アーカイブ: ぴょんぴょん

ぴょんぴょんの「毛穴を開け、汗をかけ」 〜梅雨の過ごし方

梅雨の季節と言えば、職場のエアコンが寒くて辛かったのを思い出します。
ちょうどいい温度に合わせると、他の人たちから「暑い」と言われます。
冬のような重装備をして、夏が来るのを待ちました。
(ぴょんぴょん)
————————————————————————
ぴょんぴょんの「毛穴を開け、汗をかけ」 〜梅雨の過ごし方


梅雨の影響あれこれ


くろちゃん、ニヤニヤして、いいことでもあったの?

ああ、最近、ネコどもがちっとも寄り付かねえ、
と思ってたら、夕べは一緒に寝てくれた。
・・う、うれしかった!

良かったねー♪
夕べは涼しかったからねえ。

暑い日はゼッタイに、近づいてこねえし。
ネコって、ホントに自分に正直だな。

あ! ケロケロケロケロ♪ 一斉にカエルが鳴き始めた。


どうやら、また、雨が降りそうだ。

田植えの景色にあじさいの花、田舎は季節感があっていいなあ。
しかし、今年は5月中旬から梅雨入りって、早すぎない?


ああまた、天気をいじくって喜んでるのかもな。

でも、苦手な梅雨が長いのは困るー。
洗濯物は乾かないし、部屋の中はジメジメするし、カビは生えるし。


ところでおめえ、今日なんか、雰囲気ちがってねえか?
パンチパーマでもかけたんか? 

ひどいなあ! 
湿気のせいで縮れちゃったんだよ。

なるほど、そんなに湿度が上がってるのか。

感じない? 
体はど〜んと重くて、だるくて、眠くて、疲れやすい。
気持ちもど〜んと下がっちゃうしね。


低気圧の影響だな。
飛行機で高度が上がると、ペットボトルがパンパンになるように、
おれたちの体もふくらんで、スポンジみたいにすき間ができる。
そこに雲が発生して、雨が降る。


» 続きはこちらから

ぴょんぴょんの「ひと目会ったその日から」 〜ミトコンドリアと私たちの幸せな共生

時事ブログでもよく出てくる「ミトコンドリア」。
いざ、「何だ?」と聞かれても、うまく答えられないので調べてみたら、遠い昔に、ミトコンドリアと私たちに起こったストーリーが見えてきた。
宇宙人がやったとか、夢のないことは言わずに、楽しく妄想してみました。
(ぴょんぴょん)
————————————————————————
ぴょんぴょんの「ひと目会ったその日から」 〜ミトコンドリアと私たちの幸せな共生

元気に活動できるのは、ミトコンドリアのおかげ


「初めは接点なんて何もなかったのに、気づいたら一緒に過ごしている。もう君なしでは生きられない..….今回はそんな不思議な運命のお話です。」

なになに?? くろちゃんの恋話回?


ブッブー!! 
おれじゃねえ、おれらとミトコンドリアの愛の物語だ!

ミトコンドリア?
あの、コッペパンの断面がフリフリになってるヤツ?

ミトコンドリアは、ホットドッグじゃねえよ! 
実際、顕微鏡で拡大しても、あんなふうには見えねえ。
無色透明で、細胞全体にネットワーク状に存在している。
科学コミュニケーターブログ

でも、どこの教科書にも、こうゆう絵が。

DeepL翻訳:「この美しいミトコンドリアのイラストを母に見せたところ、
母はそれをスリッパだと言いました 。ハハハハハ、彼女は正しい。」

» 続きはこちらから

ぴょんぴょんの「サインはV!」 〜『スプートニクV』は、なぜ血栓ができないのか?

 モデルナ、アストラゼネカの新型コロナワクチンが、承認されました。世界的には、アストラゼネカは下火で、ロシアの「スプートニクV」が人気急上昇中。
 ところで、ロシア発の「スプートニクV」は、他のワクチンとどこが違うのか?考え出したら、頭がグルグルしてしまいました。
(ぴょんぴょん)
————————————————————————
ぴょんぴょんの「サインはV!」 〜『スプートニクV』は、なぜ血栓ができないのか?

華々しくデビューした「スプートニクV」


EUのワクチン死者数(3ヶ月)
 ファイザー        7,296人
 モデルナ         2,865人
 アストラゼネカ      2,102人
 ジョンソン&ジョンソン    235人

   計         12,498人
odysee

2020年8月、プーチン大統領は誇らしげに宣言した。
「今朝、世界で初めて新型コロナウイルスのワクチンが登録された」。

YAHOO!ニュース
その名も「スプートニクⅤ」。


ねえねえ、「スプートニクⅤ」の「V」って、ワクチン(Vaccine)の「V」なの?

いや、「サインはV」だ !

「サインはV」? それ、知らない。

・・・ハハ・・すまん、ついつい昭和が出ちまった。
いやなに、「V」は「ヴィクトリーのV」だそうだ。
華々しくデビューした「スプートニクV」だが、当初、世界の視線は冷たかった。
理由は、第3相の治験を待たずに承認されたからだ。(YAHOO!ニュース

ロシア発、って色眼鏡もあったんじゃない?

