アーカイブ: 米国大量移民流入問題

[ジェイムズ・ペトラス氏]皇帝の激怒:世界をカオスで包んでしまえ!

 ユダヤ系アメリカ人でニューヨーク州立大学ビンガムトン名誉教授のジェイムズ・ペトラス氏の記事です。アメリカ国内の惨状と「皇帝」オバマやその取り巻きが創り出すカオス(混乱)について言及しています。
 文中に“デトロイトで、支払いのできない何万人もの貧しい市民に対して水道が閉ざされている”とありますが、その背景には全米に広がる有毒な藻の大発生のせいで、飲み水が貴重になっているのかもしれません。オハイオ州トレド市では、水道水が使用禁止になり、お店からペットボトルの水が一斉に消えたそうです。また、干ばつに苦しむカリフォルニア州では、居住地区に水を求めてガラガラヘビが出没するようになっているそうです。
 記事最後に「私は世界を指導する。アメリカの主導権か、さもなければカオスか、なのだ」と皇帝の心の叫びが表現されていますが、この皇帝と取り巻きが居座るかぎり、混乱と天変地異もなくなりそうにありません。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
皇帝の激怒:世界をカオスで包んでしまえ!
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[日本や世界や宇宙の動向]アメリカの南部国境沿いを国連部隊が占拠しました。

竹下雅敏氏からの情報です。
 すでにお伝えしている通り、カレン・ヒューズ女史はアメリカドルの崩壊とドルの切り下げによるアメリカでの飢餓の発生そして伝染病の蔓延を指摘しています。
 また7月21日の“エイリアンのアジェンダ”という記事の中で、“アメリカ中西部で世界最大の軍隊が結成される”という部分があり、この部分を原文から解釈すると、アメリカ人を大量殺戮するための軍隊が結成されるということであることが、翻訳チームの指摘により明らかになりました。
今回のこの記事によると、その軍隊は、アメリカとメキシコの国境から入って来る不法移民によって結成される軍隊であるということのようです。グローバルエリートの思惑通り進むとはとても思えませんが、それでもアメリカは、今後相当に苦難な道のりを歩まなければならないようです。それはこれまでアメリカが積み上げて来たカルマとして当然とも言えますが、今回のイスラエルによるガザの侵略行為を、キリスト教徒であるアメリカ人が基本的に支持しているというところから、カレン・ヒューズ女史の言う通り、今後アメリカに起こるこうした悲劇を避けることは難しいと思います。
アメリカの国民が飢餓に苦しんでいる時に、そのほとんどの食糧を輸入に頼っている日本人が、普通に暮らせると考える人は何の準備もしなくて良いでしょう。そう思わない人は、ずっと言っているように、少なくとも3か月から半年以上の食料の備蓄をしておいてください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
アメリカの南部国境沿いを国連部隊が占拠しました。
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/alternative/2014/07/huge-alert-border-patrol-agents-expose-un-control-of-us-border-outrage-2998686.html
(概要)
7月23日付け:国境監視員も、アメリカが北米連合に組み入れられてしまうと警告しています。



(概要)
国境で起きていることに耐えきれず国境監視員が辞職しています。彼らによると。。。アメリカは侵略されたのです。国連部隊がアメリカ南部の国境を占拠・支配しました。同時にWHOも国境沿いに派遣されました。現地で活動中の医師によると、不法移民の多くが伝染病に感染しているため、アメリカ全土に伝染病が蔓延しパンデミックとなるのも時間の問題だとのことです。

現在、アメリカの国境沿いで大変なことが起きているのです。アメリカの侵略は何年も前から組織的に計画的に企てられていました。
アメリカの侵略計画を継続させるために、2013年に何十億ドルもの資金が投されたのです。
サウスウエストキープログラム社は、不法移民を収容する施設を全米に建設するために政府から多額の資金を提供されました。現在、国境沿いで起きていることは全て仕組まれていたことだと米軍関係者も言っています。
大量の不法移民(多くがメキシコ人)を受け入れ、彼らを施設に収容した後、アメリカの特定地域に送り込むと同時にメキシコ軍も送り込みます。


