アーカイブ: ヨーロッパ

アゾフスタルの「アゾフ大隊」の降伏によって、ロシア軍の勢いが増しウクライナ軍は総崩れの様相 ~ロシアからドンバスへ2,400トンもの支援物資が到着

竹下雅敏氏からの情報です。
 ロシアからドンバスへ2,400トンもの支援物資が到着、“これは、ロシア連邦から到着した人道支援物資を積んだ鉄道車両です。この人道的援助はロシアの人々によって、地域によって、ロシア鉄道によって、人民戦線によって、普通の思いやりのある人々によって集められました。食料品、介護用品、水、建設資材、その他もろもろです。ルガンスク人民共和国には、1,500トンを超える人道的援助が到着しました。また、ドネツク人民共和国にも同様の物が貨物列車で送られました。本日到着した貨物は、解放された地域の人々への援助に使用されます。建築資材は被害を受けた建物、施設、構造物、民家の再建に使用されます。”とのことです。
 アゾフスタルの「アゾフ大隊」の降伏によって、ロシア軍の勢いが増しウクライナ軍は総崩れの様相です。タマホイさんのこちらのツイートによれば、ルガンスク人民共和国のアンドレイ・マロチコ中佐は、「現在、自国の領土90%を支配している」と言っているようです。
 アゾフスタルの「アゾフ大隊」の降伏は、ウクライナのゼレンスキー大統領によれば、「アゾフスタルからの避難作戦は続いています。我が国の軍人と情報将校が主導しています。」ということだったわけで、ピーター・ヒッチェンズ氏は「なぜこれが降伏ではなく、避難と呼ばれるのか説明できる人はいますか?」と題する記事の中で、“マリウポリ守備隊は、ロシア領内に「避難」させられたと言われている。…そして先週、マリウポリ製鉄所のウクライナ人守備隊(その多くは、公式ユニフォームにSSの紋章を誇らしげにつけているアゾフ大隊のネオナチ)が降伏したとき、それは頂点に達したのである。この出来事に関するイギリスのメディア報道は、ネオナチに言及せず、「降伏」という言葉も使わないように必死であった。…写真には、武装を解かれ、ロシア兵の身体検査を受けている姿が写っていた。しかし、私たちはこの紛争に対する一方的な見方にとらわれすぎていて、彼らが降伏したことさえ認めることができなかった。このような明白な現実を受け入れないのは、狂気の沙汰としか言いようがない。”と言っています。
 近い将来、対ロシア制裁のブーメラン効果で物価の上昇、食糧危機が起きるのではないかと予測されているのですが物価上昇、食糧危機をロシアのせいにして、「欲しがりません、勝つまでワン」と吠えるアメリカの犬の態度を、日本がいつまで続けられるかは未知数です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
 
 
 

————————————————————————
ウクライナ情勢の報道が急に減った理由 5月22日(日)
引用元)
(前略)
以下の不都合な事実もあり、日本国民が気づかれると拙いという事情があります。

①トルコが北欧二国のNATO申請に反対  二国がテロリストを匿っていることもばらす 
②マウリポリ陥落  ゼレンスキー支援が数か月無かったことがバレる  米軍、加軍の軍事顧問も捕虜に

アゾフ大隊は、ドネツク州マウリポリに本部を置く。マウリポリ陥落は大打撃。

③欧米からの兵器がロシアミサイルでパー 
④ウクラナイナ軍、東部でロシア軍に四方を囲まれる

ウクライナ軍は、②で捕虜になるなど3万ほど消耗しており、④の部隊が終わると兵力はかなり減ってしまうことになります。ゼレンスキーが騒いでも、兵士は居ない、兵器は無いということ。

停戦が先でしょ。 

» 続きはこちらから

2021年3月に核脅威イニシアティブ(NTI)はミュンヘン安全保障会議と協力して、サル痘ウイルスによる致命的なグローバルパンデミックの卓上演習を実施していた ~欧州で感染広がる「サル痘」

