アーカイブ: ベンジャミン・フルフォード

[フルフォード情報]プーチンが示唆した金融危機を終わらせる方法について 

竹下雅敏氏からの情報です。
 文中気になる部分があります。“プーチンは金融危機を終わらせる方法は全てのロスチャイルドファミリを殺すことだと示唆している”という部分で、プーチンが本気でこのように考えているとすれば大問題です。プーチンや習近平はナサニエル陣営に属しており、指令の中心に居るのはジェイコブ・ロスチャイルド及びナサニエル・ロスチャイルドであるからです。彼らが居なければ地球はすでに第三次大戦に巻き込まれていたと考えられ、この2人の英雄的な活躍のおかげで、現状に至っているからです。銀河連邦の指示やアドバイスに対して、素直に従ってくれるのはこの2人くらいのものです。その意味で彼らは人類の恩人だと言っても言い過ぎではありません。
 プーチン、メルケル、フランシスコ法王らは表のイルミナティに属する者たちで、表のイルミナティを支配するのが古代メーソンの流れをくむいくつかの家系の集団です。ひょっとするとプーチンはその支配層の家系集団の誰かから指令を受けて動いており、ジェイコブやナサニエルが自分たちの仲間であることを知らないのかも知れません。あるいは知っていて敵の裏をかくつもりなのかも知れません。
 確かに、これまでの近代の戦争や紛争のほとんどにロスチャイルド家が関わって来たと言えると思いますが、この2人は心から改心しており、人類の黄金時代に向けて積極的に活動してくれています。その意味で、過去は過去としてあるレベルの話は大目に見る必要があると思います。
 私の考えは、罰というのはあくまで罪を犯した者に対して反省を促すためのもので、心から反省をしている者にそれ以上の罰は必要が無いというものです。例えばフランシスコ法王の儀式殺人ですが、彼がこれらの過去に犯した罪を心から悔いているのであれば、私たちはそれを許さなければならないと思います。これからの彼の行動が大事なのです。しかし自分が過去に犯した罪を隠そうとして更なる罪を犯せば、それは許されることはないでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
4/29フルフォードレポート英語版
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[フルフォードレポート]米軍産複合体の各派閥との対話で合意された重要な点を列挙

竹下雅敏氏からの情報です。
 文章からはフルフォード氏の苛立ちと共に、最後の最後に早まって事を台無しにしてはいけないという自粛の気持が感じ取れます。逆に言うと、それ位徒党たちはいつ崩壊してもおかしくないところに来ているということなのです。彼らが素直に降参するわけはなく、また法に従うはずもないので、おそらくアメリカは革命となると考えます。
 これまで報じているように、バンディ一家の事件がその引き金となる可能性が高いと感じます。ただそれと、文中にある国際金融システムの根本的な変革は別のことです。基本的には、世界の不平等は最高賃金を定めれば済むことです。フルフォード氏が挙げている合意事項の中に、世界共通の最高賃金を含めるべきです。そして各国の通貨供給量は、専門家によって正直に計算されたGDPに基づいて発行されるべきなのです。そうすれば、これは学問あるいは科学の領域の問題であって、誰が通貨供給量をコントロールするかという権力争いの問題ではなくなるからです。要するに、通貨供給量はそれぞれの国民が、そしてその地方の人々が決めることになるのです。いつまでも権力争いをやっているようでは先に進みません。
 権力を手放そうとしない人間たちは、いずれ犯罪の程度に応じて上から順に滅ぼされて行きます。3年後にはこうした愚か者たちは、地球上から居なくなるでしょう。権力と心の平安、すなわち幸福とは相いれないものです。地球上の出来るだけ多くの人たちが、権力ではなく幸福を求めるようになること、すなわち目標を追い求めることではなく今起こっていることをありのままに理解すること、それが本当の目覚めであり、革命だということなのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
フルフォードレポート英語版4/22
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[フルフォード氏]降伏するか死かの岐路に立たされている犯罪徒党

竹下雅敏氏からの情報です。
 フルフォード氏のレポート内容が、より具体的なレベルに踏み込んで来ており、先の記事のコメントでも示したように、「光の銀河連邦」に属する者たちが全員処刑され、今誰も残っていない状況なので、次はこの記事にあるように、徒党の処分ということになります。上からの命令に従って悪をなしていた者たちは、そうした圧力の部分も考慮に入れられているので、上から順に滅ぼしていくのです。
 圧力が無くなった時点においても、なお自らの意志で悪をなす者たちは、彼らと同様に処刑され、滅びます。このような手段を用いなくとも、重要でないチンピラのような連中は放っておかれるかも知れません。ただこれらの連中も、3年後には地球から消え去ることでしょう。
 2011年の始め頃に、9.11を起こしたような連中が逮捕されるか殺されるだろうということを、フルフォード氏や私は主張していたのですが、その当時はこのような言説を、ほとんどの人は信じなかったことでしょう。しかし今や、それが現実のものになろうとしています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
フルフォードレポート4/14
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[フルフォード氏]貧困を終わらせ環境破壊を止める計画を支持している国々と徒党の悪あがき

竹下雅敏氏からの情報です。
 貧困を終わらせ環境破壊を止める計画を支持している国に、ロシアはともかく、英国と北朝鮮が入っているのは興味深い事です。NWO(新世界秩序)を目論む連中は、自分たちが敗北したことを知っています。しかし素直に降伏するような者たちではなく、最後まで悪あがきをするに違いありません。今後も様々な事を行って来る可能性がありますが、大事には至らないでしょう。
 皆さんからすれば、神々・宇宙人はなぜ予めテロなどの事件を封じ込めないのかと思うでしょうが、彼らが事を起こさなければ、死刑を宣告する事が出来ないからなのです。決定的な大事には至らないようにきちんとコントロールされています。例えば核テロを起こそうとした者は、直ちに処刑されてしまうでしょう。もちろん核は爆発しません。その程度の科学力は、当然宇宙人は所有しています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
フルフォード英語版4/1
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[フルフォード氏]中東における急激な変化とバンダル王子の働き 〜第3次大戦の消失〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 神々が"光の銀河連邦"を滅したことで、今後世界は急激な変化をすると考えられます。第3次大戦への圧力は完全に消失しました。フルフォードレポートでも、変化の様子が感じられます。レポートの中で"興味深いものは、特に中東における急激な変化"とあり、これは以前に私がサウジのバンダル王子がナサニエル陣営に寝返り、シリアの転覆ではなく、別の重要な任務をしていると言っていた事を裏づけます。
 第3次大戦を画策していた者たちと、原発を維持しようとしていた者たちは重なるので、マレーシア航空370便の一件で、彼らはこの両方を諦めたことになります。今後日本でも変化があるでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
フルフォードレポート3/24英語版
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。