アーカイブ: ヨーロッパ

オルダス・ハクスリーが1932年に発表したディストピア小説「すばらしい新世界」 ~「すばらしい新世界」と言うディストピアはハイアラーキーの計画だった

竹下雅敏氏からの情報です。
 ロバート・マローン博士は、mRNAワクチンの欺瞞から世界経済フォーラム(WEF)の「陰謀」に完全に気付いてしまいました。記事の冒頭には、“上の映像は1958年、オルダス・ハクスリーが64歳の時に撮影されたものです。…二人の対話から、私たちが今生きている未来の要素が、いかに長い時間をかけて計画されていたかを垣間見ることができます。”と書かれています。
 ロバート・マローン博士のオフィシャルサイトには、この記事の最後に「この投稿は公開されていますので、ご自由にシェアしてください。」と書かれていましたので、転載させて頂きました。
 オルダス・ハクスリーが1932年に発表したディストピア小説「すばらしい新世界」は、“人間は受精卵の段階から培養ビンの中で「製造」され「選別」され、階級ごとに体格も知能も決定される。…睡眠時教育で自らの「階級」と「環境」に全く疑問を持たないように教え込まれ、人々は生活に完全に満足している。…ビンから出てくるので、家族はなく、結婚は否定され、人々は常に一緒に過ごして孤独を感じることはない。隠し事もなく、嫉妬もなく、誰もが他のみんなのために働いている。一見したところではまさに楽園であり、「すばらしい世界」である。”というものらしい。
 マローン博士によると、「トランスヒューマニズム」という言葉は、“オルダス・ハクスリーの兄で進化生物学者のジュリアン・ハクスリーの造語である。”とのことです。
 ジュリアン・ハクスリーは、1946年にユネスコを設立し初代事務局長に就任。“ユネスコ憲章の原文は、平和と安全を実現するために、単一の世界政府を作ることを明確に要求している”とあります。
 オルダス・ハクスリーのウィキペディアに、「インドの哲人ジッドゥ・クリシュナムルティとは長年家族ぐるみで親しく交流し、深い影響を受けた。」と書かれているように、ハクスリーは神秘主義者で幻覚剤のメスカリンによる実験に自ら参加し、この時の経験を記述した「知覚の扉」を1954年に出版しています。
 ジッドゥ・クリシュナムルティは、インド生まれの宗教的哲人、神秘家です。14歳の頃、神智学協会の幹部チャールズ・W・レッドビーターに見いだされ、“ヨーロッパの神智学協会に連れて行かれ、クリシュナムルティはロード・マイトレーヤ(弥勒菩薩)と呼ばれる世界教師(救世主)の「乗り物」(器)となるべく、レッドビーターのもとで英才教育を受けた”と言う人物です。
 要するにハイアラーキーの当初の計画は、クリシュナムルティの体にマイトレーヤがオーバーシャドゥ(神懸かり)することで、クリシュナムルティの口を通してマイトレーヤが人類に語り掛け、導くというものだったのです。しかし、この計画はクリシュナムルティ自身が「東方の星教団」を解散し、「救世主」の役割を拒否したために実現しませんでした。
 こんなことを長々と書いているのには理由があります。実のところ、SDGs(持続可能な開発目標)やグレートリセットを通じて、「すばらしい新世界」を作り出そうとしているチャールズ英国王やクラウス・シュワブが、キリストとして崇拝しているのはマイトレーヤだからです。
 マイトレーヤは、随分と昔に「チャールズ皇太子は本物の王子である。」と言っていたのです。要するに、「すばらしい新世界」と言うディストピアはハイアラーキーの計画だったのです。過去形なのは、ハイアラーキーは完全に滅びて存在しないからです。 
 もう一言付け加えると、コーリー・グッド氏が接触しているミカやマヤ人もマイトレーヤをキリストだと信じています。“彼らを救済できるか否かは未知数だ”とコメントしたのは、このような理由からです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
未来は今
オルダス・ハクスリー - ある先見の明を持った人物とその家族のビジョン
転載元)
動画は転載元でご覧ください(画像をクリックすると転載元へ飛びます) 

