アーカイブ: COVID-陰謀(ワクチン)

モデルナ社とファイザー社が開発したmRNAワクチンは、医学的にも法的にもワクチンの定義を満たさず、実際は遺伝子治療薬である! ~億万長者連中が思い描く「NWOの計画」

竹下雅敏氏からの情報です。
 読者の方からの情報提供です。モデルナ社とファイザー社が開発したmRNAワクチンは、医学的にも法的にもワクチンの定義を満たさず、実際は遺伝子治療薬であるとのことです。引用元の記事には、ワクチンの定義、遺伝子治療の定義がきちんと書いてあります。
 遺伝子治療とは、“遺伝子を利用して病気の治療や予防を行う実験的な技術であり…病気と闘うために新しい遺伝子を体内に導入するもの”であり、新型コロナウイルスのmRNAワクチンは、まさに遺伝子治療薬だと言えます。
 その遺伝子治療は、“現在、他に治療法がない病気に対してのみ試験が行われている”のですが、新型コロナウイルスに関しては、イベルメクチンやヒドロキシクロロキンなどの他の有効な治療法があるにもかかわらず、安全性も確認されないまま、ワクチンと偽って接種されているのです。
 2つ目の記事では、こうした遺伝子治療をワクチンだと偽る動機は、“損害賠償責任を回避するためではないか”としています。その使用によるいかなる損害に対しても経済的責任を負わないでよいのは、「ワクチン」である場合に限るからだということです。
 “続きはこちらから”は、現状から考察される億万長者連中が思い描く「NWOの計画」を推察したものです。中国共産党の社会信用システムを思い浮かべれば、書かれている内容に同意せざるを得ません。
 彼らは、“地球を、5Gと衛星配置を使用して、デジタル・フェンスで囲まれた刑務所”に作り変え、私たちは、完全な法令厳守が要求され、センサーやAIによって24時間監視される社会になるわけです。社会信用システムによって、ベーシックインカムで個人に配給される通貨に差が出て来るでしょう。世界政府に反抗する者は、通貨の配給を止められます。全てがデジタルで処理される世界なので、デジタル通貨を停止されると、何も物を購入することが出来なくなります。
 こうした社会では、脱落した異端者たちに、食料や物を施すことは違法とされます。アメリカではホームレスは直ちに刑務所に収監され、奴隷労働で搾取される州が現実に存在しています。これが地球規模になるわけです。支配層にとってのバラ色の未来です。
 時事ブログで何度もお伝えしているように、こうした支配層が思い描く未来にはなりません。カルマが正確に返り、人々を地球という刑務所に収監しようとした者たちが、逆に刑務所に入ることになります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
COVID-19「 ワクチン」は、 遺伝子治療である
引用元)
(前略)
Moderna社とPfizer社が開発したmRNAワクチンは、遺伝子治療薬である。遺伝子治療の定義をすべて満たしているが、ワクチンの定義は一切満たしていない。
(中略)
mRNA「ワクチン」は、SARS-CoV-2のスパイクタンパク質(抗原)を生成する命令を持つmRNAの合成バージョンを細胞に投与し、免疫系を活性化して抗体を生成させるものである。
(中略)
mRNA「ワクチン」は、医学的および/または法的なワクチンの定義を満たしていない。したがって、それを販売することは、医療行為の広告を規制する法律に違反する欺瞞的行為である。
(中略)
COVID ワクチンの遺伝子治療の特徴とは? 
(中略)
遺伝子治療とは、遺伝子を利用して病気の治療や予防を行う実験的な技術であり(中略)… 病気と闘うために新しい遺伝子を体内に導入する(中略)… この技術にはまだリスクがあり、安全で効果的な治療法であることを確認するために、現在も研究が続けられている。遺伝子治療は現在、他に治療法がない病気に対してのみ試験が行われている...」
 
