アーカイブ: ベンジャミン・フルフォード

21/06/07 フルフォード情報英語版:世界の軍事・諜報機関が欧米の文民政権を排除

 5月31日(月)フルフォード・レポート(英語版)です。ちょっと長めです。かなりの粛清が進んでいる模様。今回はイギリス情報が多いです。世界の軍事と諜報機関は、夏までに悪魔崇拝に乗っ取られた民間政府を大両虐殺に関与している疑いで排除する予定。まずはネタニヤフ首相だとか。
カバール上級メンバーの粛清がすでにスタートしているようで、アメリカ大陸にいるMI6によるとビル・ゲイツは消え、すでにカバールメンバーから外れているとのこと。(前回のレポートでは処刑が確認できたとフルフォード氏は言っていましたが。。。真相はいかに?!)今度はファウチの番、その次は英保健相マット・ハンコック、その次は英首相ボリス・ジョンソンらしい。またMI6はダイアナ妃の殺害を命じた者を公表することにしたらしい。その名はロビン・バトラー男爵。イギリス内閣官房長官は第二次世界大戦以降、ドイツ国防局の二重スパイだと。ドイツ国防局は第二次世界大戦以来、大規模な殺戮を繰り返しており、9.11に続くクーデターでアメリカの権力を掌握したことで頂点に達し、ジョージ・ブッシュ・シニア.の処刑によりそれに終止符が打たれたが、戦いはまだ終わっていないとのこと。

ギトモ【グアンタナモ基地】では、24時間体制で抑留者の手続き処理が実行中。またチューレ(グリーンランドの米空軍基地)近くにある多層式地下刑務所では、ギトモからの囚人数万人を受け入れたらしい。

1,000人以上の弁護士と10,000人以上の医療専門家からなるチームが、CDC、WHO、ダボスグループに対して訴訟を開始。彼らは、軍や政府機関の全面的な支援を受けているとのこと。

トランプチームが、コロラド州にあるシャイアン・マウンテン・コンプレックスで活動しているらしい。シャイアン・マウンテン・コンプレックスとチューレ空軍基地は米国宇宙軍が運営。アメリカの治安は悪化しているようで、その背景には経済破綻、米国の物価は過去30年以上で最も速いペースで上昇している一方、所得は過去最高の急減を記録。

最後に、世界のグッド・ニュースにも注目しようとのことで、世界中で野生動物や自然の生態系が復活してるニュースで締めています。

裏舞台での粛清がわかる事柄が、近々表のニュースに出てくるのかどうか、ちょっと楽しみ♪😊
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:世界の軍事・諜報機関が欧米の文民政権を排除
投稿者:フルフォード

World Military and Intelligence Agencies to Remove Western Civilian Governments

西洋の民間政府は悪魔崇拝のカルトに乗っ取られており排除する必要あり


“A decision has been made at the highest echelons of power that the world is just not working,” and a wholesale revamp is needed, according to a senior European royal. In particular, the ongoing “pandemic is entirely a drug-pushing effort” and means “all of the world’s civilian governments are suspected of engaging in genocide,” according to MI6, CIA, and other intelligence agencies. 欧州王室の幹部によると、「世界はうまくいっていない」という判決が権力の最高レベルで下されており、全面的な改革が必要だという。特に、現在進行中のパンデミックは完全に医薬品推進のためのもの」であり、MI6【《英》軍事情報活動第6部】やCIAなどの情報機関によれば、「世界のすべての民間政府が大量虐殺に関与している疑いがある」ということだ。

To summarize, the world’s military and intelligence agencies have come to the conclusion that Western civilian governments have been hijacked by a satanic cult and need to be removed. 要約すると、世界の軍事・諜報機関は、西洋の民間政府は悪魔崇拝のカルトに乗っ取られており、排除する必要があるという結論に達したのである。


まずはネタニヤフ首相から排除!