上の映像は1958年、オルダス・ハクスリーが64歳の時に撮影されたものです。60ミニッツで有名なマイク・ウォレスが中心となって、魅力的なインタビューが行われています。二人の対話から、私たちが今生きている未来の要素が、いかに長い時間をかけて計画されていたかを垣間見ることができます。最初にこのビデオを見たとき、面白いところ、より顕著なところを、もっと短いビデオにまとめようと思いました。しかし、最終的には、全編が重要である、ハクスリーの思考の直線性は、全編を見る価値があると感じたのです。
 
もし時間があれば、上記を見る、および/または、このSubstackの一番下にあるこのビデオのトランスクリプトを読んでみてください。この議論は魅力的です。二人のやりとりは、原子時代の知識人の過去の生活を垣間見るような、ポイントインタイムの瞬間でもあるのです。
 
オルダス・ハクスリーについて、そしてなぜ彼が重要なのか。
 
オルダス・ハクスリーは、1894年にイギリスのサリー州に生まれ、1963年にカリフォルニア州ロサンゼルスで亡くなりました。彼の人生は、技術や文化の大きな変化にまたがっており、これらのテーマについて幅広く執筆しています。ハクスリーの著作は、その暗いウィットと風刺で知られている。しかしそれ以上に、彼の地獄のような社会像は、全体主義的な世界のゲシュタルトと、彼が予見した未来の技術的統治の構造を、先見性と執拗なまでの鈍感さをもって投影しているのである。1932年、彼はSyFyの代表作『ブレイブ・ニュー・ワールド』を執筆した。文字通り世界を変えた小説だ。
 
  『ブレイブ・ニュー・ワールド』は、イギリスの作家オルダス・ハクスリーが1931年に執筆し、1932年に発表したディストピア小説である。遺伝子操作された市民と、知能に基づく社会階層が存在する近未来の世界国家を主な舞台とし、生殖技術、睡眠学習、心理操作、古典的条件付けなどの科学の大進歩が、主人公というたった一人の人間の挑戦によって、ディストピア社会を作り上げることが予想される小説である。
 
ハクスリーの著作を分析し、彼の家族が世界の舞台で果たした役割を知るとき、ハクスリーの家族が彼の作品の哲学的基盤を形成する上で大きな役割を果たしたことが非常に明確になる。彼の知的生活において最も重要な人物の一人が、兄のジュリアン・ハクスリーです。ジュリアンは進化生物学者で、行動科学(大組織の宣伝プログラム開発)にも携わっていた。「トランスヒューマニズム」という言葉は、ジュリアン・ハクスリーの造語である。ある時、彼はこう書いています。
 
  「私はトランスヒューマニズムを信じている。そう言える人が十分にいれば、人類は新しい種類の存在の入り口に立つことになるだろう。人類はついにその本当の運命を意識的に果たすことになるのだ」。ジュリアン・ハクスリー
 
しかし、ジュリアン・ソレル・ハクスリー(1887-1975)の歴史を深く調べてみると、彼もまた英国優生学会の敬虔な終身会員であり、ジョン・メイナード・ケインズとともに幹事を務め、後に会長に就任していることがわかる。
 
ジュリアン・ハクスリーは、1946年にUNESCO(国際連合教育科学文化機関の略称)という国連機関を設立し、1946年から1948年まで初代事務局長に就任している。
 
この新しい組織の任務は、ハクスリーが1946年に発表したユネスコ憲章「UNESCO: Its Purpose and Its Philosophy(ユネスコの目的と理念)」である。



  「ユネスコに課せられた教訓は明確である。平和と安全を促進するというユネスコに課せられた任務は、教育、科学、文化というユネスコに与えられた手段によって完全に実現されることはあり得ない。戦争を回避する唯一の確実な手段として、単一の世界政府を通じてであろうとなかろうと、何らかの形で世界政治的統一を構想しなければならない。教育プログラムにおいて、世界政治的統一の究極の必要性を強調し、すべての国民に、個別の国家から世界組織への完全な主権の移譲の意味を理解させることができる」。
 
お分かりだろうか?ユネスコ憲章の原文は、平和と安全を実現するために、単一の世界政府を作ることを明確に要求しているのだ。そして、この憲章は人口管理の重要性を説いている。
 
国連のNGOであるユネスコは、1946年に新しい世界秩序について書いていたのです!このような組織的な文書は、誰も書いていません。そして、これらの組織文書を書いたのは、他ならぬオルダス・ハクスリーの弟なのだ!
 