ここで注目すべきは、COVID-19に対しては、非常に有効であることが示されているさまざまな治療法があり、治療法のない病気には該当しない、と言うことである。遺伝子治療は難病に限定されるべきであり、思い切ったリスクを冒すことが必要なのはこのケースだけだと考えられる。
(以下略)
————————————————————————
COVID-19 mRNAの注射は、 法的には ワクチンではない
引用元)
(前略)
なぜ彼らは「ワクチン」と呼ぶのか? 
マーティンが指摘したように、ワクチンの定義を一つも満たしていないワクチンはありえない。では、これらの企業、米国の保健機関、アンソニー・ファウチ博士のような公衆衛生担当者は、明らかにワクチンではないのに、これらの遺伝子治療をワクチンだと嘘をついて主張する動機は何なのか?
(中略)
マーティンは、彼らの意図を証明するものがないため、ここでは推測の域を出ない。この実験的な遺伝子治療技術を「ワクチン」と呼ぶのは、そうすることで損害賠償責任を回避するためではないかと推測している。
(中略)
米国が緊急事態にある限り、PCR検査やCOVID-19「ワクチン」などは緊急使用許可を得て認められている。そして、この緊急使用許可が有効である限り、これらの実験的な遺伝子治療法のメーカーは、その使用によるいかなる損害に対しても経済的責任を負わない。ただし、それが「ワクチン」である場合に限る。
(中略)
つまり、「COVID-19」が緊急事態であるかのような錯覚に陥っているが、実際にはそうではないのだ。政府の指導者たちは、遺伝子治療企業が責任を免れるためのカバーを提供しているのである。
(以下略)

» 続きはこちらから

ハーバード大学とMITの研究者が警告!「ファイザー/バイオンテック社やモデルナ社の実験用遺伝子治療薬(ワクチン)の体内への注入は、人の人生を変えてしまうほど永久的なDNAの変化をもたらし、最後には死に至らしめる処方箋」

竹下雅敏氏からの情報です。
 ハーバード大学とMITの研究者が、CDCの見解を否定し、“ファイザー/バイオンテック社やモデルナ社の実験用遺伝子治療薬(ワクチン)の体内への注入は、人の人生を変えてしまうほど永久的なDNAの変化をもたらし、最後には死に至らしめる処方箋”だと警告しました。
 SARS-CoV-2のRNAは、「ヒトの細胞内で逆転写される」ということで、“逆転写酵素は、RNAをDNAに変換し、それを細胞核のDNAに戻す機能を持っている”ということです。
 mRNAから逆転写酵素によりcDNAを合成し、さらに、1本鎖を2本鎖にする酵素(DNAポリメラーゼ)によって2本鎖のcDNAが作られる様子は、こちらの解説をご覧ください。「mRNAからcDNAへ」と題する福岡伸一氏の記事も参照してください。
 最後のツイートをクリックすると、モデルナ社の医療部門の最高責任者であるタル・ザックス博士が、“2017年のTEDトークで、同社のmRNAワクチンがどのように機能するように設計されているか説明した”という一連のツイートが出てきます。
 タル・ザックス博士は、“2017年の時点で、彼の会社がこれまでのワクチンとは全く作用が違うワクチンを開発していることを強調し、ガン患者のニーズに合わせた個別のガンワクチンを作る計画も明らかにした”とあります。
 しかも、ニューヨーク市のスローン・ケタリングガンセンターの研究によると、mRNAワクチンの将来起こり得る最も重大な副反応の一つがガン細胞との相互作用であり、“mRNAには、ガンを抑制するタンパク質を不活性化する性質があり、ガン細胞の成長を促進する可能性がある”というのです。
 これは、典型的なマッチポンプではないでしょうか。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)
 
 
 
 
 
 
» 続きはこちらから

解任されたファイザー社の前副社長マイケル・イェードン氏の「ワクチンへの警告」 ~「政府とそのアドバイザーが、このコロナウイルスに関するすべてについて、英国民の前で嘘をついている」

竹下雅敏氏からの情報です。
 先の記事で、解任されたというファイザー社の前副社長マイケル・イェードン氏の「ワクチンへの警告」です。
 「この一年で、私は、政府とそのアドバイザーが、このコロナウイルスに関するすべてについて、英国民の前で嘘をついていることに気がついた」とし、我々が目撃しているものは「陰謀」だと主張しています。理性が普通に働いていれば、誰もがイェードン氏の見解に同意するでしょう。
 “製薬会社はすでに、「変異」のための「追加(ブースター)ワクチン」の開発を始めている”とし、本来なら必要のない「追加ワクチン」により、“何億という人々の腕へと…いくつかの余計な遺伝子配列をそこへ注射すること”の意味を考えると、ワクチンパスポートの使用と「銀行リセット」のために、これらのワクチンが利用されるとしか考えられないとしています。
 “地球上のすべての個人が、名前や固有のデジタルID…を持ち…いったんそれが実現すれば、我々はオモチャとなり、世界は、そのデータベースをコントロールする者たちの思うままになる”と言っています。
 バイオテクノロジーは、何十億もの人々を傷つけ殺すためのあらゆる方法を提供できることから、スターリン、毛沢東、ヒトラーの悪事を思い出すと、イェードン氏は論理的な結果として、「大量人口削減」が起こると予想しているようです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
前ファイザー副社長のCOVID-19 ワクチンへの警告: 「あなたの政府は、あなたを死に至らせるかもしれぬやり方で、ウソをついている」
転載元)
Infowars,LifeSiteNews .com 
April 9, 2021
 
