アーカイブ: プーチン

竹下氏のコメントと直感に合致する興味深い記事:プーチン大統領がイルミナティの撲滅を決意 全面対決の狼煙を上げる

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の板垣英憲氏の記事といい、このTOCANAの記事といい、驚きの内容です。記事の内容は正しいと思います。記事は、複数の海外オルタナティブメディアが情報源のようですが、プーチン大統領はイルミナティの撲滅を決意し、全面対決の狼煙(のろし)を上げたというのです。10月13日の記事のコメントで、“おそらく、表のイルミナティはプーチン大統領を筆頭とする光の勢力に粉砕されるだろう”と言及した事と一致します。
 記事の中で、プーチン大統領自身がイルミナティだったことを指摘していますが、このことは時事ブログですでにコメントした内容と一致します。さらに、プーチン大統領は悪魔崇拝の入会の儀式は行っていないとあり、このことも私の直感に合致します。大変興味深い記事で、是非引用元で全文をご覧ください。
 私は以前のコメントで、“イルミナティは今年中に解散するのではないか”と言ったのですが、彼らは、現在司令塔を失っており、混乱状態です。日本のイルミナティはすでに解散しているはずです。イルミナティの最高位階にあった女祭祀は、すでに発狂しています。
 このせいなのか、板垣英憲氏の情報を見ると、イルミナティの幹部だった重要人物が天皇陛下側についたと思われる情報が出ています。小沢一郎氏と民進党の野田幹事長の会談が実現したのも、こうしたイルミナティの崩壊が背景にあるのです。
 イルミナティは、今後、世界規模で急速に瓦解していくと思われます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
プーチンがイルミナティ撲滅を宣言! ドゥテルテ躍進、トランプ旋風… 世界で進む“反ロスチャイルド”の決定打か!?
引用元)
(前略) 

■プーチン、打倒イルミナティを誓う 

(中略) 

複数の海外オルタナティブメディアによれば、プーチンは先頃、世界の富を牛耳るハザール・マフィア(ユダヤ金融資本)の中心的組織であるイルミナティの撲滅を目指し、全面対決の狼煙を上げたという。(中略)… 


■大統領就任直後から始まっていたアンチ・イルミナティ戦略 

 報道によると、本来はプーチンの出自もイルミナティ側であり、今日の権力を得るまでには、そのメンバーであることを巧みに利用してきたようだ。この男が、ソ連時代にKGBの実力者として頭角を現してきたことからもそれが窺えるという。なぜならば、ソ連もまたイルミナティが作り上げた人造国家であったためとのこと。

 しかし、プーチンは決してイルミナティの中核にある悪魔崇拝組織への“入会の儀式”は行なっていないという。そして大統領就任後は、“アンチ・イルミナティ”へと国内政治の舵を大きく切ることになった。

(以下略、続きは引用元でご覧下さい)

フルフォードレポート英語版(10/31):プーチンの現在の地位、ロスチャイルド家の破滅の確定

竹下雅敏氏からの情報です。
 先のコメントと合わせて読んでいただくと、よりよく理解出来ると思います。今回のフルフォード情報は、間違ってはいないと思いますが、完全に正しいというものでもないようです。
 今回の情報で、特に重要な部分は、プーチン大統領は偽者で、ロスチャイルドから命令を受けているというところだと思います。これは正しい情報です。現在私たちが見ているプーチン大統領は、替え玉です。ただしレポートでは、“プーチンは相当前に死んで、6人の異なるプーチンがいる”とあります。ここの部分は違っていると思います。本物のプーチン大統領は生きています。以前コメントしたように、本物のプーチン大統領は世界皇帝として推挙されており、彼はその地位についています。ただし、これはプラズマ界での話です。私の直感では、エーテルダブル(ライトボディー)の界層では、プーチン大統領は私たちの太陽系での皇帝です。肉体レベルで、ロスチャイルド一族はこうしたことを理解しているはずです。
 さらに言うと、本物のプーチン大統領は、白龍会の中枢のメンバーです。フルフォード氏は白龍会のメッセンジャーですが、プーチン大統領が白龍会のメンバーである事を知らないのかも知れません。
 ロシアの軍隊は、本物のプーチン大統領から命令を受け取っており、アメリカ、中国の軍隊と共調して動きます。なので、替え玉のプーチンがイブリン・ロスチャイルドから直接命令を受けていても、何ら心配する必要は無いのです。
 ロスチャイルド一族は、これまで第三次大戦を回避するという目的で白龍会と協調して動いており、金融システムの改革にも深く関わってきました。しかし、リーマンショックをめぐる彼らの悪事を暴いたフルフォード氏の情報が、気に入らなかったようです。過去の悪事が表に出てくると、彼らは権力の座から滑り落ちてしまいます。トランプ氏が大統領になると、自分たちも下手をすると刑務所行きになることを恐れた彼らは、第三次大戦を起こすことで罪から逃れようとしたようです。
 こうした一連の経緯が発覚したことで、彼らの破滅は確定しました。既に何人かは死亡しているはずです。白龍会から1tのゴールドの懸賞金がついている名前のリストが出ていました。既に何人もの人物が殺されていると思いますが、ロスチャイルド家も例外ではなくなったということだと思います。

