アーカイブ: アメリカ

19/7/14 ソルカ・ファール情報:民主党の小児性【犯罪】帝国が崩壊する中、FBIがクリントン事務所の強制捜査でニューヨーク市を停電させる

 今週のエプスティーン特集第二弾です。13日夜のニューヨークの停電と、エプスティーンのヘッジファンド詐欺の手口と、ハーバード大学の闇を取り上げます。前々から匿名Qの投稿でも登場していた“教育”機関です。確かあれは、サウジの粛清の頃でしたかね。アル=ワリード・ビン・タラールが、オバマのハーバード・ロー・スクールの学費を出していたという。あとはムスリム同胞団との繋がりとか。
 おバカな政治家よりも、下手に理論武装して「自分は民衆より遥かに頭脳明晰」と思い込んでいる連中が一番タチが悪いのかもしれません。陰謀論なんて電波だとか、頭ごなしにディスる方々です。「陰謀論」という言葉を意図的に広めたのってCIAですケド。

 また、2019年7月12日のソルカ・ファール女史の記事によると、ロシアの諜報諸機関はアレクサンドリア・オカシオ=コルテス米下院議員が、ニューヨーク市で性的被害にあった少女らの主な売春斡旋人の一人ではないかと前々から疑っているそうです。その御褒美として、テネシー州にある秘密の政治資金団体を介し、下院選挙資金をエプスティーンに融資してもらったのではないか、と。
 民主党所属の最年少のお姐ちゃんで、イメージとしては無知かつ有害な小泉チルドレン。大手メディアにすっかり洗脳された民衆に対し、感情的に扇動するのがとっても上手です。
 それは兎も角。エプスティーンは巨額資金の間違った“投資”を相当していそうです。そして何も知らない女性を売春に勧誘するのは、同じ女性であることも多いのです。「女性がそんなことをする筈がない」と、油断しますもの。ご用心召され。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ソルカ・ファール情報:民主党の小児性【犯罪】帝国が崩壊する中、FBIがクリントン事務所の強制捜査でニューヨーク市を停電させる
転載元)
投稿者:ソルカ・ファールより、西洋の読者へ

Sister Maria Theresa


【※記事内には貼っていませんが、同サイト自己紹介頁からシスター・マリア・テリーサの写真です。】

ニューヨークの大停電はFBI特殊班


本日クレムリンに出回っている【ロシア】対外情報庁(SVR)の驚くべき新報告書は、数時間前にニューヨーク市を襲った大規模停電について言及していました。

――マンハッタンのかの有名なブロードウェイ通りにも電気が来ていなかった訣ですが、実はこれはFBI緊急事態対応グループCIRGに所属する精鋭奇襲部隊が引き起こしたものでした。

――彼らはブロードウェイ通り1633番、つまりクリントン財団の事務所が入っている建物の地下トンネルを探索していました。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

【※対岸から見た停電の様子を入れておきます。】

――【クリントン財団および】民主党の大口献金者で小児性的プレデターの筆頭格といえば、ジェフリー・エプスティーンテリー・ビーンエド・バックです。

――この3人は今や「民主党献金者の性的変態クラブ」と名付けられる有り様で、ドナルド・トランプ大統領から破滅させる標的にされています。
[註:この【英文】リポートで引用されている【ロシア語の】一部の単語およびまたは言い回しは、完全に対応するものが【英語に】存在しないため、そのロシア語に該当するおおよその英語【訳】となっております。]


「NBCニュース:億万長者で性犯罪者のジェフリー・エプスティーンが性的人身売買容疑で逮捕」「エプスティーンは未成年被害者らとの性交容疑で当局が捜査した際に、自己に有利な取引を検察と締結」
» 続きはこちらから

がんの特効薬はまだ存在しない?~本当はすでに発見されていたという衝撃!!

 衝撃的な事実にせまる前に日本の医療費の側面から少し検証したい。
 
 さて、日本の医療費は如何ほどだろう?厚生労働省の資料では、H28年度 国民医療費は42兆円を越えている。これは一般会計の税収分にせまる額である。そのなかで、がん治療に使われている額はどれくらいなのか?がん治療の場合、医療保険が適用されない分野があり、民間の保険や自費での治療費支払いがあり推定は難しい。しかし、評論家でジャーナリストの船瀬俊介氏の言葉を借りれば、H25~26年ごろの額で、年間推定20兆円に上る。別の情報では、医療費の半分ががん治療に使われているとも。これ程の医療費を使ってさえも、完治させる事が困難な病、人々の恐怖を煽り続けているのが実情である。
 
