アーカイブ: 911

[嗚呼、悲しいではないか!]ハザールマフィアの隠された歴史②(続き)

竹下雅敏氏からの情報です。
 非常に面白い内容で、興味のある方は、元記事にさらに詳しい情報がありますので、そちらをご覧ください。
 記事によると、“非常に厳粛なメッセージ”がネタニヤフらに伝えられていて、もし偽旗攻撃を行なった場合、それを命令したか関わった者は、“追い詰められて削除される”とのことです。予想した通りの事が起こっているようです。彼らが出来なければ、「銀河連邦」が行うので、いずれにしても闇の者たちが生き残る術はありません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
ハザールマフィアの隠された歴史②(続き)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[ベテランズ・トゥデイ]プーチン大統領へ、私たちは世界平和に必要不可欠な資料の公開を要求します / 元米国大統領大量殺人で告発 

 フルフォード氏が“ペンタゴンの良心派の運営するサイト”と紹介しているベテランズ・トゥデイの記事です。
 1つ目の記事は、ベテランズ・トゥデイのゴードン・ダフ氏がプーチン大統領に宛てた資料の公開要求です。
 ベトナム戦争の捕虜中にジョン・マケインが行なった“32回分のプロパガンダ放送を録音したテープ”があり、その中で“アメリカが北ベトナムに対して生物戦争を行った”と白状しているようです。参考に付け足した動画では既に“私はベトナムの人々に対する戦争犯罪で有罪でした”と白状しています。
 またジョセフ・リーバーマンとジョン・マケインが行動を共にしている部分がありますが、フルフォード氏によると2人は、911後に大統領と副大統領の座に付き、イラン、ロシアとの戦争に持ち込むシナリオを描いていたようです。
 あと、時事ブログで紹介された“9.11の米政府関与の証拠となる衛星写真”のより具体的な内容が書かれています。
 下の記事からもブッシュ・ナチ陣営が相当追いつめられていることがわかります。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ロシアの911資料の内容がさらに具体的に明らかになる
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
» 続きはこちらから

[日本や世界や宇宙の動向]米DHS国土安全保障省は消滅の危機? 〜ヒラリー・クリントンの起訴、ニューヨークタイムズ紙による爆弾記事〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 DHS国土安全保障省が、財政難で閉鎖されるか否かという状況のようです。今のところ、一週間の期限付きで閉鎖を免れているようです。
 CIAがどうも事実上機能していないらしく、これらのことを考え合わせると、下の記事にあるヒラリー・クリントンの起訴、ニューヨークタイムズ紙による爆弾記事の掲載は、あり得るのではないかという気がします。
 様々な過去の悪事が噴出して来て、もはや抑えきれないという感じがします。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
米DHS国土安全保障省は消滅の危機?
転載元より抜粋)

http://beforeitsnews.com/alternative/2015/02/dhs-is-now-un-funded-video-only-stop-gap-funding-keeps-it-on-lifeline-apocalypse-looms-large-3114944.html
(概要)
2月28日付け:
金曜日にDHS国土安産保障省は政府から財政的支援を受けることができなくなり、1週間の期限付きの財政支援という応急処置を受けました。

オバマも2ヶ月前に上院で大敗しましたから、政治生命を守るための救命索が必要です。
オバマのアムネスティが禁止されました。
DHSは財政支援を受けることができなくなりました。

トランプ氏はオバマの出生証明書を確認したがっています。
米政府はDHSの閉鎖を避けるために、1週間限定の財政的支援を提供することにしました。

americaflag2

米下院でも、DHSを一時的に財政支援する法案が357対60で可決されました。その後、オバマ大統領によって署名され、DHSの閉鎖がまぬがれました。

――――――――――――――――――――――――
転載元より抜粋)

http://www.tomheneghanbriefings.com/
(概要)
3月1日付け:

トム・ヘネガン氏によると:

