アーカイブ: Yutika

[Kグループ]ニール・キーナン最新情報:カバールの解体(前編)

 前回、4月17日版の情報をご紹介して以来、ニール・キーナン氏の音沙汰が一切無かったので心配していたのですが、ようやく新しい記事が更新されました。やはり暗殺されかけていたようです。
 かなりの長文なので出来るだけ省略したのですが、多岐に渡るので前後編に分けます。
 追い詰められたカバールが捨て身の攻撃を世界各地で繰り広げています。前編は欧米について。後編のように目新しい情報はありませんが、これまでシャンティ・フーラの時事ブログで竹下雅敏氏が表明してきた立場と驚くほど似ています。金塊を任された長老の皆さんが正確な情報を得ているようで、何よりです。
 ただ記事中、何故オバマ元大統領が「ティンカーベル」と呼ばれているのかは不明です。大統領と副大統領一家はシークレット・サービスからコードネームが割り当てられるのですが、本人が希望して採用されたのが「レネゲード(背教者や裏切り者という意味)」なんですよね。
英語でフェアリー(妖精)と言えば、同性愛者の意味もありますから、そっちかな~等と頭を捻ってますが、巷で彼を「ティンカーベル」と呼んでいる様子は全く見受けられず。それとも皆が信じないと存在できない架空の生き物だからでしょうか、オバマって国籍や身元偽っていますし。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ニール・キーナン最新情報:カバールの解体(前編)
転載元)
金融的に、あるいは経済的に、少しずつ、一歩ずつ、我々は刻一刻とカバールを追い詰めつつある……。


【前略】カバールがダウン寸前なのは間違ない。但し、奴らは未だにこの窮地から脱出しようと試み続けている。自分たちの側の人間をコソコソと動かしては、自ら巧妙に作り上げた(と少なくとも本人は思い込んでいる)泥沼から抜け出す道を探そうと足掻いているのだ。奴らを完全に始末するのが我々の仕事だ! 機会は一度しかない。既に多くの機会が失われてしまったのだから。

 

奴らが我々の弱点だと見做している点について、いかに冷酷無比で計算高くあり続けたことだろうか。【我々の】親切心や慈悲心を弱さと勘違いし、そのせいで自分たちは我々に混じって暮らしながらも、安全を確保されていると期待しているのだ。

【中略】

カバールに長らく苦しめられてきた被害者たちは、余りに多過ぎて一人一人名前を挙げていられないが、彼らならば過去を振り返り、カバールがいかに破壊的でソシオパス(社会病質者)的であったか、そして現在に至るまで猛威を振るい続けているかが分かるだろう。

カバールの連中はこの惑星の全て―(かつてヒラリーは冷酷にも我々の一部を「惨めな存在」と言い放ったがその)人類も含めて―が自分たちのものだと思い込んでいる。悲しいかな、どこを見渡しても彼らの犯罪の痕跡と著しい干渉の痕が見てとれる。

今は追及の手を緩めたり、立ち止まって休んでいるときではない。奴らの傲慢さと明白な犯罪行為を暴き立てる間、決して息を吐く隙を与えず、一致団結して先へと進み続けるのだ。

また我々は、アメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領、ハンガリーのアーデル・ヤーノシュ大統領、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領、中国の習近平国家主席、そして新しく選ばれた韓国のムン【・ジェイン】大統領(【元国連の】潘基文とかいう例のカバールのロクデナシとは全く無関係な善良な人間)などの面々へ早急かつ断固たる支持と支援を表明すべきである。

“新世界秩序”として知られるようになったものを取り崩すための、我々の飽くなき探求においては多くの手助けが必要とされている。時には「誰が誰なのか」を判別するのは難しいことだろう。しかし、上記の指導者は善良で確固たる一団であり、毒を以て毒を制すという戦いで、主流メディアの嘘と欺瞞にも関わらず、勝利を収めている。

