アーカイブ: 中国新型コロナウイルス

“covid19に関わる大学病院勤務で、ECMO、呼吸器管理のプロフェッショナル”という方のツイート「コロナ病棟は、“スタッフの過剰な人数に加えて、9割程度の期間、常に空床あり”というのが現実」

竹下雅敏氏からの情報です。
 “covid19に関わる大学病院勤務で、ECMO、呼吸器管理のプロフェッショナル”という方の大変興味深いツイートです。コロナ病棟は、“スタッフの過剰な人数に加えて、9割程度の期間、常に空床あり”というのが現実だと言っています。
 その分、“人員がさかれた通常のICUが地獄のようになっている”とのこと。こうした問題の根底に「コロナ利権」があり、“なぜ、重症病棟に中等症以下の患者がいるのか?”というと、空床が目立たないようにするためと、加算金のためだという事です。
 「医師数人、看護師10数人以上、ME数人、みんな3月に退職予定です。…コロナが落ち着いたとき、残るのはどんな人達か想像してください。そんな残骸病院に入院したいですか?」と訴えています。
 私はコロナちゃんの出現で、医療従事者が本音を語るようになり、医療業界の闇が暴き出されることになると思っていましたが、そろそろ医者の間でバトルが始まって来た感じです。これは膿を出すという意味で重要な過程です。
 現状は「医療崩壊ではなく、医療モラル崩壊です」と言っていて、その通りだと思うのですが、“コロナが落ち着いたとき、残るのはどんな人達か”を想像すると、このままでは本当の意味での「医療崩壊」が確実に起こると言えそうです。ただ、私は楽観的なので、“腐った組織なら崩壊した方が良いのでは…”と思ったりします。なぜなら、夕張モデルがあるからです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
» 続きはこちらから

新型コロナの「在宅治療の患者にイベルメクチンを含める自宅隔離キットを配布」しているインド 〜 日本ではようやく「イベルメクチンの緊急使用を考えて欲しい」と訴えている段階に

竹下雅敏氏からの情報です。
 インドは、「集団免疫の達成に近づいている」らしく、「疫病は自然に収束しつつある」ということで、“ロックダウン、夜間の外出禁止、全ての感染対策はいらない”状況のようです。
 インドでは、“日本の「自宅療養」とはだいぶ様子が違う”らしく、「人口180万人のゴア州は去年10月から在宅治療の患者にイベルメクチンを含める自宅隔離キットを配布」しているとの事です。
 “無症状のうちからイベルメクチンなど服用し状況に応じて医者からの指示でアビガンなどを服用している”とありますが、日本ではようやく東京都医師会長の尾崎治夫氏がテレビで「イベルメクチン」に言及し、フェイスブックで「イベルメクチンの緊急使用を考えて欲しい」と訴えている段階です。
 自民党の冨岡勉議員は衆議院内閣委員会の質問で、「イベルメクチンを使えば、いま問題になっているワクチンの投与も、まぁ極端に言えば、しなくていいんではないか」と言っています。ようやくここまで来たかという感じです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)







» 続きはこちらから

広島県HPの「PCR検査の集中実施」解説が優れていると評判に 〜 検査懸念派にも丁寧に回答 / 「石原伸晃モデル」や「自民党モデル」も優れているので進めてください

 広島県が公式ホームページに掲載したPCR検査の解説が優れていると評判になっています。広島県は住民への集中的・一斉検査を実施すると発表し注目を集めましたが、その意義を改めて丁寧に説明した形となります。とりわけ評価されているのが「陽性者がたくさん出て、医療体制を逼迫させるのではないか」というような懸念に対しても、中長期的に感染者数を減らす効果があり、医療崩壊を防ぐことにも役立ち、結果的に経済効果もあると丁寧に、しかも分かりやすく解説されています。広島県民だけでなく全国民にとっても参考になります。
その上で「改めて本当にすごい無駄金だったな、アベノマスク」というツイートが図星すぎて、へたり込みそうになりました。日本のトップリーダーが無能でも地方のリーダーが優れていれば助かりそうです。この勢いで「頻繁にPCR検査を受け、陽性になれば無症状でも入院」の『石原伸晃モデル』、「組織に感染者が出たら濃厚接触者の有無に関わらず、全職員PCR検査」の『自民党モデル』を速やかに全国民にも広めていただきたいですわね。
あ、あとイベルメクチンも。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)