オルダス・ハクスリーは、著名な生物学者トーマス・ヘンリー・ハクスリーの孫でもあります。トーマス・ハクスリーは、イギリスにおける優生学運動の元祖の一人であり、通称 "ダーウィンのブルドッグ" として知られていました。オルダス・ハクスリーの父親は伝記作家のレナード・ハクスリーで、彼の著作にはダーウィン、父親(トーマス・ハクスリー)、優生学運動に関する本が含まれています。オルダス・ハクスリーのもう一人の兄は、生物物理学者のアンドリュー・フィールディング・ハクスリーで、神経繊維と神経学に焦点を当てた研究でノーベル賞を受賞しています。
 
また、オルダス・ハクスリーは、予言的小説『1984年』を書いたジョージ・オーウェルの師でもある。
 
だから、オルダス・ハクスリーがディストピアSF小説やエッセイを書いたときも、マイク・ウォレスのインタビューを受けたときも、それは単なる空想に基づくSFでも、荒唐無稽な推測でもない。彼の著作や作品には、彼の家族や当時の知識人たちが行っていた見解や研究に対する詳細な理解が反映されていたのです。彼の作品は警告であり、彼は何が起こり、何が起ころうとしているかを知っていた。過去の科学者や指導者のこれらの考えは、現在の多くの政策のバックボーンを形成しています。これらの政策には、一つの世界政府、人口管理、逆全体主義、プロパガンダ、指令経済、集団主義が含まれます。すべてがそこにある。世界は、オルダス・ハクスリーが警告したとおりの道をたどっているのだ。この道は、私たち全員が何らかの形で踏み外さない限り、私たちのディストピアの未来だ。
 
驚くべきことは、私たちの多くが、非常に長い間、目の前にあるものを見てこなかったということだ。オルダス・ハクスリーはマイク・ウォレスとのインタビューの最後に、このグローバリストのアジェンダに対抗できる数少ない方法の一つが、非中央集権化であるという考えを述べている。コンピュータと中央集権的なデータ共有の出現により、これを達成することはますます難しくなる一方です。しかし、これは今、私たちが担わなければならない仕事であり、重荷なのです。
 
なぜなら、冗談抜きで、新しい世界秩序はやってきており、それを私たち全員に押し付けようとする人たちの邪魔をしているのは、人間だけだからです。

» 続きはこちらから

ロシアが手厚く埋葬したウクライナ兵の遺体と、ウクライナ軍の砲撃によって死亡した民間人の遺体を掘り起こして、「ロシアの大量虐殺に見せかける」という卑劣な行為をしているウクライナ

