アーカイブ: ワクチン

2021年10月から養鶏用にウイルスベクター(遺伝子組み換え)ワクチンが日本向けに発売されていた / 2004年の異常卵の画像がワクチン接種者にみられる異物と似ている

読者の方からの情報です。
卵大好きなんです。
困った。
これ見て、普通のスーパーで卵買えなくなつた理由がわかりました。
  
2022年からニワトリのワクチンがmRNAになっています。
でも2004年の写真にもあやしきものが写っている。
  
波動の検知能力向上させませんとね。
まわしもんになってみる。
(アフィリエイトはありません!爆)
   ↓
1月から始める
東洋医学セミナーはこちらから
(DFR)
 ショッキングな卵の画像は、「たまご博物館」という1998年からずっと卵に関わる様々な情報を提供されているサイトからのものでした。「食品検査センターや鶏卵加工メーカーから提供を受けた異常卵の画像」とのことで、調査の対象になったものだそうです。写真や実物検体による鑑定の結果、「これらの現象の起こった原因は不明であり、結論を得ることはできなかった。」との記載がありました。
この物体は、ワクチン接種者の動脈や静脈で見つかったゴム状の異物によく似ていることが気になります。JAの報道によると、世界初の養鶏用HVTベクターワクチンは2006年に発売されているようですが、2004年時点ですでに家畜に対してなんらかの遺伝子組み換えを用いた製剤が使用されていたのでしょうか。
 信頼できる養鶏業者さんから卵を購入できれば安心ですが、DFR様のコメントにあるように、卵も波動を確かめて購入する時代になりました。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
————————————————————————
養鶏用ワクチン「バキシテック HVT+IBD」発売 ベーリンガーインゲルハイム
引用元)
ベーリンガーインゲルハイムアニマルヘルスジャパンは、伝染性ファブリキウス嚢病(IBD)と、マレック病の2つを1剤で予防できる日本初の養鶏用ワクチン「バキシテック HVT+IBD」を10月から発売する。

「バキシテック HVT+IBD」は、七面鳥ヘルペスウイルス(HVT)のゲノムにIBDウイルスのVP2遺伝子を挿入した、日本初の養鶏用ベクターワクチン(中略)
(中略)

(中略)世界初のHVTベクターワクチンとして、ベーリンガーインゲルハイムが2006年にブラジルで初めて発売。その後、EU諸国、米国、南米諸国、中国など主要な鶏卵肉生産国で発売され、すでに75か国以上で累計1000億羽以上の鶏に接種され、世界でもトップクラスの売上実績がある養鶏用ワクチンとなっている
(以下略)

ワクチンを接種した親から生まれた女の子が不妊になってしまう可能性は高い ~そうした未来にそなえて考案された「人工子宮施設」

竹下雅敏氏からの情報です。
 “続きはこちらから”を先にご覧ください。ワクチンで「世界人口削減計画」が進行中の動画は、10月2日の記事で既に紹介したものですが、“以前からビル・ゲイツ氏の企みが気になっていた。…アフリカで、装飾品を小さな贈り物として…地域の若い女性の集会を開催し、その機会に若い女性にメドロキシプロゲステロン酢酸エステルを注射するのだ。これにより、現地の若い女性の不妊症が確実となり、若い女性の正常な生理周期も停止されてしまう。…アフリカにおける彼らの計画は、すべてゲイツ財団によるものだ。…現在の子宮がんワクチンをはじめとする新しいワクチンはさらに心配だ”と言っています。 
 ロジャー・ホドキンソン博士は、“妊婦が遺伝子治療を受けた場合…炎症を引き起こす微小粒子が卵巣にどんどん蓄積していく、そして、これらの微小粒子が胎盤関門を通して、胎盤に入ることが可能である。…我々人類に生まれる女の子たちが、不妊になってしまう可能性がある”と言っています。
 遺伝子治療はmRNAワクチン、微小粒子はワクチンの脂質ナノ粒子のことです。ホドキンソン博士は動画の中で、“取り急ぎ、はっきり調査しなければならない”と言っていますが、私はmRNAワクチンを「わざと実施したジェノサイド計画」だと認識していますので、ワクチンを接種した親から生まれた女の子が不妊になってしまう可能性は高いと思います。
 冒頭の記事は、そうした未来にそなえて「人工子宮施設」が考案されているというもの。引用元の記事には「私はこの概念がかなりねじれていて、非人道的でディストピア的だと思います」と書かれていますが、記事のコメントには優れたものがありました。
 赤ちゃんを「寄生生物」と呼び、妊娠に対処することさえできない親が18年間も子供を育てることを期待するのですから、未来は明るいですね。この人たちは本当に天才だ(ホセ・フェルミン 2022年12月12日 08:12)
 間違っていることがたくさんあります。誰も母乳育児の重要性や、それが赤ちゃんに何を与えるかについて触れていません。科学は女性を排除しようとするあまり、母乳を実際に研究することを忘れてしまった。そのため、授乳できない女性は赤ちゃんに粉ミルクを与える以外に方法がないのだ。この悪夢のような未来のすべてのレベルにおいて、ノーである。(ミストレス・リサ 2022年12月12日05:41 PM)
 このような未来は「非人道的でディストピア的だ」というのが、まともな感覚だと思います。しかし、こうした事を科学の進歩だと思う人は、ワクチン接種でブルートゥースに繋がり、自身がサイボーグ化することも肯定的に受け止めるのかも知れません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
眺めのいい子宮。妊娠・出産の手間を省くベビーファーム「EctoLife(エクトライフ)」
引用元)

