オランダでは、中規模と大規模農場が狙われており、3000の農場を閉鎖に追い込むという政府の圧力がかかっていて、政府は2023年度中に3000の農場閉鎖を目指すと発表 ~現在の酪農、養豚、養鶏場の在り方は好ましいものではない

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画によれば、“オランダでは、中規模と大規模農場が狙われており、3000の農場を閉鎖に追い込むという政府の圧力がかかっていて、政府は2023年度中に3000の農場閉鎖を目指すと発表しています。オランダの自然・窒素担当大臣のクリスチャンネ・ヴァン・デル・ヴァルは、牛のゲップが二酸化炭素の発生源だということで、牛の農場3000を閉鎖してもらいましょうと言っている。この大臣は、グレートリセットを謳っているやつらの手下なんですよ。オランダには中規模以上の農場が3万ほどある。最初に3000農場閉鎖、2030年までに11200農場を閉鎖する…”ということです。
 “続きはこちらから”のタマホイさんのツイート動画は、7月20日の記事で既に紹介しました。“世界経済フォーラムは、グローバルエリートによって廃業させられたオランダの農民が残した土地を買い取る計画を明らかにしました。マルク・ルッテ首相はWEFのヤンググローバルリーダーの一人で、グレートリセットの到来を支援すると宣言しています”と言っていました。
 世界経済フォーラムのやり方は論外ですが、私は現在の酪農、養豚、養鶏場の在り方は好ましいものではないと感じています。ウチで購入したパルメザンチーズの販売先のサイトには、農家が信用できないので会社で牛を育てていると書かれていました。
 これは非常に良く分かります。例えば、自然食品店で売られている商品のほとんどがニセモノだという話を聞いたことがあります。それが本当かどうかは分かりませんが、随分昔のことですが自然食品店に「黒ゴマ」を卸している会社の奥さんは、“ゴマは中国産で黒く着色したものだ”と言っていました。その会社はよく儲かっていましたが、自然食品は高値で売れるのでインチキで儲けているところは、結構多いのではないかと思います。
 何が言いたいのかというと、世界経済フォーラムのやり方は論外ですが、生産者も消費者も、もっと地球に対する関わり方、他の生命に対する関わり方を変えなければ、根本的な解決にはならないだろうということです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
オランダ 現況と真逆の圧力 3000農場強制閉鎖
配信元)
————————————————————————
オランダ政府、3000の農場を閉鎖へ
オランダ政府は、EUの命令に従い、いわゆる環境敏感地域周辺の最大3000の農場を買い取り、閉鎖することを計画している。
転載元)
(前略)
EUの要求とブリュッセルの「グリーン・ディール」のために、オランダでは多くの農場が閉鎖される予定である。オランダでは、FWMが報じたように、夏に農家による抗議活動が何度か行われている。
 
政府は間もなく、最大3000の農場を「強制購入」する予定である。そして、これらの農場は閉鎖されることになる。農家には農場の価値を「はるかに上回る」オファーが出されると、窒素相のクリスチャンネ・ヴァン・デル・ヴァルは言う。ヴァン・デア・ウォール大臣は金曜日に国会で、「これ以上の提案はない」と述べた。
 
オランダは米国に次いで世界第2位の農産物輸出国であり、西ヨーロッパの多くに野菜を供給している。24,000ヘクタールの温室に加えて、オランダの土地の半分以上が農業に利用されている。
 
すでに2019年、オランダ国家評議会の裁定により、窒素の主な発生源と見られる酪農、養豚、養鶏場の拡大が阻止された。

閣僚は、来年秋までに十分な数の農場が自主的に閉鎖に名乗りを上げたかどうかを判断する予定です。
 
*

読者の皆様へ 読者の皆様へ:上のシェアボタンをクリックしてください。InstagramとTwitterでフォローし、Telegramチャンネルを購読してください。また、グローバルリサーチの記事を自由に転載・共有してください。
(以下略)

» 続きはこちらから

スパイクタンパク質がナットウキナーゼによって分解されることを発見するも、納豆を食べればスパイクタンパク質が分解されるということではない / レプティリアンも恐れる納豆菌

