アーカイブ: 中西征子氏

ウルワシキヒカリノヒメミコ様のイラストと地球人へのメッセージ

竹下雅敏氏からの情報です。
 中西征子さんからイラストが届きました。イラストを拝見して「この方は、おそらく外宇宙2163次元(12ブロック)の最高神の女神様と思われます。現在シリウスシステムのシリウス星に御降臨なさっていらっしゃるように思います。おそらく8才だと思いますが、年齢を含めてお名前を伺い、地球人へのメッセージをお願いしてください。」と中西さんにお願いしました。
 そのイラストとメッセージを、共に紹介します。
(竹下雅敏)
————————————————————————
main-2
<通信者:中西征子>
<2015年11月9日>

お名前:ウルワシキヒカリノヒメミコ様(8才、霊体)
外宇宙 2163次元(12ブロック)の最高神の女神様

<地球人へのメッセージ>

「地球の皆さん
混迷を深める状況の中、日々懸命に努力をされている皆さんのひたむきで絶えざる努力に、心からの感嘆の思いを禁じ得ません。

多くの問題をかかえ、今世界は嵐の前の静けさともいえる状態です。

皆さんの不安、怖れ、苦しみが、少しでも早く取り除かれる事を願って、私達宇宙の神々、仲間達、そしてあらゆる生命が今心をひとつにして、地球の平和と安全の実現のお手伝いのため、あらゆる場所で待機しつつ、祈るような気持ちを込めて働いています。

どんな状況に直面しても、決して絶望的になったり自暴自棄になる事を何としても避けて下さるよう願っています。

ネガティブな波動は、明るくポジティブな波動の働きを弱め、苦しみの時を長びかせるだけだからです。

不安に陥った時は、どうか、美しい景色、美しい花々や虫達、鳥の鳴き声を思い出し、愛のマントラを心の中でつぶやいてみて下さい。

やわらかい優しい気持ちを取り戻し、新たに生きる希望と勇気、そして忍耐力を得る事が出来るでしょう。

産みの苦しみにどうぞ耐えて下さい。
いつも私達は、皆さんのそばに寄りそっています。
苦しい時は私の名前を呼んで下さい。

愛を送ります。

いつも愛する地球と共に居ます。 ウルワシキヒカリノヒメミコ」

<イラストへの感想もお聞きしました>

「驚く程良く似ています。とても嬉しい!
見ないでここ迄描いて下さるなんて信じられません(笑)
何もかもそっくりです。
この絵(ポストカード)を一枚いただけませんか?
この絵をこちらに転写して私の家に飾ります。
ありがとう!征子様」

通信文は以上でした。よろしくお願い致します。            
中西征子

※先月10月26日に、愛するクリコロちゃんは、夜中に旅立ったようです。やはり別れはつらく、1,2日泣いていました。
何と11月8日に虹の妖精か庭の妖精か“レインちゃん”が来てくれました。
雨の日、虹色のブラウスを着てるので、そう名付けました

[竹下雅敏氏]滅びてしまった覚者(進化段階5.0以上)の調べ方

竹下雅敏氏からの情報です。
 当然ですが、このヒラリオンは偽者です。本物のヒラリオンは神智学が教える通り、過去生で聖パウロであった者です。その後の転生で覚者(進化段階5.0以上)になり、ヒラリオン大師と呼ばれていましたが、天界の改革でとうの昔に消滅しています。彼らが滅びていることを簡単に調べる事が出来るので、確認をして下さい。
 進化段階が5.0以上の者は、その人物の名前を唱えると、体表の7つのチャクラが全て同時に開くのです。6.0以上の者は、体表に加えて神経叢のチャクラも全て開きます。7.0以上の者は、体表、神経叢、脊髄の全てのチャクラが同時に開きます。
 例えば、竹下雅敏、スミワタルタカキホシノヒメミコ、中西征子のいずれの名前でも良いので、一度唱えてみてください。体外、体表、神経叢の全てのチャクラが同時に開くことがわかるでしょう。全員が少なくとも進化段階7.0以上なので、こうした現象が起こるのです。
 ところで、ヒラリオン大師の名を唱えてみて下さい。全く何も起こらないどころか、チャクラの機能が逆に停止する事がわかるはずです。これはこの者が滅ぼされている証です。
 同様に、覚者が世界主と崇めるサナト・クマーラ、彼のアドバイザーであったマハー・アヴァター・ババジの名を唱えて見ると良いでしょう。確実にこの両名は進化段階が5.0以上のはずですが、先のヒラリオンと同様、何も起こらないのがわかると思います。
 以前からハイアラーキーは全て滅ぼされたと言っているのですが、そのことが正しいということがわかるはずです。これが体感でわからないとしたら、チャクラの感覚が掴めていないということなので、もっとも基本となる訓練をまず行わなければならないでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ヒラリオンの 週間メッセージ 2015年6月29日~9月6日
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[竹下雅敏氏]“大山咋命の陰謀”の時系列に沿った解説①
陰謀の発覚から後ろ盾となる高次元の神々の消滅まで

