アーカイブ: アメリカ

21/02/01 フルフォード情報英語版:中国、米軍の攻勢を受け台湾空戦で敗北

 2月1日(月)のフルフォード・レポートです。やはり、裏舞台でいろいろと争いが起こっているのでしょうか、冒頭からすごいニュース!中国が米軍に敗北し、台湾は事実上独立国家になったと日本の軍事情報機関からの情報。そんな中国の習近平は2020年始め、武漢の電磁攻撃を受けてすでに死亡していて、現在、公の場に姿を現しているのは、習近平によく似た弟の宗遠平だとか。(でも、写真ではあんまり似てなくてpopoちゃんイマイチ納得できない。)またロシア連邦保安局の情報筋によると、中国は、アメリカのインド強化に対抗し、パキスタンと政治的、経済的、軍事的に統合することにしたとのこと。

日本の軍事情報機関とCIAの両方の情報源によると、アメリカの宇宙軍はグリーンランド、チューレ空軍基地で活動中。また宇宙関連ニュースとして、NSAの情報筋からイーロン・マスクのSpaceXプログラムは詐欺で、FAA(連邦航空局)がSpaceXを閉鎖しているとのこと。

コロナ関連のニュースでは、2012年にEUが出版した漫画本「INFECTED【感染】」に今のパンデミックに似たストーリーが! 悪者が人類を奴隷化し支配することをずっと目標にしてきたことがここでもまた証明され、もういい加減にしてほしい。

日本のニュースとして気になるのは、12月下旬に日本の山に火山噴火を引き起こす宇宙レーザー兵器の映像がフルフォード氏のもとに送られてきたそう。遺伝子を改変するmRNAワクチンを日本人に接種させようといしていたロックフェラーとロスチャイルドへの刑事告発に対しての脅迫らしい。

ダボス会議では、人々がいろいろと素晴らしいことを語っていたが、結局は皆にワクチン接種し服従させ、ワクチン接種と連動したデジタル・ベーシックインカムで人々をなだめることで地球支配を維持するのに必死というのが本音らしい。世界のリーダーらは「ワクチンパスポート」「ユニバーサルID」「デジタルウォレット」を求めていると。

後半、ちょっと安心するのは、悪者は恐怖で私たちを操る能力を失ってきて、第三次世界大戦とハルマゲドンを開始する軍事力がないよう。プーチン大統領も「世界的な熱い紛争は、今、基本的に不可能」と発言したとのこと。一安心!

ミャンマーで起こったことについてもフルフォード氏は少しだけ触れていますが、ミャンマーで起こったディープ・ステート関係者の拘束・粛清こそアメリカで起きて欲しかったと思うpopoちゃんですが。。。いや、これからきっとある!😊
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:中国、米軍の攻勢を受け台湾空戦で敗北
投稿者:フルフォード China Suffers Taiwan Air Battle Defeat As U.S. Military Goes On The Offensive

台湾独立!


The battle for Planet Earth is intensifying on all fronts.Last week the Chinese attacked Taiwan because the U.S. military gave the Joe Biden CG puppet president a new script.We received direct confirmation from a U.S. three-star general that “the U.S. military knows the election was stolen; all hell is about to break loose.” 地球のための戦いは、あらゆる面で激化している。先週、中国は台湾を攻撃した。理由は米軍がジョー・バイデンのCG人形大統領に新しい台本を与えたためだ。私たちは米軍中将から直接確認を受けた「米軍は選挙が盗まれたことを知っている。【もうすぐ】大混乱が起きようとしている。」

Now China has suffered a major defeat in an air war and “Taiwan is now effectively an independent country,” according to Japanese military intelligence.The news item below about a Chinese “mock attack,” against a U.S. aircraft carrier was actually about a real attack that was decisively repelled, the sources say. https://www.express.co.uk/news/world/1391053/World-War-3-news-Taiwan-Chinese-China-USS-Theodore-Roosevelt-conflict-Joe-Biden-ont 今や、中国は空戦で大敗を喫し、「台湾は事実上の独立国となった」と、日本の軍事情報機関が伝えている。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

