ぴょんぴょんの「長男はつらいよ」 〜新興宗教の教祖の子どもに生まれたら

教祖の子どもに生まれるって、どんな感じ?
ユーチューバー宏洋(ひろし)氏の動画を見れば、リアルに実感できます。
脱会した今も訴えられたり、ストーカーされたり、念を送られたり、楽じゃないよね。
(ぴょんぴょん)
————————————————————————
ぴょんぴょんの「長男はつらいよ」 〜新興宗教の教祖の子どもに生まれたら

「幸福の科学大学」の認可申請


あっという間に、もう4月だよ。

桜も終わり、新緑の季節か。
そう言やあ、あれはどうなったんだろ?
2021年4月開学って言ってた、あれ。


あれ? 開学?

ほら、萩生田が奔走した、あれ。

萩生田氏

加計学園?

じゃなくて! 宗教の大学だよ。
う〜ん、なっだっけかー?

このごろ、固有名詞が出てこねえー!

もしかして、「幸福の科学大学」のこと?

そうそう、それそれ!
どうなったんだ? もう開学してんのか?


ちょっと待って、調べてるから。
私塾としてスタートした「ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ(HSU)」を大学にするため、「幸福の科学大学」の認可が文科省に申請されたのは、2019年10月。

Wikipedia[Public Domain]

» 続きはこちらから

どこでも出来る!簡単に「恒常性」と「免疫」を高める方法 〜「恒常性」を高めるには体表のチャクラのルートを、「免疫」を高めるには体外のチャクラのルートを用いてプラーナを上昇させる

竹下雅敏氏からの情報です。
 アーユルヴェーダの解説の44回目です。2020年3月19日の記事で、“「癒しの光」と「免疫・恒常性」と「祝福の光」の3枚をこの順にそれぞれ2~5分眺めると良いでしょう。まず、「癒しの光」で光がスワディシュターナ・チャクラ(丹田)にたまり、「免疫・恒常性」で光は一旦ムーラーダーラ・チャクラ(会陰)を経由して、体外と体表のチャクラのルートの両方を、下から上へとサハスラーラ・チャクラを突き抜けて上昇します。最後に「祝福の光」で頭上にある「輝く光」から甘露(不調和を押し流す祝福の光)が全身に降り注がれる”と説明しました。
 今回は、これらの写真を用いず、簡単に「免疫・恒常性」を高める方法をお伝えします。
 “「癒しの光」で光がスワディシュターナ・チャクラ(丹田)にたまる”という部分ですが、これは最初の動画の3分のところのイラストにあるように、両鼻から息を吸い込むと同時に、イダーとピンガラーのルートをプラーナ(気)が下降し、丹田に集まるのをイメージします。イラストはイダーとピンガラーがムーラーダーラ・チャクラ(会陰)に繋がっている様子が描かれていますが、丹田にプラーナ(気)を集めます。
 次に、息を止めてプラーナ(気)をムーラーダーラ・チャクラに降ろします。
 最後に任脈のルート(体表のチャクラのルート)を用いて、プラーナ(気)をムーラーダーラ・チャクラからサハスラーラ・チャクラへと上昇させます。
 プラーナ(気)がサハスラーラ・チャクラを突き抜けて上昇すると、自動的に太陽の十二経脈(正経十二経脈)のすべてが活性化され「恒常性」は高まります。
 同様にして、「免疫」を高めることが出来ます。先の方法で、プラーナ(気)を上昇させるルートを、任脈ではなく、体外のチャクラのルートで上昇させるようにします。プラーナ(気)が体外のサハスラーラ・チャクラを突き抜けて上昇すると、自動的に月の十二経脈のすべてが活性化され「免疫」が高まります。
 「恒常性」を高める任脈のルートに沿って、プラーナ(気)を、サハスラーラ・チャクラを突き抜けて上昇させる方法を2、3回繰り返し、その後、「免疫」を高める体外のチャクラのルートに沿って、プラーナ(気)を、体外のサハスラーラ・チャクラを突き抜けて上昇させる方法を2、3回繰り返すと良いでしょう。
 全体で1分しかかからない方法ですが、絶大な効果があります。どこでも出来るのも便利なところです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
クリヤプラナヤマの基礎 ナディショダナ
配信元)

(画像は動画の3分のところ)

» 続きはこちらから

トルコのテレビ放送がエバーグリーン事件の真相を暴露 〜 陰謀論系の内容が報じられたのは注目に値するが、様々な情報が矛盾に満ちており、鵜吞みにするのは注意が必要!