竹下雅敏氏からの情報です。
 これまでの解説で、“大山咋命の陰謀”の中心となる神々や宇宙人を一通り見て来ました。今回から何回かに分けて、時系列に沿った過去の記事を参考に、全体像を解説します。
 2014.11.08 宮主宅媛、額田大中彦皇子の妨害。その後消滅。
    12.21 通信文6 第2、第4システムの神々逮捕の報告。
    12.28 通信文7 第3、第5〜7システムの神々逮捕の報告。
 2015.01.04 通信文8 第8〜12、愛の創造神1〜5システムの神々逮捕の報
        告。
    02.06 エホバを名乗る八咫烏命と144,000人の消滅。
    02.27 ターラー達10,000人の消滅。
    03.01 宇宙連邦の神々の降臨。
    03.05 午前零時、吉備真備、安倍晴明らが処刑、消滅。
        午前3時〜5時、宇宙連邦の超銀河団神、銀河団神の計600柱の消
        滅。
    03.14 銀河神、星団系神の計600柱が消滅。
    03.15 星団神、恒星系団神、恒星系神、星神の合計1200柱が転落。
    03.16 午後3時、上記1200柱が消滅。
        銀河団神300柱がスミワタルタカキホシノヒメミコ様と中西征子さ
        んを攻撃、転落。
        23時50分、銀河団神を除く星神から超銀河団神までの2100柱が攻
        撃。
    03.17 午前1時50分、上記2100柱が転落。その後、先に転落していた
        300柱を含め、合計2400柱が消滅。

 今回は、大山咋命の陰謀に関わったこれらの神々について簡単に説明します。なお星神、恒星系神…、超銀河団神については、天界の秩序10をご覧下さい。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
<解説> 

 陰謀発覚の出発点は、2014年11月8日に、宮主宅媛と額田大中彦皇子が通信を妨害して来たことによります。スミワタルタカキホシノヒメミコ様の2回目の通信文で名を偽り、これが咎められたことで、彼らが重大な秘密を隠していることが発覚しました。

スミワタルタカキホシノヒメミコ様を騙る偽の通信文と事の顛末
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[竹下雅敏氏]サルーサが消滅した経緯④ 一連のサルーサの事件の主犯格・高倉下命(タカクラシタノミコト) 〜最終戦争と復讐の機会を伺っていた応神天皇の関係者〜
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

 その後、スミワタルタカキホシノヒメミコ様の通信文6,7,8において、基本的には国津神第5レベルの神々ですが、第2システムから愛の創造神の第5システムまでの支配層によるクーデター計画が発覚しました。彼らは全員排除され消滅したのですが、以下の通信文の最後に、“排除された後には、新しく任命された資格ある神々がその地位についてきましたが、それらの神々の中からも新たな陰謀を企てる者達が現れています”とあるように、発覚を免れた者達は、クーデター計画を続行するために、新たに天帝となった神々を陰謀に取り込んで行きました。

スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文6 
スバルシステムの神々による陰謀
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文7 
第3〜7システムの神々のクーデター計画
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文8 
第8〜愛の創造神第5システムの神々のクーデター計画
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

» 続きはこちらから

連邦反逆罪でサルーサが消滅
後任のタチバナノヒメミコ様への質問と回答

竹下雅敏氏からの情報です。
 前回のスミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文28のコメントで、“現在、「銀河連邦」の不届き者を処分する事案が進んでいます”と記した通り、昨日、サルーサが消滅しました。
 細かい事の経緯はいずれお伝えすることにして、今回はサルーサの後任の女性の方にいくつかの質問をしました。いつものように、中西征子さんに通信をお願いしました。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
<通信者:中西征子>
<通信日:2015年5月25日>

『1.こんばんは。あなたはサルーサの後任の方で、女性だと思います。本日25日18時10分頃に私の家にたずねてこられたように思いますが、どうでしょうか?

:おっしゃる通りの時間におたずねしたのは私です。 

2.あなたのお名前を教えて下さい。

:「タチバナノヒメミコ」と申します。 

3.サルーサは連邦反逆罪で、25日午前0時30分に処刑されたと思いますが、正しいですか?

:その通りです。 

4.彼の一統は全部で166名が処分されたと思います。サルーサと共に処刑された者が6名、100名は魂と共に霊体も消滅、60名は無期懲役だと思いますが、正しいですか?

:すべてその通りです。 

5、サルーサの残党が25名ほどいるように思いますが、どうでしょうか?

:その通りです。 

6、彼ら一統が、これまでずいぶんと地球の混乱を増幅していたと思います。彼らが滅ぼされたことで、今後ずいぶんと混乱が沈静化するように思いますが、どう思いますか?