The process is being started off with the removal of Israeli Prime Minister Benyamin Netanyahu, Mossad sources say. “This particular character is a very difficult one and the only way to remove someone like him is to manage them out,” the Royal Family source said. The implication is Netanyahu possesses plenty of blackmail insurance and needs to be given certain guarantees in exchange for relinquishing power. In any case, even Rothschild family-owned propaganda outlets like AP are now reporting his removal. https://apnews.com/article/middle-east-israel-338004eee311023736078cec262713be このプロセスは、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相を排除することから始められている、とモサド【イスラエル政府の情報機関】関係者は言う。「ネタニヤフ首相は非常に気難しい人物であり、彼のような人物を排除する唯一の方法は、彼らを徐々に解雇することである」と王室関係者は語っている。その意味するところは、ネタニヤフ首相は多量の脅迫保険を持っており、権力を放棄する代わりに一定の保証を与える必要があるということだ。いずれにしても、AP【通信】のようなロスチャイルド家所有のプロパガンダ媒体でさえ、今では彼の解任を報じている。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入
ネタニヤフ首相

» 続きはこちらから

21/05/24 フルフォード情報英語版:シオン修道会が対応【合意】しなかったので宣戦布告がなされた

 5月24日のフルフォード・レポート(英語版)です。シオン修道会が地球を救うキャンペーンに同意しなかったため、宣戦布告されたとのこと。ということで今回のレポートは、攻撃・急襲、またはその予定、処刑、または処刑予定の人々など20以上の短い情報が詰まっています。

特殊部隊が偽パンデミック関係者をピンポイントで攻撃予定。スイスの地下基地はすでに攻撃済み。そのため8月に予定されていた世界経済フォーラム中止に。ロックフェラー一族も追いつめられるとのことで、ニューヨークにあるロックフェラー財団本部と支部のすべてを急襲予定。フルフォード氏は、嘘と検閲に終止符を打つためには、フェイスブック、グーグル、CNNも急襲されるべきと主張。

ビル・ゲイツ、オランダ王室メンバーらが処刑されたことが確認できたというフルフォード氏。(波動測定で要確認❗️) マイクロソフトとビル&メリンダ財団はホワイトハットの手中にあるらしい。他にも、ダボス会議の人たち、カナダのジャスティン・カストロ、ヘンリー・キッシンジャー、竹中平蔵、デイヴィッド・ロックフェラー・ジュニア、そして他の多くの人たちが、これまでに排除された、あるいは近いうちに排除されるであろうとのこと。(竹下先生の見解では、確かヘンリー・キッシンジャーは善に寝返ってたはずですが。。。)

イスラエルはついにパレスチナ人大虐殺から撤退。イギリス、ドイツ、アメリカでは偽パンデミックが激減。これは善人が勝利してること間違いなしだというフルフォード氏。また中国は偽バイデン政権の支援を止め、米軍と中国軍は共通のサタンの敵と戦っているとのこと。😱

これ全部本当だったら、すごい! 偽パンデミックが終息しているのはグッド・ニュースだけど、ワクチン接種者の被害が今後さらに悪化・拡大するとなるとこれからも問題山済み〜😩 でも「私たちが私たちの救済者」、それぞれが「心の平安」を保つことが最大級の貢献って竹下先生言われてましたね〜。。。先日の天界での裏切り行為には目眩😲がしそうでしたが、「人の振り見て、我が振り直せ」で清い心でいたい。。。🙏
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:シオン修道会が対応【合意】しなかったので宣戦布告がなされた
投稿者:フルフォード

War is Declared After Priory of Sion Fails to Respond

特殊部隊が偽パンデミック関係者をピンポイント攻撃予定


War has been declared against the Priory of Satan after they refused to agree to a campaign to save the planet, White Dragon Society sources say. However, a decision has been made to decline the Gnostic Illuminati’s offer to hit Lake Geneva, Nato Headquarters, and Jerusalem with 4th generation hydrogen nuclear weapons that don’t cause long-term radioactive pollution. Instead, Special Forces will be making pinpoint attacks to eliminate key individuals and institutions involved in the ongoing fake pandemic and related war crimes. 白龍会の情報筋によると、地球を救うキャンペーンへの同意を拒否したサタン修道会【シオン修道会】に対して宣戦布告がなされたという。しかし、グノーシス・イルミナティからの申し出である、レマン湖、NATO本部、エルサレムを、長期的な放射能汚染を引き起こさない第4世代の水素核兵器での攻撃は、取り消しが決定された。その代わりに、特殊部隊がピンポイントで攻撃を行い、現在進行中の偽のパンデミックや関連する戦争犯罪に関与している主要な個人や組織を排除する予定だ。


