【第8回 旅に出る】 hiropanのAfter 3.11 ~震災後に見えてきたこと~

船出

2011年の11月、私は北海道に一人旅に出ることにしました。
ひとつは、身体的、精神的な保養のため。ひとつは混乱した頭を冷やし、静かに自分と向き合うため。そしてもうひとつは、違う人や、文化に触れ、自分の世界を広げるため。
もともと、旅が好きだったので、久しぶりの遠出にとてもわくわくしていました。

交通手段としては、新潟から、日本海をフェリーで18時間かけて、小樽へと向かいました。なぜ飛行機ではなく、わざわざ時間のかかるフェリーなのかというと、値段が安かったのと、なにより、「海を見ながらのんびりゆったり船の旅」に激しく心惹かれたから(笑)今思えば、その時自覚していた以上に、自分は疲れていたようです。「のんびりしたい」がひとつのキーワードになっていました。(新日本海フェリー→http://www.snf.jp/
冬は雪のために実家の店も暇になり、帰りを急ぐ理由もなかったので、心置きなく旅を始めることができました。出港当日は、とてもいい天気で、11月と思えないぽかぽか陽気。波も終始穏やかで、カメラを持ってデッキに出ては、飽きずに夕日を眺めていました。

(哀愁、漂ってる?)

(哀愁、漂ってる?)

翌早朝、小樽港に到着。あたりはまだ暗く寝静まっていました。当然、売店も喫茶店も閉まっていたので、とりあえず、その時間帯に唯一開いている朝市に向かい、うに丼を食べながら(笑)夜が明けるのを待つことにしました。

朝市

まだ薄暗がりの中、駅まで歩いて行こうとして(結構距離はある)、魚の積み下ろしをしていた漁師(?)のおじさんに、駅への道を尋ねた所、そのまま駅まで送ってくれることになりました!
車の中で、「どこから来たの?」という話になり、「福島です。」と答えると、「えぇっ、こんな時に旅行なんかしてて大丈夫?!」と、なんだかとっても驚かれてしまいました。(こんな時だからこそ、旅してるんだけども。)
福島の内側から、フクシマを見ていた時は鈍感になっていたけれど、こうして遠くの土地に来て、“外”からフクシマがどう見えているのかを改めて知り、はっとしました。

“外”から見るとフクシマはその時、どこも放射能に汚染され、悲劇的、絶望的にやばい状況で、みんなが不安と混乱の中を細々と耐えて、必死に暮らしている、というようなイメージであったようです。なんというか、恐らく感覚的には「紛争地帯」に近いような。その漁師さんからしたら、激戦が繰り広げられているまっただ中の荒廃した土地から、女の子が普通に一人で旅行しに来て、朝から呑気にうに丼食べてる。みたいな印象だったのでしょう。
全てが正しい理解であるとは限りませんが、“外”からの目線の方が、返って、ことの深刻さのレベルにおいては、真当な感受性が働いているようにも感じられました。

Writer

hiropan

佐々木ひろこ(hiropan)

1988年、埼玉県川口市生まれ。福島県会津地方北部の自然豊かな裏磐梯(北塩原村)に育つ。2010年、東北芸術工科大学デザイン工学部プロダクトデザイン学科卒。

2011年、東日本大震災、原発事故を機に、社会の在り方と自分の生き方の方向性を見つめ直し、転換する。2012年、福島から一人旅で たまたまふらりと訪れた広島県の離島、大崎上島へ移住を決断。
現在、小さな畑で野菜や柑橘を育て、ニホンミツバチを飼いつつ、絵や文章を書きながらスロウに暮らす。

http://utsukushimaai.blog.fc2.com/ 「しましま」

4件のコメント

【シャンティ・フーラからの注意】
コメント欄への投稿は、シャンティ・フーラのスタッフが承認したものだけが掲載されておりますが、掲載・非掲載の判断は、投稿された情報の信頼性・妥当性をもとに行っているものではありません。

  1. ずっと眺めていたいような海に沈む夕日ですね。
    確かに、福島や東日本の方が県外に行く!
    といえば避難や転居などがほとんどだったので、
    hiropanさんのように旅をしていると聞けば、
    私も驚いたと思います。
    でも、頭の中を整理スッキリさせるのに
    一旦そこの環境や人から離れるというのは
    よい方法だと思いました。
    程度の差はありますが、私も時々やります(*^_^*)

  2. こんばんは☆
    私も、23才のころ、一人で北海道にいきました。
    おいしいものをたくさんたべ、
    函館では朝市に昼一にいってカニ丼をたべました。
    ゴーヤくらい太いかにが三本ちいさいのがたくさん。
    はじめての地においしいたべもの
    旅行はいいですね。
    うに丼のことをかんがえると、いつかもう一度いこう!
    という気になりました。
    そういうわけで、
    古来ヴェーダから伝わる最強のマントラを
    考えました。
    略して、
    ハラヘリマントラ

    はぁー、うに丼、カニ丼、いくら丼
    らーめん、そーめん、パスタ、うどん
    キャビア、トリュフ、フォアグラはちょっとヤバイ
    あんぱん、クリームパン、そしてヒロパン
    おーい、ティラミス、ティラミス、ティラミスーゥ。
    いまなら、あれです。
    108回でいいです・・・・・・

  3. hiropan様
    ふふふ。世間では変わり者呼ばわりですよ。
    以前は、ブログで詩を拝見させていただきました。
    いつまでも、こころは若くありたいものです(-“-)
    コメントありがとうございます!

コメントをどうぞ

コメントの投稿により、本サイト利用条件の"投稿行為"に同意いただいたものとみなします。