アーカイブ: COVID-陰謀(生物兵器)

新型コロナウイルスは武漢ウイルス研究所の機能獲得実験でつくり出された「生物兵器」である ~再燃する武漢ウイルス研究所「流出説」から見えてくること

竹下雅敏氏からの情報です。
 ここ最近、武漢ウイルス研究所「流出説」を取り上げた記事が目立ちます。武漢ウイルス研究所流出説の再燃は、「DRASTIC」と名乗る20人ほどの素人ネット調査団の数々の発見に負うところが大きいようで、“DRASTICが集めた証拠は、研究所流出説を裏付ける決定的な証拠とは言えないまでも、研究所から出た可能性を疑い、本格的な捜査を行うに足る「相当な理由」にはなる”とのことです。
 記事をご覧になると、2012年に雲南省南部・墨江の山奥の銅鉱山の掘削路で、3人の鉱夫がSARS ウイルスに似たウイルスに感染し、後にコウモリウイルスの専門家である石正麗のチームが、SARS に最も似たゲノム配列を持つウイルスを RaBtCoV/4991 と名付けます。 
 石正麗は、2020年2月3日に「新型コロナウイルスのゲノム配列は、SARSと80%一致し、雲南省で採取されたコロナウイルスRaTG13は96.2%一致し、新型コロナに最も近い」と発表します。石正麗は、「ネイチャー」掲載の論文で、RaTG13の遺伝子解析は新型コロナ発生後だと主張しましたが、「DRASTIC」はRaTG13とRaBtCoV/4991が同一のウイルスであることを発見したことで、“RaTG13の遺伝子解析は2018年に行われたことが判明した”という事です。
 武漢の研究所は銅鉱山で RaTG13 を発見してから 7 年の間に、このウイルスをいじり回し、積極的に機能獲得実験を行っていたことも分かっています。機能獲得実験に関しては、6月13日の記事で取り上げたエコ・ヘルス・アライアンス(EcoHealth Alliance)の会長ピーター・ダザック氏の言葉を参照してください。ピーター・ダザック氏は2016年2月のパンデミックフォーラムで、「コウモリから他の多種類のコロナウイルスが見つかった。…私達はスパイクタンパク質を配列した。…私の中国人の同僚はこの操作を行った。…最終的に僅かの本当に致命的なウイルスを取得できる」と言っていました。
 要するに、ピーター・ダザック氏は、“中国の同僚がSARSウイルスにスパイクプロテインを挿入して、人間に感染する「キラーコロナウイルス」を作成した”ことを認めているわけです。
 2020年5月2日の記事で、“2015年のオバマ政権時に、ファウチの指示によりNIH米国国立衛生研究所によって370万ドルが武漢の研究所に送金された”ことを示しました。また、1月27日の記事で、アンソニー・ファウチは2017年にジョージタウン大学で、「これからパンデミックが起きる。トランプ政権はその対処に追われる」と予言していたことも紹介しました。
 こうした一連の流れを見る限り、新型コロナウイルスは武漢ウイルス研究所の機能獲得実験でつくり出された「生物兵器」だと見るのが自然なのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
追い詰められる中国。「武漢研究所からコロナ流出」説の動かぬ証拠
引用元)
(前略)
武漢ウイルス研究所流出説が再燃する原動力になったのは、米政府でも情報機関でもなく、世界各地のネットユーザー20数人だった。パンデミックの原因に関心を持つ彼らは、ネット検索で、武漢ウイルス研究所をめぐる埋もれた文書を掘り起こし、推理をめぐらし、ツイッターで発信した。そうして自然発生的に結成された見ず知らずの者どうしの集団は「DRASTIC」と名乗り、いまも活動を続けている。
(中略)
DRASTICのメンバーが膨大な資料のなかから浮かび上がらせたのは、概ね次のようなことだ。
 
武漢ウイルス研究所は長年、コウモリのいる洞窟で危険な何種類ものコロナウイルスを収集し、ヒトへの感染力があるかどうかや、どのような変異によって感染力が強くなるのかを知るために、「機能獲得実験」を行っていた。研究所や中国政府はこうした活動をひた隠しにしていた。
 
