アーカイブ: ヨーロッパ

独逸の伯林で見た、聞いた、感じた社会問題、教育問題 ~第90楽章 フランスで革命!?と欧州の洪水から思ったこと・・

 フランスでワクチン強制がはじまったと思いきや、7月14日から、ドイツの西部では、ライン川の支流があふれ出し、洪水で大惨事になりました。ベルギー、オーストリアのザルツブルグでも洪水になりました。
 フランスでは、ワクチンパスポートに対して、イエローベストの市民たちがバスティーユ襲撃のような雰囲気。フランス革命を成功させた国ですから、ひっくり返すのではないでしょうか・・。ドイツは市民革命をした国ではないので、水害にてショック・ドクトリン??気象操作??音楽家シューマンが入水自殺試みたライン川でもあり、川幅も広く、大雨では簡単に水かさが増します。1988年の3月ドイツ西部ケルンに滞在していた時、市電の線路にまで水が入ってきていたことを思い出します。ドイツでは、父なるライン川、母なるドナウ川と言われますが、ライン川は恐ろしいのでしょうか?最後には、フランスとドイツの雰囲気を比較してみました。
(ユリシス)
————————————————————————

欧州のワクチン状況


フランスのワクチン義務にて、反対市民が爆発中です。かつては、フランス革命で成功させた遺伝子を継承している方たちですからね。


バスチーユ事件の様であると・・
フランス革命のはじまりの日のことですね。7月14日も同じですね!


イギリスのBBCは、フランスの状況を報道していないと・・


» 続きはこちらから

今後のフランスでは、そのすべて(病院も電車もバスも含まれる)がワクチンパスポートがないと利用できなくなる! ~日本のジャーナリストは無能であるか、あるいは彼らの上層部が権力者側についている

竹下雅敏氏からの情報です。
 7月14日に記事で、「フランスのマクロン大統領は12日のテレビ演説で、8月1日から飲食店やショッピングセンターへの入店時に新型コロナウイルスワクチン接種やPCR検査での陰性の証明書の提示を義務付けると発表した(東京新聞)」ことをお伝えしましたが、In Deepさんによれば、“最近の日本の報道はいたるところに「トリック」が散りばめられて…「重要な部分」を、おそらく意図的に報じていません。…実際には「全部」なんです。病院も含まれるのです。電車もバスも何もかもです。今後のフランスでは、そのすべてがワクチンパスポートがないと利用できないのです”とのことです。
 “東京新聞、おまえもか!”という感じですが、これほど重要な事柄を伝えないとすれば、ほとんどの医療関係者と同様に、日本のジャーナリストも無能であるか、あるいは彼らの上層部が権力者側についているかでしょう。
 ワクチンの真相に言及しているのが、ほぼ櫻井ジャーナルのみであることを考えると、「無能」かつ「上層部が権力者側」というのが、本当のところではないかという気がします。
 ただ、ワクチンパスポートは民衆の反発が大きく、少なくとも1年後には、どの国も撤回せざるを得なくなるのではないかと思います。日本は例によって、少しずつ外堀から埋めていく作戦のようです。「ゆでガエル」を作るには、この方法は有効ですね。時間との戦いです。支配層と民衆の間の宣戦布告のない戦争が起きているのですが、気付いている人はごくわずかです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
仏英のワクチンパスポートの現実。そして、1990年のファイザー社の特許「コロナウイルス遺伝子組み換えスパイクタンパク質の発明」から30年間の努力の歴史
転載元)
(前略)
ワクチンパスポートがなければ、事実上生活できなくなることに
前回の以下の記事で、「フランスで、一部の職種の人たちへの強制ワクチン接種が始まり、同時にワクチンパスポートが厳格化された」ことについて少しふれました。
 
 
一部の職種の人たちへの強制ワクチン接種のほうはともかく、ワクチンパスポートのほうは、日本の報道をそのまま引用してしまい、特に以下のようなところを引用してしまっていました。
 
