アーカイブ: ワクチン

[安田美絵氏]緊急事態! 子宮頸がんワクチンが法定接種に!?

読者の方からの情報です。

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
緊急事態! 子宮頸がんワクチンが法定接種に!?
転載元)


公開日: 2013/02/20
「サルでもわかるTPP」の安田美絵さんによる緊急の警告。子宮頸がんワクチンが今年­(2013)の4月以降、法定接種となってしまいそうです。今すぐ国会議員に働きかけ­ないと、わたしたちの税金が外国の製薬会社に無駄に流れ、日本の女の子たちの健康は逆­に多大な危険にさらされます。

抗議文書の見本や送り先等の詳細は
http://luna-organic.org/tpp/vaccine.html

[佐藤内科循環器科医院]「いかなるワクチンも(脳)神経学的障害を起こす」

竹下雅敏氏からの情報です。
先の記事の関連で、ワクチンの方です。中世では医者は死神の使いのように見られていたものですが、現代はその死神の方もはっきりとわかっています。
製薬会社です。
(竹下 雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ワクチンが起こす脳神経障害
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[井口和基氏]「ワクチン神話」の幻想から目覚めよ!:百害あって一利なし!企業のための商品に過ぎないヨ。

竹下雅敏氏からの情報です。

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「ワクチン神話」の幻想から目覚めよ!:百害あって一利なし!企業のための商品に過ぎないヨ。
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[動画]インフルエンザワクチンのリスク(ブーゲンマイスター女史の警告)

ぽんこ様(読者の方)からの情報です。
素晴らしい医療ジャーナリストを知りました。この中でポーランド空軍Tu-154墜落事故(2010.4.10)がなんの報復であったかも知ることができました。
翻訳をしてくださる方のお陰で内容を知ることが出来ますが、ACTAが衆院でも可決されれば、動画に直接字幕を入れることも出来なくなるのでしょうか。
(寄稿者のコメント)

時間のない方は次の部分だけでも、ご覧下さい。(白井)

3:35〜4:27 WHOのワクチン接種計画
6:32〜7:34 ポーランドの決定と飛行機墜落事故
9:34〜10:53 アレックス=ジョーンズ氏の加担

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
インフルエンザワクチンのリスク(ブーゲンマイスター女史の警告)
転載元より抜粋)

ジェーン・バージャーマイスター女史による、2009年のインフルエンザパンデミックについての最新情報です。

ヨーロッパ市民には代替メディアの力で事前にこの大流行が作られたものであることが、知れ渡り、ワクチンの接種率はとても低いものになりました。

そして、ポーランドでは当時の厚生大臣で医師でもあるエイワ・コーパッチ氏がインフルエンザワクチンに危険性がある事を見抜き、ポーランド政府は製薬会社からワクチンを購­入する事を拒否しました。しかしながら、その直後ポーランドの要人96人を乗せた飛行機が墜落し、その全員が死亡するという非常に不可解な事故が起きました。
そして、それは後に意図的な暗殺であったことが判明します。

ポーランドの政治家たちの勇気ある行動そして、その後の結末を聞いてなんともやるせない気持ちになります。
果たして日本ではこんな風に国民を守ってくれるヒーローは現れるんでしょうか?
期待したいところですが、期待できない場合はこの動画の視聴を多くの方に勧めましょう。

そして、2012年現在2009年の大流行時よりもさらに状況が悪くなっています。
WHOは60億人分のワクチンを用意する計画を持っているようです。
そして、日本でもつい先日新型インフル特措法が成立しましたよね。
国内でも来年の半ばころには国民全員分のワクチンを用意する計画があるようです。
そして、そのインフルのワクチンの原材料は蛾です・・・

http://ameblo.jp/friends-dc/entry-11264304897.html

[TBS News-i]「子宮頸がんワクチン」国の推奨再開か、検証は十分?

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「子宮頸がんワクチン」国の推奨再開か、検証は十分?
転載元)


2014/05/28 に公開
「子宮頸がん」の原因となるウイルスの感染を防ぐために開発されたワクチン。これまで­、のべ890万人が接種していますが、接種した少女からけいれんや失神などワクチンの­副反応とみられる報告が相次ぎました。これにより、国が積極的な推奨を中止してから間­もなく1年、近く推奨が再開される方向で検討が進んでいます。

————————————————————————
子宮頸がんワクチンの恐怖
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
1 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24