収集したウイルスの多くは、雲南省墨江ハニ族自治県の銅鉱山で見つかったものだ。新型コロナの遺伝子配列と「96%一致する」と武漢ウイルス研究所のチームが発表した「RaTG13」という名のウイルスもそのなかに含まれる。
 
この鉱山では2012年、坑道でコウモリの糞を清掃した作業員3人がSARSのような症状を起こして死亡している。これが、新型コロナの始祖ウイルス、おそらく「RaTG13」に感染した初めての症例だったのではないかとメンバーは考えた。
(中略)
DRASTICのメンバーはさらに調査を継続し、中国の学術文献や論文を集めた巨大なデータベースを見つけた。その膨大な資料のなかから探り当てたのは昆明医科大学の院生と中国疾病対策予防センターの博士研究員の各論文だった。
 
2つの論文は、書かれた事実がほぼ一致しており、鉱山労働者のうち4人が「RaTG13」と思われるウイルスの抗体検査で陽性だったことや、検査結果は全て武漢ウイルス研究所に報告されていたことなどが判明した。

DRASTICチームは、2つの論文と過去の複数の報道を総合し、「RaTG13」は雲南省墨江ハニ族自治県の鉱山で発見されたウイルスだと結論づけた。
(以下略)
————————————————————————
単なる陰謀論ではなかった…? 武漢ウイルス研究所「流出説」を再燃させた“匿名専門家集団”の正体
引用元)
(前略)
2012年4月、3人の鉱夫が、雲南省南部・墨江の山奥の銅鉱山の掘削路で、キクガシラコウモリのグアノ(コウモリの糞や体毛が化石化したもの)をシャベルで採取するよう命じられる。通気性が悪いなかで1日7時間にも及ぶ作業を数週間も続けた結果、3名は病に倒れて昆明医大病院に運び込まれ、新たに入った3名も同じような病に倒れる。
 
彼らの症状は、咳、熱、重い呼吸、血栓といった新型コロナに酷似した症状で、6名のうち高齢の3名が死亡。彼らの血液サンプルは、武漢ウイルス研究所へ送られて解析された結果、SARSの抗体が見つかったという。ところが「ヒトに脅威となる病原菌を早期に見つけ、未然にパンデミックを防ぐこと」を使命としているはずの武漢ウイルス研究所は、この感染事例をWHOに報告していない。
(中略)
2013年10月、「コウモリ学者」の異名をもつ武漢ウイルス研究所のコロナウイルス研究の第一人者、石正麗は、「ネイチャー」に「コウモリ由来のウイルスには、他の動物を媒体とせずとも直接人間に感染するものがある」とする論文を発表している。石正麗らのチームは、その後も、「どのウイルスが鉱夫に感染したのか」を突き止めようと、洞窟で採取されたコウモリのコロナウイルスを分析し、SARSに最も似たゲノム配列を持つウイルスをRaBtCoV/4991と名付けている。
 
そして、新型コロナの流行が始まった2020年2月3日、石正麗らは、「新型コロナウイルスのゲノム配列は、SARSと80%一致し、雲南省で採取されたコロナウイルスRaTG13は96.2%一致し、新型コロナに最も近い」と発表。
(中略)
ドラスティックの最大の功績の一つは、「RaTG13はRaBtCoV/4991と同一だ」と突き止めたことだ。石正麗は、「分かりやすくするための名称変更だった」と釈明したが、おそらく「RaTG13と墨江の洞窟(2012年に感染が起きた)が関連づけられるのを避けるため」の名称変更だろう。
(中略)
RaTG13の遺伝子解析は、『新型コロナ発生後』(『ネイチャー』掲載の石正麗の論文はそう主張している)ではなく、それ以前、すなわち2018年に行われたことが判明した。
(以下略)

