アーカイブ: ワクチン

21/07/12 フルフォード情報英語版:ローマ対バビロン、宣言されていない西洋内戦がクライマックスに達する

 7月19日のフルフォード・レポート(英語版)です。今回のレポートは、偽パンデミックにより、エジプト・メソポタミアの伝統(バビロン)とグレコ・ローマン・ゲルマンのヨーロッパの伝統(ローマ)の分裂が明らかになり、ローマの勝利間違いなしとのこと。その理由はローマは科学の生みの親で、このパンデミックで科学は嘘に勝るからだというフルフォード氏。MI6、P3フリーメーソン、モサド共に、カバールに対して完全な軍事行動を取る前に、パンデミックが戦争犯罪であることを証明する裁判を待っている。

イギリスで7月19日の「自由の日」は、実のところロスチャイルドによる2世紀にわたる英国支配の終焉を祝う日。またカナダ、アメリカもハザール・マフィアから解放される兆しあり。バイデン・ハザール・マフィア奴隷政権はのけ者になりつつある。

日本のニュースでは、創価学会の指導者、池田大作氏が6月18日に死去。その後、米軍は創価学会本部を急襲し、バス2台分の逮捕者を連れて去った。創価学会は日本の選挙を盗むには欠かせない存在。殺害された日本オリンピック委員会の会計責任者森谷靖氏は、組織的な賄賂の使用やオリンピック資金の横領などを調査していた。オリンピックイベントのチケットの販売の全面的禁止の真相は、日本によるオリンピック関係者への報復だとか。オリンピック関係者は、イベントで得たすべてのお金の20%を受け取ることができるらしい。

世界経済フォーラムのシュワブは、相変わらず食糧不足を計画しているようで、今後来るべき食糧難の際、ワクチン接種者には植物性プロテインを定期的に届けるとツイート。ベラルーシで原子力発電所に対するサイバー攻撃(失敗)、トルクメニスタンでの核爆発はハザール・マフィアの犯行。南アフリカは目覚めつつあり、カナダ、フランス、ドイツでは様々な抗議活動があった。ハザール・マフィアのオイルマネーの柱であったサウジアラビアで政権交代の兆しあり。革命が続くなか、夏には世界各地でさらなる混乱が起こることは間違いないというフルフォード氏。

フルフォード氏は休暇に入るとのことで、次回から4回のレポートは事前に書かれたものになるそうです。
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:ローマ対バビロン、宣言されていない西洋内戦がクライマックスに達する
投稿者:フルフォード

ローマとバビロンの分裂、ローマの勝利間違いなし


The undeclared civil war in the West has opened a long-hidden schism in Western civilization: the contradiction between Egyptian and Mesopotamian traditions (Babylon) and Greco-Roman-Germanic European traditions (Rome). This schism has been revealed for all to see by the ongoing fake pandemic. 西洋における宣言されていない内戦は、西洋文明で長く隠されていた分裂をオープンにした。すなわち、エジプト・メソポタミアの伝統(バビロン)とグレコ・ローマン・ゲルマンのヨーロッパの伝統(ローマ)の間の矛盾である。この分裂は、現在進行中の偽のパンデミックによって、誰の目にも明らかになった。

Babylon gave us monotheism, financial accounting, and much of modern medicine, while Rome gave us a strong military, science, the rule of law, and Democracy. バビロンは、一神教、財務会計、多くの現代医学をもたらしたが、ローマは、強力な軍隊、科学、法の支配、民主主義をもたらした。

So now in the news, we see Babylon using control of money to bribe governments and control of medicine to scare people into a single, monolithic, totalitarian power structure. Those who believe in the rule of law and democracy are fighting this structure. そこで今、ニュースでは、バビロンがお金を支配することで政府を買収したり、医療を支配することで人々を脅したりして、一枚岩の全体主義的な権力構造を作っていることがわかる。法の支配と民主主義を信じる人々は、この構造と戦っている。

