アーカイブ: しんしん丸

[Twitter]透明なスマホ

ライターからの情報です。
見えぬけれどもあるんだね。
いずれ、スマホすらいらない、トランスヒューマンな世の中にするつもりでしょうか。
見えぬものでもあるのにね。
(しんしん丸)
————————————————————————
配信元)


[Twitter]どうしても浮いてしまうコーギーのお尻

ライターからの情報です。
 うくかわいい。
(しんしん丸)
————————————————————————
配信元)


[Twitter]オーライ、オーライ~

ライターからの情報です。
ストップ!と、
ちゃんと枠止めするワン♪
(しんしん丸)
————————————————————————
配信元)


やはり、PCR 検査で使う綿棒にはアメリカ国防高等研究計画局(DARPA)のヒドロゲルが仕込まれている!?

 2020/12/14の記事にて、『未開封の検査キットに付いていたという「ナノ技術の金属」を、セラグリッパーと重ね合わせて論じている非常に怪しい「陰謀論」』 が紹介されました。セラグリッパーは、ジョンズホプキンス大学が設計した、体内に薬物を放出するための小さな星型のマイクロデバイスですが、コメントにあるように「翻訳している元記事の波動が著しく悪いからです」という理由とともに、『「PCR検査の綿棒には、ジョンズホプキンス大学が設計したセラグリッパーが仕込まれている」というウワサが出てきたのですが、証拠がなかったため「陰謀論」と見なしました。(竹下雅敏氏)』とのことです。
 6/2の記事では、「PCR検査に用いる綿棒には、米国国防高等研究計画局(DARPA)のヒドロゲルが仕込まれている」という情報がありました。「ヒドロゲルを有機液(唾液など)に接触させると、数分後には長方形の結晶構造を形成し始め、それがフラクタル的に成長していく」ということで、ヒドロゲルとはPCR検査に用いる綿棒の繊維の中に含まれている、中空のナイロン繊維のDarpaHydrogelビーズ(図8と図9)であることがわかります。こうした証拠もあり、こちらはどうやら本物のようです。
「結晶にはリチウムがあるので、細胞との送受信も可能にする」
「Darpaヒドロゲルとリチウムは松果体を破壊し、思考する人を制御可能なバイオロボットにしてしまう」
「ビル・ゲイツを取り巻く闇の勢力の夢は、この突然変異体を、例えばワクチン接種によって、コンピュータ・プログラムとして定期的にアップグレードさせること」とあります。
 セラグリッパーは、あくまで悪用する可能性の話であるのに対して、ヒドロゲルの方は、「PCR検査に用いる綿棒の繊維の中に含まれている」とのことです!そして、ダーパヒドロゲルの中空ナイロン繊維は、FFP2クラスのプラスチック製呼吸器(医療用マスクのことですね)にも充填されているそうです。この添加剤入りのダーパヒドロゲルは、呼吸するとゆっくりと呼吸器から放出され、人間の気道に入ってしまうというのです。こうしたことが、まさか、まさかの真相ということのようです。
 実は私がそうだったように、誤解されている人もいるのではないかとおもわれますが、『「PCR検査の綿棒には、ジョンズホプキンス大学が設計したセラグリッパーが仕込まれている」というウワサと、「PCR検査に用いる綿棒には、米国国防高等研究計画局(DARPA)のヒドロゲルが仕込まれている」という情報、これらを混同して、同列に扱ってはいけません。(竹下雅敏氏)』とのことです。
 PCR検査の綿棒とは、おそらく長くて特殊なものとおもわれますが、そのすべての綿棒がダーパヒドロゲルの含まれた繊維であるとは限らない!ことを祈るばかりです。はたして良心的なメーカーはあるのでしょうか?まさに"別次元へとフェイズが変わった"可能性があることに驚愕しています。

 また6/20の記事では、「ワクチンには磁石的な作用を起こすヒドロジェルが入っており、ヒドロジェルは磁気的波長に反応する」とありますが、アーロン大塚さんのツイートに「新型コロナワクチンの磁性のコーティングのマグネットオフェクションの会社とPCR検査の会社は同じ住所?これはどういう意味であろう?」とあります。ワクチンもPCR検査も、やはり目的は一つということでしょうか。

追記。
こうした中においても、"イベルメクチンはダーパヒドロゲルに対して非常に強い消失効果を持っている"という情報は救いです。
(しんしん丸)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「検査そのものをワクチン化させる」ことも可能かもしれないジョンスホプキンスと米国防高等研究計画局の素晴らしいテクノロジーを知る
転載元)

(前略)
スロバキアの国民全員強制コロナ検査の「本当の理由」は

(中略)
6月のはじめ頃に、「 PCR 検査で使う綿棒にはアメリカ国防高等研究計画局のハイドロゲル(ヒドロゲル)が仕込まれている」というような話が話題になったことがあります。

これは、スロバキアで昨年 11月から行われた PCR 検査で使われた「綿棒」を顕微鏡で調査したという PDF 文書の情報に端を発しています。

この内容については、日本語のこちらのブログなどで翻訳されていますので、ここでは特に取り上げませんが、その元々のファイルの冒頭だけご紹介します。

スロバキア共和国での表面試験からの試験棒の分析 - ジェノサイドの確認

キーワード – 1)ナイロン、2)DARPA ヒドロゲル、3)リチウム、4)松果体

2020年11月から 2021年3月にかけて、スロバキアの首都ブラチスラバの病院の検査室で新型コロナウイルス検査のスティック(綿棒)を対象に分析を行った。

この検査綿棒は、スロバキアの病院で表面検査に使用されたセットのものだ。

ここで取り上げる内容は、標準的な検査用顕微鏡などを持っている方なら、掲載されている検査スティックに関する情報を確認することができるだろう。試験用綿棒、米国国防高等研究計画局(DARPA)のハイドロゲル、そして、リチウムに関するすべてのこれらの情報は、科学的情報および企業として公開している。

これらの情報から、これらの試験綿棒は、スロバキアの人々をジェノサイドに導くツールであることが明らかだ。 (golokaproject.org

オリジナルの英語でのファイルはこちらにあります。

(中略)

この際、スロバキアでおこなわれたのは、PCR 検査ではなく、ラテラル・フロー・テスト(Lateral Flow Test)と呼ばれるもので、まあしかし、これも、「口か鼻から綿棒を入れて採取する」という部分は同じです。

PCR 検査も、このラテラル・フロー・テストも、結局はどちらも、

「使い捨ての綿棒による鼻の奥の検査」

であるのですが、スロバキアのこのような検査が、米国防高等研究計画局の研究と密接に関係しているという書類があるわけでもないですし……と、かなり執拗に探していますと、ちょっと近いものはありました。

国防高等研究計画局が、この「鼻腔の綿棒による使い捨ての簡易検査」を、かなり以前から研究していたことがわかるのですね。

» 続きはこちらから

[Twitter]溺れたウサギを蘇生する男

ライターからの情報です。
玉返しの祈りが込められています。
元記事の方に蘇生されるまでの動画があります。
(しんしん丸)
————————————————————————
配信元)


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 58