【中略】トランプ大統領は対立している連中なぞより、遥かに機転が利き、賢明である。【中略】なので、大統領が実動的かつ適切な手段にいざ打って出たときには、こういった人類の敵どもはせいぜい“旅行用”の靴にでも履き替えて新天地を探すことだ。その時点で法の網に絡めとられていなければの話だが。

奴らは陰の政府と巷で呼ばれる集団の一員として、共謀による足固めと極悪非道な行いによって今現在の状況に追い込まれている。愚かにもアメリカ国内に隠れることが安全だと思ったらしいが、そんな時代は永遠に過ぎ去ったのだ! あいつらに本物の勇気なんぞあった試しがない。今や腰抜けのように身を隠しているではないか。

それが奴らの生来のやり方なのだろう、奴らはこれまで“ティンカーベル”の如く闘いを繰り広げてきた。小児愛と幼児虐待が蔓延り、女性は不当に扱われ、子を成すだけの道具として見做され、出産時に多くが死んだという古き共和制ローマの腐りきった残骸が奴らなのだ。

裏切り者の新聞各社は今こうして我々が話している間にも既に並べられ、当然のことながら欧洲とロシアで「ティンカーベル」と呼ばれた“あの男”(オバマ)こそが“愛しの君”であり、お仲間と共に大半の犯罪行為の後ろに控えている。

奴らが掻き集めて結成した一同の面々を見ると笑いすら込み上げてくる。小児愛者やその他の性的倒錯者、あるいはジョン・ケリーやジョン・マッケインといったしばしば人類に対する高度な犯罪と嘘による優位性の上に築き上げた名声を誇る、偽りの英雄どもが満載ではないか。

こういった忌々しき悪党連中は、今や正義の鉄槌が下されるまでの猶予期間を与えられているに過ぎないことを即時宣告された状態だ。

その他多くの連中は国外で暮らせる場所を見つけようと躍起になっている。自分たちを目こぼししてくれないかという期待がトランプ政権によって無視されたのにも関わらず、である。

当然のことながら、現状をしっかり認識し、責任感に溢れた新しいタイプの我らが政府は容赦することなぞ決してない。有り難いことに、やっと人々のための政府が誕生したのだ。

我々の大統領と彼のチームに対するカバールの終わりなき攻撃の中、我ら人民は目をしっかり見開き、注視していないといけない。奴らの一部は依然として堂々と外を闊歩し、法の上にいる自分たちは起訴されることなどないと信じ込んでいるのだ。

【中略】

ほんの少しの勝利で、奴らは即座に勝負に戻って来ることが出来る。その時には我々の大統領を確実に撃ち取り、その過程で我々の国土を破壊するための更なる闇の資金繰りを手にしているだろう。これは絶対に許してはならない。なのでここで、比喩的な退路を幾つか断たさせてもらおうか。

» 続きはこちらから

[Dinar Chronicles]2017年4月16日(日)「GCR/RV概説 - “グループ分け”」

 前回、少しご説明したGCR/RV(世界的金融リセットと各国通貨の再評価)の続きです。
 今回の記事は、知識を持つ者さんが頻繁に投稿しているディナール・クロニクルズに投稿者不明、内部の機密情報として出されたものです。4月16日の記事で5月5日にも再掲載されています。知識を持つ者さんは最初の掲載時点で反応しており、この記事を元にGCR/RVイベントを更に詳しく解説しているので、まずは全体像としてこちらをご紹介します。
 ライトワーカーの一部は現在安価な特定の外国通貨を購入し、RVで高額のドルに換金することを期待しています。世界中に大勢いるらしいので、その実際の処理対応はどうするのかという話です。どうやらグループ分けして、一般大衆が経済的に混乱する前にこっそりやるみたいです。
 前々回にも書きましたが、高額取引なので安全確保のために軍隊が出動するんですね。そのトップとして、ダンフォード将軍も今回登場します。前回紹介した共和国の現在の副大統領らしいんですよね(来週、もう少し詳しい記事を出します)。でもこの人物はシャンティ・フーラの時事ブログでは度々批判されてきました。ウォークインでも起こっているのでしょうか。