 このような中、製薬メーカーの研究所や、その他の研究機関などでがん治療法や治療薬の開発に膨大なお金と人的資源がつぎ込まれ、研究が続けられている。しかしながら、これと言った画期的かつ効果的な治療法や薬が発見されたと言う報道は耳にしない。とは言え、以前には「丸山ワクチン」が、最近では本庶佑(ほんじょたすく)博士の「オプジーボ」がある。丸山ワクチンは医薬品として未だに認可されていないのと、完治は難しいようだ。オプジーボは、今のところ特定のがんにしか保険適用が認められていない。薬価も暫時(ざんじ)引き下げられてきたが、それでも、年間1000万円程度の薬剤費がかかるようだ。これでは庶民の誰もが使用できる状況とは言えない。
 
 これまで長年研究が続けられてきているのに、本当にがんを治せる治療薬は見つかっていないのだろうか?ところが、実際にはそれがすでに存在しているという驚愕の事実が明かされた。多くの人々が切望している治療薬、なぜ、一般の人々がそれを知らないのか?
 それらのことを以下の記事の中に見つけることができる。
 なお、この記事は、医学博士岡崎公彦氏の著書「がんの特効薬は発見済みだ!」を参照したものであることが引用元で確認できる。
 
 治療薬(特効薬)の発見は今から30数年も前の、1985年。
 東風(こち)博士によって発見され、アメリカのがん研究所の機関紙に論文が掲載された。副作用が無く、高い有効率を得た画期的な治療薬、これ程の大発見が報告されれば、通常多くの追治験が実施され報告されるらしいが、この論文に関してはそれが一切無かったそうだ。この奇異な出来事に対して、岡崎公彦氏は、「この実態の裏には、複雑な医学界の「事情」が潜んでいたのです」と、述べられている。
 
 その裏事情とは・・・
 世界中のがんセンターなどの研究者らは、寝る間も惜しんで「がん治療法」を研究している。もし、画期的な発見がなされると研究目標と仕事を失ってしまう。しかも安価な特効薬などが発見されては一大事なのだ。画期的な治療法が発見されないように願いながら、治療法を研究している、なんともバカバカしい世界で生かされている、人達がいると言うことだ。生かしているのは、がん治療で膨大な金を手にしている者達である。
 
 岡崎公彦氏の良心の導きが、出版を決意させ事実の公開となったようだ!!

 封印されてしまった特効薬、現在、日本の2社の製薬メーカーから錠剤の形では販売されているようだ。それらは、東和薬品:ビオトーワ 三共製薬:ビオタミン である。
 保険診療で生計を立てている医師が、この薬価の低い治療薬を処方しようと決心しない限り、患者は現物を手にすることはない。

(筆者注:記事の中に出てくる「私」とは、岡崎公彦氏のこと。同様に、「それ」とは、がんの特効薬のことを指す)
(長哥)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
東風博士発見のガンの特効薬その1
引用元)
リンク< 東風博士が発見したガンの特効薬 >より引用

(前略)
東風博士は、一九八五年五月、米国国立スローンケタリングがん研究所の機関誌に、制がん剤に関する論文を発表されました。その論文の骨子は、次のとおりです。

東風博士は、イチジク抽出液から腹水がんの移植阻害に有効な成分を分離し、
これをベンズアルデヒドと同定
しました。(リンクはシャンティ・フーラが挿入)

この物質は、揮発性の有機溶媒なので、ブドウ糖と化合させて水溶性としたのち、末期がん患者六十五名を対象として、がん治療効果を調べました。

その結果、五五パーセントという高い有効率を得たのです。
副作用も皆無でした。
これは明らかに、画期的な世紀の「大発見」です。
(中略)
このように、がん治療学上の大発見が、米国国立スローンケタリングがん研究所の機関誌という、国際的に権威ある学術誌に掲載されたのですから、
数多くの追治験が実施され、報告されるのが当然です。
ところが、なぜか皆無なのです。

実は、この事実の裏には、複雑な医学界の「事情」が潜んでいたのです。
私自身も、肺がん完治の一例を、「がん特効薬候補者・パラヒドロキシベンズアルデヒド」と題した英論文にまとめ、フィラデルフィアのペンシルベニア大学医学部教授が編集長を務める学術誌に投稿したのですが、そのとき、明確な理由も示されずに「受理できない」という決定が送られてきました。
(以下略)
————————————————————————
東風博士発見のガンの特効薬その2
引用元)
リンク< 東風博士が発見したガンの特効薬 >より引用
 