In this battle, there can be no doubt that Rome will prevail. The reason is that the creator is on their side. What this means is that science, the study of facts based on observation, will prevail over lies, even endlessly repeated lies. The facts are that overmagnified PCR creates bogus numbers to instill fear, and Covid-19 is a collection of symptoms for a virus that has not been truly “isolated” and therefore does not exist, which means the entire pandemic martial law and coerced vaccination scam are war crimes. この戦いで、ローマが勝つことは間違いない。なぜなら、科学の生みの親が彼らの側にいるからである。つまり、観察に基づく事実の研究である科学は、たとえ果てしなく繰り返される嘘にも勝るということだ。事実とは、過剰表示されたPCR【検査】は恐怖心を煽るためにインチキな数値を作り出し、Covid-19は、真の意味で「分離」されていない、存在しないウイルスの症状を集めたものであり、つまりパンデミック戒厳令と強制的なワクチン接種の詐欺は全て戦争犯罪であるということだ。


西側情報機関はパンデミックが戦争犯罪であることを証明する裁判を待っている


OK let’s get a bit more concrete here. Sources in Western intelligence, including MI6, the P3 Freemasons, and Mossad tell us they are waiting for court cases to prove the pandemic is a war crime before taking full military action against the Cabal. They say they support the various legal actions being taken by Reiner Fuellmich and his colleagues around the world against the pandemic and vaccine pushers. https://www.bitchute.com/video/jmftRSEAzudj/ では、もう少し具体的に説明しよう。MI6【《英》軍事情報活動第6部】、P3フリーメイソン、モサド【イスラエル政府の情報機関】などの西側情報機関の情報源によると、カバールに対して完全な軍事行動を取る前に、パンデミックが戦争犯罪であることを証明する裁判を待っていると言う。彼らは、ライナー・フュルミッヒ【法廷弁護士】と彼の世界中の同僚が、パンデミックとワクチンの推進者に対して取っている様々な法的措置を支持していると言う。
https://www.bitchute.com/video/jmftRSEAzudj/

動画はシャンティ・フーラが挿入
ライナー・フュルミッヒ博士【法廷弁護士】

In the testimony at the link above Dr. Fuellmich says that if you told him a year ago that a small cabal wanted to kill a huge portion of humanity and enslave the rest, he would have suggested you need to go to a mental hospital. Now, having obtained testimony from hundreds of experts in various fields, he can and is proving in courts of law that this is exactly what has been happening. https://www.usnews.com/news/business/articles/2021-07-14/spains-top-court-rules-pandemic-lockdown-unconstitutional 上記リンクの証言の中で、フュルミッヒ博士は、もし1年前に「わずかなカバールが人類の大部分を殺し、残りを奴隷にしようとしている」と言ったら、精神病院に行くべきだと言っただろうと語っている。今では、様々な分野の何百人もの専門家から証言を得て、これがまさに起こっていることを法廷で証明することができるし、そうしている。
https://www.usnews.com/news/business/articles/2021-07-14/spains-top-court-rules-pandemic-lockdown-unconstitutional

» 続きはこちらから

独逸の伯林で見た、聞いた、感じた社会問題、教育問題 ~第90楽章 フランスで革命!?と欧州の洪水から思ったこと・・

 フランスでワクチン強制がはじまったと思いきや、7月14日から、ドイツの西部では、ライン川の支流があふれ出し、洪水で大惨事になりました。ベルギー、オーストリアのザルツブルグでも洪水になりました。
 フランスでは、ワクチンパスポートに対して、イエローベストの市民たちがバスティーユ襲撃のような雰囲気。フランス革命を成功させた国ですから、ひっくり返すのではないでしょうか・・。ドイツは市民革命をした国ではないので、水害にてショック・ドクトリン??気象操作??音楽家シューマンが入水自殺試みたライン川でもあり、川幅も広く、大雨では簡単に水かさが増します。1988年の3月ドイツ西部ケルンに滞在していた時、市電の線路にまで水が入ってきていたことを思い出します。ドイツでは、父なるライン川、母なるドナウ川と言われますが、ライン川は恐ろしいのでしょうか?最後には、フランスとドイツの雰囲気を比較してみました。
(ユリシス)
————————————————————————

欧州のワクチン状況


フランスのワクチン義務にて、反対市民が爆発中です。かつては、フランス革命で成功させた遺伝子を継承している方たちですからね。


バスチーユ事件の様であると・・
フランス革命のはじまりの日のことですね。7月14日も同じですね!


