アーカイブ: 裏天皇

[竹下雅敏氏]大正天皇の子女の配偶者及び、昭和天皇の子女の配偶者の血筋 〜明治維新を首謀し、日本を支配する血筋〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 11月16日の記事の系図を見ていただくと、明治天皇の子女の配偶者がすべて伏見宮家の出の者だということがわかります。今回はさらに、大正天皇の子女の配偶者及び、昭和天皇の子女の配偶者の血筋がどうなっているかを調べました。
 下に簡単な系図があります。ご覧になると、わずかな一族によって占められているのがわかると思います。伏見宮家、鷹司家、徳川家、松平家、島津家が目に留まります。
 これらの系図からわかることは、明治維新がこれらの家柄の者たちによる陰謀であったということです。この系図に出て来る家系の者たちが、日本を支配する血筋だと言えます。彼らと財界人との間に姻戚関係による強固なネットワークが築かれているはずです。
 おそらく、彼らの家系の当主に当たる人物のみが裏天皇と八咫烏の秘密を明かされ、代々裏天皇に仕えて来たのだと思います。天皇財閥と言う言葉がありますが、本当は裏天皇財閥というのが正しいでしょう。表の天皇は国民の目を欺く仮の姿なのです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
皇室の構成図
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

————————————————————————

————————————————————————

[竹下雅敏氏]明治維新の陰謀の中心にいた久邇宮朝彦と伏見宮家 〜八咫烏の存在を認識しなければ、根本的な部分は何もわからないまま〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 最初の3つの記事は、すでに取り上げたものです。記事の中で太字にした部分は、正しい情報だと思われる部分です。これらの情報を見ると、貞明皇后を中心として様々な疑惑があり、それぞれの見解は微妙に異なっているのがわかります。こうした情報を元に真偽を調べ、それをわかりやすい系図にしたものを作りました。
 これを見ると、明治天皇の4人の娘はすべて伏見宮家の男性と結婚していることがわかります。それだけでなく、久邇宮朝彦の4人の子が、それぞれ貞明皇后と関係を持ち、子供をもうけていることもわかると思います。これらのことから、明治維新の陰謀の中心に伏見宮家があったことがはっきりとわかります。おそらく、久邇宮朝彦こそ陰謀の中心人物だったと考えられます。私の直観では久邇宮朝彦と息子の多嘉王は、孝明天皇、睦仁親王(初代裏天皇)を守護する八咫烏の12烏だったと思います。
 明治以降の歴史において、現在、ようやくフリーメーソンが大きな役割を果たしたことが認識されて来ました。しかし、八咫烏の存在を認識しなければ、根本的な部分は何もわからないままではないかと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
渡辺監督が語る最新作『天皇伝説』の過激な内容とは!?
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

――――――――――――――――――――――――
陰謀論も現実に起こってしまうと、ただの歴史的事実として記録されるのみ!
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

――――――――――――――――――――――――
自民党清和会の源流。
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

――――――――――――――――――――――――
大室家子孫の驚くべき証言
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

» 続きはこちらから

[Martin Island 他]落合秘史「堀川政略」で幕末史の謎を解く 〜孝明天皇の偽装崩御 気の感覚から分かる死亡日時〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 初めの記事は、落合莞爾氏の堀川政略について簡潔にまとめてくれています。孝明天皇は幕末の1866年に35歳で亡くなったことになっていますが、実は偽装崩御であって、その後も生き延びたことが示されています。
 “続きはこちらから”以降の記事は非常に興味深いもので、この記事の内容が事実だとすると、孝明天皇は“少なくとも1904年まではご存命であったのは確実”とのこと。
 2014年10月25日の時事ブログのコメントで、“実際には1908年(77歳)頃まで生きていたと思います”と記しているのですが、そんなに間違ったことを言っているわけではないのがわかっていただけると思います。
 この部分は私の直観に基づく判断ですが、取り立てて難しい技術を使っているのではありません。単に孝明天皇の肉体に意識を合わせると、1900年ではまだその存在が感じられるのに対し、例えば1910年では感じられないのです。こうして間を狭めて行くと、死んだ年代だけでなく、日時まで特定することが可能になります。
 気の感覚を開けば、誰でも同じことが出来るようになります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
落合秘史「堀川政略」で幕末史の謎を解く -2-
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]八瀬童子…天狗見習いだったのでは 〜イスラエル・ユダヤの末裔〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 天狗は、古代イスラエル人の姿だと言われています。彼らは不思議な術を使ったため、いつしか天狗の姿で表現されるようになったのでしょう。烏天狗という言葉を聞いて八咫烏を連想するのは、私だけではないと思います。天狗として一人前になる前に、見習いも居たはずです。
 記事の八瀬童子は、天狗見習いだったのではないかと想像します。八咫烏の装束は天狗と同様です。全身が白でズボン状です。ところが写真を見ると、八瀬童子は袴のような恰好であることがわかります。私はヴィジョンで裏天皇・前田ゴロウの姿を見たことがあるのですが、90歳前後の老人で、髪は短く丸顔で非常に厳しい表情をしており、服装はこの八瀬童子とそっくりでした。頭の被り物はありませんでした。
 彼らの伝承を見ると、“鬼の子孫で…鬼と言っても角のない鬼”とのこと。彼らが見習いを卒業すれば、正式に天狗の仲間として受け入れられるのだと思います。最後の記事では、「不思議な能力で天皇を守る“天皇の忍者”」として描かれたとあり、八咫烏との共通性を見ることが出来ます。
 冒頭の記事では、彼らは“結束が固く、その実像は長く明らかにされてこなかった”とありますが、おそらく間違いなく、イスラエル・ユダヤの末裔だと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
われらは八瀬童子~悠久の山里に生きる人々 11月16日(日) 放送
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

――――――――――――――――――――――――
八瀬童子
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

――――――――――――――――――――――――
京都発見(三)―洛北の夢―
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]下賀茂神社で開かれた「蛍石の茶会」と八咫烏のメンバーの一部(2004年6月12日現在)

竹下雅敏氏からの情報です。
 秘密結社八咫烏の基本的な構造は、2014年12月9日の記事で、説明した通りです。ただ、2014年12月15日の記事のコメントに少々誤りがあったようで、今回訂正します。
 70人程度の集団があり、その頭の名前が川端のようです。この上に12烏がおり、この12名は天皇の金塊である“黄金の百合”の管理人に仕えていると思います。さらにこの上に3羽烏が居て、裏天皇に仕えるという構造ではないかと思います。
 以下の記事で、基本となる情報を押さえておきました。ポイントは、2004年6月12日に下賀茂神社で「蛍石の茶会」が開かれ、そのメンバーの情報が出て来ていることです。これらの人物は、ほぼ全員が八咫烏のメンバーです。この茶会を主催した人物は、記事によると日本ユダヤ学会を率いている人物のようで、彼が新しく12烏のメンバーとして昇進したことを彼らの神に報告する儀式だったのではないかと考えます。
 12烏のメンバー全員の名前はすでにわかっているので、いずれ公開するつもりでいます。彼らの名前を調べるには、現在の皇室に繋がる系図を調べる必要が出て来ます。いずれ、より詳しい解説をするつもりです。
 今回のものは、2004年6月12日現在での八咫烏のメンバーの一部を表記しました。現在は宮沢喜一氏がすでに死亡していることもあって、別の人物と入れ替わっています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
日本の正体
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

――――――――――――――――――――――――
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

――――――――――――――――――――――――
闇の組織総合スレ
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

――――――――――――――――――――――――
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

» 続きはこちらから