» 続きはこちらから

“ニール・ファーガソンの秘密文書”とされる情報はフェイク!中身がMI6の職員によるもので、ニール・ファーガソンのものではない / コロナに関するフェイクニュース

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の記事は、読者の方からの情報提供です。今日の「21/07/05 フルフォード情報英語版」にも、“ニール・ファーガソンの秘密文書”とされる情報が出てきました。フルフォード氏によると、この文書をリークしたのはMI6だという事です。
 しかし、私は、この文書をフェイクだと見做しています。そもそも、諜報機関の仕事の95%以上は、敵を攪乱する偽情報を流す事です。もしも、フルフォード氏に提供される諜報機関からの情報が真実なら、敵方に情報が筒抜けになってしまいます。そうした意味からも、私はフルフォード情報の半分は攪乱情報だと見做しています。チャネリング情報の場合は、正しい情報は5%以下なので、フルフォード情報の精度は、かなり高いと見ているのです。
 提供された情報から、その真偽を見分けるのは私たちの仕事です。どんな情報も鵜呑みにせず、時系列を考慮して情報を吟味する必要があります。
 「リークした書類」を見ると、一見もっともらしく、素人がここまで仕上げるのは大変なので、“相当に手が込んでいる”と思ったのですが、MI6なら造作なく、このくらいの偽情報は出せるでしょう。
 なぜ、この文書がフェイクだと思ったのかというと、文書の中身がほとんどないからなのです。むしろこの文書の目的は、人々にニール・ファーガソンをはじめとして、名前が挙がっている人々が民衆の敵であることを教えるためだけのものに見えます。
 さっそく、ロイターのファクトチェックが、この秘密文書を「明らかな偽物」と判定していますが、“インペリアル・カレッジは、6 月 18 日にウェブサイトで発表した声明で、この文書はニール・ファーガソンが書いたものではないと言った”というのが判定の理由なので、まったくファクトチェックになっていません。
 私は、「リークした書類」の中身が、MI6の職員によるもので、ニール・ファーガソンのものではないことを、「波動」から読み取って判定しています。
 “続きはこちらから”の記事をご覧ください。私がフェイクニュースだと思うものを、いくつか取り上げています。まず、「COVID-19 という病気は…酸化グラフェンの体内摂取の結果である」というのは、誤りです。COVID-19の原因はSARS-COV-2(新型コロナウイルス)です。
 記事には、“誰も新型コロナウイルスを本当に分離もできず、純粋培養もでき なかった”とありますが、これは誤りで、既に「分離」されていることは、何度も時事ブログで指摘しました。例えば、2020年6月28日の記事をご覧ください。
 この記事の中で、ディディエ・ラウルト医師の研究所であるマルセイユのメディテラネ感染症研究所が、「臨床サンプルからSARS-CoV-2を1週間で大規模に分離できるようにした」という論文を紹介しました。マルセイユ研究所のルヴァスール教授は、“新型コロナ発生当初から我々は各Covid19感染者のウイルス採取、配列解読、分析、そしてゲノムの比較に全力を注いできた。そして現在494個のコロナウイルスの完全なゲノムを得ている”と言っていました。
 酸化グラフェンが新型コロナウイルスの病原体なのなら、“494個のコロナウイルスの完全なゲノム”はどこから出てくるのでしょう。また、日本でも報告があるワクチン接種者からの「シェディング」は、酸化グラフェンならどのようにして起こるのでしょう。
 “新型コロナウイルスは存在せず、実際はインフルエンザ A とB”だとする説は、ハルターナーラジオ番組で、デレク・ナウス(Derek Knauss)博士が語った事から、一部の「陰謀論者」の間で事実だと信じられているのですが、デレク・ナウス博士の写真を見れば、明らかに彼は中国共産党の工作員です。
 新型コロナウイルスの写真はいろいろありますが、これらがインフルエンザウイルスでないのは、ゲノムが違うからです。“インフルエンザウイルスが存在することを証明する科学的根拠、論文など”を情報公開条例で開示請求してみて下さい。恐らく、東京都も大阪府も沖縄も、新型コロナウイルスの場合と同様に、「当課において作成・保存していないため存在しません」と答えるでしょう。こんな文書をあらかじめ作っているほど、役所は暇ではありません。しかし、「陰謀論者」の間では、こうした文書が出てくると、インフルエンザウイルスは存在しないことになるのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
英国政府関係者より衝撃的な情報リーク
英国政府よりリークした2021年6月14日付の極秘書類です。リークした書類は下に貼り付けてあります。
(中略)
リークした書類