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭のツイート動画をご覧ください。「マサチューセッツ州で、サル痘の感染が確認された患者がいる。…この患者は(北米以外への)渡航歴がなく、感染源となる動物にも接触しておらず、大変珍しい事例だ。リスク要因としては男性間の性行為がある。…サル痘は、顔と顔を近づけた際の飛沫感染と、ウイルスを含んだ病斑部分への直接接触によって広がるからだ。」と言っています。
 RTの記事によれば、“サル痘の治療法は知られていませんが、ほとんどの患者が回復し、WHOは約3〜6%の致死率を推定しています”とのことです。
 そして記事の最後で、“このニュースに注意を払っている人は、世界の政府が最近、世界的なサル痘のパンデミックのシナリオをいじっていることに気付くかもしれません。昨年開催された模擬演習で、核脅威イニシアティブ(NTI)とミュンヘン安全保障会議は…「珍しい株のサルポックスウイルスによる致命的なグローバルパンデミック」の広がりをモデル化しました。…ワクチンエバンジェリストのビル・ゲイツ氏も、天然痘のパンデミックの可能性について繰り返し警告し、そのようなシナリオに先立って「世界的なパンデミックタスクフォース」を設置するよう求めている。一方、G7諸国の保健大臣は現在、ベルリンで「ヒョウ痘」の発生をシミュレートする模擬パンデミック演習を開催していると同時に、サル痘の発生について議論しています。”と書いています。
 実のところ冒頭の記事にあるように、2021年3月に核脅威イニシアティブ(NTI)はミュンヘン安全保障会議と協力して、サル痘ウイルスによる致命的なグローバルパンデミックの卓上演習を実施していたのです。
 ウィキペディアによれば、“核脅威イニシアチブ(NTI)は、2001年に米国の元上院議員サム・ナンと慈善家テッド・ターナーによって設立された超党派の非営利団体で、大量破壊兵器による壊滅的な攻撃や事故、混乱、特に核、生物、放射線、化学、サイバーセキュリティの防止に取り組んでいます。”ということなのですが、1月27日の記事で紹介したように、CNNの創設者テッド・ターナーは何十年も前から人口過剰を懸念する声を上げていて、「我々はこの小さな地球で50億人が狭い空間を泳ぎ回っているが、あまりにも多すぎる。現在の人口から95%減の2億5千万〜3億人というのが理想的だ」と発言、“CNN本社から30分ほど離れた田舎の丘の上にある花崗岩の石碑、「ジョージア・ガイドストーン」の作者はターナーだとする説もあるほどだ。”ということでした。
 “続きはこちらから”のツイートをご覧ください。ZEROさんのツイートには、“サル痘は重症例では臨床的に天然痘と区別できない”とあります。冒頭の記事の報告書「重大な生物学的脅威を予防・対処するグローバルなシステムの強化」の想定では、“監視が行き届かない研究所で作られた病原体を使ったテロ攻撃によって引き起こされた”ことになっています。
 この報告書が出た2021年11月に、ビル・ゲイツは、「もしバイオテロリストが天然痘を10の空港に持ち込んだとしたらどうでしょう。」と言っているのです。これはもう、バイオテロリストによる犯行予告だと見て良いでしょう。
 「なんかさ、もう生き残れるのかな。色々仕組んでくるよね」というツイートがありますが、こうした事柄を「陰謀論」で片づけようとする人たちは、生き残るのが難しいかも知れません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
重大な生物学的脅威を予防・対処するグローバルなシステムの強化
引用元)
2021年3月、NTIはミュンヘン安全保障会議と協力して、重大な生物学的脅威の軽減に関する卓上演習を実施しました。(中略)… この報告書「高重度の生物学的脅威を予防し対応するためのグローバルシステムの強化」は、2021年の卓上訓練の結果をまとめたものです。
(中略)
演習の概要
 
技術や政策の専門家との協議を経て作成された架空の演習シナリオは、架空の国ブリニアで最初に発生し、18カ月かけて世界中に広がった、珍しい株のサルポックスウイルスによる致命的なグローバルパンデミックを描いている。最終的に、この演習シナリオは、最初の大流行が、バイオセーフティとバイオセキュリティの規定が不十分で、監視が行き届かない研究所で作られた病原体を使ったテロ攻撃によって引き起こされたことを明らかにしました。演習終了時には、この架空のパンデミックにより、世界中で30億人以上の患者が発生し、2億7千万人が死亡する事態となりました。
 
この卓上演習を通して、さまざまな貴重な洞察と重要な発見がありました。最も重要なことは、COVID-19への世界的な対応を受けて改善されたとはいえ、パンデミックの予防、検出、分析、警告、対応に関する国際システムは、現在および将来予想される課題に対処するには極めて不十分であるという点で演習参加者の意見が一致したことです。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 

