アーカイブ: COVID-陰謀(生物兵器)

【In Deep】スパイクタンパク質は、膜孔形成毒素であることが判明!

竹下雅敏氏からの情報です。
 「スパイクタンパク質単体で身体に害を及ぼす」ことは、以前から分かっていました。2021年5月3日の記事で、“ソーク大学の研究者と共同研究者は、スパイクタンパク質だけで病気を引き起こすのに十分であることを証明。スパイクタンパクはACE2と結合することで細胞にダメージを与える。この結合により、ミトコンドリア(細胞のエネルギーを生成する器官)に対するACE2の分子シグナルが阻害され、ミトコンドリアが損傷を受けて断片化された。”という内容を紹介しました。
 今回のIn Deepさんの記事では、「毒素としてのスパイクタンパク質の詳細な性質」が明らかになったということです。細胞膜を貫通する細孔を形成する毒素を「膜孔形成毒素」と呼ぶそうですが、「スパイクタンパク質は、膜孔形成毒素である」ことが分かったとのことです。
 1月1日の記事で、SARS-CoV-2のスパイクタンパクには、S1受容体結合ドメイン(RBD)と、ウイルスと宿主細胞の膜の融合を仲介する2番目のS2ドメイン、そしてS1とS2の間の部分である「フリン切断部位」があるということを、イラスト付きで紹介しました。
 S1とS2はどちらも、低い濃度で「直接的な膜孔形成毒素として作用する」可能性があるとのことです。“ワクチン接種後に細胞の脂質膜を破壊するのに十分な高濃度に確実に到達する。これはおそらく、ミトコンドリア機能の障害に寄与するのに十分な濃度だ。”とあります。
 ワクチンのスパイクタンパク質は、全身に分布することがわかっており、ミトコンドリア機能の障害がどのくらい広範囲に起きているのかは分かりませんが、2021年5月3日の記事で、「ロングコヴィッドはほぼ間違いなくミトコンドリア機能不全の進行性の致命的な病気である。」との見解がありました。
 ミトコンドリア機能不全がコロナ後遺症やワクチン後遺症で多く見られる「倦怠感」の原因だとすれば、かなり厄介だと思います。 
 2021年5月22日の記事で紹介しましたが、「私の場合の慢性疲労症候群はミトコンドリア機能異常だと自己分析して、3月末からクエン酸回路を回すためにクエン酸とビタミンB群を意識した。そうしたらおそらく回路が周り始め、体がエネルギーを作れるようになってきた。」という驚くべきツイートは、役に立つ人がいるかも知れません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
スパイクタンパク質の「毒性のメカニズム」が判明。それは、細胞膜を貫通する穴を形成する毒素であり、また、このワクチンは「エクソソームの放出を誘導」していた
転載元)
(前略)
ワクチン展開が始まる前の2020年10月には、米国ジョージタウン大学の鈴木有一郎教授が、すでに「(ウイルスがなくとも)スパイクタンパク質単体で身体に害を及ぼす」ことを以下の論文で発表していました。

 SARS-CoV-2 spike protein-mediated cell signaling in lung vascular cells
肺血管細胞における SARS-CoV-2 スパイクタンパク質を介した細胞シグナル伝達

つまり、「ワクチンが実際に人々に展開される以前から、スパイクタンパク質は毒素だとわかっていた」ことになります。
(中略)
これまで、「毒素としてのスパイクタンパク質の詳細な性質」はあまりわかっていませんでした。
 
それが最近までの論文などで明確になってきたようで、一昨日、クリス・マスタージョン博士 (Chris Masterjohn. PhD)という方が、サブスタックに、各種の論文の内容を精査した結果として、「スパイクタンパク質は、膜孔形成毒素である」と結論付けている記事がありました。
 
以下の記事です。

 The Spike Protein As a Pore-Forming Toxin
膜孔形成毒素としてのスパイクタンパク質
(中略)
膜孔形成毒素 - Wikipedia
膜孔形成毒素とは、生物によって生合成されて外分泌される毒素の中で、細胞膜を貫通する細孔を形成することで、標的細胞を障害、あるいは、死に追いやるタンパク質である。
(中略)
「ああ、だからミトコンドリアとかもスパイクタンパク質にやられちゃうのか」と思いましたが、マサチューセッツ工科大学のステファニー・セネフ博士は、2021年に行われた実験の内容を以下のように述べています。強調はこちらでしています。

ジョセフ・メルコラ博士のステファニー・セネフ博士へのインタビューより
 
2021年の興味深い研究があります。その研究では、SARS-CoV で装飾された偽ウイルス - それは球体が SARS-CoV-2 のスパイクタンパク質で装飾されているが、コアにウイルス DNA を含まない球体である疑似ウイルス - であっても、炎症や損傷を引き起こすことが示されたのです。
 
