13のグループのどれかに所属しているはずです。
(中略)
遺伝子組換えグループ2|サイバーライフ
 
サイバーライフは1650年に設立された。
(中略)
彼らはアンドロイドと呼ばれる人造人間ロボットの製造に特化していた。(中略)… 彼らは100年以上前からこのロボットを大量生産しています。
(中略)
遺伝子組換えグループ4|トリニティ
 
1881年、トリニティは結成された。世界各地で古代の技術を回収し、稼働可能な状態に修復することに重点を置いている。
(中略)
遺伝子組換えグループ5|デルファイ
 
デルフィは、第一次世界大戦中に毒ガスや化学兵器が多用されたことへの対応として、1918年にピーター・メイソンによって設立されました。
(中略)
遺伝子組換えグループ6|ティフォン

Typhonはドイツに本拠を置く。
(中略)
遺伝子組換えグループ9|マルコフ

マルコフは1923年に設立され、今回のリストで最も若い会社である。設計したのはアレクサンダー・マルコフ。彼は非常にエキセントリックなソビエトの精神医学の医師で(中略)… 個人の魂のエッセンスを捕獲し抽出するプロセスを完成させることができた。
(中略)

» 続きはこちらから