るり家の電磁波を計ってみました(1) 測定器と電磁波の種類

以前、電磁波のことについて触れて随分時間が経ちました。

それ以来忙しくて関心がそれていたのですが、先日ふとしたきっかけから、

電磁波について再度調べることにしました。

今回は、電磁波測定器を購入し、これで家の中の電磁波を色々と測定してみました。

TM-190_new__2014-9-23_002

TENMARS TM-190 3万円程度、色々なところで売ってますが、うちは

フルモト商事さん (機種名 M-1)で購入

その結果をレポートする前に、今回は電磁波には3つの種類があることに簡単に触れたいと思います。

種類 どこから出るものか 単位 人体への影響と安全基準
①磁場

(極低周波)

家の中の電気配線、一般家電製品、送電塔など電気設備全般から出る mG

(ミリガウス)

4mG以上で小児白血病が2-4倍増加[1]

安全基準は2mG以下、ただし常時被曝する場合は1mG以下[4]

②電場

(極低周波)
同上 V/m

(ボルトパーメートル)

20V/m以上で小児白血病が4.69倍増加[2]

安全基準は10V/m以下 [4]

③電波

(高周波・

マイクロ波)

携帯電話、コードレスホン、無線LANなどの無線通信機器から出る

μW/c㎡

(マイクロワット平方センチメートル)

0.16 μW/c㎡ から「子供の運動機能、記憶力、注意力に影響を及ぼす。」[3]

0.2 〜 8 μW/c㎡で「小児白血病は2倍に増加」[3]

安全基準は 0.0001 μW/c㎡ [5]

[1] https://www.babycom.gr.jp/eco/kodomo/s5.html

[2] 船瀬俊介著「ホットカーペットでガンになる」のゴギール報告より

[3] http://www.furumoto-jp.com/bio-m.html

[4] http://www.furumoto-jp.com/meters.html
安全基準の取り方は色々で、電磁波コムさんが採用しているスウェーデンの規制値では、2.5mG&
25V/m となっています。

[5] 船瀬俊介著「ホットカーペットでガンになる」p.237 世界で最高水準に厳しいオーストリアのザルツブルグの「室内」基準。

 

詳しくは、電磁波コムフルモト商事さんのサイトをご覧ください。

この測定器は3つの電磁波すべてを測れます。今後この日記で何回かにわけて、我が家の電磁波行った対策についてレポートしていきたいと思います。

我が家で試行錯誤した結果が、子どもの健康を守るためのひとつの参考情報を出すことになると思っています。なかなか記事書きの時間が確保できないので遅いペースになりそうですが、気長に書いていければと思っています。

るぱぱ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。