一言で言うならば、そこには人間の卑しい”欲”が絡んでいるのです。
もしそれを認めたらどうなるでしょうか。
世界中のがんセンター、かん研究所の研究目標が消滅してしまいます。
だからこそ、画期的な発見がなされてはいけないのです。

彼らは、寝る間も惜しんで「がん治療法」を日夜、研究しているはずですが、
そんな彼らにとって、そんなに簡単に「がん特効薬」などが発見され、普及しては困るのです。画期的な治療法が発見されないように願いながら、治療法を研究しているというのですから、常人には到底理解できません。
自己矛盾もいいところです。
 
しかし、現代の社会を支配している「見えざるマインド」は、正義に基づいた純粋で崇高なものではありません。
(中略)
人命を助けるべき「医学」の名のもとに、それを施す医師の多くは、悪意からではなく、与えられた知識と経験に基づき、真面目に処置、処方しています。
酷い真相を知らないからです。
そして、患者の多く、「がんに罹ったら、切除手術か抗がん剤しか方法がない。」と信じ切っています

製薬会社は、抗がん剤で潤っています。
最近になって、ようやく、抗がん剤投与に疑問を示す患者も増えつつありますが、一時は、製薬会社にとって抗がん剤はドル箱でした。
自分が救われたいばかりに、医者の治療を信じ込み、命を捨てる
(以下略)


Writer

長哥

会社勤務時代の健康診断で見つかったポリープが目覚めさせてくれました。それ以来、世の中の裏側に意識がいくようになり、真実情報を探求したいと思う気持ちが強くなったのですが、入手方法すらわからない始末で、それらの情報は殆どなく、あってもスピリチュアルな分野でしか見つけられない状況でした。

そんな中、「未来への分水嶺」というのがトリガーになったように思います。 支配するためだった筈の「インターネット」、いまでは情報拡散の道具となってしまったようです。 直感力(ひらめき)を第一に、日々接する情報から、多くの方々の気づきに成るようなものが発信できればと思っています。

19/7/9&10 ソルカ・ファール情報:コーミー元FBI長官、核物質を使ったジェフリー・エプスティーン暗殺計画と繋がる

 今週はエプスティーン特集です。前半では、今や彼がアメリカの“ディープ・ステート”から命を狙われる側に転じた件について、強烈な一例を挙げて説明しています。
 そして後半では、月曜日のフルフォード氏の記事で、「トランプのロシア【疑惑】を調査したロバート・マラーはエプスタインに近かった」と書いてあった意味が明らかに。
 大手メディアの攪乱報道とは一線を画した内容ですし、ソルカ・ファール女史の記事は基本的に「キリスト教徒イコール味方、よってトランプさんは良い人」という単純な図式なので、俄かには信じられないかもしれませんが、興味深いことは確か。

 さてここからは人物名の表記についてなので、興味のない方は本文へ移ってくださいませ。
 人物名は毎回、日本語版ウィキペディアを基本に、本人やその国の報道機関の発音を動画などで確かめてカタカナ表記しています。そしてウィキが後者と著しく違うことに気が付いた場合は、後者を優先しています(※例えばウィキではご先祖のドイツ式に「ミュラー」となっていた「マラー」特別捜査官など……あれ、今ウィキを確認したら見出しが「モラー」に変更されてますな。あと、日本独特の表記で定着してしまい、現地読みにすると著しく違和感がある場合など、例外も勿論あります)。
 それは兎も角、ウィキペディアでは「ジェフリー・エプスタイン」だったので、これまでフルフォード氏など他の翻訳記事でもそう訳していたのですが、私が聞いた限り大手メディアもオルタナ系もRTの各番組も「エプスティーン」と毎回呼んでいたので引っかかっておりました。
 ですが今回の記事が取り上げたアコスタ労働長官も後者でしたので、「エプスティーン」に変更することにします。本人が名乗っている動画は見つからなかったので100%確実ではありませんが、かつて起訴しようと本人に面会している筈の官吏が名前をずっと呼び間違えることは考えにくいので。
 細かい差ですが、気にされる方向けに念のためお断りしておきます。次回からは同様の例では、断りなく変更しま~す。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ソルカ・ファール情報:コーミー元FBI長官、核物質を使ったジェフリー・エプスティーン暗殺計画と繋がる
転載元)
投稿者:ソルカ・ファールより、西洋の読者へ

Sister Maria Theresa


【※記事内には貼っていませんが、同サイト自己紹介頁からシスター・マリア・テリーサの写真です。】

アメリカの捜査の本丸は、権力者らの汚職


本日クレムリンに出回っている【ロシア】対外情報庁(SVR)の驚天動地の新報告書は、トルコ国家情報機構MIT)との合同捜査について最新の情報を【ロシア連邦】安全保障会議SC)に提供するものでした。