[フルフォード氏]信用が出来ないジョセフ・ダンフォード米統合参謀本部議長 〜陰謀の中心あるいはその司令塔は日本である〜 
カバールが計画する新共和国宣言と通貨改革 ダンフォード将軍の寝返りで頓挫
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
2017年4月16日(日)「GCR/RV概説 - “グループ分け"」
転載元)
【換金予定の】ネット上の一般のグループは、主な連絡役やリーダーや支払担当者を通じて、より小さな1,500のグループに分類されることになった。一個のオレンジがスライスされて、分けられるのと同様だ【中略】。

NPTB【=新権力層】は現在、規模・拠点・所有している通貨の種類によって事前に適任であると判断された順番で、この小グループの各リーダーに連絡を取っているところである。

幾つもの軍事諜報機関は、誰がこの機密情報の通達に耳を傾けているのかを既に把握しており、ディナールランド【※この掲載サイトの界隈のこと】の大衆に影響力のある主要な人間に対して、複数のグループを統合したり小分けして、そのグループの内部間の連絡役を任せることにした。

綿密な慎重さがRVを展開するにあたっての鍵となる。彼らが仕事をきちんとこなせば、RVを実行に移しつつ、それが全く起こっていないかのような外観を保てるだろう。

RVは生え抜きの軍隊レベルの計画と遂行による、全くもって特別な任務なのだ。

ダンフォード将軍は、【RVの全】手続きを通して最初の連絡がきちんと厳選され、管理下におかれるべく、高度に統制され、不可視で効率の良い連絡網と両替のシステムを作り上げた。右手は左手が何をしているのか分からないし、逆もまた然りという状況にするためだ。

世界中にいる5億人の【換金】通貨所有者全員に迅速に対応するにあたって、数的あるいは作戦上の困難は一切ないだろう。だが、RVをじっと待っていた最初の換金者の一団が自分たちの友人や家族やバッファー達やグループに話してしまい、不要な注目を集めてしまうことは大いに懸念されている。

公表に対抗する戦略は匿名性だ。そこでダンフォードは、大量の問い合わせ人に独自のリンクやコードやメールを結び付ける高速テクノロジーを使用し、予約を受け付ける割合を分割することにした。RVの展開を何千何万もの個々の小グループに分け、似たような別のグループとは何の関係性も無いように見せかけるようにするためだ。それでいながら、全員が一緒でほぼ同時進行に換金するのだ。

よってRVは主要なリーダーを通じて、小グループによるT4【=第四列。※T1~T4の大グループ分けが既になされているようです】の実際の換金から開始される。これにはZIM【=ジンバブエ旧紙幣】の大勢の所有者が含まれる。

RVの機密情報を共有する人々への対応は、【米国】西海岸のイースター関連の儀式が終わって間もなく、主要なグループのリーダー達に直接連絡を取ることで遂行されるだろう。【※この一文でお気づきでしょうが、イースター・サンデーはこの記事の出された4月16日。なので現在、もうRVは秘密裏に始まっているというのがディナールランド界隈の認識なんです。】

長老たち【※共和国を資金的に支えている中国の金塊所有者】は、長らく待ち望まれた通貨再評価の機会到来による興奮で、如何なる宗教的な儀式をも邪魔されることは望まなかったのだ。

ZIMを含めた全ての通貨【の両替】レートは交渉可能である。その紙幣発行国がどこであろうと、全ての紙幣は国際法に基づき、額面価格でも可能だ。

訳者解説
ハイパーインフレ下で刷られた旧ZIM紙幣は一枚が「百兆ドル」なぞと印刷されていますので、額面価格でも米国ドルと同等扱いに格上げされて、1ZIM=1米国ドルだと物凄い額になります。当時の両替レートは、1百兆ZIM一枚でたったの1米国ドル以下らしいのですが、現在でもこの一枚を求めて何千円もの価格でイーベイではやり取りされています。

