アーカイブ: ベンジャミン・フルフォード

[嗚呼、悲しいではないか!]フルフォードレポート英語版(9/2)〜追い詰められるFRBの所有者たち

竹下雅敏氏からの情報です。
 文中面白いと思ったのは、“現金を印刷して直接平均的アメリカ人に手渡せ”という記事が出ていることです。私は始めからこうすれば、アメリカも日本もデフレの危機を脱出することが出来ると言い続けて来たのですが、FRBを存続させたいと思っている連中が、ついに切羽詰って本当の事を言い始めたということです。
しかし闇と戦っている勢力は、中途半端な経済の改善ではなく、根本的な金融システムの変革を求めていて、現在の中央銀行制度を無くそうとしているわけです。中央銀行が民間で、ある一族の所有物であるということは、誰が考えてもおかしな話です。改革によって、完全に国有化し国民のものにすることで、経済危機は直ちに無くすことが出来ます。
何度もコメントして来たことですが、FRBの所有者たちに払う利息のために、アメリカは所得税を導入しなければならなかったのです。逆に言えばFRBを国有化することで、所得税は無くせるのです。私はさらに最高賃金を導入すべきだと考えています。そうすれば、医療および、大学までの授業料は完全に無料になるでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォードレポート英語版(9/2)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[ベンジャミン・フルフォード氏]日本がいち早く外国人マフィアから独立しなければならないんだ

 これまでの流れの総まとめになっており、また世界の混乱の原因が浮き彫りにされています。時事ブログでの指摘があったように日本が外国人マフィアの資金源になっており、日本がそこから独立できれば、問題は一気に解決する方向に向かうことが良く分かります。また、そのためには“日本の自衛隊の幹部とか、官僚の幹部と、ペンタゴンの正規軍と話し合いをして、日本銀行の公共化をして、日本の独立を再起動させる”ことが得策とのこと。
 文字起こしを付けていますが、是非動画をご覧になって気持ちを奮い立たせてくれるようなフルフォード氏の勇気を感じてみてください。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
国家非常事態対策委員会 2014 0828  ベンジャミン・フルフォード参戦
転載元より抜粋)

司会
今日は何か、ベラルーシのミンスクで行われましたウクライナ解決のためのプーチンとポロシェンコの話の内容とか、アメリカの権力の構造について、いろいろとベンジャミンさんを中心にお話をお伺いできればということになっておりますのでよろしくお願いします。

ベンジャミン・フルフォード氏今ウクライナで起きている事は、単独で見ればわからないんです。実は今、もっと大きな流れの中で分析しないと真相は見えないんですけれども、今、何が起きているかと言うと、嘘の事件を起こして捏造して、謀略戦争をやり続けたアメリカに対する世界の多くの国が、呆れ感を持っているんですよね。

で、今、180カ国のBRICS同盟が、もうちょっと平和的な、常識的な世界運営に変わろうじゃないかと。一部の欧米貴族マフィアによる世界支配を終わらせようとしている。で、最近何が起きてしまったかと言うと、ヨーロッパ、特にドイツ、フランス、イギリスの政府は、アメリカを乗っ取ったマフィアと決裂しようとしているんですよ。で、アメリカを押さえている連中はですね、特に大きな民間傭兵会社、石油会社と軍事会社、あと軍事研究所、ランド研究所とか、CSIS、マイケル・グリーンという日本を管理しているモサドとか、リチャード・アーミテイジというナチス殺人犯、麻薬犯が管理している所が、それを止めようとしているんですよ。

彼らの戦略として、ヨーロッパのエネルギーのツボを抑えることなんですよ。そのツボと言うと、1つはウクライナ経由でロシアがヨーロッパに供給しているパイプラインを切断しようとしている。そういう脅し。もう1つは、ヨーロッパにガスを送っているイラクにあるパイプラインを抑える。

要するに、ISISというイスラム国家で、今、中近東で騒いでいるのとウクライナで騒いでいる軍隊は同じ大元なんですよね。それはヨーロッパがアメリカから離れさせないための工作なんですよ。

で、ロシア側はそれに対抗するためにですね、当然ながら、常識的な正義のある事を言っているんですよ。要は、国際問題を平和的に解決しましょうとか、その紛争とか戦争ではなくて、建設的な事をやりましょうじゃないかとか。

と同時に、ウクライナの東地区、今、問題になっている地域はですね、ウクライナのその経済基盤でもあるし、ロシア民族なんですよ。要するに、ロシア語を喋る、自分たちはロシア人のつもりの人間が住んでいる地域なんですよ。その地域は、ロシアの一部になろうとしているんですよ。で、ロシアは取りあえず国際法を無視できないから、建前上、断っているんですけれども、最終的にその地域がロシアの一部になるんですよ。