体外離脱後のプッシュボタン出産:近いうちに選択肢になるとハシェム・アルガイリは語る ハシェム・アルガイリ
 
エクトライフ人工子宮施設は、理想的ではあるが完全に非人間的な環境、つまり人間の赤ん坊を養殖するために何百と並べられた透明な「成長ポッド」で赤ん坊を育てるという、議論を呼ぶ新しい妊娠のあり方を想定している。
 
ベルリン在住のプロデューサー、映画監督、科学コミュニケーターであるハシェム・アルガイリが考案したもので、現段階では単なるコンセプトです。エクトライフ社の施設をすぐに建設する計画はなく、これはアルガイリが不妊研究の現状から推定したSFの一コマに過ぎない。
(中略)
アルガイリによれば、温度管理され、感染のない、眺めのよい子宮の中で理想的な妊娠状態を再現できるようになるのは、そう遠い先のことではないという。人工臍帯で酸素と栄養を供給し、人工羊水に浮かべ、ホルモン、抗体、成長因子などを精密に調整し、常にリフレッシュさせることができる。赤ちゃんの老廃物は除去され、バイオリアクターにかけられ、酵素的に「新鮮な栄養素の安定した持続的供給」に変換される。
(中略)
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 


» 続きはこちらから

イーロン・マスク「Twitterについて人々が抱いていたほとんどすべての陰謀論が真実であることが判明」/ 72回ものワクチン注射に直面している今の子供たち 〜 自分の子供にワクチンを打たせていないビル・ゲイツ

竹下雅敏氏からの情報です。
 Jano66さんが冒頭の動画のイーロン・マスクの発言に字幕を入れてくれてました。「ぶっちゃけて言うとさ、Twitterについて言われてた陰謀論て本当だったよね。Twitterの陰謀論で本当じゃなかった事ってある? 今のところ全部本当だし、思ってた以上に本当だったよね」と言っています。
 次のYouさんのツイート動画は典型的な陰謀論ですが、完璧に正しいといえる内容です。この人が天才なのか、それともこのような考え方が世界を理解する上でのカギなのか。
 “続きはこちらから”のあいひん氏のツイートの動画は二つともご覧ください。アニメは「地球少女アルジュナ」だということです。
 上の動画では「毒は彼らを取り巻くあらゆる物、つまり彼らが飲んだり、食べたり、呼吸したり、着たりする全ての物に混ぜられている。…彼らが出産したら、子供の健康のためだと思い込ませて血液に毒を注入してやるのだ」と言っています。
 ピーター・マッカロー博士は、“私が生まれた時は、ワクチンは3種類でした。たったの3種類です。今の子供たちは72回もの注射に直面しています。生まれたその日にB型肝炎ワクチンを接種していることをご存知でしょうか? 1歳児でインフルエンザワクチンを接種するんですよ? このような積極的なワクチン接種スケジュールに対して、人々は疑問を持ち始めています。…「ワクチンに対する信頼を失った」という親御さんたちが増えています”と言っています。
 確か、ビル・ゲイツは自分の子供にワクチンを打たせていないということでしたね。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)