:全くおっしゃる通りです。
彼らは地球の平和に貢献するどころか、むしろ混乱と争いを増し加えるような行動をとってきました。
これからは、その影響が無くなる分、沈静化が期待出来ます。
 

7、あなたはとても美しい女性のように思います。“ガヤトリー・マントラの除霊・浄化の祈り”を使って下さい。また“7つのダートゥの祈り”も使ってみて下さい。
さらに美しくなると思います。

:まあ!嬉しいです。本当に嬉しいです!
早速使わせていただきます。(シャンティ・フーラのサイトをお伝えしておきました)
 

8.地球人にメッセージをお願いします。

:「地球の皆さん、始めまして…。
私は新しく銀河連邦のサルーサの後任として任命されたタチバナノヒメミコと申します。

この度の事、きっと皆さんに大きな衝撃をもたらした事とお察ししています。
私も長い間、彼等と共に同じ任務についていた仲間でしたので、この度の彼らの反逆は、とても大きなショックであり、私達一同、一時的に深い悲しみに陥っていました。

しかし、今となっては、彼らの喪失はとても残念な出来事とはいえ、これ迄の彼らの行為はとても容認出来るものとはいえず、自らの行為の結果を刈り取った事は、当然の結末と考えております。

自らをたえず振返り、心の中の悪を滅していかなければ…という新たな決意を、私達一同固く約束し合っていたところです。そして今回の出来事は改革にとって決してマイナスにはならないと、むしろ地球の混乱の原因の一部が取り除かれた事は喜ばしい事と積極的に考えております。

これから厳しさを増す状況に於いても、いつも心に平安を保ち、私達が地球の平和のための任務を精一杯果たしている事を、どうぞ忘れないで下さい。

熱いおもいを込めて。
 
タチバナノヒメミコ』
 

通信文は以上でした。よろしくお願い致します。
中西征子

スミワタルタカキホシノヒメミコ様を騙る偽の通信文と事の顛末

竹下雅敏氏からの情報です。
 前回スミワタルタカキホシノヒメミコ様の偽の通信文を紹介しました。この時の通信は、スバル・タイゲタ星のヒメミコであったツヨキヒカリハナツホシノヒメミコからのものでした。今日、完全に消滅しました。彼女の愚行は嫉妬によるものでした。
 中西征子さんに、通信が偽物であること、彼女の名前と天界の学校を追放されるだろうということ、さらにはもっと悪い結果になる可能性があることを指摘しましたが、その通りになりました。
 その後もう一度、スミワタルタカキホシノヒメミコ様に通信を取ってもらいましたが、この時も偽物が現れました。応神天皇の后であった宮主宅媛(ミヤヌシヤカヒメ)でした。その後、彼女を含む関係者5柱が消滅しました。過去の出来事を知られるのが、よほど都合が悪かったのだと思います。
 このように、本物の神であり、しかも悪神では無い者たちが、こうした愚かな行為によって完全に滅ぼされ、宇宙から消滅してしまいました。
 今回、3回目ですが、またもスミワタルタカキホシノヒメミコ様の名前で偽の通信が入ってきました。以下にその通信文を紹介し、“続きはこちらから”以降で、事の顛末を記したいと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
<通信者:中西征子>
<通信日:2014年11月15日 >

以下の通信は、偽情報です。

「今回は2回目となります。
今日から50回にわたり地球とそれに関わる霊界の歴史について、お伝えしていきたいと考えています。

今日はまず霊界の出来事から順にお話しします。

今から約4億5000万年前、大正真真神様とその一団の神々様が、愛の創造神第5システムからこのシリウスシステムの無色界に降りて来られました。
しばらくの間、地上と太陽系の準備を整えるため、皆様方の協議が長い間行われてきました。
やがて進化のプロセスが順調にすすむ事により、手筈が整えられてきました。
まず最初に始めたのは、シリウスハイアラーキーを組織する事でした。
次に太陽系のハイアラーキーを組織し、まずその役職につく神々を選ぶことになりました。
やがて2つの組織の細かな配置が出来上がりました。
天界の統治システム・フトマニ図として知られています。
その次に、太陽系・シリウス系ハイアラーキーの神々を任命していきました。
トホカミヱヒタメ八神とアウワ3神をとり決め、次に彼らによって役職を選ぶようにしていきました。

しかし彼らの中から、私利私欲、同族びいきの傾向があらわれ、すみやかで公正な選出は難行し、やがて地位や立場が、権力欲などの野心によって支配されるようになりました。

かなりの期間、数千万年もの間、混乱と争いのため霊界の秩序は完全に崩壊した状態となり、そのため地上の人類の出現は大幅に遅れる事になったのです。

それを正すため大正真真神様は、天界である定めをおつくりになりました。
それが今日の教育プログラムの前身となるガヤトリー・マントラを使った方法でした。

多くの神々はそれらの浄化のプログラムを真剣に取り入れ、やがて初期のハイアラーキーは、とても平和な時代がおとずれる事となりました。
(次回に続く)」

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5