竹下雅敏氏からの情報です。
 日本と台湾の科学者は、スパイクタンパク質がナットウキナーゼによって分解されることを発見しました。
 日本ナットウキナーゼ協会が出している動画では、“血栓症に対して、いま注目されているのが、「ナットウキナーゼ」という成分です。これは納豆のネバネバに含まれるもので、血液中の血栓を溶かしやすくする働きがあります。…2022年に帝京大学が報告した最新の研究では、ナットウキナーゼがウイルス感染に大きく関わるウイルス表面のスパイクタンパクを分解し、感染そのものを防ぐ効果があることが示唆されました。さらに、コロナウイルスだけでなく、インフルエンザウイルスのスパイクタンパクも分解することが分かっており、ウイルスタンパク全般に作用する可能性が報告されています。”と言っています。
 ナットウキナーゼは納豆菌が産出する酵素(たんぱく質)です。ウィキペディアには、“経口摂取した場合は胃腸の消化酵素でアミノ酸やペプチドに分解され、酵素としての性質を失う。分解を免れたものも分子が大きすぎて、そのまま腸の細胞の中に取り込まれて血中に移行することはない。分解吸収されたペプチド断片等の薬理作用の可能性が考えられるが、経口摂取したナットウキナーゼが消化管から吸収されて血液中で作用する明確な根拠はなく、さらなる研究が必要とされる”とあります。
 なので、納豆を食べればスパイクタンパク質が分解されるということではないようです。しかし、納豆が体にいいのは、記事の動画をご覧になればよく分かると思います。
 私は納豆のネバネバが苦手で、納豆を食べるといつまでも口の中がネバネバするのが気になっていました。しかし、豆乳ヨーグルトと納豆に醤油をかけてウリウリすると、納豆のネバネバが豆乳ヨーグルトに移ってプリン状になり、とても食べやすくなることが分かりました。豆乳ヨーグルトは、市販の豆乳にヨーグルトの元種(もとだね)を入れて、ヨーグルトメーカーで作っています。
 さて、日本人最強説というのが私の中であるのです。地球を支配しているのは、実は爬虫類人(レプティリアン)だという都市伝説があります。そのレプティリアンが「日本に住んでて本当にビックリしたのが、まさに納豆だもの。地下施設であれだけ危ない危ない教わった細菌をふつうに食べてるんだからね日本人は」と言っているのです。レプティリアン<納豆菌<日本人、従って日本人最強となるのです。
 残念ながら、この理論には穴がありました。納豆菌<日本人<レプティリアンも成り立つと考えられることから、レプティリアンがチョキで、納豆菌がグー、日本人がパーだとすればピッタリです。
 最後の記事をご覧になると、実は納豆菌は「宇宙からやって来たエイリアン」で、地球全体を支配するという野望を持っていることが分かります。レプティリアンの地球支配の野望は、日本食ブームで納豆が地球全体に広がることで防ぐことが出来ます。そして納豆菌の地球支配の野望は、人類が納豆を食べることで防ぐのです。主役は日本人です。更に、地球人の暴走を防ぐ役割としてレプティリアンがいるわけです。
 ジャパン・ハンドラー(レプティリアン)の言いなりになっている日本の政治家(パー)は、納豆を水戸黄門の「印籠」として使うことで立場が逆転する可能性があるわけです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
日本での研究成果:ナットウキナーゼはスパイクワクチン被害者の救世主となるか?
引用元)
(前略)
8月末に日本と台湾の研究者が発表した「SARS-CoV-2のスパイクタンパクに対するナットウキナーゼの分解効果」という研究が今、皆さんの話題になっています。血液をサラサラにする酵素は、循環器系疾患を予防するための栄養補助食品として知られています。極東の科学者たちは、mRNAワクチンによって生成される有毒で危険なスパイクタンパク質が、ナットウキナーゼによって分解されることを発見したと言っています。
(中略)
ワクチンで傷ついた人々への希望

日本と台湾の科学者である谷川、木場、余、許、陳、石井、横川、鈴木、井上、北村は、論文「SARS-CoV-2のスパイクタンパクに対するナットウキナーゼの分解効果」で酵素ナットウキナーゼが人体のスパイクタンパクを溶解できることを突き止めました。これは、血管の壁や心臓の細胞がすでに受けた損傷を修復することはできないかもしれないが、少なくともそれ以上の損傷を防ぐことはできる--そういう理論だ。
(中略)
実験では、ナットウキナーゼに60分以上接触させると、スパイク状のタンパク質が溶解し始めることを確認した(10分から180分の接触時間を含む)。接触時間が長ければ長いほど、酵素の効果は高くなります。
(中略)
これらのことから、イベルメクチンなどの「禁止薬物」に加えて、SARS-CoV-2急性感染症の患者を救う候補がもう一つ存在することになります。
(以下略)
————————————————————————
【ベストセラー】納豆は体にいいのか悪いのか? ~納豆のとんでもない効果とは!~【アニメで本要約】
配信元)

» 続きはこちらから

[YouTube]ウェブ会議中に取り乱す男性

竹下雅敏氏からの情報です。
 自宅の仕事場からウェブ会議に参加していた男性。何故、バットが置いてあるのかと思っていたのだが、スプートニクによれば、敵は、“男性にとって長年の「悩みの種」となっていた。”のだとか。
(竹下雅敏)
————————————————————————
Squirrel Interrupts Conference Call || ViralHog
配信元)