「スプートニクV」は、昨年末から、ロシア国内で接種が始まり、つづいて、1万9866人の被験者による第3相治験も行われた。
その結果は91.6%に有効、中〜重度の新型コロナには100%有効、副作用も最小限だった。
Sputnik
これが、2021年2月の医学雑誌「ランセット」で発表されると、たちまち注目の的に。
一時は、「水と変わらない」と酷評された「スプートニクV」の評価がガラッと変わり、一躍「人類の希望」に浮上した。(YAHOO!ニュース

Author:mos.ru[CC BY]
スプートニクV

» 続きはこちらから

ぴょんぴょんの「エビのダンスはもういらない」 〜イベルメクチンの前にはだかる、治験のぶ厚い壁

なんで、イベルメクチンは広がらない?
去年、北里大学が立ち上げたイベルメクチンの治験は、どうなっている?
変異株が感染拡大を招いている今、もっとも必要なイベルメクチンは何をしているのか?
(ぴょんぴょん)
————————————————————————
ぴょんぴょんの「エビのダンスはもういらない」 〜イベルメクチンの前にはだかる、治験のぶ厚い壁

イベルメクチンを飲む飲まないで、運命が変わる!


くろちゃ〜ん、やっと、イベルメクチンが届いたよ〜!


おおお、そうか、良かったな。

ここんとこ、にわかに感染者数が増えてきたから、気が気じゃなかったけど、時事ブログで、個人注文できるって言ってたから、注文してみたよ。

これで、一安心てとこだな。



ほほー! 準備万端ってとこだな。

だって、こういうときに一番必要なのは安心だからね。

テレビも毎日、不安をあおりたてるのに必死だし。

毎日飽きもせずに、「あそこで何人、ここで何人」てやってるよ。
やっぱ、あの数字は、ワクチンを打たせるための方便かな?

さあな、だが、おれがワクチンを打たせる側なら、やっぱ数字を使うな。
おいらの町は大丈夫、と思ってたら急に増えてきて、大あわてした頃に「さあ、ワクチンのご用意ができました」って声かけりゃ、飛んで火に入る夏の虫よ。

ハッハ、ワクチン屋、大繁盛だね。
老人がワクチンのために夜中に並ぶとか、ビックリだよ。

徹夜できるくらいの、元気のあり余った老人に、ワクチンはいらねえわ。

とにかく、イベルメクチンがあって助かる。
それに、1錠(12mg)が、140円〜160円で、安いし。


ファイザーのワクチン1回分が2700円とすると、20錠分だ。
予防に飲むとしても、2週間に1錠(12mg)で効くから、10ヶ月分はある。(まにら新聞


» 続きはこちらから

ぴょんぴょんの「ワクチンで硫黄島」 〜mRNAワクチンは何がどうコワイのか

先日、ちょっとドキドキする夢を見ました。
わたしは中学か高校の教室にいて、全員でどこかに出かけるところでした。
電車に乗って、ある駅で降りました。
みんなが、ホームの階段の方に歩いていくのを見ながら、ふと、思いました。
「これからいったい、どこに行くんだろう?」
と、突然! その答えを思い出しました!
ワクチンの接種会場に行くところだったんだ!!
「どうしよう? ワクチンは打たないって決めたのに、ついてきちゃった。」
「でも、ここで帰ったら、みんなからどうして来なかったんだと責められる。」
「どうしよう?」
・・・・しばし、悩みましたが、
「でも、やっぱり、打たない」と、帰りの電車に乗ったところで、目が覚めました。
(ぴょんぴょん)
————————————————————————
ぴょんぴょんの「ワクチンで硫黄島」 〜mRNAワクチンは何がどうコワイのか

コロナワクチン接種の開始



職場でワクチンの質問書が回ってきたあ。

おめえは、どうすんだ?

みんな、打つ気まんまんなんだよねえ。
でも、ぼくは打ちたくないって書いた。

偉えじゃねえか。

でも、打たない選択肢は勇気がいるよね。

打つ選択肢も勇気いるぞ、命かかってんからな。
運が良けりゃ、プラシーボ、つまり偽薬の生理食塩水に当たるかもしれねえが?

プラシーボ? 生理食塩水?

ワクチンの副作用がド派手に出ねえように、同じラベルで偽ワクチン、つまり生理食塩水のビンを混ぜてあるというウワサもあるからな。(note

へええ? そんなことしてるんだ。
おエラ方が打ってるのは、そっちかー?


だろうな。

だけど、ぼくたちは、そうはいかない。
本物を打たれる可能性のほうが高いんだからね。
しかも、打たない選択は、学校、職場、近所から孤立する覚悟がいるんだ。

村八分にされる・・か?

そう、今まで笑顔で挨拶してくれた人が、急に冷たくなったり。
ワクチン・パスポートでも出た日には、生きていくことさえままならない。



» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 47