――人を死に至らしめる核物質カリホルニウムが7,200万ドル相当の18.1グラム入った小瓶は何故、密輸業者らによって【トルコの】ボル県を移動していたのか、という件です。

――ロシアトルコ双方【の事件担当官ら】は尋問で、世界で最も危険なこの核物質の最終目的地がニューヨーク市だと知ったのです。

――【ということで彼らは】既存の外交上のルールに則り、アメリカ司法省DoJ)に連絡をしたのですが、米司法省がこの捜査で連絡相手として指定した中にはモーリーン・コーミー連邦検事補もいたのです。

――【彼女は】元FBI長官ジェイムズ・コーミーの娘で、昨日ロシアおよびトルコの捜査官らと協議した後、性的【搾取目的で】子どもを人身売買するジェフリー・エプスティーンを追及する検察官の一人に、突如として任命されました

――事件の指揮を執っているのは司法省の汚職【追及】部門であって、性犯罪部門ではありません。つまり、エプスティーン自身の“黒い小手帖”に名を記し、脅していた権力者らは、思っていたよりも早急にエプスティーンを暗殺する必要が出てきたという次第です。
[註:この【英文】リポートで引用されている【ロシア語の】一部の単語およびまたは言い回しは、完全に対応するものが【英語に】存在しないため、そのロシア語に該当するおおよその英語【訳】となっております。]

画像はシャンティ・フーラが異なるツイートに差し替え

【※コーミーの娘は、上のツイッター写真で一番左側。米ニューヨーク州南地区の連邦検事とFBIニューヨーク支部が、まだ名乗り出ていない被害者に呼び掛けた7月8日の記者会見です。】
性的【搾取目的で】子どもを人身売買するジェフリー・エプスティーン【の存在】は、アメリカで最も強大な権力を有するエリート連中にとって、深刻な脅威となっています

» 続きはこちらから

19/7/8 フルフォード情報英語版:ワシントン・ロンドン・ローマ3つの権力のオベリスク全てが陥落という大勝利

 先週のソルカ・ファール女史の記事でお伝えしたロシア潜水艦の乗組員14名の死南カリフォルニアの海軍基地の地震がここでも登場します。F35戦闘機など、細かいところでどちらの情報が正しいのか気になりますが、大筋では似た感じです。
 この2つの事件に加えて、ジェフリー・エプスタインの再逮捕が、対カバール戦の勝利を伝える表向きのニュースだったそう。

 筋金入りの性犯罪者エプスタインは7月6日、おフランスでのバカンスを楽しみ、首都パリからプライベートジェットで米国に戻ってきたところを逮捕されました。
 前回の逮捕でも一応「13箇月は収監されていた」と大手メディアは説明していますけど、相部屋じゃないですし、色々と揃った贅沢なお部屋だったみたいですし、週6日は1日12時間外出していて良かったんです。
 ちなみに他の性犯罪者は、服役中に外出することは禁止という地域です。パームビーチというリゾート地です。どっかの動画で言ってた方がいましたが、趣向がちょっと変なホテルに通う感じっすかね? 国内バカンスですかね? 完全イミフです。
 もう今度こそ終身刑になって頂きたいもの。それから彼の自宅金庫には、強請りに使った色んな方の性交渉動画が入っていたという噂なので、黒いアドレス手帖だけでなく、そちらも被害者を消したスクショで曝してくださいな。殺されたり、薬漬けにされてきた多くの被害者の無念を晴らして頂きたい。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ワシントン・ロンドン・ローマ3つの権力のオベリスク全てが陥落という大勝利
投稿者:フルフォード

グローリストの3拠点が崩れる


先週、人類は一大勝利を収めた。ペンタゴン其の他の情報源曰く、ハザールマフィアが西洋の権力の3つの中心全て――ワシントンD.C.、ロンドン、ローマに対する支配を失ったのだ。これらの首都にはどこもオベリスクがある。【それぞれ】軍事力、金融力、宗教力の象徴だ。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

7月4日にトランプはディープ・ステートからのアメリカ独立宣言を行い、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は法王と会った。そしてボリス・ジョンソンは、合意なきEU離脱の中で英国首相となる。こうして良識派が世界権力【を象徴する】3つのオベリスクに対する支配を手にするのだ」とは、ペンタゴン筋による状況のまとめである。

これが意味しているのは、公けに開戦宣言されていなかった西洋の内戦がほぼ終結したということ。今では統一された西洋が、この惑星を動かしていく方法をどのように改善したらよいのか、残りの世界、とりわけアジアとの交渉をしていくのだ、と複数の情報源が口を揃える。