さらに、健康なヒトの内皮細胞にも、同じ偽ウイルス粒子を投与しました。これら(スパイクタンパク質のみの)偽ウイルスの粒子が内皮細胞の ACE2 受容体に結合すると、内皮細胞のミトコンドリアの損傷と断片化が起こり、関連組織に特徴的な病的変化をもたらしたのです。
 
この研究で、内皮障害を引き起こすには、スパイクタンパク質だけで十分であることが明らかになりました。
 
In Deep

これは、以下の記事にあります。
 

このようなことを起こす理由が、「スパイクタンパク質には、膜孔形成毒素としての性質があるため」ということをクリス・マスタージョン博士が説明していました。
(中略)

» 続きはこちらから

グレート・リセットの医療専制政治を押し付けた同じ詐欺師が、ウクライナの生物兵器研究所に関与している

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画の2分55秒で、“新型コロナウイルスが人工の生物兵器であることも正式に判明しており、NIHとピーター・ダスザックのエコ・ヘルス・アライアンスから資金提供を受けていたことも分かっています。それが中国の武漢で製造されたことも判明しています。…国連のグレート・リセットに関わる全員が、今やウクライナの最大の同盟者であることは偶然だというのでしょうか?”と言っています。
 私はまだ、新型コロナウイルスが人工の生物兵器であることや武漢で製造されたことが判明しているとは思っていませんが、その可能性が極めて高いと考えています。
 5分10秒で、“グレート・リセットの医療専制政治を押し付けた同じ詐欺師が、ウクライナの生物兵器研究所に関与しているのです。これはすべて、米国防省の国防脅威削減局(DTRA)を通じて税金で賄われています。米国企業Black&Veatc社は、2003年以来、DTRAと緊密に協力して生物兵器研究所を建設してきました。Black&Veatc社は、キエフでMETABIOTA社と事務所を共有しており、…METABIOTA社が2015年に設立された際、ハンター・バイデンのローズモント・セネカ・テクノロジー・パートナーズから3億ドルの資金提供を受けました。…またこのMETABIOTA社は、ピーター・ダスザックのエコ・ヘルス・アライアンスと提携しています。エコ・ヘルス・アライアンスは、ファウチ博士が2014年に武漢の研究所に機能獲得研究の資金を流すために利用した団体です。2014年、METABIOTA社、エコ・ヘルス・アライアンス、武漢ウイルス研究所は、共同で中国のコウモリに由来する感染症を研究していました。METABIOTA社は、CIAのフロント企業として知られるIn-Q-Telと協力しています。In-Q-Telは、米国国防総省、NIH、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、グーグル、ナショナルジオグラフィック協会などから資金提供を受けています。METABIOTA社の創設者であるネイサン・ウォルフは、エコ・ヘルス・アライアンスの役員であり、DARPAの国防科学研究評議会のメンバーでもあります。ネイサン・ウォルフは2012年、「ウイルスの嵐・パンデミック新時代の幕開け」と題する本を執筆し、友人である小児性愛者ジェフリー・エプスタインやバイオベンチャー投資家ボリス・ニコリックに感謝の言葉を述べています。ボリス・ニコリックは、ジェフリー・エプスタインの死後、彼の遺言執行者に指名、ネイサン・ウォルフはギレーヌ・マクスウェルと仲良くしているところを何度も目撃されています。またネイサン・ウォルフはクラウス・シュワブのヤング・グローバル・リーダーの一人であり、世界経済フォーラムが掲げる「グレート・リセット・アジェンダ」を実現するためのトレーニングを受けています。”と言っています。
 悪の巣窟という言葉がピッタリですが、全員が「小児性愛者」であり、ジェフリー・エプスタインと相棒のギレーヌ・マクスウェルとの繋がりがあるという感じです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
ペンタゴンが資金提供したウクライナの『BIOLABS(生物兵器研究所)』の目的と「クラウス・シュワブ」「ハンター・バイデン」との繋がり。
配信元)
————————————————————————
配信元)
 
 