竹下雅敏氏からの情報です。
 4月4日の記事のスエズ運河のエバーグリーン座礁事故で、“米海軍特殊部隊によって、エバーグリーン社の1万8000個以上のコンテナの中から、1000人以上の人身売買された子どもたちや死体が発見された”という情報をお伝えしました。その際、“シールズは、この6階建ての船から大量破壊兵器を発見。これらの武器は、中東で戦争を起こすために、イスラエルのモサドによってイスラム教徒に与えられる予定だった”ということでした。
 ところが、トルコのテレビ放送がエバーグリーンの事件の真相を暴露したということを、popoちゃんから教えてもらいました。私は、下にあるgabの投稿を見ていたのですが、詳しい内容がわからず、記事に出来ないでいました。
 動画の翻訳を見ると、この事件は「グレートリセット」を推進するグローバリストらの次の計画を阻止したということらしい。阻止に関わったのは、エジプト、カタール、イスラエル、トルコだとあります。
 フルフォード情報から、イスラエルは、グレートリセット推進派ではなく、ハルマゲドン派ということであれば、阻止する理由はわかるのですが、それにしても、4月4日に紹介した、“船から大量破壊兵器を発見。これらの武器は、中東で戦争を起こすために、イスラエルのモサドによってイスラム教徒に与えられる予定だった”という情報とは相いれないものに見えます。
 また、4月4日の記事では、大天使ミカエル(ニセモノ)の情報として「スエズ運河での運搬船の座礁は単純な事故」とありました。
 このように、様々な情報が矛盾に満ちており、鵜吞みにするのは注意した方が良いことがわかります。ただ、トルコの放送局で、このような完全に陰謀論系の内容が報じられたのは、注目に値すると思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————
Truth on Evergreen from Turkish news
配信元)
翻訳:popoちゃん
あの事件は、「プランデミック」と「地球温暖化」を仕掛けたグローバリストらの次の計画(イベント)を阻止したということ。阻止するのに関わったのは、エジプト、カタール、イスラエル、トルコとのこと。あのエバーグリーンの船には「地球温暖化」を悪化させる化学物質(30年分の投資と研究で開発された化学兵器)が積まれていて、この化学兵器を5G送信機と使用することで、(害虫などの)蔓延を起こすことができるらしい。そうすることで、すべての農業(養豚、養鶏、養牛など)を破壊し、ビル・ゲイツが投資しているフェイク・ミート(動物の肉を使っていない‘肉’、からだによくない)を促進し、ビル・ゲイツは人類の「食」を支配する試みだったとのこと。
————————————————————————
配信元)

[Twitter]子羊ちゃんたちが遊具に夢中

編集者からの情報です。
リアルひつじのショーン
撮影者によると、みんな好きな時に乗り降りしていた模様。
(ぺりどっと)
————————————————————————
配信元)

五輪人件費「一人1日30万円」はやはり中抜きされていた 〜 中抜き率95%、中間の代理店等は不透明のまま説明しようとしない丸川担当大臣

 4/19衆院決算行政監視委員会で、斉木武志議員が五輪人件費中抜き問題を取り上げました。以前に毎日新聞などが五輪組織委員会の内部資料にある依託費を元に「人件費一人1日30万円」を報じました。斉木議員によると最も末端のスタッフへの委託費は12万円、しかし実際に業務に当たる人に支払われる末端価格は時給1,650円、日給にすると1万2,000円というのが現状だそうです。数字だけを見ると受託業者の中抜きがあまりにもひどいことは一目瞭然で、五輪担当大臣が疑念の生じないよう説明すべきところです。例えば、組織委員会が東急エージェンシーに支払う委託費24万円の「ディレクター」では、実際の業務に当たる人には1万2,000円しか渡らず、中抜き率95%。その経緯にどれほどの代理店が入り、どれほど中抜きがされているのかは明らかにされなければなりません。が、丸川大臣の答弁もひどかった。報道に乗った資料など未確認と平然と答え、質問の内容がいかに的外れかと言わんばかりの答弁で、肝心なところは組織委員会の問題で自分には無関係、民間同士の守秘義務があって答えられないという、国費を使う認識のない無責任ぶりで、だったら五輪担当大臣なんか不要じゃん。
 招致の時には公費3,110億円、全体では7,300億円のコンパクトオリンピックと大宣伝をしたのに、いつの間にやら1兆6,440億円、そのうち公費は1兆1,000億円と膨れ上がり、税金を中抜き企業に95%もセッセと投じ「放漫」運営というよりもう「犯罪」運営でしょう。コロナ対策の持続化給付金といい、非正規公務員の爆増といい、中止確実の五輪といい、中抜きは日本政府のお家芸か。
(まのじ)
————————————————————————
配信元)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 3,488