結局、グローバル・エリートはアメリカの国境を取り払い北米連合を築きたいのです。

我々米国民はアメリカの主権と米憲法を守らなければなりません。彼らは米憲法を破棄したいのです。
北米連合ができてしまうと、アメリカ合衆国、カナダ、メキシコが国境のない1つの巨大な企業体に変容してしまいます。

大量の不法移民に対し必要なものは全て与えてから彼等を軍隊として訓練しようとしています。
彼らこそ選ばれた市民であり、グローバル・エリートの命令通りに動く兵士となります。

アメリカの国境監視員は国境で起きている事を非常に深刻に受け止めています。その状況に吐き気がするほどうんざりしています。さらに国境沿いでは麻薬密輸も横行しています。
メディアでは、米政府が受け入れている不法移民の多くが子供たちだと報道されていますがそうではありません。あらゆる種類の人たちがアメリカに流入しています。

不法移民を収容する施設の書類に署名しているのは国連職員です。さらに、どの不法移民をアメリカのどの地域に送り込むかということも国連職員が決めています。国連職員は、不法移民の取扱いについて細部まで指揮しているのです。
国連はこれらの不法移民を難民として扱うでしょう。難民ならばアメリカは彼らを正式に受け入れなければならないのです。既に、主要メディアは、不法移民を収容している施設を難民キャンプと呼ぶようになりました。
彼らは、国連によって難民に指定され、アメリカで保護されることになるでしょう。アメリカは何年も前から、こうなるように計画されていたのです。

もうじきアメリカという国がなくなってしまいます。これが世界を支配しているエリートのアメリカ侵略計画です。

[日本や世界や宇宙の動向]アメリカの大量移民流入問題・・・伝染病で手におえない状態に!

竹下雅敏氏からの情報です。
 この記事と3月10日に掲載した“カレン・ヒューズさんのインタビュー”という記事を再度読んでいただければ、彼女が言っていたことが本当になるという気がします。先の記事の中で“米ドルの崩壊は避けられません。…アメリカで疫病が流行り、多くの人々が飢餓に苦しむでしょう。これは信じがたいことですが、実際に起こるのです”とあります。今日のこの記事を見ると、まさしくその方向に向かっているということがわかります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
アメリカの大量移民流入問題・・・伝染病で手におえない状態に!
転載元より抜粋)
http://www.naturalnews.com/046030_illegal_immigration_infectious_diseases_Border_Patrol_agents.html
(概要)
7月17日付け:

Editorial-Use-US-Border-Patrol-Nogales-Mexico-Arizona

NaturalNewsによると、
国境を越えて大量に流入している不法移民の問題が始末に負えない状態になってしまいました。
国境監視員の多くが不法移民から現在のアメリカには存在しない伝染病を移されており、具合が悪くなっています。

ついに、国境監視労働組合は、彼らが持ち込んだ伝染病がアメリカ全域に広がる危険性があると警告しました。
あまりにも大量の不法移民がアメリカに流入しているため国境監視員はもはや対処できなくなっています。不法移民(子供たち)の多くが、結核や疥癬などの伝染病にかかっており、彼らに接触している国境監視員の間で伝染病が広がっています。

最初に1人の監視員が細菌性肺炎にかかりました。そして、多くの監視員がシラミや疥癬を移されています。監視員にとって非常に困難な事態になっています。

これらの不法移民は、意図的にアメリカ全域に送り込まれています。彼らが伝染病にかかっていることさえ知らない地方自治体もあります。伝染病に感染する危険性は国境沿いだけに限られません。危険性が全米に広がっています。不法移民の子供たちが密かに全米に送り込まれているのですから。。。

国境監視員の多くが、何十年も前にアメリカで消滅した伝染病にかかっています。そして、これらの伝染病が全米に広がるのは時間の問題ではないかと懸念されています。

http://www.naturalnews.com/046030_illegal_immigration_infectious_diseases_Border_Patrol_agents.html#ixzz37me397zv