————————————————————————
一斉PCR検査の広島県が反対意見を論破!Q「陽性者が沢山増える」A「既に感染しているものが発見されるだけ」Q「偽陰性が」A「精度は確認済み」
転載元)
(前略)
*広島県
住民への一斉PCR検査を実施すると表明した広島県が公式ホームページにPCR検査の必要性を解説するための項目を作りました

広島県は公式ホームページ上でPCRの一斉検査について、「一番の目的は、無症状者・軽症者の方を見つけて、感染の経路を断ち切ることです」「感染の再拡大防止と、社会経済活動への制約の長期化を回避して、影響を最小化するため、『早く、強く、短く』という考え方のもと、広島市の特に感染者が多い地域において、PCR検査を集中的に実施し、感染の経路を可能な限り断つことで、確実に感染拡大を抑え込みたいと考えています」と説明し、新型コロナウイルスを封じ込めるためにはPCR検査を一斉に行う必要があるのだと言及。

PCR検査を否定する意見に関しても、「感染者が『増える』のではなく、すでに感染している方が見つかるもの」「早めに拡大の芽を摘み取ることで、中長期的にはトータルの感染者数を減らすことができる」「むしろ医療崩壊を防ぐためにも、実施する必要がある」と述べ、PCR検査で陽性者が増えることに大きな問題はないとコメントしていました。

また、ネット上で飛び交っている偽陰性の問題には「北海道大学大学院で約2,000例の唾液の診断精度の比較を行い、特異度は99.9%以上」「偽陰性は10%~30%起こる可能性があるが、他の無症状・軽症の感染者を見つけることに大きな意味がある」「陰性の結果が出ても、決して気を緩めることなく、引き続き家庭内での感染予防対策の徹底」などと具体的な数字や調査結果を出して、PCR検査の正当性を主張しています

公式ホームページを通してPCR検査の否定派をほぼ完全に論破した形で、広島県のQ&Aは大変参考になると言えるでしょう。

広島県は数十万人の住民を一斉に検査するとしており、県知事の会見や公式ホームページの内容からそれがただのパフォーマンスではなく、本気で住民を守るために行っているのだと伝わってきます。

広島県 PCR検査の集中実施
» 続きはこちらから

メキシコ便り(82):ロペス・オブラドール大統領、ついにCovid-19に感染!ワクチン大好き💖なメキシコのワクチン調達・接種状況を。

 ロペス・オブラドール大統領、ついにCovid-19に感染してしまったようです。症状は軽く隔離した場所でお仕事をこなしているよう。大統領のことをよく知っていれば、このニュースをそのまま受け入れ信じますが、現在のアメリカの状況を考えると、もしかして安全のために隔離されてる?!とも思えないこともないです。大統領は基本、どんなことでもウソをつくことを嫌いますが。。。世界の緊急事態のためとなると、ウソも仕方なく使わなければならないかもしれません。真実はいかに?!

 ということで、今回はメキシコのコロナワクチン調達、接種状況とそれに関連するものを集めてみました。ワクチン大好きなメキシコはできるだけ早く多くの人にワクチン接種の姿勢で進んでいます。ファイザーからワクチンの数が半減された直後に、ロペス・オブラドール大統領自らプーチン大統領と電話会談でワクチンの増量を相談し、その場でスプートニックVワクチン数が予定の3倍確定!通常、外務大臣が外国のワクチン交渉や手配をしているのですが、なぜロシアだけ直接大統領が相談???プーチン大統領と何か他の打ち合わせもしたのかなぁ〜。。。

 ほぼ毎回、ロペス・オブラドール大統領を褒め称えているpopoちゃんですが、今回は違いまっす!コロナ対策チームのリーダー、ロペス・ガテル氏をずっと庇い続ける大統領には、呆れてそっぽ向くpopoちゃんです。😑

 決して完璧ではないロペス・オブラドール政権、ご覧あれ!
(popoちゃん)
————————————————————————
メキシコ便り(82):ロペス・オブラドール大統領、ついにCovid-19に感染!ワクチン大好き💖なメキシコのワクチン調達・接種状況を。

ロペス・オブラドール大統領はお元気そう!


