アーカイブ: 監視社会

[カレイドスコープ]元NSA職員が個人情報収集プログラムについて語る

竹下雅敏氏からの情報です。
2013年2月10日の本澤二郎氏の記事で、勝英二郎が天下ったIIJという企業と、その目的が書かれているのですが、このカレイドスコープの記事と深く関係していると思われます。重要な記事なので元記事で全文を読むことをすすめますが、この中で、かつてイスラエルの企業であったナラス社の盗聴装置に関する解説があります。民間の会社にすぎないナラス社が、盗聴装備を使ってエジプト政府の監視活動を助け、ソーシャルメディアの利用者を追跡する技術も開発しているとのこと。NWOとは特殊な価値観を持った企業群が、政界を支配下におき国民から収奪するシステムなのです。国家の上に民間企業があるのです。こうした事柄をすべて陰謀論と呼んで、バカにする人々は、この記事の告発者のウィリアム・ビニー氏のような、まさに命をかけて真実を知らせようとする勇気ある人々を愚弄するものです。

私はまずこのウィリアム・ビニー氏の写真を見て、名前の波動を調べ、氏のモナドがシリウス第1レベルにあることを確かめます。次にこの記事に書かれている情報が正しいか否かを直感により、確認します。そしてまちがいなく正しいと確認を取った上で、シャンティ・フーラの時事ブログ上で紹介しているのです。私の直感がアテにならないと思われる方は、記事をスルーしていただければ良いのです。私は自分がまちがいなく正しいと理解していることを情報発信しています。

ただし、私がブログ上で紹介した記事の方向性やコメントの内容が予言であると思われると困ります。記事やコメントは、出来ればそのような未来を避けたいための啓発の意味合いが大きいからです。例えば国民の多くがTPPについて良く知れば、それを阻止出来るということです。
(竹下 雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
元NSA職員が個人情報収集プログラムについて語る
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
1 2 3 4 5 6 7 8 9