イギリスのBBCは、フランスの状況を報道していないと・・


» 続きはこちらから

21/07/12 フルフォード情報英語版:ヨーロッパ王室のロスチャイルド拒絶は、人類の大勝利

 7月12日のフルフォード・レポート(英語版)です。7月2日にエリザベス女王とメルケル首相が会った時の写真で、エリザベス女王は三角形のハンドサインをしなかったことが、200年ぶりに英国王室がロスチャイルド家の支配から解放されたことを意味するらしい。メルケル、エリザベス女王、ヒラリーともにヴィクトリア女王の子孫、つまりザクセン=コーブルク=ゴータ家とのこと。モサドによるとクラウス・シュワブはロスチャイルド家の一員。これらの人々は、全人類にワクチン接種が必要だとゴムマスクのフランシスコ法王に置き換えるほどの力をもっている。が、フルフォード氏によると、このハザール・マフィアが権力維持のために利用しようとした奴隷化予防接種は、わずか地球人口の11.9%に終わり、失敗とのこと。P3フリーメーソンは、ワクチン実施者に対する新しいニュルンベルク戦争犯罪法廷を開始するために、ロシア、中国、NATO、ペンタゴンの支持を得ていて、MI6も全面的に支持。

米軍はハザール・マフィアの戦争への支援を打ち切ったそう。アフガニスタンからの米軍の突然の撤退は最も明白だったというフルフォード氏。また、アメリカはカタールにある3つ巨大な物流拠点を解体。これはイスラエルに代わってイランに戦争を仕掛けるつもりがないことを意味するらしい。

今後の見通しのヒントを得るためにとGESERA/NESERAのことが出てきますが、竹下先生の見解は、「NESARA はNWO(新世界秩序)の道具で、人々を奴隷支配するものだと思います。これを推進しているのは、フランスのロスチャイルド家を中心とするグループです。」また、竹下先生の2020年10月28日の記事では、GESARA/NESARAがいかに怪しいかが分かる経緯が書かれています。ので、ご留意して読み進めてくださいませ。

「フルフォード氏の白龍会は何しているんだ!」「米軍は何してるんだ! いつまでカバールを倒すのにかかっているんだ!」「神様は何しているんだ!」と言う精神性と根性では、世界は変わらないと竹下先生は映像配信、宗教学講座 中級コース 第67回 7月9日公開でコメントされています。「軍じゃない、皆さん一人一人が立ち上がるかどうかで世界が変わる」「この世の中は自分が変えることで変える」「非常にネガティブな状況にあっても、もし自分が平静な心でやり過ごせたら、これ世界に革命が起こるぞと思ってほしい。」などなど、今後も食料危機、停電など非常事態が起こるかもしれない昨今、良きアドバイスが詰まっている映像配信です。まだの方は是非♪ 最近の竹下先生の映像配信は、より詳しい時事の説明が盛り沢山でサバイバルに必須だと感じます。

最後に、7月12日の竹下先生のコメント「諜報機関の仕事の95%以上は、敵を攪乱する偽情報を流す事です。もしも、フルフォード氏に提供される諜報機関からの情報が真実なら、敵方に情報が筒抜けになってしまいます。そうした意味からも、私はフルフォード情報の半分は攪乱情報だと見做しています。チャネリング情報の場合は、正しい情報は5%以下なので、フルフォード情報の精度は、かなり高いと見ているのです。」めっちゃ納得のpopoちゃんでした!😊
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:ヨーロッパ王室のロスチャイルド拒絶は、人類の大勝利
投稿者:フルフォード

Great Victory For Humanity As European Royals Reject Rothschilds

英国王室、ロスチャイルド家の支配から200年ぶりに解放、ユダヤ人も3,793年ぶりに自由になる可能性


Major developments have been taking place behind the scenes recently as both the British Royals and the P3 Freemasons have declared war against the Rothschild family and the Swiss-based Octagon group, MI6 and P3 sources say. 英国王室とP3フリーメーソンが、ロスチャイルド家とスイスのオクタゴン・グループに対して宣戦布告したことで、最近、水面下で大きな動きがあったとMI6【《英》軍事情報活動第6部】とP3の情報筋が語っている。