中国の金融大崩壊が差し迫っています。大量の負債が焦げ付いており、中国の金融崩壊により世界中が影響を受けます。
現在、米シティ・バンク、ホンコンHSBC、日本銀行は、クロス・コラテラルの75兆ドルもの焦げ付き負債(全く価値がなくハイブリッドとなるだろう。)を抱えています。土曜日に中国人民銀行は緊急処置として金利を引き下げました。
詳細はこちらから:
http://www.zerohedge.com/news/2015-02-28/china-cuts-interest-rates-takes-number-central-banks-easing-2015-21

P.S. : ニューヨーク司法長官と愛国者のエリック・シュナイダーマン氏は、クリントン財団法人と米シティバンクがヒラリー・クリントン元国務長官と共謀し、海外企業体や外国政府による大規模なマネーロンダリングとタックスヘイブンに手を貸したことを示す証拠を入手しました。

シュナイダーマン氏はニューヨークのアルバニーの大陪審を名簿から選びました。ヒラリー・クリントンはもうじき起訴されることになります。

さらにニューヨーク司法長官を任命したニューヨーク州知事は、シティバンクが保管しているクリントン財団法人に関する資料を廃棄し証拠隠滅を図ったことが分かっています。

unnamed
unnamed-2
unnamed

米財務証券を大量に強奪した国事犯たち・・・ブックキーパーのバーバラ・ブッシュ、息子のジェブ・ブッシュ、そしてヒラリー・クリントン

» 続きはこちらから

[Sorcha Faal]9.11の暴露をオバマが恐れたせいなのか、アメリカの著名ニュースキャスターのブライアン・ウィリアムズが降板、他3名の記者が殺される

翻訳チームからの情報です。
 2015/02/16に紹介された“9.11の米政府関与の証拠となる衛星写真”の件ですが、探しても見当たらないので、まだ一般公開されていない可能性が高いようです。記事にあった“2月7日に出版された”というのは、正しくは告知をしたネタ元のプラウダ紙の記事が“2月7日に公開(掲載)された”ということのようです。
 ただし、9.11の米政府関与の証拠となるような情報公開が進められているのは、下の記事(情報提供:Yutika)からも明らかではないでしょうか。アメリカの著名ニュースキャスターのブライアン・ウィリアムズが降板させられ、24時間以内に同僚3名が死亡する事件があったのですが、“この4名が独立系ニュース映像会社を立ち上げ、2001年の9.11【テロ】攻撃に関する証拠が収められているクレムリンの最高機密保管庫へのアクセスを得るために、安全保障上の必要な書類を提出した”翌月に起こった事件のようなのです。またこのニュース映像会社の中心人物のディヴィッド・カール氏は、“エドワード・スノーデンの擁護者”とあり、“スノーデン氏へのインタビュー後急死(情報提供:acco☆彡)”しています。このことからも“スノーデン情報が裏付けとなる9.11情報の決定打”となる情報公開が進められているのではないかと推測できます。
 ただ、記事にもあるように暴露を恐れる勢力による粛正は、今後も大手メディアだけでなく、非主流メディアや一般市民にまで及びそうです。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
9.11の暴露をオバマが恐れたせいなのか、アメリカの著名ニュースキャスターのブライアン・ウィリアムズが降板、他3名の記者が殺される
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[嗚呼、悲しいではないか! 他]911衛星写真公開か(ロシア)/ CIA本部が閉店中!

竹下雅敏氏からの情報です。
 1つ目の方は、元記事によると、ロシア語から翻訳され2月7日に出版されたとありますので、記事にある9.11の米政府関与の証拠となる衛星写真は、すでに出ているものと思います。何とか見つけ出して拡散したいものだと思います。
 下の記事では、CIA本部が“なぜか突然封鎖された”とのことで、一体アメリカで何が起こっているのでしょうか。こうしたことを見ていると、アメリカの崩壊は確実だと思います。今年の何時になるのか、経済崩壊の後になるのかわかりませんが、滅びることは確実だと思います。アメリカ、イスラエルと共に日本も滅びるつもりなのでしょうか。安倍政権を見ていると、そう思いたくなります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
911衛星写真公開か(ロシア)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

» 続きはこちらから