» 続きはこちらから

ジュリアン・アサンジ氏が収監されているロンドンの刑務所内で結婚 / 様々な深刻な「人権侵害」の実態を明らかにしたウィキリークス

竹下雅敏氏からの情報です。
 受理案 亜惨事(ジュリアン・アサンジ)氏が、収監されているロンドンの刑務所内で、婚約者のステラ・モリスさんと結婚式を挙げたという報道は目にしていたのですが、なぜか昨日、目が覚めた時に「アサンジ氏は解放され自由の身になるべきだ」と思いました。
 それで、冒頭のAFPの記事でステラ・モリスさんの姿を初めて見たのですが、美しい女性だと思いました。私はまず波動を見ます。美形だが波動が悪い人物を美しいと思うことはありません。ですから、残念な事に最近では女優と言われる人の中に「美しい」と感じる人が全くいないので、映画もドラマも見ることはありません。
 YouTubeでペットのトカゲとかイグアナなどを見て、「へぇ~カワイイね」と思うことはあっても、人間の有名人のほとんどは中身がトカゲやヘビで、しかも波動が非常に悪いのでどうにもならないです。
 私からのアドバイスは、闇の波動かどうかは分かるようにしましょう。そして、闇の波動を放つ人物や場所には近づかないようにしましょう。特に危険な場所は、闇の波動のパワースポットです。パワースポットと言われている所が、「光」と結びついているのか、「闇」と結びついているのかが分からないなら、近づかないことです。
 記事に戻ります。動画「アサンジ氏は国家機密に対する最大の脅威か」で、“(アサンジ氏は)1991年までに、米国の国防総省や海軍、その他の米政府機関にハッキングを行い、1996年に罪に問われます。懲役刑は免れましたが2100豪ドルの罰金を科せられました。…2006年にウィキリークスを創設。…それは編集されていない機密文書などを投稿するサイトで、他の報道機関と異なり編集体系がありません。…ウィキリークスにはほとんどの情報が匿名で寄せられます。…最大の情報源はチェルシー・マニング氏です。かつての名はブラッドリー。2010年、米兵だった彼はアサンジ氏に政府の機密文書を提供します。同年2月、ウィキリークスはその文書の公開を開始。…”と説明しています。
 ウィキリークスは、アフガニスタンとイラクにおける米国の「戦争犯罪」や、グアンタナモでの拷問など、深刻な「人権侵害」の実態を明らかにしました。“続きはこちらから”の記事には、「米国は、間違いなく世界で最も信頼できない国家主体である。また、選択的な侵略戦争の遂行、ジャーナリズムの自由の侵害、敵とみなされた者の拷問、告訴や適正手続きなしに囚人を無期限に拘束することに関しては、最悪の犯罪者の一人である。」とあります。
 まさに今のウクライナで起きていることと完全に重なっています。ウクライナを支配しているのがアメリカだからです。“アメリカの裏庭”と呼ばれる南アメリカにおける米国の「戦争犯罪」は、今のウクライナの様子を見れば、ある程度想像できるのではないでしょうか。
 なぜ、国家の犯罪を暴露した者が罪に問われなければならないのか。アサンジ氏が有罪なら、ウィキリークスの暴露によって罪に問われる者たちが先にいるのではないのか。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
字幕:アサンジ被告、英刑務所で結婚 元弁護人の婚約者と
引用元)
動画は引用元でご覧ください(画像をクリックすると引用元へ飛びます)

英国で身柄を拘束され、米国への引き渡しをめぐる法廷闘争のさなかにある内部告発サイト「ウィキリークス(WikiLeaks)」創設者のジュリアン・アサンジ(Julian Assange)被告(50)が23日、収監されているロンドンの刑務所内で、元弁護人の婚約者ステラ・モリス(Stella Moris)さんと結婚した。
 
米当局は、イラクやアフガニスタンでの戦争に関する軍事機密文書の公開をめぐりアサンジ被告を起訴し、英国に身柄引き渡しを要請。被告は引き渡しを回避するため法廷で争っている。
 
アサンジ被告とモリスさんは昨年11月、婚約を発表。被告が厳重警備の下で拘束されているベルマーシュ刑務所(Belmarsh Prison)内で結婚する許可を得た。モリスさんは被告との間に2児をもうけている。

被告の支援団体によると、式には登記官1人の他、招待客4人と立会人2人のみが参列。看守2人も立ち会った。
 
被告を長年支援しているファッションデザイナーのヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)さんがデザインしたウエディングドレスを着たモリスさんは、刑務所前で支持者に囲まれながらケーキに入刀。ウエストウッドさんは、スコットランドにゆかりのあるアサンジ被告にキルトを用意した。
 
モリスさんは挙式後、涙を流しながら「とても幸せで、とても悲しい。ジュリアンを心の底から愛している。素晴らしい人で、自由の身になるべきだ」と語った。

————————————————————————
アサンジ氏は国家機密に対する最大の脅威か-プロフィル
配信元)