一体誰が求めているのでしょう……最近購入した複数のライトワーカーが、注文したのに届かないだの、受け取った識別番号が偽物っぽいだの、ディナールランドで知識を持つ者さんに先月も色々と質問しておりましたが……うーん。

RVが実現すると、ZIM一枚で最低でも額面通りの1百兆米国ドル、個々の交渉によっては更なる高額レートでの両替が可能だと言われています(イラクやベトナムの紙幣も然り)。但し、RVをディスってカバールの協力者と判断されると紙幣を所有していても換金を受け付けてもらえないし、逆にカバールに騙されてZIM紙幣を購入しそこねたり、手放してしまった可哀相な人間は紙幣が一枚も無くても換金出来ちゃうそーな。勿論、偽物の紙幣でも善良なライトワーカーなら換金するんですって。ダンフォード将軍、どうやってそんな判断をしていくんだ、AI(人工知能)で神対応っすか!?

いやまあ、実現したら宝くじに当選したみたいなもんだし、良かったね! って思いますよ、ええ。しかし、大量の1百兆ZIMを交換だなんて、資金提供元のドラゴン・ファミリーさんてば実現可能なんすか、レプリケーターっすか? 電子マネーらしいんでコンピューター操作でOK牧場っすか?

ここにね、所得税も贈与税も丸っとナッシングだの色々ウハウハなオプションが付く訣ですよ。失業したり、金策に真剣に困っているライトワーカーたちが最後の頼みの綱として縋っています。前回、「眩暈がする」と書いた理由、ご理解頂けましたでしょうか。


翻訳:Yutika
註:【 】内は訳者の解説部分です。

※参考記事
Zimbabwe Dollar History

[Dinar Chronicles]2017年4月27日、知識を持つ者「共和国に関する10のこと」

 知識を持つ者さんたちのアセンション界隈で「おや~?」と首を傾げざるを得ないのが、GCR/RVイベントって奴です。世界規模で通貨がリセットされた暁には、借金が帳消しになるとか、所得税や贈与税は一切支払わなくてよくなるとか、ベーシックインカムがすぐに開始されるとか、善人は大金を手に入れるとか……「うーん、お花畑?」と眩暈がする私はおかしいのでしょうか。
 その大金は勿論、ライトワーカーが各自の独自の判断で人類の向上のために自由に使うんですって。私が宝くじを当てたら、多分最初にするのは自分の欲しかった物の購入ですよ、高級チョコレートとか大量の本とか諸々。
 ライトワーカーはよっぽど徳が高いのだなぁ、と感心していたら、その本人たちがGCRが近付いた途端に心配するのは、「これまで善意で安価な外国紙幣を周囲の人間に配っちゃったけど、彼らがそれをドルと交換して、いきなり大金を手にしたらロクなことにならないよ。GCRのことは知らせない方がいいんじゃないの? 自分が少しずつ分割して渡した方がいいのでは」云々です。
 「多分ね、その考えが過ぎっている時点で君たちも十分怪しいよ」と思うネジレ体癖なのでした。ということで今週からGCR/RVに関する詳しい情報を挙げて行きたいと思います。まずはGCR/RVをアメリカで実施する真のアメリカ国家、「共和国」のお話です。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
2017年4月27日、知識を持つ者「共和国に関する10のこと」
転載元)
【前置き部分省略。今年4月に書かれた記事ですが、5月15日にも再掲されているので、これがディナールランド界隈による現状の捉え方のようです。】

 

1)
ポール・ライアンは共和国の“暫定的"大統領です。既に二年前後の間、任に就いています。


2)
共和国【の存在】が発表され、NESARAが実行に移されると、本物の選挙が行われます。【選ばれるのは、】政府の役職で首を挿げ替えられるべき全てのもの、つまりは全員です。私たちはライアンを大統領として再選させるかもしれませんし、他の誰かを代わりに選ぶかもしれません。皆さんの選択になります。しかしながら、個人的には彼が圧倒的勝利を収めると確信しています。何故なら人々もその頃には、これまでの嘘ではなく、真の事実を知らされるでしょうから。
興味深い点としては、カバールは誰一人として出馬することが認められません。立候補者は全員、出馬資格を付与される前に入念に審査されます。もうすぐです!


