Category Archives: 自宅出産

出産レポート(り・ママ編)

出産から早いもので1か月が経ちました。

本当にびっくりする速さで、レポートが遅くなり申し訳ありません(汗)(^_^;)
る・パパの出産レポートを読んで、始終見守ってくれた事に感謝の気持ちと
又見る側と体験側ではまったく違うのね。。。とビックリしました。笑
そのギャップの面白さも感じて頂ければと思います。(  )はり・ママの心の声。

10月16日 おしるしあり。
       
17日
午前3時頃

 陣痛らしき痛みを感じ始める。
 20分間隔あたりから時間を計り始めました。
 痛みは、生理痛の重い感じでまだ自由に動ける範囲内くらい。

              
午前5時頃 

10分間隔になってくる。
まだ普通に動けるので今のうちに朝食を取る。
痛みはきっちりと定期的に。心の声。。。(本当に宇宙の収縮、波のようだわ〜)
陣痛がやってくると、四つん這いになり息をふうう〜とはいて痛みを逃す。
これは、教わったというより本能に任せて一番楽な方法でした。
              
午前9時頃  

陣痛の間隔が約6分くらいに狭まってくる。
さすがに痛みも増してきて陣痛の波がやってきた時はまったく動けない。
る・パパが心配して傍にいて腰あたりをさすってもらい、気分的に楽になる感じがしました。
 
 

続きはこちらから “出産レポート(り・ママ編)” »

自宅出産レポート(10月18日)

出産当日のレポートです。忘れないうちに、書くことにしました。
助産婦さんから、経過記録やパルトブラム(分娩進行状況を記録する表)をコピーさせていただきましたので、正確な時刻や状況が分かりとても助かりました。
これを元に思い出しながら、その時の状況を書いていきたいと思います。この記録が、自宅出産をしたいと思う方に役に立つ情報の一片となることを願います。

書ききれていないところがあると思うので、書かれていない状況で知りたいことがあれば、コメントで質問をお寄せいただければ、できる範囲でですがお答えできたらと思います。
(るパパ)

午前 3:00

陣痛が20分間隔になる。りママ、陣痛の間隔を計るために、メモ帳に記録をはじめる。

午前 4:40

10分間隔になる。
午前 5:27

ここから助産婦さんにときどき、携帯メールや電話で状況を伝える。助産婦さんからは、陣痛が強くなるまで様子をみましょうとのこと。
 
午前 8:50

6〜9分間隔になる。
つらそうなので、るパパ、側にいてあげるようにする。

そこへ知人から電話。

『あんまり構わんのよ〜。そりゃ、産まれるって時はいてあげないといけないけど。
 普通にしていて、いつの間にか産まれたっていうぐらいの感じがいいんだから。
 心配させたり気にさせすぎると、産まれるのが遅れるよ。』

という、千里眼!?とも思える絶妙なタイミングでのありたがいアドバイスをいただき、
るパパ となりの部屋で普段どおり仕事をはじめる。(笑)
りママも普段どおり家事や出産の準備でパタパタ動く。

りママは陣痛の無いときは普段どおりだが、
陣痛が起こると、座り込んだり、四つん這いになったりしてじっと耐える感じ。

 

続きはこちらから “自宅出産レポート(10月18日)” »

自宅検診の様子。

ここ最近は、週1のペースで妊婦健診を受けています。

緊急時の受け入れ先の大病院、多様な機材が揃った産婦人科、自宅検診と3つの場所を
ローテーションで回っています。

病院や産婦人科での出産の予定を控えた方は1箇所で済みますが、
助産婦さんにお願いして、自宅での出産となると予想以上に忙しいです。

写真のポンポコリン(笑)は、自宅検診中の写真です。

お腹の大きさを測定中。
る・パパがふと思いついて、助産婦さんに了解を得てパシャリ。

病院や産婦人科では、当然のように5〜10分間くらいの検診で、
パパが付き添いでも横から機械のエコーをチラッと見れるだけ。
とても機械的な感じに違和感を持ってしまいます。