とにかく問題は、今、日本なんですよ。日本が、そういう外国マフィアに乗っ取られたままですとですね、日本がどんどん沈没してしまいます。日本からお金をどんどん毟り取っているけれど、これ以上取れないんですよ。だから消費税引き上げ、軍事予算引き上げ、そして今度また何とか税という新しい追加税を予定されているんですけれども、これは全部日本のためではなくて、日本の政府のためではなくて、さっき言った、外国マフィアに貢ぐためのものなんですよ。だから日本がいち早くこの日本がこのマフィアから独立しなければならないんだ。 

で、更に言いますと、ペンタゴンの正規軍は、これは紛争には参加してないんですよ。ウクライナで問題を起こしているのは民間傭兵会社。前はブラックウォーター。今度、Xe。次、アカデミ、今度グレイストーン。次、ISISという名前でポロポロ変わっているけれど、要は、雇われ傭兵がどんどん名前を変えて、その石油会社や軍事産業のために悪さを起こしているんですよ。

これはペンタゴンとかアメリカの正規軍とは別なんですよ。だからこういう人たちと喧嘩する事イコールアメリカと決裂する、ではない。アメリカ人を解放させるために日本もこのアメリカの正規軍と組みながら、この外国マフィアと訣別しなければならない。

リチャード・アーミテイジ、マイケル・グリーン、ジェラルド・カーティス。具体的な名前は挙がっているので、その人たちは出入り禁止になろうとしているんですよ、今。アジア地域から。

あと、オバマ政権の実質的な権力者でバレリー・ジャレットという人。こういう問題が今、起きつつあって、9月末にもう1回アメリカのケイサンビ(?)が起きてて、今度こそほんとに乗り越えられるかどうか。倒産を避けられるかどうかと非常に難しい問題になっているんですね。その前にいろんな所で悪さをしているんですよ。

だからアフリカで生物兵器をばらまいている。ね。エボラは、これは自然のものではない。
それから中近東でISISという何かよくニュースにも出ているんですけれども、この間なんか、頭を切断事件を起こしているけれど、こうやって切っているのに血が出てないじゃない。もうボロボロなわかりやす過ぎる嘘をついているんですよね。

でも要するに、そのISISというのは、モサドというイスラエルの参謀のサイモン・エリオットが長官なんですよ。アブー・バクル・アル=バグダーディーというイスラム過激派を演じながら、本当は工作員。役者なんですよ。まあ、そんな役者を使って、世論操作を起こして、泥棒をやっている人たちにはもう世界支配を委ねてはならない。

日本がこの人たちから独立すればやっぱりそれで勝負がつきます。そしたらもうすぐにドイツ、フランス、イギリスも訣別しようとしている。アメリカ国内でペンタゴンなども訣別しようとしているから、問題は、ワシントンにいるマケインとかバイデンとか、そういった昔からの雇われ政治家。それからウォール街の財閥ですね。フォーチュン500を財団経由で持っている家族群れですね。ロックフェラー、ロスチャイルド、ウォーバーグなどあの連中ですね。それからテキサスマフィア。アリゾナ麻薬マフィア。その辺が、今問題の最後の所でしょうね。

司会日本がその外国マフィア、要するにアメリカ自体は正規軍とかと組んでということで、要するにアメリカの上層部を牛耳っている外国マフィアから独立すると。切るという方法としては、何か具体的な方法はどういう風にしたらよろしいでしょうかね。

ベンジャミン氏:あの、やはり一番手っ取り早いのは日本銀行国有化ですね。そうすれば、潤沢な資金が手に入るんで、それを使って日本にあるアメリカ軍を指示しつつ、もし日本銀行を公共化すればですね、消費税上げる必要ない。逆に廃棄できます。それから、あらゆる公共事業など政府の支配は、税金と借金なしにできるようになります。だからそれが何よりもポイントなんです。今は、日本人から搾り取られている金は、外国犯罪組織に渡すためになっている。日本の国家のためでもない。日本の景気対策のためでもない。所謂、脅されて取られているものなんですから、やっぱり日本ができることはそれが一番ですよね。

司会:はい。その日銀の国有化ということになってくると、まあそれだけのものを独立させるためには、その首相の決断か、或は国民全体の応援なのか、だってこれだけの恐ろしい外国、巨大な外国マフィアから命を狙われますよね。そういう事を企てたら。

ベンジャミン氏:まあ、向こうも狙われているんですからね。一方通行ではないですよね。それはあの人たちもどんどん今は死んでいるんですからね。でまあ、我々もとっくに、僕もとっくに死んだつもりですからね。(笑)

要は、あの多分、今殺しても事が止まらないんですよ。要するに、もう知っている人はもう知っているんで。もう止まるどころではないから、要するに、世界の多くの政府、軍事機関、参謀機関はもうわかっているんで。だからこれ、ほんとに崩壊前のソ連みたいな状況にはなっているんですね。

