アーカイブ: ワクチン

[Twitter]子供が喜ぶなら…🐶💕

竹下雅敏氏からの情報です。
毛長げ~というか、健気(けなげ)だと思う。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)

[Twitter]コロナワクチンに関する検討はずれな4つの主張

竹下雅敏氏からの情報です。
ちくわ漫談。おもしろい。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)

ぴょんぴょんの「タドンの正体?」 ~ワクチンには乗っ取りナノボットが仕掛けられている

新型コロナワクチン、4回目接種だって?
こんなに、いろいろ得体の知れないものが入ってるのに、
自分を実験台に差し出すのは、もう止めましょう。
(ぴょんぴょん)
————————————————————————
ぴょんぴょんの「タドンの正体?」 ~ワクチンには乗っ取りナノボットが仕掛けられている


患者さんの血液を、顕微鏡でずっと観てきたザンドレ・ボージャ博士


ねえねえ、この動画見てよ、ビックリだから!


ザンドレ・ボージャ博士によるコロナワクチン接種患者の血液分析とJ&Jワクチン分析の顕微鏡報告:STEW PETERS SHOW 2021年10月4日


お、美人だな。

そこ?
たしかに、こんなきれいな人がウソをつくとは思えないんだけど、にわかに信じがたい写真が次々と出てくるからね。
この博士は、患者さんの血液を、顕微鏡でずっと観てきた人なんだ。
たとえば、この人の赤血球、ワクチンを打つ前はこんなにまんまるで健康的だった。

© Dr. Zandré Botha (以下同)
00:15

ところが、ワクチンを打った後、具合が悪いというので診ると、赤血球がくっつき合って「連銭」を形成している。

1:12

「連銭」? ゼニにひもを通したようなかたちのことだな。
「連銭」なら、携帯でも同じようになるぞ。
「携帯の電磁波を受け続けると赤血球が連銭形成を起こし、赤血球どうしが連なり、俗にいう血液ドロドロ状態になる。癌患者に見られる血液状態である。」
時事ブログ

赤血球がこんな団子になったら、髪の毛より細い末梢血管を通れなくなるね。

ああ、全身に酸素を送るのは難しくなるな。
ガンにもなるワケだ。

実はね、ワクチンで赤血球が「連銭」になったのも重要だけど、こんな黒いものが見えたんだって。

2:22

» 続きはこちらから

全世界で最大のオンライン業者アリババのJ・マイケル・エバンス社長が、あなたの全行動を追跡する方法を研究している ~個人のカーボン・フットプリント・トラッカー(二酸化炭素排出量追跡装置)と呼ばれ、「世界的な監視」を意味する

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画で、“アリババのJ・マイケル・エバンス社長は「環境保護のため」という偽りの口実で、あなたの行動、行くところ、買うものすべてを追跡しようとしています。
 「私たちは、消費者が自分自身のカーボン・フットプリント(二酸化炭素排出量)を測定する機能を開発しています。それは、どこに旅行しているのか? どのように移動しているのか? 何を食べているのか? どのプラットフォームで何を消費しているのか? つまり、個人のカーボン・フットプリント・トラッカー(二酸化炭素排出量の追跡)です。まだ運用はしていませんが、これは私たちが取り組んでいることです。」
 …全世界で最大のオンライン業者であるアリババのグループ社長が、あなたの全行動を追跡する方法を研究しているのですよ! これは、個人のカーボン・フットプリント・トラッカー(二酸化炭素排出量追跡装置)と呼ばれ、「世界的な監視」を意味します。あなたが何をしていても、24時間365日、どこにいるか正確に知ることができるのです。その用途を想像できますか? そのコンプライアンスを想像できますか?”と言っています。
 コズミック・シークレットJAPANさんの記事によると、「奇妙な画像が投稿されている」というのです。この情報の発信源のウェブサイトにリンクが貼られています。引用元では、このウェブサイトの内容を詳しく紹介しています。 
 “続きはこちらから”は、このウェブサイトの導入部分のみを機械翻訳にかけたものです。コズミック・シークレットJAPANさんの記事に詳しく翻訳されているのですが、著作権の問題でこのような方法をとることにしました。
 “CSRQ-SM(ソーシャルマネジメント)ソフトウェアは、金融リセットが起こったときに、選ばれた政府機関や銀行が世界中で使用するプログラムで、金融リセットが起こると、例えば、日本の銀行口座を持っている人は、一晩で円が USDR に変換され、このソフトウェアは、すべての金融取引を一元的に処理し、すべてのユーザーの社会的信用スコアを発行するように設計されている”というのです。
 銀行口座にログインすると、社会的信用度を示す画面が表示されるとあるので、先の「生体認証 ID」を含む奇妙な画像は、その画面かも知れません。
 「CSRQ-SM階級システムの詳細」によれば、統治者階級と奴隷階級に分かれるようで、統治者階級は「S-主権者/統治者(ソブリン)階級」であり、奴隷階級は更に3つのクラスがあり、「C-庶民(コモン)階級」「R-制限付き」「Q-隔離」に分かれています。
 「S-主権者/統治者(ソブリン)階級」は0.1%、ワクチン接種の必要なし、資産の制限も口座の制限も、カーボンスコアもありません。しかし、「C-庶民(コモン)階級」は95.5%、ブースター接種2回以上、資産の制限5000USDR以下、口座の制限1000USDR以下、カーボンスコアあり。「R-制限付き」は3.36%、ブースター接種3回以上、資産の制限1000USDR以下、口座の制限500USDR以下、カーボンスコアあり。「Q-隔離」は1%、ブースター接種5回以上、資産の制限500USDR以下、口座の制限250USDR以下、カーボンスコアありとなっています。
 これらの情報は、金融リセットCSRQ-SMソフトウェアのストレステスト(耐久試験)のために雇われたITプログラマーの内部告発によって明らかになったとのことです。
 これらの情報は、先のアリババのJ・マイケル・エバンス社長の言う「カーボン・フットプリント・トラッカー(二酸化炭素排出量の追跡)」の話と符合します。もしも、95.5%の「C-庶民(コモン)階級」がユニバーサル・ベーシックインカムで、毎月初めに1000USDRを入金されるとして、これが1000ドル相当だとすると、約10万円の入金があることになります。夫婦2人で20万円が毎月入るとすれば、ワクチン接種を含め様々な制約はあるにしても、こうした「CSRQ-SM」の新システムを受け入れる人は多いのかも知れません。
 もしも大多数の人々がこれを受け入れれば、グローバルエリートの「グレートリセット」は完成するわけです。そして人類は完全に奴隷化され、そこから這い上がることはできなくなります。エリートにとっては、AI(人工知能)が管理する究極の監視社会が完成します。
 ただ、先の記事で触れたように、世界経済フォーラム(WEF)のこうした野望は既に破綻しています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ダボス会議2022★『完全なる監視社会への計画』と『ビル・ゲイツの正体』
配信元)
————————————————————————
ホワイト・ハッカーによる世紀の暴露?それとも新手の詐欺?「CSRQ」の身の毛もよだつ怪情報
引用元)
SBAのテレグラム・グループを見ていると、奇妙な画像が投稿されているのを目にしました。