抄訳です。

差出人 ネイル・ファーガソン
宛先 ジョナサン・ヴァン・タム、クリス・ウィッティ、
リチャード・テイラー、パトリック・ヴァランス、
スーザン・ミッチー、グレゴリー・スミス
フランク・アサトン、マイケル・オリバー・マクブライド
日付 2021年6月14日

第2の計画 
イギリスを永久にロックダウンについて(極秘)

首相より4週間のロックダウン延長について会見が開かれる予定であるが、我々が計画の次のステップに移行するための時間はわずかしか残されていない。
(中略)
これは7月15日に(英国を)恒常的にロックダウンさせるということである。
ロックダウンの理由は、インド・ネパール変異株の蔓延である。(みなさんも周知の通り、インド・ネパール変異株の実態はただの花粉症である)
(中略)  
大衆に対しては、変異株が蔓延すると医療保障制度が崩壊する、と説明する。そうすれば大衆は我々の指示に従順に従うことになる。そのようにして、国の体制を変えてしまうことができる。

この計画は
2022−23年に水不足を引き起こし、
2023−24年に食糧不足、
2024−25年に金融危機と続き、
2025年の国連、WHOおよび、世界経済フォーラムの計画を遂行して完結する。
(以下略)
————————————————————————
ファクトチェック-ソーシャルメディアで共有された文書は、リークされたインペリアル・カレッジのメモではない
引用元)
件名に「Next Steps - Permanent Lockdown of UK」と書かれたメモが、ソーシャルメディアで共有されています。"ソーシャルメディアやメッセージングアプリの一部のユーザーが、「次のステップ - 英国の永久ロックダウン」という件名のメモを共有しています。この文書は、コロナウイルスの新種を発明する秘密の計画を記した「インペリアル・カレッジ・メモ」と称していますが、ロンドンの大学によれば、「明らかな偽物」とのことです。
 
メモの日付は2021年6月14日で、英国政府のチーフ・メディカル・オフィサーやチーフ・サイエンティフィック・アドバイザーなどに宛てられています。差出人は、インペリアル・カレッジの英国人疫学者ニール・ファーガソン氏とされている。
 
インペリアル・カレッジは、6月18日にウェブサイト(こちら)で発表した声明で、この文書はニール・ファーガソンが書いたものではないとしています。
(以下略)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

スティーブ・バノン氏のネット番組でのリチャード・フレミング博士へのインタビュー ~新型コロナウイルスは「生物兵器」であり、実在するウイルスなのです

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画として、「【日本最後の巫女】コ●ナ●ク●ン研究 TOP 博士達の命懸けの告発 Today's News 2021.05.27.Thu【Benjamin Fulford】 2021/07/02」というタイトルのYouTube動画を取り上げる予定だったのですが、削除されてしまいました。この動画のコメント欄には、いつもはマスクとサングラスの巫女さんが、マスクに目だし姿だったことで、“巫女さん、美人~”という声が多数。
 それで取り上げるつもりになったのではなく、動画の中にスティーブ・バノン氏のネット番組での「リチャード・フレミング博士へのインタビュー」の日本語訳があったためです。幸いなことに、このインタビュー部分は「日本最後の巫女」の配信サイトに5月31日付けで取り上げられていましたので、こちらに差し替えました。
 このインタビューの文字起こしが、こちらの記事にありますので、参照してください。
 リチャード・フレミング博士はインタビューの中で、“ウイルスワクチンである今使用されている薬は、ウイルスに人工的に挿入された遺伝子配列を含んでいるのです。つまり、私たちが対処しているこれは、自然発生のウイルスではなく、設計された通り正確に動いているものなのです”と言っています。要するに、新型コロナウイルスは「生物兵器」であり、実在するウイルスなのです。
 リチャード・フレミング博士は、スパイクタンパクが「血液脳関門」を通過することを指摘しています。“最新のマカクザルを使った実験で、ワクチン接種から2週間後に、脳内にレビー小体が生成され、炎症が起きた…レビー小体とは、アルツハイマー病やその他の多くの神経障害を引き起こす物質です。…人間に同様の結果が引き起こされるのには約1年半かかる”とのことです。
 動画の6分55秒のところで、96%、98%の有効性があると報じられている「ワクチンの有効性」に関して、リチャード・フレミング博士は「有意差はなく、単にランダムに起きる偶然である(8分40秒)」と言っています。この部分は最後のツイートを参照してください。
(竹下雅敏)
————————————————————————
【日本初翻訳動画】リチャード・M・フレミング博士のワクチンについてインタビュー
配信元)