3)
ライアンに関して出回っている否定的な情報の全ては、議会でカバール連中の内輪のクラブに入り込むために作った架空の話に過ぎません。まぁ皆さんが信じたければどうぞ。カバールは信じたようですから。


4)
ケント・ダンが捲くし立てていた与太話は滑稽でした。ケント、申し訳ないですが、ポール・ライアンは共和国の中でも最も真っ当で忠誠心溢れる人の一人ですよ。私たちは彼がいてくれて本当にラッキーなのです。彼が人々を皆殺しにしたがっているなんてくだらない話は馬鹿げています。あなたはそんな事を言い出す前にきちんと考えた方がいいでしょう。でないと、最後には愚か者との烙印を押されてしまいますよ。


5)
私たちは最早カバールのアメリカ株式会社時代のように「Citizens(市民)」とは呼ばれなくなります。私たちは今や、共和国の「Residents(住民)」と見做されるようになったのです。


6)
どういう仕組みになるのか詳細には把握していませんが、政府の構造は大半は地元レベルになり、上の共和国レベルのものはかなり減らされます。より草の根的な、自己統治タイプの制度になります。「ガイディング(指針を示す)協議会」が基本型となるでしょう。これから更に詳しく知らされることと思います。


7)
フランスには企業体として幾つもの「共和国」が登録されていました。カバールが人々を混乱に陥れるために作出したのです。それが私たちの共和国のことだという見解は違ったものですが、噂として流布されました。私たちの共和国がそのようなカバールの企業体の一つだなんて馬鹿げています。
この計画の立案者であり、世界の資金源となるお金を管理し、25億年も生きてきた爺様や、独立宣言に署名したときにその場にいた聖ジャーメインが、フランスで企業として登録されるような偽の共和国に騙されると考えるだなんて、どうかしています。そんな事を言う人間はカバールの回し者か、真実起こっていることを全く理解していないかのどちらかに決まっています。


8)
共和国が全ての軍隊を保有し掌握しています。軍隊は100%カバールの影響下にはなく、あなたが行う通貨両替【※RVのこと】の事前、最中、事後の全過程を通してあなたを守るために深く関与することでしょう。


9)
内国歳入庁と連邦準備制度は既に無くなり、本来担当すべき筈だった共和国の財務局が私たちの国の貨幣供給を完全に掌握しています。最早カバールは私たちの貨幣供給だけでなく、世界中のどこの国の貨幣供給に対しても一切手を出せません。
共和国は金と資産に裏付けされた新たな「大陸通貨」を発行する予定です。あまり知られていないことですが、面白いことに、全ての異なる額面金額は縦横の長さなど、サイズが異なるようになるそうです。商店などはレジやATM機器を取り替える必要に迫られるでしょう。ですが、そちらも計画に入っていますし、私たちが新貨幣を手にする頃には準備が整っている筈です。


10)
共和国は地球上の全209箇国によって承認された主権国家です。借金もなく、潤沢な資本によって創設された国家です。テレビの前でトランプ大統領“代行"が書類に署名をしていますが、本当に実行力のある書類や大統領令だと見做されるのは共和国の大統領ポール・ライアンが署名したものだけです。


まとめ


以上、私が書いた情報のどれ一つでも受け入れ、信じるかどうかはあなたの自由です。一大開示の時が来れば、どれも公然の事実となることなのです。

あなたが信じて疑うべきではない唯一のものは、来たるGCR【=世界的通貨リセット】です。あなたの寄せる信頼とGCRがもたらす特別な通貨両替のチャンスが大事なのです。