  > 来月上旬以降、カフェやレストランなどに入る際、ワクチン接種や陰性の証明書の提示を義務付けると発表しました。
 
なんだか最近の日本の報道はいたるところに「トリック」が散りばめられていますので、日本の報道をそのまま引用した自分がいけないとはいえ、これもまたトリックでした。
重要な部分」を、おそらく意図的に報じていません。
先ほどのブログ記事の後、フランス在住の方からメールをいただきました。
上には、
  > カフェやレストランなど
とありますが、実際には「全部」なんです。病院も含まれるのです。電車もバスも何もかもです。今後のフランスでは、そのすべてがワクチンパスポートがないと利用できないのです。病院には「救急搬送」も含まれているのだとか。
(中略)
上の日本の報道で「最も重要な部分」に言及しなかったのは、日本でもワクチンパスポートに同じような適用を行う意図があるからだと考えます(カフェやレストランより病院に行けなくなることのほうが重要なのは明白なのに、そこを報道で割愛しているあたりが)。
(中略)

マクロン氏が店舗、医療、公共交通機関へのアクセスを制限するワクチンパスポートの内容を発表した後、国民の祝日にフランス全土で抗議行動が勃発
westphaliantimes.com 2021/07/14

フランスのマクロン大統領は 7月13日、公開イベントや必須ではない活動に参加するにはワクチンパスポートが必要になると発表した。
また、大統領は同日、フランスの 2つの島嶼地域(マルティニーク島とラレユニオン島)に再び緊急事態を適用し、午後11時以降の夜間外出禁止令を適用すると発表した。
大統領はまた、7月21日から、50人を超える人が集まる場所(劇場、コンサートホール、フェスティバルなど)での活動に参加するには、ワクチンパスポートが必要になると発表した。
この措置は、12歳以上のすべての市民に適用される。
8月中旬からは、カフェ、バー、レストランへの入店と、その従業員にはワクチンパスポートが必要になる。
電車に乗る、または飛行機に乗るにためにもワクチンパスポートが必要になる。
ショッピングモール、高齢者施設、社会医療施設(病院等)を利用するにも、ワクチンパスポートが必要だ。
医療従事者と消防士には予防接種が義務付けられるが、警察はワクチンパスポートを免除される。
2021年9月からは、フランス政府は、主に脆弱な市民と高齢者を対象とした 3回目の「ブースター」ワクチン接種キャンペーンを開始する。
フランス政府はまた、高校、短大、大学での予防接種キャンペーンを開始する。
ワクチン接種が義務となった医療従事者たちに対しては、9月15日から警察のチェックが実施される。まだワクチン接種を受けていない人々に対しては、制裁が課せられる。
発表の翌日の 7月14日、偶然にもフランスの祝日だが、市民たちは政府のワクチンパスポートに抗議するために 17の都市で街頭デモを繰り広げた。抗議者たちは行進しながら「自由」を唱えた。

(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
» 続きはこちらから

独逸の伯林で見た、聞いた、感じた社会問題、教育問題 ~第89楽章 あまりにも無知である・・

 7月になり、2021年の後半がスタートしました。ベルリンから何を書こうか・・やはりワクチン問題になってしまいます。

 ベルリンのワクチン接種率、多くの方が1回目を終了していますので、宗教学講座 中級 第66回スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文の解説3(前半)にて解説されていたように、ベルリンでも、「ゾンビ・ アポカリプス(ゾンビによる世界の終末)」の序章がはじまっていると言えるかもしれません。
 暑くなってきましたので、窓をいつも開けていますが、救急車のサイレンが1日に数回聞こえます。以前は救急車のサイレンなど聞こえなかったのに・・これもワクチン接種の増加のせいでしょうか・・。
 ギリシャではワクチン接種をした若者に150ユーロを支給するという制度もあると聞きました。なんというひどい制度でしょう。
 息子の友人の中でも、純粋ドイツ人は接種してしまっていますが、ロシア系、アラブ系など移民系友人は気づいていて、接種しないとのこと、親も危ないとわかっていると聞きました。きっと、ロシア系、アラブ系ニュースの方がドイツの主流メディアよりまともな情報が流れていると感じました。
 本当に、メディア支配がどれだけその人に影響しているのか?によって違ってくることがわかりました。テレビを家の中に設置するだけで、電気代が高くなりますし、映画もドラマも長々と時間の無駄ですので、テレビは手放したほうがよいと思いました。
 そんな中で、ドイツ全体が欧州サッカー開催中にLGBTを推進するレインボーカラーに覆われてしまっていますが、ペドフィリアとの関係にまでは、気づきが及んでいないことがわかります。
(ユリシス)
————————————————————————

