遅延型アレルギー検査の結果&食事療法の始まり

先日、るり家の子育て日記で遅延型アレルギー検査についての記事を掲載しました。

☆遅延型アレルギーとは?

一般的な医療関係でのアレルギー検査は、IgE抗体という即時型(I型)を調べて判断するそうです。
ですが、アレルギーには様々なタイプがあり、遅延型アレルギーの場合、数時間から数週間を経過して反応が起こります。そのため、アレルギーに気づきにくく、体内に継続的に取り続けることになりやすいようです。

☆牛乳は大丈夫?

牛乳の蛋白質であるガゼインに対するIgG4抗体は、腸の発達段階にある小さな子どもに、遅延型アレルギー反応を起こしやすい場合があるそうです。
子供の自閉症の原因と関連があるのでは?と言われています。

転載元)奈良市の一条整体院ブログ「自閉症は治る(食事療法)
    そね文子さんのブログ「どう考えますか?食事療法で自閉症が完治

さて、北九州でりママの血液を採取してもらい、結果が出ました。

詳しい結果はまたクリニックに通院しないと分かりませんが、
取りあえずメールで簡単な報告を受けた内容では、卵、牛乳、小麦、きのこに強い反応が出たそうです。

ほぼ毎日食べていた卵。大好きなケーキ、パン、乳製品など…
メールを頂いたその日から母子いっしょに除去を始めました。

麦味噌も米味噌に変えて、醤油(小麦が含まれる)も残念ですが今は控えています。
今回の検査結果には驚きましたが、中毒になるほど好む傾向の食べ物が、アレルギー対象だったりするようです。振り返ってみて納得しました。

母子で、しばらく頑張ってみます〜。
・・・「パータさんのプリン、美味しそうだなあ・・あうう」

 

4 thoughts on “遅延型アレルギー検査の結果&食事療法の始まり

  1. 匿名希望

    食事療法、ストレスにならないように、進めてくださいね。
    食べることは、大切ですものね。

    Reply
  2. りママ Post author

       匿名希望 様

    コメント有り難うございました。
    遅くなってしまって、ごめんなさいね。
    お気遣いくださって有り難うございます。
    多少のストレスはありますが、
    美穂ちゃんに隠れて、ケーキを食べる罪悪感に比べると、
    まあ心は痛まないから、いいかなあ〜^^
    メリベさんにとっては、もっともっとストレスが大きくて大変だろうな。。
    と感じています。

    Reply
  3. 匿名

    すでに行なわれているかも知れませんが、何に何故アレルギー反応が出るのか、竹下様が教えて下さっている方法で調べた方が正確で楽な気もしますョ^ ^

    Reply
  4. りママ Post author

       匿名 様

    コメント有り難うございます。
    私たちはまだ訓練・勉強不足でして自分の直感を信じれるほど、感性を磨けていないと思います。
    ですので、電磁波を測定したり、アレルギー検査を受けて、数値を見ることは必要なことと感じています。それは労力、コスト共に大変ですが、今の能力と置かれた環境で最善を尽くしていきたいなあと思っています。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。