そういう意味で言えば、こういった共和国に関する情報を知ることも興味深いことですが、今のあなたにもっと必要なのは、次の大きな一歩、つまりあなた自身の通貨両替【のチャンス】に対して意識を集中することです。その時は近付いています。

あなたが望む全てを手に入れ、夢見た、あるいは計画した人生を歩めますように。
署名:知識を持つ者

翻訳:Yutika
註:【 】内は訳者の解説部分です。長い段落は日本語だと読みにくく感じたので、任意で改行を入れております。

[Dinar Chronicles]2017年5月29日(月)GCR/RV関連の状況報告「小さな一歩」

 このところ、トランプ大統領の暗殺未遂事件が頻発しているそうです。投稿者の見立てでは、GCR/RVイベントが迫っているからではないかとのこと。
 近い将来、ドラゴン・ファミリーが提供する金塊によって裏打ちされた通貨が、世界経済を立て直してくれると期待されています。この世界規模の通貨リセット(GCR)に伴って、米国が押し下げていた各国通貨が正しく評価されるようになります(RV)。
 来たる世界通貨リセット&再評価(GCR/RV)イベントでは、ジンバブエやイラクやヴェトナムの通貨が米国ドルに対して凄まじい価値を有するようになると噂され、アセンション系ではこれらの紙幣を事前に購入しているライトワーカーが大勢いるようです。「知識を持つ者」さんもその一人で、彼の投稿しているサイト、ディナール・クロニクルズ界隈ではこの投資イベントを今か今かと待ち望んでいるのです。
 この記事も同じサイトにメールで寄せられた匿名情報です。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
2017年5月29日(月)GCR/RV関連の状況報告「小さな一歩」
転載元)



https://www.google.com/amp/s/mobile.nytimes.com/2017/05/27/world/europe/british-airways-flights-heathrow-and-gatwick-airports-.amp.html

以下の報告は確認が取れていません。ですが、これまでずっと正確だった信頼できる情報源から寄せられたものです:

ヨーロッパを出立して以来、トランプ大統領の生命に対する試み【=暗殺未遂】が二回ありました。両方ともエアフォースワンの機内にいたときです。

一つは、ヒースロー空港の最深部から放射された電磁気パルス(EMP)です。大統領機が離陸する瞬間に、墜落させようとしたようです。成功しませんでした。

https://www.google.com/amp/s/mobile.nytimes.com/2017/05/27/world/europe/british-airways-flights-heathrow-and-gatwick-airports-.amp.html

二つ目はシークレットサービスの補助の無線機入れに、起爆用の携帯電話と共に仕込まれたプラスチック爆弾です。まだ原因は判明していませんが、どうやら成功しなかったのは明白です。

これまで、トランプの私的ボディーガードはモサドのハンドラー【監視者】ではないかと噂されてきましたが、その人物であれば機内のシークレットサービスの領域に入ることが可能でしょう。

エアフォースワンが空中で爆発していれば、彼も一緒に破滅することになるというのに。カバールの飼い猫がRVの阻止に向けて、いかに決意が固いかを示しています。

トランプはこれまでも高額の暗殺対象でした。ですが、RVのタイミングと合わせて考えると、彼の周囲で警護している人間は増々危険に曝されつつあるようです。警護の方々の無事を祈ります。

断言しておきますが、私は大統領をいかなる方法でもいかなる形でも傷付けることは擁護しません。この人道的なコミュニティーへの教育的な寄与を願って、個人的な会話の中で議論された物事を報告しているだけです。

【※変な言い回しですが、翻訳元のサイトでは最近「ネガティブなことを触れ回って恐怖を煽る奴はカバールの回し者だ」と知識を持つ者さん等に叩かれて、下手すると出入り禁止にされるので、そのせいだと思います。】