スイスの地下基地すでに攻撃


MI6 sources say an underground base in Switzerland has already been attacked and taken out of commission. This attack led to an emergency meeting being held at the Vatican, according to P3 Freemason sources. The meeting was called by the Rockefeller Foundation and meeting attendance revealed exactly who they still control. The answer is the World Bank, the IMF, the African Union (but not individual African states), Argentina, France, Germany, Italy, and Spain. MI6【《英》軍事情報活動第6部】の情報筋によると、スイスの地下基地がすでに攻撃され、機能停止に陥っているという。P3のフリーメイソン関係者によると、この攻撃を受けてバチカンで緊急会議が開かれたという。この会議は、ロックフェラー財団が招集したもので、会議の出席者は、ロックフェラー財団が未だ誰を支配しているかを正確に明らかにした。その答えは、世界銀行、IMF【国際通貨基金】、アフリカ連合(アフリカの各国家ではない)、アルゼンチン、フランス、ドイツ、イタリア、スペインである。


8月シンガポールでの世界経済フォーラム中止


Furthermore, the attack forced the Satanic World Economic Forum to cancel a special annual meeting it had planned for Singapore in August. https://www.weforum.org/press/2021/05/media-advisory-special-annual-meeting さらに、この攻撃により、悪魔崇拝の世界経済フォーラムは、8月にシンガポールで予定されていた特別年次総会を中止せざるを得なくなった。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

» 続きはこちらから

21/05/17フルフォード情報英語版:神殿の丘での人身御供では悪魔崇拝者は救えない

 5月17日のフルフォード・レポート(英語版)です。今回は、冒頭、イスラエルの悪魔崇拝者の悪足掻きぶりが書かれています。刑務所行きを避けるため、権力にしがみつくために、神殿の丘で人間の生け贄をしたり、証拠隠滅や自国にミサイル攻撃しパレスチナのせいにしたり自作自演をしている模様。米国防総省の情報筋によると、世界を脅かすために使用していたイスラエルの核兵器プログラム「サンプソン・オプション」は、現在、無力化されているらしい。イスラエルが悪足掻きをしているもう一つの理由は、シオン修道会、マルタ騎士団、ドラゴン・ファミリーなど、多くの強力なグループが関与するスイスでの動きで、これらのグループは、人類の歴史を変えるような合意に達しようとしていると。そんな中、レッドドラゴン・ファミリー(世界銀行の文書に記載されている中国の王室)は、地球の未来計画組織の設立や、世界が必要としているすべてのプロジェクトになんらかの合意のもとで資金提供が可能だという手紙を欧米の権力グループに送ったよう。

ダボス会議の創始者、シュワブ氏の「閲覧注意」と付けたくなる変態写真が掲載されています。そんなシュワブ氏が独自の「グレート・リセット」を記事で語っているようですが、フルフォード氏いわく、所得格差の是正や環境保護などの話が盛り込まれていて、ほとんど良いことばかりだが落とし穴があると。「いいものは全部あげるけど、まずは予防接種を受けてね。」ということらしい。

また後半、日本の話題で、蓮舫さんの質問に菅首相は間違った台本を読んでしまったことが書かれていて動画まで入っています。「政治家は脚本を読むために雇われた俳優」ということを証明するかのようなものだと。

最後に、フランス、アメリカ、カナダの軍部は、悪魔マフィアに密かにハイジャックされた政府に対して、ようやく行動を起こし始めているということ。

『えっ?!今頃?!ようやく行動を起こし始めた?!』😱
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:神殿の丘での人身御供では悪魔崇拝者は救えない
投稿者:フルフォード

Human Sacrifice on Temple Mount Won’t Save Satanists

イスラエル、土壇場での必死の策


Crime Minister Benjamin Netanyahu of Israel and his fellow Satanists staged a human sacrifice on the temple mount in a desperate bid to retain power and avoid war crimes tribunals, according to Mossad sources. British intelligence also confirms a mass killing event took place but details of exactly what happened are scarce. モサド(イスラエル政府の情報機関)の情報によると、イスラエルの【プライムミニスター(総理大臣)ならぬ】クライムミニスター(犯罪大臣)ベンヤミン・ネタニヤフと彼の仲間の悪魔崇拝者たちは、権力を維持し戦争犯罪法廷を避けるために、神殿の丘で人間の生け贄を実施したという。英国の情報機関も、大量殺戮が行われたことを確認しているが、何が起こったかの詳細は不明だ。