今、ワクチンが踏み絵になっている


最新の映像配信を拝見して、あなたならどうするの? 今、ワクチンが踏み絵になっている・・ワクチンを打つ時点で頭がおかしい・・との解説で、今、すぐに見ておかなければいけない内容でしたので、本当に多くの方が映像配信を見て、気づいてほしいと思いました。

息子の移民系友人が気づいていたことから、やはり、大手メディア信仰者、野心のある方、上層部であると思っている方、偉そうな視野が狭い方を中心に、それに寄生する、長いものにまかれろ系の方々がワクチン接種をしている場合が多いような気がしました。

そんな中、いらっとするレインボーカラーがベルリン中心部の駅にも登場。


LGBTに対して、多くの方が、差別をしない・・という意味で良いものだと思わされ、こちらの記事も、そのような観点からサッカーとLGBTについて書かれています。LGBTが民主化の寛容と多様性と語られていますが、ペドフィリア合法化と関係していることを知ったら、どれだけ驚くことでしょう。本当にこの世の中は普通の人が悪い方へ導かれる仕組みが作られていると驚愕してしまいます。LGBTに反対しているハンガリーや東欧系、アラブ系の方が悪い影響を受けていない、まだましであることがわかります。

» 続きはこちらから

イギリスのマット・ハンコック保健相の不倫報道による辞任、そしてマカフィー創業者のジョン・マカフィー氏が遺体で発見されたとする事件、その背後には「Q」が動いている!

竹下雅敏氏からの情報です。
 イギリスのマット・ハンコック保健相が、同僚女性との不倫現場を映された写真と動画の報道により、辞任したとのことです。保健省内で撮影されたものとの事ですが、引用元には同僚女性のジーナ・コラダンジェロ氏に関して、「ハンコック氏のオックスフォード大学時代の友人で、昨年9月に保健省スタッフに採用されたコラダンジェロ氏についても、採用の経緯について懸念が示されていた」と書かれています。
 「コネクティングルーム」の和泉洋人首相補佐官と、厚生労働省大臣官房審議官の大坪寛子氏を、なぜか思い出してしまいましたが、私は個人的にこうした事例を「公私混同夢(コンドーム)」と呼んでいます。
 記事に戻りますが、マット・ハンコック保健相の辞任の理由は不倫ではなく、「新型コロナウイルス対策の社会的距離の確保に違反した」ということなのです。“イギリスでワクチンごり押しの筆頭者”ということで、「ルールを作る側がルールを破るという偽善行為」が、ハンコック氏に対する辞任要求の最大圧力となったわけです。
 ただ、この連中は、ルールを守らなければならないのは庶民であって、“自分たちは法の上にいる”と思い込んでいます。そうした中で、こうした事態になったのは、背後で「Q」が動いているからです。
 “続きはこちらから”のマカフィー創業者のジョン・マカフィー氏が、“スペインの刑務所の独房で、遺体で発見された”とする事件も「Q」が動いており、エプスタインの時と同様に、ジョン・マカフィー氏は生きています。
 バイデンの大統領就任以来、鳴りを潜めていた「Q」ですが、ここにきて動きが見えるようになってきました。私は「Q」を信頼しており、彼らの存在も、彼らの正義も疑ったことはありませんが、トランプ元大統領やマイケル・フリン将軍は、「Q」ではないと考えています。シドニー・パウエル弁護士やリン・ウッド弁護士も「Q」ではありません。
 私が、「Q」の中心人物と考えているマーク・ミリー統合参謀本部議長を、多くの人はディープステート側の人物だと思っていることは、いくつかのフェイクニュースから分かります。
 混乱は、しばらくの間続きそうです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
英保健相、既婚女性とのキス報道受け辞任 「社会的距離の確保怠った」
引用元)
画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
イギリスのマット・ハンコック保健相(右)は同僚のジーナ・コラダンジェロ氏(右)とキスしている写真を報じられ、辞任した
 