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画で、“ロシアは予備兵力の増強をしていますが、ハリコフには送っていません。南、南東、マリウポリ方面に移動し、今後1~2週間で、より大規模で決定的な戦闘に直面することになるでしょう。それが、ロシアが撤退した理由です。今、犠牲になっているのは東ウクライナの人々です。キエフ政権はすでに、新しい区域をろ過することを発表しているからです。ネオナチの大隊を入れ、ロシアに協力した商売人や協力者を、彼らが言うように一掃するつもりです。…新しい法律では、ロシア人から食糧などの援助を受けた場合、15年の禁固刑となります。しかし、素直に言わせてもらうと、彼らは後頭部を撃たれるのがオチだとわかっています。…ブチャや他の場所でもたくさん見てきました。そして必ず、「我々が到着した時には人々は死んでいた、ロシア軍がやったんだ」と言うのです。”と言っています。
 犬HKは9月16日の記事で、“ゼレンスキー大統領は15日に公開した動画で、「ハルキウ州のイジュームで集団墓地が見つかった。ブチャやマリウポリに続き今度は残念ながらイジュームだ。ロシア軍はいたるところに虐殺の痕跡を残していてその責任を負わなければならない」とロシアを非難しました。”と報じています。
 これまで、ウクライナ側の報道は48時間以内にフェイクであることが発覚しています。まともにウクライナ紛争を追いかけてきた者で、ゼレンスキーの言葉を信じる人はいないでしょう。
 5月1日の記事で紹介したように、「ブチャの大虐殺を行ったのはウクライナ軍である」ことは、ウクライナの法医学者による解剖で明らかになっています。
 次のJano66さんの「イタズラ字幕」の動画をご覧ください。よくできた字幕ですね。ロイター通信の報道では、「首にロープを巻かれ、手を縛られた複数の死体」について報じていたが、“ドイツの新聞社Frankfurter Rundschauが、ロイターのフェイクニュースを掲載したことを謝罪”したということです。
 要するに、戦場に放置されていたウクライナ兵の遺体の引き取りをウクライナが拒否。こうしたウクライナ兵の遺体と、ウクライナ軍の砲撃によって死亡した民間人の遺体を、ロシアは手厚く埋葬。ウクライナがイジュームを奪還。遺体を掘り起こして、「ロシアの大量虐殺に見せかける」というあまりにも卑劣な行為です。
  “ロシア軍がジェノサイドを行ったという告発の象徴となったブレスレットを持つ手は、第93ホロドニー・ヤル旅団のニコポル出身のウクライナ軍のメンバーであるセルゲイ・ソヴァのものだということが、「入れ墨」と彼の妻によって特定された”と言うことです。
 ウクライナは、遺族にお金を払いたくないので遺体を引き取りません。ウクライナ側の報道では、ウクライナ兵はほとんど死んでいないことになっています。「つまり、遺族は今まで死亡も、墓の場所も知らされてなかった。」のです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)
 


 
 
 
 

» 続きはこちらから

ランド研究所から漏洩した「衝撃的な文書」を、スウェーデンの日刊紙が9月15日に特報として報じる ~ドイツ経済の破壊に焦点を当てた戦略計画

竹下雅敏氏からの情報です。
 ランド研究所は、米軍からの調査分析を請け負う目的で設立された総合シンクタンクです。そのランド研究所から漏洩した「衝撃的な文書」を、スウェーデンの日刊紙が9月15日に特報として報じたとのことです。
 ランド研究所は9月14日にプレスリリースを発行し、このレポートが「フェイク」であると主張しているとのことですが、ウクライナ紛争とヨーロッパ経済の現状を、これほど見事に説明する内容は他に見当たりません。
 この文書は、今年1月に作成されたということですが、In Deepさんが翻訳した文書の1ページ目に、“FRBが2020年と2021年のロックダウン中に行なった量的緩和政策によって、対外債務が急激に増加しドル供給が増加した。経済情勢の悪化による次期選挙での民主党の敗北を回避するには、資源が国家経済、特に銀行システムに流入する緊急の必要性がある。”とあります。
 アメリカ経済を維持するために、外部からの資源の流入が「緊急に必要」だが、“重要な目的は、特に、アメリカにとって最大の経済的および政治的脅威と見なされているドイツとロシア、およびフランスの間の協力を破壊することだ。…EU の経済全体が崩壊すれば、ヨーロッパからの資本の流出により、最大90億ドル(約1兆2000億円)の資源が米国に逆流する”というのです。
 この「ドイツ経済の破壊に焦点を当てた戦略計画」ですが、文書には、“ドイツがロシアのエネルギー供給を拒否することを確実にする唯一の可能な方法は、双方をウクライナでの軍事紛争に巻き込むことだ。…ロシアを攻撃的な国家として描写し、すでに作成されている制裁のパッケージ全体を実施することが可能になる”と書かれています。
 このロシアからドイツへのガス供給停止を確実にするために、“ヨーロッパの緑の党は、操作するのが特に簡単である。プーチンの攻撃的な戦争のメディアイメージを形成すれば、彼らの個人的な特質とプロ意識の欠如により、制裁の熱烈な支持者にするのに十分だ。”と言っています。
 この辺りは、日本の自民党や共産党なども同じですね。ランド研究所から見れば、こうした政治家は、“アメリカ帝国主義の用事を実行するように操作するのが特に簡単”なアホばかりであるということですね。良く分かります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
[衝撃] 米シンクタンク、ランド研究所から漏洩したとされる文書は「ヨーロッパを滅ぼすことを計画した主体はアメリカである」ことを示す。スウェーデンの新聞が特報として報じる
転載元)
(前略)
ヨーロッパはすでに回復の目処が立たないような壊滅の渦中にあるわけですが、これが計画的だったということに関しての文書が漏洩したことが報じられていたのです。
 