The liberation of the Jewish people being held hostage in Israel is also underway, Mossad sources say. When the dust settles this will completely change the UN, the IMF, the World Bank, and even the ruling hierarchy of monotheism itself. イスラエルで人質になっているユダヤ人の解放も進められているとモサド【イスラエル政府の情報機関】の情報筋は言う。ひと段落したら、国連、IMF 【国際通貨基金】、世界銀行、さらには一神教の支配階層そのものが完全に変わるだろう。

That is why Queen Elizabeth told reporters to “take a picture and make history” when she met her cousin Angela Hitler (Merkel) on July 2nd, MI6 sources say. They explain that Merkel’s iconic hand sign of a triangle is a sign to insiders that she is a member of the Saxe-Couborg Gotha clan. https://en.wikipedia.org/wiki/House_of_Saxe-Coburg_and_Gotha なので、エリザベス女王は7月2日に従兄弟のアンゲラ・ヒトラー(メルケル)に会った際、記者たちに「写真を撮って、歴史に残して」と言ったとMI6の情報筋が伝えている。彼らの説明によると、メルケル首相の象徴的なハンドサインである三角形は、彼女がザクセン=コーブルク=ゴータ【ウィンザー家の元の家名(王朝名)】一族の一員であることを内部の人間に示すものだそうだ。
https://en.wikipedia.org/wiki/House_of_Saxe-Coburg_and_Gotha


The fact the Queen refused to make the sign signaled the British Royals had broken with their German cousins and would no longer obey their Swiss-based leadership, MI6 explains. https://www.dw.com/en/germanys-angela-merkel-makes-last-official-visit-to-uk-as-it-happened/a-58133003 女王がこのサインを拒否したことは、英国王室がドイツの従兄弟たちと決別し、スイスを拠点とする指導者たちに従わなくなったことを意味するとMI6は説明している。
https://www.dw.com/en/germanys-angela-merkel-makes-last-official-visit-to-uk-as-it-happened/a-58133003

This means for the first time in about 200 years, the UK is free from Rothschild family rule. That is because the Rothschild family has been intimately intertwined with the Saxe-Couborg Gotha Royals since before the Napoleonic wars. The founder of the Rothschild banking clan, Mayer Amschel Rothschild got his big break by lending money to support Saxe-Couborg Gotha wars. His son Nathaniel famously took over the Bank of England via clever insider trading based on knowledge Napoleon had lost the battle of Waterloo. これは、約200年ぶりにイギリスがロスチャイルド家の支配から解放されたことを意味する。それは、ロスチャイルド家がナポレオン戦争以前からザクセン=コーブルグ=ゴータ王家と密接に関わってきたからである。ロスチャイルド銀行一族の創始者であるマイアー・アムシェル・ロスチャイルドは、ザクセン=コーブルグ=ゴータ家の戦争を支援するためにお金を貸して大成功を収めた。息子のナサニエルは、ナポレオンがワーテルローの戦いで負けたという情報をもとに、巧みなインサイダー取引でイングランド銀行を買収したことで有名だ。
1815年6月18日に行われた,ナポレオン1世とイギリス・オランダ・プロイセン連合軍との戦闘。コトバンクより)

While England may be free for the first time in 200 years since the Rothschilds claim to be descended from the Babylonian Tyrant Hammurabi, soon the Jewish people may be freed for the first time in 3,793 years. イギリスは200年ぶりに初めて自由になる可能性がある一方、ロスチャイルド家がバビロニアの暴君ハンムラビの子孫を名乗っているので、まもなくユダヤ人も3,793年ぶりに自由になるかもしれない。

This may seem like ancient history, but it intimately affects the fake pandemic and vaccine campaign going on right now. これは古い歴史のように思えるかもしれないが、現在行われている偽のパンデミックとワクチンキャンペーンに密接に影響している。

» 続きはこちらから

21/07/05 フルフォード情報英語版:先週、中国共産党は100年目、アメリカは245年目を迎えた

 7月5日(月)フルフォード・レポート(英語版)です。今回のレポートは、前半、アメリカ解放のヒントを見つけようと、中国共産党の生い立ちと中国がハザール・マフィアから独立したとき(1970年代)の話。後半は、主にワクチンについてです。