追伸)文中の太字にした部分ですが、10月31日に紹介した時事ブログの記事では“クリントン夫妻は逮捕される前に18億ドルを持ちだしカタールへ逃亡する準備をしている”とありましたので、訳に誤まりがあるのではないかと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォードレポート英語版(10/31)
転載元)
(前略)
人々が熊手と銃を取り出して、ハザールマフィアの幹部ギャングの宮殿へ突進する時間です。これは多くの人によって確認されている統合参謀本部長の将軍ジョセフ・ダンフォードによってアメリカ軍全員に送られた手紙において確認されている。その手紙の中でダンフォードは、「全ての公務員は米国憲法を支持し守り、同様にそれに対して本当の信頼と忠誠を負うことを誓え」と言っている。
(中略)...
言い換えれば、国民はFRBとそれを所有し、1913年以来いわゆる米ドルを偽造している犯罪家族を追い回すことが憲法の宣誓によって義務付けられている。さらに国民はこれらの犯罪家族が盗んだ米国民に所属する莫大の財産を没収しなければならない。
(中略)...
将軍ダンフォードはワシントンDCに行き、政府の文民統制を取り戻すよう命令している。それは正当な民主主義と報道の自由を回復し、情報を得た国民が自分達の政府を選ぶことができることを意味している。
(中略)...
ヒラリークリントンはすでに18億ドルをカタールに送り、そこをすぐに開放する計画をしていると、CIA情報源は言う。しかし、彼女も他の彼女のファミリは逃げることは許されていないと、その情報源は言う。
(中略)...
NSAについて言えば、先週彼らは私に携帯電話とクレディットカードを残して、安全な場所でグノーシスイルミナティの代表アレクサンダーロマノフと会うように要請してきて、私は秘密の情報を得ることができた。NSAはデジタルは安全ではないことを知っているので、重要なことは個人的会談で一つずつ伝えられる理由です。NSAが持っていたメッセージは習金平、ウラジミール・プーチンとバラク・オバマ全ては、男爵エブリン・ロスチャシルドから直接命令を受けているというものであった。CIA情報源もこれを確認している。

ロシアの白龍会のメンバーも、ウラジミール・プーチンは偽者で、ロスチャイルドから命令を受けていることを確認している。

最近、インターネットも浄化されており、いわゆるウラジミール・プーチンの全ての写真は同一に見えるように修正されてきた。しかし、紙の写真集を見て、長年の彼らを比較すれば、元のプーチンは相当前に死んで、6人の異なるプーチンがいることが確認できる。
(中略)...
ニールキーナンが報告しているように、連銀議長のジャネット・イエレン、英国銀行頭取のマーク・カーニー、マレーシア首相ナジェブ・ロザックは最近、担保金塊が100万tあるふりをしてウィリフレッド・ソーランによって偽造された証明書を使おうとしている。

http://neilkeenan.com/neil-keenan-update-globalists-desperation-health-and-wellness-the-end-of-big-pharma/

彼らはこの詐欺を使って、彼等ファミリが権力を維持できるように大規模な世界的買収運動に使う目的で41兆ドルの金を作ろうとしていると、白龍会情報源は言う。

中国政府情報源はまた、ロスチャイルドは南シナ海において米軍と戦争を始めるよう中国を説得するのに一生懸命であると言っている。それは、ロスチャシルドが必死に、彼らの支配に対する米国内の目下の革命を食い止めるために世界戦争を始める必要があるからである。

NSA情報源はこれを確認している。彼らはまた私に、先週この著者の家に9人のチンピラによる奇襲は日本の奴隷首相の安倍晋三によって命令されたもので、彼は順に中国主席習金平によって命令され、かれはイブリン・ロスチャイルドによって命令された。この著者は謝罪を受けたし、ロスチャイルドに彼らの嫌がらせを止めることを余儀なくさせた。