オックスフォード大学の研究結果「軽度の新型コロナウイルス感染症ですら脳にダメージを与え縮小させる」 ~インフルエンザに感染してもそのような脳の委縮は現れない

竹下雅敏氏からの情報です。
 「軽度の新型コロナウイルス感染症ですら脳にダメージを与え縮小させる」というオックスフォード大学の研究結果が出たとのことです。
 冒頭の動画で、“数百人の脳をスキャンした結果…コロナウイルスに感染した患者の脳に委縮がみられる。特に記憶中枢に、さらに脳の他の部分にもある。特に人間の脳の記憶と嗅覚の中枢周辺だ。インフルエンザに感染してもそのような委縮は現れない。MRIは、このような脳の変化を非常に正確に検出できる。だから、これは本当に真剣に考えなければならないことなのだ。…これまでの研究のほとんどは、入院する重篤な患者を対象としていた。しかし、軽症の患者の脳はどうなっているのだろうか。…本調査では、96%の患者が軽症例に分類された。…科学者によると、これが永久的な損傷であるかどうかはまだ分かっていない。”と言っています。
 ツイートには、「にわかには信じ難いがデータ見るとすごい違い。」とありますが、新型コロナウイルスは「生物兵器」であり、“スパイクタンパク質には受容体の結合部位に、プリオンのような領域がある”のです。
 スパイクタンパク質は「血液脳関門を通過する」ことが分かっており、新型コロナウイルスに感染すると、“味覚や嗅覚の変化、頭痛、痙攣、発作、錯乱、視力障害、神経痛、めまい、意識障害、吐き気、片麻痺、運動失調、脳卒中、脳出血など、中枢神経系に症状が出る”ことが知られていますから、新型コロナウイルスが脳に影響を与えることは以前から知られていました。
 2021年6月7日の記事では、“COVID-19が精神衛生や脳に影響を与えるのは、例外ではなく普通のことであり…COVID患者における神経系の病変の有病率は、22.5%~36.4%である”とのことでした。
 今回、こうした脳の異変が、目に見える形でデータとして出てきたことは、インパクトが大きいように思います。“インフルエンザに感染してもそのような脳の委縮は現れない”ということから分かるように、「コロナはただの風邪」として、“マスクなしですます”という考えは、安易すぎると言えるでしょう。
 「コロナ後遺症」に苦しむ人たちがいるのですが、脳の異変が原因のひとつである可能性があります。これがプリオン病に繋がらないことを願うしかないのですが、「MMS(ミラクルミネラルサプリメント)」や二酸化塩素は、助けになるかもしれません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
 
 
————————————————————————
SARS-CoV-2はUK Biobankにおける脳構造の変化と関連している
引用元)
(前略)
本研究では,UK Biobankに登録された51-81歳の785名の被験者を対象に、2回のスキャンを行い、診断から2回目のスキャンまでの平均日数が141日の間にSARS-CoV-2の感染が陽性となった401名の被験者と384名の被験者の脳の変化を検討した。
(中略)
2つのグループを比較したところ、以下のような有意な縦断的影響が確認された。
 (i) 眼窩前頭皮質および海馬傍回における灰白質厚および組織コントラストの減少が大きい、
 (ii) 一次嗅覚皮質と機能的に関連する領域における組織損傷のマーカーの変化が大きい、
 (iii) 全脳サイズの減少が大きい、
などである。また、感染者は、2つの時点の間に平均してより大きな認知機能の低下を示した。

重要なことは、これらのイメージングと認知機能の経時的な効果は、入院した15人の症例を除いても見られたことである。これらの主に大脳辺縁系の画像結果は、嗅覚経路を介した病気の変性拡大、神経炎症事象、または無嗅覚による感覚入力の喪失の生体内での特徴である可能性がある。この悪影響が部分的に回復できるかどうか、あるいはこれらの影響が長期的に持続するかどうかについては、さらなる追跡調査によって明らかにされる必要がある。

» 続きはこちらから

多くの科学者たちが懸念した、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のRNAだけではなく、「ワクチン内のmRNAがヒトDNAに組み込まれる」最悪の事態が、現実のものに!

竹下雅敏氏からの情報です。
 2021年5月8日の記事では、“アメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)とハーバード大学の研究者たちによる2020年12月の論文により、「SARS-CoV-2 RNAが逆転写されてヒトゲノムに組み込まれる可能性」が指摘され、このことは患者の回復後もウイルスRNAを産生し続ける理由を説明する”ということでした。
 また、2021年6月16日の記事では、“トーマス・ジェファーソン大学の研究者が、「ヒトの細胞はRNAの配列をDNAに変換できる」ことを示した”ということでした。
 こうした事から、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のRNAだけではなく、「ワクチン内のmRNAがヒトDNAに組み込まれる」可能性を、多くの科学者たちが懸念していました。
 今回の記事は、この懸念が現実のものであったということで、“BNT162b2(トジナメラン:ファイザー社コロナワクチン)のmRNA は、6時間以内に細胞内でDNAに逆転写される”ことが分かったというものです。
 6時間以内に細胞内でDNAに、「逆転写される」ことが分かっただけで、まだ、「逆転写されたDNAが細胞ゲノムに組み込まれているかどうかはわからない。」ということです。しかし、「逆転写」まで行って、DNAを細胞ゲノムに組み込まないというのも考えにくいので、ワクチン接種後の早い段階で、「逆転写されたDNAが細胞ゲノムに組み込まれている」と予想した方が自然かもしれません。
 予想されていたとはいえ、最悪の事態が現実のものになりつつあります。“仮にDNAに統合された場合、「一生、スパイクタンパク質の生産の命令が出され続ける」という可能性もある”のです。スパイクタンパク質は発がん物質であることが分かっており、免疫力を低下させますから、「今後数年十数年のさまざまな疾患の急激な増加は、半端なものではないかもしれない」というIn Deepさんの予想は、この通りかも知れません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

