※現在、お知らせはございません。

アーカイブ: HAARP

[MU(ムー)のブログ]「厳しい冬」、ジェット気流の変化が原因か 米研究 / 気候変動は「大量破壊兵器」 〜人工雪に含まれる成分〜

 1点目の上の記事は、世界中で起こっている異常気象は、ジェット気流の変化が原因であると主張しています。確かにこの理論で、北欧や北米を襲っている寒波を説明することができますが、既出の人工雪が説明出来ません。また、自然現象だけが原因であるとすれば、下の記事でケリー米国務長官がこのタイミングで、暗にHAARPやケムトレイルの存在を示したかのような発言の意味合いが薄れてきます。
 人工雪の件に関して、現在、興味深い記事を翻訳チームにて翻訳中です。今日は2点目に、その一部を予備知識として先に掲載いたします。人工雪の成分を調べると“極めて高レベルのアルミニウムとバリウム”が検出されるそうです。アルミニウムとバリウムを含めることによって吸熱反応を起こし「物質を冷却させる」意図があるようです。理由については、次回の翻訳記事で紹介できると思います。
(編集者)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————1点目————————————
気候変動は「大量破壊兵器」
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[HUFF POST]「500年に一度」の水不足:カリフォルニア州の現況 〜異常気象による食糧問題〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 HARRPによるものだと考えられますが、世界的な異常気象による食糧問題が懸念されます。彼らはわざとそうしていると思いますが、この件に関しては、神々・宇宙人が介入しないのではないかと思います。むしろ人類の愚かな戦いに任せて、古い文明が壊れるままにするような気がします。ドミノのように鮮やかに壊れていくと感じます。神々がやっているのではなく、人間の愚かさの故に引き起こされていることですが、これが出来るだけスムーズに速やかに壊れることで、人類の受ける苦しみは最小化されます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「500年に一度」の水不足:カリフォルニア州の現況
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[宇宙への旅立ちほか]火にさらしても溶けない雪が降る米国 / アメリカに降った大雪は、HAARPが原因のようです。しかも普通の雪ではありません。

竹下雅敏氏からの情報です。
 これは衝撃的な画像で、一体アメリカの空に何が起こっているのか?この雪のような物の成分を分析して、原因を突き止めてもらいたいものです。続報を待とうと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
火にさらしても溶けない雪が降る米国
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

————————————————————————
アメリカに降った大雪は、HAARPが原因のようです。しかも普通の雪ではありません。
転載元より抜粋)
やはり、アメリカ南東部を襲っている寒波、猛吹雪はHAARPの仕業のようです。
しかも、アメリカで降った雪が普通の雪ではないのです。その雪とは。。。解けないで空気中に消えてしまう。燃えて黒い燃えカスになる。異臭がする。。。だそうです。

http://beforeitsnews.com/alternative/2014/01/its-true-the-snow-does-not-melt-and-strong-chemical-odor-see-for-yourself-in-my-own-video-demonstration-video-2886926.html

The Snow Is NOT Melting! It Disappears With STRONG Chemical Smell! My Own Demo. 


実際に雪が解けないのです。解ける前に消えてしまうのです。さらに大気中に、シロップとプラスチックを燃やしたような異臭が漂っています。私は化学物質の臭いや排気ガスに対してアレルギー反応を起こしますが、私の右目が痒くなりましたが、今はその症状はなくなりつつあります。

これは雪ではありません。工業薬品が含まれた水分が含まれています。確かめてみてください。彼らは大気中に何を撒いているのでしょうか。長い間、ケムトレイルが撒かれた結果、雪がこのような状態になってしまったのでしょうか。それとも福島からの放射能が原因でしょうか。それともこれらの全てが原因なのでしょうか。

我々を濡らす雨の成分は何なのでしょうか。雪はそのままにしておくと自然に溶けてしまいます。しかし雪の成分が化学薬品なら火をつけると燃えますが、水分はただ解けるだけです。この雪は臭いがあり燃やすと煙が出ます。

子供たちは雪で遊ばないでください。この冬、1羽のコマドリ以外は鳥たちを全く見かけていません。例年なら、様々な種類の鳥たちを見ることができるのですが。。。鳥たちはどこに行ってしまったのでしょう。死んでしまったのでしょうか。

[日本や世界や宇宙の動向ほか]アメリカがHAARPの攻撃を受けているようです! / 地球がヤバイ!寒波と熱波、火山噴火が同時多発!ブラジルとオーストラリアで40度!アメリカでは「5分で凍傷」するほどの大寒波!過去20年で最大級!

竹下雅敏氏からの情報です。
 この前はイギリスでロンドンの中心街が洪水の被害になりましたが、アメリカでは異常な気象で非常事態宣言が出ているようです。記事から、この異常気象はHAARPによるもののようですが、問題はどこがアメリカを攻撃しているのかということです。イスラエルなのではないかと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
アメリカがHAARPの攻撃を受けているようです!
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/weather/2014/01/haarp-deep-freeze-attack-upon-america-2442290.html
(概要)
1月4日付け:
どうやらアメリカはHAARP攻撃を受けているようです。以下の図をご覧ください。HAARPによる記録的なサイズの極渦が発生しています。極渦の長波周波数のマグニチュードがM10近くまで達しています。2番目の図からは、凍死してしまうほど寒い風速冷却が発生しているのが分かります。今後、M6からM9へと著しく変化するでしょう。M7以上になるのは非常に稀なことであり特別な注意が必要です。現在、広範囲にわたり、猛烈な嵐に襲われていますが、その原因がこれ↓なのです。今後、急激な変化が起きる可能性があります。そしてこのような天候は長い間続ク可能性があり、大きな影響を与えるでしょう。M10は竜巻や猛吹雪、巨大ハリケーンを起こすレベルです。



————————————————————————
地球がヤバイ!寒波と熱波、火山噴火が同時多発!ブラジルとオーストラリアで40度!アメリカでは「5分で凍傷」するほどの大寒波!過去20年で最大級!
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[CNNほか]被災の様子を上空から 〜台風30号(ハイヤン)につづき、今度のゾライダ(熱帯性低気圧)も人工のもの〜

竹下雅敏氏からの情報です。
台風30号(ハイヤン)は人口的にエネルギーを注入して巨大化した台風であったと思いますが、今度のゾライダ(熱帯性低気圧)も人工のもののようです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
被災の様子を上空から
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

————————————————————————
新たな熱帯性低気圧がフィリピンに近づく(ビデオ)
転載元より抜粋)


現在、熱帯性低気圧「ゾライダ」が、フィリピン南部ダバオから160キロの距離にあり、毎時30キロのゆっくりした速度で北西に向かって進んでいるが、大きな被害をもたらした大型台風30号(「ハイヤン」あるいはフィリピン名「ヨランダ」)と同じコースをとる可能性が出てきた。
フィリピン気象・地球物理学・天文サービス機関(PAGASA)のデータによれば、現在「ゾライダ」の風速は毎時55キロ。12日昼にはフィリピンに上陸、明後日14日夕方には同国を通過する見込みで、すでに30の地域で大雨警報が発令された。

「ゾライダ」の主な脅威は大雨を伴う事で、台風30号に比べると速度が遅いため、被災地域の降水量が多くなる恐れがある。また土砂崩れなどの危険も高まると指摘されている。そうした事から、台風30号の被災地での救援・復旧活動に支障がでそうだ。