» 続きはこちらから

投降した兵士の証言と、現場を取材したジャーナリストの証言は一致しており、ウクライナが悪なのです! ~事実は教えられてきたことと真逆

竹下雅敏氏からの情報です。
 武器を捨てたウクライナ兵の証言です。冒頭の動画で、“彼らはマークを、ナチスドイツの卍を付けていますので、アゾフかアイダー隊だと一目でわかります。…市民が集まっている所にマシンガンを撃つヤツらですよ。…みんな怖がっていた。…クレメナヤから撤退した後リシチャンスクとセヴェロドネツクに配備されました。…あそこで死ぬと思いますよ、良いことだ。…彼らは無実の人々を殺してきたからです。…セヴェロドネツクはロシア兵が来る前に完全に焼野原になっていました。ウクライナ軍がやったんです。”と言っています。
 この兵士は、ウクライナ軍全員が洗脳されていると言っています。アルコールやドラッグなどを使って兵を鼓舞するということです。次の動画では、ドンバスの対航空機ミサイル隊には、エフェデリンと言う薬物が配布されていたと言っています。戦闘に入る前にこれを使うと、恐怖心が消えるということです。
 彼らの証言を聞くと、ウクライナ政府のプロパガンダに洗脳されて前線に配属されてから、事実は教えられてきたことと真逆だということに気づくようです。ロシア軍に投降出来たウクライナ兵はラッキーだったと言えるのではないでしょうか。
 “続きはこちらから”は、ウクライナに入ったジャーナリストの証言です。編集長が取り上げた今日の記事の動画「ウクライナ人道支援 現地の状況 元フランス兵インタビュー」では、現地に入った元フランス兵が、“私は、多くの戦争犯罪を目撃しました。そして、私がそこで見た戦争犯罪は全て、ウクライナ軍によって行われたものでした。ロシア軍ではありませんでした。”と言っていました。
 イタリアのジャーナリスト、ジョルジョ・ビアンキ氏は、“私にとって理解しがたいのは、ヨーロッパのプロパガンダです。…現場の実態を客観的に判断することは事実上不可能です。…事実を一つのシナリオとして支持することが目的のようだ。…紛争を長引かせ、拡大させることにある種の利権があるように思えるのです。…私の仕事は国際的に認められていますが、ウクライナでは犯罪者として定義されるブラックリストに載っているため、仕事ができません。…ただ、自分の仕事をし、自分の視点を聴衆に向けて発信しているだけなのに。…逮捕される危険があるので、向こう側で活動する事は出来ません。それが普通だと思いますか?”と言っています。
 スペインのジャーナリスト、ルーベン・ジスベルト氏は、“私が見ているものの中で最悪なのは、スペインが他の国々と一緒に、市民を殺害する人たちに武器を送っていることだ。…戦争犯罪という言葉だけで言い尽くせないことが起きている。…メディアは沈黙し、ただ一つの物語を作ろうとする意志に支配されている。愕然とするよ。…ゼレンスキーのウクライナ民族主義側が送信したWhatsAppメッセージのスクリーンショットを見たが、そこでは私がここでロシアのプロパガンダをしているので、私の動きを封じ、私を見つけ出して消してしまえと言われている。”と言っています。
 先の投降した兵士の証言と、現場を取材したジャーナリストの証言は一致しています。ウクライナが悪なのです。これほど分り易い事例も珍しいと思うのですが、騙される人たちが多くなればなるほど混乱は拡大し、「第3次世界大戦」が近づくのです。逆にいえば、私たちが欺瞞に気づくことで戦争は防ぐことができるのです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
【字幕】ロシア国防省が公開した捕虜の証言動画 4分20秒にすべてが詰まっている感じ ウクライナ軍・アゾフ・アイダー隊の内情が分かります
配信元)
————————————————————————
【字幕】ロシア国防省公開動画 武器を捨てたウクライナ兵が使っていた薬物について語る。ゲロっちゃった方が早くお家に帰れるからどんどん話そう!
配信元)
————————————————————————
配信元)


