映像配信のご案内はこちら

シャンティ・フーラ 映像配信

絞り込み検索や並べ替えができます。
カテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
サブカテゴリー
並べ替え
検索中です...

宗教学講座 初級コース 第153回 新約聖書(山上の垂訓2)

46 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 5 (46 人の評価・計 229 点)
前回に続いて、「山上の垂訓」。イエス本来の言葉・付加物を識別しながら解説する。今回は6章。なお、講義の前半約50分は、物事の真偽を識別するために竹下氏が用いている「直観や波動」について理解してもらうための解説。

家族の絆 〜夫婦(112):銀行券の債務性・資本性〜

46 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 5 (46 人の評価・計 229 点)
銀行はバブル崩壊で大量の不良債権を抱えたことが経済停滞の要因となったのだが、その解決方法の説明については以前からの宿題としていた。今日の説明で中央銀行が発行する銀行券が何なのかが分かるとそれが説明できる。不良債権処理やユーロの経済危機の解決も、驚くほど容易であることが分かる。

宗教学講座 初級コース 第152回 新約聖書(山上の垂訓)

46 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 5 (46 人の評価・計 229 点)
前回は洗礼の前後について説明した。イエスは洗礼の後、伝道活動を始める。イエスの教えで最も重要なのは福音書に書かれた「山上の垂訓」である。イエスの語ったこの教えは非常に優れた普遍的な教えである。しかし、後世ローマカトリックによって都合の良い内容が膨大に付け加えられており、そのことも合わせて説明する。

家族の絆 〜夫婦(111):GDP・自生的有効需要支出〜

46 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 5 (46 人の評価・計 229 点)
前回、GDPの三面等価の原則について話したが、今回はまず話し残していた「固定資本減耗(減価償却費)」の考え方について話す。次にGDPと関連が深い「自生的有効需要支出」について、そしてデフレを解消するための財政政策とその財源として政府通貨と国債の日銀引き受けの有効性について説明する。国の主権である通貨発行による造幣益を民間銀行に奪われていることが問題の根幹であることを明らかにする。

宗教学講座 初級コース 第151回 新約聖書(洗礼)

46 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 5 (46 人の評価・計 229 点)
前回はイエスの誕生の部分を話した。今回はイエスがヨハネから洗礼を受ける前後の部分を話す。イエスは伝道活動を始める前は、エジプトのエッセネ派の本部で修行をしていた。エッセネ派のパレスチナ支部であるクムラン宗団に来たイエスは、宗団の指導者であるヨハネから洗礼を授けられ、伝道活動を始める。聖書を理解するためには、このクムラン宗団について理解する必要がある。

家族の絆 〜夫婦(110):GDP三面等価の原則〜

46 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 5 (46 人の評価・計 229 点)
前回まで信用創造の話しをしてきた。今回は経済の基本的な知識としてGDP(国内総生産)を少し詳しく説明をする。GDPの基本的な知識を持っているほうが経済について理解しやすく、現在のデフレ状況の日本では、なぜ消費税を増税するとよくないのかも分かる。

宗教学講座 初級コース 第150回 新約聖書(イエスの誕生)

46 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 5 (46 人の評価・計 229 点)
今回はイエスの誕生の部分に焦点を当てる。キリスト教徒は処女懐胎を無条件に認めるが、もう少し自然に考えた方がいい。マリアとはどんな女性だったのかについて、聖書以外の様々な文献を参照して掘り下げる。また東方3博士についても聖書以外の文献を参照し、ローマ・カトリックが弾圧してきたのは何なのか、それを明らかにする。

家族の絆 〜夫婦(109):信用創造・窓口指導〜

46 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 546 votes, average: 4.98 out of 5 (46 人の評価・計 229 点)
今回は信用創造の復習。信用創造は経済の根幹になる部分であり、銀行が本当にどんなことをしているかを再度説明する。今のデフレの中、消費税率が引き上げられ大変なことになっていきそうである。経済の根本を理解することで、正しい対処が出来る。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 43