中国共産党は、ハザール・マフィアのエージェントにより設立され、フランスのハザール・マフィア、ロスチャイルド家に訓練されたらしく、先日創立100周年を迎えたとのこと。中国共産党は第二次世界大戦(1939-1945年)終了前にアジアの秘密結社によりほぼ全滅。中国共産党が中国で権力を握ったのは、ソ連軍が中国に侵攻し、日本から中国を奪ってから。1950年から1970年代初頭まで、共産主義の中国はソ連の植民地だったが、自国の核兵器を手に入れてから外国の共産党顧問を追い出した。1978年鄧小平が権力を握る。ハザール・マフィアは、1979年中国に支配力を再確立しようとしたが失敗、中国は独立国に。その後、鄧小平は日本に渡り、数十年に渡り二桁の経済成長を達成していた日本の経済モデルを学び、中国の経済成長を達成。欧米もハザール・マフィアから解放されれば、簡単に中国を圧倒できるだろうというフルフォード氏。

ワクチンについては、英・疫学者ニール・ファーガソンが、ビッグテックらに送った秘密文書をMI6がゲット。そこには永続的な医療戒厳令、すべてのパンデミックの真実の完全検閲、街頭での軍隊の展開、「Covid-19」の新しい変異株を絶え間なく放出すること、そしてすべての人にワクチンを強制接種する方法を議論することなどが書かれていたよう。

ワクチンに含まれているナノ粒子は、体温と同じ温度で磁気を帯び、零度以下では磁気を帯びないらしい。グラフェンの分子は、異なる無線周波数を用いて、脳内のニューロンと遠隔モードで相互作用することができ、脳をマッピングし遠隔で指示を送受信することができるとのこと。

ハザール・マフィアは権力を失う前にマインドコントロール・ワクチンを全員に接種させるのに必死だけれども、世界の軍部が目を覚ましてきたのでワクチンキャンペーンは失敗に終わるだろうというフルフォード氏。が、複数の情報源から、ハザール・マフィアは今後数ヶ月の間に、停電、インターネットの停止、食糧不足などを計画していることを確認しているとのこと。

ということで、まだまだ油断できない状態のようで、何が起こっても心の平安を失わなくて済むように、備蓄など準備万端にしておきたい!
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:先週、中国共産党は100年目、アメリカは245年目を迎えた
投稿者:フルフォード

The CCP Turned 100 Last Week, the USA Turned 245

中国のハザール・マフィア独立から、アメリカ解放のヒントを見つける


Last week on its 100th anniversary the Chinese communist party bragged about its success. At the same time, U.S. patriots gathered on July 4th for their 245th Independence Day celebration. While the U.S. may seem down and out now, rest assured as soon as they remove the Khazarian Mafia parasitic infection, as the Chinese did in the late 1970s, the United States will be back. 先週、中国共産党は創立100周年を迎え、その成功を誇示した。同じ頃、アメリカの愛国者たちは245年目の独立記念日のために7月4日に集まった。今、アメリカは落ちぶれているように見えるかもしれないが、1970年代後半に中国がそうしたように、ハザール・マフィアの寄生虫感染を取り除けば、すぐにアメリカは戻ってくるので安心してくれ。

So, this week we will talk about the secret Chinese independence war against the Khazarian Mafia in order to find hints on how to liberate the United States. We will also present a data dump from the Russian FSB on the Khazarian Mafia mind control vaccines being foisted on the hostage peoples of the G7 countries. そこで今週は、アメリカを解放するためのヒントを見つけるために、中国の秘密裏のハザール・マフィアとの独立戦争について話す。また、G7諸国の人質となっている国民に押し付けられているハザール・マフィアのマインドコントロール・ワクチンに関するFSB【ロシア連邦保安庁】のデータ・ダンプを紹介する。
あるコンピューター・システム、ファイル、デバイスから別のものに移した大量のデータ。Cambridge dictonaryより)