下のニュースは、米空母に対する中国の「模擬攻撃」についてのものだが、実際は断固として撃退された本物の攻撃だったと情報筋はいう。

They say these news items reflect a real air war going on between the U.S. and Taiwan and China, with possible assistance from Iran. https://news.trust.org/item/20210131124958-22pto これらのニュースは、米国、台湾、中国の間で実際に起こっている空戦を反映し、イランからの援助の可能性もあり。

https://www.reuters.com/article/BigStory12/idUSKBN2A00I3?utm_source=reddit.com

共産主義はイエズス会の発明 → P3フリーメイソン → 「黒い太陽」宇宙人


What people need to understand is that Communist China is run at the highest level by the Khazarian Mafia headquartered in Switzerland.Remember, Communism was a Jesuit invention and the P3 Freemasons who run the Jesuits say they report to an alien entity known as the Black Sun. 人々が理解する必要があるのは、共産主義の中国は、スイスに本部を置くハザール・マフィアによって最高レベルで運営されているということ。共産主義はイエズス会の発明であり、イエズス会を運営するP3フリーメイソンは「黒い太陽」として知られる異星人の存在に報告していると言っていることを思い出してくれ。


習近平の真相?!


Take a look at this article noting that there is very little real information about Chinese President Xi Jinping. https://www.theatlantic.com/international/archive/2021/01/xi-jinping-china-biography/617852/ 中国の習近平国家主席についての本当の情報がほとんどないことを指摘するこの記事を見てみよう。
ℹザ・アトランティック:なぜ習近平の経歴が存在しないのか?

The fact is, that, according to high-level Asian secret society sources, Xi was chosen because he is tall and would look good in a G20 photo shoot.He is a symbol, rather than a genuine leader.Furthermore, the sources say, the original Xi was killed after the electromagnetic attack on Wuhan, China in early 2020.The person now appearing in public is his younger brother, who has a very similar appearance. 実際、アジアの秘密結社の高官情報筋によると、習近平は背が高く、G20の写真撮影に似合うという理由で選ばれたという。彼は本物のリーダーではなく、シンボルである。さらに、情報筋によると、本来の習近平は2020年初頭に中国・武漢の電磁攻撃を受けて死亡しているという。現在、公の場に姿を現しているのは、彼の弟で、その容姿は非常によく似ている。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入
【あんまり似てないような。。。by popoちゃん】

What is now going on is that the U.S., Russia, and China all now have figurehead leaders who act as spokespeople for collective leadership.In other words, the real leadership works in secret and behind the scenes.This is not meritocracy because real meritocracy would be completely transparent and anybody, from the most remote goat herder on up, could try to climb to the top.In such a system everybody could see exactly who got to the top as well as why and how they got there. 今起きていることは、アメリカ、ロシア、中国のすべてが、集団指導のスポークスマンとして行動する名目上のリーダーがいるということだ。言い換えれば、本当の指導者は秘密裏で働いている。これは実力主義ではない。本当の実力主義は完全に透明であり、【トップから】最も遠く離れたヤギ飼いでも頂点に登ることを試みることができる。そのようなシステムでは、誰もが、誰がトップになったのか、また、なぜ、どのようにしてトップになったのかを正確に見ることができる。

» 続きはこちらから

サイモン・パークス氏に情報を提供している人物は、サークル内のチャネラーを通して宇宙人と繋がっていて、“進化段階が「1.0」でしかない大天使ミカエルや、進化段階が「1.0」でしかない創造主”からのメッセージを真に受けている

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、マイケル・フリン元中将が、“反乱法は発動されていない。軍政にもなっていない。われわれは状況を受け入れている。そしてそのあとに考えがある”と言っていたことを紹介しました。
 サイモン・パークス氏は、新しい動画でこの件について話していて、冒頭の動画ではその要点を伝えてくれています。
 このサイモン・パークス氏の動画に関しては、popoちゃんから「動画の一部のまとめ」のメールが届きました。popoちゃんのメールの要点を紹介します。

軍政である証拠
○あの世界一のお金持ちジェフ・ベソスをアマゾンから辞任させることができるのは軍
○バイデンはホワイトハウスではなく撮影スタジオ(アマゾン所有のスタジオ)にいる。
○他にもたくさんの証拠がある。

ダグさんの番組でのフリンさんのインタビューについて
○彼の公の立場上(トランプ大統領が恩赦をした6時間後に、ペンタゴンへ戻れる許可がフリンさんに下りた)、真実は言えない。インタビューではああ言うしかなかった。