MI6 sources say there was “some kind of massacre at the Al-Aqsa Mosque on the Temple Mount. We have a suggestion this is all purely Khazarian Mafia with some CIA thrown in.” MI6 (《英》軍事情報活動第6部)の情報源によると、「神殿の丘にあるアル=アクサー・モスクである種の虐殺があった。これはすべて完全にハザール・マフィアの仕業で、CIAも混じっているのではないかと考えている」。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

We have previously reported the original Netanyahu is long gone and so, according to Mossad, the figure now presiding over the massacre of Palestinians is “Bibi the clone.” モサド(イスラエル政府の情報機関)によると、現在パレスチナ人の虐殺を統率している人物は「クローンのビビ【ネタニヤフ】」であるという。

MI6 adds the “Jala Tower in Gaza was attacked to destroy servers with incriminating evidence relating to the mass murder of Palestinians.” MI6(《英》軍事情報活動第6部)は、「ガザのジャラ・タワーは、パレスチナ人の大量殺戮に関する証拠となるサーバーを破壊するために攻撃された」と付け加えている。

The Satanists behind Netanyahu, in order to stay in power and avoid jail also ordered missile attacks on Israel and blamed it on the Palestinians. The attacks were designed to cause minimal or no casualties. Then “retaliation” begins as a part of a final push to wipe out the non-Jewish population of Israel. It also enables martial law so that he and his goons can stay in power. https://www.bbc.com/news/live/world-middle-east-57099013?ns_mchannel=social&ns_source=twitter&ns_campaign=bbc_live&ns_linkname=609d402bdcb43402eaf618f0%26Netanyahu%20accused%20of%20deliberately%20stoking%20tensions%262021-05-13T16%3A04%3A38.218Z&ns_fee=0&pinned_post_locator=urn:asset:3d293c55-61f7-4728-92cc-9ca9f1b21574&pinned_post_asset_id=609d402bdcb43402eaf618f0&pinned_post_type=share ネタニヤフ首相の背後にいる悪魔崇拝者たちは、権力を維持し刑務所に入らないようにするために、イスラエルへのミサイル攻撃を命じ、それをパレスチナ人のせいにした。この攻撃は、最小限の犠牲者を出すように設計されていた。そして、イスラエルの非ユダヤ人人口を一掃するための最後の一押しとして「報復」が始まる。それはまた戒厳令を可能にし、彼と彼の仲間が権力を維持できるようにする。

https://thehill.com/policy/international/middle-east-north-africa/553424-rockets-fired-from-lebanon-land-off-israeli
Remember these people are religious fanatics who think that as soon as they massacre all the Palestinians and ethnically cleanse Israel they can rebuild their temple and enslave humanity forever. この人たちは宗教的な狂信者で、パレスチナ人をすべて虐殺しイスラエルを民族的に浄化すれば、すぐに神殿を再建して人類を永遠に奴隷にできると考えていることを忘れてはいけない。

The fact that a small majority of the Israeli people has woken up and voted to remove the criminal regime of Netanyahu is what forced these murderers into their desperate last-minute gambit. 少数のイスラエル国民が目を覚まし、犯罪者であるネタニヤフ政権を排除するために投票したという事実が、この殺人者たちに土壇場での必死の策を取らせたのだ。

Netanyahu is also now being publicly blamed for the murder of Prime Minister Yitzhak Rabin https://www.jpost.com/Israel-Elections/Gantz-blames-Netanyahu-for-Rabin-assassination-585263 ネタニヤフ首相は現在、ラビン首相殺害の責任を公に問われてもいる。
1995年、テルアビブで催された平和集会の際に、和平反対派のユダヤ人青年により銃撃され死亡Wikipediaより)

“Netanyahu” and his gang must be hunted down and killed. 「ネタニヤフ」とその一味を追い詰めて殺さなければならない。

Personally, as a genetic Jew, I find it deeply shameful to watch religious Jews who have been ritually castrated (circumcised) worshipping at the wall of a Roman fort in a mistaken tribute to their enslavers. If it is to be built, the third temple needs to be built elsewhere. 個人的には遺伝子を持つユダヤ人として、儀式的に去勢(割礼)された宗教的なユダヤ人が、彼らを奴隷にした人に間違った賛辞をローマの砦の壁で礼拝しているのを見ると、大変恥ずかしいと思うのだ。もし建てるのであれば、第三神殿は別の場所に建てる必要がある。

