アーカイブ: 里山Ubuntu通信

里山Ubuntu通信:3日目 竹下氏、Ubuntuをインストール

————————————————————————
竹下氏、Ubuntuをインストール
スタッフ白井より、竹下氏の導入レポートです。

前回、「しばらくは使い慣れているパソコンでUbuntuを試しつつ、困ったらWindowsですぐこれまで通りの作業をすることもできる」と書いた方法で、竹下氏のパソコンにUbuntuを導入してもらうことにしました。

そう、竹下氏にです。え?私が行って導入してあげるんではないの? とお思いの方。いやいや、今回のポイントは「カエルアンコウでもわかるLinux」であります。私は手順をメールなどで案内するだけ。苦労してでも、1から10まで自らの手で行なっていただくのです。

というわけでまずは導入。試しにしても、本格的にしても、何かしらソフトを導入することをインストールといいます。

竹下氏=我が夫は、インストール、アドオン、アプリケーション…と言う言葉の意味すら、よく分かっていない人です。
以下夫より、
『おそらく、インストールとは電子的憑依のことである。
 アドオンは訪問販売に違いない。
 アプリケーションはケーキの上に載っているトッピングであろう。』
(パータより)

まったくもう…これはどうなることやら。(^o^;)



今回竹下氏のパソコンでUbuntuを導入した方法とは、VirtualBoxというソフトでパソコンの中に仮想のコンピュータを動かすというものです。

20160701-105053

Windowsの中で動いているUbuntu


OSであるUbuntuは2日目でペンペン先生が説明されている通りソフトの土台です。この土台部分をインストールする行為は、パソコンにとっては一大事。データをバックアップする必要もありますし、一度行なってしまうと簡単には元の状態に戻せません。しかしパソコンそのものではなく、仮想のコンピュータになら気軽にインストールを試すことができます。

竹下氏には、

・VirtualBoxのインストール
・Ubuntuの"仮想マシンイメージ"のインストール方法(仮想マシンイメージとは、Ubuntuが動いているパソコンの状態をパックした青写真データのようなもの - 参考
・Ubuntuの起動方法

これらの操作方法を動画に撮ったものを、メールで送りました。動画の通りに操作をしてみたところ、無事にUbuntuが起動する所までできたようです!

「VirtualBoxのインストール」から「VirtualBoxとUbuntuを立ち上げる」までの動画を、シャンティ・フーラ・白井薫代表が作ってくれました。

160625-222916-6.25 DSCF0287
私のパソコンでそれらの6本の動画を再生しつつ、2人がかりで画面を見つめ、夫の作業の進み具合を確認しながら、一時停止する必要がある時にすぐクリックして動画を停止、再生出来るよう、私も自分のマウスを握りしめ…。やっぱり2人で1人前ですが、アドレスバーと検索バーを勘違いするミス以外は、無事にインストールできました。

(パータより)
6_25_DSCF0292

仮想マシンイメージを入手するアドレス(URL)を入力する時の間違いでした。
アドレス欄と検索の違いは…普段は意識しないかもしれませんね。


竹下氏がUbuntuで仕事ができるようになるまでには、まだ様々な操作が残っています。道のりは続きます。

(スタッフ・白井薫)

墓穴を掘ったマイクロソフト、10000ドルの賠償金を支払うことに 〜脱ウインドウズに向けて〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 ウインドウズ10に強制的にアップグレードさせられた女性が、マイクロソフトを訴えたようです。何とこの訴訟で、マイクロソフトは10000ドルの賠償金を支払うことになったということです。これは〜マイクロソフトを告訴する人が続々と出て来ることになりますね。待ちに待った展開です。そのうち世界中で訴訟が起こるようになり、マイクロソフトは窮地に陥ることになるのではないでしょうか。おそらくそのうち、世界中の企業が訴えるようになるのではないかと思います。今回の件は、マイクロソフトが墓穴を掘ったと思いましたが、これはまず間違いないことだと思います。
 下の記事は、ウインドウズ10へのアップグレードを回避するゲームが登場したという話題です。こういうゲームが出て来ること自体が、マイクロソフトへの批判になっているのだと思います。
 私も強制的にアップグレードさせられたわけですが、この件で、近いうちにLinuxに乗り換え、ウインドウズを排除する意思が固まりました。今日、2回目の“里山ウブンツ通信”が掲載されました。執筆者のペンペン先生はこの分野の専門家の方で、私と同様ウインドウズから離れたいと思っている人をサポートしてくれる記事を、今後書いてくれることになっています。
 現在、私は代表の白井君の協力で、脱ウインドウズに向けてカメのように進んでいる最中です。“カエルアンコウでもわかるLinux”という副題でも付けて、状況をそのうち報告出来ると思っています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
パソコンが強制的にウィンドウズ10にアップグレードさせられた女性が勝訴
引用元)
http://beforeitsnews.com/alternative/2016/06/woman-forced-to-upgrade-to-windows-10-sues-microsoft-wins-3376969.html
6月28日付け
シアトル・タイムズによると:
マイクロソフトはカリフォルニアに住む女性のパソコンが強制的にウィンドウズ10にアップグレードさせられたとして訴えた結果、10000ドルの賠償金をこの女性に支払うことになりました。
マイクロソフトは継続的に無理やりユーザーのPCをウィンドウズ10にアップグレードさせたため、被害者がマイクロソフトを告発した結果、10000ドルの賠償金を被害者に支払うことになりました。