過去数年、日本における反中国運動を主導してきた安倍が、今突然中国におせいじや足を舐めている事実は、彼がロスチャイルドの傀儡以外の何物でもないことの明白な証拠である。ロスチャイルドは彼らに対してけんか腰になっている米軍とその機関からの中国の保護を求める必死の企みで、中国が聞きたいことを話している。

中国は先週、香港、台湾と北京で重要な会議を持ち、そこで中国は世界の平和と友好を望み、世界戦争を始めるいかなる企てには沿わないことを決定したと、多くの中国情報源は確認している。
(中略)...
日本王室、米軍と中国軍、多くの他者の間では、人類と全ての生き物にとってこの地球を楽園に変える計画の提案ができる能力主義スタッフによる将来計画期間の創設の指示を表明している。
(以下略)

[創造デザイン学会]プーチン大統領への公開謝罪状―解説 〜イルミナティを含む巨悪と戦っているプーチン大統領〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 記事では、ウクライナ上空でのマレーシア旅客機撃墜事件がきっかけとなった、ネット上での「プーチン大統領への公開謝罪状」について触れています。この中で、ケネディ大統領の演説の一部が引用されているとのことです。ケネディ大統領は、明らかにイルミナティを指すと思われる陰謀団について言及しています。
 記事では、プーチン大統領が戦っているのは、この世界的陰謀団、すなわちイルミナティであるとしています。“この根元の巨悪”との戦いにおいて、“ロシアがその中心的役割を果たしている”としています。
 文末は、オバマ大統領の国連総会での演説について触れ、暗に、オバマ大統領がこの陰謀団に属していることを示唆しています。
 時事ブログでは、イルミナティには表と裏の2つの組織があることをお知らせしてきました。オバマ大統領は、“裏のイルミナティ”に属していました。過去形なのは、裏のイルミナティはすでに解散したと思われるからです。プーチン大統領は、かつて“表のイルミナティ”のメンバーでした。天界の改革以降、早い時期に脱会し、プーチン大統領はイルミナティを含む巨悪と戦っています。現在のターゲットは表のイルミナティです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
プーチン大統領への公開謝罪状―解説
転載元)
2014/9/26 

「親愛なるプーチン大統領、ならびにロシア国民の皆さま」という、公開の、誰でも署名で きる謝罪状をネット上で発見し、さっそく翻訳して「創造デザイン学会」最新情報欄に載せ たところ(9/11)、翌日、世界各国語欄に日本語も加わって、私とほとんど同時に翻訳した 人があることがわかった。現に日本人の名前も散見する。現時点(2014/9/26 午前)で署名 者は 44,000 を超え、相当の勢いで増えている。見ている限り米国籍者が少ないのは、現在 の警察国家アメリカでは(少なくとも本名では)非常に危険だからであろう。プーチンへの 謝罪の手紙は、オランダの大学教授有志のものなど他にもある。

直接のきっかけとなったのは、ウクライナ上空でのマレーシア旅客機撃墜事件と、それに続 く“ロシアのウクライナ侵略”デマである。7 月 17 日の MH17 機撃墜については、米追従 の世界中の新聞が、調査も何もないうちから「人殺しプーチン」(英紙 The Sun)などと書 きたてて、ロシア犯行説を煽った。しかしこれに対するロシア側の冷静なデータによる質問 に、ワシントン‐キエフは答えることができず、ウクライナ犯行の証拠は続出し、結局これ は、9・11 と同じアメリカの常套手段である、もう一つの「ニセ旗攻撃」であった。

このプーチン大統領への公開謝罪状で注目すべきは、
「アメリカ最後の偉大な大統領ジョ ン・F・ケネディ」の、おそらく直接の暗殺の原因になった演説の一節が引かれていること である。

    我々はどこでも、一枚岩的な非情な陰謀によって敵に回されています。彼らは自分たち の勢力範囲を拡大するのに、秘密の手段を用いています――侵略の代わりに密かな侵 入、選挙の代わりに政権転覆、自由な選択の代わりに脅し、昼の軍隊の代わりに夜のゲ リラといったものです。