そして、その内容は一言でいえば、「ヨーロッパは、アメリカに計画的に壊滅させられた」ことを示唆する文書なのです。
 
これは、スウェーデンの日刊紙であるニヤ・ダグブラデット (Nya Dagbladet)が、9月15日に特報として報じたものです。
(中略)

衝撃的な文書 : ヨーロッパでの戦争とエネルギー危機を、アメリカはどのように計画したか
Shocking document: How the US planned the war and energy crisis in Europe
Nya Dagbladet 2022/09/15
 
私たちニヤ・ダグブラデット紙は、ウクライナの戦争と、誘発されたエネルギー危機によって、ヨーロッパ経済を破壊しようとするアメリカの機密計画のように見えるものを公開することができるに至った。

概要
シンクタンク「ランド研究所」からの例外的な内部リークのように見える文書の中で、ヨーロッパのエネルギー危機がアメリカによってどのように計画されたかについての詳細な説明が与えられている。ランド研究所は、特に冷戦中の外交および防衛政策に関するアメリカの戦略の背後にいたことで知られている。
今年1月に作成されたこの文書は、紛争前にウクライナが追求していた攻撃的な外交政策により、ロシアがウクライナに対して軍事行動を取らざるを得なくなることを認めている。その実際の目的は、すでに準備されていた対ロシア制裁をヨーロッパが広く採用するよう圧力をかけることであったと文書は主張している。
この結果として、欧州連合の経済は「必然的に崩壊する」と文書は述べており、著者は、とりわけ、最大 90億ドル (約 1兆2000億円)の資源が米国に逆流するという事実を賞讃している。結果、ヨーロッパの高学歴の若者たちは移住を余儀なくされるだろうとも書かれてある。
・この文書に記載されている主な目的は、ヨーロッパ、特にドイツとロシアを分断し、ロシアのエネルギー供給がヨーロッパ大陸に到達するのを阻止するために有益な愚者を政治的立場に置くことによって、ヨーロッパ経済を破壊することだ。



1,850人のスタッフと 3億 5,000万ドル (約 500億円)の予算を擁するシンクタンクであるランド研究所は、「調査と分析を通じて政策と意思決定を改善する」ことを公的な目的としている。ランド研究所は、主にアメリカ国防総省と関係があり、冷戦中の軍事およびその他の戦略の開発に影響を与えたことで有名だ。

» 続きはこちらから

ロシアがウクライナのエネルギー・インフラの半分をミサイルで破壊したことから、ロシアが宣戦布告し戦線が拡大、最悪の場合は第3次世界大戦へと発展する可能性 ~ウクライナのゼレンスキー大統領府は、同国の安全保障に関する草案を発表