自宅検診の良さは、
ほのぼのとした雰囲気の中、助産婦さんに質問や余談もしながら
楽しく検診できるところです。

写真撮影のあと、助産婦さんに「お父さん、お腹触ってみますか?」
と尋ねられてる・パパ、少し緊張気味に触っておりました。笑

お腹を触る時には「ここは赤ちゃんの頭です、丸くて硬いでしょう。ここは足。ここは背骨、ゴツゴツしてるでしょう。
と1つずつ丁寧に、教えて下さいます。
とてもあたたかい光景です。

このような何気ない行動の1つ1つが大切で、パパも共に産む自覚というものが育まれていくのでは?
と感じました。

今、助産婦さんとるり家の信頼関係を築きながら、出産に向けて準備をしています。

妊娠中の運動について。

竹下先生から勧めて頂いた本の中に、「育児の本」著・野口晴哉
があります。

その文中に、妊娠中の運動について
運動不足は良くなくて、30分か1時間くらいは毎日歩くことが書いてあります。

り・ママも毎日のヨガと散歩を心がけてきました。
そのことに関連する、もう1冊ですがこちらは最近みつけた本です。

「幸せなお産」が日本を変える 著・吉村 正

吉村さんの本は何冊か過去に読んでいましたが、
最近この本に出会い、竹下先生が日頃から伝えている言葉をそのまま表現したような
タイトルを気に入って購入して読んでみました。

吉村さんも妊娠中の運動の事を書かれているのですが、
もう少し過激な感じです。(笑)

以下、文中より。
「ゴロゴロ、パクパク、ビクビクはお産の大敵です。
 ですから、うちでは妊婦に徹底して運動をさせています。
 妊娠したら毎日3時間は歩く。(・_・;)
 スクワットを1日300回する。」!!!

はあ〜それは凄すぎる。。。

スクワット300回というものは、どんなものか興味津々で早速り・ママ挑戦してみました!
結果・・・汗だくゼーハーゼーハー(;´Д`) 
当然ですかね・・・

ちなみに、る・パパに「やってみる?」と聞いてみたところ、
ゴロゴロしながら「僕は無理い〜〜〜。」とのお答え。
あらら(^O^)

せっかくなので体力づくり&産む力づくりを兼ねて、毎日とはいかなくても続けてみようと思います。

出産後の面会について。

最近、るり家にり・ママの両親が訪ねて来ました。

出産に向けての準備や体調など気になっていたようで、元気なり・ママと美穂ちゃんを見て
安心した様子でした。

両親にとっては、初孫なので出産後にすぐ赤ちゃんを見たいのは当然な思いでしょうね。

気持ちも分かるのですが、赤ちゃんの環境を守ることも大切ですので
野口晴哉さんの一文をコピーして両親に見てもらいそれを理解したうえで来て欲しいことを伝えました。

以下、その一文です。

「潜在意識教育」 著・野口 晴哉

*最初に分かる言葉〜速度が合うということ〜 より。

一番最初に赤ちゃんに分かる言葉は、速度である。動きの速さである。特に音が一番早い。
聴覚は視覚より早く発達する。だから赤ちゃんが産まれると、まだ目が見えなくて耳だけで全部を知る。
そこで私は「おめでとう」とかガヤガヤいう言葉をみんな封じて、おじいさんおばあさんにでも最初は見せない。
部屋を暗くして光を当てない。光も速度である。その光を警戒する。それ以上に音を警戒するために、
足音をできるだけ少なくする。
おじいさんおばあさんは、自分の血の続きだからといっても赤ちゃんはまだ知らない。
大きな声だけ聞いていれば雷が鳴っているのかと思う。
やはり赤ちゃんの潜在意識の発達に、特に最初の発達の時期に、恐怖を起こさせたり、警戒を起こさせたりしないこと。
そこに親の注意だけ、愛情だけを集中させるという様式をとりたい。

このあとに、野口晴哉さんは、おじいさんおばあさんには面会謝絶をして相当嫌われた(笑)ことを書いてありますが、
り・ママとしては両親が理解して共に協力してくれるならば、それで良いのでは?と思いました。

やはり一番大切な事は、常に赤ちゃんの心地良い環境を守るという事ですよね。
出産前からこれから先、赤ちゃんをどう守っていくか・・・そこに親の知恵が必要だと感じました。

る・パパの両親にはこれからです(´∀`;)
全て良い方向にまとまりますように!