11:50
» 続きはこちらから

[フルフォード氏]金融システムに何か起こる可能性を示唆、捏造された事件の真相、世界情勢など

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の赤字部分から、今週中に何か大きな変化が、特に金融システムに関して起こる可能性があることがわかります。もちろんこれまでも何度もこうした予測は延期されて来たので、それを考慮に入れなければなりませんが、いずれ金融システムに大きな変化が起こることは間違いありません。
 彼らは自分たちの破滅を少しでも先延ばしにするために、各地で混乱を作り出しているようですが、“世界の軍部や情報機関の人たちには、もはや信じてもらえない”ようで、彼らが思う方向に世界が動くことはもはや無いと思われます。
記事の後半部分で触れられていますが、日本は“徒党支配を終わらせるための戦いにおいて、重要な戦場のままである”とのことです。私も同様に感じていて、日本はなかなか厄介な国だと思っています。政治家・外交官はもちろんですが、世界情勢を正しく認識している人がほとんどいないということが、大きな問題点なのだろうと思います。
あらゆる分野で誰かあるいは何かに依存しており、自立出来ていないと感じます。アメリカに依存し、アメリカの目を通してでなければ、世界を見れないというのは、かなり厄介な病理です。ネトウヨにしても、あべぴょんが中国・韓国に強く出ているだけで喜び、安倍政権を支持していますが、地球にとって害悪のような国がアメリカであることを、理解出来るとは思えません。
こうしたあまりにも精神的に幼い人々が、それに輪をかけたような安倍首相を支持しているレベルでは、日本の改革はかなり先のことだと言わざるを得ません。そうなると、世界とのギャップがますます大きくなり、そのしわ寄せは、必ずいつかどこかで現れて来ます。実のところそれがこわいのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
フルフォードレポート英語版(8/26)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[フルフォード氏]さまざまな秘密結社の間で交渉されている地球の長期シナリオ

竹下雅敏氏からの情報です。
 現在ウクライナを含め、中東が激変している最中ですが、これはアメリカ・イスラエルの思惑が外れて、結果的にまったく別の形になるのではないかと思っています。今回のフルフォード情報はそのことを示唆するものになっており、大混乱に見えるものの、しっかりコントロールされていると感じます。文末の警告部分ですが、確かにNWO(新世界秩序)を指向する巨大企業を何とかしなければならないと思います。
フルフォード氏が指摘するように、彼らが目指す国際秩序はファシズムなのです。このことはナイキなどの巨大企業が、事実上児童労働や奴隷による労働で成り立っていることからわかると思います。多くの人々がグローバリズムに替わる本来の経済システムを理解出来ていないので、こうした悪人の論理に誤魔化されてしまうのです。
時事ブログでは何回も未来の経済システムとして、プラウトを紹介しています。
 資本主義すなわち株式会社という企業の形態が、そもそも正義に反するということに、多くの人は気づかないようです。どうして社会に何の貢献もせず、働きもしない寄生虫のような存在が、親から株式を譲渡されただけで一生遊び暮らすことが許されるのか。ところが彼らの理屈では、懸命に働いて生活の糧を稼ぐのが精一杯の人々を“無駄飯食いの役立たず”だという理由で、こうした余剰人員を9割方地球から排除しようとしているのです。彼らは、どちらが本当の寄生虫なのかということすらわからないようなのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
フルフォード8/12英語版
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[嗚呼、悲しいではないか!]世界金融専制政治と戦う原告ニールFキーナンとその仲間達 〜カレン・ヒューズ女史について〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 文中、カレン・ヒューズ女史についての言及があります。私は、彼女は悪人だと思っていないので、本当にIMF・世界銀行の改革をやっているのだと思います。ただし、彼女は結局のところ、NWO(新世界秩序)の穏健派、すなわち欧米の王族を中心とする連中に騙されているかも知れず、この記事を読むと、彼女はIMFがアジアの長老たちの所有する金塊を盗み取る手先として使われていた可能性があります。
彼女が言うように、IMFが金本位制への移行を宣言出来るとすれば、その担保となる莫大な金塊をIMFが管理出来ていなければなりません。クリスティーヌ・ラガルドは改革と称して、カレン・ヒューズ女史を抱き込み、金塊を騙し取るつもりだったと考えれば、確かにIMF主導による金本位制の宣言が可能になります。
問題はこの宣言後に、本当にカレン・ヒューズ女史が言ったような地域主権型の経済システムに移行するのか否かということですが、これまで権力を手放さなかった王族連中が、地域主権型の経済システムを容認するとは考えられません。やはり、BRICS新開発銀行を中心とする新しい人々の手を介したシステムの方が、確実だという気がします。その意味でIMFによる略奪が失敗したということは良かったと思います。
この一件でカレン・ヒューズ女史は、新金融システム構築の舞台から排除される事になると思います。しかし彼女自身は悪意を持っている人ではないので、今後のことについては様子を見ておきたいと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。