In any case, P3 Freemasons and others say their patience has run out and action will be taken against Israel. Pentagon sources say the nuclear devices used by Israel to blackmail the rest of the world with their “Sampson option,” have now been neutralized. That means the people of Israel will be forced to choose between the destruction of Jerusalem or the removal from power of the Satanists who use Netanyahu as their avatar. いずれにしても、P3フリーメイソンやその他の人々は、我慢の限界に達しイスラエルに対して行動を起こすだろうと言っている。米国防総省の情報筋によると、イスラエルが「サンプソン・オプション」で世界を脅かすために使用された核装置は、現在、無力化されているという。つまり、イスラエル国民は、エルサレムを破壊するか、ネタニヤフ首相をアバターとして利用する悪魔崇拝者の権力を奪うかの選択を迫られることになる。
イスラエルの核兵器プログラム】

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

» 続きはこちらから

21/05/10 フルフォード情報英語版:道徳的指針がなければ、西洋は勝てない

 5月10日のフルフォード・レポート(英語版)です。今回は悪魔崇拝カルトがメインです。欧米は長年、悪魔崇拝カルトに乗っ取られていて、偽パンデミックとワクチンの推進者はこの悪魔崇拝カルトというフルフォード氏。その例としてファウチとシュワブを挙げています。ファウチの悪魔的な家系の城は、ダボス世界経済フォーラムの近くにあるらしい。ダボス世界経済フォーラムの創始者シュワブは、2016年のスイスでのテレビ番組で「すべての人間は脳または皮下にマイクロチップを埋め込まれ、中央のコンピューターネットワークに接続されることになる」と言っていたそう。またシュワブは7月に権力者との会合を開き、全員にIDを義務付けることを議論するらしい。😱

フルフォード氏は、10年以上前、日本の軍事情報機関からハルマゲドンを起こして終末の時をもたらそうとする試みの背後にあるのは、シオン修道会だと聞いたらしく、今回シオン修道会と連絡が取れたようで、フルフォード氏からシオン修道会への手紙を披露。「バイオ戦争と遺伝子改変ワクチンによる人類への攻撃は、科学捜査的にスイスとシオンの長老たちにたどり着く。もし、あなた方に責任がないのであれば、責任者を見つけ出し直ちに中止させるために、あなた方の協力を求む。」と直球ストレートに聞いています。返事はまだのよう。

今回シオン修道会のことがかなり出てきますが、シオン修道会を中心に捉えた映画・小説『ダ・ヴィンチ・コード』の真相を解説した竹下先生の配信動画(8本)、まだの方は是非、是非ご覧ください♪

また、中東情報では、イスラエルのネタニヤフ首相は追放?!され、彼の秘密のパートナーであるイランのハーメネイー最高指導者は前立腺がんで死にかけていると。またトルコはオスマン帝国時代のようにまた帝国を築きたい?らしい。

アメリカのイエローストーン火山で43回ほど地震が観測されているらしく、ポーランドの地質学者によると、イエローストーン火山が噴火するとアメリカ領土のほとんどが破壊されると予測しているよう。

まだまだ、今後、いろいろなことが起こりそうで、落ち着くのはまだまだ先かな〜。。。心の平安を保ちながら見守りたい。🍀
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:道徳的指針がなければ、西洋は勝てない
投稿者:フルフォード

Without a Moral Compass the West Cannot Win

欧米の衰退の理由:悪魔崇拝カルトに乗っ取られている


The West is losing the war for Planet Earth because it no longer represents good and currently has incompetent criminal leadership. The West many of us grew up in represented democracy, human rights, wealth, and progress. It now represents disease, economic inequality, war, and fascism. 西洋は、もはや善の象徴ではなく、現在は無能な犯罪者の指導者を抱えているため、地球をめぐる戦争に負けているのだ。私たちの多くが育った西洋は、民主主義、人権、富、進歩を象徴していた。現在は、病気、経済的不平等、戦争、ファシズムの象徴となっている。