中共はハザール・マフィアのエージェントにより設立、ロスチャイルド家によって訓練


Ok, so let us start by noting the Chinese Communist Party was founded by Khazarian Mafia agents operating under the Comintern flag. Many of the early Chinese Communists were trained for their role by the Khazarian Mafia Rothschild family in France. まず、中国共産党は、コミンテルンの旗の下で活動するハザール・マフィアのエージェントによって設立されたことから始めよう。初期の中国共産党員の多くは、フランスのハザール・マフィアであるロスチャイルド家によって、その役割を果たすための訓練を受けていた。
「Communist International(共産主義インターナショナル)」の略称。1919年,レーニンの指導のもとに創立された共産党の国際組織。コトバンクより)



中共は第二次世界大戦終了前にほぼ全滅


The Chinese Communists were nearly wiped out by Asian secret societies -notably the Red and the Green – before World War II ended. Do not believe the fake history about a glorious guerilla war won by the Chinese Communists under Chairman Mao. It was only when the Soviet Army invaded China and took it from the Japanese that the Communists were installed in power. 中国共産党は、第二次世界大戦が終わる前に、アジアの秘密結社(特に赤と緑)レッド・ドラゴンとブルー・ドラゴン(青龍会)?!】にほぼ全滅させられた。毛沢東主席の下で中国共産党が勝利した輝かしいゲリラ戦についての偽史を信じてはいけない。中国共産党が権力を握ったのは、ソ連軍が中国に侵攻し、日本から中国を奪ってからである。

» 続きはこちらから

独逸の伯林で見た、聞いた、感じた社会問題、教育問題 ~第89楽章 あまりにも無知である・・

 7月になり、2021年の後半がスタートしました。ベルリンから何を書こうか・・やはりワクチン問題になってしまいます。

 ベルリンのワクチン接種率、多くの方が1回目を終了していますので、宗教学講座 中級 第66回スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文の解説3(前半)にて解説されていたように、ベルリンでも、「ゾンビ・ アポカリプス(ゾンビによる世界の終末)」の序章がはじまっていると言えるかもしれません。
 暑くなってきましたので、窓をいつも開けていますが、救急車のサイレンが1日に数回聞こえます。以前は救急車のサイレンなど聞こえなかったのに・・これもワクチン接種の増加のせいでしょうか・・。
 ギリシャではワクチン接種をした若者に150ユーロを支給するという制度もあると聞きました。なんというひどい制度でしょう。
 息子の友人の中でも、純粋ドイツ人は接種してしまっていますが、ロシア系、アラブ系など移民系友人は気づいていて、接種しないとのこと、親も危ないとわかっていると聞きました。きっと、ロシア系、アラブ系ニュースの方がドイツの主流メディアよりまともな情報が流れていると感じました。
 本当に、メディア支配がどれだけその人に影響しているのか?によって違ってくることがわかりました。テレビを家の中に設置するだけで、電気代が高くなりますし、映画もドラマも長々と時間の無駄ですので、テレビは手放したほうがよいと思いました。
 そんな中で、ドイツ全体が欧州サッカー開催中にLGBTを推進するレインボーカラーに覆われてしまっていますが、ペドフィリアとの関係にまでは、気づきが及んでいないことがわかります。
(ユリシス)
————————————————————————

今、ワクチンが踏み絵になっている


最新の映像配信を拝見して、あなたならどうするの? 今、ワクチンが踏み絵になっている・・ワクチンを打つ時点で頭がおかしい・・との解説で、今、すぐに見ておかなければいけない内容でしたので、本当に多くの方が映像配信を見て、気づいてほしいと思いました。

息子の移民系友人が気づいていたことから、やはり、大手メディア信仰者、野心のある方、上層部であると思っている方、偉そうな視野が狭い方を中心に、それに寄生する、長いものにまかれろ系の方々がワクチン接種をしている場合が多いような気がしました。

そんな中、いらっとするレインボーカラーがベルリン中心部の駅にも登場。


LGBTに対して、多くの方が、差別をしない・・という意味で良いものだと思わされ、こちらの記事も、そのような観点からサッカーとLGBTについて書かれています。LGBTが民主化の寛容と多様性と語られていますが、ペドフィリア合法化と関係していることを知ったら、どれだけ驚くことでしょう。本当にこの世の中は普通の人が悪い方へ導かれる仕組みが作られていると驚愕してしまいます。LGBTに反対しているハンガリーや東欧系、アラブ系の方が悪い影響を受けていない、まだましであることがわかります。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 30