とはいえ、先週の土曜の晩に大統領官邸の居住区域で点滅した奇妙な赤いストロボ光のこともあります。

https://www.rt.com/viral/390024-white-house-red-lights/

これは侵入があった場合に備えて大統領を起こすための警備上の警告信号として発せられ、更には大統領を部屋から連れ出すシークレットサービスに視覚的な援護を提供したのだと思われます。よく確かめもせずに報道されたような、乱痴気パーティーではありません。

トランプの排除には、イスラエルやサウジアラビアやウクライナといった実在の政府から懸賞金が掛けられているようです。彼が在任中に起こるとされているRVを阻止するためです。RVはトランプが中国やロシアに踊らされた暫定大統領として振る舞う最終日になると思われるからです。

最早カバールは壊滅的な一大イベントを計画することは出来ません。なので世界中に散らばったか弱い標的に対し、人目を引いてメディア受けする爆弾を幾つもちまちまとバラ撒くことにしたのです。例の"ISIS主導のテロのこけおどし"が今日でも重要であるかのように見せています。実際には、かつての脅威とは比べることすらおこがましいレベルですし、どんな国家や政府でも真に受けることはないでしょう。

繰り返しますが、年老いた王様が裸だということは全世界が知っています。現状は降伏するのが一番オススメなのですが――彼らがこの事実を早々に受け入れることを祈るばかりです。

» 続きはこちらから

ディスクロージャーが背後で既に始まっている!?

 宇宙産業のテクノロジーが少しずつ公開されていっているようです。あるいは偽情報だとしても、関連用語を拡散して民衆の潜在意識の中に浸透させて、ディスクロージャーに備えようとしているのでしょうか。新しい時代の夜明けを感じさせる話題でしたので、門外漢のざっくり記事としてご紹介します。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ディスクロージャーが背後で既に始まっている!?



最近、ジャーナリストのジョーダン・セイザー氏の動画シリーズをよく見るのですが、5月16日版に面白い情報がありました。

軍部だか宇宙産業界だかが情報をリークし始めている模様です。ディスクロージャーが始まっているのでしょうか。なんと、宇宙船関連の特許がグーグル検索でヒットする時代に! 静電気帯電シリンダーの回転による三点スラスター(推進装置)が2003年公開、トライアングル型宇宙船は2006年公開。


 
この「三角形のUFO」って、UFO界隈で有名なTR-3Bのことじゃね? と只今ネットで騒ぎになっています。きっかけは、5月14日のとあるYouTube動画番組です(※おっさん三人がTR-3Bやその他の極秘開発された戦闘機の性能を嬉々として語るというオタクな番組でして……ガチ文系な私も記事を書くために頑張って視聴しましたが、えーと……察してください)。

なんとコメント欄に、「それ、特許公開されてるよ」とリンクを貼る視聴者が現れたのです。その人によると、特許には宇宙船の質量を減らすための水銀を使ったエンジンが欠けているらしいんですけどね。(セイザー氏も別動画で解説してくれてたんですが、水銀はプラズマに変換できるらしく、TR-3Bの中央の丸い部分で、水銀を逆回転のボルテックスで回して圧をかけて、宇宙船の重量と重力を共に89%無効化して浮遊させる云々……寝ていいですか)。

コメントに注目した動画主がその件を新たな動画で報告すると、コーリー・グッド氏もツイートで拡散。で今に至るという訣です。

 

TR-3B(コードネーム:アストラ)という宇宙船は、NRO(国家偵察局)とNSA(国家安全保障局)とCIA主導のオーロラ計画(航空宇宙技術開発計画)の一環として作られました。エリア51を含む米軍基地に長年勤務したエドガー・フーシェという航空電子工学の技術者が1998年に内部告発したブラック計画(米軍極秘計画)の1つ。

マッハ9のスピードで、水平方向にも垂直方向にも飛行が可能です。宇宙人から得たリバース・エンジニアリングを利用していると言われています。開発されたのは80年代からで、90年代になるとテスト飛行が始まり、一般人の目撃情報も上がるように。つまり、地球製の巨大有人宇宙船(フットボール競技場2つ分の大きさ)なんですよ。

» 続きはこちらから