自民党長野県議が殺人容疑で逮捕 〜 メディアは「自民党所属」を報じず、自民党は「統一教会との関係」も追求せず

 妻を殺害した容疑で現職の長野県議が逮捕されたという嫌なニュースがありました。子ども達にとって母親は殺害され、その犯人が父親かもしれないとはどれほどの苦痛か。この容疑者が真犯人であった場合、殺人犯がその事実を隠して1年以上も県民の代表として県政に関わっていたことになります。さらにこの事件について、メディアが「自民党所属」議員であることを伏せて報じていることが問題視されました。ネット上では「自民党員は人殺ししても身内が守ってくれるらしい やはり国内最大の合法な反社組織は違うな」と厳しい非難が飛んでいました。さらに加えて、この丸山大輔容疑者は、統一教会との関係についてNHKには「関係性はない」と回答していたにも関わらず、共産党の調査では「旧統一教会の関連団体が主催する会合などに政務活動費を使って参加していた」ことが明らかにされました。ウソをつくことに何のためらいもない者が自民党議員として公職に就き、反社カルト集団と関係していたことに、自民党は何の対応もせずに見逃すのか。まともな公党であれば厳しい処分をするのではないか。結局、ゆるねとにゅーすさんの指摘する「自民党自体がサイコパスの集まり」ということか。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【忖度か?】妻を殺害した容疑で逮捕された丸山大輔長野県議、「自民党所属」を伏せて報じるマスコミに疑問の声!統一教会との繋がりも話題に!
転載元)
どんなにゅーす?

・21年9月に妻を殺害した容疑で逮捕された丸山大輔長野県議について、「自民党所属」を伏せて報じているマスコミに疑問の声が相次いでいる。

・また、丸山県議については、統一教会の関連団体が主催する会合などに政務活動費を使って参加していたことも分かっており、丸山容疑者についても批判の声が上がっている。

(中略)


出典:YouTube

《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問
~省略~
ネットでは“被害者の夫”として登場する丸山容疑者を非難する声とともに、テレビ局や地元紙、一部除く全国紙と多くのメディアが、経歴を報じないことに疑問の投稿が相次いだ

現在2期目の丸山容疑者は自民党県議団に所属しているのだが、大半が「長野県議」としか表記していないからだ。

《自民党員は人殺ししても身内が守ってくれるらしい やはり国内最大の合法な反社組織は違うな》
《自民党系だと党名は隠すのですね》
《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ。故意なのか不注意なのか?》
《妻殺害容疑で逮捕の #丸山大輔 長野県議(塩尻市) なぜ自民党だと報じないのか?何か忖度することがあるのか?》
~省略~
日刊ゲンダイ 2022.11.29.


» 続きはこちらから

反統一教会の論客、宮台真司教授が刺され重傷 〜 統一教会を批判するものには「暴力を厭わない体質」の歴史、言論を守りテロには正しい裁きを

 宮台真司教授が刃物で切りつけられ重傷を負うという事件が起こりました。ニュースは駆け巡りましたがメディアの犯人への言及はほとんど無い中、ネット上では言論封殺のテロではないかとの見方が強まっています。宮台氏は反統一教会の論客で「統一教会叩きはテロにつながる」と予告とも受け取れるツイートを受けていたようです。鈴木エイト氏は「逆恨みだとすると、この手の事件は私への殺害仄めかし案件もあり他人事ではない」とツイートされ、世の中のために言論活動する人々がすでに脅迫めいたメッセージを受け取っていることが分かりました。
 さて、薄荷パンさんが、過去にあった「副島襲撃事件」を取り上げたブログを紹介されていました。副島襲撃事件とは、元統一教会信者であり、元世界日報編集局長 兼 元統一教会広報局長であった副島嘉和氏が「文藝春秋」に内部告発の手記を掲載するに至り、その発売直前に何者かに路上で激しく切りつけられた事件でした。一命をとりとめた副島氏は犯人を「勝共連合の空手使い」と訴えていましたが、捜査はうやむやのまま時効を迎え、メディアも静まります。当時、元警察官僚であり国際勝共連合=世界平和教授アカデミー理事の弘津恭輔氏は「勝共連合が少々むちゃをしても、共産党への対抗勢力だから許される」と述べたとあります。
 統一教会を批判していた当時の朝日新聞阪神支局が襲撃された赤報隊事件、また世田谷一家殺人事件など、統一教会には歯向かう者に対して「暴力を厭わない体質」が連綿とあり、しかもそれを統一教会と関係の深い警察・公安が事件を隠蔽する恐るべき歴史がありました。
 幸いなことに今、こうした闇は暴かれつつあります。声を上げる人々を世論で守り、テロを行うもの、それを擁護するものには正しい裁きが必要です。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 4,034