勿論、これには時間がかかる。なので突然ドラマチックな発表があるとは期待しないでほしい、と彼らは警告していた。

» 続きはこちらから

19/7/6&8 ソルカ・ファール情報:7.1の震動がカリフォルニアを襲う中、ロシアは地震兵器が“稼働中”であることを仄めかす

 木曜日のソルカ・ファール女史の記事の続編です。これまで我慢に我慢を重ねてきたロシア、とうとう堪忍袋の緒が切れて、禁忌の兵器を発動させました。
 3.11福島も某カバール傀儡国家の地震兵器だったそうですから、保有国はロシアだけではないですし、別に今始まったことでもないんですが、Ring of fire(火の輪、環太平洋火山帯)に住む身と致しましては地殻をいじくるのは控えて頂けると……まぁ核戦争も嫌なんですけど……うーん。
 ロシアを怒り心頭にした米海軍って、配下の海兵隊も含めて、日本にどれくらい駐留しているのかなーと調べてみました。日本語版ウィキだと神奈川・長崎・山口・沖縄県だけですが、英語版はもっと詳細で、もっとあちこちに配備されておりました。……カリフォルニアの地震で、やっぱしよかとです、ハイ。太平洋のこっち側の基地を狙われたら、日本沈没っす。

 ちなみに今回は、2つの記事をまとめています。最初の6日の記事では、陰謀論と頭ごなしに一蹴する方に対して地震兵器なるものが本当にあるのですよ、と多方面から説明しています。8日の記事では、前々からロシアが米海軍を警戒していた理由を解説しています。そして合間に、このところの米露対立の経緯が入っています。
 私、これまで「海軍はその一部が“ディープ・ステート”に取り込まれている」的にイメージしていましたが、この記事で“ディープ・ステート”の本丸(の少なくとも一つ)なのだと脳内修正しました。何と言いますか……権力争いって醜い。国内の仲間同士でもやっていたんですね、つくづく暇人だ。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ソルカ・ファール情報:7.1の震動がカリフォルニアを襲う中、ロシアは地震兵器が“稼働中”であることを仄めかす
転載元)
投稿者:ソルカ・ファールより、西洋の読者へ

Sister Maria Theresa


【※記事内には貼っていませんが、同サイト自己紹介頁からシスター・マリア・テリーサの写真です。】

暴走するアメリカに鉄槌


本日クレムリンに出回っている【ロシア連邦】安全保障会議SC)の実に恐ろし気な新報告書は、アメリカ合衆国ヨーロッパ反ロシアのプロパガンダで溢れかえらせようと計画していると強く糺弾する内容でした。

【※アメリカ合衆国国際開発(USAID)曰く、ヨーロッパを迫りくるロシアから“解放”するためだそう。あれです、他国の人民を“圧政”から“解放”するため無法の限りを尽くす某国お家芸の変形バージョンです。】

――アメリカ勢ヨーロッパの地元メディアが自分たちから言われた通りに報道する限りは、何百万ドルと【資金を】注ぎ込んであげるのだそうです。

――【この報告書の中には】セルゲイ・ショイグ国防相による凄まじく暗号めいたコメントが含まれていました。今や稼働中」のアカデミック・ロモノソフで「彼らも衝撃を受けて正気に戻るだろう」と述べたそうで、更には「彼らが如何ほどに準備していようと」【防ぎきれまい】と言ったとか。

――【準備とは】明らかに先月米軍アメリカ西海岸沖で「『デカイやつ』に備えるために」行ったという大規模軍事演習のことでしょう。

【※先月のソルカ・ファール女史の記事の翻訳版でご説明した通り、「デカイやつ」とは「カスカディア沈み込み帯」大地震のことです。】

――【この「デカイやつ」とやらは、7月4日マグニチュード6.4の地震南カリフォルニアを襲い、7月5日には更に5倍強力なマグニチュード7.1の地震が続いたとあっては、どうやら予測よりも早く訪れそうな気配です。

――ベネズエラの今は亡き指導者ウゴ・チャベスが、2015年に「米国は既に地震兵器を使用してしまった」と警告していたのが思い起こされます。

【※チャベス大統領は、2010年のハイチ地震が米国による人工地震実験だと疑っていたようです。そして「アメリカは神を演じている」と非難しました。】

[註:この【英文】リポートで引用されている【ロシア語の】一部の単語およびまたは言い回しは、完全に対応するものが【英語に】存在しないため、そのロシア語に相当するおおよその英語【訳】となっております。]

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

マグニチュード7.1の地震の特報

【中略】
» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 379