Dr. Michael Yeadon——Pfizer社の前副社長で、アレルギー&呼吸器科学主任として、32年間を、この産業の指導的な新しい医学の研究に捧げ、この巨大製薬業の、彼の分野で「最年長の研究者ポスト」を最近、辞した人物——が、LifeSiteNewsに対して語った。
https://www.lifesitenews.com/news/former-pfizer-vp-no-need-for-vaccines-the-pandemic-is-effectively-over
(中略)
彼の話のポイントはこうだ:――
 
1.現在のCOVOD-19 の変異種が、免疫を逃れることは「ありえない」——というのは「全くのウソ」である。
2.にもかかわらず、世界中の政府がこのウソを繰り返しており、我々が目撃しているものは、「無関係なものの相似性」(convergent opportunism)ではなく、「陰謀」だと主張している。他方、メディアやビッグテックの報道は、その同じプロパガンダや、真実の検閲に必死になっている。
.製薬会社たちは、すでに、必要もない「トップアップ」(booster=勢い付け)のワクチンを、変異株(variants)として開発し始めている。会社たちは、現在の実験的COVID-19“ワクチン”キャンペーンにつけ加えて、数十億のガラス小瓶を製造する計画をしている。
https://www.lifesitenews.com/news/mrna-covid-19-vaccines-are-really-gene-therapy-and-not-vaccines-ethicist

4.米食料医薬品局(FDA)や欧州医薬品庁(EMA)のような規則を守る役所では、これらの「トップアップ」ワクチンは、緊急用に許可されたものとして認められた、それ以前の注射に非常に似ているので、医薬会社は「臨床安全性研究を行う」要求はされないと通知している。
5.したがって、これが実質的に意味するのは、くりかえし無理に実験されたmRNAワクチンの目論見と実現は、「製薬会社のコンピューター・スクリーンから消えて、何億という人々の腕へと移行し、必要も全くなく、正当化もされない、いくつかの余計な遺伝子配列をそこへ注射することになる。」
6.なぜ彼らはそんなことをしているのか?有益である理由が見えない以上、それはワクチン・パスポートとして、「銀行のリセット」とともに、利用されることしか考えらない。こんなことは世界では、全体主義国家でしか起こったことがなく、スターリン、毛沢東、ヒトラー、「大量人口削減」といったものが、自然に思い浮かぶ。
7.こういうことが少なくともありうるという事実は、そのような制度が起こらないように、必死に戦わねばならないことを意味する。
(中略)
ゲームの終わりか?:「ワクチン・パスポート」が制約を通じて、援助金消費につながる?
 
「私は、ゲームの終わりは、〈すべての人がワクチンを受ける〉ということになるのではないかと思う。この惑星のすべての人が、気が付いてみるとそれに納得し、うまくだまされ、特に命令されるわけでもなく、注射をするような環境になっている。
 
「彼らがそうなるとき、この惑星の一人ひとりすべてが、名前を持ち、あるいは固有のデジタルIDや、ワクチン接種のあるなしを問わず、保健身分証や、...誰がもっているにかかわらず、1つのデータベースで、中央の操作可能なもの、あらゆる場所でコントロールを受け、いわば捧げるものとしての特権を持っているだろう。あなたはこの特定の境界線を越え、あの特定の取引を行い、また、ある人々のデータベースが何を決めるのかを知るだろう。そして、こういうことが重要なのは、ひとたびこれが決定すると、我々はオモチャとなり、世界は、そのデータベースをコントロールする者たちの、思うままになるからである。
(中略)
最後に、あるEメール通信でYeadon博士はこう言った:——「私は最近、手紙の最後に〈私たちに神の救いがありますように〉May God save usと書く習慣がつきました。なぜなら我々は、第2次大戦以来のどんな時よりも、今、神を必要としていると思うからです。」
(以下略)

mRNAワクチンは、動物接種で成功したことがなく、接種後に全ての動物は亡くなった! ~原因は抗体依存性感染増強(ADE)