○「トランプさんをまだ「大統領」と言っていいだろう。議会はトランプさんを弾劾しているから、議会はそう見ている。普通の市民を弾劾することはできないから。」とフリンさんは言った。

○ダグさん(番組のホスト)が最後に「私は(大統領選で誰が勝つか)友人とワインボトルの賭けをしました。私は負けたので、友人にワインボトルをプレゼントしないといけないということですかね〜。」とフリンさんに問いかけるとフリンさんは「私だったらそのワインボトルはまだ渡しません」
 
○公の人は、契約書をサインしているから(ルールがあるから)何でも言えない。

こちらフリンさんが以下のことを言っている場面の短い動画、サイモンさんのサイトにアップされていました。

https://www.simonparkes.org/post/simon-will-reference-this-on-sunday
“..The Advantage In Life, In Business, And In Wartime Goes To The Competitor That Does Not Flinch And Does Not Broadcast His Game Plan.”

意訳:「人生、ビジネス、戦争で優位に立つには、敵に向かってひるむことなく、また自分のゲームプランを言いふらさないことだ。」

以上です。ある程度納得できる説ですが、私はこの様に考えていません。以前コメントしたように、“ジョー・バイデンは、「Q」の指示通りに動いている”と見ています。
 1月18日の記事で、フルフォード情報・日本語版の情報として、「驚くべきことだが、下記リンクの通り、アメリカ軍の司令官たちがバイデンを次期大統領として承認する書類にサインしている。CIA筋に確認したところ、この書類は本物だという」との一文を紹介しました。バイデンが司法取引で「Q」の指示通りに動くのであれば、“バイデン大統領承認の書類”へのサインは納得できます。また。マイケル・フリン元中将の、“反乱法は発動されていない。軍政にもなっていない。われわれは状況を受け入れている”という言葉もその通りになります。
 このように、特別な筋からもたらされる情報と、私の感覚に随分と乖離があるのです。昨日の記事でコメントしたように、「真実を追求している人達も誤った情報を入手していたり、混乱が起きています。」という事なのですが、例えばサイモン・パークス氏に情報を提供している人物が、サークル内のチャネラーを通して宇宙人と繋がっていて、記事で取り上げたような、“進化段階が「1.0」でしかない大天使ミカエルや、進化段階が「1.0」でしかない創造主”からのメッセージを、真に受けているのではないかという気がするのです。
 こうしたニセモノを信じている人たちの中には、“神とは宇宙人のこと”だと勘違いしている人も多く、こうしたクズ情報を信じていると、ポールシフトを引き起こして地球を破壊するという彼らの野望に加担して、「魂」を失う事にもなりかねません。情報源の「波動」をよく感じ取って、闇に近づかないようにしましょう。
(竹下雅敏)
————————————————————————
今日のサイモンさん・・・ 2021年2月6日
配信元)
————————————————————————
2/7-その1 創造主からのメッセージ
引用元)
(前略)
http://www.fourwinds10.com/siterun_data/spiritual/specific_channelings/creator_source/news.php?q=1612457650
(概要)
2月6日付け

2月4日にアンさんが受け取った創造主から地球の人々へのメッセージ
(創造主の挨拶は省きます。)

私は全てを創造した創造主。私は無限の存在、始まりもなければ終わりもない。私は永遠、そして私の思いで創造した大宇宙は終わりがなく私の思いで拡大し続けている。
(中略)
私の大きな愛の中で、偉大なマスターたちが母なる地球を次元上昇させ邪悪なものたちが宇宙を破壊するのを止めさせるために地球に生まれ変わってきた。
(中略)
彼女は既に宇宙の新しい場所に移動した。そこには新しい太陽と新しい月がある。私は無限に広がる砂漠のような宇宙を創造した。そして私はその砂漠の全ての砂粒を愛している。大いなる光が彼女に注がれ、彼女は3次元を卒業し5次元に上昇することになる。そのため、彼女は、人々の覚醒のプロセスのための時間をとっている。そして今闇のものたちの大量逮捕が進行している。魂を持って生まれてきた者たちと同じように彼女にも自由意志があるため、いつ回転させるかは彼女次第である。彼女は悪が消されていることを喜んでいる。そして地軸の回転にどれだけの時間を与えるかは彼女次第である。
(以下略)