フリン切断部位の「PRRA」を含む19塩基の特異的な配列は、2016年2月4日に出願された米国特許9,587,003(特許出願人:Moderna Therapeutics)に見られる独自の配列と100%逆一致することがわかった ~モデルナのCEOですら言及する「武漢研究所が人工的にウイルスを作成して流出した可能性」

竹下雅敏氏からの情報です。
 1月1日の記事で紹介したのですが、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)にはSARSウイルスにはない「フリン切断部位」と呼ばれる特徴的な部分があります。「フリン切断部位」はスパイクタンパク質のS1受容体結合ドメイン(RBD)と、ウイルスと宿主細胞の膜の融合を仲介する2番目のS2ドメインの間の部分です。
 フリン切断部位の「PRRA」を含む19塩基のゲノム配列を調べると、“SARS-CoV-2が発見される以前に、この特殊な配列をゲノムに持つウイルスは人類に知られていない”のですが、モデルナの特許には完全に一致するものがあるということでした。
 今回の記事はこの内容をイラスト入りでわかりやすく紹介したものです。記事によれば、この19塩基の特異的な配列は、「2016年2月4日に出願された米国特許9,587,003に見られる独自の配列と100%逆一致することがわかった。」とのことです。
 「なぜSARS-CoV-2にモデルナ社の特許配列が含まれているのか?…なぜこの情報は隠蔽されてきたのでしょうか?」とありますが、常識があれば新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が「生物兵器」であることを疑わなければならないのに、「なぜ他の科学者はこのことを論じないのでしょうか?」。
 そして、誰が隠蔽して来たのでしょうか。メディアはもちろんですが、「陰謀論者」と見なされている人たちまでもが、“新型コロナウイルスは存在しない”という攪乱情報を垂れ流すのは何故でしょうか? こうした誤情報で、誰が得をするのでしょうか? 得をするのは、新型コロナウイルスの研究所での作成に協力した人や、資金援助をした機関、そしてこの陰謀に関与した国ではないでしょうか。
 この観点から、こうした誤情報を出し続けた人たちを見れば、中国との繋がりがあるのが分かるでしょう。あるいは陰謀に関与した組織との繋がりがあると見て良いでしょう。意図的に誤情報を出し続けたなら、波動が闇に落ちます。そうでなければ、工作員に操られていることが分かるのです。
 さて、J Sato氏のツイートによると、モデルナのCEOですら、「武漢研究所が人工的にウイルスを作成して流出した可能性」に言及したとのことです。真実を追求する人々に追い詰められて、ようやくここまで来ました。彼らが第3次世界大戦を作りだそうとするわけです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
研究室リーク説 - SARS-CoV-2 Furin Cleavage siteの特許遺伝子との関連性を示す新記事
研究室漏洩説は突然のMODE(RNAがヒントを与える)
(前略)
著者らはSARS-CoV-2とコウモリのRaTG13コロナウイルスとの間の突然変異の違いについて論じている。このコウモリのウイルスはSARS-CoV-2に最も近い既知の親戚で、ゲノムは96.2%同一である。すべての相違点のうち、3ヌクレオチドを超えるものは1つだけで、それは12ヌクレオチドを含み、4アミノ酸をコードするフリン切断部位(FCS)である。
(中略)
著者らは、この配列の特異的な特徴は、2つの連続したCGGコドンであると述べている。彼らがBLAST検索(塩基配列やタンパク質配列を比較するNIHのツール)を行ったところ、2016年2月4日に出願された米国特許9,587,003に見られる独自の配列と100%逆一致することがわかった。そして、この特許の出願人は(中略)… Moderna Therapeuticsであり、現在もそうであることがわかると思います。


さらに詳しく調べてみると、一致したのは上記の12塩基の挿入だけでなく、19塩基の長い配列にまで及んでいることがわかった。
(中略)
なぜSARS-CoV-2にモデナ社の特許配列が含まれているのか?(中略)… なぜこの情報は隠蔽されてきたのでしょうか? なぜ他の科学者はこのことを論じないのでしょうか?
 
この論文で注目すべきもう一つの点は、中国農業科学院ハルビン獣医研究所のXin Yinが編集したものであることです。さらに、同学院のJitao Changが査読しています。これは中国がModernaに丸投げしているのだろうか? もし何か下心がないのなら、なぜ中国はこの情報の公開を許可したのだろうか?
 
SARS-CoV-2がどこから来たのか、その答えにますます近づく素晴らしい記事である。
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 18