竹下雅敏氏からの情報です。
 最初の動画は、読者の方からの情報です。mRNAワクチンは、やはり要注意のようです。“mRNAワクチンは動物接種で成功したことがない”とのことで、mRNAワクチン接種後に「全ての動物は亡くなった」と言っています。抗体依存性感染増強(ADE)が原因だということです。
 ADEは、“ワクチンや過去の感染によって獲得した抗体が…似たようなウイルスに感染したときに…悪い作用を及ぼし、感染・炎症が重篤化してしまい、重症化をひきおこす現象のこと”です。
 現状では、“mRNAワクチンを接種した後、2ヶ月追跡されるだけだ。この追跡期間は全然足りない、ADE反応が出るかどうかわからない”ということで、ワクチン接種後に変異型のウイルスに感染して死亡する人が出て来るものと考えておいた方が良いと思います。
 “続きはこちらから”のDr.苫米地氏の動画は必見です。少し内容が難しいので、何度も繰り返し見ることをお勧めします。苫米地氏は、さらに踏み込んで、“抗体依存性感染増強(ADE)などの副反応とは異なるmRNAワクチン独特の応答”について解説しています。
 mRNAワクチンによりSpikeタンパクが細胞の表面に出て来ても、自己の細胞由来であるため、キラーT細胞に除去されずに全身に残る可能性があるそうです。その後、変異種や別のコロナウイルス(SARSや普通の風邪)に感染した場合に、キラーT細胞が全身の健康なスパイク発現細胞を一斉に攻撃するリスクがあるとのことで、“2012年論文では3,4日で心臓、肺、腎臓系を含む致死的な臓器不全を引き起こすリスクが報告”されていたと言っています。
 問題なのは、こうしたリスクの説明なしに、ワクチン接種がどんどん進められていくということです。また、動画の12分30秒の所で、“mRNAワクチン独特の過免疫反応は米SNS・メディアでは規制されている。複数の専門家がフェイクニュース扱いで処分、ファイザー副社長が解任された”と言っています。
 この異常事態に、いつまで人々は気付かずにいられるのかが、ひとつのポイントだと思うのですが、日本の場合には、既に3・11で実績があり、政府が何をしようと、“政府が「食べて応援」と言えば、国民は黙って従う”ことを、支配層はよく知っているのです。
 「地底人vs最低人の戦い」は続きます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
削除される前に拡散希望!【真実に目覚めよ日本民族!】
配信元)
38秒~2分42秒
リー・メリット博士:私が知っている4種類のワクチンはフェレットと猫で実験済み。全ての動物は亡くなった、明らかに、動物はワクチンで死んだのではなく抗体依存性感染増強は原因だ。今はADEと呼ばれているが、以前は抗体依存性免疫増強だった。
 (動物はmRNAワクチン接種後)ウイルスで再度感染させてみると、ワクチンはウイルスを殺せない結果になった。逆に体内でプログラムされた免疫反応はウイルスを包んでしまう。ウイルスはまるで猫の体に入ったトロイの木馬のように、ウイルスは猫自身の免疫システムに無視された。ウイルスは免疫システムから逃れて複製する。最後に猫は敗血症と心不全で亡くなる。同様なことはフェレットの身にも起きた。毎度トライしても死んでしまう。
 mRNAワクチンは動物接種で成功したことがないと言いたかった。今まで我々は臨床実験したことがない。今患者はmRNAワクチンを接種した後、2ヶ月追跡されるだけだ。この追跡期間は全然足りない、ADE反応が出るかどうかわからない。
 それから私が言いたいのは、このウイルスは完璧なバイナリー兵器だ。もし私が中共だったら、米軍を倒したいのなら、簡単なやり方はmRNAにコードを入れるのだ。例えばS蛋白、或いは他の蛋白コード、この一部のmRNAは自然由来ではないので、ワクチンの原因で死ぬ人がいないはず、そして2年後にmRNA断片に対応する部分を放したら、ADE反応を起こして死亡させる。これは延期された死亡だ。バイナリートキシンだ。先に一部を与えて、それから現場を離れる。そして不注意で第2の部分に触れてしまったら死に至る。だけど元には辿れないのだ。