バイデンと、355人の下院議員、109人の上院議員の逮捕が、アメリカ東部時間1月31日(日)午後4時35分に公式発表 / ホワイトハウスの地下深くにあったトンネルから、子供達の遺体や体の部位、また生き残っていた子供達を発見

竹下雅敏氏からの情報です。
 動画の冒頭で、ロバート・デビッド・スティール氏は、“まず、この情報をシェアさせてください…この情報はベルギーから来ました”と言って、未確認情報としながらも、「2021年1月20日、午前12時から実施されている戒厳令と合法な軍事政権は、アメリカ東部時間1月29日(金)午後6時に公式発表されました。1月24日と25日に、バイデンと、355人の下院議員、109人の上院議員(または選出された464人)の逮捕が、アメリカ東部時間1月31日(日)午後4時35分に公式発表されました。…Q勢力の予想通り、この公式ニュースは世界の公式メディアによって100%検閲(隠蔽)されました」という情報を取り上げました。
 冒頭の動画にも出ているチャーリー・ワード氏は、“とにかく凄い時代に入りました”と言って、同様の情報を「名前は言えませんが高位高官から受け取ったもので、2名の信頼する友人とも内容を確認し、正しい情報であろうと思われます」としています。
 お賽銭マンさんは、「今週米国の特殊オペレーション部隊がホワイトハウスの地下深くにあったトンネルから、子供達の遺体や体の部位、また生き残っていた子供達を発見した」という事で、動画を添付していますが、確かに救出されたと思われる子供達がホワイトハウスから出て来ています。ホワイトハウスは10日間、灯りが消えていたので、地下で監禁されていた子供達の救出作業が行われていたという説明は説得力があります。
 そうなると、“バイデンがいるのは何処か”が問題になりますが、ツイートの写真をよく見ると、窓の外の風景からホワイトハウスではなさそうです。
 また、冒頭の動画の4分40秒の所で、かなり確かな情報として、“ハワイのサンタサーフィンが、とても素晴らしい動画を投稿…彼女は裁判所記録を調べて、今年誰が逮捕され、何の罪で起訴されたのか見つけ出しました。アダム・シフ、ナンシー・ペロシ、ジェフ・ベソスなどです。皆さんも調べることができます”と言っています。
 こうした異常事態がアメリカでは起きているのですが、主要メディアは完全スルーです。こうした事から、「2021年1月20日、午前12時から実施されている戒厳令と合法な軍事政権は、アメリカ東部時間1月29日(金)午後6時に公式発表されました」とする情報も正しそうに見えるのですが、驚いたことにマイケル・フリン元中将はインタビューの中で、“反乱法は発動されていない。軍政にもなっていない”と発言し、“われわれは状況を受け入れている。そしてそのあとに考えがある”と言っているようです。
 ロバート・デビッド・スティール氏から出てきた情報ですら、立ち止まって良く吟味しなければならないのです。“とにかく凄い時代に入りました”というのは、この意味でも確かです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【文字のみ】1月と2月の予定(未確認情報)2021/02/03
配信元)
————————————————————————
バイデン逮捕*軍が公式に政府とメディアを管理
(前略)
チャーリー・ウォードへのインタビュー(司会:ニコラス・ヴェニアミン) Charlie Discusses Latest Updates Updates with Nicholas Veniamin
https://youtu.be/g5Ejv642854
(中略)
チャーリー:今、とにかく凄い時代に入りました。早速昨日私が投稿した声明を読み上げます。名前は言えませんが高位高官から受け取ったもので、2名の信頼する友人とも内容を確認し、正しい情報であろうと思われます。
(中略)
「DSは崩壊し、最高の時は今だ。今から起きる。戒厳令の公式発表と軍に管理される政府は、2021年1月20日の12amから正式に有効化されました。これは、29日金曜日6pm (EST/米国東部標準時) あるいは11pm(GMT/世界標準時)に発表された。
(中略)
この発表は米国メディアである全てのテレビ・ラジオ・全国紙と世界全てのメディアにも伝えたが一切主流メディアでは報道されていない。これも軍事政権において期待通りであり、わざとやらせ、そのままにした。軍事政権が現在アメリカ合衆国を統制している。
(中略)
さらに米国軍事政権は、2月12日に世界中の政府と世界中の報道機関にフランスと中国、その他の政府によって企てられた陰謀の証拠を公式に提示する。彼らは偽りの疫病を作り出し、米国政府を打倒し、米国と世界中の経済を崩壊しようとしたので、これは戦争を企てた事とみなされる。これにより米国軍事政権は、マクロン大統領とその他のテロリスト政府を打倒する権利を得た。」
(以下略)
————————————————————————
配信元)
動画は配信元でご覧ください(画像をクリックすると配信元へ飛びます)
————————————————————————
配信元)
 