————————————————————————
Windows 10アップグレードを拒否し続けるゲーム「Windowsを10にアップグらせない」
引用元)
 Windows 10への更新通知をキャンセルし続け、アップグレードを回避するフリーゲーム「Windowsを10にアップグらせない」が登場した。WindowsとAndroidで遊べる。

(画像省略) 

 デスクトップ画面に次々に現れるWindows 10への更新通知をキャンセルしていくだけのゲーム。ウィンドウの「×」ボタンをクリックし続け、更新通知の“猛攻”を防ぐ。

 個人サークルのSpareBladeが、「RPGツクールMV」を使って開発した。

 Windows 10は「推奨される更新プログラム」になっており、ユーザーの環境によっては自動的にインストールされる。キャンセルの方法も分かりづらく、意図せずアップグレードしてしまうユーザーが続出しており、Microsoftへの批判の声が高まっている。

里山Ubuntu通信:2日目 「他者への思いやり」という名のOSを始めよう

 いつもご愛読ありがとうございます。“里山Ubuntu通信”、今回よりパソコンに大変詳しいHaruさんにライターをお願いしまして、Ubuntuについての解説や導入方法などをご紹介してまいります。
(スタッフ・白井薫)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「他者への思いやり」という名のOSを始めよう
「(マイクロソフト)Windows」は正式には「マイクロソフトWindowsオペレーティングシステム(OS)」と呼びます。OSとは何かということから話を始めたいと思います。

読者の方々には、Excelで家計簿を書いたり、Wordで手紙を書いたりしている方が多いかもしれません。ExcelやWordは、アプリケーションと呼ばれるソフトウェアで、ご存じInternet Explorerもアプリケーションのひとつです。一方、OS(「オーエス」、オペレーティングシステム)は、アプリケーションが動作するための環境を提供するソフトウェアであり、アプリケーションにとって土台のようなものです

img 2016-06-28 16.59.31
俗に言う「Windowsパソコン」とは、Windowsという土台が導入されているパソコンです。世界で多く使われているOSは、なんと言ってもマイクロソフト社のWindowsです。Windows以外では、アップル社が開発したOSX(「オーエステン」)が有名です。アプリケーションは実行されるOSごとに作られており、それ以外では動作しません。Windows用のアプリケーションは、Windowsという土台の上でしか動作しませんし、OSX用のアプリケーションはアップル社のパソコンでしか動作しません。

Windowsはマイクロソフト社が、OSXはアップル社がそれぞれ開発した有償の製品ですが、現在世界中で急速にシェアを増やしている無償のOSがあります。1991年、フィンランドの学生だったリーナス・トーバルズが書いたLinux(「リナックス」)です。リーナスが自作のプログラムをネットワーク上に公開、意見を求めたことがきっかけとなり、世界中の不特定多数の協力者達(コミュニティ)が始まり、進化を続けています。
2016.06.28-1543-96088

Linuxの開発者リーナス・トーパルズ氏
(出典:By Alex Dawson CC BY-SA 2.0)


「へー、そうなんだ」と思いながら読まれているあなたも、きっと知らないうちにLinuxを使っています。実は、デジタルテレビやビデオカメラなどの家電には多くLinuxが用いられています(「組み込み家電」と呼ばれます)。「本当かな?」と思ったら、テレビの説明書を開いてみてください(Linuxを搭載した製品は、利用者がプログラムを入手するための情報を提供することが義務づけられています)。

最初はひとつだったLinuxは、今や無数の派生バリエーションが存在します。Ubuntu(「ウブンツ」「ウブントゥ」)はその一つで、これはアフリカの単語で「他者への思いやり」や「皆があっての私」という意味を持ちます。一見、UFOのように見えるロゴは、人が手を取り合った「友達の輪」です。

640px-Former_Ubuntu_logo.svg

Linuxのバリエーションの一つ「Ubuntu」のロゴ(出典)


Windowsはマイクロソフト社が開発しています。Windowsのプログラム(「ソースコード」と呼ばれます)は、マイクロソフトの社内で管理されており、関係者以外はそれを読むことはできません。製品として出荷されたものを利用するだけです。一方、Linuxはプログラムがネットワーク上で共有されています。インターネットを利用する環境があれば誰でも(無償で)読むことができますし、プログラミングを勉強すれば機能を追加したりすることも可能です。こうしたプログラムを「オープンソース」と呼びます。Linuxはその代表と言って良いでしょう。