» 続きはこちらから

アゾフスタル製鉄所に立てこもる軍人265人が投降したことを何も知らなかったウクライナ政府

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、“ロシア国防省は、ウクライナ東部の要衝マリウポリのアゾフスタル製鉄所に立てこもる軍人265人が投降したと発表した”ことをお伝えしました。この件に関するウクライナ軍の声明は奇妙であり、駐日ロシア連邦大使館のテレグラムでは「製鉄所に閉じ込められているウクライナ軍と合意に達した」となっていたことから、アゾフスタル製鉄所に立てこもる軍人に投降を命じたのは、ウクライナではなく米軍なのではないかと感じました。
 スプートニクのこちらの記事には、“ロシアとウクライナの両政府間の交渉は、いかなる形態でも行われず、ウクライナ政府は実質的に交渉プロセスから撤退した…ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、ロシア政府は、米国と英国が交渉においてウクライナ側を操作しているという情報を入手していると指摘した。”と書かれています。ラブロフ外相が指摘しているように、“アゾフスタル製鉄所に立てこもる軍人の投降”というような重要案件を、ウクライナ側が決められるはずがありません。
 今日の記事は、世界の裏側ニュースさんのこちらの記事の中にある動画やテレグラムの情報を貼りつけました。
 冒頭のロシア国防省のテレグラムには、「マリウポルのアゾフスタル鉄鋼工場でブロックされているウクライナ軍人の代表と交渉した結果、負傷者を避難させることで合意に達した!」とハッキリと書かれていて、交渉相手はウクライナ政府ではないのです。
 “続きはこちらから”の一連の情報が面白い。ウクライナ大統領府の顧問アレストビッチは「兵士が出ていくなんて、そんな話は聞いていない! 兵士は離れることを許さない!」と発言していたらしいのです。
 やはりウクライナ側は、何も知らなかったのです。“ウクライナ軍参謀本部は、アゾフスタル製鉄所に立てこもる軍人265人が投降したことを、ソーシャルメディアネットワークを通じて”知った可能性が高い。
 この後、彼らは慌てて緊急会議を開き、ゼレンスキーは「簡単な日ではありませんでした。…ウクライナ軍や情報機関、そして交渉団、赤十字国際委員会、国連の行動のおかげで、我々は仲間の命を救うことができると思っています。」と発表したようです。
 17日の午前中にウクライナ軍は、211人の「アゾフ戦闘員」が収容されたドネツク人民共和国の一部であるイエレノフカに爆撃を行ったとのことです。ウクライナ側としては、「アゾフ戦闘員」がロシアの捕虜になって、いろいろ喋られると困るので、アゾフスタル製鉄所の地下の要塞で死んでほしかったのでしょうね。
 アゾフ司令官に与えられていた命令は、アゾフスタル製鉄所に閉じ込められているNATOの司令官を守る事、できるだけ時間稼ぎをする事だったと思いますが、昨日の記事の「ベンジャミン・フルフォード氏の情報」に書かれていたように、“米軍の幹部100名ほどがロシアを訪れ、「全面核戦争を回避するための緊急会議」が開催された”ことで、米軍はアゾフスタル製鉄所を明け渡すことに同意したのだと見ています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
Azovstal, 265 Azov militants laid down their weapons and surrendered, including 51 seriously injured
アゾフスタル、アゾフの武装勢力265人が武器を捨てて投降、うち51人が重傷
配信元)
————————————————————————
配信元)
ロシア国防省
今日のトップニュース
 
マリウポルのアゾフスタル鉄鋼工場でブロックされているウクライナ軍人の代表と交渉した結果、負傷者を避難させることで合意に達した❗ 現在、同製鉄所周辺では停戦体制が確立され、人道的回廊が開設され、負傷したウクライナ軍人がドネツク人民共和国のノボアゾフスクの医療施設に搬送され、あらゆる必要な支援が提供されている。
 
ロシアの防空手段が、ニコラエフ州エヴゲノフカとヴェリカヤ・カミシェヴァカ付近で、ウクライナ空軍のSu-25機2機を撃墜した。また、スネーク島付近でウクライナのSu-24戦闘機1機が撃墜された。
 
ミサイル部隊と大砲が、人員と軍備が集中する325の地域、14の司令部、24の砲兵部隊の射撃地点に命中した。
 
📹ロシア国防省は、ロシア軍の迫撃砲だけでなく、ミサイルや大砲の隊員が活動する映像を公開した。ロシアの土木工兵が要塞地帯を地雷除去する映像や、中央軍管区の軍医とルガンスク人民共和国の民間人の同僚が協力して作業する映像が公開されている。
 
⚠️ロシア合同調整本部は、ウクライナ武装勢力による社会基盤の軍事目的使用の事実を引き続き記録している。
 
🚛ロシア軍人とコサックがザポロジェ地域の住民に55トンの人道支援を届ける。
(DeepL機械翻訳)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 215