動画は配信元でご覧ください(画像をクリックすると配信元に飛びます)

————————————————————————
配信元)
 
 
 
» 続きはこちらから

亡命した中国人民解放軍の将軍(生物専門家)の暴露によって、バイデン政権と大手メディアの態度が変わり、新型コロナウイルスの起源に関する議論が再燃 ~次にばら撒かれる強毒性ウイルス

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画は、読者の方からの情報提供です。動画で、メイカさんは新型コロナウイルスが武漢研究所で造られた生物兵器であると語っていますが、これらはアメリカに亡命した郭文貴氏からの情報という事です。
 昨年4月にヨーロッパに亡命した中国人民解放軍の将軍(生物専門家)は、中国にいた彼の家族が、現在、日本政府に保護されたことで、ようやく武漢ウイルスの真相を語ることが出来るようになったとのことです。彼は、ヨーロッパの会議において、習近平政府が武漢ウイルスをばら撒いたという事実を、詳しい資料と映像で公開した。この将軍の暴露によって、バイデン政権と大手メディアの態度が変わり、新型コロナウイルスの起源に関する議論が再燃したという事です。
 次にばら撒かれる強毒性ウイルスは、インド、オーストラリア、日本、台湾、ニュージーランド、ブラジルの6カ国になるとのこと。
 2つ目の動画で、郭文貴氏は、「私は、初めて面と向かって西側の首脳から話を聴いた。米国は、中共に対して、イランのソレイマニ司令官と同じような首切り作戦を取る可能性が大とのこと。…ウイルス起源について米国、NATOが確定次第、共産党が調査に協力するか否か、証拠を開示するか否かに関係なく直ちに行動を開始するそうだ。…西側諸国は、ウイルスが武漢実験室から来ていると認定すれば…共産党員とその家族の海外資産を全て凍結する。…国際社会は、中国共産党の消滅が世界的な正義や次世紀の主要な課題であると公式に発表する」と言っています。
 「郭文貴からの緊急メッセージ——迫り来る新たな危機」という動画は、7月1日の記事で紹介しましたが、この動画の中で郭文貴氏は、「中国共産党は今後、今年(2021年)の夏から秋にかけて…再びコロナウイルスを放出する可能性がある。しかも、今回のウイルスの危険性は前回より遥かに上回るものである」と言っていました。
 この関係で、東京でのオリンピック開催は、極めて危険だと言えるのではないでしょうか。強毒化したことにされる変異ウイルスが、オリンピック開催に合わせてばら撒かれる可能性が高いと見るべきではないでしょうか。
 “デルタ変異体による死亡率は「完全に予防接種を受けた」個人で約8倍高い”という最新のデータがあるようです。これが強毒性ウイルスなら何倍になるのか…。
 こうした情報を考慮したうえで、将来に備えておく必要があります。
(竹下雅敏)
————————————————————————
驚愕! 武漢肺炎ばら撒きの真相!中国亡命幹部欧州で証言
配信元)
————————————————————————
「ウイルス起源が確定され次第、西側が中南海に対する首切り作戦を開始するはずだ」郭文貴氏が述べた
配信元)