1月24日(日)夕方5時半、ロペス・オブラドール大統領は自身のツイッター(↓)でコロナに感染したと発表。😭症状は軽く、少々の頭痛と38度以下の熱だとか。。。(1月27日現在)しばらく隔離の状態でお仕事のようです。

大統領のツイッター意訳:残念ながら私はCovid-19 に感染しました。軽症ですが、既に治療をしてもらっています。私はいつものように楽観的です。私たちは前進します。オルガ・サンチェス・コルデロ博士(内務大臣)が私に代わって朝、皆さんに毎日の(政府の)報告をします。

オルガ・サンチェス・コルデロ内務大臣

朝の大統領プレス・コンファレンスは、大統領の次に権限のある内務大臣オルガ・サンチェス・コルデロが引き継ぎ行われています。メキシコには副大統領はいません。ちなみにオルガ・サンチェス内務大臣はPCRテスト陰性だったと。

大統領に代わり、朝のプレス・コンファレンスをしている内務大臣、評判がよろしくない。

○ 私の世代は、テレビと新聞が情報源。私はインターネットの情報を見ない。
○ 大統領の具合(容態)のことは一切、私に聞かないでくれ。

じゃ、何のためにそこいるの?っとつっこみたくなる。。。トランプさんがコロナに感染したとき、医療チームが毎日情報を報告していましたが、今のところ、そんな動きはメキシコでなし。「大統領は元気にしていますよ。」「大統領は回復していますよ。」「大統領はいつもポジティブなので大丈夫です。」という抽象的な報告だけでなく、もっと医療的な詳細、体温の変化、どんな薬、治療をしているのかを発表すべきだとナチョさんとマウリシオさんも言っていました。popoちゃんも全く同感!

そんな中、1月29日の朝、ツイッターのトレンド#1がアムロ脳卒中に‼️6日ほど全く姿を現していなかったロペス・オブラドール大統領は、同日、自身の動画(↓)でフェイク・ニュースを否定。たしかにちょっと風邪っぽい感じはしますが、波動は良さそうな。。。


» 続きはこちらから

フランスのマクロン大統領が現代資本主義は「もはや機能しない」と宣言 / ロックダウンがトランプ大統領を終わらせるという目的を遂げるやいなや、次々に手のひら返しするメディアやWHO

竹下雅敏氏からの情報です。
 フランスのマクロン大統領が、中国のコロナウイルスをきっかけに、現代資本主義は「もはや機能しない」と宣言し、“「持続可能な生産と消費に基づく繁栄と公平な成長の共有」を求める「利害関係者資本主義」のモデルを支持した”とのことです。グレートリセットによって、中国をモデルとした新世界秩序(NWO)を目指すようです。
 これはトランプ大統領からバイデンに代わったことで可能になるわけです。「ロックダウンはその目的を果たしました。…それはすべて、トランプ大統領を終わらせるという名目でした。…バイデンの就任式に合わせて経済活動を再開する予定です」という事だったので、テレビでは「エビデンスに基づいて、ロックダウンは何の助けにもならないことが分かった」と言い、トランプ大統領が推奨していたヒドロキシクロロキンに関しては「ヒドロキシクロロキンに対する認識が間違っていたと発表」。最後のツイート動画では、“ジョー・バイデンが大統領就任直後、WHOは速やかに、コロナ検査法の修正を行った。…これまでのPCR検査法は、不正確な検査結果を生み出すことがあり、コロナ感染者の数字が、劇的に膨れ上がった可能性がある…WHOは世界中の研究所に向け、新たなガイドラインを発表。PCRのCT値を引き下げることで、より正確な検査結果が得られる”と言っています。
 「Q」の計画はそう簡単には分かりませんが、アホな連中の計画はかくも分かり易く、予想通りに動くのです。面白いのは、ここまで予見した通りにアホな連中が動いているのに、こうした予見を「陰謀論」として見向きもしない人々がほとんどなのです。
 こうした事実に向き合う時、どうしても「地底人VS最低人の戦い」というフレーズが頭の中をよぎるのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ダボスグレートリセット:フランスのプレズマクロンが現代資本主義を宣言「もはや機能しない」
引用元)
火曜日に開催された世界経済フォーラム(WEF)の仮想ダボスアジェンダサミットで、フランスのエマニュエルマクロン大統領は、中国のコロナウイルスをきっかけに、現代資本主義は「もはや機能しない」と宣言しました。
(中略)
フランス大統領は、資本主義が「深い道徳的および経済的危機」をもたらし、「世界中の何百、何千もの人々がその有用性を失ったというこの感覚を持っていた」と述べた。
(中略)
世界は経済への国家介入に対する敵意を「超えて」いく必要があり、企業は経済的不平等を緩和する責任に拘束されなければならないと主張し続けた。
(中略)
マクロン氏は資本主義を再構築するための確固たる政策提案を提示しなかったが、クラウス・シュワブが推進する「持続可能な生産と消費に基づく繁栄と公平な成長の共有」を求める「利害関係者資本主義」のモデルを支持した。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 
 
 
» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 130