ご縁により、里山Ubuntu推進計画(脱Windows?)のお手伝いをさせていただくにことになり、久しぶりにUbuntuをインストールして試してみました。昔のLinuxはインストールというと呪文のようなコマンドを実行しなければならず、日本語表示や日本語入力の設定は難解、使えるアプリケーションは少数、でした。それがインストールは今やWindowsと同等の容易さ、日本語読み書き当たり前、ブラウザはもちろんオフィス互換ソフト(WordやExcelのデータを読み書きできるソフト。無償です)は豊富。動作も軽快で、個人利用であればWindowsにまったく遜色ないレベルに到達していることを実感しました。

VirtualBox_IE11 - Win8_installchoose

親切なインストール画面など、以前から格段に進化したLinux


そんなクールなUbuntuですが、残念ながらUbuntuが導入されたパソコンは、家電量販店では売られていません。だから、自分でインストールする必要があります。インストールには、Windowsの土台を更地にしてから行う方法(当然Windowsは使えなくなります)、Windowsの区画を狭くして新たに区画を追加して行う方法(パソコン起動時にどちらを使うか選択します)、Windowsの区画はそのままにテントのようにUbuntuの領域を作る方法、さらにはWindows環境はそのままでインストールしないで「体験」してみる、など多くの選択肢があります。

冒頭、OSは土台のようなものだと書きました。家造りで土台と言えば「基礎」ですが、皆さんは基礎に何を求めますか?私の場合は、「永く家とそこに住む家族を支える」、それ以外ありません。「無償だから、上(環境)はそのままで良いから」といって替えるものでは本来ありません。ましてや、施主の許可なく勝手に施工するなど言語道断です。

この連載では、パソコンに詳しくない方でも理解できるよう、情報を提供し、皆様のUbuntu化(住み替え)を支援させていただきたいと思っています。どうぞおつきあいください。

(Haru)

著者:Haru(ペンペン先生)

1962年、北海道生まれ。うお座。
1985年、北海道大学工学部卒業、IT系企業に入社。
2003年、業務テーマとしてLinuxに取り組む。
2015年、関東地区交流会参加をきっかけに上映会スタッフに参加。
横浜市在住

*ペンペン先生への感想や質問はこちらのフォームからお願いします。


里山Ubuntu通信:1日目 竹下氏、Ubuntuを体験!

 いつも時事ブログのご愛読をありがとうございます。「里山社屋主義」を書いているシャンティ・フーラのスタッフ、白井薫です。
 竹下氏が「本気でUbuntuを導入してみようか」と宣言したのを機に、並行して新たな連載“里山Ubuntu通信”が始まります。このシリーズでは、今回パソコンをご提供いただいた方(下記参照)から主に寄稿をいただく予定ですが、私からも時折竹下氏のUbuntu導入への物語をレポートしていきたいと思います。
(スタッフ・白井薫)
————————————————————————
竹下氏、Ubuntuを体験!
このたび時事ブログの読者の方で、パソコンに詳しい方からUbuntuがインストールされたパソコンをお借りすることができました。パータのスタッフ日誌を参照) その後竹下氏から「まずはUbuntuはどのようなものか実際に見てみたい」とのことで、お借りしたパソコンでデモンストレーションをしてきました。

160625-114457-DSCF0285

これはマウスの進化について真剣に語り合っている所…ではありません (^o^)


Firefoxというブラウザでインターネットの方法、印刷の仕方、LibreOffice Writerというワープロソフトでの文章の編集方法、などを紹介し、実際に操作もしてもらいました。

Windowsと同じことができ問題なさそうだ。という印象で導入にさらに前向きになったようです。

160625-133303-VirtualBox_Ubuntu_25_06_2016_13_32_14

時事ブログもまったく問題なく見れます


ただ、時事ブログのために日々大量の記事を探しては、使いやすいように印刷してストックしている竹下氏。このために、ネットの記事の一部だけを印刷するにあたってそれをプレビュー(事前にどんな印刷になるか画面でチェックすること)する機能だけが不足していました。これは重要な機能なので、何とか実現できる方法を探すことにしました。



竹下氏には、今使い慣れているパソコンで、試しにUbuntuを動かせる方法参考記事を案内して、導入に挑戦してもらうことにしています。しばらくは使い慣れているパソコンでUbuntuを試しつつ、困ったらWindowsですぐこれまで通りの作業をすることもできるという、忙しい竹下氏に合った方法です。

最終目標は、パソコンからWindows10を削除して完全にUbuntuだけにすること。どうか順調に辿り着けますように!

(スタッフ・白井薫)
1 2 3 4 5 6