「米国メディアの、中共ウイルスの実験室起源に対する報道の信憑性を低下させること」が目的だとする董経緯氏の亡命の噂に関する顛末 ~取り返しのつかない失敗になってしまう可能性も秘めた中国共産党の戦略

竹下雅敏氏からの情報です。
 6月24日の記事で、“中国共産党の情報機関である国家安全部の董経緯副部長が米国に亡命したという噂”を取り上げました。冒頭の動画で、董経緯氏の亡命経緯を明らかにしていますが、こうした情報は、アメリカ政府の情報筋によるもの(1分25秒)だという事です。
 “董経緯氏は、今年2月中旬にカリフォルニアの大学に通う娘に会うために米国入りし、カリフォルニアに到着した後、米国防情報局(DIA)の職員に連絡して、自身の亡命計画と機密情報を彼らに話した”という事だったのですが、大紀元によると、“中国公安部の公式サイトは、23日に開催された上海協力機構(SCO)の第16回安全保障会議に出席した董経緯氏の写真や動画を公開した”とのことです。
 情報が錯綜していますが、「路徳社NEWS」はこの件に関して、中国共産党は、“わざと嘘な情報を海外メディアに流し、大々的に報道させ、そして、二人の高官を人々の前に登場させることで、海外メディアの信用度に打撃を与えようとしている”と見ています。
 「米国メディアの、中共ウイルスの実験室起源に対する報道の信憑性を低下させること」が目的だというのですが、こちらのブログに、この「十面埋伏の計(じゅうめんまいふくのけい)」について、“ただこの戦法は読み間違うと、取り返しのつかない失敗になってしまう可能性も秘めています”と書かれています。 
 まったくその通りで、「路徳社NEWS」の見解が正しかったとしても、この戦略は危険の方が大きいように感じます。“史上最高位の亡命者が、武漢ウイルス研究所から中共ウイルス(新型コロナウイルス)が流出したという「決定的な証拠」を米国に提供した”というニュースが、世界中を駆け巡ってしまうからです。一般には、フェイクニュースの方が拡散しやすく、人々は信じやすいからです。
 私は、「路徳社NEWS」とは異なり、中国公安部の公式サイトが公開したとされる「董経緯氏の写真や動画」の方がフェイクだと考えています。オンラインで開催された会議なら、ディープフェイクは簡単だと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
米国に亡命した中共幹部が暴露した仰天機密
配信元)
————————————————————————
亡命説の中国高官、姿を初披露 情報錯綜
引用元)
(前略)
中国の情報機関である国家安全部(省)の董経緯副部長(次官級)が米国に亡命したと海外メディアが相次ぎ報じるなか、中国当局は、董氏の写真や動画を公開した。噂を払拭するためとみられる。
 
中国公安部の公式サイトによると、同部の趙克志部長は23日、国安部の董副部長ら4人の幹部とともに、オンラインで開催された「第16回上海協力機構(SCO)加盟国国家安全保障会議事務官会議」に出席した。報道には、会議に出席した5人の写真も掲載されている。
(以下略)
————————————————————————
6/25 路徳社NEWS(米国時間 6/24朝+6/24夜)
引用元)
(前略)
米国に亡命が噂されていた中共国国家安全部副部長董経緯は昨日、上海で行われた上海協力機構加盟国の第16回安全保障会議の幹事会に出席した。中共公安部はその後、会議の写真を公開し、中共公式メディアCCTVも会議に董経緯が出席しているところを公開した。
(中略)
実は、このようなやり方は中共の「十面埋伏の計」である。
 
彼らはわざと嘘な情報を海外メディアに流し、大々的に報道させ、そして、二人の高官を人々の前に登場させることで、海外メディアの信用度に打撃を与えようとしている。

中共は米国メディアの自由報道を利用し、米国メディアの信用度に打撃を与え、米国人を混乱させようとしている。
 
その真の目的は、米国メディアの、中共ウイルスの実験室起源に対する報道の信憑性を低下させることである。
(以下略)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11