    このやり方によって彼らは、膨大な人的・物的資源をかり集め、軍事、外交、諜報、経 済、科学、そして政治的な諸作戦を一つに結集する、緊密に組まれた、高度に有効な組 織を構築してきました。...その準備は秘密にされ公開されません。その間違いは隠され 表には出ません。それに反対する者は黙らされ、褒められることはありません。いかなる出費も問題にされず、いかなる噂も印刷されず、いかなる秘密も表れることはありません。

これはアメリカの影の政府、「陰謀団」(the Cabal)とか「イルミナティ」と呼ばれるもの のことであって、ケネディ大統領は自国を告発していたのである。(こうした政府内の陰謀 勢力の暗躍については、アイゼンハワーも退任演説で警告した。)この手紙は、「このとき以 来、アメリカと他の西側諸国の政府は、この〈非情な陰謀〉にすっかり侵食されてしまいま した」と言っている。

ところでプーチンが相手にしているのも、この同じ世界的陰謀団であって、ケネディとプー チンは同じ相手と戦っているのである。だからケネディは英雄だがプーチンは悪者だなど と言うことはできない。もしプーチンを悪魔にしたければ、ケネディも同じ悪魔でなければ ならない。(ヒラリー・クリントンやチャールズ英皇太子は、プーチンを「ヒトラー」だと 言った。)

プーチンの態度を見ていると少し不思議に思えないだろうか? 身に覚えのない人殺しの 罪を着せられても彼は黙っている。彼は事実を調べよと言うだけで、最初から取り合う様子 を全く見せていない。この時点ですでに彼の勝ちだが、それは彼が相手にしているのは、オ バマでもポロシェンコでもラスムッセン(NATO 議長)でもなく、この“地球の敵”だから である。

そう考えるのは、デイヴィド・ウィルコックの『ザ・シンクロニシティ・キー』やその他の 書き物に根拠がある。この根源の巨悪とひそかに戦っている国際的な「同盟」がかなり前か ら存在し、ロシアがその中心的役割を果たしているのだという。この巨悪のからくりに最も 興味があるのはロシアであって、これは、ウィルコックが Financial Tyranny(金融暴政) という、暴露的なオンライン本を書いたときに、いち早くこれに飛びついて、長時間物のプ ライムタイム・テレビ番組を作ったのが、ロシアであることからもわかるであろう。このが んじがらめの悪の世界の仕組みを、一番よく知っているのがロシアだと思われる。これは彼 らの資金源を断つ唯一の方法――世界のドル・システムをひそかに切り崩す方法――を知 っているということであろう。(因みに、ケネディが殺されたのも、リビアのカダフィが殺 されたのも、彼らが米ドル以外の通貨を作ろうとしたためである。)

ところで今行われている国連総会でのオバマ大統領の演説の、ビデオと全文がInformation Clearing House というサイトに出ている。「オバマの国連スピーチ:偽善、ウソ、そして世 論操作」(Sep. 24, 2014)という題で、その下に“読者は嘔吐用の袋を用意するのがよいか もしれません”と書いてある。そして末尾の読者コメント欄は、「最後まで聞く(読む)に 耐えない」シロモノといった反応が圧倒的である。確かにここまで悪びれることもなく、世 界に向かってウソがつけるというのは、異常人格者といってよいであろう。我々が戦ってい るのは悪魔であって人間ではない。これを誇張と考える人はやがて真実がわかるだろう。

[Sputnik]プーチン大統領、ロシアの力とは何かを語る 〜一致団結し、“ハザール系ユダヤ人”が敵だと知っているロシア国民〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 今、世界で最も信頼できる国はロシアだと思います。ロシアが強いのは、ロシア国民が一致団結しているからです。私が思うに、彼らは誰と戦っているのかを知っているのです。おそらく、シリアの国民も知っていると思います。
 彼らが知っている敵とは、下の記事にある“ハザール系ユダヤ人”です。フルフォード氏なら、ハザール・マフィアと言うかも知れません。私が、ユダヤ人にスファラディとアシュケナジーの区別があることを知ったのは、宇野正美氏の講演でした。スファラディは、アブラハムの子孫で本物のユダヤ人です。しかし、アシュケナジーはユダヤ教に改宗したハザール人の子孫なのです。当時のハザール王国は、カスピ海から黒海沿岸にかけて築かれた巨大な国家です。9世紀初めに、ユダヤ教に改宗し、自らをユダヤ人と名乗ることで、歴史上初めて、ユダヤ人以外のユダヤ人国家になりました。要するに、このアシュケナジー・ユダヤ人があらゆる近代の革命や戦争に関与しており、人類の災厄になっているのです。実体としては、彼らはユダヤ教徒ではなく、偽ユダヤの悪魔崇拝者です。
 下の記事のアレキサンドル・イワノフ氏の講演内容は、知っておかなければならない極めて重要なものです。息子がロシア製兵器や戦闘機に興味があるため、この記事を紹介しました。彼は読んで、その内容に驚いていました。ここに書かれている内容は驚愕の真実であり、人類の歴史を正しく理解するためにも、知っておかなければならないものなのです。
 私がロシア人を信頼しているのは、この記事の内容を読んでいるからです。これは陰謀論ではなく、歴史的な事実なのです。このことを知った上で、コブラの情報を読むと、より一層理解が深まります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
プーチン大統領、ロシアの力とは何かを語る
転載元)
© Sputnik