» 続きはこちらから

ぴょんぴょんの「プロレスは終わった」 〜未来を動かすのは私たち

日々、多くのつぶやき(Twitter)を目にして、
感じたことを書きました。
(ぴょんぴょん)
————————————————————————
ぴょんぴょんの「プロレスは終わった」 〜未来を動かすのは私たち


安倍ぴょんを讃えてるトランプサポーター


最近、ツイッター見てると、トランプサポーターが安倍ぴょんを讃えてるよ。

ぬあんだとう!?
今だに、ヨイショ団体を囲ってんのか?

トランプサポーターって、目覚めた人が多いと思ってたけど。
トランプ・安倍ぴょんのツーショット見ながら、トランプ・安倍ぴょんコンビは良かった・・とか。


はあ??? にゃあにを、寝ぼけたこと言ってんにゃあ?
安倍ぴょんは、ヒラリーが当選すると思って、ヒラリーに挨拶しに行ったヤツにゃ!
トランプが当選して、あわてて会いに行った、失礼なヤツにゃのに。

にゃんこ語がうつってるよ。

ああ・・今朝くろまるとやり合ったからな。
アイツ、ワガママで困るんよ。同じごはんが続くと、「別のを出せ!」って腹出し抗議しやがるんだ。こっちも、にゃんこ語で応酬したった!!

毎日おんなじじゃ、飽きるのもわかるよ。

クロチビ後輩は、毎日同じごはんを、文句一つ言わずに食ってるのにな。

できた後輩だねって・・・そうそうトランプサポーター、わかってない人が多い話。

にゃあにゃ、トランプに聞いてみろ、安倍ぴょんのことどう思ってるか。
ゴルフ場のバンカーで「スッテンコロリ、ちまちたねえ」って言われるのがオチだぜ。


» 続きはこちらから

「Q」に対する様々な見方をする錯綜する情報 ~アライアンス(地球同盟)にカバールが潜入し、情報を混乱させアライアンス(地球同盟)が分裂している

竹下雅敏氏からの情報です。
 「Q」に対する様々な見方を紹介します。ジム・ストーン氏は、“「Q」とは…トランプ支持者を、誤った道に誘導しようとする策略の一部…フリン将軍やマキナニー将軍のような人々…シドニー・パウエル弁護士とリン・ウッド弁護士も、これらの偽情報の標的になってしまった”と見ています。
 また、爬虫類人(レプティリアン)を世に知らしめたディビット・アイク氏は、“Q アノンは、闇側からの心理作戦による偽情報だった”と言っているようです。
 “続きはこちらから”の「元米軍潜水艦部隊のジーン・デコード氏インタビュー」によれば、習近平はアライアンス(地球同盟)のメンバーであり、悪役に見えるのは「見せかけているだけ」なんだそうです。また、本物のプーチン大統領は「生きていない」と言っていますが、私は本物のプーチン大統領の肉体の波動をハッキリと感じるので、情報が正確でないと感じます。
 これ以降の2つの記事は以前に取り上げたものを再掲しました。アライアンス(地球同盟)からの情報だという事ですが、習近平はアライアンス(地球同盟)のメンバーだが、“ディープステート側にも付くし、こっち側にも付く…非常にずる賢い”と言っています。この記事を紹介した1月18日のコメントでは、「私はこの手の情報を真に受けることはありません」とし、情報の誤りと思われる部分を指摘しました。
 また、こちらの動画の12分10秒の所では、「Qはジョン・F・ケネディ・Jrさんです。これ、確定情報です。」と言っています。ところがコーリー・グッド氏は、“Q は一つのグループであり、17 人のメンバーで構成されている”と言っています。また、1月14日に紹介した記事では、“組織を構成するメンバーは10人にも満たないのです。…そしてこの作戦こそが「Q」なのです”というのです。
 これだけ情報が錯綜するのは、「Q」の正体がアライアンス(地球同盟)のメンバーにも分からないからだと思いますが、多くの人が「光か闇か」を含めて混乱するのも仕方がない所です。
 私は、“「Q」は17人からなるグループで、作戦の全体を知るのはこの中の8人だけ、それ以外のメンバーは中心の3人が誰なのかすら知らない”と考えています。もちろん「光」の側です。中心の3人に、マーク・ミリー将軍、ジョン・F・ケネディ・Jrが居ると思います。3人目も分かっていますが書きません。
 コーリー・グッド氏は、“アライアンス(地球同盟)にカバールが潜入し、情報を混乱させアライアンス(地球同盟)が分裂している”と言っていましたが、その通りで、私達にもたらされている情報のほとんどは攪乱情報の方なのです。
 アライアンス(地球同盟)に潜入しているカバールが誰なのかですが、これが「コブラのレジスタンスムーブメント」のメンバーだと分かれば、ほぼ全体像をつかんだことになります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
中共軍に侵略される一歩手前まで来てしまった米国と日本
転載元)
(前略)
ジム・ストーンは、自身のブログの小見出しDISINFORMATION CLAIMS TRUMP STAYING IN OFFICE DISCREDITED」で、次のように述べている。(わかりやすくするために、大幅に意訳している)