» 続きはこちらから

「大阪は重症の患者が多過ぎます。…これまでより若めの大人たちが感染し、重症化する傾向があります。」 ~イベルメクチンに沈黙している先進国

竹下雅敏氏からの情報です。
 「大阪は重症の患者が多過ぎます。…これまでより若めの大人たちが感染し、重症化する傾向があります。20代、30代でも酸素吸入を必要とする人が結構います。これまでになかったことです。」ということで、大阪がヤバイらしい。
 インヴェスドクターさんのツイートによれば、“「家族全員コロナになりました、おねがいしまーす」と歩いて入院してきた主婦が、翌日挿管され人工呼吸器を装着される世界”とのことで、「第4波、やはり若年層が多い」とのこと。
 スペイン風邪と同様に、新型コロナウイルスも2年目は若い人がたくさん死ぬのではないかと想像していたのですが、何となくその方向に向かっているような気がします。
 冒頭の「基幹病院からのメール」によれば、阪神間は医療崩壊したと言っています。ただ、メールの内容はというと、「今や酸素飽和度 80%の方が、酸素もなしで、在宅で空かないベッドを待っています。…開業医の先生方で、何とかして、在宅コロナの方に酸素とデカドロン(デキサメタゾン)を届けられないでしょうか」というもの。
 在宅コロナの方に届けるのは、ツイートにあるように、「イベルメクチンとアスピリン」ではないでしょうか。なぜ、先進国はイベルメクチンに沈黙しているのでしょうか。
 大阪がヤバイのは本当なのかも知れませんが、適切な治療をせずにこの様な状態を招いて、「神戸はイギリス株が主でワクチンは効きます」などと言っているわけで、ワクチン接種が解決策であると人々を洗脳する目的のメールなのかと、疑いたくなるのも事実です。
 こうなると、医師がアホなのか、それともワクチン業界から上層部がお金でももらっているのかと考えたくなります。
 “続きはこちらから”は、そうした疑念がさらに深まる内容の記事で、全文を引用元でご覧になることをお勧めします。「テレビでしばしば見る某教授」ですら、コロナワクチンは、“血栓や流産は当然。偶然起こるんじゃない。必然だよ”と言っており、すでに感染歴のある人がワクチン接種をするのは危険だと考えているようです。
 今後の問題は、ワクチン・パスポートを阻止すること。日本のコロナ対策が支離メチャメチャ(支離滅裂よりもひどい様子)なのは、ほとんどの人がわかっていると思いますが、ワクチン・パスポートとなると、さらにその上を行きます。ワクチン・パスポートで安全安心、元の世界に戻れると考える人は、脳にマイクロチップを埋め込んで、スマホを思念で動かせるようになって、ようやく人間の知性に近づいたと言えるレベルなので、これはこれで仕方がないのかな、と思ってしまう今日この頃でした。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
阪神間は医療崩壊しました
引用元)
(前略)
昨日、在宅医のMLに流れてきた基幹病院からのメール。
あまり実感がないかもしれないがこんな状態になった。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
兵庫阪神間は完全に医療崩壊しました。
在宅の死者も出ました。
 
今や酸素飽和度80%の方が、酸素もなしで、在宅で空かないベッドを待っています。 重症ベッドは何とか動いていますが、空いた瞬間に埋まって、一晩に15件ほどある重症転送依頼のうち1件か2件しか受けられません。 
(中略)
重症ベッド60%といいうのは、これから開く予定のベッドや、使うはずのないこども病院の重症ベッド、患者のいない豊岡のベッドもすべてカウントに入れてます。 行政の意図的な操作です。
 
当院(中央市民)の46床もすべて人工呼吸器対応にカウントされていますが、設備があるのは14床だけです。 今挿管患者は40代から50代の方に移行しています。 神戸はイギリス株が主でワクチンは効きます。 イギリス株はステロイドが効きにくく、一気に人工呼吸器が必要になります。
(中略)
在宅の待機患者さんにHOT処方とデカドロン6㎎×5日から8日、処方してくれる医師を求めています。 開業医の先生方で、何とかして、在宅コロナの方に酸素とデカドロンを届けられないでしょうか。
 
ーーーーーーーーーーーーーーー
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 13