竹下雅敏氏からの情報です。
 ウクライナ紛争で、ロシアは宣戦布告をしていません。ロシアが行っているのは「特別軍事作戦」です。
 昨日の記事でお伝えしたように、ハルキウ(ハリコフ)をウクライナが奪還し、ロシアがウクライナのエネルギー・インフラの半分をミサイルで破壊したことから、ロシアが宣戦布告し戦線が拡大、最悪の場合は第3次世界大戦へと発展する可能性が出て来ました。
 スプートニクの記事にあるように、ウクライナのゼレンスキー大統領府は、同国の安全保障に関する草案を発表しました。
 動画の5分30秒で、“キエフ安全保障協定(KSC)というのをウクライナ側が勝手に案として出したんです。ウクライナは、ロシアとの国境を防衛するNATO的同盟国ブロックの即時創設を提案したという訳です。キエフ安全保障協定(KSC)の重要なポイントは、米国とNATO同盟国がウクライナに「安全保障」を提供することなんです。…ドンバス地方ももちろんウクライナだと。ドンバス地方とロシアとの国境も含めて、そこを守るのをアメリカとNATOがやれという提案なんですよ。”と言っています。
 8分43秒で、“この同盟に署名するということは、ロシアと戦争するぞってことなんですよ。世界一の核保有国ロシアと戦争しますよ、核戦争しますよ、ということなんですね。…この提案発表は、ウクライナ軍がロシアの占領地域からロシア軍排除に成功した直後にしているんですね。”といっています。
 この提案に対し、ロシアのメドベージェフ前大統領(安全保障会議副議長)は、“これが成立すれば、まさに第3次世界大戦へのプロローグ。核兵器によるホロコーストがその結末になるだろう。(11分10秒)”と言っています。
 “続きはこちらから”の記事をご覧ください。“ロシアのアナリストや軍事専門家は、今や公然と失敗を認め、即座に抜本的な改革を要求している。そして、
この失敗はロシア国防省と同国の諜報機関の責任である”とし、セルゲイ・ショイグ国防相を含め、“ロシア軍の幕僚が大幅に変わるのは時間の問題”だとしています。
 引用元の記事では、イーゴリ・モロゾフ上院議員が「ウクライナと西側諸国との集団で特別軍事作戦を行う段階は終わった。今日、私たちは、これから本当の戦争が始まることを理解しなければなりません。」と発言しています。
 このように事態は非常に緊迫しているのですが、どうやらロシアを第3次世界大戦へ引きずり込む作戦は失敗に終わったようです。事の詳細は次の記事になります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
2022.9.15【ウクライナ】速報 ゼレンスキーの危険な提案にロシア激怒!第三次大戦になるぞ!【及川幸久−BREAKING−】
配信元)
————————————————————————
ウクライナの安全保障の保証草案はNATOに裏口から加盟しようとする試み トルコ人専門家
転載元)

© NATO
 
ウクライナのゼレンスキー大統領府は、同国の安全保障に関する草案を発表した。ウクライナの安全を保証する国として、草案にはEU諸国、米国、英国、オーストラリア、トルコが明記された。文書には「保証の草案は、トルコやルーマニア、ブルガリアなどの沿岸国との黒海における地域安全保障協定も含むことができる」と書かれている。スプートニクがトルコの外交筋から得た情報によると、トルコはウクライナの草案内容については通知を受けたものの、ウクライナは保証国として提案した各国との協議をまだ行っていない。
 
トルコの左翼民族主義政党「母国党(バタン党)」のセミ・コライ国際関係局長は、ウクライナの安全保障の保証草案についてのスプートニクからの取材にコメントし、起草の上でウクライナには自主性がないことを強調した。

NATOは最初からこの危機でウクライナがどのような損失を被るかなど、全く気にも留めていなかった。なぜなら、NATOの目的はロシアを封じ込め、弱体化させることだったからだ。彼らにとっては誰が代償を払うかなんてどうでもいい。NATOがウクライナについて流すウソ泣きの『涙』はすべて、世論の注意をそらすための偽装以外の何物でもない。ウクライナの提示した保証条件はまさに『裏口から』NATOに加盟しようとする試みだ。この条件は、ウクライナのためではなく、NATOの利益になる」コライ氏はこう強調する。



「実際は、ウクライナが保証条件に『包括的な制裁』を盛り込んだのは、ウクライナに有利ではなく、ウクライナ当局がNATOの目を通して問題を見た結果だ。現在の危機の根底にあるのが、ロシア、中国、トルコといった国際的に重要なプレーヤーを包囲し、支配下に置こうとするNATOの欲望であることを考えると、その解決には、目標の達成を狙うNATOの試みをくじくしかない。本質的には、これこそがロシアのウクライナにおける特殊作戦の任務だ。つまり、ゼレンスキー政権が提示した保証条件は、危機解決のためではなく、危機をさらに悪化させるためのものだ」コライ氏はこう結論づけている。