デイヴィッド・ウィルコック
生体認証ID:4XXXXXXXXX-XXX
USDR残高:$250.00
アカウント・タイプ:隔離(Q)
アカウント制限:あり
資産制限:あり
ワクチン接種ステータス:V+5
カーボン・スコア:465



フィリップ・ゴドルスキ
生体認証ID:45ZXPO8839-133
USDR残高:$8,8XX,XXX.XX
アカウント・タイプ:主権者/統治者(S)
アカウント制限:なし
資産制限:なし
ワクチン接種ステータス:免除
カーボン・スコア:免除
 
何らかの個人情報の暴露?USDRって何?ということで、調べてみました。

CSRQ-SMとは?

この情報の発信源はこちらのウェブサイトです。

(以下略)

» 続きはこちらから

ままぴよ日記 100 「日常を生きる」

ままぴよ日記も100回目。
長らくお付き合いいただいてありがとうございます。2週間があっという間に過ぎ、記事も個人的な話題ばかりになってしまっていますが、特に最近は辛いニュースが増えて、私の日常にも影響しています。
でも、それが私に与えられたテーマ。
日常こそが生きる場所だから専念しようと思います。
(かんなまま)
————————————————————————

子どもであっても私の価値観を押し付けられません


毎日心がざわついています。

ニュースを見ていたらアメリカでコロナワクチンが生後6ヶ月から承認⁉まさかと思っていたら娘から3歳の孫にも早速ワクチンを打ったとの報告。帰国に向けて入国がスムーズにいくように準備しているとの事。衝撃が走ります。


オーストラリアの娘のパートナーもコロナに感染。娘に送っていたイベルメクチンを飲むように言っても返事が来ません。逆に娘同志のやり取りで「オーストラリアは5歳から打てるよ。あと1年」などと言うコメントが。

夫が「今の変異株にはワクチンは効かないよ。まして子どもには打つ必要ないと思うよ」と言っても返事なし。

国によってコロナに関する情報や政策が違うし、感染状況も違うので一概には言えませんが、もうコロナに関しては全く無視されている母親です。

きちんと伝えたいと思う一方で無力感にさいなまれます。子どもであっても私の価値観を押し付けられません。こんな時は私の欲を捨て、愛を増やすしかありません。


解雇されたフィンランドの息子


フィンランドの息子が突然会社から「明日、7人解雇します」と言われたとの事。正規雇用の20人のうちの7人解雇です。息子から「明日の事を考えたら眠れない」と言うメールが来ました。励ますしかありません。

「誠実に仕事をした結果がそうなら、必要なことが起こるだけよ。大丈夫。」とメールしました。

結果はやはり解雇。コロナで会社の経営が悪化したらしいのです。そして退職金なし。失業保険なし。えっ?フィンランドって働き方も充実しているのではなかったの?と愕然としました。


国の組合に入っていたから、そこから少しは保障が出るようですが、早く仕事を探さないと就労ビザも切れるし、家賃や物価はどんどん上がって大変です。

2年間一緒に住んでいる彼女と結婚を考えていると話していた矢先で、日本に帰る選択肢はないようです。若い2人に祝福を!と祈らずにいられません。

それを受けて、アメリカの娘も「こちらの労働環境も酷いよ」と言いました。娘のマンションの事務を20年続けていた人が、仕事が終わって帰ろうとしたらいきなり「明日から来なくていいよ」と言われたらしいのです。もちろん退職金なし。泣き寝入りだそうです。

家賃も3年前に比べて3倍になったそうです。格差が広がって娘家族が住んでいる地区はますますお金持ちの居住区になり、学校もその寄付金で賄われるので質の高い教育が受けられましたが、金銭的にこれ以上住み続けるのは無理だと言っていました。

いつも相談を受けているロシア人のシングルマザーも、日本で窮地に追い込まれています。自分の家を建てたくて国のお母さんが援助してくれるとの事で契約したら、ウクライナとの戦争の制裁措置でロシアからお金が送れなくなりました。家は建設中。シングルマザーで、ただでさえ過酷な生活です。どうするのでしょうか?

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 43