・・・「不正選挙を乗り越えて、トランプが政権を維持する」といった「Q」のような「インサイダー的な存在」によって拡散されてしまったディスインフォメーションが人々に希望を与えているが、実際のところ、これらの話のすべてが偽りであるとトランプ支持者に説得すべきなのだが、これには長い闘いを強いられそうだ。
それほど、人々は目覚めない。

実際には、「Q」とは、空頼みにすがるようになってしまったトランプ支持者を、誤った道に誘導しようとする策略の一部であったわけだ。

また、インテリジェンス・コミュ二ティー(CIA、NSA、FBIなどの情報部門)のさまざまな部門には、フリン将軍やマキナニー将軍のような人々を呼び出して、彼らに誤った情報を与えた元情報部員や現役の職員たちがいる。

フリン将軍やマキナニーは、善良な軍人である。

だからこそ、NSAや他の政府機関、米軍に浸蝕しているディープステートの闇の勢力が彼らの想像をはるかに超えていたことに気が付かなかったのだ。

「まさか、そこまでディープステートの影響力が浸透しているはずがない」と、これらの善人は思い込んでしまったのである。

シドニー・パウエル弁護士とリン・ウッド弁護士も、これらの偽情報の標的になってしまった。
(中略)
サイモン・パークスが得る偽情報は、多くの人が米国で言っていることを反映しているので、米国の人々を苦しめているディ―プステートと連携している英国の情報機関から与えられているに違いない。

つまり、サイモン・パークス自身が言っているように、彼の情報のほとんどは、米国のインテリジェンス・コミュ二ティーに影響を与えているMI6からもたらされたものであるとジム・ストーンは推察している。
(以下略)
————————————————————————
アメリカの現状アップデート⚡️🌍⚡️"極論ではなく中庸を!" 闇側の情報操作に要注意❗️
(前略)
数日前、陰謀論の発祥者であるディビット アイク氏は、

「Qアノンは、闇側からの"心理作戦" による偽情報だった!!」

という説を発信し、過度なQアノン信仰者に警告を始めましたが、

それに反し、Qアノンを今も崇拝している人々は、何故20日に何も怒らなかったかの、"明確な答え" には触れず、

「全てはプラン通りです! 春までには計画通り、トランプが大統領になるので全て大丈夫!ウキウキしながらポップコーン片手に待ちましょう!」

といった具合の、"依存と待ちのループ" を、引き続き継続する....

といった『極端な2極性と不透明な流れ』に陥っている様子⚡️⚡️
(中略)
周囲を観察していると、裏ニュースや陰謀論系の話を支持する人たちが、必ずしも "高い精神性を持つ" いうわけではなく、

ただ世間の隠された秘密を暴くことや裏情報のみに興味があり、あくまで "現実世界=3D的観点のみ" に没頭し、肝心な、"真の精神性" やスピリチュアル的観点は、全く軽視か無関心.....
(以下略)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 448