» 続きはこちらから

独逸の伯林で見た、聞いた、感じた社会問題、教育問題 ~第120楽章 オーストリア・インスブルックの旅

ICE505ミュンヘン行き

 ベルリンから特急列車ICE505で行ってまいりました。ルターで有名なザクセン=アンハルト州ヴィッテンベルク、ザクセン州ライプツッヒ、チューリンゲン州エアフルト、バイエルン州エアランゲンとニュルンベルグを経由して、ミュンヘンに到着。電車が20分も遅れましたので、ここからイタリアのボローニャ行きの特急列車EC87に乗り換え。バタバタ走り、皆さん大急ぎで乗り込みました。もう少し、余裕のある乗り換え時間にしてくれるといいのですけどね・・。(息子は、飛行機で1時間ちょっとで行けるのに、電車で行くと時間が無駄!!と怒っていますが、私は、時間をかけても欧州は電車で行きたい派です。)
 南ドイツ・バイエルン州ののどかな田園風景、国境を超えて、アルプスの山岳地帯が見えてくると、オーストリアのインスブルックの街に到着。今回は、山からのミネラル豊富な水が豊かな古都インスブルックの街に滞在。

右側がインスブルック中央駅

 駅を降りてすぐに、スキー場のある山が見え、反対側からは、オリンピックでも使用された、スキーのジャンプ台も見えます。便利な中央駅に近くに滞在したので、駅前を通る人々をよく観察することができたのですが、なんと、なんと、足が悪い方が多いです!!若い方から、お年寄りまで。足を引きずっていたり、骨折をしたような方、杖をついている方などなど。息子と、「ベルリンよりこちらの方が足の悪い人が多いかも??」と何度も言っていました。

 なぜって、オーストリアは、ドイツよりも少し早めにワクチン接種が開始、そして、その後ワクチン義務化をされていた国。せっかく、中央駅から見える山の風景が素敵なのに、足が悪い方が多いという・・なんともいえない思いから、インスブルックの旅がはじまりました。
(ユリシス)
————————————————————————

インスブルックのよいところ


ドイツのお隣の国で、同じドイツ語圏のオーストリア。息子は、こちらの映画(0:19から)の影響で、オーストリアというと、もちろん『G'day, mate!』🤣
(オーストリアとオーストラリア・・ごちゃごちゃにならないでね!)

前回のオーストリア旅行は、第32楽章に書いたように、ザルツブルグからザルツカンマーグート(塩の御料地)でした。今回は、チロル地方に行こう!ということで、インスブルックに決定。オーストリアを旅する理由がアルプスの山々を見ることなので、オーストリアといえば、多くの方がウィーンに行くのですが、私はなぜか首都のウィーンは避けてしまっています。

インスブルックの街のよいところは、山からのミネラル豊富な水をそのまま水道水にひいているそうで、山からの流れる勢いで、ポンプも必要なく、マンションの高層階までも持っていけると聞きました。実際に購入したペットボトルの水もベルリンよりも美味しかったですし、滞在の最後の日には、肌がツルツルしたような気がしましたし、また、スーパーで買った地元のリンゴが非常に美味しく、最後の日も購入して帰りの電車の中でも食べるほど。ベルリン近郊のリンゴよりかなり美味しかったです。また、インスブルック大学の図書館は、一般にも開放されているそうです。人口は15万人ほどで、大学生が3万人らしいので、人口の1/5が大学生だそうです。

アルプスに囲まれ、イン川が流れる大学の街・・素敵だと思いました。インスブルックという都市名は、イン川にかかるブルック(橋)という意味です。街の中心にイン川が流れています。

アルプスに囲まれたインスブルックの街の風景をお楽しみください。

0:37より イン川と橋の風景です


現在、映像配信で、サーカーのプラウト経済主義を学んでいますので、プラウト経済民主主義の三層構造に、インスブルックの街は近いのかも・・という目線でも眺めていました。

市場で購入した、スペルト(ディンケル)小麦や古代小麦のみのパン屋さんの簡素なパンも、非常に美味しかったです。小麦を避けている市民も多いこともよくわかりました。また、普通のスーパーでもヤギや羊のミルクが売られていたので、さすがオーストリアだとも思いました。しかし、物価は、ベルリンよりも高く、スーパーに入った途端、あ、高い!とすぐにわかりました。ベルリンの方まだ物価が安いのですね・・。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 226