© Sputnik


プーチン大統領は選挙後初めて開かれた下院議会で演説し、ロシアの力について、これは豊かな天然資源や国防能力だけにとどまらず、国民が一致団結した中にもあると語った。

「この『力』という概念に我々は決して大国的な意味を含めはしない。我々は誰かに何かを押し付けたことは一度もなく、これからもそうしたことはしない。ロシアの力とは私たち自身の中にある。これは我々国民の中に、我々の人間の中に、我々の伝統、文化、経済、広大な領土、そしてもちろん天然資源、国防能力のなかにあるのだ。だが一番大事なのは我々の力は間違いなく国民が一丸となったところにある。

プーチン大統領はロシアの力を構成するすべての要素を忘れないよう呼びかけ、これこそ国の独立性を保つ上での主要な条件となると語った。

先に、プーチン大統領は「カラシニコフ」社の社員との会合で人生で最も重要な原則のひとつを語った。

――――――――――――――――――――――――
元ソ連外交官が語る「ロシア-ユダヤ闘争史」の全貌
引用元)
※ ある方から提供された資料です。
ハザール系ユダヤ人とロシア人の関係に
ついて詳しく説明されています。

これはもはや「ユダヤ人の悲史」ではなく
ロシア人の視点から語られた
 「ロシア人の悲史」ですね…

参考までにどうぞ。


──元ソ連外交官が語る「ロシア-ユダヤ闘争史」の全貌──

1993年夏

旧ソ連時代、駐日ソ連大使館に勤務する外交官だったアレキサンドル・イワノフ氏は、1993年夏に日本を訪問しました。そして全国各地で講演を行ない、これまでのロシアでは何が起きていたのか、今のロシアで何が起きているのか、そもそもロシアの「ユダヤ問題」とは何であるかについて、熱を込めて語りました。

イワノフ氏はモスクワ大学を卒業し東京大学大学院を修了した、日本事情にも詳しいロシア人外交専門家です。彼の講演には、私たち日本人がおよそ耳にすることのなかった驚くべき内容が数多く含まれていました。彼は私たち日本人に、知られざるハザール系ユダヤ人とロシア人の戦いの歴史を余すことなく語ってくれたのであります。

以下は、彼が行なった講演内容をまとめたものです。

(以下略、続きは引用元でご覧下さい)

[BCN童子丸]和訳:ヴァルダイ会議でのプーチン演説 【質疑応答】

 以前、ヴァルダイ会議でのプーチン大統領の演説を掲載しましたが、今回はその質疑応答からシリアに関する部分を抜粋しました。元記事では、約2万字に渡って「西側が誤魔化し置き去りにし続ける諸問題」にプーチン大統領が応えていますので興味のある方はご覧ください。
 10月20日にモスクワでプーチン大統領とアサド大統領が会談していますが、その一部始終を明かしています。プーチン大統領が『もし我々が今日シリアの中で、純粋にテロリズムと戦いイスラム国と戦おうとしている武装反対派勢力がいることが分かり、我々がシリア軍を支援しているのと全く同様に彼らのテロに対する戦いの努力を支援しなければならないとすれば、あなたはどのように反応されるのでしょうか?』と聞いたところ、アサド大統領は『それは建設的なことだろうと私は思います』と応えたようです。両者が公平で、テロとの戦いを通してひとつになろうとする決意が伝わってきました。
 また米軍を通してシリア反対派勢力に供給された兵器が、翌日にはISISに手渡しされることがここでも指摘されていますが、シリア反対派勢力がロシア側につくことで、そういったこともなくなり、効果的なISIS対策が期待できるのだと思います。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
和訳:ヴァルダイ会議でのプーチン演説(2) 西側が誤魔化し置き去りにし続ける諸問題
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。