A poll sponsored by NATO of 53,000 people in 53 countries shows that 44% of people around the world consider the United States to be a threat to their democracy. This compares to a figure of 38% and 28% respectively for China and Russia. https://www.rt.com/news/522986-world-fears-us-influence-democracy/ NATOが主催する53カ国、53,000人を対象とした世論調査によると、世界の人々の44%が米国を自国の民主主義に対する脅威と考えていることがわかった。これに対し、中国とロシア【を脅威と考えているの】はそれぞれ38%と28%という結果だった。

That means the U.S. is losing ground in the soft power struggle with Asia. それは、アメリカがアジアとの非軍事権力闘争で負けているということだ。

Also, with record trade and fiscal deficits as well as looming hyperinflation, the West is also losing the economic war. In March, the U.S. posted its largest trade deficit in history at $74.4 billion, up from the previous record of $71.1 billion set a month earlier. This is only possible for the U.S. by becoming ever more indebted to China. また、記録的な貿易赤字と財政赤字、そして迫り来るハイパーインフレにより、欧米は経済戦争にも負けている。3月の米国の貿易赤字は過去最大の744億ドルで、前月の711億ドルを上回った。このような状況は、中国から借金をすることでしか実現できない。

China’s GDP in real world-based Purchasing Power Parity is $27 trillion compared to $20 trillion for the U.S. With Chinese economic growth far surpassing that of the U.S. this gap will only continue to widen and will not change unless the West changes its system of economic management. 実世界に基づく購買力平価での中国の経済成長率は米国をはるかに凌駕しており、 アメリカの20兆ドルに比べ【中国は】27兆ドルである。この差は今後も拡大する一方で、欧米が経済管理システムを変えない限り変わることはないだろう。

The only thing the U.S. has left is military power, and war game after war game shows it losing in an all-out war against China. アメリカに残されたものは軍事力だけだが、相次ぐ軍事作戦では中国との全面戦争に負けていることがわかる。

Unless the West restores real democracy, the rule of law, respect for human rights, and competent economic management, the next generation will become Chinese slaves. 欧米が真の民主主義、法の支配、人権の尊重、有能な経済管理を取り戻さない限り、次の世代は中国の奴隷になってしまう。

The reason for this decline is that the West has been taken over by a Satanic cult. この衰退の理由は、西洋が悪魔崇拝のカルトに乗っ取られているからだ。

In Japan, they have murdered prime minister after prime minister and many others in the post-war era to try to bring this country under the control of the same cult. The process is easier to understand here because it has begun relatively recently. However, in the West, it started at least with the murder of Jesus Christ by this same cult. In the U.S. they murdered Abraham Lincoln, President Franklin Roosevelt, General George Patten, President John F. Kennedy, Martin Luther King, and many others to cement their control. 日本では、この国を同じ教団【悪魔崇拝カルト】の支配下に置こうと、戦後、次々と首相やその他多くの人を殺害してきた。このプロセスは比較的最近始まったので、ここでは理解しやすい。しかし、欧米では、少なくとも、この同じ教団【悪魔崇拝カルト】によるイエス・キリストの殺害から始まっている。アメリカでは、彼らは支配を強固にするために、エイブラハム・リンカーン、フランクリン・ルーズベルト大統領、ジョージ・パットン将軍、ジョン・F・ケネディ大統領、マーティン・ルーサー・キングなどを殺害した。

» 続きはこちらから

21/05/03 フルフォード情報英語版:地政学的巨大地震の到来、間近

 5月3日フルフォード・レポート(英語版)です。バイデン劇場上演が続くなか、地球の裏、どこかで数千年の歴史を持つ政権が体制崩壊に直面し、新しい政権について秘密交渉が進行中とのこと。

今回のレポートもアメリカのニュースがメインです。フルフォード氏によると、政権崩壊時によく見られるハイパーインフレがアメリカで起こっているそう。偽バイデン政権が、お金を刷りまくり、現在、アメリカの全世帯収入の34%が政府からの補助金。そのためアメリカではあまり働きたい人がいないようで、企業側は人手不足で困り、また食料価格の高騰、食料不足の問題も深刻化。が、なぜ米ドルがこれほど強いのかの問いにフルフォード氏は2つの理由を挙げています。その際、アジアの秘密結社関係者からの情報で「中国系アメリカ人のキャサリン・タイ米国通商代表が事実上の米国大統領」というのにはびっくり!😱

世界的コロナ禍を正常な状態に戻す決断は上層部のほうでなされているらしい。パンデミックの真相として、とてもショッキングなニュースは、ファイザーを所有している大手製薬会社グラクソ・スミスクラインが、武漢の中国生物学研究所を所有しているとのこと。この製薬会社は、武漢の生物学研究所で始まったウイルスに対するワクチンを作り、また、そのワクチンを推進しているファウチ博士が出資していると。。。完全な自演自作!!!