» 続きはこちらから

末期のがん患者に効果があり、2019年12月末までに、41万1500人のがん患者が使用している丸山ワクチン

竹下雅敏氏からの情報です。
 丸山ワクチンは日本医科大学丸山千里教授が開発した薬剤です。末期のがん患者に効果があるということで、“2019年12月末までに、41万1500人のがん患者が丸山ワクチンを使用している”とのことです。
 丸山ワクチンオフィシャルWEBサイトには、“丸山ワクチンには、直接ガン細胞を殺す作用がありません。つまり正常な細胞に対しても毒性を持たず、副作用の心配がほとんどありません。…ワクチンを続けていくと、コラーゲン(細胞と細胞をつないでいる線維状のたんぱく質)が増殖しガン細胞を封じ込めます。ガン細胞が周囲の組織に侵入しようとしても、コラーゲンの線維が追いかけてがんじがらめに包囲します。この「封じ込め」作用が、ガンを縮小し、場合によっては完全に消し去ることもあります”と書かれています。
 『がん免疫療法の元祖「丸山ワクチン」新たな臨床データで騒然』という記事では、“放射線治療を受ける国内の子宮頸がんの患者さん249人に、丸山ワクチンと同じ成分の薬(試験薬剤コード名はZ―100)を併用投与して、プラセボ(偽薬)との比較試験を行ったところ、Z―100を投与した患者さんの5年生存率が使わない患者さんより10%も上回っていたことが分かりました。これは他の抗がん剤や分子標的薬ではほとんどあり得ない数字です”と書かれているのですが、丸山千里教授によれば、“放射線や化学療法剤と併用せず、単独で投与してこそ効果がある”とのことです。
 がん患者が丸山ワクチンを単独で用いて、食事に気をつけていれば延命は確実であり、「アミグダリン」を含むビワやアンズの種などの「バラ科植物の種子」を食べていれば、癌が消えるのではないかと言う気がしました。
 冒頭のツイートが興味深く、「祖母が手遅れですと言われた段階で使って、結局20年以上生きて寿命をまっとうしました」という書き込みを見ると、丸山ワクチンを認めようとしない国や医療関係者の様子が、イベルメクチンをめぐる動きと重なるように思います。
 私は「医者は死神の使い」だと思っていますが、まともな医者がわずかにいるようです。それを見極める目が必要です。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)



 

» 続きはこちらから

ぴょんぴょんの「ワクチン公害」 ~脂質ナノ粒子で汚染される地球

1年前、久しぶりに知人と会いました。
12畳以上ある広い部屋で、楽しくおしゃべりをしていました。
ただ、外が寒かったので窓は締め切っていました。
すると突然、胃のあたりが詰まって呼吸が苦しくなりました。
「もしや」と思い、窓を開けて外気を吸い込んだら、ようやく回復しました。
その日は家を出る前に、イベルメクチンを飲んでいたのですが。
さらに気づいたのは、知人から妙な臭いがするのです。
昔良く使われた亜鉛華軟膏の臭いでした。
・・という体験を元に、シェディングのことを書こうとしたら、
こんなのになりました。
(ぴょんぴょん)
————————————————————————
ぴょんぴょんの「ワクチン公害」 ~脂質ナノ粒子で汚染される地球


増えすぎてしまった動物たち


こんちわ〜 ネコたちは元気かにゃ〜?

おお! 全員、元気だにゃ〜♪

新入りの子ネコ君たちも、ずいぶんと大きくなって。


こいつら、今が一番かわいい盛りだぞ。

ほんと、かわいいねえ。
で、この子たちも、去勢しないつもり?

ああ、自分にしたくないことは、他人にもしない主義でな。
薬をもられるのもイヤ、メスで切られるのもイヤ。
だがそれ以上に、こいつらを獣医に託すのがイヤ。

あいかわらず、「医」の字への不信感が強いねえ。

イヤがるネコに無理やり予防接種とか、マイクロチップを埋め込むとか。
そんなことができる獣医を信じられるかよっ?!



お気持ちはよくわかります。
でも、彼らが増えすぎるのもどうかと思うよ。
こないだテレビで見たけど、ブラジルの離島でネコが増えすぎて、在来希少動物が減って困ってるって。

どうせ、ネコを連れて来たのは人間だろ?

それとか、日本でも世界でも問題になってるのが、イノシシやシカが増えすぎて農作物を荒らしてること。


それも、ヤツらの住む森を伐採した人間が悪い。

そう、すべて人間がまいた種だよ。
だけど、やってしまったことを元通りにするのは難しい。
離島で増えすぎたネコは、捕獲して避妊手術をしている。
すでに1500匹の避妊をしたのに、効果はまったくない。


となると、残るは殺処分・・?

でも、ネコを殺すのは抵抗がある。
じゃあ、イノシシやシカなら殺してもいいのか?
ハンターも、動物愛護団体から責められながら、苦しみながら仕事をしている。
だって、農作物の被害を見たら、そうもいかないもんね。

じゃ、イノシシやシカも、ネコみたいに避妊手術したら?

え〜? あの重たいのを捕獲して、手術室まで運ぶの?
それにイノシシやシカは、増えなくても存在するだけで作物を荒らすからね。
結局、ハンターが数を減らすしかないんだよ。



» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 45