イギリスのマット・ハンコック保健相は26日、同僚女性とキスをしている写真の報道を受け、新型コロナウイルス対策の社会的距離の確保に違反したとして辞任した。
 
英紙ザ・サンは25日、ハンコック氏と同僚女性ジーナ・コラダンジェロ氏がキスしている写真と動画を掲載した。映像は5月6日に保健省内で撮影されたものだという。
 
ハンコック氏とコラダンジェロ氏は共に既婚者でそれぞれ3人の子供がいる。この報道を受け、ハンコック氏に対して辞任要求の圧力が一気に高まっていた。
(中略)
ハンコック氏はツイッターに投稿した動画の中で首相に辞意を伝えたと明らかにし、「私はこの国のすべての人が、皆さんが、どのような多大な犠牲を払ってきたか理解しています。こうした規則を作った我々がその規則を守らなければならないことを理解しています。だからこそ、私は辞任しなくてはなりません」と述べた。

(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 
 
» 続きはこちらから

独逸の伯林で見た、聞いた、感じた社会問題、教育問題 ~第88楽章 すべてを「V」のせいであると検証しても良い時期だ!

 6月18日から20日までベルリンでは35度以上の猛暑日になりました。ベルリンのワクチン接種率が50%を超えてきましたので、多くの方にとって、この猛暑日は大変危険なのではないのか、暑さでさらに血栓を詰まらせる原因になるのではないのか・・と心配になります。
 現在、サッカーの欧州選手権が開催されていて、先日、デンマークの選手が試合中に心停止になるという事件が起こりました。これを聞いてすぐに、ワクチン接種のせい?と思ってしまいました。
 普通は、20代で鍛えているアスリートが心停止になるはずがありません。これも、気にしているか、いないかで受け止め方も違ってくると思いますが、今こそすべてを副作用かもしれない・・と疑ってみて検証してみてもよいのではないでしょうか・・。
(ユリシス)
————————————————————————

信用できないデマ情報やファクトチェック


こちらのBuzzFeedの記事は、渋谷でデモをしたという陰謀論の方たちの内容ですが、その記事がファクトチェックで正しいと出ていることに疑問を感じました。ファクトチェックの怪しさを垣間見ることができます。あとで出てくる記事の内容にも、「ファクトチェッカー」は、ジョージ・ソロスが共同出資しています・・と書いてありましたし・・。

記事の最後に医師のコメントが紹介されていますが、そのコメントのファクトチェックをしてみました!
世界的にもワクチンの安全性は大規模に検証しており、安全性のエビデンスは積み上げられています。ワクチンによって死亡率が増えたというデータはひとつもありません。心配される方の多い妊娠への影響についても安全であると示されています安心してうっていいということがわかっているからこそ、我々医療者も積極的に接種していると知ってもらえたら

実際に10年前、311の時に、チェーンメールにて、千葉の爆発について流れてきました。しかし、すぐにデマであるとインターネット上でも記載されていたそうで、当時、息子の野球チームのお母さんたちはデマであると信じていました。しかし、私は、何かおかしいと思い、もしかしてこれは本当のことで、心ある方が内部告発をしたのではないかと感じていました。

ですので、デマだという情報やファクトチェックなどは、信用することができないと思ってしまいます。


欧州で起きている若者の例


さて、欧州で起きている若者の例を見てみましょう。
1つ目の記事は、デンマーク人選手、心筋炎で倒れるという内容です。


デンマークのエリクセン選手(29)が欧州選手権の試合中に心停止で倒れました。イタリアのインテルミランで活躍している選手です。チームメイトは、プライバシーを守るために壁を作りました。医者が激しい胸部圧迫をしているのが隙間から見えました。チームドクターは5月18日に選手が2回目のワクチン接種を終えていることを確認。ワクチンの副作用、心筋炎の可能性も考えられます。
インテル ミラノの臨時医師であるピエロ・ヴォルピは、エリクセンは非常に健康で、健康診断では問題がなかったと報道陣に語りました。既往症もありませんでした。Covid-19 に感染したこともありません。

最後には、こう結ばれていました。すべての報道、様々な可能性のある視点を調査、明らかにするというジャーナリズムの原則は、長年にわたって踏みにじられてきました。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 195