さぁ、このお方たちはいつちゃんと裁かれるのでしょう?
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:地政学的巨大地震の到来、間近
投稿者:フルフォード
Geopolitical Mega Quake Ready to Blow

数千年の歴史を持つ政権が体制崩壊に直面


While the Western world wanders through the dystopia of a fake Joe Biden presidency and a manufactured pandemic, something huge is brewing. A thousands-of-years-old regime is facing systemic collapse and secret negotiations about its replacement are ongoing. We cannot talk in detail about the negotiations yet for security reasons. All we can say is that it will be the biggest thing since monotheism began in ancient Egypt thousands of years ago. When it happens it will be on all the screens and news outlets. Until then operational secrecy is vital, so let’s look at the signs of systemic collapse. 西洋諸国が偽のジョー・バイデン大統領とでっち上げられたパンデミックというディストピア【暗黒世界:ユートビアの反対】をさまよっている間に、何か巨大なことが起ころうとしている。数千年の歴史を持つ政権が体制崩壊に直面しており、その政権の代わりになるものについて秘密交渉が進行している。セキュリティ上の理由から、この交渉について詳しく話すことはまだできない。ただ言えることは、何千年も前に古代エジプトで一神教が始まって以来の大事件になるということだ。それが実現すれば、あらゆるスクリーン【テレビ、コンピューター、スマホなど】やニュース媒体で報道されるだろう。それまでは、作戦上の秘密が重要だ。なので、システム崩壊の兆候を見てみよう。


アメリカでハイパーインフレ発生


The biggest thing visible is hyper-inflation emerging in the U.S. This is something commonly seen during regime collapse. The cause is the people behind the Biden avatar printing money like there is no tomorrow (for them it is probably true). Government hand-outs exploded in March to an annualized $8.1 trillion, double the $4.1 trillion from February and $5 trillion above the pre-“pandemic” level of $3.2 trillion. https://www.zerohedge.com/economics/record-34-all-household-income-us-now-comes-government 最大の特徴は、アメリカでハイパーインフレが発生していることだ。これは政権崩壊時によく見られることだ。その原因は、バイデン・アバターの背後にいる人たちが、まるで明日【未来】が来ないかのようにお金を印刷しているからだ(彼らにとっては、おそらくそれ【明日(未来)がないこと】は真実であろう)。政府の補助金は3月に爆発的に増え、年換算で8.1兆ドルに達した。これは2月の4.1兆ドルの2倍で、「パンデミック」前の3.2兆ドルを5兆ドル上回っている。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

This is what it has done to commodity prices over last year, even though the party has just barely started: Lumber: +265%, WTI Crude: +210%, Corn: +84%, Copper: +83%, Soybeans: +72%, Silver: +65%, Sugar: +59%, Cotton: +54%, Platinum: +52%, Palladium: +32%, Wheat: +19%, Coffee: +13%. http://themostimportantnews.com/archives/and-the-federal-reserve-is-trying-to-convince-us-that-inflation-isnt-a-problem パーティー【祝い】はまだ始まったばかりだが、昨年と比べて商品価格にどのような影響があったかを紹介する。材木: +265%、WTI原油【WTI:ウェスト・テキサス・インターミディエイト、テキサス州を中心に産出される原油】+210%、トウモロコシ:+84%、銅+83%, 大豆+72%, 銀+65%, 砂糖+59%, 綿花+54%, プラチナ+52%, パラジウム+32%, 小麦: +19%, コーヒー+13%。

Supply-chain experts say they have never seen anything like what is now happening. サプライチェーンの専門家によると、今のような状況は見たことがないという。

“There is a total, global log-jam; goods cannot be shipped in some cases; and supply-side inflation on a scale we have not seen for a long, long time looks imminent.” https://www.zerohedge.com/markets/rabo-we-are-edging-closer-biblical-commodity-price-increase-scenario 「世界的な大渋滞が起きており、商品が出荷できないケースもあり、長い間見たことのない規模の供給サイドのインフレが迫っているようだ。」

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 113